カウアイ島スペシャルツアー『アラートン・ガーデン・サンセット・ツアー』は天国の様な楽園に行かれます♡

Aloha(^^)/ 昨年カウアイ島のマクブライド・ガーデンを訪れた時に見た天国の様な景色☆スタッフの方に「あの場所に行けますか?」と尋ねたら。

「”アラートン・ガーデンのスペシャル・ツアー”だけで行かれます。」と。

先日ツアーに参加したら”天国の様な”では無く、まさにそこはこの世の天国そう楽園だったのです♡

 

天国の様な楽園に行かれるカウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』♪

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』は4名参加者が集まらないと実行されないスペシャルなツアーで昨年のタミーの誕生日にダーリンがプレゼントしてくれたのですが人数が集まらず残念ながら参加出来ませんでした。

その事をfacebookに書いたら昨年カウアイ島でお会いした明子さん&光男さんカップルが「6月にカウアイ島に行きますので一緒に参加しませんか?」と声をかけて下さって今回『アラートン・サンセット・ツアー』に参加する事が出来ました!

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』のガイドさんは徳島県出身のよしあきさんがお父様のハーフのタンジさん。ワシントン州から奥様とカウアイ島に15年前に移住されたそうです。

アラートン・ガーデンでガイドを始めたのは約1年前との事ですが信じられないくらい色んな事を知っていて好奇心旺盛のタミーは色々質問しましたが的確に丁寧に説明して下さり+ユーモアがあってとっても楽しいツアーになりました♪

ではタミーと一緒にカウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』にLet’s go!!!

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』の出発です!

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』だけで行く事ができる天国の様な楽園はカメハメハ大王4世の妻のエマ女王が愛した場所であり、その後アラートン・ファミリーが買取り生活していていました。土地の広さは13ミリオンエーカーもあるとか全く大きさが想像出来ません(笑)

ビジター・センターで受付を済ませるとシャトル・バスに乗ります。カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』の運転手兼ガイドさんはタンジさん。タンジさんはハーフですが日本語は話せないので私達が参加したツアーは英語での説明になりました。

タミーが明子さんと光男さんにツアーの間に通訳したり後で、この記事を読んで頂く事で私達4にんはツアーに参加しました。ナショナル・ボタニカル・ガーデンにはフミさんという日本人のガーデナーさんがいらっしゃいます。

この日は都合が悪くガイドをして頂く事は出来ませんでしたが4人集まれば『アラートン・サンセット・ツアー』は出来るので日本語のガイドさんをご希望の場合はフミさんをリクエストされるといいと思います。都合がついたら彼女が日本語で案内して下さると思います。フミさんの都合が悪い場合も受付でアラートン・ガーデン・ツアーの日本語のパンフレットをもらえます。

タンジさんの英語はとてもわかりやすかったです。それはタミーにわかるようにゆっくり丁寧な英語で話してくれたから(笑)ダーリンには速いピジョン英語で話してました。

最高によい天気の中『アラートン・サンセット・ツアー』に参加出来て幸せ〜♡

わかるかしら小さなパイナップルがいっぱいあるの?右はククイウラのゴルフ場です。綺麗な海も見渡せます。最初にシャトルバスが止まった場所から見える素晴らしい景色がタミーが行ってみたかった憧れの場所です☆ 素敵でしょう♡この素晴らしい景色の場所がラワイカイです。

この美しいラワイ湾の右奥に素敵なアラートンの邸宅があって『アラートン・サンセット・ツアー』だけで行く事が出来るんですよ。ワクワクが止まりません♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』1/ホヌ(ウミガメ)が産卵する素晴らしい場所なんです。

写真の左側にパインツリー(松の木)が見えるのがわかりますか?日本の松とは少し違いますが。毎年このパインツリーを目指してホヌ(ウミガメ)が産卵しにラワイ湾やってきます。ホヌが、このパインツリーを覚えていて広い海からやって来るって素晴らしいですよね。

昨年2017年も27匹の保護種に指定されているアオウミガメがこの場所にやって来て出産しました。ホヌが産卵するビーチはカウアイ島の中でも数カ所しかありません。ホヌは6月〜8月の満月の満潮時にビーチに育っているビーチ・モーニング・グローリー(浜昼顔の1種)の下に穴を掘って卵を産みます。神秘的ですよね☆

ホヌは1匹が300〜400の卵を産むそうですが卵から無事にかえるのは50%〜80%だけ。それがラワイ湾のビーチでは98%が卵からかえり昨年は2,500匹のベイビー・ホヌが誕生したそうです^^ そんなピースフルは場所なんですよ。やっぱりこの世の天国そう楽園です♡

 

ワクワクしながらシャトル・バスでアラートン・ガーデンへ移動している途中で大きな木が右側に見えました「トロピカル・アーモンド」の木です。


1階、2階、3階って木の枝がわかりやすく伸びているのがわかりますか?ツリー・ハウスを作るのに最適な木だそうです。確かに(笑)

もう少し走ると植物の研究と保護をしているナーセリーが見えます。

シャトル・バスは、ここら少し走ってアラートン・ガーデンの入り口に到着。そこからは歩いてガーデン・ツアーをスタートします。ガーデンの入り口にはトイレもあります。見て下さ〜い!タンジさんが手に持っているのは何だかわかりますか?

地面に落ちていたこれは後ろの背の高い椰子の木の赤い花が枯れて落ちたものです。椰子の木の上の方、赤い花がわかりますか? その右手には池が見えます。葉っぱの上にカエルが沢山いました。ポンプ6と呼ばれている場所です。

マクブライド精糖会社によってこのポンプ場が建設されました。スチームエンジンでポンプを動かしていたので池になっている、この場所は当時は石炭置き場だったそうです。地下90mから水をくみ上げ地下の約18mに水道管をひいて、いくつかの大きな貯水池にも水を貯めてラワイ谷一帯に水を供給する役割をしていたそうです。その時代に素晴らしい事ですよね。

 

ポンプ6の隣にこんな植物がありました。マダガスカル出身の”アルクディア” タンジさんが「ハグしてみますか?」って言ったので近づいてみるとすごいトゲ@_@

なんの為にこんなすごいトゲは生えたのでしょうか?調べてみたけど何故かはわかりませんでした。

少し歩くと右側にビニールハウスがありました。2枚貝みたいになっている可愛い植物は食虫植物です@_@ 2回突くと葉が閉じるのをタンジさんがスティックを使って見せてくれました。

1回目で葉は閉じなく2回目に触るとパッと閉じるのは確実に獲物を仕留める為だそうです。怖〜い!!! もっと大きな食虫植物もありました。こちらはツボの部分に滑り落ちるとネズミでも1週間で溶けてなくなるそうです>_<

この様な食虫植物はハワイに元からあるハワイ固有種の植物ではありません。アラートン・ガーデンには沢山の植物がありますがネイティブ・ハワイアン・プランツと呼ばれるハワイ固有種の植物は10%だけだそうです。

人間が島に持ち込んだ植物や動物は寒さも天敵もいない楽園で繁殖してハワイ固有種を侵食して1,000以上のハワイ固有種の植物が絶滅してしまい今もそれは続いています。アラートン・ガーデンではハワイ固有種を守り続ける努力をしています。

 

ビニールハウスの反対側に小さな建物があり、その入り口に日本にもある日々草が植えられていました。

日々草の葉や花のお茶はルキミア(白血病)という血液のガンを95%死滅させる効果があるんだそうです。タミーは可愛い日々草にそんな力があるとは知りませんでした。植物のパワーは素晴らしいですね☆

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』2/楽しいパレオ講習会♪

少し先の右側にパンの木があり、そこでタンジさんが止まるとバッグの中からパレオを取り出しました。ハワイ語では女性が着るのはマレ。男性が着るのはマロと呼ばれパラオではラバラバと呼ばれます。光男さんと明子さんがモデルになって下さいました。

とってもお似合いです♡ タミーもパレオ持っていますから明子さんスタイルを真似して着てみたいと思います;)

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』3/パンの木を試食出来ます。

タンジさんがパレオ・デモンストレーションをしてくれたのはハワイ語でウル(ブレッド・フルーツ)パンの木の下でした。

ハワイアン・キルトのモチーフでもよく使われる植物ですよね。パンの実をを半分に切ると中は、こんな風になってます。

柔らかい部分を生で食べたらアボガドを更に甘くした様な美味しい味でした。タミーはサイの目サイズに切って茹でたパンの実をマヨネーズで合えたのを食べた事がありますが、まるでポテトサラダで美味しかったです。

パンの木はカヌー・プランツと呼ばれる植物で昔ポリネシアからカヌーに乗ってハワイに運ばれた植物の1つです。パンの木の皮は防水効果があるので洋服にもなったそうですよ。パンの木は古代ハワイアンの生活には欠かせない植物の1つでした。パンの木の場所から緑に覆われた素敵なアラートン・ガーデンの中を歩きます。

ガーデンの中には川も流れています。この川はラワイ湾へ流れ込んでいます。

次は、みなさんもよく知っているカヌー・プランツを紹介しましょう♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』3/無駄はところが1つも無いココナツ!

もう1つ紹介したいカヌー・プランツはココナツ!タンジさんが落ちていたココナツの葉で真ん中を持って開くとスーっと簡単に分かれるのを明子さんにやってみて下さいと教えて下さいました。

ほら簡単に葉っぱが真ん中から2つに分かれます。「これをフリフリすると蚊やハエが寄ってきませんよ。」と面白いタンジさん(笑)確かに古代のハワイアンの方は、そうして使っていたのでしょうね;)

ココナツは以前ココナツの葉っぱでボウルを作った時にユージン先生からココナツは実だけじゃなく皮もヒゲみたいな部分もどこも無駄にならない全てを使う事のできるスーパー植物だと教わりました。

素晴らしい植物ですココナツ!

