モロカイ島はホテルよりコンドミニアムがおすすめ!ゴルフ・ツアー・フライトなど情報満載^^

Aloha(^^)/ カウアイ島で一緒にゴルフをした佐藤ファミリーがカウアイ島の後モロカイ島に行かれて沢山のモロカイ島情報を送って下さいました。

モロカイ島のホテル、ゴルフ場、海のアクティビティ、美味しいもの、貴重な体験,etc. タミーのモロカイ島のおすすめ10を紹介しま〜す♪

 

モロカイ島は自然の中で自分を見つめられる最もハワイアンな島です。

モロカイ島はオアフ島からカウアイ島とは反対方向に約40kmの位置にあり飛行機で約30分で行かれちゃうハワイ8島の内の1つです。マウイ島からは更に近く約13kmの位置にある島でラナイ島と同じくマウイ島領域になる島です。

「タミーさん、モロカイ島ってどんな島ですか?」

答えは「何も無い島」(笑)ショッピングモールが無いどころか信号機さえ1つも無い島。あるのは大自然。タミーが暮らしているカウアイ島も大自然が素晴らしい島ですが、また違うんですよね。自然や動物達をもっと近くに感じられて何も無い事で自分を見つめられる島です。

タミーは2度モロカイ島に行った事があるのですが心に残っているのは果てしなく続く海岸線に人が1人もい無くて「もしかして地球上に私1人だけ?」って何も無い素晴らしさに感動したのを今でもよく覚えています。1o年ほど前の事ですが、きっと今でもそんなに変化していないのでは無いかと思われるモロカイ島。

モロカイ島にはタミーが感じたハワイ最大のビーチがありハワイ最長のサンゴ礁があり世界最大の崖がありフラが生まれた島なんです。そしてモロカイ島の半分以上の方がハワイの先住民の血をひいているそうなんです。だからモロカイ島は”もっともハワイアンな島”なのよ;)

そんな最もハワイアンな島モロカイ島のタミーのおすすめ10を紹介しちゃいましょう♪ まずはモロカイ島への行き方を紹介します。

 

タミーのモロカイ島おすすめ1) モロカイ島へのフライトは「ハワイアン」or「モクレレ」!

オアフ島のダニエル・K・イノウエ(旧ホノルル)空港ーモロカイ島のモロカイ空港(ロコはホオレフア空港と呼ぶそうです。)の間は3つの航空会社の飛行機で行く事が出来ます。

1,ハワイアン・エアライン(オハナ・バイ・ハワイアン)    1-800-367-5320   http://www.hawaiianair.com

2,モクレレ・エアライン 1-866-260-7070 http://www.mokuleleairlines.com

3,マカニカイエアー 1-808-834-1111   www.MakaniKaiAir.com

 

佐藤ファミリーが利用したのは行きは「ハワイアン・エアライン(オハナ・バイ・ハワイアン)   」の機内は、こんな感じです。50席のプロペラ機です。

上空から見たオアフ島のハナウマ湾です。綺麗ですね☆

約30分のフライトでモロカイ島が見えて来ましたよ;)パポハクビーチです。

どんどん島に近づきます。海青〜い!!! カウアイ島より家が無〜い(笑)失礼しました。遠くで見え無かっただけで家あります。

モロカイ空港のターミナルです。飛行機から下りて歩いてモロカイ空港のターミナルに向かいます。

帰りは「モクレレ・エアライン」 8席のみのプロペラ機です。

佐藤ファミーママの久美さんとお嬢様の光紗さん。

機内こんな感じです。「モクレレ・エアライン」はペットと一緒に機内に乗れるそうです。

佐藤ファミリーパパの扶行さんが行きは飛行機揺れて。帰りは揺れなかったとの事でしたが気流のせいでしょうか?タミーは2回とも友達の4人のりのセスナでモロカイ島に行ったのですが2回とも行きは結構揺れて怖かったのに帰りは、そうでも無かったのを今でも覚えています。

参考までに佐藤ファミリーが利用した時のダニエル・K・イノウエ(旧ホノルル)空港ーモロカイ空港の「ハワイアン・エアライン(オハナ・バイ・ハワイアン) 」は1人9,390円。「モクレレ・エアライン」は1人$74.1です。

以前はモロカイ島とマウイ島の間は約13kmしかないのでフェリーも運行されていましたが2年前に終了し観光局の数も減り海岸沿いのコテージも朽ち果てているそうですからモロカイ島に興味がある方はタミーのおすすめ「ハワイアン・エアライン(オハナ・バイ・ハワイアン) 」か「モクレレ・エアライン」の  飛行機で飛んじゃって下さいね♪

モロカイ島に到着したら滞在先へ移動しなくちゃね。モロカイ島でのタミーのおすすめはレンタカー!

