カウアイ島へのアクセス♪

Aloha(^^)/

カウアイ島に興味を持って頂いた方の方の為に日本からカウアイ島へのアクセスをご案内しますね。

日本からカウアイ島へいらっしゃるにはハワイの玄関口になるホノルル空港までいらしてハワイアンエアラインかアイランドエアーに乗り換えてカウアイ島のリフエ空港へいらして頂きます;)

スポンサードリンク



まず日本からホノルルまでのアクセスをご案内しましょう;)

日本からカウアイ島のリフエ空港へのアクセスは日本の空港「成田空港、羽田空港、中部空港空港、関西空港」からハワイ、オアフ島のホノルル空港へ飛行機が飛んでおりますので、まずはホノルル空港へ飛びましょう♪

imgres-1

成田空港/ANA, JAL, デルタ、ユナイテッド、チャイナ

羽田空港/ANA, JAL,ハワイアン

中部空港/ JAL、ハワイアン

関西空港/ JAL、ハワイアン、エアアジア

気流の関係などでフライト時間は異なりますが日本〜ハワイ、オアフ島ホノルル空港までは平均7時間半〜8時間ほどで到着致します。

ホノルル空港からカウアイ島のリフエ空港までのアクセスはハワイアンエアラインとアイランドエアの2つの航空会社があります。

航空券のお値段はアイランドエアラインの方がお安いですが日本〜ホノルル空港〜リフエ空港と2つの航空券をハワイアンエアラインでお買いになると割引になるので日本からカウアイ島のリフエ空港までの合計の航空券代金で考えるとどちらがお安いかは時期にも寄りますしキャンペーンなどで安い航空券を販売している時もありますので、どちらも調べてみるといいと思います。

オアフ島のホノルル空港からカウアイ島のリフエ空港までのアクセスだけを考えますとハワイアンエアラインの方が便利です。

日本からの飛行機はホノルル空港の国際線ターミナルに到着します。そしてハワイアンエアラインは隣のターミナルになりますから移動も歩いて5分くらいなのでとても楽なんですよ。

アイランドエアラインは離れていますから空港内を走っている無料バス”ウキウキバス”に乗っての移動になります。

オアフ島のホノルル空港からカウアイ島のリフエ空港は30分間の短いフライトです;)

成田空港・中部空港・関西空港発の便はホノルルに空港にハワイ時間の朝に到着します。それからハワイアンエアラインかアイアランドエアーに乗り継いで頂いたらお昼前にはカウアイ島のリフエ空港に到着できます。

羽田空港発の便はホノルル空港到着時間がお昼頃なので、その後ハワイアンエアラインかアイランドエアーに乗り継いで頂くとカウアイ島には午後の到着になります。

あなたの家に近い空港から、お好みの空港会社の便のチケットを買ってカウアイ島へ飛んで頂ければいいのですがタミーが大切なカウアイ島へのアクセスポイントをお伝えしますね;)

スポンサードリンク



2016年に関西空港〜ホノルル空港までのアクセスに格安ハワイフライトの「エアアジア」が登場しました!!!

上の航空会社の中で見慣れない名前がありませんか?そう「エアアジア」

初めて聞いた方もいらっしゃると思います。「エアアジア」はマレーシアの航空会社で1993年12月20日に設立された航空会社です。真っ赤なミニスカートの制服が新鮮な感じがしますね。

その「エアアジア」が2016年に関西空港〜ホノルル空港へのフライトをスタートさせたの。しかも格安な航空券を販売しています。

只今、調べたところでは最安値は、なんと!18,900円という破格のお値段でオアフ島のホノルル空港まで飛べちゃいます@_@

格安ツアーも真っ青なお値段ですよね。

まだタミーもタミーの知り合いもどなたも「エアアジア」を利用してオアフ島のホノルル空港までいらした方がいませんので、こんな格安なお値段で快適なフライトが出来るのかはよくわかりません(^^;

詳しくは↓「エアアジア」日本語公式ホームページをご覧ください。

http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

 

日本〜オアフ島のホノルル空港とホノルル空港〜カウアイ島のリフエ空港までの航空券をセットで買うと割引になります!

どの航空会社で航空券を予約(購入)する時も必ず日本の空港〜オアフ島のホノルル空港までのチケットとオアフ島のホノルル空港〜カウアイ島のリフエ空港までのハワイアンエアラインかアイランドエアの航空券を一緒に買って下さいね;)

旅行会社にお願いする場合でも個人で航空券をインターネットで購入する場合でも忘れずに最終目的地は「カウアイ島のリフエ空港」にして下さい。

往復で1万円くらいの割引になる場合もあるみたいですから忘れずにね!