 

ココナツの木から更に歩いていくと右側の木に綺麗なオーキッド(蘭の花)が咲いていました。

この様にアラートン・ガーデンには植物と植物が共生している姿をよく見かけます。

黄色に鮮やかなピンクのゴージャスなオーキッドの花でした☆

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』4/植物とアートが融合した素敵なガーデン・ルーム

少し歩くと右側に最初のガーデン・ルームがあります。アラートン達は植物の特徴を上手に生かし石や像を施し光と水の音を常に感じられて訪れた人を魅了する「ガーデン・ルーム」という部屋をアラートン・ガーデンの中にいくつか作りました。こちらは”サンクスギビング・ルーム”という部屋です。

イタリアのブロンズ像と小さな池がアクセントになっています。部屋の入り口ではホスピタリーのシンボルであるパイナップルの置物が迎えてくれます。

中にはいると壁はモンキーポッドツリーです。ハリケーン・イニキが襲う前はもっと高い壁だったそうです。

この部屋では名前の通り感謝祭の祝宴が開かれゲストをもてなしていたのが目に浮かびます。ルームの入り口の右側には綺麗な”シェル・ジンジャー”の花が咲いていました。


何種類もあるジンジャー(生姜)ですが食べられるのは、たった1種類なんですって。私達は貴重なジンジャーを頂いていたんですね。タンジさんのお話は、とても勉強になります。

 

”サンクスギビング・ルーム”を出て少しあるくと右側にこんなに元気なタロイモを見る事ができます。すごく大きな葉っぱなんですよ@_@

ハワイの人は傘を持たずタロイモの葉を傘の代わりにしたという話に納得する大きさでした。少し高い位置にあるタロイモ畑から元気をもらったタミーです。

(注)タロイモ畑から少しあるくと左側にオレンジ色の大きな”エンジェル・トランペット”が咲いています。

「綺麗な花には毒がある。」っていう言葉ご存知ですよね。そうです”エンジェル・トランペット”には毒があるんです。その毒は船酔いの様な症状になるそうです。ヨーロッパでは栽培が禁止されている危険な植物だそうですから綺麗だといって近寄ったり触ったりはしないで下さいね。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』5/最大の目玉は樹齢68歳のイチジクの木

アラートン・ガーデンの最大の目玉といえば樹齢68歳のイチジクの木。あれ?2年前に来た時には無かったサインが!「蜂の巣が、あるんですか?」と聞いたら。

手前から2番目の木の後ろ側の根の間に蜂の巣があるそうで写真では逆光で光ってよく見えませんが蜂が数匹根の周りを飛んでいました。1年で10ガロンものはちみつが取れるほど蜂がいるとか@_@

一番手前の木で写真を撮ってもらいました。木の大きさに驚き樹齢100年は超えているだろうと思いますが1940年に植えられたので今年樹齢68年のイチジクの木です。

私達の身長から比べると根っこの盛り上がりの大きさがよくわかってもらえると思います。蜂の巣が木の裏側にあった2番目の木は最初のジュラシック・パークの映画で子供達が恐竜の卵を発見した場所です。2年前には無かった卵の模型が置いてありました。

イチジクの根自体が恐竜みたいですよね。

ここには4本の大きな樹齢68歳のイチジクの木がありますが、こちらは反対側からの一番手前の木です。盛り上がった木の根に立たせてもらいました。岩みたいに硬くしっかりした根です。

タンジさんが、こんな迫力あるパノラマ写真を撮って下さいました。

この木を見たのは2度目ですが何度見てもインパクトのある素晴らしいイチジクの木です。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』6/カカオも見れちゃう!

イチジクの木から少し歩いた左側に沢山のバナナの木が育っています。その中のオレンジ色の実をタンジさんが指指して「何だかわかりますか?」と。見た目の大きさや形はパパイヤみたいだけど木がパパイヤじゃないんです。

拡大してみましょう。この実です。わかりますか?

タンジさんが下に落ちていた実を拾って見せてくれました。これカカオなんです。

タミーはカカオはコーヒー豆くらいの大きさだと思っていたのでびっくり!パパイヤくらいの大きさなんですもん。生まれて初めてカカオを見ました。タンジさんがナイフで切ってカカオの中を見せてくれました。

柔らかくてふわぁふわぁしたものにカカオの種は包まれていました。その部分を「食べてみて」とタンジさんから渡されて食べてみたら甘い!そしてタンジさんが種を割るとカカオの種の中は綺麗な紫色でした。

左奥に見えるバナナの木の中にカカオの木があります。

バナナ&カカオの木の先の左側には別のルームがあります。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』6/人間の心拍数と同じ水の流れの癒されるガーデン・ルーム

1949年につくられた「マーメイド・ファウンテン」は2体の人魚のブロンズ像と

波打ちながら流れる水のラインが美しいガーデン・ルームです。もう1体の人魚はラインの先の突き当たりにあります。

人間の心拍数は1分間に60回。ここの水の流れは1分間に54回。しばらくこの場所で水の流れを聞いていると心拍数が54回に合ってくるそうですよ。不思議ですよね。

2体の人魚のブロンズ像はニューヨークのワールドフェアで水の流れる波型のラインはイタリアのカジノガーデンからアラートンの心を虜にしてアラートン・ガーデンに運ばれたものです。「マーメード・ファウンテン」から少し歩くと左側に緑に覆われた素晴らしい竹林が見えて来ます。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』7/日本人が作った素晴らしい竹林があります。

日本からいらして14年間アラートン・ガーデンで働いた”としま ひであき”さんが、この素晴らしい「バンブー・ガーデン」(竹林)を作られました。真っ直ぐな緑の線が入った竹はロバートが植えた”グリーンストライプ・バンブーです。

竹林の前に静かに立たずむ仏像は沖縄から来たそうです。タンジさんいわく中国の仏像は太っていて日本の仏像はスッキリしているそうです。こちらの竹の種類はゴールデン・クラッピング・バンブーといいます。竹の1節が1日。

手間の緑色の若い竹は節を数えたら16日目の竹でした。今の竹林の竹は5年くらいだそうです。竹の成長ってそんなに速いのって驚きました。2年前に訪れた時とそんなに変わらない様に見えたので結構、竹は切られているのね。

黄金に輝く竹林が綺麗でした☆ 竹林の向かい側には静かに流れる「ラワイ・ストリーム」古代のハワイそのままの場所を”アフプアア”と呼ぶのですが正にこの場所が”アフプアア”なのです。

この場所にいるだけで穏やかな気持ちになりとても癒されます。この川は今から向かうラワイ湾へと続いています。 さぁ!この曲がった椰子の木からがスペシャルツアーだけで行ける小道になります。何故こんな面白い形の椰子の木になったかは右手前の竹林がどんどん椰子の木を押したからだそうです。竹の力ってすごいです!

しばらく小道を歩くと左側に面白い花タランジアが咲いていました。小さな紫色の花に鼻を近づけてみると、とてもいい香りがします。

明子さんと光男さんの日本の自宅にもあるそうです。次々と順番に紫色の小さな花が咲きます。

タミーのカウアイ島の家にも昨年の夏頃までありましたが枯れちゃいました…>_< …タンジさんに聞いたら水のやり過ぎだったみたい。毎日水をあげていましたがタランジアは1週間に1度くらいの水やりはいいそうです。花の育て方は種類に寄って違うので難しいですね。小道には木に共生したエアープランツもありました。

共生して生きるオーキッド(欄)綺麗な紫色の花を咲かせていました。

デザート・ローズも綺麗な花がいっぱい!デザート・ローズも家にありますが葉っぱは元気なのあまり成長していないし、もう3年くらいたつのに花が咲きません。こちらも1週間に1度くらいの水やりでいいみたいです。

この植物は名前なんて言うのかしら?タンジさんに聞くの忘れたわ(^^;

綺麗なお花達を見ながら小道をお散歩したらアラートン邸宅は、もう少しです♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』8/アラートンが暮らした素敵なお家☆

小道を歩いていくと見えて来ましたよ。アラートンが暮らした素敵なお家が^^ このアラートン邸宅を見る事が出来るのは『アラートン・サンセット・ツアー』だけです!

素晴らしいこの場所はジョン・ウエイの映画「ドノバン珊瑚礁 」DONOVAN’S REEF (1963年)の映画の撮影場所で使われて主演のジョン・ウエイもしばらくこのアラートン邸宅に滞在したそうです。

アラートン 邸宅にはジャクリーン・ケネディ初め多くの有名人達が滞在したそうですよ。庭への入り口には大きなシャチホコみたいな像が立っていました。

アラートンはアジアのアート作品も好きでアラートン邸宅内でも多くのアジアン・アートを見る事が出来ます。家の前は広い芝生その先はラワイ湾のビーチです。

お屋敷に到着すると「いらっしゃいませ」と女性スタッフの方がノンアルコールのパッションフルーツの爽やかなミモザのようなドリンクを用意してお出迎えして下さいました。これが冷たくて美味しいの♡

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』8/ギャラリーみたいな素敵なアラートン邸宅

ではアラートン邸宅の中をご案内しましょう♪ まずは1つ目の寝室です。壁にはハワイの絵と中国の着物が飾られています。テーブルはヨーロピアンな感じで花瓶はアジアンな感じでした。

廊下は床から天井まで大きなガラスなので光が沢山降り注ぎ庭の緑も見られて目も心も和みます。

部屋にはクイーン・サイズくらいのベッドがありました。壁には、こちらも中国の着物が飾られていました。ハワイアン・キルトのベッドカバーがかかっていましたが新しいものの様に思います。竹のデザインみたいでした。

光って写真わかりずらいですが大きな中国の街の様な絵が一番広い壁に飾られていました。絵の下1/5くらいが白く変色しているのがわかりますか?1992年9月11日にハリケーン・イニキがカウアイ島を襲った時アラートン邸宅は、ここまで水に浸かったそうで絵は変色してしまったそうです。

ハリケーン・イニキはカテゴリー4の東太平洋地域で最も大きな被害額を出したハリケーンのひとつなんです。被害額は当時のレートで18億ドルでした>_< では2つ目のベッドルームをご案内しましょう。光が降り注ぐ明るい部屋です。

こちらの窓は今では数少ないロープで上げ下げが出来るアンティークな窓で素敵でした☆

大きな鏡付きのクローゼットもありました。

2つ目の寝室の次は広い書庫に囲まれたリビングルーム。暖炉もあってゴージャスです@_@

棚には数枚絵が飾られていましたが本はありません。沢山あった本はハリケーン・イニキの時に流されてしまったそうです。左側の棚にはアジアン・アートが飾られていました。沖縄のシーサーみたな置物もありましたよ。

アラートンはアジアン・アートが好きだった様です。このリビング・ルームから明るく輝く通路がありました。

近づいて見ると白く輝く宝石箱みたい☆

キャビネットには貝殻がいっぱい飾られていました。

通路の両側に貝殻が入ったキャビネットがありライトアップされていたの。

まるで竜宮城の乙姫様の玉手箱を覗かせてもらった様な気分でした。

貝殻のコレクションは大きなものから小さなものまで色々な種類のがありました。そして2つ目のリビングルームへ。ここにも中国の着物が飾られていました。

素敵な絨毯も敷いてありました。

青銅色のタベストリーも飾られています。窓が大きく光が降り注ぐ明るいリビングルームです。

こちらの部屋には沢山の写真が飾られていました。真ん中は素晴らしいアラートン・ガーデンを造られたロバート・アラートンとジョン・グレックの写真です。

真ん中上の写真はエマ女王。美しい方です♡その斜め左下は旦那様のカメハメハ大王4世。そして斜め右下はアルバート王子様です。

植物のスケッチ画も沢山飾られていました。

ハリケーン・イニキの被害に合わなければ、このお屋敷は、もっともっと素敵なもので溢れていたのでしょうね。素晴らしい食器も沢山あったそうですが流されて割れて発見されたそうです。さぁ!素敵なダイニングルームでディナーにしましょう♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』9/リビング・フーズの美味しい食事が頂けます^^

