カウアイ島の日本語ガイドツアーはタミーにお任せ^^キラウエア灯台は絶景よ!

Aloha(^^)/ カウアイ島にいらしたら楽しく過ごしたいですよね♪

でも知ら無い場所だし英語もあまり出来無いし…

なんて方には、あなたがカウアイ島を満喫出来る様にタミーが日本語ガイドツアーを紹介しちゃいますよ;)

スポンサードリンク



カウアイ島であなたのやりたい事。あなたの行きたい事、あなたの食べたい物の希望を叶えて下さるあなたの為の日本語ガイドツアーです。

「タミーさん、日本語ガイドツアーってどんなのかしら?」

どんな感じのツアーかは実際にタミーが幸せになれる島カウアイのサイトに連絡を下さった女性1人旅のエリさんと朝9時〜午後2時くらい(約5時間)の日本語ガイドツアーを体験して下さいましたので、ここでタミーと一緒にあなたもツアーを楽しんじゃって下さいね;)

ではノースショアへのツアーへ出〜発(^^)/

スポンサードリンク



ツアーのおすすめ1/「オノチャバーガー」はカウアイ島No,1バーガーよ;)

まずはポイプのホテルからリフエ→カパア→アナホラへ向いましょう♪

リエさんが宿泊したのはタミーの記事「カウアイ島のおすすめ安宿」で紹介したポイプB&Bが満室だったので同じ敷地内のコテージに宿泊されました。

↓「カウアイ島のおすすめ安宿(^^)」の記事は、こちらをご覧下さい。

カウアイ島のおすすめ安宿(^^)

コテージにお迎えにいったのが朝の9時。ポイプからツリートンネルを抜けてリフエ〜カパアへ。

カパアの海沿いは、こ〜んな綺麗な景色をドライブしながら見られますよ^^

s__12599298s__12599299

カパアの海岸線には安全なサイクリングロードがあってカパアタウンにはレンタルサイクルのお店もありますから海岸線をサイクリングするのも気持ちよくて楽しいですよ。

s__12599300

カパアの町を過ぎてアナホラの山の中に向かいます。キングコング・プロファイル(キングコングの横顔)という名前の山が見えて来ます。

s__12599301

この山が見え始めた右側に小さな赤い建物のカウアイ島No,1バーガー「オノチャバーガー」のお店があるので行きでも帰りでも美味しいバーガーを食べたい方は是非お寄り下さい。

「オノチャバーガー」については↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島No,1バーガー「オノチャバーガー」in アナホラ

ツアーのおすすめ2/アナホラからノースショアに向かう途中に絶景ポイントがあります!

右カーブになっている絶景ポイントには車が4台ほどしか止まれませんが。

お天気ならナパリの山も綺麗に見えるビューポイントよ!

s__12599302

そこからプリンスビルもハナレイタウンも通り超してカウアイ島の最北端にあるケエビーチまで一気にドライブしちゃいます♪

ツアーのおすすめ3/ケエビーチ&2つの洞窟はノースショア最北端のおすすめスポット!

こちらがケエビーチの入り口です。

s__12599303

この日は波が高くてビーチの中にすら危険という事で入れませんでした。冬は波が高いケエビーチなのは知っていましたが、まだ10月秋なのに残念でした。

穏やかだとこ〜んなに素敵なビーチなのよ☆

IMG_9969

駐車場が狭くてケエビーチだけじゃなくトレイルやウエットケイブ(洞窟)に行かれる方も同じ駐車場に止めるしかないので、これらが目的の方は朝早く行かないと車を止められないので早起きして行きましょう♪ 道路も狭くて路駐も出来る場所は少ないです。

レンタカーで行かれる方は、この駐車場路面がボコボコなので運転には十分ご注意して下さいね。

ケエビーチの記事は↓こちらをご覧ください。

恋愛を引き寄せるカウアイ島ケエビーチ♡

こちらがケエビーチの手前左側にあるトレイルの入り口です。

s__12599304

トレイルの記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のキャンプ場案内+地図&便利情報

ウエットケイブを見学したらドライケイブも見に行きましょう♪

こちらが青い水が神秘的なウエットケイブ。

s__12599305

こちらはドライケイブ。左の写真の奥に人がいるのが見えますか?中は広〜いんですよ。右側の写真は洞窟の中から外を撮影したものです。結構奥行きあるでしょ;)

s__12599306s__12599307

洞窟の記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のパワースポット(洞窟・お遍路)

