カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Aloha(^^)/

あなたはノースショアと聞いたらワイキキのあるオアフ島にしか無いと思ってませんか?

ノースショアはカウアイ島にもあります。

南太平洋のグランドキャニオンと呼ばれるカウアイ島のワイメア渓谷ですがオアフ島にもワイメア渓谷があるんです。

ハワイには同じ名前の場所が、いくつかあるので間違えちゃうんですよね : (

 

ハワイには、いくつか同じ地名の場所が違う島にもあるので間違え無い様にね;)

オアフ島ではノースショアにあるワイメア渓谷の乗馬のツアーが人気です。 カウアイ島にいらした方の中には地名が同じなのでカウアイ島のワイメア渓谷でも乗馬ができると勘違いしてしまってる方がいます。

タミーは乗馬が好きです^^ 日本では中々する機会も無い乗馬ですよね。 機会があったとしても馬場の中の乗馬で少し面白みに欠けますよね。同じ場所をぐるぐる回るだけって。

せっかくハワイに来たのですから「大自然の中を馬に乗ってみたいわ〜」なんて思いませんか? タミーはオアフ島に旅行した時にクアロアランチという場所で山から海に抜ける乗馬を初めて経験した時にすごく感動しました。

21437496094_93c7cb1e32_z

「ハワイで乗馬楽しそうですね。でもカウアイ島のワイメア渓谷では乗馬は出来ないんですよね?」

ご心配なく!ワイメア渓谷では出来なくても他の場所でダイナミックな乗馬をカウアイ島でも楽しめますよ(^_-)

 

カウアイ島でオススメの乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Unknown

タミーが初心者でも、参加したその日から乗馬を楽しめちゃうツアーを紹介しちゃいますよ。

映画の主人公みたいに眺めのいい馬の背中からカウアイ島の美しい大自然を満喫出来ちゃうんです^^カウアイ島にいらしたら、そんな夢みたいな体験してみたくないですか?

誰でもハワイアンカウボーイ&カウガールに慣れちゃいます。

 

1つ目のオススメ乗馬ツアーはノースショアの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』!

カウアイ島にもノースショアという場所があります。勿論、北に(笑)

ノースショアにもいくつか乗馬が出来る場所がありますが一番有名なのはプリンスヴィルにある『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』ランチとは英語で牧場の意味です。タミーもダーリンと友達のケイちゃんと3人で乗馬しました♪

『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』では言葉では表せないようなハナレイ渓谷の絶景を車では行く事の出来ない丘の上から見る事ができる乗馬ツアーが楽しめます♪

こんな美しいインストラクターさんが教えてくださいます♡

タミーの一押しは「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」(3.5時間・$135)タミーが体験したので全〜部紹介しちゃいましょう! まずは乗馬を楽しみます♪ 馬に乗っている往復の時間は約1時間。その間は緑溢れる森の中をピクニックします。

ピクニックというと楽そうですが(^^; 結構な坂道を頑張って歩いて行くと滝が見えて来ます^^

合成写真じゃないですよ〜タミーと友達のケイちゃん水着になり岩を登り滝の裏側にいっちゃいました!!!

タミー滝にも打たれました!気持ち良かったです^^

 

ツアーはサンドイッチ、ポテトチップス&クッキー、水付です。

この「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」の一番の見所は滝☆ 滝つぼで泳いじゃえますよ;)滝壺の映像は、こちらをご覧ください↓ 流れる水が綺麗で滝の水量が多くて豪快なの@_@

帰り道は行きより短い距離なのですが、なんと滝を渡ります@_@

滝を渡る時はインストラクターさんが手伝い安全ベルトを付けて降りるので安心でした。

滝を渡ってホッとしたのもつかの間、今度は崖を登ります>_<

そこから少し歩いて待っていてくれたお馬さんに乗って、また乗馬を楽しみます♪

 

真ん中のダークチョコレートカラーのお馬さんがタミーを乗せてくれた”クルーザー”です。クルーザーみたいに快適な乗り心地だったわ♡ ダーリンは、この日が初乗馬だったのにすごく楽しそうでした^^ ケイちゃんは2回目。タミーは3回目の乗馬でした♪

素晴らしい体験が出来た『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』の「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」でした^^

最後にこんな素敵な写真もインストラクターさんが撮って下さいます。こちらの乗馬ツアーの時間は電話かメールでお尋ね下さい。電話の場合はハワイ時間8時〜17時半まで808-826-7669へ。

こちらはピクニックも含まれるコースなので、もう少し気軽に乗馬だけ楽しみたいわという方には。「パニオロ・ライド」(2時間・$99)もあります。月曜日〜土曜日 10

時〜 こちらも美しい景色は満喫できますから十分楽しめますよ♪ (注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。

pra_waterfall_picnic_ride-4

ホームページからはビデオで乗馬の様子も見られます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親が日本語でお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容↓ご予約は、こちらのホームページのHORSE BACKをご覧下さい。

http://www.princevilleranch.com

ノースショア、プリンスヴィルへはリフエ空港から約48km。リフエ空港から車で約1時間で行かれます。カパアの東地域やノースショアに宿泊の方には、こちらの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』が近いですね。

 

カウアイ島で2つ目のオススメ乗馬ツアーはポイプの『CJMカントリー・ステイブル』!

