カウアイ島の楽しいアクティビティ・ツアーは『浮き輪ライディング』

Aloha(^^)/ 「タミーさん、カウアイ島でおすすめの楽しいアクティビティー・ツアーって何かありますか?」と問い合わせを頂きました。

ありますよ!子供〜大人まで楽しめるカウアイ島のタミーのおすすめアクティビティー・ツアーは『浮き輪ライディング』

どんなアクティビティー・ツアーかタミーが詳しく教えちゃいましょう♪

 

タミーのおすすめアクティビティ・ツアーは『浮き輪ライディング』

英語でいうと『チューブ・ライディング』浮き輪にのってぷかぷかと浮きながらサトウキビ・ビジネスの時に用水路として使われていた水路をぷかぷか流れて楽しむアクティビティよ;)

激しく速く進む事はなくぷかぷかっていう表現がぴったりな感じなので癒されちゃうの♡ 数カ所、少しだけ流れが速くなってスーって進む場所もあるけど、それも楽しいわよ♪

「もし浮き輪がひっくりかえったら溺れたりしないかしら?」

ご安心下さい。浮き輪に乗って移動するので深さがわからないので心配になりますが実は用水路は浅いのです。もし、ひっくり返るような事があっても子供でも足が下着いて立ち上がれる深さだそうです。タミーが体験した時も10歳の小学生のイッサ君が一緒でしたし、もう少し小さいお子様も2人いましたけど大人も含め誰も浮き輪から落ちたりしてませんでした。

ぷかぷかと水に浮く感じが気持ちよくて逆に寝ちゃいそうなタミーでした(笑)そんな『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーがカウアイ島で楽しめちゃうのが「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」よ!

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーが楽しめるのは「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー』

タミーがおすすめする『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーが楽しめるのはカウアイ島のハナマウルにある「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」

『浮き輪ライティング』アクティビティ・ツアーは正しくは”マウンテン・チュービング・アドベンチャー”といいますが、ここではわかりやすく『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーと呼ばせて下さいね。

「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」では『浮き輪ライディング』だけで無く『ジップライン』も楽しめちゃいます♪ まずはタミーと友達が体験した『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーをご覧ください♪

 

タミー『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに参加しました!!!

タミーが実際『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに参加したので、その時の様子をお伝えしましょうね♪

タミーは「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」のホームページより事前に予約を済ませましたのでカウアイ島ハナマウルにある「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」のオフィスに行きました。(注)予約時間の”30分前には必ず行って下さい”。書類に名前などの情報を記入したり説明を聞いて出発準備をしなくてはいけませんので。

オフィスは大きな倉庫みたいで前にツアー・バンが止まっています。オフィスに向かって右側に広い駐車場があります。

オフィスの中に入ると『浮き輪ライディング』のビデオが流れています。

オリジナルロゴグッズも販売してます。

トイレも更衣室もあります。予約時間前にはトイレに行かれたり着替える方は着替えて出発準備をされてお待ち下さい。無料のコーヒーが用意されていました。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに使用するヘルメットと手袋は出発前に必ず確認しましょう!

「こちらに集合して下さい!」と声がかかるのでヘルメットが沢山並んでる前に集合します。こちらで自分にあったサイズのヘルメットと手袋を渡されます。

ヘルメットにはライトが付いていて使い方も説明してくれます。ヘルメットのライトは回してライトが付くタイプとボタンを押して付くタイプと2種類ありました。ヘルメットをもらった時にちゃんとライトが付くか確認して、もし付かない場合は他のヘルメットと交換してもらいましょう。手袋も手にはめてサイズと問題ないか確認しましょう。

 

バンに乗って『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーの出発です!

ヘルメットと手袋をもらったら外に出て『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに出発する為のバンに乗り込みます。

友達のマコとリョウコそしてリョウコの息子さんのイッサ君(10歳)、ダーリンとタミーの5人で参加しました。ライト付きのヘルメット被って探検隊みたいね(笑)

車の中では簡単な自己紹介をしながら”ソウルアニマル”と”好きなアイスクリームのフレイバー”を聞かれました。タミーはソウルアニマルはドッグ(犬)で好きなアイスクリームのフレイバーはグリーンティ(抹茶)って答えたわ;)ガイドさんからの説明は全て英語です。このバンで私達の前に座ったアメリカ人の男性は日本にも住んでいた事がある方で日本語ペラペラでした(笑)

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーは絶景も見られます!

途中こんな綺麗な景色の場所に止まってくれます。気持ちが洗われるような絶景で気持ちよかった〜!

ガイドさんは美男美女のお2人でした。この日はツアーバン2台。人気のツアーでタミーやっと予約が取れたのよ。お早目の予約をおすすめします。

バンには絶景を見る為に止まった時間も含めると浮き輪にのる場所まで片道約30分のドライブです。

 

いよいよ『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーのスタートよ;)

バンが到着していよいよ浮き輪に乗りますよ〜みんなワクワクしちゃってます♪

ここでバンを降りたら荷物は用意された箱の中に入れてスタッフがランチをする場所に運んでくれます。写真を撮りたい方は防水のカメラまた携帯の方は防水のケースに入れてお持ち下さい。

ここから浮き輪に乗る川へと5分ほど歩きます。途中にはサトウキビもあってスタッフが説明してくれました。

こんな立派な竹やぶもありました。筍も見つけて取りたかったわ(笑)

おっ!?浮き輪が見えて来ました!!! この時点で結構気分盛り上がってます♪

スタッフが浮き輪の乗り方を説明してくれます。英語がよくわからない人でもスタッフの方が実際に浮き輪に乗ってジェスチャーで説明してくれるので、この時はなるべく前の方に行ってしっかり説明を聞きながらスタッフの動きを見て下さいね。

階段を下り川へ向かいます。沢山の浮き輪が浮いていますよ。まずは1人づつ浮き輪に乗ります。浮輪に乗る時は後ろ向きで浮き輪に腰を下ろす感じです。

スタッフが手伝ってくれるので心配はいりませんよ。

ツアーの参加者全員が浮輪に乗るまで浮輪は流されない様にロープで止められています。全員が乗ったのが確認されたらロープが外されぷかぷかと浮輪は動き出します。

出発のビデオをご覧下さい↓ 浮輪はゆっくりと進んで行きます。

水の流れは自由なので必ず家族や友達と近くにいられるとは限りませんがスタッフの方が側にいますので安心して『浮輪ライディング』を楽しめます♪ 10歳のイッサ君もママが側にいなくても楽しんでましたよ^^

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーは楽しいよ〜♪

10歳のイッサ君も楽しそうでしょ^^ 

 

大人のダーリンも楽しそうです(笑)

友達のマコも楽しそう〜(笑)この日は程よく雲もあって暑くなく気持ちよかったです。

のどかな感じでしょ。浮輪に乗ってぷかぷか流されていくのって癒されちゃうのよ〜♡

浮輪はクルクル回転しながら進みますが速くは無いので目が回ったりはしません。

タミーもダーリンも子供みたいに楽しんじゃいました(笑)

 

水がキラキラ輝いて綺麗だし水の上は涼しいのよ;)友達のリョウコ楽しんでます♪

この『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアー実は癒されるだけじゃなくてドキドキも楽しめちゃうのよ!

 

癒されるだけじゃなくてドキドキもある『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアー!

みんなが被っているヘルメットにライトが付いているでしょ。それには訳があるの。ぷかぷかと気持ちよく流れていると。浮輪は、こんな洞窟へと入って行きます@_@

これはドキドキしちゃうでしょ! スタッフの方が洞窟が近づくと「ライト、オン!」と声をかけてくれるので聞いた方も「ライト、オン!」と声に出して後ろの方に声で伝えて行きます。

ヘルメットのライトをオンにして洞窟へと侵入しますよ〜!!!

洞窟の中真っ暗ですが、みんなのヘルメットの灯りで薄っすらと洞窟内が見えてこれもまた楽しいの。友達のリョウコすごく楽しそう(笑)

 

洞窟内に入るビデオは↓こちらをご覧下さい。

洞窟の中の岩肌にはキラキラ輝く鉱物みたいなのが沢山付いていて綺麗だったわ。

それにスタッフの女性が浮輪に乗りながらモアナの歌を歌ってくれて、それが洞窟に響いて素敵でした〜♪ こんな洞窟に4つくらい入ります。所々流れが速くなっていてWOW!って楽しい場所もあってぷかぷか癒されるだけじゃなくドキドキ&ワクワクもあるとっても楽しい『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーよ;)

 

洞窟から出る時ビデオは↓こちらをご覧下さい。

 

外に出るとカウアイ島の綺麗な緑がいっぱいの景色。浮輪に寝そべって空を見上げたら綺麗な青い空。

水の流れと音に癒されて幸せになれちゃう『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーです♡

『浮輪ライディング』を楽しんで到着した場所にはランチも用意されていますよ。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーにはピタサンドイッチランチも付いてます^^

『浮輪ライディング』を楽しんで到着した場所にはランチが用意されています。

自分で好きな具材を乗せてピタサンドイッチを作ります。

タミーはターキーハムにチーズ。レタスにアルファアルファ、オリーブ、マヨネーズにマスタードを入れました。美味しかったです^^
ピタサンドの他にマウイオニオンチップス、チョコレートチップクッキー、水ももらえます。

この場所には更衣室もあるので私達は着替えを持って行ったので濡れた水着から着替えてからランチしました。上は濡れる事ないけどお尻は濡れる『浮輪ライディング』よ(^^;

ランチ休憩の時間は30分くらいなので着替えないで濡れた水着のままでもバンには乗れます。その時は持って行ったタオルをお尻に敷いて下さいね。

着替えなどの浮輪に乗る前に預けた荷物は、このランチする場所に運ばれていて受け取れますから、ご安心下さい。

ランチの後は来た時に乗ったバンに乗ってオフィスまで戻ります。帰りは行きと違う道を帰るので約15分くらいのドライブです。

ランチ場所にはトイレは無いのでオフィスに戻りトイレを使いました。濡れた水着のままバンに乗られた方はオフィスの更衣室でゆっくり着替えて下さいね。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーの写真も買えます;)

カメラを持って行かれない方はスタッフの方が何箇所かで写真を撮ってくれています。その写真はオフィスにある何台かのコンピューターで見る事が出来て欲しいものがあれば購入できます。時間が無い方はホテルや家に帰って「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」のホームページから写真を購入する事も出来ます。

防水カメラや防水の携帯電話用のカバーが無い方は、こんなサービスを利用するのもいいですよね。携帯電話用の防水カバーはカウアイ島のABCストアで買う事も出来ますよ。

「タミーさん『浮輪ライディング』すごく楽しそうです♪ カウアイ島に行ったら参加してみたいわ〜!」

では「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の『浮輪ライディング』アクティビティ・ツアーに参加したい方にツアーに必要なもの、料金、時間、場所、注意事項などを説明しましょうね。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに必要なもの。

(ご自分で用意していくもの)

*濡れてもいい靴(レンタルシューズ可)ビーサンは脱げてしまうので不可。*濡れてもいい水着や衣服 *タオルと着替えの洋服 *日焼け止め *帽子と虫除けスプレー(刺されてしまった場合の塗り薬)

(「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」で用意してくれるもの)

*手袋 *ヘッドランプ&ヘルメット *浮き輪 *ランチ(ピタサンドイッチ、クッキー、ポテトチップス、水)

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーの料金と注意事項

『浮き輪ライディング』の料金は1人$ 106 +税金

(注意事項)

キャンセルの場合は 24時間前に連絡が必要、6名以上で予約した場合は72時間前の連絡が必要。

参加できる年は5 歳以上で最低でも43インチ(109.22cm)の身長でないと参加できません。

体重は 300ポンド(136.078kg)以下の方までが参加できます。

背中、股関節、膝に問題のある方には、おすすめできません。

妊娠初期の女性は医師の承認を得て下さい。

 

『浮き輪ライディング』アクテビティ・ツアーの時間

午前8時、午前9時、午前10時、午後12時、午後1時、午後2時の1日6回

チェクインの時間: ツアー前の30分前には必ず「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」におこし下さい。

『浮き輪ライディング』のツアー時間は約3時間です。

「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーはこちらの↓ホームページより申込めます。

https://kauaibackcountry.com/tubing/

下の方にカレンダーがあるのでどの日が空いているのかわかりやすいですよ。ホームページでも『浮き輪ライディング』のビデオご覧になれます。

 

「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の住所・電話番号

住所:3-4131 Kuhio Highway Lihue Hawaii 96766

電話:808-245-2506

 

 いかがでしたか? 「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアー。カウアイ島で人気のアクティビティ・ツアーなので早目の予約をおすすめします。体験した方の楽しかった報告お待ちしていま〜す(^^)/

Much Aloha♡Tammy

 

カウアイ島おすすめ最新マリンスポーツは『ペダルボード』!

Aloha(^^)/ あなたはカウアイ島にいらしたら綺麗な海でマリンスポーツしたいって思いませんか?

「タミーさん、私、運動オンチだからサーフィンもスタンディング・パドルボードもみんな無理そうなのよね〜(–;」

心配しないで!タミーが簡単に出来てめちゃくちゃ楽しい最新のマリンスポーツを紹介しちゃいましょう♪

 

カウアイ島で注目の最新マリンスポーツは『ペダルボード』

タミーはマリンスポーツ大好きなの!サーフィンもスタンディング・パドルボードもカウアイ島で楽しんでサイトの記事やfacebookで紹介していますが全く経験がなかったり普段あまり運動しない人にはハードルの高いマリンスポーツだと思います。

実際にカウアイ島にいらして真っ青でクリアな海を見たらただ泳ぐだけでなくマリンスポーツにチャレンジしてみたくなる気持ちすごくわかるの。

そこで、今回はカウアイ島で気軽に楽しめちゃう最新のマリンスポーツ『ペダルボード』を紹介しちゃいましょう♪

 

とっても簡単でとっても楽しいマリンスポーツ『ペダルボード』^^

こんなサーフドードにハンドルとペダルがついた乗り物を見た事ありますか?

タミーがカウアイ島のカラパキビーチで『ペダルボード』がビーチにあるのを初めて見た時「あれは何?!」ってすごく興味がわいてワクワクして近くまで見に行っちゃったの。

その時にとてもフレンドリーに説明して下さったのが、こちらの素敵なカップル。

カウアイ島で『ペダルボード』と『ペダルカヌー』のビジネスをされている”NANI KAI”ADVENTURES(ナニ・カイ・アドベンチャーズ)のオーナーのスコットさんと奥様のサリーさんです。奥様のサリーさんは日系の方で日本語が話せるのでびっくりしました(笑)

ビジネスをオープンしたのは2017年の7月4日なのでカウアイ島の最新マリンスポーツよ『ペダルボード』

お2人にお話を聞いた週末にどうしてもやってみたくて最新マリンスポーツ『ペダルボード』に初挑戦したタミーよ;)

 

カウアイ島の最新マリンスポーツ『ペダルボード』は本当に簡単に海の上に立てちゃうよ!

最新マリンスポーツの『ペダルボード』の乗り方はとても簡単です。スコットさんと英語がわから無い方にはサリーさんが日本語で説明して下さいますから、とっても安心よ。

まずは足の着く場所で『ペダルボード』の上に膝をついて乗ります。ボードには十分な浮力があるのとスコットさんが押さえて下さるので簡単に立つ事が出来ます。そしてハンドルを握ればすぐ安定してグラつくこともありません。見て〜カウアイ島のカラパキビーチの透明度^^ 最高でしょ☆

初めはペダルの上には立たず、その両脇のボードの上に写真のように立ちます。ハンドルを握ったらペダルの上に足を置いて右、左って交互にペダルを踏んでいくだけ。簡単でしょ;)

 

カウアイ島の最新マリンスポーツ『ペダルボード』の操作は超簡単^^

ペダルの上に足を置いたら左右交互にペダルを踏むだけで簡単に前に進む『ペダルボード』です。

この大きさだからペダルを踏むのも大変だと思うでしょ。ところが驚くほどに軽いの。ペダルは前側を踏んでも後ろ側を踏んでもお好みです。

スコットさんは前側を踏むのが好きでサリーさんは後ろ側。タミーも後ろ側を踏むのが楽でした。

ハンドルに自転車のブレーキ・レバーみたいなのが付いているので右のハンドルのレバーを握ると右に曲がり左のレバーを握ると左に曲がるという操作もとっても簡単。

『ペダルボード』にはブレーキがないのでペダルを踏むのを止めてペダルの両端に立てば『ペダルボード』は止まります。いたってシンプルな操作でしょ;)すぐ操作に慣れてこのくらいまで沖に簡単に出られちゃいます。

この後スコットさんはビーチに戻って別の『ペダルボード』に乗って来てくれました。

私達が見えますか?気持ち良さそうでしょ。スタンディング・パドルボードと違ってバランスを取ら無いと海にドボーンって落ちる事もありません。この時も海の上でスコットさんとペダルを踏んで進みながら楽しくおしゃべりしていたタミーよ♪

気分はカウアイ島の素敵な海の上を歩いている感じ♡ 安心して乗っていられるので美しい景色も満喫できます!