2つの洞窟を見学した後はケエビーチに入れなかったので秘密のビーチへ行きました^^

ツアーのおすすめ4/タミーの秘密のビーチで癒されて♡

洞窟からハナレイタウンに向かう間にこの美しいビーチはあります。

s__12599308

このビーチにはサインも無いので秘密のビーチです。名前が無いので「タミービーチ」と呼んで下さい(笑)

“ライフセイバーさんが居ないので注意しなさい!”という手書きのサインが木に付いているくらいです。

このビーチ右端の方が海水プールの様になっていて小さなお子様達と水遊びするロコファミリーもいます。

s__12599310s__12599311

水の透明度が写真からわかるかしら^^

通り沿いには車は5、6台しか止められませんが、そこから奥へ入ると10台ほど車が止められます。

向かいは牧場。見つけられたらラッキーという事でお楽しみ下さい(^^)

ただしライフセーバーさんが居ないビーチですのでタミーは一切責任は持てませんから自己責任でお願い致します。

秘密のビーチでリラックスしたら、お腹が空いてくる時間になりますのでハナレイラウンへ向かいます。

ツアーのおすすめ5/ハナレイタウンでのランチはハワアインチリペッパーチキンorハワイアンプレート^^

ハナレイタウンでのタミーのおすすめランチは2つ!

1つはチングヤングヴィレッジの「ヴィレッジ、スナック&ベーカリーショップ」にある左側の写真の”ハワイアンチリペッパーチキン”。甘辛のソースが、かかったジューシーなチキンが、ご飯に合うの!ご飯は白米か玄米が選べてサラダはトスサラダ(グリーン)かマカロニサラダが選べます。

s__12599313s__12599312

右側のハウピア(ココナツ)バニラパイもおすすめ!ハウピアチョコレートパイも美味しいわよ。

もう1つは、こちらのフードトラック「ハナレイ・タロ&ジュースカンパニー」。

img_5_m

ハワイアンフードを食べてみたい方は、こちらのハワイアンプレートはボリュームもあるし美味しいです!

カルアポーク、ロミサーモン、タロマカサラダにライスとタロケーキまで付いて$11それに$3プラスするだけでティーリーフで包んで蒸し焼きにしてあるお肉料理ラウラウまで付いちゃうの。お得でしょ;)ラウラウはポークかチキンが選べます。

img_1_m

一緒にタロスムージーはいかが?日本のTV番組「旅サラダ」でも紹介されたこのスムージーは本当に美味しいわよ^^

スムージーは2種類。こちらは”カウアイ・ハニー・ドリーム” マンゴー、リリコイ、ココナツミルク、タロ、ハニー。もう1つは”プリンスビル・パイナップル” ストロベリー、パイナップル、バナナ、タロなど。

お腹もいっぱいになったのでハナレイタウンでショッピング〜(^^)

S__8929286S__8929287

S__8929288S__8929290

たくさんのショップやレストラン、カフェがあります♪

ツアーのおすすめ6/ハナレイタウンでタミーのおすすめお土産は「カウアイ・ナッツロースター」

タミーはナッツが大好き!体にもいい美味しいナッツをカウアイ島のお土産にいかがですか?

S__8929289S__8929296

左の写真の様に自由に試食が出来るのでお好みのが買えますよ。

右の写真のはハワイアン・スーパー・ミックス。マカダミアナッツにドライバナナ、ココナツにピーナッツにビターチョコレート,etc 欲張りな方にはぴったりな商品ね(笑)

写真無いですがタミーの一押しはローズマリーマカダミア;)

他にもハナレイタウンにはオーガニックストアやミュージアムみたいな素敵なお店も沢山あるのでウインドショッピングするだけでも楽しいですよ♪

お腹もいっぱいになったのでハナレイビーチへ行きましょう!

ツアーのおすすめ7/ジョージ・クルーニーの「ファミリーツリー」の映画の舞台になった素敵なハナレイビーチ

ハナレイビーチを訪れた時に真っ先の目に飛び込んでくるのがこの桟橋。そして、その向こうに見えるナパリコーストの山。この景色を1度見た方は忘れられなくなります(笑)

s__12599314

ナ・パリ・コーストを眺めながら桟橋の上を気持ちいい海風に当たりながら歩く時間は何度ここに来ても幸せを感じます♡

なんとも穏やかなビーチは時間を忘れてのんびり出来る場所。

ジョージ・クルーニーの映画「ファミリーツリー」の舞台にもなった素敵なビーチなんですよ。

このハナレイビーチは遠浅で長い砂浜が続く広〜いビーチ。夏の時期はワールドクラスのヨットが40艇ほど停泊するんです。

変わって冬になると大波が上がるのでサーファー達で賑わいます。

素敵なハナレイビーチを後にしてプリンスビルへ向いましょう♪

ツアーのおすすめ8/高台からのタロイモの畑を見渡せるビューポイントはVery good!