格安航空券サイトで航空券を買う場合でも成田空港から飛行機に乗る場合は”成田空港〜ホノルル空港〜リフエ空港”と空港名を3カ所入れて買うようにしましょう。そうしないと損しちゃいますよ。

3カ所の空港名や空港の3レターを入れる場所が無い場合は最終目的地をリフエ空港にして下さい。

*ハワイの空港の3レター*

オアフ島のホノルル空港の3レターは(NHL)

カウアイ島のリフエ空港の3レターは(LIT)

*日本の空港の3レター*

成田空港3レターは( NRT)

羽田空港3レター は( HND)

関西空港3レターは(KIX)

中部国際空港3レターは(NGO)

航空券を買う時は忘れずに国際線(インターナショナル)と国内線(インターアイランド)をセットで買って下さいね;)

まず日本からホノルルまでをご案内しましょう;)

 

空港でスーツケースなどの預け荷物に必ずリフエ空港までのタグがついているか確認して下さい!

ここ大事なところですからね!しっかり聞いて下さい。

まずは日本の空港に行ってチェックインしますよね。最近はカウンターではなくこの様なチェックインの機械でする港空会社がほとんどです。

「どうしよう!?そんなのした事無いのに。きゃーーー画面英語@_@無理よー!」なんてパニックにならないで下さいね。

落ち着いて画面をよく見ましょう。日本の空港のチェックインの機械には必ず日本語がありますから。

日本語もしくはJapaneseを選んで押して下さい。日本語に画面が切り替わりますから^^

そうしたら画面の案内通りに進めば大丈夫。ボーディングパス(搭乗券)が発行されて機械から出てきます。

それを持って機内持ち込みの荷物以外の預け荷物がある方は荷物を預ける為にカウンターにいきましょう。

ここで大事なポイントを言いますよ!「必ず!荷物のタグをリフエ空港までつけてもらいましょう。」

荷物に付けてくれるタグは、この白い帯みたいなのです。

images-3

中にはよくわかっていない方もいて「お客様、ホノルル空港到着後に入国審査を終えてお荷物は必ず1度ホノルル空港で受け取って頂き再度、ハワイアンエアライン(もしくはアイランドエアー)に預けなおして頂くようになります。」と言われます。

そう言われたら「それは分かってます!でも私の最終目的地はカウアイ島のリフエ空港ですからホノルルまでのタグだとハワイアンエアラインで荷物を再度預け直さなければなりませんし料金も払うようになりますので荷物のタグはカウアイ島のリフエ空港まで付けて下さい。」とハッキリ伝えて下さいね。

私は、もう10回以上、日本からオアフ島のホノルル空港を経由してカウアイ島のリフエ空港までのフライトを経験していますが

「荷物のタグをリフエ空港までお願いします。」と言って「ハイ!」と言ってちゃんと下さったのは2回だけですから。たったの2回。

航空会社の方は、みなさん分かっていらっしゃるなんて思ったら大間違いです!

荷物を預けると先ほどの白い帯のようなタグの引き換え券を必ずくれますから、その到着地がリフエ空港(LIT)であることを確認して違ったら、もう1度「リフエまで下さい。」と言ってもらい直して下さい。

なぜタミーがこんなにもしつこく言うかと申しますと、それには理油があるんです。

 

カウアイ島のリフエ空港までの荷物のタグがついていないとハワイアンエアライン(またはアイランドエアー)でスーツケースを預ける時にお金を払わなくてはいけない場合があります。

ホノルル空港に到着しますとみなさん入国審査を受けます。それを通り抜けてエスカレーターで下に下がると荷物を受け取るターンテーブルがありますから自分の荷物を受け取ったら右側の荷物チェックを通過します。

ほとんどの場合、何も言われず通されますが、たまにランダムで止められて中身をチェックされている人を見ます。

その時はどうぞ素直に荷物の中身を見せて下さい。問題がなければ、あっという間に終わります。

そこを出ると左に向かって進みます。すると前方にホノルル空港の入国審査で機械を使うのですが、その時にもらったレシートを集めてる方が立っているので、その方にレシート渡して外に出るのですがカウアイ島のリフエ空港へ行く方は待って下さ〜い!!!

そのまま預け荷物をもってオアフ島のホノルル空港から外へ出てしまうとハワイアンエアライン(またはアイランドエアー)でチェックインをする時に預け荷物の料金を払わな来ればなりますよ。

 

リフエ空港のタグが付いている荷物はレシートを渡す前の右側に荷物を預ける所があるので、そちらで預けて下さい!