ペダルを踏むのが疲れたら止めて、まずはペダルの両端に立って、それからボードにまたがるのでは無く横座りして足を海の中に入れた状態でも『ペダルボード』はひっくり返ったりする事無く安定しているのでタミーとスコットさんも沖で『ペダルボード』に座って休みながらしばらくおしゃべりしました^^

立ち上がる時はボードに手をついて膝から上がり、それからゆっくり立ち上がりハンドルを握れば大丈夫よ;)

 

8歳から出来るカウアイ島のマリンスポーツ『ペダルボード』です。

「タミーさん、ペダルボードは何歳から出来ますか?」

カウアイ島の『ペダルボード』は8歳から1人で乗る事が出来ます。このブルーのボードより少し小さい黄色い『ペダルボード』を使います。右側に見える『ペダルボード』がわかりますか?8歳より小さいくらいの子が乗ってます。ご安心下さい。写真には写っていませんが、このすぐ後ろにママがいます。

ご両親が『ペダルボード』をレンタルして子供と一緒に乗る事も出来ます。お子様と2人で乗っても沈んだりはしませんので、ご安心下さい。この後このお子様は小さいのに『ペダルボード』が楽しくてご機嫌で進んでしまったの(笑)ママが中々追いつけ無かったのでスコットさんが駆けつけて『ペダルボード』を止めてくれました。

カウアイ島のカラパキビーチは湾になっているので比較的穏やかな海ですがお子様はライフジャケットを必ず着用して下さいね。

お子様や『ペダルボード』に乗るのが不安な方にはスコットさんが付き添いますが基本乗り方を教えて、ある程度まで沖に出たらレンタル時間内は自由に『ペダルボード』を楽しむ感じになります♪

 

カウアイ島のカラパキビーチで『ペダルボード』をする時の注意。

先ほどもお話しましたがカウアイ島のカラパキビーチは湾になっているので他のビーチに比べると波は穏やかなな日が多いです。でもビーチから海を見て右側は波が高くサーフィンのポイントになっているのと岩場なので手足を怪我する事もありますから何もしないで海に浮かんでいると右側右側へと流されて行きますので右側に流されないように気をつけましょう。

『ペダルボード』に乗ったら斜め左方向の海にオレンジ色のブイが浮かんでいますので、そちらの方向に向かって進んでもらうと安全です。

天候によっては波が荒く高い日もあります。その場合は予約をしていても変更もして頂けますから、お気軽にお問い合わせ下さいね。

『ペダルボード』は想像以上に簡単な操作のマリンスポーツで優雅にゆったり進みます。 タミーが初めてカウアイ島のカラパキビーチでマリンスポーツ『ペダルボード』を楽しんだ時のビデオをご覧下さい↓

https://www.youtube.com/watch?v=fto2OA2cOGA&feature=youtu.be

ビーチにはサリーさんがいてくれるのでご安心くださいね;)どうですか?カウアイ島に来たら『ペダルボード』やってみたくなったでしょ。

 

カウアイ島のマリンスポーツ『ペダルボード』が出来る場所が「ナウィリウィリ・スモール・ボート・ハーバー」に移転しました。

カウアイ島で最新マリンスポーツ『ペダルボード』が出来るのはスコットさんとサリーさんの”NANI KAI”ADVENTURES(ナニ・カイ・アドベンチャーズ)だけです。

タミーが初めて『ペダルボード』を体験したのは上で紹介したカラパキビーチでした。(リフエのマリオットホテル前のビーチ)

カラパキビーチで『ペダルボード』をする時に注意する事にも書きましたがビーチは天候によって波が高くて『ペダルボード』が難しかったり出来無い時もあります。

”NANI KAI”ADVENTURES(ナニ・カイ・アドベンチャーズ)は『ペダルボード』が出来る場所をカラパキビーチから近い波の穏やかな「ナウィリウィリ・スモール・ボート・ハーバー」から「フレイア川」に移転しました^^

先日、友達のリョウコとフレイア川で『ペダルボード』を楽しんで来たので紹介しましょう♪

 

フレイア川での『ペダルボード』は癒された〜♡

フレイア川の河口にある小さな湾が「ナウィリウィリ・スモール・ボート・ハーバー」です。この場所は”フレイア国立野生保護地区”で背後には山々が迫り海と山が一帯となった素晴らしい景色が楽しめる場所なのよ。

前日が大雨だったので川は少し濁っています。『ペダルボード』に乗り始める時は曇っていました。この日は曇り時々晴れの天気でしたがメチャ焼けたので日焼け止めは忘れず塗られて帽子も必要だと思います。

今回も”NANI KAI”ADVENTURES(ナニ・カイ・アドベンチャーズ)のスコットさんにお世話になりました。とてもフレンドリーなナイスガイです;)

この「ナウィリウィリ・スモール・ボート・ハーバー」を出発してフレイア川を『ペダルボード』で楽しみます♪

外してありますが黒いのが水中にあるペダルです。ボードの上のステップを踏む事で、このペダルが回り進む仕組みになっています。初めてペダルボードに乗ったリョウコも問題無く楽しんでいました♪

フレイア・リバーは、とってもピースフル。水の音、山の緑、雲の流れに癒された〜♡ ビデオをご覧ください。

本当に静かで水の音だけを聞きながら山と水を感じる時間は是非、味わって欲しいわ。

行きは雲っていましたが晴れて来ました〜 😀  そうタミーはサニーガールです(笑)

途中スコットさんが止まって木で出来たトンネルを「タミー、覗いて」って。

このトンネルの先のキラキラ輝く場所が何処か聞いてビックリしました!「フィッシュ・ポンド」なの?!

 

「フィッシュ・ポンド」の守り神とメネフネ伝説

「フィッシュ・ポンド」はパワースポットだと言われています。それはメネフネ伝説があるからなの。いつもは高台から「フィッシュ・ポンド」を見下ろすのですが『ペダルボード』をしたのは左側に池に沿う様に流れるフレイア川でした。あのトンネルから覗いた先が、この「フィッシュ・ポンド」だったなんて不思議な感じです。

この展望台から「フィッシュ・ポンド」を眺めるとパワーを感じる、とてもスピリチュアルな場所だと言われています。それは昔、昔カウアイ島の東部では不漁が続いて人々は食に困っていました。そこで河口に「フィッシュ・ポンド」(養魚場)を造り魚を育てて魚をいつでも取れるようと思ったのです。素晴らしいアイデアですよね;)

リーダーがメネフネに「フィッシュ・ポンド」を作りをお願いしました。メネフネはカウアイ島に住んでいた小人だと言われています。小人なのに働き者で石垣造りが得意だったそうよ。でも、もうすぐ完成という所で夜が明けてしまったので続きは人が作ったと伝えられています。

「フィッシュ・ポンド」のハワイ語の名称は”アレココ”と言います。アレココとは「血を飲み込む」という意味で「フィッシュ・ポンド」の守り神であったサメから付けらてたと言われています。このサインが展望台にあるのですが古くなっていてサメの反対側にリザード(トカゲ)の絵があった様ですが消えかかってます。

「フィッシュ・ポンド」の守り神は兄弟で兄がサメに妹がトカゲになって「フィッシュ・ポンド」を守っているそうでよ。タミーはトンネルの写真を撮っている時に「フィッシュ・ポンド」に吸い込まれそうになって>_< スコットさんに助けてもらいました。もし入っていたらサメかトカゲの餌食になっていたかもですね(笑)

下の魚に挟まれた真ん中の絵はカニなんです。「フィッシュ・ポンド」にカニが住んでいるようですがフレイア川にもカニがいる様でロコが仕掛けたカニ採りの仕掛けが川にいくつも浮かんでいました。スコットさんは私達は食べ無い方がいいですよと言ってました。お腹こわすのかな(^^;

「フィッシュ・ポンド」は映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の撮影場所にもなったそうです。 後半は晴れて来て『ペダルボード』気持ちよかった〜!!!

 

フレイア川の『ペダルボード』ツアーは60分です^^

初めて乗る方も簡単で安全な『ペダルボード』です。60分は辛くない程度のいい運動で気持ちのいいマリンスポーツです。

青空の方向は海です。あちらの方向にリフエ空港があるので飛行機が飛ぶのも見えますよ。港から出て山の方に進み右手に川を下り途中で折り返して出発した港に戻って来るコースです。

友達のリョウコも大満足な『ペダルボード』でした☆

港にはボートやヨットが停泊しています。サリーさんが港で待っていて私達の写真を撮ってくれました^^

タミーはカラパキ・ビーチよりフレイア川の方が『ペダルボード』楽しかったわ♪

貴重品はサリーさんに預かってもらえるの安心して『ペダルボード』を楽しめます♪ 喉が乾くのでペットボトルのお水を持参して下さい。ハンドルの下にボトルホルダーが付いているので、そちらに入れて下さいね。

 

こちらはカヌーのペダルです。普通のカヌーはオールを使い手で漕いで進みますが『ペダルカヌー』は足で自転車を漕ぐ様にして進むカヌーです。

次回は2時間の『ペダルカヌー』のコースにチャレンジしたいタミーよ♪

 

『ペダルポード』&『ペダルカヌー』のお問い合わせ&ご予約

『ペダルポード』&『ペダルカヌー』の詳しい内容、料金、お問い合わせ、ご予約は”NANI KAI”ADVENTURES↓(ナニ・カイ・アドベンチャーズ)のHPをご覧下さい。

http://www.nanikai.com/

電話/ 808-6264524

 

いかがでしたか?もうカウアイ島に飛んで来て最新マリンスポーツ『ペダルボード』やりたくなっちゃったでしょ(笑)

『ペダルボード』の上にワンちゃん乗ってるのわかりますか?サリー&スコットさんのワンちゃんです。タミーもトミーと乗ってみたいわ♪

簡単に乗れて海の上を歩いているようなアメージングな体験が出来ちゃう『ペダルボード』はタミーのおすすめカウアイ島の最新マリンスポーツよ!!!

カウアイ島にいらしたら是非「ナニ・カイ・アドベンチャーズ」で最新マリンスポーツ『ペダルボード』楽しんで下さいね♪

Much Aloha♡Tammy

旅行者もOK!カウアイ島のヨガで癒されて♡

Aloha(^^)/ 海外旅行で長時間のフライトの後は体が痛かったり睡眠不足で頭が重かったりしませんか?

カウアイ島にいらした方には体も心もスッキリして楽しいハワイ時間を過ごしてもらいたいわ!

タミーのおすすめは旅行者でも気軽に参加出来るカウアイ島の『カラヘオ・ヨガ』すごく癒されちゃいますよ♡

 

日本からハワイに来た1日目は昼間は寝ないで夜寝ると時差ボケしません!

日本からハワイに旅行した時、ホノルル空港へ飛行機が到着するのは午前中が多いです。そこで「あ〜疲れた。」ってホテルにチェックインしたらベッドで寝ちゃわないで下さいね。

飛行機の中で眠れなかった人は眠いし疲れていると思いますが、そんな方はベッドで沢山寝てしまうと夜寝れなくなり翌日からずっと時差ボケのハワイ旅行になっちゃいますから気をつけて下さいね;)

眠いし疲れている方にはマッサージにいかれる事をおすすめします。1時間くらい癒されて寝ちゃうのは大丈夫ですし頭もスッキリしますからね。

「飛行機の中で少し眠れたしそんなに疲れていないわ^^」って方は昼間は観光にショッピングにとにかく行動しましょう♪ 昼間いっぱい歩いて疲れたら夕飯食べた後に眠たくなって12時前には爆睡出来ちゃいますから(笑) 翌日からハワイ旅行中、時差ボケに悩まされる事無く楽しい時間を過ごせますので是非そうなさって下さいね。

「タミーさんの言った様にして寝たんですが体痛いし、頭もなんかスッキリしなくて(–;」

ホテルのベッドが柔らか過ぎて体が痛いとか長旅をして来たのですから一晩寝たくらいでは、まだ疲れている方もいますよね。そんな方にカウアイ島でのタミーのおすすめは朝ヨガよ;)

 

タミーのおすすめ!カウアイ島の『カラヘオ・ヨガ』

カウアイ島にいらした翌朝、目が覚めたらヨガをやってみませんか? シェラトン・ホテルやハイアット・ホテルに宿泊する方はホテルに無料のヨガクラスがありますから是非、受けてみて下さい。

お泊まりのホテルにヨガのクラスがない方にタミーはカウアイ島の『カラヘオ・ヨガ』をおすすめします。

 

タミーはカウアイ島に移住後、色々なスポーツやエクササイズクラスを体験しましたが怪我に悩まされた事もあり左肩から腕が痛くなり腕を上げる事が出来なくなってしまった事があります>_<

カイロの先生に見てもらった時にドクターからストレッチを勧められて、そんな話を家族にしたら少し早いクリスマスギフトと『カラヘオ・ヨガ』のチケットとヨガマット&バッグをもらったの♪

それから10回目クラスが終わる頃には腕の調子も良くなり上がらなかった腕が全く問題なく万歳出来る様になっちゃいました(*^^*)

それからもヨガを続けて半年後には何をやっても減らなかった体重が4キロ減っていました。Wの幸せ♡

ゴルフしてもマウンテンバイクに乗っても腱鞘炎や怪我に悩まされる事も全く無くなったの。タミーは体が硬いので初心者のヨガクラスを時々受けていますが調子いいです♪

ヨガは体の調子も勿論ですが頭もスッキリして心が落ち着きとってもリラックス出来るのでタミーのおすすめよ^^

「タミーさん、旅行者でも『カラヘオ・ヨガ』のクラスに参加出来ますか?」

 

旅行者も歓迎のカウアイ島『カラヘオ・ヨガ』です^^

『カラヘオ・ヨガ』は旅行者も歓迎して下さるヨガクラスです。オーナーでありインストラクターであるリサさんは、とってもフレンドリーで英語が話せない日本人の方でも歓迎して下さいます。

タミーは『カラヘオ・ヨガ』で偶然あったチエさんをはじめ、そのお友達のリョウコさん、アキコさんともヨガを一緒に楽しみましたし、タミーのfacebookからコンタクトを下さったトシミさんに同郷の友達ケイちゃんと沢山の日本人の方と『カラヘオ・ヨガ』でヨガをしました。いつもビジターの日本人を歓迎してくれる『カラヘオ・ヨガ』です。

みなさん『カラヘオ・ヨガ』が気に入ってカウアイ島にいらっしゃる度にリピーターでクラスに参加しています。

ヨガは英語がわから無くてもインストラクターや周りの方の動きを見ながら同じ様にして出来ますから、あなたもチェレンジしてみて^^ 間違っていたらインストラクターさんが直してくれますから大丈夫。

 

レンタカーでお越しの方はカウアイ島『カラヘオ・ヨガ』の前の道路に駐車して下さい。

『カラヘオ・ヨガ』はリフエ空港からは車を西のワイメア方面に走らせて20分ほどでカラヘオの街に到着します。ハイウエイのパパリナロードの交差点(右手にザ・ライト・スライスのパイ屋さんと左手にカウアイ・クッキー・カフェがあります。)を左折して1分も走ると右側に見えますよ。