 

タミーのモロカイ島おすすめ2) モロカイ島はレンタカーがベスト!アラモ・レンタカーはハワイ割引あり^^

タミーのおすすめはハワイ割引のあるアラモレンタカーを予約して空港から宿泊先へらくらく移動!モロカイ島での滞在をエンジョイするにもレンタカーの利用がベストです!モロカイ空港内のアラモレンタカーのカウンターです。

信号機も無い島ですよモロカイ島。日本で車を運転される方なら譲り合いの気持ちを持って安全運転されたら問題ありません。タミーがモロカイ島に滞在したのは10年前だからかわかりませんが運転していてほとんど車に出会いませんでした。それくらい交通量は少なかったです(笑)ハワイは日本の免許証でレンタカーを借りて運転する事が出来ますので日本の免許証を忘れずお持ちになって下さいね。インターナショナルのクレジットカードも必要になります。

モロカイ島にどのくらいの数のレンタカーがあるのかわかりませんので事前に日本から予約される事をおすすめします!

アラモレンタカーは↓こちらのサイトをご覧下さい。

https://www.alamo.jp/

レンタカーで滞在先に到着しましたよ!タミーのモロカイ島滞在のおすすめはホテルでは無くコンドミニアム。佐藤ファミリーが滞在したコンドミニアムを紹介しましょう♪

 

タミーのモロカイ島おすすめ3) モロカイ島の滞在はホテルじゃなくてコンドミニアムがおすすめ!

佐藤ファミリーが宿泊したのはホテルでは無く「KANANI KAI」コンドミニアム

モロカイ島にもホテルはいくつかあります。1,2泊の滞在ならホテルでもいいかもしれませんがモロカイ島にはレストランもあまりありませんから少し長く滞在されるなら自炊ができるコンドミニアムがホテルよりおすすめです!佐藤ファミリーは1週間のモロカイ島滞在でしたのでコンドミニアム滞在がベストだったと思います。費用もホテルに滞在するより安く上がりますしコンドミニアムはハワイに暮らしている様な滞在が出来るのでタミーのおすすめです;)では、お部屋を紹介しましょう。シンプルで明るいリビングルーム。

次はキッチン。キッチンも明るくて清潔的でいい感じですよね^^ リビングもキッチンもホテルに比べたら広いですよねコンドミニアム。

ホテルには無いけどコンドミニアムにはフルキッチンがあります。家庭の様に一通りのキッチン用品や食器は揃ってますから料理が出来てコンドミニアム滞在は便利です;) ダイニングルームには4人掛けのテーブルがありますし他にもキッチンには3人座れるカウンター席もあります。

こんな風に家族で楽しく料理したりスーパーマーケットで買って来たもので食事ができたりするコンドミニアム滞在はホテルと違って佐藤ファミリーハワイに暮らしているみたいよね;)

食品のお買い物のおすすめは「モロカイ・ミニマート」日曜日は、ほとんどのお店がクローズするモロカイ島で日曜日も営業している「モロカイ・ミニマート」は助かりますね。

営業時間は、こちらをご覧下さい。コーヒーバーもあります。

佐藤ファミリーが利用したのは2ベッドルーム。1つ目のベッドルームはクイーンサイズのベッドが1つ。藤の家具ってハワイに似合いますよね。

2つ目のベッドルームはシングルベッドが2つ。シンプルなお部屋で落ち着ける感じですね。

寝室もほホテルより広い様に思います。家族やお友達との滞在には部屋数の多いコンドミニアムがホテルよりおすすめです!「KANANI KAI」コンドミニアムはリニューアルされたそうで「お部屋綺麗でした☆」と佐藤さん、おっしゃってました。モロカイ島は自然が豊かなのでコンドミニアムのベランダに、こんな素敵なお客様もいらっしゃるそうです;)孔雀です。しかもワイルドの孔雀^^ それだけじゃなく七面鳥もやって来るそうです。いいですね〜自然の動物と触れ合えちゃうって♡

その他「KANANI KAI」↓コンドミニアムの詳しい詳細とご予約はこちらのホームページをご覧下さい。

https://www.kenanikai.com/

参考までに佐藤さんファミーリーのこちらのお部屋は1泊16,590円 3人でお泊まりになったので1人1泊5,530円。4人で泊まれる部屋でしたから4人だと1人1泊4,147円はホテル滞在より安いでしょ;)