プリンスビルショッピングモールの少し手前の右側にビューポイントはあります。

s__12599315

タミーは懐かしい故郷の八幡芋の畑を思い出しちゃいました。タロイモの葉っぱって八幡芋(里芋)の葉っぱとよく似てるのよね。

遠くからタロイモ畑をみると日本ののどかな田園風景みたいよね。なぜなら、ここは以前お米の田んぼだったからなの。

さて次はキラウエア灯台へ行ってみましょう♪

ツアーのおすすめ9/キラウエア灯台は絶景よ!是非、行って欲しいわ〜!

ノースショアにあるキラウエア灯台からは息をのむほどの美しいカウアイ島の絶景が見られますから是非ツアーで行って欲しい場所です。

出来れば空の青も海の青も最高に綺麗な場所なので晴れた日に行って欲しいです。

キラウエア灯台についてタミー詳しく説明しますね。

キラウエア灯台へのアクセス

ツアーでは無くレンタカーの方の為にキラウエア灯台へのアクセスを説明しておきますね。

ハナレイタウンからはリフエに向かって走りプリンスビルを過ぎると右手にシェルのガソリンスタンドが見えてきます。

それを挟んで道が二股になっているので左の道に入り、その先に左折する道があるので曲がって真っ直ぐ進めばキラウエア灯台に着きます。

レンタカーを利用してリフエ方面からキラウエア灯台へレンタカーで行く場合の行き方も説明しておきましょうね。

56号線クヒオ・ハイウエイをリフエ空港から北に向かって東のカパアタウンを過ぎて緑の中をまっすぐ走ります。

右側に牧場の白い柵が見えて来て、その先にシェルのガソリンスタンドがありますので、その道をUターンするように右折しましょう。

すぐのキラウエア・ロードを今度は左折して下さい。

ここからは先ほどハナレイタウンから来た場合と同じ道になります。

しばらく走ると右側に「コン・ラン・センター」が見えて来ます。

ハワイなのに和物のお店があったり素敵なセレクトショップには可愛いお洋服やバッグが売っていたりキラウエア・ベーカリーで食事が出来たりアイランド・ソープなどのお土産に喜ばれるお店もあるので買い物や休憩にはいい場所です。

S__8904714S__8904713

「コン・ラン・センター」の先の道は大きく左にカーブして登り坂になります。道の舗装が悪くなって来たなと思った突き当たりがキラウエア灯台の入り口になります。

カウアイ島の玄関リフエ空港からは約40km、約40分ほどで到着します。

海鳥達の楽園♡キラウエア灯台へは歩いて入る事が禁止されています!

到着したキラウエア灯台が立つ岬は「キラウエア・ポイント・ナショナル・ワイルドライフ・レフュージ」という国定野生動物保護区に指定されています。

岬についたら海鳥達が気持ちよさそうに舞っているのをすぐ目にしますよ。

この岬からの景色も絶景で以前来た時に感動したタミーですが灯台への敷地内には、もっと素晴らしい景色が待っていました。

灯台に行くには突き当たりの岬から左のゲートを通って駐車場まで行かなければならないの。

距離としては数十mほどなのですが歩いて入ることが禁止されているので車に乗って駐車場まで行きましょう。

日本語ガイドツアーで行かれる方は、ここまで連れて行って下さいますから、ご心配無く。その理由はこの場所が海鳥たちの繁殖の場所だからだそうです。

このゲートは朝10時〜夕方4時まで開いていますが見学のことを考えたら午後3時までには入りましょうね;)

キラウエア灯台の駐車場からの景色は素晴らしい(^^)/

料金を払うゲートの手前に駐車場があります。そこに車を止めて柵から海を見下ろすと

この景色が素晴らしいの〜!!!これは写真じゃなくてご自分の目で是非見て欲しいわ。

s__12599316

空の青さに海の青さ。そしてカウアイ島の赤土と緑がなんとも言えない美しさなんです。

駐車場で絶景を満喫したら料金所で入場料金を1人$5支払います。(16歳未満は無料)

料金所の前には、こんな鳥達の写真と名前が紹介されています。写真クリックすると大きくなります。

S__8888322

こんなに色んな海鳥達が野生でここに暮らしているつてすごいわ〜。

すぐ近くで野生の海鳥達の姿を見る事が出来ます。

少しあるくとビジターセンターに着きます。こちらはちょっとした博物館になっています。

S__8888335

キラウエアで繁殖している海鳥達のジオラマやカウアイ島の自然が紹介されています。

ビジターセンターのショップでは本や地図にアートやTシャツなどのお土産品も売っていますし無料のパンフレット(英語)もあります。ビジターセンターの横にはトイレもあります。

では小道を歩いて灯台に向かいますよ〜!