駐車場は無いので下の写真の様に車は道路に路駐して下さい。この道路は両側路駐して大丈夫です;)

imgres-2

荷物は車のトランクに入れて外からは見え無いようにしましょうね。ロックする事も忘れ無い様に。 バスを利用される方はカウアイ・クッキー・カフェの先にバス停があります。そこからカフェとは反対方向に登りの道を歩いて2分くらいです。

では『カラヘオ・ヨガ』には、どんなクラスがあるか見てみましょう♪

 

カウアイ島『カラヘオ・ヨガ』のクラススケジュール

『カラヘオ・ヨガ』のクラススケジュールはホームページの「クラススケジュールとクラス」から見る事が出来ます↓

https://kalaheoyoga.com/classes/

『カラヘオ・ヨガ』のドアの横には「お知らせボード」もあります。

スケジュールは変更になる事がありますので必ずホームページでご確認下さい。クラスは色々ありますのでタミー紹介しましょうね♪

 

カウアイ島『カラヘオ・ヨガ』のクラス内容

1)  ヴィンヤサ フロー1/2

ダイナミックで流動的であり創造的な形態のハタヨガのクラスです。呼吸を利用して所定の順序であるポーズから次のポーズへと流れヨガです。このクラスを受ける事では身体、心、精神の統一を作ります。ヴィンヤサのクラスには、太陽の挨拶、座ったポーズ、立っているポーズ、ひねり、後ろの曲がり、逆転などのヨガがあります。

 

2) アイアンガー・ヨガ1/2

正確な指示と正確なアライメントを通じて、逆転を含む様々な姿勢を探求していきます。クラスでは、強さ、柔軟性、バランスを重視しています。インストラクターが小道具を使いながら注意深く観察する事によってポーズとポジションが長期間保持されるので身体のアライメントの意識が深まり、不安を軽減し、心に開放感をもたらし心が落ち着きます。

 

3) リストラティブ・ヨガ

体をリラックスしてストレッチした姿勢を開放することに焦点を当てています。これにより、身体は毎日のストレスの厳しさから回復し、癒すことができます。最適なリラクゼーションを促進するために、必要に応じてブランケット、ボルスター、ベルトなどの小道具を使用して、ポーズを受動的に長時間保持することで、心が休息と回復の静けさを感じるように身体を柔らかくしてくつろげます。

 

4) ヴィンヤサ・レベル2

中級クラスです。ゆっくりと集中したヴィンヤサポーズの組み合わせで、ピークポーズに向かって動作する特定のポーズが散在しています。ピーク時の姿勢を流動性とバランスで表現するために必要な具体的な動きを探ります。クラスには、逆転やバックベンド、さらにはいくつかのコア開発が含まれます。

 

5) キャンドルライト・イエン&ヨガ・ニードラ

深くリラックスした瞑想的な練習。陰ヨガは体と心の深いレベルで働きます。スローペースの主に座っている姿勢を使用したヨガを行います。この練習は、開業医が身体の感情や感覚に深く関わり、心に静寂に挑戦する非常に瞑想的で親密な体験を提供します。このヨガは関節の深い結合組織を標的とし柔軟性と精神安定性を向上させます。
ヨガ・ニードラはリラックスし、身体を若返らせ、更新します。定期的な練習を行う事で身体的、精神的および感情的な面で自己の身体が自己治癒に向かう統合された状態を達成することができます。
6) ジェントル・フローwithヨガ・ ニードラ
立って座ってとポーズを移動するために呼吸を使いながら長い穏やかな瞑想を主導したヨガ・ニドラは、あなたの一日を終わらせる素晴らしいヨガです。
7) イエン・ヨガ
このクラスは初心者やヨガの練習をお休みしていて再開しようとする方におすすめのクラスです。

静かで瞑想的なヨガは、老化、食生活および生活習慣のために失われた可能性のある身体の結合組織(筋膜)の自然な強さを若返らせることに重点を置きます。心地よい筋肉のリラクゼーションを通して、陰ヨガは体内の健康なエネルギーの流れを促進します。

 

8) ヨガ・バレエ

ヨガ・バレーとはヨガ、ピラティス、ダンス運動の組み合わせを利用したトータルボディフィットネスです。ヨガ・バレエは中心の強くしなやかな体を作り上げるのに役立ちます。ダンサーの様なエレガントで強い筋肉を構築するバランス、強さ、柔軟性を高めます。音楽にのって楽しくチャレンジ出来るクラスです。

ヨガ経験者の方はヨガ・バレエのクラスにおすすめです。少しハードでやりがいのあるクラスよ。

 

9) セラプーテック・ヨガ

初心者や怪我や慢性的なストレスに対処する人に最適です。穏やかな動きの練習から始まりゆっくりとした動きのヨガのポーズを行います。このクラスでは、ボールやフォームローラーなどの小道具を使って組織をマッサージします。

 

10) ジェントル・ヴィンヤサ

穏やかな練習を望む初心者や中級の方のおすすめのクラスです。基本的な太陽の挨拶、立っている姿勢、座った姿勢を含む、ある姿勢から次の姿勢へと息を動かすフロースタイルのクラスです。

 

11) ハタヨガ・ヨガ

初心者〜上級者まで受けられるクラスです。このクラスのヨガは古典的な原則の練習を行います。息の動きと適切な位置合わせの両方を実装します。このクラスであなたの家庭練習で行なえる信頼性の高い、安定したヨガを学べる素晴らしいクラスです。

 

12)「 iRest 」ヨガ・ニードラ

インストラクターのリサさんは認定された「iRest」指導を受けました。「iRest」は治癒プロセスを効果的にサポートしクラスの間は横たわったり座ったりすることができます。

Dr. Richard Millerが26年以上かけて開発した「iRest」は、体と心に存在する様々な未解決問題、外傷、創傷を治癒します。それは、生活の変化する状況の中でいつも存在する心の安らぎを認識する事が出来ます。

「iRest」はストレス、不安、恐怖および鬱の減少。不眠症および睡眠障害の減少。慢性および急性疼痛に対する感情の低下に効果があります。対人関係の改善やエネルギーレベルが上昇して向上した生活が出来ます。自信と喜び
平和と幸福感の向上プログラム「iRest」です。

 

13) スロー・フロー

すべてのレベルの方に受けてもらえるクラスです。ゆっくりとしたペースで、基礎的なヨガポーズを行い、静けさの中でヨガを行います。このクラスは、気持ちを深め、呼吸や身体感覚を養いながら、ゆっくりと優しく太陽の礼拝を姿勢をゆっくりと流れさせることによって息と動きのつながりに集中します。リラクゼーションを促進するために瞑想とプラネイアナ(呼吸法)のテクニックを学べます。クラスは、結合組織を長くしながら体と心を和解させる陰ヨガの姿勢で終わります。

 

14) イエン/ ヤング

Yin ヨガのクラスです。このクラスは、移動力ベースの練習と、柔軟性とリラクゼーションをもたらす着座でのリクライニング練習でバランスをとっていきます。

体を動かして開くには、活気のあるヴィンヤサ・ヨガからでスタートして、その後、あなたの練習を終わらせるために、いくつかのリラックスした深みのあるストレッチを行う事で落ち着き気持ちの良い認識を育てます。

 

「タミーさんカラヘオ・ヨガのクラスは1回でも参加できますか?料金はいくらでしょうか?」

 

カウアイ島の『カラヘオ・ヨガ』の料金

旅行者でも1回からクラスを受けられます。

*クラス1回 $ 22
*カマアイナ・クラス1回 $ 18(運転免許証などのハワイIDが必要です。)

予約をされなくても1回から気軽に参加出来るカウアイ島の『カラヘオ・ヨガ』です。

 

カラヘオ島『カラヘオ・ヨガ』の手続きは簡単です;)

『カラヘオ・ヨガ』の手続きは簡単です。インストラクターさんから紙を渡されるので名前をフルネームで英語で書いて英語でサインをしたらOKです。(2回目以降は用紙の記入は必要ありません。)料金はキャッシュでもクレジットカードでも支払いが出来ます。

その紙には健康ですか?ヨガをするのに問題は無いですよね?みたいな事が書いてあるので病気とか風邪とかひいていなくて健康上の問題が無い方、ヨガをする前に具合が悪くない場合はサインしてクラスを受ける事が出来ます。体調が良く無い方は無理なさら無いで下さいね。もしヨガの途中で具合が悪くなったら決して無理はせず止めて休みましょう。

ヨガというと女性のイメージが強いかもしれませんが『カラヘオ・ヨガ』には男性の参加者の方もいらっしゃいますよ。男性も女性も楽しめますから是非カップルで参加してみて下さい♪

 

カウアイ島『カラヘオ・ヨガ』のお得なパス

カウアイ島に滞在中に3回以上ヨガのクラスを受ける方はパスを購入されるのがお得です。

3クラスのパス$ 60
5クラスのパス(ハワイ IDをお持ちの方。有効期限は2ヶ月)$ 95
10クラスパス(有効期限3ヶ月) $ 160
20クラスパス(有効期限4ヶ月)$ 280

 

カウアイ島『カラヘオ・ヨガ』はヨガマットの貸し出しもあります。

「タミーさん旅行にヨガマットを持って行くのは面倒なんですけどヨガマットって借してもらえますか?」

『カラヘオ・ヨガ』にはヨガマットのレンタルありますよ。$1で借りられます。ヨガマットを使用した後はクリーナーとペーパータオルがあるので綺麗にしてから返して下さいね。

他にヨガで使う毛布、ブロック、ピロー、ベルトなどの道具は全て無料です。ただ顔がピローに触れる事もあるのでタミーは、いつも顔の大きさくらいのタオルを持って行って使っています。

 

バッグや水は入り口の左側の棚に置きましょう。

『カラヘオ・ヨガ』ではヨガをするフロアへの飲み物の持ち込みは禁止されています。『カラヘオ・ヨガ』の入り口を入って左側の壁に棚がありますので、そちらにお水やバッグなどは置いてヨガマットだけを持ってヨガスタジオにはお入り下さい。

スタジオの壁には曼荼羅が描かれています。まるでプルメリアのお花みたいなのでタミーは「プルメリア曼荼羅」と呼んでいます(笑)見ているだけで元気をもらえるプルメリア曼荼羅です☆

インストラクターは正面のこちらのスペースでヨガをされます。

クラスを受ける方はインストラクターの動きを見ながらヨガを行います。

 

カウアイ島『カラヘオ・ヨガ』はリラックス出来ます♡

タミーはヨガをカウアイ島でしたのが初めてでは無いです。日本でもメインランドでもヨガのクラスは受けた事あるのですが『カラヘオ・ヨガ』のクラスは魔法にかかったみたいにリラックス出来ちゃうの(笑)

タミーは『カラヘオ・ヨガ』のクラスの事を人に聞かれると”ヨガのストレッチが気持ちよくてすごく簡単な動きでヨガをしているので、そんなに辛いとヨガをしている時は感じ無いのに翌日は体にきいてるのがよくわかるの^^  続ける様になったら、すごく体の調子がいいし、でもね何よりもすごく癒されちゃって何度も眠りに落ちちゃいそうになるんだけど他の人のイビキで我に帰る事もあるわ」って言うと聞いた人は笑うのに実際に『カラヘオ・ヨガ』のクラスを受けると「私も寝ちゃったわ(^^;」って言うのよ(笑)そして、その後は頭がスッキリするの☆

これは初心者クラスだけで中級クラスやヨガ・バレエは寝るどころじゃないと思いますけど(^^;

 

カウアイ島『カラヘオ・ヨガ』電話番号・ホームページ

『カラヘオ・ヨガ』ホームページ

https://kalaheoyoga.com/

どうですか? 癒しのヨガをカウアイ島の『カラヘオ・ヨガ』で体験してみませんか? ヨガの経験がある方もヨガデビューの方も是非カウアイ島にいたしたら『カラヘオ・ヨガ』でヨガ体験してみて下さい。タミーのおすすめよ;) 体も頭もスッキリして、その後はカウアイ島を思いっきり楽しめちゃうわ♪

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島なら中型免許でレンタルバイク・ハーレーに乗れちゃうよ!

Aloha(^^)/

オートバイってカッコいいでしょ☆中でもアメリカンバイクのハーレーって憧れませんか?

ハワイでハーレーに乗るって事はバイクライダーには憧れですよね♡タミーもそうでした^^ 「でもバイクの大型免許持って無いし。」

大丈夫!中型免許持ってたらカウアイ島のレンタルバイクでハーレーに乗れちゃうのよ;)

 

ハワイは日本の自動二輪の中型免許でハーレーなどの大型バイクにに乗れちゃいます!

タミーは日本の自動二輪の中型免許証を持っています。日本では400ccのバイクに乗っていましたが、これも結構大変でした(^^; なぜならタミーは身長が155cmしか無いチビライダーなんです(笑)日本で限定解除の自動二輪の大型免許は取れませんでした。

カウアイ島に移住後にハワイのレンタルバイク屋さんのHPで「日本の中型免許でハワイではハーレーに乗れる!」って事を知った時には飛び跳ねて喜んじゃいました(^^)/

アメリカでもハワイ限定なんですが日本の免許証でレンタカーに乗れる事をご存の方もいらっしゃると思います。そしてオートバイも日本の免許証でレンタルバイクが借りられます。ハワイ万歳ですね^^

ここからが大事!まさか日本の中型免許(400ccまで)の免許証でハワイでは限定解除でレンタルバイクのハーレーが乗れるって思いませんよね。1,200ccであろうが大型のハーレーに乗れちゃうんですよ@ー@ 日本の中型免許で信じられますか?

私もホノルルのハーレーダビッドソンでタミーの日本の免許証(国際免許証も一緒に)を見せてハーレーに試乗させてもらった時にはびっくりしました。

きゃーーーーーー私ハーレーに乗ってるぅーーーーーって(笑)

そして、とてもお得なお値段を提示して下さったホノルル・ハーレーダビットソンので試乗後、即買いしちゃいました^^

img_7-1

ホノルルのハーレーダビッドソンではバイクを購入した人は店内にある鐘を鳴らす事が出来るのですがタミー嬉しすぎてすごい力で降ったので縄をちぎっちゃって(–;

ハーレーのスタッフさんやお店にいたお客様達に大笑いされて恥ずかしかったわ。そんな思い出のあるタミーの初ハーレーでした☆

タミーの着ているハーレーのシャツは「ハーレーを買ってくれたから好きなシャツをあげるよ。」ってマネージャーのピットが言ってくれて頂いたものです。

img_13

前がジッパーになっていてジャケットみたいにも着られるシャツで気に入ってます。ハーレーといえばイメージカラーは黒、白、オレンジですものね。

ハーレーのお店にはファッションアイテムも充実してるのでバイクに乗らない方も楽しめますよ;)ホノルルのハーレーダビッドソンのショップにはハーレーミュージアムもあるんです。バイク好きの方はホノルルに行かれたら訪れて見ると面白いですよ;)

ちなみにワイキキ滞在の方はロイヤルハワイアンセンター3Fにもハーレーショップ(ウエアのみ)があります。

 

日本の免許証でレンタルバイク屋さんでハーレーを借りられます。

先ほどもお話しましたがハワイは日本人のライダーには嬉しい特別の場所です。だって日本の免許証で車やバイクが外国であるハワイで運転出来ちゃうんですから有難いですよね。

img_3_m

そんな場所って他には無いと思いますよ。ハワイ州だけでしょう。しかもバイクライダーは中型免許を持っていたら大型のハーレーもレンタル出来て乗れちゃうって、もう夢の様な話よね;)

「タミーさん、ハワイでレンタルバイクを借りる場合は日本の免許証を忘れずに持っていけばいいんですね。」

 

事故や違反しちゃった時の為に国際免許証を取って来られる事をお勧めします。

日本の免許証を持参したらハワイではレンタカーもレンタルバイクも借りられます。

ただ、もし違反をしちゃったり事故を起こしてしまった場合。警察官の方でも日本の免許証でハワイで運転していい事を知らない方もいたり日本の免許証には英語の表記はありませんから手続きなども時間がかかってしまうかもしれませんのでタミーは旅行の前に国際免許証を取って来られる事をおすすめします。

国際免許証は各県の免許センターなどで日本の免許証と写真(免許センターでも撮れる所もあります。)印鑑などを持って行けば2,000円くらいで1年間有効の国際免許証を下さいます。

S__10584067

ハワイでバイクをレンタルをされる方は国際免許証にバイクの表記もあるかちゃんと受け取った時に確認して下さいね。国際免許証をもらえる曜日や時間、持ち物や料金は各県の免許センターにご確認下さい。勿論レンタルバイクを運転する時は違反や事故が起きない様に安全運転をする事が一番大切です!