屋敷の中を案内されてダイニングルームに到着するといい匂いで一気にお腹が空きました(笑)沢山歩いて沢山笑いましたから、お腹も空きます^^

自分でハンバガーを作れるようにバンズとカルア・ポークが用意されていました。お料理は温かくなっているのが嬉しいですよね。冷たいお水も頂けます。

バガーに挟むコールスローサラダにスティックサラダもあります。

スティックサラダの真ん中にあるのは始めの方でに紹介しましたブレッド・フルーツ(パンの木)の実で作られたハマスです。クリーミーで美味しかったですよ。デザートもありますよ!フレッシュ・パイナップルのアップ・サイド・ダウン・ケーキ。

お料理を取る用のスプーンが乗っていたお皿も素敵☆

お庭が見える窓側の席で頂きました。お腹が空いてカルア・ポーク・バーガーを2つも作って食べた私達よ(笑)ミモザ風ドリンクも頂けます。

デザートも甘さ控えめで美味しかったです。ポイプのザ・ショップ・オブ・ククイウラ内のリビング・フーズのお料理は美味しいのでタミーは大好きなお店です。お料理は日本人の方のお口にも合うと思います。

食事を楽しんだらツアーの時間も後少しなので食後の散歩がてらビーチまで歩いてみました♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』10/天国の様なビーチが、そこにはありました^^

ビーチ側から見た夕暮れのお屋敷も素敵でしょ☆  エマ女王は1870年の冬〜1871年の春までラワイカイが見下ろせる場所に家を建てて暮らしていましたが、そのお家は今はアラートンの邸宅の右隣に立たずんでいます。

家の前の真ん中くらいの位置には素敵なブロンズ像もありました。

アラートン邸宅を出て右手に歩くとこんな橋があります。

橋の上から見たアラートン・ガーデンのラワイ側も素敵です。

橋を渡ると崖が迫ります@_@

崖の横を歩いてビーチに出ると見て〜こんな素敵なビーチに出会えます♡

この世に天国があるならこんな場所だと思う様な静かで素晴らしいビーチ。

幸せいっぱいの顔でしょ(笑)

 

ダーリンとタンジさんが橋の上で待っているので振り向いて手を振ったら帽子が風で舞って

もう少しで海にさらわれるところでキャッチ!セーフでした(^^;  橋に戻りお屋敷とは反対方向に歩きます。『アラートン・サンセット・ツアー』もうお終いと思ったら、まだ楽しめちゃいました!

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』11/まだ楽しめちゃう『アラートン・サンセット・ツアー』!

少し歩くとこんな木に出会えます。キアベの木でBBQするといい香りで美味しいんですよ。カウアイ島ではワイメアの”ラングラー・ステーキ・レストラン” ワイキキでは”ハイズ・ステーキ・レストラン”でキアベの木を使った美味しいステーキが頂けますよ;)

面白い形でしょ。上では無く這うように成長するキアベの木です。

綺麗な蓮の花も見られます。

蓮の池の先にあれ?!シャトル・バスが@_@ 来た道を帰ると思っていたので「帰りも結構歩くからサンセットしたら真っ暗にならないかしら?」と心配していたのに帰りはショートカットでホッとしました(^^;  シャトル・バスの中からこのツアーでしか見られないものが見られるんですよ。それは、、、。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』12/イチジクの木の秘密

シャトル・バスは来た時とは反対側の川沿いを走ります。覚えていますか?ジュラシック・パークの映画の撮影で使われたイチジクの木を『アラートン・サンセット・ツアー』の中で紹介しましたよね。

あの場所にはイチジクの木は4本。でも本当は6本のイチジクの木が以前は、あの場所にあったのですがハリケーン・イニキがカウアイ島を襲った時に2本のイチジクの木が流されて『アラートン・サンセット・ツアー』の帰りのシャトルバスの中から見る事が出来るのです。4本の木からは結構遠い場所なんですよ。

薄暗くなっていたので写真は撮りませんでしたがタミーの目でしっかり見ましたよ! その2本のイチジクの木はハリケーン・イニキで流されてもたくましく生き続けたので他の4本の木より更に力強くタミーには見えました。災害から立ち直った人は、この2本のイチジクの木と同じ様に強いですものね。

『アラートン・サンセット・ツアー』に参加した方は帰りにシャトル・バスの中から、しっかりこの頑張った2本のイチジクの木を見て褒めてあげて下さい!

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』13/〆は綺麗なサンセットの空

そして来た時に見た「タミーがここに行きたい!」と思った場所に戻ります。

岬の向こう側に太陽は落ちるので海に沈む太陽は見られませんが。サンセットするとこんなに綺麗なオレンジ色に空が染まります。

もう少しシャトルバスが進んだ場所からも綺麗な色に染まる空と静かな海を見られます。

心が洗われた素晴らしい時間。本当に参加してよかったと思えたスペシャルな『アラートン・サンセット・ツアー』でした。シャトル・バスは駐車場まで送ってくれます。ガイドのタンジさん最高に素敵で楽しいツアーでした。Mahalo♡Tanji

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』の詳細&申し込み

『アラートン・サンセット・ツアー』はガイド付きのツアーです。

*ツアー: 毎日(最低4名)参加者が4名集まらないと実行されません。
*ツアー集合時間: 3:30pm〜4:30pm(サンセットの時間によって変動します。)
*ツアー集合場所:アラートン・ガーデンのビジターセンターでチェックインして下さい。
*ツアー時間: 3時間
*ツアーの価格: 大人 – $ 95、子供(6-12歳) – $ 45、5歳未満のお子様 – 無料。
*ツアーの持ち物
  • 快適な歩行靴(ビーチサンダルはダメです。)
  • 雨の保護(フード付ウインドブレーカー、傘など)
  • 日焼け止め(帽子もあるといいです。)
  • ウォーターボトル(歩きながら水分補給して下さい。)
  • 虫除けの薬(蚊がいますので虫除けスプレーは必ずお持ちになるか忘れた方は受付カウンターで販売していますので必ず買って付けて下さい。)

『アラートン・サンセット・ツアー』の詳しい詳細とご予約はナショナル・ボタニカル・ガーデンのホームページ↓をご覧下さい。

https://ntbg.org/gardens/tours

*予約すると集合時間などの詳しい詳細を確認メールで送って下さいます。

*全額払い戻しを希望の場合は24時間前までにキャンセル手続きを行って下さい。(ハワイ時間)5名以上の場合は72時間前までのキャンセルが必要です。

*アラートン・ガーデンの住所:4425 Lawa’i Road,96756 Koloa ,HI

*アラートン・ガーデンの電話:(808)742-2623

 

いかがでしたか? カウアイ島のスペシャツ・ツアー『アラートン・サンセット・ツアー』今すぐにでも行きたくなっちゃったでしょ;)

あなたもカウアイ島にいらしたら、この世の天国そう楽園に行ってみて下さいね。

Much Aloha♡ Tammy

通常のアラートン・ガーデンツアーは↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島”豊かな自然とアート”の植物園『アラートン・ガーデン』ツアー

カウアイ島の日本語ガイドツアーはタミーにお任せ^^キラウエア灯台は絶景よ!

Aloha(^^)/ カウアイ島にいらしたら楽しく過ごしたいですよね♪

でも知ら無い場所だし英語もあまり出来無いし…

なんて方には、あなたがカウアイ島を満喫出来る様にタミーが日本語ガイドツアーを紹介しちゃいますよ;)

カウアイ島であなたのやりたい事。あなたの行きたい事、あなたの食べたい物の希望を叶えて下さるあなたの為の日本語ガイドツアーです。

「タミーさん、日本語ガイドツアーってどんなのかしら?」

どんな感じのツアーかは実際にタミーが幸せになれる島カウアイのサイトに連絡を下さった女性1人旅のエリさんと朝9時〜午後2時くらい(約5時間)の日本語ガイドツアーを体験して下さいましたので、ここでタミーと一緒にあなたもツアーを楽しんじゃって下さいね;)

ではノースショアへのツアーへ出〜発(^^)/

ツアーのおすすめ1/「オノチャバーガー」はカウアイ島No,1バーガーよ;)

まずはポイプのホテルからリフエ→カパア→アナホラへ向いましょう♪

リエさんが宿泊したのはタミーの記事「カウアイ島のおすすめ安宿」で紹介したポイプB&Bが満室だったので同じ敷地内のコテージに宿泊されました。

↓「カウアイ島のおすすめ安宿(^^)」の記事は、こちらをご覧下さい。

カウアイ島のおすすめ安宿(^^)

コテージにお迎えにいったのが朝の9時。ポイプからツリートンネルを抜けてリフエ〜カパアへ。

カパアの海沿いは、こ〜んな綺麗な景色をドライブしながら見られますよ^^

s__12599298s__12599299

カパアの海岸線には安全なサイクリングロードがあってカパアタウンにはレンタルサイクルのお店もありますから海岸線をサイクリングするのも気持ちよくて楽しいですよ。

s__12599300

カパアの町を過ぎてアナホラの山の中に向かいます。キングコング・プロファイル(キングコングの横顔)という名前の山が見えて来ます。

s__12599301

この山が見え始めた右側に小さな赤い建物のカウアイ島No,1バーガー「オノチャバーガー」のお店があるので行きでも帰りでも美味しいバーガーを食べたい方は是非お寄り下さい。

「オノチャバーガー」については↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島No,1バーガー「オノチャバーガー」in アナホラ

ツアーのおすすめ2/アナホラからノースショアに向かう途中に絶景ポイントがあります!

右カーブになっている絶景ポイントには車が4台ほどしか止まれませんが。

お天気ならナパリの山も綺麗に見えるビューポイントよ!

s__12599302

そこからプリンスビルもハナレイタウンも通り超してカウアイ島の最北端にあるケエビーチまで一気にドライブしちゃいます♪

ツアーのおすすめ3/ケエビーチ&2つの洞窟はノースショア最北端のおすすめスポット!