ステイブルとは英語で馬小屋っていう意味です。こちらCJMカントリー、ステイブルはポイプのグランド、ハイアット、カウアイリゾート&スパの奥になる場所にあるのでカウアイの雄大な南海岸を乗馬出来ます。こちらの乗馬ツアーでは無人ビーチやカウアイ島の遺跡の跡に連れて行ってもらえちゃいます。

一押しの約3時間の乗馬ツアーは「シークレット・ビーチ・ピクニック・ライド」

beach_ride

水、金曜日の13時〜。$140(水、サンドイッチ、チップス、フルーツのピクニックランチ付)2時間、乗馬。1時間はピクニック。

気軽に楽しめる約2時間の乗馬ツアー「マハレアプ・ビーチライド」は平日の9時半〜と14時〜の1日2回。$110。こちらはランチは付ませんが水は付きます。

valley_ride

どちらも絵の様に美しい青い海岸線と壮大な山の景色を楽しめますし自生植物や野生動物なども見る事が出来ます。

CJMカントリー、ステイブルは日曜日は定休日。(注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親がお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容とご予約は↓こちらのホームページをご覧下さい。

http://www.cjmstables.com

南海岸のポイプへは、リフエ空港から約21km。車で約30分で行かれます。リフエ、ポイプの南地域と西の地域に宿泊の方は、こちらの『CJMカントリー・ステイブル』が近いですね。

初心者でも気軽に楽しめるカウアイ島の乗馬ツアーですが準備と注意は必要です。「乗馬するの初めてなんですが、どんな服装で行ったらいいですか?」

 

乗馬にはスニーカーとジーンズを履いて行きましょう!

暖かいカウアイ島ではビーチサンダルとショーツ(短パン)が快適な服装です。ただし乗馬をする時には絶対にビーチサンダルは履かないで下さいね。それとジーンズなどの長いパンツを履いて下さい。

天候によっては涼しい時もありますし突然の雨なんて事もあるかも知れませんのでフード付のウインドブレイカーなどをお持ちになるといいですね。

短い乗馬ツアーでも1時間半くらいは馬に乗りますので半袖などですと意外に日焼けしちゃいますから事前に日焼け止めは塗って下さいね。

帽子もあるといいと思います。ただし顎紐などがあり風が吹いても飛ばないようなのがいいですね。

ツアーによっては馬から降りてビーチに行くこともあるのでビーチに入りたい方は水着を下に着て行かれる事をオススメします。その時はカウアイ島の日差しは強いので日焼け止めとタオルは、お持ちになるといいと思います。

ハイキングや滝に行かれる場合は蚊もいますので虫よけのスプレーなども忘れずに!乗馬をするのですから、それらの荷物は両手が使えるバックパックなどに入れて下さいね。

「タミーさん、他に乗馬ツアーに参加するのに注意する事ってありますか?」

乗馬ツアーの30分前くらいには準備や説明もありますのでツアー場所には到着していた方が焦らずいいですよ。 でも一番大切な事は。

 

馬が驚く様な大きな声を出さないで下さい!

初めての乗馬はドキドキしますよね。でも馬だって知らないあなたを初めて背中に乗せるんです。お互い緊張しているはず。なのにちょっとした事でキャーなんて悲鳴をあげたりすると馬が驚きますので絶対に止めて下さい。

カウアイ島の絶景を見ておー!っと声を出したくなりますが、その時も馬の上では、あまり興奮して騒がない様にしましょうね(笑)

 

カウアイ島で乗馬ツアーに参加する服装と注意事項は大丈夫ですか?

カウアイ島の乗馬ツアーには今のところ日本語を話せるスタッフはいません。馬は機械では無いので人間が100%コントロール出来ません。途中で草を食べだして動かなくなっちゃったりとかもあります。そんな時にどうしたらいいのかインスチラクターさんが指示を出して下さいますが英語になりますので英会話は必要になります。指示が理解出来なくて間違えたりすると馬は動物ですから危険な場合もあますので英語が理解出来る方が参加条件になります事をご理解下さい。

どちらのステイブルの馬達もちゃんと調教されているので大人しく子供でも安心して乗れるそうですが馬の扱い方は英語がわから無いお子様にはご両親が教えてあげて下さいね。

あなたは馬の目を近くで見た事がありますか?めちゃくちゃ可愛いんですよ♡ 乗馬ツアーが終わる頃には馬とも心が通じてあなたも乗馬の魅力にとりつかれる事でしょう。

そうしたら、またカウアイ島にいらっしゃる時は違う乗馬ツアーに参加して下さいね。 だって、こんな贅沢な時間は絶対に日本では味わえませんから(^^)

Much Aloha♡ Tammy

4 Responses to “カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!”

  1. Andi より:

    Great common sense here. Wish I’d thohgut of that.

  2. Kapil より:

    I think you hit a buleylse there fellas!

コメントを残す

このページの先頭へ