 

カウアイ島でのレンタルバイクは「カウアイ・ハーレーダビッドソン」でどうぞ^^

ハワイもワイキキには、いくつか日本人スタッフのいるレンタルバイクのお店がありホームページからは日本語で問い合わせや予約ができます。

カウアイ島ではリフエ空港から車で15分ほどのプヒのカウアイ・コミニティ・カレッジ前の「カウアイ・ハーレーダビッドソン」のショップでハーレーをレンタルバイクで借りる事が出来ます。

「カウアイ・ハーレーダビッドソン」は、このレイをかけたワイルドボアー(イノシシ)が目印よ;)

imgres-1

カウアイ島のハーレーストアの方は、みなさん親切です。

こちらの↓「カウアイ・ハーレーダビッドソン」のHPより予約が出来ます。
http://www.kauaiharley.com/

英語がわからない方はグーグルのページ翻訳の機能をご利用下さい。

”レンタル”をクリックして次は”ハーレー・レンタル”をクリックするとハーレーの写真とバイクの詳しい内容とレンタルバイクの1日のレンタル料金が表示されるので選びやすいですよ。

ハーレーの予約はレンタルバイクのタイプによって異なりますが$179〜借りられます。(料金は変動がありますので、ご了承下さい。)

レンタルバイクのタイプが決まったらメールアドレスがありますから、そちらから希望のバイク、借りたい日付、時間などをメールして頂けたら「カウアイ・ハーレーダビッドソン」から返信が来ます。

タミーはハーレーをホノルルのハーレーダビッドソンで購入しましたが我が家の2代目のバイク「YAMAHAドラッグスター」をカウアイ・ハーレーダビッドソンの店長のジョンさんから購入しました。ジョンさんナイスガイです☆

images-1

こちら我が家のガレージ。このブルーの綺麗な色に一目惚れ♡ 即決、購入(笑)img_0

素敵なバイクに出会うと欲しくなるので「カウアイ・ハーレーダビッドソン」には行かない方がいいタミーです(^^;

 

カウアイ島でレンタルバイクを借りるのに必要なもの。

カウアイ島でレンタルバイクを借りる時の必要条件は。

*21歳以上ででなければなりません。

*有効な重量オートバイのライセンスを持っている必要があります。

(日本の免許の場合は自動二輪車の中型免許証で大丈夫です。出来れば国際免許証もご持参下さい。)

*重いバイクを操作するためのスキル、知識、および能力を有していなければなりません。

*クレジットカードを持っている必要があります。(VISAかMasterカード)

以上の条件を満たしていたらレンタルバイクの予約は808-212-9469に電話するかメールでどうぞ RENTALS@KAUAIHARLEY.COM

 

カウアイ島のバイクライディングはノーヘルでOKよ;)

カウアイ島でバイクを乗る時はヘルメットを着用しないでも交通違反にはなりません。

以前は法律で着用が義務付けられていたそうですがライダー達が”それはクールじゃない!”って運動して、またノーヘルでもOKになったとか@_@ 日本では、ありえない事ですよね(笑)事故が起きて危険な事よりバイクライダーにはクールかどうかが重要な事の様です(^^;

ちなみにカウアイ島では自転車に乗る時はヘルメットをかぶらなければいけません。なんか反対じゃないの?って思うタミーです(–:

ノーヘルでバイクに乗れちゃいますからレンタルバイクでも同じです。なので荷物になるヘルメットを持参しなくてもいいわけよね。ただヘルメットをかぶらないで事故にあった場合は危険な事だけは、ご理解下さい。

勿論ヘルメットをかぶってもいいのよ。タミーはバイクに乗る時はヘルメットかぶってます。こちら最初にジョージアのマリエッタ・ハーレーダビッドソンで買ったハーレーのロゴ入り艶消しのヘルメット。このロゴが気に入ってます。

ハーフシールドが問題でした。顔半分が日焼けしちゃうし口開けたりしたら虫も入りそう>_<
img_5

こちらのヘルメットでライディング〜後ろの海に浮かんでいるのはハワイ8島の最北端にある個人所有の島ニイハウ島ですよ。

img_0

その後はタミー、日本でヘルメット購入。フルシールドしかもUV加工。

img_2

お揃いでグローブも買っちゃいました。

このヘルメットは可愛い過ぎてハーレーには似合いませんでしたね(笑)

img_6

ヘルメットのレンタルもご希望の場合は「カウアイ・ハーレーダビッドソン」でヘルメットのレンタルも可能だと思いますのでメールにヘルメットを借りたい事と2人乗りの場合は個数とサイズも書いて下さいね。

 

カウアイ島でおすすめのライディングの時の服装

カウアイ島はハワイです。1年中暖かくて半袖&短パンでOKですが半袖のTシャツは、いいとしても下はジーンズなどの長いパンツをはきましょう。

タミー、ハーレーを買った時はハワイでは、こんなカッコで乗りたかった。ノーヘルで髪をなびかせて(笑)

images

ところが初ハーレーのタミーはわからなかったけどハーレーのエンジンはデッカい!車のエンジンより大きくてそれがむき出しになっているので熱いんです。

img_1

タミーのハーレーはスポーツスターのスーパーロー。チビなので一番車高が低いハーレーです。そしてエンジンの大きさもハーレーでは2番目に小さい883cc。それでもブルン、ブルンと唸りを上げるエンジンです。

まるで闘牛の雄牛みたいなのでブルと名付けたタミーよ。なので上の写真の様なショーツでハーレーに乗るのは足を火傷をするので危険です。

それに、もし事故を起こした時に怪我をするのも大きいですよね。事故ではありせんがタミー先日コケました>_<

カウアイ島も夏の季節は暑いので膝上くらいのジーンズにブーツというスタイルで乗る事もあったのですが、その時は運よく長いジーンズを履いていたので足の怪我は最小限ですみました。これからは、ちゃんとタミーも長いパンツを履く事にします(反省)

靴もビーサンで乗ってるロコを見たりしますが危険ですのでブーツかバイクスニーカーを履いて下さい。手も汗をかいて滑り安いのでバイクグローブもあるといいと思います。

長時間風にあたるとカウアイ島でも肌寒かったりしますから長い時間ライディングを楽しまれるのであればジャケットも必要です。以上の事はレンタルバイクでも同じですからね;)

シャワー(雨)もありますからウインドブレーカーの様なナイロンタイプのジャケットの方がいいかもです。レザーよりも重くないしかさばらないので日本からお持ちになるのには、いいですよね。

もう1つ忘れないで欲しいのはサングラスです。カウアイ島は日差しも強いですしバイクにに乗ってると虫が目に入ったら危険なので忘れずお持ち下さいね。 こんな風なスタイルで乗るのがパーフェクトですね☆

iron-833-harley-davidson-2311-1200xx4078-2294-0-213

でも、ここまで行くとハワイライダーって感じじゃないわね(^^; 日本でも最近女性のハーレーライダー増えているようで雑誌で山田優ちゃん、荒川静香さんがハーレーに乗ってる姿を見ましたがカッコ良かったわ〜!

お2人とも足も長いしスタイルいいですからね。タミーはチビライダーなんで、あんな風にカッコよくなれないですが、、、。

 

アメリカの交通ルールは大丈夫ですか?

カウアイ島でレンタルバイクに乗る場合の交通ルールは免許証は日本のでOKでもアメリカのルールで走ります。日本と右左反対ですから逆車線を走らない様に気を付けて下さいね。 タミーは車でもバイクでもいつも自分をセンターライン側に置く様にしています。

赤信号で止まっても右折の場合は安全確認して徐行しながら進めます。(出来ない交差点もあるのでサインをしっかり確認して下さいね。) タミーはハワイ移住してアメリカの自動免許証をとって車を運転しだした頃は右折のラインで赤信号で止まっては後ろの車にクラクション鳴らされました(^^;

それから黄色いスクールバスが、あなたの前で止まったらスクールバスが発進するまで止まって待たないといけません。決して追い越し、追い抜きしないで下さいね。子供達がバスの前や後から道路を渡る事があるからです。

カウアイ島にはノースショアやハナペペ他にも車が1台しか通れない橋があるので、対向車が来ていたら橋の手間で止まって車やバイクが橋を渡りきるまで待ちましょうね。

レンタルバイクが特別なナンバープレートなんて事は無いので、あなたが観光客なんて事は誰もわかりませんから十分に注意して運転しましょう。 もう1つ気をつけて欲しいのはスピードです!

 

スピードの出し過ぎには注意しましょう!

カウアイ島のどかな島です。凶悪犯罪とかありませんから警察の方暇なので(笑)スピードの取り締まり結構厳しいです。 カウアイ島でのバイクライディングが、どんなに気持ちよくても制限速度は守って下さいね。

”レンタルバイクに乗ってる観光客だから”って許してくれませんよ。帰る前に罰金を払っていかないと帰れませんから面倒臭いし高いしなんでスピードの出し過ぎには十分にご注意下さい。

先ほど、お話しましたがレンタカーやレンタルバイクのお店のスタッフの方は日本の免許証でレンタカーやレンタルバイクを運転できる事は知っているでしょうが全ての警察官の方が知ってる訳では無いようなので(–:

あなたが英語が堪能ならいいですが上手に説明も出来ない内に無免許運転なんて事になったら大変ですから、やはり国際免許証を日本の免許証と一緒にレンタルバイクに乗る時は携帯される事をタミーはお勧めします。

 

海外旅行保険には必ず入って来て下さい。

タミーはマイナスの「もし」を使うのは好きじゃないのですが、もしカウアイ島でレンタルバイクで事故を起こして怪我をしてしまった時に保険に入っていないとアメリカは日本と違って、とんでもない高額な医療費を払わなくてはいけなくなりますから必ず旅行の前に海外旅行保険に入られてからハワイにいらして下さい。これはバイクを壊した時の保険とは違います。あなたが怪我をした時の保険です。

日本と違って救急車も有料です。海外旅行保険ですが色んな保険があります。「私のクレジットカードには海外旅行保険が付いているから入らなくてもいいわ。」なんて思っている方いらっしゃるでしょうが、ほとんどの場合は現地では立て替えて支払いをしてから日本で保険請求して、お金が戻るタイプの保険ですので高額な場合、支払いを済ませてなんて事は出来ないと思います。

タミーは海外旅行へ行く場合は、いつもJTBの「ジェイアイ海外旅行保険」に入っていました。こちらの保険はキャッシュレス(現地未払い)なので1円も払う事無く帰国出来ます。

タミーはハワイで交通事故は起こした事は無いですがハワイ旅行中に病気になり病院で診察してもらい薬を頂いた事があるのよ。日本へ帰って保険会社から来た手紙を見たら100万円近い金額で驚きました@_@

1週間のハワイ旅行で保険代金は5,000円くらいですから、お守りだと思って保険に入られる事をお勧めします。

ジェイアイ海外旅行保険のhpは↓こちらをご覧ください。

http://www.jtb.co.jp/jihoken/kaigai02/index.asp

 

カウアイ島はバイクライディングには最高の場所よ♪

あまり楽しくないお話ばかりして来ましたがカウアイ島でのバイクライディングは本当に最高です(^^)

img_4_m

バイクライダーの方でカウアイ島にいらしたら是非レンタルバイクを借りてドライブして欲しいです。 レンタルバイクを運転しながら何度も素晴らしい景色にWOW!と声をあげちゃう事間違い無しです。

実際タミーがバイクでカウアイ島走ってますから、とくかく最高に素晴らしく気持ちいいライディングがカウアイ島では楽しめます♪

特にお勧めはノースショア方面に走って下さい。ハナレイビーチから先は道は細くカーブも多いですがカーブを曲がる度に絶景があなたの目に飛び込んで来ます!

img_0-1

走りながらの海風は最高〜!!!

タミーを信じて日本のライダーさん達カウアイ島でレンタルバイク・ハーレーを借りて是非バイクライティングしてみて下さ〜い♪

 

(おまけ)タミーのハーレーコレクション☆

ハーレーダビッドソンのショップには各店舗にオリジナルのグッズやTシャツが販売されています。一昨年タミーは家族と2匹の犬とジョージア〜カリフォルニアへ引っ越す為、車でアメリカ横断しました☆

ほとんどのハーレーストアがインターチェンジの近くにあるので寄ってはTシャツなどのオリジナル商品を買ったの。こちらタミーのコレクションの一部です。img_5-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーレーTシャツは必ず前後にプリントがあってライダー用ですよね。バックプリントの方が大胆でカッコいいものよ。日本の各ハーレーストアにもオリジナルのTシャツがあってタミーは山梨のしか持っていないのですが、こちらはハワイの方には富士山あるし漢字あるしで人気です☆

S__10584068

他にもブーツやベルト、アクセサリーなど色々あります。

img_4

犬のおもちゃまであるのよ。

トミーにもワイルドなオレンジのストーン入りのハーレーカラーをプレゼントしました。

img_1

トミーは喜んでいるかわかりませんが我が家で一番バイクが似合っているのは、こちらのお方です(笑)トミー君イケてる?

img_12

いかがでしたか?日本のバイクライダーさん達カウアイ島ならあなたのハーレーに乗る夢叶いますよ! くれぐれも安全運転でカウアイ島のレンタルバイクでハーレー・ライディング楽しんで下さいね♪

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島でシュノーケルするなら、このビーチ(^^)

Aloha(^^)/ カウアイ島の海は、とっても綺麗☆

「カウアイ島の綺麗な海で魚が泳いでいるの見た〜い!カウアイ島に行ったらシュノーケルやりた〜い!」って方いますよね;)

でも何処のビーチでもシュノーケルが楽しめるかっていったら違うのよね。

今回はタミーがシュノーケルにおすすめのビーチを紹介しちゃいます♪

 

波のないラグーン(湾)になっているビーチでシュノーケルをしましょう♪

シュノーケルをする場合、あまり波の高いビーチでは魚をゆっくり見るどころではありませんよね。 「ラグーン」とは岩で囲まれている湾の様になっている浅い海の事を言います。

ラグーンのあるビーチなら波が立たないので魚も集まり安いですし、ゆっくり魚を見る事が出来ます。 波が無いビーチだと小さなお子様も安心して海に入れてあげれますし一緒に親子でシュノーケル楽しめますよね♪ タミーのおすすめのシュノーケルが楽しめるビーチを紹介しましょう。

その前にシュノーケルに必要なものを日本から持っていらした方はいいですが「荷物になるからカウアイ島で買いたいわ」なんて方もいますよね。

ではシュノーケルをするのに必要ものとカウアイ島では何処で、いくらくらいで買えるのかタミーが教えちゃいますね。

 

シュノーケルに必要なのはマスクとシュノーケル+フィン(足ひれ)

水中で目を開けて魚を良く見れるマスクと水中で息をするためのパイプのシュノーケルが必要です。 この写真の様にセットで売られています。ラグーンならこれだけで十分海中のお魚を見る事が出来ます。

imgres-1

少し沖まで泳いで魚をみたい方にはフィンと呼ばれる足ひれもあると泳ぎがとても楽です。

images

シュノーケルセットの種類が豊富で値段が安いお店を紹介しましょう!