続いてタミーのおすすめモロカイ島のアクティビティを紹介しましょう! まずはモロカイ島のゴルフ場をご案内しましょうね♪

 

タミーのモロカイ島おすすめ4) モロカイ島唯一のゴルフ・コースは「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」

タミーと佐藤ファミリーの出会いはカウアイ島のゴルフ場。ご主人の扶行さんはゴルフが大好きなんです♪ 一緒にプレイさせて頂きましたが扶行さんゴルフとても上手でした;)

モロカイ島には以前”カルアコイ・ゴルフコース”というテッド・ロビンソンの設計で海岸線を上手く利用した海の眺めが抜群の素晴らしい18ホールのゴルフ場があったのですが残念ながらクローズしてしまいました。

今はモロカイ島の中央部に「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」というパー34・9ホールのパブリック・ゴルフコースがモロカイ島の唯一のゴルフコースです。扶行さんがプレイしましたので詳しい情報をお知らせします!

こちらが「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」の入り口のサイン。なぜ扶行さんが寝ているかというと定休日でお休みだったから。

月曜日が「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」定休日だそうです。日曜日〜土曜日の朝8時〜17時半の営業。15時〜はトワイライトで割引になりますので、おすすめです!

このツリートンネルの先に「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」のクラブハウスがあります。

誰もいないからってスピード上げずに車の運転はゆっくりお願いします。ブルーのプレハブの建物が「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」のクラブハウスです。

「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」の情報です。

手前はレンタルクラブ$10 。状態は酷いそうです。もうグリップ剥がれ錆びちゃってますよピッチングウエッジ>_<

モロカイ島「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」でゆっくりゴルフ練習されたいって方はハーフセットでもいいので日本からご自分のクラブを持って来られた方がいいかもしれませんね。カートは1人$9。 プレイしない方でもコースへ一緒に入られる場合はカート代$9は支払うそうです。こちら「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」のプライス表です。

プライス表ボロボロですね(^^;  「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」のスコアカードは、しっかりしたものがあります。

「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」のコースは、どうなのでしょうか。景色はいいみたいですよ。

「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」遠くですが海も見えますね。

「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」気持ちよさそ〜です^^

「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」9番ホールのティの横です。

実際にモロカイ島「アイアンウッド・ヒルズ・ゴルフクラブ」でプレイされた扶行さんの感想は「コースは結構寂れており、スタートホールが何処にあるか探すのも大変でした(–;  何せ番号の表示が無かったり、あっても番号が違っていたりと、、、。スタートホールを探すのにウロウロしていたらクラブハウスの方が見かねてカートで教えに来てくれました。なんとかプレイは出来ましたがグリーンはイマイチ。コースには鹿のフンがいたるところにありました。15時以降9ホール、カートとクラブを借り奥さんの分のカート代を払い$42でした。」確かに鹿のフンいっぱい。

日本のゴルフ場と比べたら安いのかもしれませんがカウアイ島の2つのパブリック・ゴルフコースに比べるとカウアイ島のゴルフコースの方が状態もよく料金も安いです。 扶行さん「次回はクラブ持参でカウアイ島でゴルフ三昧ですね;)」という事でした(笑)

良い事はかりでは無いですがモロカイ島唯一のゴルフ場なのでゴルフをされたい方には、ここしかおすすめありません(^^;  ゴルフされない方もいらっしゃると思うので次はタミーのおすすめ海のアクティビティを紹介しましょう♪

 

タミーのモロカイ島おすすめ5) モロカイ島のシュノーケル・ツアーは『モロカイ・フィッシュ&ダイブ』

佐藤ファミリーがシュノーケルツアーを体験したのは『モロカイ・フィッシュ&ダイブ』こんなボートでカウナカカイの港から海にでます♪ モロカイ島の海は綺麗なのでシュノーケル・ツアーは、おすすめです!