こちらがケエビーチの入り口です。

s__12599303

この日は波が高くてビーチの中にすら危険という事で入れませんでした。冬は波が高いケエビーチなのは知っていましたが、まだ10月秋なのに残念でした。

穏やかだとこ〜んなに素敵なビーチなのよ☆

IMG_9969

駐車場が狭くてケエビーチだけじゃなくトレイルやウエットケイブ(洞窟)に行かれる方も同じ駐車場に止めるしかないので、これらが目的の方は朝早く行かないと車を止められないので早起きして行きましょう♪ 道路も狭くて路駐も出来る場所は少ないです。

レンタカーで行かれる方は、この駐車場路面がボコボコなので運転には十分ご注意して下さいね。

ケエビーチの記事は↓こちらをご覧ください。

恋愛を引き寄せるカウアイ島ケエビーチ♡

こちらがケエビーチの手前左側にあるトレイルの入り口です。

s__12599304

トレイルの記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のキャンプ場案内+地図&便利情報

ウエットケイブを見学したらドライケイブも見に行きましょう♪

こちらが青い水が神秘的なウエットケイブ。

s__12599305

こちらはドライケイブ。左の写真の奥に人がいるのが見えますか?中は広〜いんですよ。右側の写真は洞窟の中から外を撮影したものです。結構奥行きあるでしょ;)

s__12599306s__12599307

洞窟の記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のパワースポット(洞窟・お遍路)

2つの洞窟を見学した後はケエビーチに入れなかったので秘密のビーチへ行きました^^

ツアーのおすすめ4/タミーの秘密のビーチで癒されて♡

洞窟からハナレイタウンに向かう間にこの美しいビーチはあります。

s__12599308

このビーチにはサインも無いので秘密のビーチです。名前が無いので「タミービーチ」と呼んで下さい(笑)

“ライフセイバーさんが居ないので注意しなさい!”という手書きのサインが木に付いているくらいです。

このビーチ右端の方が海水プールの様になっていて小さなお子様達と水遊びするロコファミリーもいます。

s__12599310s__12599311

水の透明度が写真からわかるかしら^^

通り沿いには車は5、6台しか止められませんが、そこから奥へ入ると10台ほど車が止められます。

向かいは牧場。見つけられたらラッキーという事でお楽しみ下さい(^^)

ただしライフセーバーさんが居ないビーチですのでタミーは一切責任は持てませんから自己責任でお願い致します。

秘密のビーチでリラックスしたら、お腹が空いてくる時間になりますのでハナレイラウンへ向かいます。

ツアーのおすすめ5/ハナレイタウンでのランチはハワアインチリペッパーチキンorハワイアンプレート^^

ハナレイタウンでのタミーのおすすめランチは2つ!

1つはチングヤングヴィレッジの「ヴィレッジ、スナック&ベーカリーショップ」にある左側の写真の”ハワイアンチリペッパーチキン”。甘辛のソースが、かかったジューシーなチキンが、ご飯に合うの!ご飯は白米か玄米が選べてサラダはトスサラダ(グリーン)かマカロニサラダが選べます。

s__12599313s__12599312

右側のハウピア(ココナツ)バニラパイもおすすめ!ハウピアチョコレートパイも美味しいわよ。

もう1つは、こちらのフードトラック「ハナレイ・タロ&ジュースカンパニー」。

img_5_m

ハワイアンフードを食べてみたい方は、こちらのハワイアンプレートはボリュームもあるし美味しいです!

カルアポーク、ロミサーモン、タロマカサラダにライスとタロケーキまで付いて$11それに$3プラスするだけでティーリーフで包んで蒸し焼きにしてあるお肉料理ラウラウまで付いちゃうの。お得でしょ;)ラウラウはポークかチキンが選べます。

img_1_m

一緒にタロスムージーはいかが?日本のTV番組「旅サラダ」でも紹介されたこのスムージーは本当に美味しいわよ^^

スムージーは2種類。こちらは”カウアイ・ハニー・ドリーム” マンゴー、リリコイ、ココナツミルク、タロ、ハニー。もう1つは”プリンスビル・パイナップル” ストロベリー、パイナップル、バナナ、タロなど。

お腹もいっぱいになったのでハナレイタウンでショッピング〜(^^)

S__8929286S__8929287

S__8929288S__8929290

たくさんのショップやレストラン、カフェがあります♪

ツアーのおすすめ6/ハナレイタウンでタミーのおすすめお土産は「カウアイ・ナッツロースター」

タミーはナッツが大好き!体にもいい美味しいナッツをカウアイ島のお土産にいかがですか?

S__8929289S__8929296

左の写真の様に自由に試食が出来るのでお好みのが買えますよ。

右の写真のはハワイアン・スーパー・ミックス。マカダミアナッツにドライバナナ、ココナツにピーナッツにビターチョコレート,etc 欲張りな方にはぴったりな商品ね(笑)

写真無いですがタミーの一押しはローズマリーマカダミア;)

他にもハナレイタウンにはオーガニックストアやミュージアムみたいな素敵なお店も沢山あるのでウインドショッピングするだけでも楽しいですよ♪

お腹もいっぱいになったのでハナレイビーチへ行きましょう!

ツアーのおすすめ7/ジョージ・クルーニーの「ファミリーツリー」の映画の舞台になった素敵なハナレイビーチ

ハナレイビーチを訪れた時に真っ先の目に飛び込んでくるのがこの桟橋。そして、その向こうに見えるナパリコーストの山。この景色を1度見た方は忘れられなくなります(笑)

s__12599314

ナ・パリ・コーストを眺めながら桟橋の上を気持ちいい海風に当たりながら歩く時間は何度ここに来ても幸せを感じます♡

なんとも穏やかなビーチは時間を忘れてのんびり出来る場所。

ジョージ・クルーニーの映画「ファミリーツリー」の舞台にもなった素敵なビーチなんですよ。

このハナレイビーチは遠浅で長い砂浜が続く広〜いビーチ。夏の時期はワールドクラスのヨットが40艇ほど停泊するんです。

変わって冬になると大波が上がるのでサーファー達で賑わいます。

素敵なハナレイビーチを後にしてプリンスビルへ向いましょう♪

ツアーのおすすめ8/高台からのタロイモの畑を見渡せるビューポイントはVery good!

プリンスビルショッピングモールの少し手前の右側にビューポイントはあります。

s__12599315

タミーは懐かしい故郷の八幡芋の畑を思い出しちゃいました。タロイモの葉っぱって八幡芋(里芋)の葉っぱとよく似てるのよね。

遠くからタロイモ畑をみると日本ののどかな田園風景みたいよね。なぜなら、ここは以前お米の田んぼだったからなの。

さて次はキラウエア灯台へ行ってみましょう♪

ツアーのおすすめ9/キラウエア灯台は絶景よ!是非、行って欲しいわ〜!

ノースショアにあるキラウエア灯台からは息をのむほどの美しいカウアイ島の絶景が見られますから是非ツアーで行って欲しい場所です。

出来れば空の青も海の青も最高に綺麗な場所なので晴れた日に行って欲しいです。

キラウエア灯台についてタミー詳しく説明しますね。

キラウエア灯台へのアクセス

ツアーでは無くレンタカーの方の為にキラウエア灯台へのアクセスを説明しておきますね。

ハナレイタウンからはリフエに向かって走りプリンスビルを過ぎると右手にシェルのガソリンスタンドが見えてきます。

それを挟んで道が二股になっているので左の道に入り、その先に左折する道があるので曲がって真っ直ぐ進めばキラウエア灯台に着きます。

レンタカーを利用してリフエ方面からキラウエア灯台へレンタカーで行く場合の行き方も説明しておきましょうね。

56号線クヒオ・ハイウエイをリフエ空港から北に向かって東のカパアタウンを過ぎて緑の中をまっすぐ走ります。

右側に牧場の白い柵が見えて来て、その先にシェルのガソリンスタンドがありますので、その道をUターンするように右折しましょう。

すぐのキラウエア・ロードを今度は左折して下さい。

ここからは先ほどハナレイタウンから来た場合と同じ道になります。

しばらく走ると右側に「コン・ラン・センター」が見えて来ます。

ハワイなのに和物のお店があったり素敵なセレクトショップには可愛いお洋服やバッグが売っていたりキラウエア・ベーカリーで食事が出来たりアイランド・ソープなどのお土産に喜ばれるお店もあるので買い物や休憩にはいい場所です。

S__8904714S__8904713

「コン・ラン・センター」の先の道は大きく左にカーブして登り坂になります。道の舗装が悪くなって来たなと思った突き当たりがキラウエア灯台の入り口になります。

カウアイ島の玄関リフエ空港からは約40km、約40分ほどで到着します。

海鳥達の楽園♡キラウエア灯台へは歩いて入る事が禁止されています!

到着したキラウエア灯台が立つ岬は「キラウエア・ポイント・ナショナル・ワイルドライフ・レフュージ」という国定野生動物保護区に指定されています。

岬についたら海鳥達が気持ちよさそうに舞っているのをすぐ目にしますよ。

この岬からの景色も絶景で以前来た時に感動したタミーですが灯台への敷地内には、もっと素晴らしい景色が待っていました。

灯台に行くには突き当たりの岬から左のゲートを通って駐車場まで行かなければならないの。

距離としては数十mほどなのですが歩いて入ることが禁止されているので車に乗って駐車場まで行きましょう。

日本語ガイドツアーで行かれる方は、ここまで連れて行って下さいますから、ご心配無く。その理由はこの場所が海鳥たちの繁殖の場所だからだそうです。

このゲートは朝10時〜夕方4時まで開いていますが見学のことを考えたら午後3時までには入りましょうね;)

キラウエア灯台の駐車場からの景色は素晴らしい(^^)/

料金を払うゲートの手前に駐車場があります。そこに車を止めて柵から海を見下ろすと

この景色が素晴らしいの〜!!!これは写真じゃなくてご自分の目で是非見て欲しいわ。

s__12599316

空の青さに海の青さ。そしてカウアイ島の赤土と緑がなんとも言えない美しさなんです。

駐車場で絶景を満喫したら料金所で入場料金を1人$5支払います。(16歳未満は無料)

料金所の前には、こんな鳥達の写真と名前が紹介されています。写真クリックすると大きくなります。

S__8888322

こんなに色んな海鳥達が野生でここに暮らしているつてすごいわ〜。

すぐ近くで野生の海鳥達の姿を見る事が出来ます。

少しあるくとビジターセンターに着きます。こちらはちょっとした博物館になっています。

S__8888335

キラウエアで繁殖している海鳥達のジオラマやカウアイ島の自然が紹介されています。

ビジターセンターのショップでは本や地図にアートやTシャツなどのお土産品も売っていますし無料のパンフレット(英語)もあります。ビジターセンターの横にはトイレもあります。

では小道を歩いて灯台に向かいますよ〜!

トレイルの両側にはロープが張られていて、この様なサインがあります。

S__8888327

所々土に中に穴が開いているのですが、わかりますか?これが海鳥達の巣なんです。

S__8888326

右の巣穴に写真ではよくわかりませんがタミーの肉眼では海鳥の雛が中にいるのが見えました。丸々太っていて毛がふわぁふわぁしていて可愛いかったわ。

帰って調べたら「オナガミズナギドリ」という鳥の雛みたい。

タミーが入った時間はお昼頃で外はもう暑かったので巣のぐっと奥に雛は隠れていてよく見えませんでしたが涼しくなると可愛い雛達が外に出てくる事もあるそうです。

タミーは巣穴の中にいた1羽の雛を見れただけでも嬉しかったです。

可愛くて「もっと近くで見たいわ。写真撮りたい!」なんて思ってもロープの中へは決して入らないで下さい!