 

シュノーケルのセットは「ウォルマート」が安いですよ。

カウアイ島にいらしてからお手頃価格でシュノーケルセットを買いたい方はカウアイ島の玄関リフエ空港から直進して2つ目の信号を右折して、また2つ目の信号を右折すると「ウォルマート」が見えます。

walmart

ウォルマートの正面の入り口から入ったら右奥のK4通路でシュノーケルセットが買えます。このK4の通路の両側が全てシュノーケルに必要なものが売られているので結構な品数です。 *店内は時々位置を変えますのでK4に無い場合はウォルマートのスタッフにお尋ね下さい。

S__9330711

まずはマスクとシュノーケルのセット 子供用$5.67 S__9330705

右側が大人用で$9.79

こんなに安いなら日本から荷物になるので持って来るよりカウアイ島で買った方が、いいでしょ;) レディース用なんてちょっとかわいらしいカラーのもありました。$27.97

S__9330710

フィンも入ったちょっといい感じのシュノーケル3点セット(持ち運びのネットケース付)$29.97

S__9330707

フィンだけの単品もありますよ。子供用$13.97

S__9330708

右側が大人用$21.57

お値段はウォルマートがカウアイ島では一番安いと思いますが他にもKマートやABCストア、グロッサリーストアにもシュノーケルのセットは置いてあります。 他にもスペシャルなシュノーケルがあるのよ!こんなシュノーケル知ってますか?

13669645_1717186485200964_4059779577899990906_n

顔が全て覆われるので鼻でも呼吸が出来て楽だし女性は顔が濡れないのでメイクしたままで使えちゃうっていうすぐれものよ。 カパアのココナツマーケットプレイスのお店では$90くらいします。

もしコストコのメンバーシップカードを持っていたら日本のコストコカードでもカウアイ島のコストコでお買い物出来ちゃいますから是非、忘れずお持ち下さい。 コストコだと、このスペシャルシュノーケルシュノーケルが$59.99で買えちゃいます;)

s__12517381

(注)こちらのシュノーケル事故の報告もありますから、お買いになった方は十分に注意して、お使い下さい。

これでシュノーケルの準備はOKですね。ではビーチへLet’s Go!

 

タミーのおすすめシュノーケル1/「リッドゲイト・ビーチ」

ここは2014年に嵐の櫻井翔くんがカウアイ島を訪れた時に来たビーチよ;)
カウアイ島の玄関リフエ空港から号線を北に向かって車で15分くらいで行かれるビーチです。
img_0_m

海も空も青くて綺麗でしょ〜☆ 海の水も綺麗ですよ。

img_1_m

メネフネが作ったと言われているヘイアウが静かに海を見守ってくれているビーチでもあります。

img_2_m

ビーチの向かい側には公園もありますしトイレやシャワーもあります。とっても便利なビーチなので休日は、いつもロコで賑わっているビーチです。 いい波が上がる場所もあるのでボディーボードも楽しめます。

img_3_m

こんな風に波が来るビーチではシュノーケルは楽しめません。でも大丈夫よ「リッドゲイト・ビーチ」は右端〜左端までいったら広〜いビーチなんです。 でも真ん中ら辺が、こんな風に岩で囲まれていてラグーン(湾)みたいになっているの。

ここですよ〜櫻井翔くんが足を海水につけてましたね。泳いで無かったわよね。あれは足湯みたいでした(笑)

img_4_m

岩に囲まれたラグーンの内側には波は入って来ないのでシュノーケルをじっくり楽しめちゃうのよ♪ 波が来ないのでシュノーケルだけじゃなく小さなお子様を安心して泳がせる事も出来るので、お子様連れにもおすすめのビーチです。

のどかなビーチでしょ。シュノーケルをする場合は手前の人が沢山いる場所より岩の側に魚はいます!

img_5_m

ここでは、こ〜んな種類の魚を見る事が出来ます(^^)/

img_6_m

「こんなに沢山の種類の魚がいるの?!」って、あなたもシュノーケルしたくなっちゃったでしょ;) この看板はラグーンの前あたりに立っていますから実際にシュノーケルをされて「あっ!こんな黄色い魚いたわ!」って確認できますよ。

シュノーケルには向きませんがタミーは「リッドゲイト・ビーチ」の端っこが静かで綺麗で好きなの♡

img_7_m

綺麗な海って、なんで見てるだけで幸せな気持ちになれちゃうんでしょうかね〜^^ 空港からも近いので是非、カウアイ島でのシュノーケルには「リッドゲイトビーチ」に行ってみて下さいね;)

南のビーチでのおすすめはタミーも大好きなポイプ・ビーチ!

 

 

タミーのおすすめシュノーケル2/は「ポイプ・ビーチ」

リフエ空港から南へ車を走らせツリートンネルを抜けて約20分くらいで「ポイプビーチ」に到着します。 「ポイプ・ビーチ」も端から端までは広〜いビーチなんです。

左側は波が高く、ここはボディーボードをする人に人気の場所です。

img_5-1

ここでは、ちょっとシュノーケルは出来ませんよね(–; タミーも波にのまれて小学生くらいの男の子に「大丈夫?」って心配されちゃいました(笑)

img_6-1

ボディーボードも楽しいですからカウアイ島でボディーボードを楽しんでみたい方はブレネッキーズの横くらいにボディーボードのレンタル屋さんもあります。写真はブレネッキーズ・レストラン。

images-1

ボディーボードはレンタル屋さんの向かい側の「ポイプ・ビーチ」の左側になります。ボディーボードしている方が沢山いるので、すぐわかりますよ。

シュノーケルは右側のこの様にラグーンになって波が来ないビーチで楽しまれて下さいね。(失礼私の足が邪魔でした。)img_2-3

ライフガードのタワーがある場所の前のビーチがシュノーケルには適していますが「リッドゲイト・ビーチ」に比べたら、あまり多くの魚を見る事は出来ません。

ただし、この「ポイプ・ビーチ」では魚だけじゃない素敵な出会いがあります。それは、こちらのハワイアンモンクシール。

img_2-1

丁度この「ポイプビーチ」のラグーンにお昼寝にやって来ますから可愛いですよ〜ハワイアンモンクシール♡

タミーは何度かこの場所ではハワイアンモンクシールに会えていますからカウアイ島の中ではハワイアンモンクシールに会える一番確率の高いビーチだと思います。タミーもモンクシールと記念撮影しちゃいました(笑)

img_3

これは別の日ですが、また来てますね〜お昼寝にハワイアンモンクシール^^ ハワイアンモンクシールに興味のある方は↓こちらの記事もご覧下さい。

カウアイ島のアザラシ「ハワイアンモンクシール」に会いに来て♡

写真は「ポイプ・ビーチ」のラグーンの右側になるのですがハワイアンモンクシールの先を見て下さい。 引き潮の時間は海が左右に分かれて陸地が現れ向こう側まで歩いて行けます。

images

実は、この向こう側の内側の海に魚がいるんです!シュノーケルしてみて下さいね;) ノースショアに滞在の方におすすめのシュノーケル・ビーチはカウアイ島最北端の「ケエ・ビーチ」です;)

 

タミーのおすすめシュノーケル3/「ケエ・ビーチ」

リフエ空港から北に向かって56号線を約80分くらい走って突き当りのビーチが「ケエ・ビーチ」です。 こ〜んな素敵なビーチなのよ〜☆「ケエ・ビーチ」

IMG_9969

「ケエ・ビーチ」は水の透明度も高くシュノーケルも楽しめます♪ 左側のリーフの外側ではホヌ(海ガメ)に出会えちゃったりしますよ〜!

でも「夏季限定!」夏の間は波も無くシュノーケルには最高なんですがノースショアは冬の時期は波が高くてシュノーケルは残念ながら楽しむ事は出来ません。

もう1つのタミーのおすすめは船でしか行けないナ・パリ・コーストでのシュノーケルです!

 

タミーのおすすめシュノーケル4/「ブルードルフィンのナ・パリ・シュノーケルボートツアー」

ボートに乗ってカウアイ島での絶景と言われているナパリコーストの景色を満喫してボートが波の無い穏やかな場所で止まってくれますのでシュノーケルも楽しめちゃう「ブルードルフィンのシュノーケルボートツアー」

img_2-2

しかもシュノーケルのセットそしてフィンも無料で貸してくれますので何の準備もいりません。ただ、ここでのシュノーケルではカラフルな魚は、あまり見れませんでした。

img_6

タミーが行った時は、この黄色い魚くらいで後はグレーの魚でした。 その代わりホヌ(海ガメ)をタミーは見る事が出来ました〜!

snorkeling-in-cancun

見るというより一緒に泳いでるみたいで嬉しかった〜(^^) それにクルーズの間は、こ〜んなに沢山のイルカ達が船と一緒に泳いでくれるんですよ。

img_1

イルカって本当にフレンドリーなのね。あまりに沢山のイルカが側に来るのでタミーは本当に驚いちゃったわ@_@

img_0

滝や洞窟やこんな素晴らしいナパリコーストの景色を満喫して

img_3-1

 

シュノーケルまで楽しめるナパリコーストのクルージングは「ブルードルフィン」のボートがおすすめよ! 「ブルードルフィン」のボートは大きなボートなので安定していますから揺れが少ないの。 トイレも綺麗^^スタッフは親切^^

朝8時くらいにボートが出るので朝ご飯も頂けます。シナモンロールにコーヒーそしてフルーツ。 飲み物はトロピカルドリンクにマイタイ、勿論お水もありますよ。

ランチは自分で好きな具をパンに乗せてサンドイッチを作ります。クッキーやプレッチェルなどのお菓子もありました。

img_7-1

ナパリコーストの楽しいクルーズ記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のナパリコーストクルーズツアーはイルカがいっぱい!

「ブルードルフィン」の「ナパリ・シュノーケルボートツアー」は『スプラッシュ・オブ・カウアイ』にお任せ下さい↓詳しい内容・お問い合わせは、こちらから日本語でナイアさんまでどうぞ^^

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-01/

『スプラッシュ・オブ・カウアイ』の皆様からの声のコーナーにはタミーの体験談も載ってま〜す♪ 「タミーのサイト見ました。」って言って頂けたら、いつもナイアさんに「タミーのサイトからのお客様は、よろしくお願いします。」とタミーよ〜くお願いしてありますから安心して相談されて下さいね。

『スプラッシュ・オブ・カウアイ』には他にも沢山のアクティビティーツアーがありますので、こちらの記事も是非↓ご覧下さい。

カウアイ島のオプショナルツアーはSplash of Kauaiにお任せ^^

どうでしたか?カウアイ島の海でシュノーケル楽しめそうですか?

水族館と違いカウアイ島の綺麗な海で暮らす魚やホヌ(海ガメ)イルカにハワイアンモンクシールとの出会いは本当に感動しちゃいますよ。

カウアイ島の綺麗な海が、あなたを待ってま〜す(*^^*)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島のキャンプ場案内+地図&便利情報

Aloha(^^)/ キャンプってしたことは、ありますか?

ホテル代が節約出来るので若い方は好きな様ですが、それだけじゃないですよねキャンプの魅力;)

カウアイ島には大自然がありますし気候も暖かいのでキャンプを楽しむ人も多いんですよ。

今回はカウアイ島のキャンプ場をタミーが紹介しちゃいます♪’

 

カウアイ島のキャンプ場の地図

こちらがカウアイ島の主なキャンプ場です。地図はクリックすると大きくなります。

S__7020546

地図を見てお分かりな様にカウアイ島のキャンプ場は、ほぼノースショア方面に集中しています。 カウアイ島でキャンプをする場合は州立公園(ステイトパーク)か都立公園(カウンティパーク)にあるキャンプ場に限られています。

(注)プライベートキャンプ場は使用出来ないのでお気をつけ下さい。

以前の記事で「ナパリコーストのトレッキング」のお話しをしましたが日帰りで行かれるコースもあれば数日かけないと到達しないコースもあってホテルも無い場所ですからキャンプすることになりキャンプ場が必要になります。

「ナパリコースト、トレッキングを楽しもう!」の記事は、こちらをご覧下さい。

ナパリコースト、トレッキングを楽しもう!

キャンプも含めたトレッキングをする場合は事前にちゃんと計画をたてて十分な準備が必要です。日本からキャンプの支度を全て持っていくのは大変ですよね。

そこでタミーが便利なお店を紹介しましょう^^

 

キャンプ用品をレンタル出来る便利なお店「ペダルン・バトル」

まず注意して欲しいのは日本のキャンプ場と違ってカウアイ島のキャンプ場にはキャンプ用品や飲食物を用意してあるキャンプ場は、ありませんので事前に自分で用意する事が必要になります。

そこでキャンプ好きな旅行者にはキャンプ用品をレンタル出来るお店アウトドア専門店「ペダルン・バトル」は、とっても助かるお店です。

imgres

場所はトレッキングのスタートに近いノースショアのハナレイタウンの「チン・ヤン・ヴィレッジショッピングセンター」の中にあります。

どんな品をレンタルしているかというとテントにクッキングセットに始まりバックパック、デイバッグ、マット、キャビンストーブ、固形燃料、携帯食品などなどキャンプに必要なものなら、このお店で全部揃っちゃいますよ;) レンタル料金もリーズナブルです。

お値段 1日 1週間
 2 Person tents $15.00  $35.00
 Single burner stove $4.00 $15.00
Sleeping bags/pads $4.00 $15.00
Back Packs $5.00 $20.00

営業時間:9:00-18:00 (年中無休)電話:808-826-9069

AMEX, VISA, MC, DISCOVERのクレジットカードにトラベラーズチェックも使えるそうよ。

カウアイ島のキャンプの事ならお任せというスタッフが親切に対応して下さるので安心とタミーのカウアイ島のお友達のおすすめです。

「カウアイ島でキャンプって楽しいわ〜小枝拾って焚き火してBBQ楽しんじゃお〜♪」

 

カウアイ島のキャンプ場では焚き火は禁止です!

ちょっと待ったーーーー!カウアイ島では焚き火は禁止されてます! キャンプストーブを必ず使って下さい。それに使用する固形燃料も忘れないようにね;) キャンプ場に持って行く食品はキャンプの内容によっても違ってくるでしょうがカララウ・トレイル(3泊4日コース)を予定の方は、なるべくドライフーズを持って行く方がいいそうです。

カウアイ島のグロッサリーストアならどこにでもドライフーズは売っているので、そちらで買ってもいいですよ。 他のトレイルには車で行けるので好きな食品を持って行かれますよ;)

キャンプ場の生水は飲むのにはおすすめ出来ないのでミネラルウォーターは多めに用意して持っていきましょうね。

「キャンプ用品もレンタル出来たし食料も水も用意出来たから、これでキャンプ場へ出〜発(^^)/」

ちょっと待って下さい!カウアイ島でキャンプするのには、もう1つ大切な事があるんです。

 

キャンプをするのには許可申請が必要です。

日本からの許可申請は手紙で行います。 申請には希望のキャンプ場名、月日、キャンプする日数(宿泊数)申請者氏名、年齢、パスポートのコピー(顔写真が入っているページ)(注)同行する方全てのパスポートコピーが必要になります。 以上を全て同封して郵送して申請して下さい。

「申請先の住所」

*ステイトパークの場合(コケエ・ポリハレ、ナ・パリ・コーストの各州立公園のキャンプ場を使用したい方)

State Parks Division

3060 Eiwa St. #306, Lihue, HI 96766

電話:808-274-3444

料金:1人1泊 コケエ・ポリハレ $5   ナ・パリ・コースト $10

 

*カウンティ・パークの場合(ハエナ、アニニ、ハナレイ、アナホラ、ハナマウルなどと各ビーチパークのキャンプ場を使用したい方)

Division of Parks & Recreation

4444  Rice St.#330, Lihue, HI 96776

電話:808-241-4463

料金:1人1泊 $3(17歳以下は無料)

(注)値段は変動があるかもしれないので事前にお確かめ下さい。

キャンプ場はキャンプが出来る人数に限りがあるので第2希望として別のキャンプ場名か日数を記入しておくといいでしょう。 ただし、キャンプ場が変わる場合はステイトパークとカウンティパークでは申し込み住所が違うのでお気をつけ下さいね。

 

カウアイ島のキャンプ場が賑わうシーズン

ステイトパークの場合は5月〜12月はかなりキャンプ場が賑わいますので遅くても申請は半年前にする事をおすすめします。 その他、金曜の夜〜日曜日にかけての週末もキャンプ場は込み合います。

許可書は、あなたの住所に郵送されるのではカウアイ島を訪れた時に申請した住所の事務所に寄ってもらいましょう。 どちらも空港から近いリフエに事務所があります。事務所のオープン時間は8:00-16:00 です。

(注)許可書はキャンプ用品をレンタルする時にも必要になりますから、その前にもらう事をお忘れなく。

これでカウアイ島でキャンプする準備の情報は全てOKですね;)では最後にタミーのおすすめ「カラ・ラウトレイルのキャンプ場についてお話ししましょう♪

 

タミーのおすすめナ・パリ・コーストを制覇する為の「カララウ・トレイル」

カウアイ島へ来るキャンパー達の憧れはナ・パリ・コーストを制覇するトレッキングをする事。 ペリコプターで見たカララウの先にあるポノプ渓谷。半端なく綺麗でしょ☆

img_2

ここへ行くにはクルージング船で近くまで行ってから小さなボートで海から行くか山の中をトレッキングして自分の足で行くしか方法はありません。道路無いんですから車では行けないのよ。

タミーもまだ行った事はありませんが、それだけの苦労をしなくちゃ行けない場所ですもん素晴らしいに違いないわよね^^

「カララウ・トレイル」に挑戦する場合は往復とも大変でも歩くか復路をピックアップサービスを利用するかの2種類。ピックアップサービスは船に乗る事になるけれども季節によっては無理な場合があるそうです。

トレッキングを趣味にしている方は「そんなに大変なコースじゃないわよ。」っていいますがアップダウンを繰り返す片道約7.6キロのコースは簡単な訳は無いので前もってちゃんと計画しましょうね♪

 

「カララウ・トレイル」制覇には無理の無い3泊4日コースをおすすめします!