海の上は海風が気持ちよさそうですね;)佐藤ファミリー楽しそう♪

扶行さんカッコよく潜ってますね。モロカイ島の海、透明度半端ないです(^0^)

見て〜ホヌ(ウミガメ)に会えちゃうなんて感動しちゃいますね。

(注)決してホヌには触らないで下さい!最低でも3m以上の距離を保って観察して下さいね。

佐藤ファミリーのシュノーケル・ツアーの感想は「サンゴ礁も少なく、魚もあまり見れませんでした(–;」」との事です。ハワイ最長のサンゴ礁があるのにどうしたのでしょうか?ちょっと残念ですね。

『モロカイ・フィッシュ&ダイブ』シュノーケル・ツアーは2〜3時間で1人$79。他にもスキューバ・ダイビング、ホエール・ウォッチング、スポーツ・フィッシングなどのツアーがあります。

詳しくは↓『モロカイ・フィッシュ&ダイブ』のホームページをご覧下さい。

https://molokaifishanddive.com/

シュノーケルでは、お魚あまり見えなかったけど、まだありますよ〜タミーの海のアクティビティのおすすめ!モロカイ島の港からの釣りでは簡単にお魚釣れちゃうみたいよ;)

 

タミーのモロカイ島おすすめ6) 港海では海釣りも楽しめちゃいます♪

シュノーケルの時はあまり魚は見られ無かったという事ですが港からは簡単に魚が釣れちゃうモロカイ島^^ シュノーケル・ツアーのボートが出発した「カウナカカイ」の港です。

扶行さんは釣竿セットを日本から持参しましたがモロカイ島でも釣竿セット売っています。タミー、こんなストライプの魚初めて見ました!

釣りの餌にはスーパーで買った銀ダラの皮やエビを使ったそうです。スパムは柔らかいので直ぐに取れてしまうので餌には向かないそうですよ。お魚は食べないのでしたらリリースしてあげて下さいね。

タミーのおすすめ海でのアクティビティの次は世界で1つしか無いカウアイ島のスペシャルな事を紹介しちゃいましょう☆

 

タミーのモロカイ島おすすめ7) モロカイ島から世界に『ココナツの手紙』が送れちゃうのよ(^_-)-☆

タミー忘れもしないモロカイ島での『ココナツの手紙』。モロカイ島でタミーの一番のおすすめです!タミーが訪れた10年前にはモロカイ島「ホオレフア郵便局」の前にココナツが、いくつも置いてあったので売っているのかと思い郵便局の中に入り聞いてみたら”ココナツの手紙”が送れるのよって職員さんから聞いてビックリ@_@しかもココナツに直に書いて送ってココナツのまま受け取れるってエーーーーー?!でした(笑)

タミー以上にビックリしたのは日本でココナツの手紙を受け取った母@_@ だってココナツの手紙は箱に入っていたのでも無くココナツのまま母の手元に届いたから(笑)そのココナツは中のココナツ・ウォーターのお陰か葉っぱまで出て来て長い間、母の部屋でモロカイ島を思い出せせてくれた『ココナツの手紙」でした。佐藤ファミリーもココナツの手紙書きましたよ;)素敵に仕上がりましたね☆

*ココナツの手紙の送り方*

1,郵便局にあるココナツの中から好きなココナツを選びます。

2,郵便局に用意されているカラーペンを使ってココナツに好きな文字や絵を描きます。

3,ココナッツに住所も書いて切手をココナツに貼れば送れます。

料金はココナツの大きさによって違いますがタミーが送った時は$20くらいでした。あなたもココナツの手紙を送って家族や友達を驚かせてみませんか?(笑)

次はタミーのおすすめモロカイ島の美味しいものを紹介しちゃいましょうね;)

 

タミーのモロカイ島おすすめ8) モロカイ島の美味しいパン屋さん「カネミツ・ベーカリー&コーヒーショップ」

創業90年の日系パン屋さん「カネミツ・ベーカリー&コーヒーショップ」のパンは美味しい! モロカイ島にいらしたら是非、行かれて欲しいお店です。正直タミーがモロカイ島で美味しいと気に入ったのは「カネミツ・ベーカリー&コーヒーショップ」のパンくらいですから(笑)モロカイ島に滞在中は毎日通ってしまった思い出のパン屋さん。ふわぁふわぁなパンは日系の方のパン屋さんだけあって日本人の口にも合うパンです。

お店はモロカイ島の町の真ん中にあるので、すぐわかりますよ。昔のドライブインみたいな感じのお店で店内で美味しいモロカイ・コーヒーなどの飲み物と一緒にパンも頂けます。

「カネミツ・ベーカリー&コーヒーショップ」でのおすすめは!”ホット・ブレッド”! その名の通り焼きたてパンなのに夜の10時〜の販売です@_@ 焼きたてパンは早朝のイメージですが(笑)それは”翌日の仕込みのついでにパン焼いちゃうか。”って感じみたいです。あはは:)笑ってしまう理由よね。