もう1つ決して海鳥に餌を与え無いで下さいね。この2つは必ず守って下さい。タミーからのお願いですm–m

鳥の巣のまわりの植物、覚えてますか?「ナパカ」。お花の形が半分で2つ合わせて1つのお花になるラブフラワーです。ポイプのシェラトンホテルの周りにもあって以前書いたシェラトンの記事でもお話ししましたよね。

S__8888325

歩きながら空を見上げると写真だと黒い点みたいにしか見えませんが海鳥が沢山飛んでます。

S__8888329S__8888334

この2羽の鳥だと思われます。

S__8888323S__8888324

写真は光ってしまい見にくいですが細く長く赤い尾が特徴の「レッド、テイルド、トロピックバード(アカオネッタイチョウ)」

赤い尾が細くて見えずらいのでカモメと間違う人が多いのですがカウアイ島にはカモメは住んでいません。ハワイ名はコアエウラ。

右側のは「レッド、フッテッド、ボービィ(アカアシカツオドリ)」ハワイ名はアっていう短い名前なのよ(笑)

小道を抜けるとキラウエア灯台が見えて来ます。可愛らしい灯台でしょ。

S__8855555

その先には美しい青く広い海が広がっています^^

広く青い空には気持ちよく羽を広げる海鳥達が、そして、この美しいカウアイ島の海にも大きな動物がいるんですよ。

海鳥だけじゃなくクジラもハワイアンモンクシールも見れちゃうキラウエア灯台です。

カウアイ島の海には冬の時期(12〜 4月の始め頃まで)にくじらがやって来ます。

ここから肉眼でくじらの潮吹きを見る事が出来ちゃうの。

上の写真の灯台の左横の建物で双眼鏡も貸して下さいますから冬の時期にいらした方は海鳥だけでなく是非くじら観察もされて下さいね;)

岬の下を見ると「モクアエアエ」という岩だらけの島があります。

s__12615682

夏の時期には島の岩場に絶滅が心配されている保護動物のハワイアン・モンクシール(ハワイアン・アザラシ)の姿も見る事が出来るそうですよ。

他にもハワイ州の鳥「ハワイアン・ネネ」もやって来る「キラウエア灯台」です。

キラウエア灯台にある世界一を知っていますか?

このキラウエア灯台は1913年から1日も休まずノースショアの海を行き交う船の安全を守って働き続けています。

こんな可愛らしい感じの灯台ですが、とても丈夫なんです。過去に何度かカウアイ島を襲った大型のハリケーンにもビクともしなかったそうです。

灯台の装置自体は何度か改良されて人力の時計式動力も非常用として今でも残されている様ですが電動式に変わり天気のいい日には約144kmも先から灯台の光を見ることが出来るそうです。

そして、この光を作り出す「レンズが世界一」なのです!このレンズ20世紀始め頃の金額で1万2千ドルしたそうです@_@ レンズはフランス製。

小さなカウアイ島に世界一のものがあるって嬉しいわ^^

キラウエア灯台からの眺めは最高!!!

どうですか?キラウエア灯台からの眺め素晴らしいでしょ☆

S__8888332

海に向かって左側からは遠くにプリンスヴィルが見えます。

S__8904712

*キラウエア灯台スペシャル情報1*

キラウエア灯台の上に上がれるスペシャルツアーがあります。水曜日と土曜日の10:30,11:30,12:30,13:30,14:3o

5回(見学時間は15分ほど)1人$5 その時間の少し前までにはビジターセンターで申し込みして下さい。

*キラウエア灯台スペシャル情報2*

歩くのが大変な方には、こちらのカートで移動のお手伝いをしてもらえるんですよ。

S__8904711

毎年カウアイ島に神戸から遊びに来てくれるタミーのアンティは足が悪いので長い距離を歩くのが少し大変なの。なので、これはとてもいい情報でした。

*キラウエア灯台スペシャル情報3*

キラウエア灯台に向かって左側から右奥手前に見えるビーチはシークレットビーチ」と呼ばれているビーチでヌーディストビーチだとか。WOW@_@

S__8904710

タミーは興味無いので行きませんが(笑)

どうですか?日本語ガイドツアーでのノースショアは満足していただけたかしら?

ツアーのおすすめ10/カウアイ島土産はウォルマートへ&タミーのおすすめシェイブアイス^^

ホテルへ戻る途中リフエのウォルマートへ寄ってお土産を買いました。お友達や家族へのお土産を沢山買う場合はカウアイコーヒーやカウアイクッキーなどはカウアイ島で一番安く買えるのがウォルマートです。

ウォルマートどんなお土産が売っていて↓いくらくらいなのかは、こちらの記事をご覧ください。

カウアイ島土産はウォルマートが一番安い!

お土産も買ってリフエからポイプの宿へ向かいます。

リサさんと喋り過ぎてもう喉がカラカラ(笑)

タミーおすすめのシェイブアイスの店に寄りました。ラワイにある「フレッシュシェイブ」さん

こんな可愛いお店。すごい列でしょ@_@

img_0_m-1

どんなシェイブアイスかって。えりさんのアサイベリーとタミーのオレンジクリーム。

img_0_mimg_1_m-1

アサイベリーはバナナとココナツのトッピングがハワイアンでしょ。フレッシュオレンジも美味しいですよ!

こんなのもありますよ。ココナツパイナップル。「フレッシュシェイブ」の人気No,1☆

img_2_m-1img_3_m

さっぱりライムにチアシードクリームがたっぷりのったはチアシードのプチプチ食感がたまりませんよ。
他にも全部で8種類。お値段も6ドルとお手頃です^^
どうですか?カウアイ島でこ〜んな楽しい日本語ガイドツアーしてみませんか?
タミーが、あなたをお連れ出来たらいいのですがタミーは一応ライターでして(^^; 結構、忙しいんです(笑)
なのでタミーの方から日本語ツアーガイドさんを紹介させて頂いています。

日本語ガイドツアーのご相談はタミーまでどうぞ;)

カウアイ島に旅行にいらっしゃる方で英語が堪能な方は、ご自分でツアー会社を選び相談して申し込みして現地でもアメリカ人のガイドさんの英語の説明でも何の問題も無く楽しめますよね。

でも日本人の方の中には英語は全くダメとか挨拶程度くらいならって方が多いんじゃないかしら。

そんな方にはタミーがお手伝いして日本語の出来るツアーガイドさんを紹介させて頂きます。

まずは、あなたの日程、行きたいところ、したい事、食べたい物などタミーに教えて下さい。

勿論、相談は無料ですので今ご覧頂いています「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のサイトのトップページにあります「お問い合わせ」から、または

「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のfacebookページの「お問い合わせ」からタミーに気軽に相談して下さいね。勿論、日本語でOKです;)

あなたの希望に合ったツアーガイドさんを紹介させて頂きます。

日本語のガイドさんだと安心出来る上に楽しいおしゃべりをしながらのドライブ出来ますものね。

カウアイ島でツアーしたいけど不安な事がいっぱいとかプライペートなツアーをアレンジして欲しいわって方はタミーに相談してカウアイ島を日本語ガイドツアーで楽しんじゃいましょう♪

お問い合わせお待ちしてま〜す(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪

Aloha(^^)/ あなたは「ルアウ」って知っていますか?

「ルアウ」はハワイの宴会の事よ。ハワイアンミュージックを聴きながらハワイアンフードを頂きフラやタヒチアンなどのポリネシアンダンスを見るの♪楽しそうでしょ^^

カウアイ島にはクムフラ(フラの先生)が企画&演出している素晴らしい「ルアウ」があるので紹介します♪

 

本格的なフラを見たい方は「クムフラ・レイラニ」のルアウをおすすめします♪

以前の記事でカウアイ島の「スミス・ルアウ」を紹介しましたのを覚えていますか?

広い敷地の中乗り物に乗って植物や花を見て「イム」というハワイアンの豚を丸焼きにする儀式を見た 後。

広い会場でハワイアンミュージックを聞きながら「イム」をはじめとする美味しいハワイアンな食事を頂き、それから近くの会場に歩いて移動してフラだけじゃなくフィリピン、日本などの各国の舞踊ショーを見るという大規模な「スミス・ルアウ」でしたよね。

まだ「スミス・」ルアウの記事をご覧になっていない方は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡

踊りが見れる会場では火山が爆発したりと大がかりな演出でディズニーランドのショーの様なフラや各国の踊りが見られるショーはスパリゾートハワイアンズの様な大規模なショーって感じですがフラやはタヒチアンのダンスに興味がある方は「もう少し近くで踊りを見たいわ♪」って方もいると思うの。

タミーもフラを習っているので踊りを見るのは大好き^^ 近くで見られるほど興奮しちゃいます(笑)
カウアイ島で有名なクムフラ・レイラニが企画&演出している素晴らしい「ルアウ」があるんですよ(^^) 本格的なフラを見たい方には「クムフラ・レイラニ」の「ルアウ」をおすすめします♪

クムフラ・レイラニについては前回の記事「カウアイ島でクムフラとレイを作りませんか^^」でご紹介しましたので↓こちらをご覧ください。

カウアイ島のクムフラとレイを作りませんか^^

 

クムフラ・レイラニはカウアイ島の素晴らしいクムフラです☆

クムフラ・レイラニはフラのファミリーに生まれ育ち、どんなに素晴らしい方かは前回の記事を読んで頂いたら、おわかりになりましたよね。

クムフラ・レイラニはルアウの企画の段階から衣装のデザインをして時にはみずから衣装も作ったりします。衣装だけではなく楽器まで作っちゃいます@_@
音楽も勿論、楽器の演奏(ギターにドラム)から歌も歌います。クムフラ・レイラニは有名な歌手ですから。
「ルアウ」ショーでもCDなんか流しません。彼女の生歌です。素敵なフラも踊ります。力強く心に響くチャントも披露してくれます。

S__8593445

もう、とにかく何から何までこなす彼女の「ルアウ」を実際に見たタミーは本当に感動しました☆ 見た後は興奮冷めやらずって感じだったくらいよ(笑)

では実際にタミーが参加させてもらったクムフラ・レイラニの「ルアウ」を詳しく紹介しちゃいましょう♪

 

クムフラ・レイラニの「ルアウ・マカイワ」は「コートヤード・マリオット」ホテルで行われています♪

クムフラ・レイラニの「ルアウ」はリフエ空港から車で15分くらいのワイルアにあります「コートヤード・マリオット」ホテルの敷地内に立てたれた特設会場の中で毎週木曜日と日曜日の17:30pm〜20:0pm0くらいまで行われます。