カウアイ島のキャンパーに聞いたおすすめプランをみなさまに紹介しちゃいますね;)

*1日目*

体力のある1日目でカララウ・ビーチまでの約7.6キロを歩ききります。ただし焦らず9〜10時間くらい休憩も十分取りながらゆっくり歩きましょう♪

朝7:00にスタートのケエ・ビーチを出発すれば「カララウ・ビーチ」キャンプ場には夕方の17:00頃着きサンセット前の明るい時間にテントの設置に食事の準備も出来る時間は十分にあるので最高のサンセットを楽しめますよ^^

 

*2日目*

せっかく素晴らしいプライベートビーチの様なカララウビーチを1日ゆったり満喫しましょう♪

白い砂のビーチに降り注ぐカウアイ島の太陽!あ〜素敵なんだろうな〜タミーも行きた〜い!!! 2日目も「カララウ・ビーチ」キャンプ場でゆっくり、もう1泊します。

 

*3日目*

ゆっくり出発して4〜5時間歩いて「ハナコア・パレー」のキャンプ場まで歩きましょう♪

「ハナコア・バレー」のキャンプ場は「カララウ・ビーチ」キャンプ場と違い海の近くのキャンプ場では無く谷にあるキャンプ場で木が生い茂って「カララウ・ビーチ」キャンプ場とは対照的なので暗い感じがするそうです。

ナ・パリ・コーストを制覇するこのプランは3箇所のキャンプ場を利用するのでけれど、ここ「ハナコア・パレー」のキャンプ場にだけトイレが無いとの事で(–; 自然の中でという感じになります。

という訳なので「カララウ・ビーチ」キャンプ場を出発するのは、ゆっくり用も足して昼過ぎに出発するのがいいみたいよ(笑)

 

*4日目*

最終日は早めに出発しましょう!3時間くらいで最後のキャンプ場「ハナカピアイ・ビーチ」キャンプ場に到着するので「ハナカピアイ・ビーチ」キャンプ場でのんびりしてランチも食べてケエ・ビーチの出発地まで戻るといいでしょう。

このプランですが体力に自信があったり3泊4日は無理という方には最初の2泊を1泊にしてもいいそうです。

ロコの方の話しではトレイルの状況も変化しているそうですし人それぞれ体力もペースも違うので無理の無い様に計画してトレッキングを楽しんで欲しいとの事でした^^

 

「カララウ・トレイル」の3つのキャンプ場の情報

*カララウ・ビーチ・キャンプ場*

ハナコア・バレーから約8キロ(約3時間)明るいカララウビーチの海岸がキャンプ場です。簡易トイレあります。

images-1

*ハナコア・バレー・キャンプ場*

ハナカピアイ・ビーチから約6.4キロ(約2時間)渓谷の木々に覆われたキャンプ場で昔のコーヒー農園のテラスがキャンプ場になっています。

海岸線には降りられません。トイレもありません。雲に覆われる事が多い様ですが運がよければハナコアの滝は見えるかもよ;)

imgres-1

 

*ハナカピアイ・ビーチ・キャンプ場*

ケエ・ビーチから約3.2キロ(約1時間)海岸からやや登った山の斜面にキャンプ場があります。簡易トイレがあります。 ケエ・ビーチは、こんなに美しいビーチですよ☆

IMG_9969

どうでしたか?カウアイ島のトレッキングプランそしてキャンプ場!ちょっと大変そうでもあり刺激もありそうですが、それ以上にお金では買え無い素晴らしいものが手に入りそうな予感がしますよね;)

チャレンジ精神旺盛の方は是非カウアイ島でキャンプ体験してみて下さいね♪ タミーの情報が少しでも役立てば嬉しいです(^^)

Much Aloha♡Tammy

日本未上陸!カウアイ島でゴルフボードにトライ!

Aloha(^^)/ ”ゴルフボード”って知ってますか?日本のゴルフ場には、まだ無いんじゃないかな。

ゴルフ場を電動のスケートボードで移動出来る乗り物です。

まるで芝の上でサーフィンやスノーボードを楽しんでいる感じで楽しいですよ♪

”ゴルフ+ゴルフボード”を楽しめる最高のゴルフ場もカウアイ島にはあるんです!

 

ゴルフボードってどんな乗り物か教えちゃいましょう!

ゴルフボードはオーストラリアのプロサーファー”レアード、ハミルトン”が制作に協力してくれて2014年にカウアイ島のノースショアで作られた新感覚の乗り物です。

今ではオレゴン州で製作されて全米に売り出されているそうです。 ずばりゴルフ場をゴルフバッグを付けてスイスイ走れるスケートボードって感じ。

見た事ないって方もいるでしょうからジャーン!こちらがゴルフボードです!

IMG_1063

これだけじゃなんか想像できないかな(^^;  ではタミーが乗ってみたらこんな感じ(笑)

S__5775399

なんかポーズが可笑しいですが、お許し下さい(^^;  楽しくて仕方なかったタミーです。 タミーは乗り物が大好き♡ マウンテンバイクもハーレーも乗るしセグウェイにも乗りましたし馬でしょタイに旅行した時は像の頭に乗って歩きましたから(笑) なので新しい乗り物って聞いただけで乗りたくなるしワクワクしちゃうんです(^^)

タミーはサーフィンみたいにボードの上に立っていますが両手でハンドルを握って前を向いて足を肩幅くらいに開いて乗った方が初心者は運転しやすいそうです。

その場合の移動の仕方は右足に体重をのせて体を右に傾けると右に曲がり左足に体重をのせて体を左に傾けると左に曲がるという具合です。

どうですか簡単そうでしょ。カウアイ島のゴルフ場には日本人のスタッフがいないので説明は英語になりますからタミーがゴルフボードの操作方法と乗り方を日本語で説明致しましょう。

 

ゴルフボードの操作方法と乗り方

まずは、この平らなスケードボードみたいな部分に立ちます。上の写真のタミーの様にサーフィンのようなポーズでもいいですし先ほども書きましたが前を向いて足を肩幅くらいに開いて立ってもどちらでもいいです。

S__5775393

ハンドルより前に下にお皿みたいになった部分がありますよね。そこにゴルフバッグを置きます。

S__5775394

ゴルフバッグは係りの方がしっかり固定して確認してくれますから自分で取り付けなくて大丈夫です。

コントロールは簡単です。上のスイッチはスピードの調節。HIGHの上にスイッチを上げると速く、  LOWの下にスイッチを下げるとゆっくりです。慣れるまではスピードはLOWでいいでしょう。でも慣れたら上り坂とかはHIGHに切り替えた方が楽に登れます。

S__5775395

FWDは前進。REVは後退。通常は前に進むのでFWDの上に上げておいて下さい。 でもカーブを上手く曲がれなかった時など縁石に乗り上げてゴルフボードを壊したら大変ですからREVにスイッチを下げて少し下がって曲がると曲がり安いです。 実際に乗ってみると、このREVが便利なのが、よくわかりますよ;)

メインスイッチはハンドルの真ん中にあります。グレーのスイッチを押すとパワーオンになって上から丸いライトに緑、黄色、赤のライトが点きます。これで準備OK。

S__5775396

発信はグレーのスイッチの下の黒いレバーを下げるだけでゆっくり発信しますから大丈夫。 レバーを押さないと元の位置に戻り静かに止まります。だからブレーキの無いゴルフボードです。

簡単そうでしょ;)「でもいきなりコースに出るのは、ちょっと〜(–;」という方いますよね。

ご安心下さい。説明と練習をコースに出る前に受ける事が出来ます。

 

ゴルフボードの説明と練習を受けてからコースに出れるので安心です^^

ゴルフボードのレンタル料金は$35。そして30分間の説明と実際に乗って練習するのが$15合計$50でゴルフボードを利用出来ます。 イケメンで優しいお兄さんが爽やかな笑顔で教えてくれます^^

説明は英語ですが上でタミーが日本語で説明した様な事を説明してくれるだけですから上の説明を読んでくれた方はもうバッチリです;) その後は実際のゴルフ場をインストラクターさんの後ろをついて走って練習するので大丈夫。

最初はドキドキですが5分も走れば、もう楽しくなっちゃいますよ♪ 特にアップダウンなんて面白いんだから〜!!!

S__5775400

 

S__5775401

ゴルフボードで走ってる姿はこんな感じなんですが、わかりにくいですよね。

 

ゴルフボードボードのライディングの様子を映像でご覧下さい!

では実際にタミーとダーリンが↓ゴルフボードに乗った映像をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=efReBQfxzt4

初めてのゴルフボードライディングなので、お見苦しいところももあるかと思いますが、ご了承下さいませm–m タミーのライディング姿を見たら「私にも乗れそうじゃない!ゴルフボード!」って思ったでしょ(笑)

 

こちらにインストラクターさんの模範走行↓のビデオがありますのでご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=88MHDNi_9aA

ねぇ〜こんな風にカッコよく乗れたらいいですよね〜でも普通に乗るだけでもめちゃ楽しかったですよゴルフボード^^

ゴルフボードは乗るのが楽しいだけじゃなくてゴルフするのに、こ〜んな便利な事もあるんです。

ゴルフボードはグリーンのすぐ近くまで行かれるので便利!

ゴルフカートは通常2人で乗りますが例えば私のボールは右に飛びダーリンのボールは左へなんて時は、まず手前の私の右ボールへ行って次にダーリンの左へなんてカートで移動するのは時間のロスです。 それが、このゴルフボードなら1人用ですから、それぞれの場所のすぐ近くまで行けてプレイが出来ます。

それにゴルフカートは芝を痛める事が無いのでグリーンの10mくらいの至近距離まで乗れるのでゲームがすごく楽です。 実際に乗ってプレイしてみたらこの便利さがわかりますよ。

S__5783564

こんな風に体を傾けると簡単に曲がります。

S__5783565

「なんか私も乗ってみたくなりました〜^^ カウアイ島のどのゴルフ場で乗れますか?」

 

カウアイ島でゴルフボードが利用出来るのは3つのゴルフ場!

S__5775403

カウアイ島のゴルフ場でゴルフボードが利用出来るのはリフエのホクアラ・ゴルフコース、ポイプのククイウラ・ゴルフコースとノースショアのプリンスビルのマカイゴルフクラブの3つ。

でもククイウラはメンバーシップのゴルフ場なのでこちらのメンバーの方しかプレイ出来ませんしゴルフボードも利用出来ません。(カウアイ島のロコはスペシャルサービスで限定時間のみ利用出来ます。)

リフエのマリオットのホクアラ・ゴルフコースとノースショアのプリンスビルのマカイゴルフクラブでしたら日本からの旅行者の方でも利用できます。

どちらのコースもハワイローカル(ハワイの運転免許証をお持ちの方)は、お得なお値段でプレイ出来ますが観光客の方は日本人だけでなくアメリカ人もマカイゴルフクラブは$275です。

前回の記事で紹介しました「ウェスティン・プリンスビル・オーシャンリゾートヴィラ」に宿泊された方は$205に割引になります。

でもね、それだけ出しても満足出来るコースがマカイゴルフクラブですよ。リフエのマリオットのホクアラ・ゴルフコースも同じくらいのお値段だと思います。友達のやすこさんホクアラでゴルフボード&ゴルフ楽しみました♪

やすこさんは加圧エクササイズのトレーナー。スタイルいいでしょ;)ゴルフも上手なのよ!

 

プリンスビル・マカイゴルフクラブはハワイ初の5スターコースです^^

1990年のオープン以来、数多くのゴルフ専門誌やメディアが絶賛するハワイでNo,1のゴルフコースが”プリンスビル・マカイゴルフクラブ”です。 1998年には「ゴルフ・ダイジェスト誌」でハワイ初の5つ星コースに選ばれたのです☆

これは全米に約5,300箇所あるゴルフ場のトップ10いしか贈られない名誉だそうです。 設計はロバート、トレント、ジョーンズ、ジュニアさん。

マカイゴルフクラブはどんなコースかって? タミー紹介しましょう;)

 

プリンスビル・マカイクラブのコースはハッキリ言ってやさしく無い(笑)

どんなコースかと申しますとアップダウンのあるフェアウェイ、風も吹くし、ジャングルみたいな緑、渓谷に川、断崖にグリーンまわりにバンカーが多い>_<

腕がいいゴルファーならチャレンジする気持ちでワクワクするでしょうけどタミーみたなビギナーはちょっとビビりました(笑) でも、そんな事を忘れてゴルフを楽しめる様に変わってしまうのが、このコースの美しさ☆

こんなに美しい場所に誰がゴルフコースを作ろうなんて考えたのって〜ってもう感動の連続の景色があなたの目に飛び込んで来ます! なのでスコアなんて気にせず景色を楽しむだけでもマカイクラブのコースにチャレンジして欲しいわ〜♪

崖越えの7番ショート! 手前のグリーンから遥か彼方に見えるバンカーとバンカーの間のグリーンに向かってナイスショット〜って訳には行かずタミーのボールは崖下へ〜ダーリンは右側にオンしました。

S__5783562

フェアウエイの両側に迫るジェアングルがプレッシャーになる12番ミドル!など名物ホールも色々あって、もう全てのコースがハイライトって言ってもいいくらいのゴルフコースです。

ここは海越えのコース。ここはタミーもダーリンもラッキーな事に向こう岸にオンしました(^^)v

S__5791748

こ〜んなグリーンの先は海〜なんてビューティフルなホールもあって感動しちゃいますよ!

S__5791746

タミーはゴルフを始めて約2年。昨日のマカイゴルフコースのスコアは16番パー3のコースでパー^^ ボギーが2つ。後はメタメタです(笑)でもゴルフボードもゴルフも楽しかった〜♪

カウアイ島にいらしたら、いえゴルフ好きならカウアイ島まで来て、このマカイクラブのコースでゴルフしなくちゃダメですよ〜。

住所/4080 Lei o papa road ,Princeville, HI 96722

電話番号/808-826-1912

マカイクラブのホームページは↓こちらをご覧下さい。

http://www.makaigolf.com

 

マカイクラブのロゴ入りオリジナルグッズをカウアイ島のお土産にどうぞ^^

日本のゴルフ場にはオリジナルのグッズは無いのですがハワイのゴルフ場にはオリジナルのロゴが入ったグッズがクラブハウスで売られています。マカイクラブのロゴは可愛いハワイのお花のツリー♡

そのロゴが入ったオリジナルグッズをご自分の記念やゴルフ好きの家族や友達のカウアイ島のお土産におすすめします。 ドライバーのヘッドカバー可愛いでしょ;)

S__5783563

親友に赤いのを買いました。一緒にプレイした友達は白いのを買いました。 タミーは愛車と同じブルーのキャップを買いました。

S__5791749

オリジナルのネームタグはプラスチックのものが多い中こちらメタルです。でも重くないです。

光をあてるとステンドグラスみたいに綺麗でしょ☆

S__5791750

前にはマカイの文字。裏には英語で名前を入れてもらえます。 $10なんですがプレイした方で簡単なアンケートに答えると無料で頂けます。 タミーもダーリンも友達も無料で頂いたのでいい記念になりました。早速ゴルフバッグに付けましたよ。

クラブハウスにはセール品もあるのでまずはそちらをチェックしてね;)

カウアイ島にいらしてノースショアまで足を伸ばした方でゴルフ好きな家族や友達のお土産に迷ったらオリジナルグッズはゴルフをしない人でも買う事が出来ますからはマカイクラブに寄って下さいね;)

どうですか?ゴルフボードの情報にゴルフボードが出来るハワイNo,1ゴルフコース”プリンスビル・マカイクラブ” こ〜んな素晴らしい体験はそう出来ないですよ〜!!!