落ち着いて下さいね。オアフ島のホノルル空港を出る手前、機械でした入国審査でもらったレシートを回収している係りの人がいますので、その手前の右側に行ってそこで荷物を預けましょう。

ベルトコンベアみたいなのが見えてスーツケースがいくつか並んでいたりしますから、すぐわかりますよ;)

そこへ行ったら係りの人に「リフエ」と言って荷物を差し出せば係りの人はOKと言ってスーツケースを受け取ってくれますからね。

「リフエ」と言ったのによくわかってもらえなかった場合はスーツケースに付いてる白い帯みたいなタグの行き先を見せたら係りの人にリフエ空港まで行く荷物だという事がわかりますから大丈夫よ。

預け荷物はお金を再度払うこと無くカウアイ島のリフエ空港で受け取る事ができます。

日本からハワイに来るインターナショナルでのフライトの場合は預け入れの荷物は1つ2つまで無料です。

あなたは手荷物だけ持ってレシートを回収している人の所まで言ってそのレシートを渡たらホノルル空港の外にでましょう。

もしホノルル空港までのタグしか付いてない場合は、先ほどの場所でスーツケースを預かってはもらえず再度ハワイアンエアラインかアイランドエアで荷物を預ける事になるので日本を出発する時に荷物のタグをもらう時には「最終目的地がカウアイ島のリフエ空港」である事を十分注意して確認して下さいね。

ハワイアンエアラインの場合はチェックインし直した場合の預け荷物の1つ目は$25。2つ目は $35 です。

例えばカップルで2つずつスーツケースを預けたら$70も払わ無くちゃいけませんよ。気をつけて下さい。

帰りも同じです。カウアイ島のリフエ空港でチェックインする時に「最終目的地は成田空港です。とか羽田空港です。」という事をちゃんと伝えて同じように荷物の引き換え券が成田空港なのか羽田空港なのかホノルル空港までじゃない事をちゃんと確認して下さいね。

ちゃんと日本の空港名になっていたら帰りはオアフ島のホノルル空港で荷物を受け取って預け直す事無く日本の各空港で荷物を受け取れます。

日本からオアフ島のホノルル空港に到着してワイキキなどオアフ島に数日ステイしてからカウアイ島にいらっしゃる場合はオアフ島のホノルル空港でハワイアンエアラインかアイランドエアでチェックインして来る訳ですが先ほど話したように預け荷物1つ目は$25。2つ目は$35の料金がかかる事をお忘れ無く。

 

もしリフエ空港までの荷物のタグを日本の空港でもらえなかった場合

航空会社の規定も変わったり対応して下さった方にも違いがあるかも知れませんし、もし最終目的地のカウアイ島リフエ空港までの荷物のタグをもらえなかった場合。

「タミーさん、お願いしてももらえない時があるんですか?」

ハイ、タミーは1度だけ成田空港〜ANAのフライトで最終目的地はカウアイ島のリフエ空港で、そこまでの荷物のタグを下さいとお願いしましたが

「申し訳ありませんがタグはホノルル空港までになりますので、そちらでお荷物を受け取りハワイアンエアラインに再度チェックインされて下さい。」と言われました。

「ハワイアンエアラインに再度荷物を預ける場合は、お金を支払いますか?」と確認して下さいね。

タミーの場合は「インターナショナルフライトでお客様は当社でハワイアンエアラインの航空券も購入されているので支払う必要はありません。」と説明して下さいました。

言われた通りタミーのスーツケースはオアフ島のホノルル空港で再度預け直しましたが無料でリフエ空港まで一緒に飛んでくれましたよ;)

この時、念のために対応して下さった方のお名前を聞いてメモしておくといいと思います。

ハワイアンエアラインでお金を支払わなければならなくなった場合、後でその方のお名前がわかれば帰国してからでも連絡して、その分を返金してもらえるかもしれませんから、そんな事が無いのが一番ですが一応、対応して下さった方のお名前は控えておきましょうね。

以上日本の空港〜オアフ島のホノルル空港までのアクセスはよくわかりましたか?大切なポイントお伝えしましたのでしっかり頭に入れて下さいね;)

 

オアフ島のホノルル空港〜カウアイ島のリフエ空港へのアクセス

では続いてオアフ島のホノルル空港〜カウアイ島のリフエ空港へのアクセスをご案内しましょう♪

ホノルル空港からハワイアンエアライン(またはアイアランドエア)への移動の仕方とチェックインの仕方や注意事項そしてハワイアンエアラインでのカウアイ島のリフエ空港までのフライトについてなどは

「カウアイ島へはホノルルからリフエ空港(LIT)へハワイアンエアラインかアイランドエアーで☆」に詳しく書いてありますので↓カウアイ島までのアクセスの続きは是非こちらの記事でご覧ください。

カウアイ島へはホノルルからリフエ空港(LIT)へハワイアンエアラインかアイランドエアーで☆

こちらの記事の内容と重複している内容もありますが大切なところなので、ご理解下さい。

 

どうですか?日本からカウアイ島へのアクセスよくわかりましたか?

大切なポイントも詳しく説明しましたので、これで日本からカウアイ島へのアクセスは完璧ですよね;)

カウアイ島へいらっしゃりたいなんていうご家族やお友達がいましたら是非アクセスの重要ポイントは教えてあげて下さいね。

「注意事項」を忘れず無駄な出費をしたり迷ったりする事無く、この記事でスムーズにカウアイ島に来られるお手伝いが出来たら嬉しいタミーです。

ではカウアイ島でお待ちしてますよ〜♪

Much Aloha♡Tammy

タミーは何位でしょう(^^) ↓

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