通り沿いに大きなロングス・ドラッグストアがありますので、その裏側のビーチ沿いになります。 コートヤード・マリオットの入り口はこんな感じでロビーには大きなコアウッドで出来たボートが飾られています。

S__8536073S__8536072

ロビーを抜けるとプールやバーがありゲストの方々が楽しそうにくつろいでいます。

S__8536070S__8536071

そしてプールの前は、こんな綺麗で広いビーチが広がっています^^ レンタカーでいらっしゃる方は通常のホテルの駐車場に止めると駐車場代金を15ドル支払う事になってしまうので下の写真の様な「LUAU PARKING」(ルアウパーキング)とか「EVENT PARKING」(イベントパーキング)と書かれたサインがある方向に進み

S__8536074S__8560642

こちらのコンクリートでは無い庭のような駐車場に車を止めて下さい。

S__8536075

海が目の前の白い大きなテントの中は海風が吹き抜けて気持ちいいです。

S__8536069S__8536068

テントの中には、この様に素敵なテーブルセッティングがされています。 ショーは17時半からのスタートになりますので17時15分くらいまでには会場入りされる事をおすすめします。

早目にいらしてもビーチやマリオットホテル内をお散歩したりテント内にはハワイアンのクラフトやアクセサリーなどのお店もありますから退屈して待つ事は無いですよ。

S__8536076S__8536077

椰子の木の皮で工芸品を作ったりしてるのを見てるのも楽しいです♪ さぁ「ルアウ・マカイワ」のスタートです(^^)

 

特典いっぱいのVIP席でルアウを楽しめます♪

タミーがカウアイ島ロコとして、このルアウに興味がある方にはVIP席にご招待しちゃいます。 一番前列の席ね;)ショーがよく見えるいい場所をクムフラ・レイラニにお願いして用意してもらえます。

そして、このVIP席のお客様にはクムフラ・レイラニからスペシャルなプレゼントがあるの〜! これですクムフラ・レイラニの手作りのカウアイ島の綺麗なお花で作られた髪飾り。

S__8560643S__8560645

クムフラ・レイラニがショーの朝お花を摘んで作って下さいます。この日は白&黄色と濃いピンク色のプルメリアのお花でした。可愛いですよね♡

タミーは、すっかり日焼けしてロコですが(^^; ハワイで髪飾りを付ける時のご注意を1つ。 独身者は右に結婚してる人は左に付けます。結婚指輪と同じ方って覚えてね;)既婚者が間違って右に付けていると積極的なアメリカ人男性に誘われちゃいますよ(笑)

男性にはティーリーフで出来たレイを下さいます。付けたとたんにハワイアンになった気分よ(笑)

 

ハワイアンカクテル「マイタイ」を楽しもう〜♪ これが美味しいのよ;)

17時半になるとハワイアンミュージックが流れ始めてドリンクタイムがスタートします。音楽は勿論、生演奏よ♪

S__8560655

バーのコーナーがあるのでハワイアンカクテルの「マイタイ」が頂けます。

S__8560644

色んなイベントでマイタイを頂いたタミーですが、あまり美味しくなくてマイタイは好きじゃないわって思っていたの。でも、このルアウで出されたマイタイは美味しかったのよ〜^^ アルコールはマイタイだけですがノンアルコールのドリンクはハワイアンなジュース、コーヒー、紅茶、お水が無料で頂けます。

ドリンクタイムの後は食事ねって思うでしょが飲み物を頂きながら、まずはオープニングのパフォーマンス「トーチ・セレモニー」が楽しめちゃいます♪ ポリネシアンダンスの説明にココナツ割のパフォーマンス、クムフラ・レイラニのチャントと盛りだくさんのオープニング(^^)

本格的なダンスショーが始まる前の「トーチセレモニー」が、また良いんですよ。これだけで楽しくなっちゃうほどよ♪ まず登場したのはサモアの衣装の女性。お母様の歌に合わせてお嬢様が踊ります。彼女達はサモアからいらしてるんです。続いてタヒチアンそしてハワイのフラへと続きます。

S__8560646S__8560648

S__8560647S__8560649

そうフラの歴史をここで見られます。遥か遠い島から海を渡ってフラへと変化したポリネシアンの踊りの歴史をオープニングのショーで見ることが出来るのです。 この時の音楽はサモアの歌以外は全てクムフラ・レイラニがギター演奏しながら生歌を歌って下さいます。そして、この可愛らしい衣装の全てをレイラニがデザインしているんですよ^^

クムフラ・レイラニのひょうたんみたいな楽器イプヘケ演奏とチャントそしてお嬢様のフラは感動します♪S__8560654

動画は↓こちらをご覧ください。こちらに掲載している写真とビデオはクムフラ・レイラニの許可を取っております。

実際の踊りは、もっと長いですが紹介という事で30秒だけの映像になっていますのでカウアイ島にいらした方は是非ご自分の目で見る為にクムフラ・レイラニの「ルアウ・マカイワ」にいらして下さいね;)

こちらの記事内には8つの動画しかUP出来ませんでしたので動画終了後には他の「幸せになれる島カウアイ」のYou tube 動画もご覧になれますからダンスの好きな方は是非、他の動画も楽しんで下さいね。

オープニングのトーチセレモニーの最後は「ココナツ割」のパフォーマンス! あっという間に硬いココナツを真っ二つに割ってしまうパフォーマンスには驚いちゃいますよ@_@

S__8560650S__8560652

「ルアウ・マカイワ」のお客様のほとんどがアメリカ本土からの観光客の方なにでルアウの間の説明は全て英語になりますが見ているだけで十分楽しめますので、ご心配なく♪ 割ったココナツは会場の入り口手前の椰子の木の皮の工芸品のコーナーで試食させてもらえます。

S__8560651

タミーも頂いてみました。フレッシュなココナツはしっとりしてほのかに甘かったです。 オープニングのトーチセレモニーが終わる頃にはビュッフェ・スタイルの食事の準備も終わり会場内にいい匂いがしてくるので、お腹がグーってなります(笑)

 

ハワイアンフードのビュッフェ・ディナー美味しいです(*^^*)

ディナータイムになる頃にはビュッフェ・コーナーの先は、こんな夕暮れの景色が広がっています。

S__8560658

「ルアウ・マカイワ」のディナーはバッフスタイルのハワイアンなお料理&デザートになります。

S__8560656

会場の一番奥にこの様に色々な種類の出来立てのお料理が準備されていますので指示されたテーブルごとに頂きにいきます。 お皿が少し小さい様にも感じたタミーです。全種類を1回で1つのお皿に盛り付けるのには無理があるサイズ(^^;

何回でも頂きにいってもいいのですが食事が終わる頃にはメインのポリネシアンダンスショーが始まるので1度にお皿に乗せられるだけ乗せちゃって正解でした(笑) 勿論、ショーが始まってからでも食事を取りに行って食べながら見ても構いません。

S__8560657

綺麗に盛り付けられなくて、すみまんm–m 真ん中の上から右周りにハワイアンローカルフードをご紹介します。 ロミサーモン(トマト、玉ねぎ、フレッシュサーモンなど)さっぱりして美味しいです。 その右横のチラッと見えているのがフリフリチキン(ほのかに照り焼きの様な甘い味がしたお洒落な感じのフリフリチキン。通常のは塩味だけですから。)

その隣はお魚のココナツカレー味。下はブロッコリーやズッキーなどの野菜のソテー。 その横のカップに入った紫色のスライムみたいなのがタロイモでできたポイ。(昔はハワイアンの方の主食だったそうです。)

タミーは、このポイにロミーサーモンやカルアポークを混ぜて食べるのが好きなの;) お皿が小さいのでロミサーモンとポイは、この様にカップに入れるといいですよ。味も混ざらないですし。

ポイの横に白く見えるのはカウアイ島で生まれたパパイヤシードドレッシング。そう下にはレタスやきゅうり、ニンジン、トマトのサラダです。ドレッシングは他に3種類ありました。

サラダの下に麺が見えますか?フライドサイミンです。焼きそばみたいな感じね。 一番手前のキャベツのソテーの下は何だったんだろう。ごめんなさい忘れちゃいました(–; 左側の上に上がってサラダの上の紫色のパンはタロイモパン。その上はカルアポークです。

タミー多分全部お皿に盛れなかったと思います。とにかく種類が沢山でした。味も美味しかったですよ。 お皿小さ目っていいましたが、これだけ食べたらお腹いっぱいになっちゃったタミーです(笑) お腹いっぱいと言いながら甘いものは別腹でタミーはデザートとコーヒーも食後に頂きました。

S__8560659

パイナップルのケーキ、ココナツプティング、パパイヤ・マンゴー・パイナップルのカットフルーツ。 この他にライスプティングもありました。デザートの横にお酒以外のドリンク類は用意されています。

お腹もいっぱいになったところでいよいよメインのポリネシアンダンスショーの始まりです♪

 

VIP席では、こんなに近くで沢山のダンスパフォーマンスが見られちゃいます!

タミーは、ど真ん中の席でビデオや写真撮影をするのは他のお客様の邪魔になり失礼と思ったのでステージに向かって一番前の一番左側のテーブルの一番ステージに近いVIP席で見させて頂きました。

この写真の様な近さで踊りがが見れます。真正面のVIP席だともっと近くで見られます。

S__8593444S__8593447

S__8593454S__8593451

次から次に繰り広げられるポリネシアンの踊りの数々に全く飽きる事なく楽しめる「ルアウ・マカイワ」です。 緑の衣装を着た踊りは可愛いフラ♪ 衣装のパウ(スカート)は本物のティーリーフなんですよ。

イプ(楽器)を演奏しながら踊る明るく楽しい動画を↓ご覧下さい。

セクシーダンスといえばタミーのおすすめは赤いドレスの踊り。衣装もダンスもセクシーーすぎます。隣の男性口開けて見とれてましたから(笑)

女性だけでなく男性も力強い踊りを見せてくれますよ。

S__8593446S__8593457

タミー、ファイヤーダンス大好き!!! ファイヤーダンスはテントの中では危険なので外に作られた特設ステージで行われます。

ファイヤーボールが1つの時の動画は↓こちらをご覧下さい。

お客様達が大興奮している声が聞こえますよね(笑)この後、写真の様に火の玉が2つに増えてのパファオーマンズが、ど迫力でした☆ファイヤーーーーーー!!!