S__5783566

あなたがゴルフに興味がなくてもゴルフ好きな方がいたら、是非、この情報は教えてあげて下さいね。次はホクアラ・ゴルフコースでゴルフボードして感想アップしなくちゃですね;)

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島おすすめアクティビティはカヤック!

Aloha(^^)/ みなさん

カウアイ島は素晴らしい自然に溢れた島なので楽しいアクティビティがいっぱいあるんですよ。

今までの記事でもサーフィン、ゴルフ、乗馬にジップラインと色々紹介してきましたが今回みなさんにタミーがおすすめするのはカヤック!

何故ならカウアイ島には初心者にとって難しい川は無いからよ(笑)

 

カウアイ島でカヤックにチャレンジしてみませんか^^

カヤックって知ってますか?水の上を軽やかに進む小さなボート。乗った事は無くてもテレビや写真で見た事はありますよね。

images

漕ぐための棒みたいなのはパドルっていいます。 カウアイ島の素晴らしい景色を眺めながらゆっくりパドルを操るのも楽しいものですよ♪

imgres

最初に書きましたがカウアイ島には初心者にとって難しい川は無く穏やかな流れの川で「カヤック」アクティビティを楽しむ事が出来るのでカヤックデビューには最高の場所なんです♪

むしろベテランには物足りないくらい(笑) すごい激流や急流を下るなんて事は、ありませんから安心して下さい。 ベテランの方には海のシーカヤックもありますから、そちらをおすすめします。

野鳥の声を聞きながら川の上を滑るようにゆっくりカヤックで走っているとまるでカウアイ島の自然と一体化したみたいなんですよ。

 

「カヤック」はカヌーの一種でグリーンランドのイヌイットの乗り物だったんです。

カヤックはボートの前後が尖っていて1本の棒の両側に漕ぐ為の羽の様なものが付いていて、それをパドルっていうのですが、そのパドルを使って進むんです。 基本の形は人が座る部分だけが丸く開いています。

images-3

グリーンランドに暮らすイヌイット達は、その丸く開いた部分に座りアザラシの腸で作った防水のアノラックを固定して転倒してもボートの中に水が入らない様に工夫したそうです。

そして、もし転倒してもパドルと体の反動を上手く使ってクルッと起き上がるようにカヤックを作ったそうです。 カウアイ島で使われるカヤックはイヌイットが乗っているカヤックよりずっと簡単に乗れて安定性に優れているプラスチック製のものが主流なので初心者には扱いやすいカヤックなんですよ。

それにイヌイットはカナダ北部などの氷雪地帯に住む先住民族のエスキモー系の民族の1つで人種的には日本人と同じモンゴロイドなんです。 イヌイットの子供達です。日本人の子供達に似てませんか?

imgres-1

そうですイヌイットと私達、日本人は同じ人種でもあるんですから、彼らが作ったカヌーの1種である「カヤック」に私達も乗ってみなくちゃ;)

さぁ!カウアイ島で「カヤック」アクティビティにトライしてみましょう♪

 

カウアイ島には「カヤック」アクティビティにおすすめの川が4つあります。

1, ハナレイ川

Hanalei Riverのコースはハナレイ湾の東端の河口から川をさかのぼって行きます。 バッファロー牧場を通り、タロイモ畑の中を通り抜けます。川幅は狭めです。

imgres-2

川の両側は野生生物保護区なので色んな種類の水鳥などが見れます。

 

2, カリヒワイ川

Kalihiwai Riverのコースはプリンスビルから下るとカリヒワイ湾に出て川へは湾をさかのぼると出ます。 湿原の中をゆったり流れる川なのでパドリングが楽です。

images-4 午前11.02.37

曲線を描いた川から美しい谷にかかる橋の下をくぐります。

 

4, ワイルア川

Wailua Riverカウアイ島でもっとも有名な川。

imgres-1

モーターボートなども通るので初心者は邪魔にならないようにしましょうね。ホテルやコンドミニアムにも近い便利なロケーションです。

 

4, フレイア川

Huleia River ナウィリウィリ湾からの川で河口付近は川幅は広く奥へ行くと細くなる。

images-3

ツアーでは映画「インディ・ジョーンズ」の撮影場所やメネフネ養魚場などに行きます。

 

 

カヤックデビューは「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のツアーに参加しよう!

初めて「カヤック」アクティビティにトライする方にはツアーに参加する事をおすすめします。 何故ならカヤックも貸して頂けますし乗り方のレッスン、注意事項も聞けますから安心して「カヤック」アクティビティを楽しむ事ができます^^

いつくかのツアー会社がカウアイ島にはありますがタミーの信頼している「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のアクティビティツアーに参加される事をおすすめします。

なぜなら面倒な予約も何か問題や不安な事があってもメールや電話で担当のナイアさんが親切に日本語で対応してくださるからです。ナイアさんです。ビューティフルでとっても優しい方なんです♡

images

ナイアさんに「カヤック」アクティビティツアーについてお尋ねしましたら「カヤッキングツアーですが、ツアー中は全て英語です。インストラクターもガイドさんも、英語です。 

ツアーご参加直前まで、私が日本語でお手伝いしています。チェックインの際にも、何かかあった時には、、みなさんから私に電話をかけてもらっています。どのツアーでもそうですが、チェックインの際に、みなさんから時々お電話がありますよ。

ツアー中は英語でも、インストラクターやガイドさんがとても親切ですので、みなさん問題なく楽しんでいらっしゃいます^^」との事でした。

英語に自信の無い方不安な方は是非ナイアさんにご連絡下さいね;)

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」にはワイルア川とフレイア川の2つの「カヤック」アクティビティツアーがあります。

 

 

タミーの おすすめ「カヤック」アクティビティツアー1/美しい滝壺で泳げちゃうワイルア川ツアー!

ワイルア川の「カヤック」アクティビティのコースは、まずはカヤックに乗り込み、のんびりとパドリングをして川をさかのぼります。 途中でカヤックを降り、ジャングルの中を歩きます。その際には、川の中を歩いたり、ぬかるみの中を歩いたりするので、ちょっぴり探検隊気分のアドベンチャーなツアー! そして、美しい滝のほとりに到着。そして滝壷では泳いだりもできる約6時間のツアー。(ランチ無しは約5時間)

images-5

なんだかめちゃくちゃ楽しそうでしょ;) このワイルア川「カヤック」アクティビティツアーにはランチと飲み物付きと無しが選べます。 ランチはサンドイッチですが事前にいくつかの種類から選べるそうです。ランチや飲み物の用意をしなくていいのは楽ですね。

詳しいツアーの日程、料金、持ち物や注意事項、問い合わせや申し込み、ツアーの写真もこちらから見る事が出来ますよ。

*ランチ付き↓ワイルア川「カヤック」アクティビティツアーの詳細は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/kayak-wailua/

 

*ランチ無し↓ワイルア川「カヤック」アクティビティツアーの詳細は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/kayak-wailua-alii/

 

タミーのおすすめ「カヤック」アクティビティツアー2/初心者におすすめ楽ちんフレイア川のツアー!

フレイア川は、ワイルア川に比べてパドリングが楽で、ツアー時間も短いの(約3時間半)
帰りには、他のボート等でカヤックを引いてくれるのでパドリングする必要がなく楽ちん♪
ツアーには3歳以上のお子様からご参加できちゃうっていうんですから初心者でも安心なのがわかりますよね;)

こちらもワイルア川と同じく、まずカヤックに乗り、のんびりとパドリングをして川をさかのぼり 途中でカヤックを降り、ジャングルの中をトレッキング歩きアドベンチャー気分を味わい最後は滝のほとりに到着。こちらも滝壷では泳いだりもできるそうです。

images-6

この「カヤック」アクティビティツアーは、サンドウィッチのランチと飲み物付きです。サンドウィッチはいくつか種類を選べますので申し込みの時にフォームでご指定くださいね。

imgres-2

詳しいツアーの日程、料金、持ち物や注意事項、問い合わせや申し込み、ツアーの写真も見れますよ。

*フレア川の「カヤック」アクティビティツアーは↓こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/kayak-huleia/

 

タミーのおすすめ「カヤック」アクティビティツアー3/カヤックもジップラインもダブルで楽しめちゃうツアー!

時間に余裕がある方にはカヤックとジップラインや他のアクティビティも丸ごと楽しめちゃうアクティビティツアーがあるのでおすすめよ;)

こちらはカウアイ島の自然を遊びつくすメニューがいっぱいの7時間のツアーです。
このツアーでは、フレイア川をカヤッキング、途中でカウアイの山の中を少しトレッキング、そして美しい滝まで行きます。ここまではフレア川の「カヤック」アクティビティツアーと同じね。

さらにこのツアーではキプランチをワゴンに乗って回ったり、ジップライン・ライド(滝の上からワイヤーが渡されており、滑車を使った乗り物に乗って滑り降りていくの!)も楽しめちゃう♪

images-4

ハワイアンカヌーに乗ったりとアクティビティが盛りだくさんのアドベンチャーツアーよ(^^) ツアーには3歳以上のお子様からご参加頂けるんですから初めての方も怖がらないでトライしてみませんか?

詳しいツアーの日程、料金、持ち物や注意事項、問い合わせや申し込み、ツアーの写真も見れますよ。

*フレア川の「カヤック&ジップライン」↓アクティビティツアーは、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/kayak-huleia-zipline/

こちらのツアーはサンドイッチ&飲み物付きです。 スプラッシュ・オブ・カウアイにお問い合わせの際は「タミーさんのブログ見ました!」とナイアさんにタミーのブログ見ましたと言って下さいねスムーズに対応して下さいます。

 

いかがでしたか?カウアイ島のタミーのおすすめアクティビティは「カヤック」! カヤックを日本でやった事のある方は少ないと思います。 カウアイ島の「カヤック」アクティビティは都会では決して味わえない素晴らしい時間をあなたにくれますよ。

今悩んでる事なんて全て忘れて自然に溶け込めちゃう!そしてカウアイ島の大自然はあなたを包み癒してくれるます。 「カヤック」アクティビティをあなたも是非カウアイ島で体験してみて下さいね♪ きっと、あなたの忘れられない思い出になりますよ;)

*タミーのおすすめアクティビティ記事*

カウアイ島の楽しいアクティビティ・ツアーは『浮き輪ライディング』

カウアイ島おすすめ最新マリンスポーツは『ペダルボード』!

Aloha♡ Tammy

ナパリコーストでトレッキングを楽しもう!

Aloha(^^)/

前回のブログでナパリコーストがどんなに素敵な場所かわかりましたよね。

道路が無いナパリコーストに行くのにはヘリコプターかボートか歩いていくかの3つ。 空を飛ぶのも海の上も怖いわ〜っていう人もいるでしょうね。

大変でも自分の足で一歩一歩神々が創り出した絶景へとトレッキングに挑戦したいと思う方もいますよね。

 

タミーがナパリコーストへのトレッキングの楽しみ方を紹介しましょう♪

images-6

ナパリコーストには「カララウ・トレイル」という約17,6kmのトレッキングコースがあります。

images

ここはナパリコースト州立公園に指定されています。州立公園ですからキャンプ地以外でのキャンプや火を起こす(BBQなど)の行為は禁じられているので気をつけて下さいね。

images-2

このトレイルには3箇所のキャンプ地があります。

1, ハナカピアイ・ビーチ(コースが始まるケエ・ビーチから約3,2kの場所)

2, ハナコア・バレー(ケエ・ビーチから約9,6kmの場所)

3, カララウ・ビーチ(ケエ・ビーチから約17,6kmの終点の場所)

これらの3箇所のキャンプ地と出発地点のケア、ビーチで区切られた3つのブロックには、それぞれのトレッキングコースに特徴があり3段階のトレッキングコースを選ぶことが出来るんです。

時間や自分の体力を考えて無理の無いトレッキングコースを選びプランを立てて是非ナパリコーストを歩いて欲しいわ^^ では3段階のトレッキングコースを紹介しましょうね;)

 

初心者向きの「ケエ・ビーチ〜ハナカピアイ・ビーチコース」

こちらのコースは比較的明るいトレッキングコースで日帰りでもOKの初心者向きのコースです。

多少のアップダウンはあるコースですが片道約1時間ほどの楽なコースなので水着やビーチサンダルで歩いている方も見かけますが、ただ雨の後の道は滑りやすいので足元はスニーカーを履いて欲しいです。

Unknown-1

このコースにはリュウゼツランの鋭く尖った葉が広がっていたり、タコの足みたいな根を張ったタコノキなどの植物達が南国気分を盛り上げてくれますよ。

Unknown-2

根がタコの足みたいでしょ(笑)それにパイナップルみたいな実が付いてるのよ。

Unknown-3

面白いですよね。

 

中級者向けの「ハナカピアイ・ビーチ〜ハナコア・バレーコース」

暗い林が続くコースでキャンプ地で1泊するのをおすすめするコースです。 緑に覆われた静かなトレイルを歩くのはトレッカーにとってはパラダイスですよね;)

足に自信がある方は日帰りでもここまで行けると思いますが、この後にナパリコーストの一番の見せ場である絶景が待っている場所があるので途中で疲れてしまい引き返してしまう方も多いと聞くので、それは実に勿体無いので、ここでは無理をせず1泊して絶景を目指して欲しいです。

 

上級者向けの「ハナコア・バレー〜カララウ・バレーコース」

明るく対照的な明るいコースは中級者向けのコースとは対照的で太陽と岩そして美しい海岸線が続くナパリコーストのカララウ、トレイルのハイライトの絶景ポイントです。 ハナコア渓谷を抜けると視界が一気に広がります。

日程は無理をせず2泊以上はキャンプして欲しい。岩山には野生のヤギが姿を見せてくれたりと大自然を満喫出来ること間違い無しの大満足のコースです。

最後には頑張って歩いた者だけが見ることの出来る天国の様に美しいと言われる「カララウ、ビーチ」が待っているのです。

images-7

残念なことに冬の間は潮の関係でビーチの広さは半分以下になってしまうので夏の時期の方が美しい景色を見る事ができます。

「短期の旅行でカウアイ島に滞在しているしキャンプするのは大変そう。」

そうですよね。初心者の方のは、やはり日帰りで出来るくらいのトレッキングコースがいいですよね。

 

タミーのおすすめ日帰りトレッキングコース!

タミーが日帰りでも十分ナパリコーストを楽しめるトレッキングコースを詳しく紹介しちゃいましょう♪ カウアイ島のリフエ空港から北に向かい車で約51,2km 約1時間のドライブでノースショアのハナレイという町に着きます。

images

ハナレイから約9,6km走るとクヒオ・ハイウエイ(56号線)の終点「ケエ・ビーチ」に到着します。

Unknown

ここがトレッキングコースのスタート地点になります。 駐車場が狭いので朝10時にはほぼ満車になってしまうので、なるべく早く行きましょう! もし駐車場が満車の場合は周辺の路肩にも駐車は可能ですが台数は少ないです。 カララウ・トレイルのスタート地点は、この駐車場の左側から始まります。

トレイルの入り口には小さな小屋がありコースのガイドや注意事項が書かれたボードがあるので必ず目を通して頂きたいです。

images-1

得に注意して欲しいのが水!綺麗な水の中にも怖い細菌はいるんですよ。 汗をかいて歩いた後に美しい清流を見つけたらつい水を飲みたくなっちゃいますよね。

でも危険ですから絶対に止めて下さい。最近は口からだけでなく傷口からも入り込みますから水には決して触れない様にしましょう。 怖がらせる訳ではありませんが「レプトスピロシス(レプト)」が危険な事を説明しますね。

 

川や池などの淡水は危険なので飲んでも触ってもダメ!