パン大きいでしょ^^ タミーはホット・ブレッドを夜に買いに行けなかったの〜モロカイ島のロコの方が「夜は鹿とぶつからないように車の運転気をつけてね。」って言ったんですもん。タミーは日本でもカリフォルニアでも鹿に道を塞がれた経験があり(^^; 鹿って近くで見ると大きいのよ@_@ 車にぶつかったら車も結構ダメージ受けるはずなので出かけられませんでした(^^;  ホット・ブレッドじゃない普通のパンも美味しいかったので「カネミツ・ベーカリー&コーヒーショップ」のホット・ブレッドは間違い無く美味しいでしょうね♡ 次回の滞在では鹿に注意しながら必ず買いに行きます(笑)

「カネミツ・ベーカリー&コーヒーショップ」

住所: 79 Ala Malama Ave, Kaunakakai, HI 96748

電話: 808-553-5855

営業時間:5:30am〜17:00pm 注)ホットブレッドは夜22:00pm〜(定休日は火曜日)

もう1つタミーのおすすめ美味しいものを紹介しましょう♪

 

タミーのモロカイ島おすすめ9) モロカイ島唯一のマカダミアナッツ農園『パーディーズ』に行こう!

あなたはマカダミアナッツ好きですか?ハワイのお土産って聞いて真っ先に思い浮かぶのはマカダミアナッツ・チョコレートじゃないかしら;)タミーはナッツラバー♡ 毎日必ず何かしらのナッツを食べます! ナッツ好きの方は取れ立ての美味しいマカダミアナッツが試食出来ますからモロカイ島唯一のマカダミアナッツ畑『マカダミアナッツ・ファーム・パーディーズ』に行かれてみて下さ〜い♪

こちらのマカダミアナッツは無農薬のオーガニック栽培。そして他のナッツは自然に落ちる前に木を揺らして下に落として収穫するそうですがマカダミアナッツは完熟して地面に落ちたものだけを収穫するのだそうです。あなたは殻付きのマカダミアナッツを見た事がありますか? そんな殻付きの取れ立てマカダミアナッツの殻を割る体験も出来ますよ;)

『マカダミアナッツ・ファーム・パーディーズ』を案内&説明して下さる無料ツアーもあります。美味しいマカダミアナッツも試食出来ますよ♪ 佐藤ファミリーのおすすめはマカダミアナッツのはちみつ♡

『マカダミアナッツ・ファーム・パーディーズ』の住所・電話・営業時間・HP

住所:HO’OLEHUA, HI 96729

電話:808-567-6601

営業時間:月曜日〜金曜日 9:30am – 15:30pm.  土曜日 10:00am -〜14:00pm. (日曜&祭日は要予約)

ホームページは↓こちらをご覧下さい。

http://molokai-aloha.com/macnuts/

 

タミーのモロカイ島おすすめ10) モロカイ島でのおすすめインスタ映え写真^^

綺麗なモロカイ島のビーチでこんな思い出写真はいかが? これすごく可愛い♡インスタ映えしますよ!

タミーもカウアイ島のビーチでやってみよう;) ビーチではサンセットもビューティフル♡

モロカイ島の美しいサンセットでこ〜んなインスタ映え写真はいかがですか?

家族でも友達でも素敵な思い出写真になりますよ。Love♡Molokai これも真似したくなっちゃう写真よね;)

 

いかがでしたかタミーのモロカイ島おすすめ10″フライト、レンタカー、ホテル(コンドミニアム)、ゴルフ、シュノーケル、釣りなどのアクティビティ、世界に1つのココナツの手紙に美味しいもの(パン&マカダミア・ナッツ)そしてインスタ映え写真” まで内容盛り沢山だったでしょ^^  記事を書いていて3度目のモロカイ島に行きたくなったタミーよ(笑)

カウアイ島は「ガーデン・アイランド」と呼ばれモロカイ島は「フレンドリー・アイランド」と呼ばれています。タミーはモロカイ島滞在中ほとんどビーチでリラックスしていたので次回はモロカイ島の町に出かけてモロカイ・ロコ達に話しかけてフレンドリー・アイランドである事を確認したいわ!

佐藤ファミリーから沢山の情報を頂いてモロカイ島を紹介する記事が書けて、とっても嬉しいタミーです。佐藤ファミリーのご協力に心から感謝いたしますm–m

Much Aloha♡ Tammy

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