激しいといえばこのタヒチアンダンス。腰の動きが早すぎて写真がブレちゃいます(笑)

S__8593455S__8593456

そうそう、この「ルアウ・マカイワ」の出演者はクムフラ・レイラニの生徒さん達なのでフレッシュ〜みんな若くて可愛いんです♡ ダーリンも一緒に見に行ったのですが顔デレデレでしたから。

左側の彼女がめちゃ可愛いのよ〜タミーのお気に入りです^^ 動画でどうぞ♪

最後の方にタミーの方を見てニコって笑う彼女に私、女ですがやられちゃいました(笑) こちらのタヒチアンダンスの腰振りも素晴らしいです!動画でどうぞご覧下さい。

S__8593459

生徒さん達だけじゃありませんよ勿論クムフラ・レイラニもギターやドラムの演奏だけでなく歌いますし踊ります♪

S__8593448S__8593452

クムフラの貫禄とでもいいましょうか優雅なフラに癒されます♡

お客様も参加するフラタイムもありまして日本人ってこんな時に舞台にあげるのちょっと抵抗ありますよね。

S__8593458

ところがアメリカ人の方は積極的です。若者も年配の方もみんな腰をフリフリ(笑) 驚いたり、うっとりしたり、笑ったり、もう大満足なステージなんです「ルアウ・マカイワ」(^^)

ルアウの終了後には美しいダンサーの方と写真も撮れます。勿論、無料です。

S__8593460

この方はクムフラ・レイラニのお嬢様です。クムには美しく素晴らしいダンサーの2人のお嬢様がいらっしゃいます。

クムフラ・レイラニのブースもあってCDやポストカードの販売もしています。ルアウ終了後にはクムフラ・レイラニがいますので購入した商品にはサインして下さいます。

S__8593461

 

「ルアウ・マカイワ」↓の予約はこちらからどうぞ。

http://www.luaumakaiwa.com/

タミーが「ルアウ・マカイワ」のサイトから詳しく申し込みの仕方を説明しますね。

上のURLをクリックすると画面の一番上の列の左から4番目の「RESERVATIONS」から予約できます。

S__9986052

「RESERVATIONS」をクリックするとこのような画面が右下に現れます。

S__9986053

 

まずQtyに半角英数で人数を入れます。上からVIP席の大人、子供。普通席の大人、子供。0〜3歳の子供になります。VIP席は一番前列の席になります。0〜3歳のお子様が参加される場合は無料でも必ず数を入れて下さいね。

次はLuau Makaiwa Activity Dateをクリックするとカレンダーが現れますので希望の日にちをクリックして下さい。ルアウは木曜日と土曜日のみです。

次にParty Nameには代表者のお名前を入れましょう。例えば山田 健二(ヤマダ ケンジ)さんの場合はKenji Yamadaと入れて下さい。

最後のSelect Your Kauai Hotelは右端のブルーの上下の↓をクリックするとホテル名がアルファベット順でずらっと現れるので、お泊まりのホテルがおわかりになる場合は、その名前をクリックして下さい。
おわかりにならない方やホテルがそちらにない場合は真ん中より少ししたに「other」というのがありますので、そちらをクリックして下さい。

こんな感じで山田 健二さんが大人2名、子供1名をVIP席で1026年の7月28日にホテルはリストに無かった場合で記入してみました。

S__9986054

ここまで出来たら一番したのBook Nowをクリックします。すると、こちらのページが表示されます。

S__9986061

『名前、人数、日、金額』に間違いが無いか確認して下さい。 もし内容に間違いがあれば赤い×印をクリックして消して下の『Update Cart』をクリックしてから←で前のページに戻りやり直して下さい。

Update Cartをクリックしないと前のデータが消えませんので忘れずクリックしてから戻って下さいね。 住所は仮に〒400-0101 山梨県 甲府市 武田1-2-3という事で記入してます。

S__9986064

間違いが無いか確認したらI agree to the Terms and Conditionsの四角に✔︎を入れて『Check Out Now』をクリックします。 次にこの様な画面が現れます。

S__9986058

もう一度金額に間違いが無いか確認したら下のクレジット情報に進みます。

Proceing Freeという手数料を払いますが、それがタックス&チップの代わりになるのでルアウに行って、これ以上お金を払う事はありません。

クレジット情報は上から名前&苗字、クレジットカード番号(マスター、ヴィザ、アメリカンエクスプレスになります。他のカードは使えませんm–m)、有効期限(月、年)2017年8月で記入してます。

セキュリティー・コードはカードの裏側にある3桁の番号を入力します。その横はPresentにして下さい。

メールアドレスの全てを半角英数で記入したら再度確認してから一番下のグレーの『Pay With Your Credit Card』をクリックすると完了します。これをクリックするまでは予約は完了しないので戻って訂正も可能です。

S__9986059

*大切!*クリックした後にページが変わり予約番号が出ますから必ずコピーを取りましょう。

プリンターが無い方は『予約番号を必ず控えて下さい!』

ホームページからの予約の仕方わかりましたか?

(注)ハワイ時間でルアウ日の24時間前までキャンセル可。それ以降はクレジットカードから全額引き落としされますので、お気をつけ下さい。

「ルアウの金額」

VIP席  大人  $129 子供 $78(4歳〜12歳)

普通席    大人   $99  子供 $65(4歳〜12歳)3歳以下は無料。

”金額、内容は変わる場合もありますので、ご自分で上のホームページよりご確認下さい”

ホームページは料理の内容など詳しく書かれています。英語がおわかりにならない方はホームページ翻訳をお使い下さい。

 

クムフラ・レイラニのカウアイ島での無料パフォーマンスのご案内♪

クムフラ・レイラニとファミリーは「ルアウ・マカイワ」の他にもカウアイ島でパフォーマンスを行っています。 同じく「コートヤード・マリオット」ホテル前のビーチで月曜日と水曜日の日の出にモーニング・セレモニーを行っています。

日の出の時間は季節に寄って違いますのでiPhoneのお天気やインターネットでお調べになって下さいね。 カウアイ島の海からの素晴らしいサンライズを感じながらクムフラ・レイラニのチャントとお嬢様のフラを見る事が出来ます。時間は15分ほどで無料です。心が洗われますよ;)

S__8634372S__8634371

波の音も鶏の声も入っているカウアイ島を感じられる動画をご覧下さい。

S__8593463

いかがでしたか?クムフラ・レイラニのパフォーマンス見たくなったでしょ?

カウアイ島でどうぞクムフラ・レイラニから本物のハワイのマナを感じて下さいね(^^)

Much Aloha♡Tammy

桜井翔のカウアイ島旅ならタミーにお任せ!

Aloha(^^)/ あなたは2014年に嵐の桜井翔くんがカウアイ島旅をしたTV番組を見ましたか?

先日、桜井翔くんファンの女性から「私、お金を貯めたので桜井翔くんと同じカウアイ島旅がしたいのですが英語も出来ないし車も運転出来なし私の夢叶いますか?」と。

タミーにお任せ「カウアイ島、桜井翔くん旅」叶えちゃいましょう!

 

櫻井翔くんの弾丸カウアイ旅!彼に与えられた時間はわずか7時間半(^^;

すごくハードなスケジュールの中の旅でしたよね。

url

タミーは、あなたにそんなハードな旅をして欲しいという事では無くて(笑) 彼が訪れた場所はカウアイ島のリフエ空港から車で15分〜20分ほどで行ける場所なんです。

いわゆる空港から近場の観光スポット&お食事スポットなのでレンタカーを空港で借りられてもオアフ島から1日観光でカウアイ島にいらした方には気軽に楽しめるコースでもあります。

「英語もあまり出来ないし車の運転も無理だわ」って方にはタミーおすすめのツアーも後ほど紹介しますから、ご心配なく;)

櫻井翔くんカウアイ島旅のタイムスケジュールこんなでしたね。

12:15 ホノルル空港へ到着

14:22 リフエ空港へ到着

14:32 レストランJJ’s Broilerでランチ

14:55 カヤック体験(ワイルドアリバーマリーナ)

途中ボートに乗り換えてシダの洞窟へ約20分滞在

16:00 ホロホロク・ヘイアウの遺跡は車の中から見ただけ(^^;

16:10 ワイルア川展望台

16:25 リッドゲイト・ステート・パークのビーチ 足を海水につけたくらい(^^;

16:40 葉村サイミンでスペシャルサイミンを3分で完食!

17:15 リフエ空港へ到着

18:34 ホノルル空港へ到着

ハード過ぎます>_< 櫻井翔くんのカウアイ島旅。

約7時間半の弾丸ツアーでしたね。櫻井翔くん、今更ですがお疲れ様でしたm–m

ハワイの中でカウアイ島を選んでいらしてくれてありがとうございました♡ 櫻井翔くんの旅で訪れた場所をゆっくり紹介していきましょうね;)

 

1, 櫻井翔くんアメリカンダイナー「JJ’s Broiler」でバーガーを食べました!

「ジェイジェイズ・ブロイラー」はリフエ空港から車で約10分のアンカーコーブ・ショッピングモール内にあるアメリカンフードのレストランです。

リフエのマリオットホテルの隣にあるのでマリオットホテルに宿泊した方は歩いて行かれますよ。 カラパキビーチが目の前のレストランなのでロケーションは最高です。

S__8323080

ビーチ前の左側の建物がマリオットホテル。 レストランからはこの眺め。櫻井翔くんは、この景色を見ながらビールを飲んでましたがタミーのおすすめはトロピカルなハワイアンカクテルぅ〜♪

S__8323082

タミーのはカウアイサンライズ。(マンゴー)ダーリンのはラバフロー。(パイナップル&ココナツ)

S__8323083

櫻井翔くんが頼んだのは、カウアイセーラー$19.99でしたが今はもうこのレストランには「カウアイセーラー」はありません>_<

お店の方に聞いたら今はメニューが変わってしまい一番近いのはGood OI’ American’s Cup Burgerだそうで頼んでみました。アメリカンチーズ、レタス、トマトのハンバーガー$11.99
それにアボカド$1.50 +カリカリベーコン$1.50 をタミーは足しました。フレンチフライはついてきます。

S__8323087S__8323086

櫻井翔くんが食べたカウアイセーラーにはフライドポテトにチーズにハンバーガーにベーコンだったので、ほぼ近いのでお店の方が言ってたのは正しいわ! でもカウアイセーラーにはパイナップルが入っていたの。今はパイナップル入りのバーガーは残念ながらありません。

櫻井翔くんはパイナップルが入っているところがハワイっぽくてカウアイセーラーを選んだのでしょうね。 ビーフはカウアイビーフを使っていて新鮮です。パテも厚めでした。ただバーガー自体に味が無いので、お好みでケチャップなどお使い下さい。

ウエイトレスさんも感じよくて楽しい食事が出来るカジュアルなレストランです^^

 

2, 櫻井翔くんワイルア川でカヤックを楽しみました♪

次は反対方向カウアイ島の東側にありますワイルア川まで15〜20分ドライブします。 櫻井翔くんがカウアイ島旅でどうしてもやりたかったことは「カヤックで以前おばあさまと行かれたシダの洞窟に行きたい!」でした。

images-2

でも嵐の中で一番どんくさいと言われている(失礼m–m)櫻井翔くんのカヤックが全然進んでませんでしたね(–;で途中からシダの洞窟ボートに乗り換えてましたよね(笑) 「タミーさん、翔くんをバカにしてるの?」って。いえいえタミーは「嵐」の中では櫻井翔くんファン♡

なぜならタミーはインテリに弱いのよ〜翔くんがカウアイ島に来てくれたのは嬉しかったので今回のご相談には喜んで力になっちゃった訳です(^^)

カヤックにゆっくり乗りたい方もスミスクルーズのボートに乗りたい方もどちらもアレンジできます。

 

3, 櫻井翔くん祖母との思い出の場所「シダの洞窟」に行きました!