トレイルの両側にはロープが張られていて、この様なサインがあります。

S__8888327

所々土に中に穴が開いているのですが、わかりますか?これが海鳥達の巣なんです。

S__8888326

右の巣穴に写真ではよくわかりませんがタミーの肉眼では海鳥の雛が中にいるのが見えました。丸々太っていて毛がふわぁふわぁしていて可愛いかったわ。

帰って調べたら「オナガミズナギドリ」という鳥の雛みたい。

タミーが入った時間はお昼頃で外はもう暑かったので巣のぐっと奥に雛は隠れていてよく見えませんでしたが涼しくなると可愛い雛達が外に出てくる事もあるそうです。

タミーは巣穴の中にいた1羽の雛を見れただけでも嬉しかったです。

可愛くて「もっと近くで見たいわ。写真撮りたい!」なんて思ってもロープの中へは決して入らないで下さい!

もう1つ決して海鳥に餌を与え無いで下さいね。この2つは必ず守って下さい。タミーからのお願いですm–m

鳥の巣のまわりの植物、覚えてますか?「ナパカ」。お花の形が半分で2つ合わせて1つのお花になるラブフラワーです。ポイプのシェラトンホテルの周りにもあって以前書いたシェラトンの記事でもお話ししましたよね。

S__8888325

歩きながら空を見上げると写真だと黒い点みたいにしか見えませんが海鳥が沢山飛んでます。

S__8888329S__8888334

この2羽の鳥だと思われます。

S__8888323S__8888324

写真は光ってしまい見にくいですが細く長く赤い尾が特徴の「レッド、テイルド、トロピックバード(アカオネッタイチョウ)」

赤い尾が細くて見えずらいのでカモメと間違う人が多いのですがカウアイ島にはカモメは住んでいません。ハワイ名はコアエウラ。

右側のは「レッド、フッテッド、ボービィ(アカアシカツオドリ)」ハワイ名はアっていう短い名前なのよ(笑)

小道を抜けるとキラウエア灯台が見えて来ます。可愛らしい灯台でしょ。

S__8855555

その先には美しい青く広い海が広がっています^^

広く青い空には気持ちよく羽を広げる海鳥達が、そして、この美しいカウアイ島の海にも大きな動物がいるんですよ。

海鳥だけじゃなくクジラもハワイアンモンクシールも見れちゃうキラウエア灯台です。

カウアイ島の海には冬の時期(12〜 4月の始め頃まで)にくじらがやって来ます。

ここから肉眼でくじらの潮吹きを見る事が出来ちゃうの。

上の写真の灯台の左横の建物で双眼鏡も貸して下さいますから冬の時期にいらした方は海鳥だけでなく是非くじら観察もされて下さいね;)

岬の下を見ると「モクアエアエ」という岩だらけの島があります。

s__12615682

夏の時期には島の岩場に絶滅が心配されている保護動物のハワイアン・モンクシール(ハワイアン・アザラシ)の姿も見る事が出来るそうですよ。

他にもハワイ州の鳥「ハワイアン・ネネ」もやって来る「キラウエア灯台」です。

キラウエア灯台にある世界一を知っていますか?

このキラウエア灯台は1913年から1日も休まずノースショアの海を行き交う船の安全を守って働き続けています。

こんな可愛らしい感じの灯台ですが、とても丈夫なんです。過去に何度かカウアイ島を襲った大型のハリケーンにもビクともしなかったそうです。

灯台の装置自体は何度か改良されて人力の時計式動力も非常用として今でも残されている様ですが電動式に変わり天気のいい日には約144kmも先から灯台の光を見ることが出来るそうです。

そして、この光を作り出す「レンズが世界一」なのです!このレンズ20世紀始め頃の金額で1万2千ドルしたそうです@_@ レンズはフランス製。

小さなカウアイ島に世界一のものがあるって嬉しいわ^^

キラウエア灯台からの眺めは最高!!!