レプトスピロシス(レプト)は淡水の川や池、沼、泥の中にいるバクテリア(細菌)の一種です。 また犬、牛、ヤギ、ネズミなどの動物の糞尿にもレプトはいて、それが川の水に流れ混み川や池の淡水が汚染されているのです。

水が見て汚かったら誰も触ったり飲んだりしようとは思いませんが山の中の水は見た目には綺麗なので、ついなんて人もいるのですが目には見えなくても細菌はいるんです。

淡水の水は決して飲まない事!体に小さくても傷がある人は水も触らない事!泳いだりもしない事! 必ず守って下さいね。その場では何でもなくても2日〜20日後くらいに発熱、頭痛、筋肉痛など風邪と似た症状が出ます。

でも風邪だわなんて思っていると肝臓、腎臓、心臓を弱らせて最悪の場合は死にいたる事もあるので決して淡水には近づかないと約束して下さいね。

 

飲み水だけは十分に用意して行こう!

淡水が危険なのは十分わかってもらえたと思いますのでトレッキングの準備として一番大切なのは水の用意になります。

前日からホテルやコンドミニアムの冷凍庫でペットボトルの水を凍らせておくと午後早い時間くらいまでは冷たい水を飲む事が出来るのでおすすめします。

デイバッグに保冷バッグを入れたら更に冷たさは長持ちしますね。

 

マイペースでゆっくり歩きましょう♪

注意事項も十分理解できたのでトレッキングに出発しましょう。 カララウ・トレイルは緩やかな登り坂からスタートします。

石畳の道は、そんなにきつくは無いけれどスタートはついつい楽しい気持ちで早歩きになりがちなので潮の音を聞きながらゆっくり登って欲しいです。後が辛くなりますから。

約800m約10分ほど登ると見晴らしの素晴らしい場所に出ます。出発地点のケエ、ビーチがコバルトブルーに輝く美しい姿を見る事ができます。

Unknown-5

そこからは緩やかな下りになります。下りながら周辺の景色や植物を眺めながら歩きましょう。 今まで見た事の内容な南国の植物達が、あなたの目を楽しませてくれる事でしょう。

 

カララウ・トレイルはトレッカーがいっぱい!

トレッキングって山の中を歩いて他に人もいなくて怖いんじゃないの熊とか出ないって聞いた友達がいましたが、このカララウ、トレイルを歩いてみるとトレッカー(歩いている方)の多いのに驚きます。 しかも水着にビーチサンダルというカッコでどう見てもトレッキングをする人とは思えない(笑)

ここで紹介しているハナカピアイの日帰りのトレッキングでも足元は滑り安い場所もあるので怪我をしない為にもスニーカーは履いて頂きたいわ。

images-4

水着でもいいけどTシャツくらいは着た方がいいかしらね。 しっかりした装備で歩いている人も見かけるけれど、そういう方達は3泊でカララウ・トレイルを制覇する人達です。

ここのトレイルは道もしっかりしていて標識もあるので脇道などにそれて道に迷う事の心配は無いので初心者でも安心してトレッキング出来ます。 道もアップダウンもそれほど無く、歩きやすい道です。 木々がいい具合に木陰を作ってくれているので、それほど暑さも感じず歩く事ができます。

この辺には野鳥も多く綺麗な鳥の声を聞きながら楽しく歩けちゃいますよ;) 海抜は100m以上はあるので波の音を下から聞く様になるのも面白い感覚よ。

 

自然の香辛料の香りを楽しみながら歩こう!

出発して約2,4km約45分でカララウ・トレイルの先にある岬が見えて来ます。 しばらく歩くとなんだかカレーみたいな香辛料の香りがして来ます。 野生の生姜とか香科の植物が、この辺には生息しているんでしょうね。

歩いたのもありいい香りにお腹が空いてきちゃったタミーです(笑) しばらくしてトレイルが沢にさしかかります。その沢の道はすぐ下で小さな滝になっています。

周辺にはモンステラの葉が生い茂っていて南国ムードいっぱいですよ。

 

終点のハナカピアイ・ビーチまでは子供の足でも行かれちゃいます。

先ほどの沢を渡り、次の尾根をぐるっと回ると最後の下り、しばらく歩くと終点のハナカピアイ・ビーチが見えて来ます。

images-9

海岸近くまで一気に下るとハナカピアイ・ビーチに到着します。 ここでお終いと思ったら更に水量の豊富なやや大きな岩がいっぱいのハナカピアイ川を渡ら無くてはいけないのでビーチサンダルでは滑るのでスニーカーを履いて欲しいですね。

images-8

橋は無いです。以前はロープが張られていた様ですが今はロープはないので足元に気をつけて滑ら無いように渡っていきましょう。 出発地点のケエ・ビーチから片道約1時間のトレッキング。これなら子供の足でも大丈夫なのでファミリーみんなで歩いてみるのも楽しいですよ。

このハナカピアイ・ビーチは波が高く危険なので泳が無い様にという注意看板がありますので気をつけましょうね。 ハナカピアイ・ビーチでは海を眺めてのんびりしましょう。 あまり遊びすぎると帰り道も1時間歩く事を忘れずにね。帰り時間も計算しておきましょうね。

ハナカピアイ・ビーチはキャンプ場なので簡易トイレがあります。 日帰りのトレッキングには許可はいりませんがキャンプをする方は州政府の許可が必要なので、ご注意下さいね。

日本からの許可申請は手紙でする事になるのですがピーク時の5月〜12月は混み合うので6ヶ月前には申請した方がいいです。 許可証はカウアイ島を訪れた時に事務所に立ち寄りもらう様になります。 なんかカウアイ島でキャンプするのは大掛かりですよね(–;

日帰りのトレッキングは簡単に出来るのは、おわかりになったと思います。 まずは往復2時間のタミーおすすめナパリコーストのトレッキングにチャレンジしてみて下さいね。

大自然と一体化してすごく爽快な気分ですよ。 あなたの悩みが小さいものに思えてカウアイ島の青い空に飛んでっちゃいますから(笑)

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Aloha(^^)/

あなたはノースショアと聞いたらワイキキのあるオアフ島にしか無いと思ってませんか?

ノースショアはカウアイ島にもあります。

南太平洋のグランドキャニオンと呼ばれるカウアイ島のワイメア渓谷ですがオアフ島にもワイメア渓谷があるんです。

ハワイには同じ名前の場所が、いくつかあるので間違えちゃうんですよね : (

 

ハワイには、いくつか同じ地名の場所が違う島にもあるので間違え無い様にね;)

オアフ島ではノースショアにあるワイメア渓谷の乗馬のツアーが人気です。 カウアイ島にいらした方の中には地名が同じなのでカウアイ島のワイメア渓谷でも乗馬ができると勘違いしてしまってる方がいます。

タミーは乗馬が好きです^^ 日本では中々する機会も無い乗馬ですよね。 機会があったとしても馬場の中の乗馬で少し面白みに欠けますよね。同じ場所をぐるぐる回るだけって。

せっかくハワイに来たのですから「大自然の中を馬に乗ってみたいわ〜」なんて思いませんか? タミーはオアフ島に旅行した時にクアロアランチという場所で山から海に抜ける乗馬を初めて経験した時にすごく感動しました。

21437496094_93c7cb1e32_z

「ハワイで乗馬楽しそうですね。でもカウアイ島のワイメア渓谷では乗馬は出来ないんですよね?」

ご心配なく!ワイメア渓谷では出来なくても他の場所でダイナミックな乗馬をカウアイ島でも楽しめますよ(^_-)

 

カウアイ島でオススメの乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Unknown

タミーが初心者でも、参加したその日から乗馬を楽しめちゃうツアーを紹介しちゃいますよ。

映画の主人公みたいに眺めのいい馬の背中からカウアイ島の美しい大自然を満喫出来ちゃうんです^^カウアイ島にいらしたら、そんな夢みたいな体験してみたくないですか?

誰でもハワイアンカウボーイ&カウガールに慣れちゃいます。

 

1つ目のオススメ乗馬ツアーはノースショアの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』!

カウアイ島にもノースショアという場所があります。勿論、北に(笑)

ノースショアにもいくつか乗馬が出来る場所がありますが一番有名なのはプリンスヴィルにある『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』ランチとは英語で牧場の意味です。タミーもダーリンと友達のケイちゃんと3人で乗馬しました♪

『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』では言葉では表せないようなハナレイ渓谷の絶景を車では行く事の出来ない丘の上から見る事ができる乗馬ツアーが楽しめます♪

こんな美しいインストラクターさんが教えてくださいます♡

タミーの一押しは「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」(3.5時間・$135)タミーが体験したので全〜部紹介しちゃいましょう! まずは乗馬を楽しみます♪ 馬に乗っている往復の時間は約1時間。その間は緑溢れる森の中をピクニックします。

ピクニックというと楽そうですが(^^; 結構な坂道を頑張って歩いて行くと滝が見えて来ます^^

合成写真じゃないですよ〜タミーと友達のケイちゃん水着になり岩を登り滝の裏側にいっちゃいました!!!

タミー滝にも打たれました!気持ち良かったです^^

 

ツアーはサンドイッチ、ポテトチップス&クッキー、水付です。

この「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」の一番の見所は滝☆ 滝つぼで泳いじゃえますよ;)滝壺の映像は、こちらをご覧ください↓ 流れる水が綺麗で滝の水量が多くて豪快なの@_@

帰り道は行きより短い距離なのですが、なんと滝を渡ります@_@

滝を渡る時はインストラクターさんが手伝い安全ベルトを付けて降りるので安心でした。

滝を渡ってホッとしたのもつかの間、今度は崖を登ります>_<

そこから少し歩いて待っていてくれたお馬さんに乗って、また乗馬を楽しみます♪

 

真ん中のダークチョコレートカラーのお馬さんがタミーを乗せてくれた”クルーザー”です。クルーザーみたいに快適な乗り心地だったわ♡ ダーリンは、この日が初乗馬だったのにすごく楽しそうでした^^ ケイちゃんは2回目。タミーは3回目の乗馬でした♪

素晴らしい体験が出来た『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』の「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」でした^^

最後にこんな素敵な写真もインストラクターさんが撮って下さいます。こちらの乗馬ツアーの時間は電話かメールでお尋ね下さい。電話の場合はハワイ時間8時〜17時半まで808-826-7669へ。

こちらはピクニックも含まれるコースなので、もう少し気軽に乗馬だけ楽しみたいわという方には。「パニオロ・ライド」(2時間・$99)もあります。月曜日〜土曜日 10

時〜 こちらも美しい景色は満喫できますから十分楽しめますよ♪ (注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。

pra_waterfall_picnic_ride-4

ホームページからはビデオで乗馬の様子も見られます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親が日本語でお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容↓ご予約は、こちらのホームページのHORSE BACKをご覧下さい。

http://www.princevilleranch.com

ノースショア、プリンスヴィルへはリフエ空港から約48km。リフエ空港から車で約1時間で行かれます。カパアの東地域やノースショアに宿泊の方には、こちらの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』が近いですね。

 

カウアイ島で2つ目のオススメ乗馬ツアーはポイプの『CJMカントリー・ステイブル』!

ステイブルとは英語で馬小屋っていう意味です。こちらCJMカントリー、ステイブルはポイプのグランド、ハイアット、カウアイリゾート&スパの奥になる場所にあるのでカウアイの雄大な南海岸を乗馬出来ます。こちらの乗馬ツアーでは無人ビーチやカウアイ島の遺跡の跡に連れて行ってもらえちゃいます。

一押しの約3時間の乗馬ツアーは「シークレット・ビーチ・ピクニック・ライド」

beach_ride

水、金曜日の13時〜。$140(水、サンドイッチ、チップス、フルーツのピクニックランチ付)2時間、乗馬。1時間はピクニック。

気軽に楽しめる約2時間の乗馬ツアー「マハレアプ・ビーチライド」は平日の9時半〜と14時〜の1日2回。$110。こちらはランチは付ませんが水は付きます。

valley_ride

どちらも絵の様に美しい青い海岸線と壮大な山の景色を楽しめますし自生植物や野生動物なども見る事が出来ます。

CJMカントリー、ステイブルは日曜日は定休日。(注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親がお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容とご予約は↓こちらのホームページをご覧下さい。

http://www.cjmstables.com

南海岸のポイプへは、リフエ空港から約21km。車で約30分で行かれます。リフエ、ポイプの南地域と西の地域に宿泊の方は、こちらの『CJMカントリー・ステイブル』が近いですね。

初心者でも気軽に楽しめるカウアイ島の乗馬ツアーですが準備と注意は必要です。「乗馬するの初めてなんですが、どんな服装で行ったらいいですか?」

 

乗馬にはスニーカーとジーンズを履いて行きましょう!

暖かいカウアイ島ではビーチサンダルとショーツ(短パン)が快適な服装です。ただし乗馬をする時には絶対にビーチサンダルは履かないで下さいね。それとジーンズなどの長いパンツを履いて下さい。

天候によっては涼しい時もありますし突然の雨なんて事もあるかも知れませんのでフード付のウインドブレイカーなどをお持ちになるといいですね。

短い乗馬ツアーでも1時間半くらいは馬に乗りますので半袖などですと意外に日焼けしちゃいますから事前に日焼け止めは塗って下さいね。

帽子もあるといいと思います。ただし顎紐などがあり風が吹いても飛ばないようなのがいいですね。

ツアーによっては馬から降りてビーチに行くこともあるのでビーチに入りたい方は水着を下に着て行かれる事をオススメします。その時はカウアイ島の日差しは強いので日焼け止めとタオルは、お持ちになるといいと思います。

ハイキングや滝に行かれる場合は蚊もいますので虫よけのスプレーなども忘れずに!乗馬をするのですから、それらの荷物は両手が使えるバックパックなどに入れて下さいね。

「タミーさん、他に乗馬ツアーに参加するのに注意する事ってありますか?」

乗馬ツアーの30分前くらいには準備や説明もありますのでツアー場所には到着していた方が焦らずいいですよ。 でも一番大切な事は。

 

馬が驚く様な大きな声を出さないで下さい!

初めての乗馬はドキドキしますよね。でも馬だって知らないあなたを初めて背中に乗せるんです。お互い緊張しているはず。なのにちょっとした事でキャーなんて悲鳴をあげたりすると馬が驚きますので絶対に止めて下さい。

カウアイ島の絶景を見ておー!っと声を出したくなりますが、その時も馬の上では、あまり興奮して騒がない様にしましょうね(笑)

 

カウアイ島で乗馬ツアーに参加する服装と注意事項は大丈夫ですか?

カウアイ島の乗馬ツアーには今のところ日本語を話せるスタッフはいません。馬は機械では無いので人間が100%コントロール出来ません。途中で草を食べだして動かなくなっちゃったりとかもあります。そんな時にどうしたらいいのかインスチラクターさんが指示を出して下さいますが英語になりますので英会話は必要になります。指示が理解出来なくて間違えたりすると馬は動物ですから危険な場合もあますので英語が理解出来る方が参加条件になります事をご理解下さい。

どちらのステイブルの馬達もちゃんと調教されているので大人しく子供でも安心して乗れるそうですが馬の扱い方は英語がわから無いお子様にはご両親が教えてあげて下さいね。

あなたは馬の目を近くで見た事がありますか?めちゃくちゃ可愛いんですよ♡ 乗馬ツアーが終わる頃には馬とも心が通じてあなたも乗馬の魅力にとりつかれる事でしょう。

そうしたら、またカウアイ島にいらっしゃる時は違う乗馬ツアーに参加して下さいね。 だって、こんな贅沢な時間は絶対に日本では味わえませんから(^^)

Much Aloha♡ Tammy