どうですか?キラウエア灯台からの眺め素晴らしいでしょ☆

S__8888332

海に向かって左側からは遠くにプリンスヴィルが見えます。

S__8904712

*キラウエア灯台スペシャル情報1*

キラウエア灯台の上に上がれるスペシャルツアーがあります。水曜日と土曜日の10:30,11:30,12:30,13:30,14:3o

5回(見学時間は15分ほど)1人$5 その時間の少し前までにはビジターセンターで申し込みして下さい。

*キラウエア灯台スペシャル情報2*

歩くのが大変な方には、こちらのカートで移動のお手伝いをしてもらえるんですよ。

S__8904711

毎年カウアイ島に神戸から遊びに来てくれるタミーのアンティは足が悪いので長い距離を歩くのが少し大変なの。なので、これはとてもいい情報でした。

*キラウエア灯台スペシャル情報3*

キラウエア灯台に向かって左側から右奥手前に見えるビーチはシークレットビーチ」と呼ばれているビーチでヌーディストビーチだとか。WOW@_@

S__8904710

タミーは興味無いので行きませんが(笑)

どうですか?日本語ガイドツアーでのノースショアは満足していただけたかしら?

ツアーのおすすめ10/カウアイ島土産はウォルマートへ&タミーのおすすめシェイブアイス^^

ホテルへ戻る途中リフエのウォルマートへ寄ってお土産を買いました。お友達や家族へのお土産を沢山買う場合はカウアイコーヒーやカウアイクッキーなどはカウアイ島で一番安く買えるのがウォルマートです。

ウォルマートどんなお土産が売っていて↓いくらくらいなのかは、こちらの記事をご覧ください。

カウアイ島土産はウォルマートが一番安い!

お土産も買ってリフエからポイプの宿へ向かいます。

リサさんと喋り過ぎてもう喉がカラカラ(笑)

タミーおすすめのシェイブアイスの店に寄りました。ラワイにある「フレッシュシェイブ」さん

こんな可愛いお店。すごい列でしょ@_@

img_0_m-1

どんなシェイブアイスかって。えりさんのアサイベリーとタミーのオレンジクリーム。

img_0_mimg_1_m-1

アサイベリーはバナナとココナツのトッピングがハワイアンでしょ。フレッシュオレンジも美味しいですよ!

こんなのもありますよ。ココナツパイナップル。「フレッシュシェイブ」の人気No,1☆

img_2_m-1img_3_m

さっぱりライムにチアシードクリームがたっぷりのったはチアシードのプチプチ食感がたまりませんよ。
他にも全部で8種類。お値段も6ドルとお手頃です^^
どうですか?カウアイ島でこ〜んな楽しい日本語ガイドツアーしてみませんか?
タミーが、あなたをお連れ出来たらいいのですがタミーは一応ライターでして(^^; 結構、忙しいんです(笑)
なのでタミーの方から日本語ツアーガイドさんを紹介させて頂いています。

日本語ガイドツアーのご相談はタミーまでどうぞ;)

カウアイ島に旅行にいらっしゃる方で英語が堪能な方は、ご自分でツアー会社を選び相談して申し込みして現地でもアメリカ人のガイドさんの英語の説明でも何の問題も無く楽しめますよね。

でも日本人の方の中には英語は全くダメとか挨拶程度くらいならって方が多いんじゃないかしら。

そんな方にはタミーがお手伝いして日本語の出来るツアーガイドさんを紹介させて頂きます。

まずは、あなたの日程、行きたいところ、したい事、食べたい物などタミーに教えて下さい。

勿論、相談は無料ですので今ご覧頂いています「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のサイトのトップページにあります「お問い合わせ」から、または

「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のfacebookページの「お問い合わせ」からタミーに気軽に相談して下さいね。勿論、日本語でOKです;)

あなたの希望に合ったツアーガイドさんを紹介させて頂きます。

日本語のガイドさんだと安心出来る上に楽しいおしゃべりをしながらのドライブ出来ますものね。

カウアイ島でツアーしたいけど不安な事がいっぱいとかプライペートなツアーをアレンジして欲しいわって方はタミーに相談してカウアイ島を日本語ガイドツアーで楽しんじゃいましょう♪

お問い合わせお待ちしてま〜す(^^)/

Much Aloha♡Tammy

タミーは何位でしょう(^^) ↓

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

2 Responses to “カウアイ島の日本語ガイドツアーはタミーにお任せ^^キラウエア灯台は絶景よ!”

  1. より:

    Tammyさんも行ったことがない場所があったなんて…びっ栗クリちゃんだZet!
    そのくらい広いんだね!
    ますますあこがれちゃうなぁ~(⌒∇⌒)
    きれいな海は…最高だね!

    • tammy より:

      仁さん

      まだまだタミーも行った事が無いカウアイ島の場所がありますよ。
      もっともっと出かけて新しい情報を紹介したいです(^^)

      綺麗な海はいつ見ても心があらわれます♡

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