櫻井翔くんが幼い頃に祖母と行った思い出の場所がカウアイ島のパワースポットでもある「シダの洞窟」です。

21762080252_62d0e7f902_z

カヤックは諦めて(笑)ボートに乗り換えて到着し、お疲れぎみの櫻井翔くんではありましたが懐かしい思い出に浸り感動してましたよね。

21585753550_d541f82fd0_z

そうですシダの洞窟はハワイのパワーが溢れる場所ですから彼もそのパワーに導かれて、また来ちゃったのよね〜。ちゃんと「シダの洞窟」についても「ハワイの王族だけが立ち入ることのできた神聖な場所とか結婚式も行われるとか」説明してましたね。

更に詳しいタミーの「シダの洞窟&スミスクルーズ」については以前書きました「カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡」の記事を↓ご覧下さい。

カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡

 

4, 櫻井翔くんホロホロク・ヘイアウの遺跡を車の中から見ました(笑)

カウアイ島のパワースポットでもある「ホロホロク・ヘイアウ」は時間が無いとかで櫻井翔くんカットしてましたね。

imgres-2-6

でもワイルア川の展望台に移動する途中に「ホロホロク・ヘイアウ」遺跡を通りすぎてラッキーな事に訪れたというより「チラ見した」という感じでしたね(笑)

櫻井翔くんは随分喜んでましたけど。

 

5, 櫻井翔くんワイルア川展望台からの眺めを楽しみました!

なんていっても時間のないこの櫻井翔くんのカウアイ旅ですから走って展望台に向かって写真撮ってましたね(–;

images-17

ワイルア川の展望台そしてそこから見えるオパエカ滝そしてホロホロク・ヘイアウの遺跡については以前の記事↓「カウアイ島パワースポット!オパエカア滝よりワイルア滝」をご覧下さい。

カウアイ島パワースポット!オパエカア滝よりワイルア滝

次は櫻井くんが行ったビーチを紹介します♪

 

6, 櫻井翔くんリッドゲイト・ステート・パークのビーチで泳いだ!いえ足を海水につけてました(笑)

展望台から向かった先は近くの「リッドゲイト・ステート・パーク」のビーチでした。

images-1

パーっと脱いで海パン1つになって海に飛ぶこむのかと思ったら足を濡らす?いえ浸すだけって感じで終了しちゃいましたね。

images

時間が無いツアーといえカウアイ島まで来て泳が無い、いえ時間が無くて泳げなかった櫻井翔くん可哀想。 まるであれじゃあ足湯みたいでしたよ〜。。。>_<。。。

 

7, 「葉村サイミン」でハワイラーメン「サイミン」をすごい速さで食べた櫻井翔くん@_@

こちらが葉村サイミン。

img_0

櫻井翔くん時間が無い中、トッピングが沢山のってるスペシャルサイミンをオーダーしちゃったので10分以上待たされてましたね。これはミステイクでした。

img_1

スペシャルサイミンには麺に焼売みたいな丸いワンタンが2つチャーシューにハムものって更にナルトにゆで卵にキャベツとネギと具沢山。 でも残り時間も少ない焦る櫻井翔くんサイミン来たら3分で完食していたのにはびっくり@_@

あれはタミー驚きましたよ。少しの限られた時間の中で写真も撮ってたしサイミンのレポートもしてた。櫻井翔くんはプロだ!って感心しちゃいましたもん。

あなたはサイミンって知ってますか?サイミンはハワイで生まれたラーメンによく似た麺類です。 サイミンは日本人とその子孫である日系人によってハワイで確立されていったのでサイミンのお店の大半は現在も日系人によって運営されています。

葉村サイミンも葉村という日系人ファミリーの経営からがスタートで、でも今は変わってしまったの。名前は葉村サイミンのままですが。 「葉村サイミン」はカウアイ島いえハワイNo,1サイミンと言われたサイミンのお店です。

「でも言われたって今は違うんですか?」

う〜ん食べ物そう味には好みっていうのがあるので、、、。タミーの個人的意見とカウアイ島のロコからの声をお伝えするなら。 タミーがカウアイ島に移住する前に最初に葉村サイミンに来た時はめちゃ美味しかった。カウアイ島にその頃はラーメン屋さんが無かったのでラーメンが無くても、この葉村サイミンがあるならカウアイ島に移住してもいいと思ったほど美味しかったの^^

「このサイミン、ハワイNo,1って言われるのもわかるわ。」って納得の美味しさでした。本当に! タミーが食べたのも櫻井翔くんと同じスペシャルでした。ダーリンも葉村サイミンのスペシャルサイミンが大好きだったから。

ところがタミーが移住後に食べた葉村サイミンの味は違いました(–; 麺も茹で過ぎだし、、、正直言って初めて食べた葉村サイミンの味とは全くといっていいほど違ってガッカリしたの。

リベンジにもう1回、半年後くらいに食べに行きましたが同じでした。その時はホノルルから遊びに来た葉村サイミンが大好きなハワイロコの友達を連れて行きましたが彼女もガッカリしたほどで。 経営者が変わり以前と味が変わったとロコは言ってます。以前ほどの賑わいは無くなったといいますが今だ人気でお店はいつも混んでいる葉村サイミンですので味の好みは人それぞれだと思います。

葉村サイミンに興味がある方は是非行かれてみて下さいね。そしてタミーに美味しかったか教えて下さい。 日本のラーメンをよく知らないアメリカ本土の観光客の方は美味しいと思うのかも葉村のサイミン。

いや〜日本には美味しいラーメン屋さん沢山ありますからね〜タミーの舌はその味を覚えていて比べちゃうのかな。 先日、日本旅行したロコの方が「本当に日本のラーメンはどの店で食べても美味しかったの。また、すぐ日本に行きたいわ〜!」と言ってましたもの(笑)

でも日本のラーメンは「ラーメン」。ハワイのサイミンは「サイミン」別の食べ物って考えなくちゃいけないですね。 そうサイミンも進化してましてスープのある通常のサイミンの他に焼きそばの様なフライドサイミン。トッピングにスモークビーフやポークまたはカリカリベーコンや野菜がのっているのがフライドサイミンの特徴ね。

味はサイミンスープの味で日本のソースを使った焼きそばの様な味では無いです。どちらかというと塩焼きそばみたいな感じのフライドサイミンです。 フライドサイミンはローカルレストランには、ありますからビールのおつまみにも合うのでタミーは時々食べますよ。

その他、冷やし中華みたいなコールドサイミンなんていうのを出してるサイミンのお店もあります。なんかサイミンの話をしていたらサイミンが食べたくなってきました(笑)

タミーももう1度行ってみますね葉村サイミン。また以前の味に戻っていたら記事書き直します。

そうそう葉村サイミンの「串焼きBBQビーフとポーク」(これも 昔の方が美味しかったな)も人気です。

それにエアリーなふわぁふわぁの「リコイパイ」とパリパリした食感の「チャイニーズプレッチェル」は美味しいです。タミー葉村サイミンでサイミンを食べなくても今でも時々「リリコイパイ」と「チャイニーズプレッチェル」は買いに行きます^^

 

いかがでしたか?櫻井翔くんのカウアイ島旅の内容はわかって頂けましたか?

約7時間半の間に4カ所のカウアイ島の名所と1つのアクティビティと2つの飲食店を紹介してくれた櫻井翔くんです。

では、これらの場所にあなたを連れて行ってくれるスペシャルなプライベートツアーをタミーが紹介しちゃいましょう!

 

タミーにお任せ!櫻井翔くんのカウアイ島旅が実現出来ます!

ジャニーズ「嵐」櫻井翔くんファンの夢を叶える事できますよ〜(^^)/ 全く同じタイムスケジュール7時間半の弾丸ツアーで回る方はいないと思いますが(笑)

今まで紹介した櫻井翔くんが訪れたカウアイ島の場所に連れて行ってくれる「日本語ガイドさんのタクシープライベートツアー」があるんです! タクシーはちゃんとライセンスを持ったタクシーなので空港内まで送迎も出来ます。

日本語のガイドさんは例えば「櫻井翔くんが食べたものと同じものを私も食べた〜い!」って方にはレストランに連れて行ってくれるのは勿論の事、英語のメニューの説明から注文までしてくれます。

食事は基本別のテーブルでさせてもらうそうですのでお友達やご家族だけで気をつかう事無くゆっくり食事も楽しめます♪

「カヌーだけにチャレンジしたい。」「スミスのボートでシダの洞窟に行って、その後葉村サイミン食べに行きたい。」など、どの様なアレンジも、まずはタミーにメールで相談して下さい。

料金の方はプランや時間により異なりますのでメールでの相談には、お金がかかりませんから遠慮なくどうぞトップページの「お問い合わせ」からタミーにメールを下さいね;)

このツアーはプライベートのツアーですからお客様のご要望に応えられる日本語のプライベートツアーです♡

今回、紹介しました「櫻井翔くんカウアイ島ツアー」だけでなく、あなたのスケジュールに合わせて色んなご希望を叶える「日本語ガイドのタクシープライベートツアー」タミーに遠慮なく相談して下さいね;)

信頼出来るタクシーと信頼出来る日本語ガイドさんをタミーが紹介させて頂きます。 ガイドさんが都合がつかない場合でタミーの都合がつく場合はタミーもガイドの代わりに出動しちゃいますから! 相談は「無料」ですから「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のfacebookページからメッセージを送って下さい^^

どうでしたか?今回の「嵐」櫻井翔くんのカウアイ島旅そして、それを実現してくれる「日本語ガイドのタクシープライベートツアー」もう言うこと無しでしょ。

櫻井翔くんのファンでもそうで無くても、このカウアイ島旅に興味のある方は、ご連絡下さいね(^^♪

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島の『カウアイ・コーヒー』は全米No,1

Aloha(^^)/ あなたはハワイのコーヒーと言ったらコナ・コーヒーを思い浮かべますよね。

でもねコーヒー畑の大きさも収穫もカウアイ島のコーヒーがハワイで一番なのよ;)

いいえハワイだけじゃなく全米No,1なのがカウアイ島のコーヒーなんです!

今回はカウアイ島が世界に誇れる美味しいコーヒーのお話をしましょうね ♪

 

カウアイ島のコーヒーは全米No,1(^^)v

カウアイ島最大のコーヒーファームといえば「カウアイ・コーヒー」

「カウアイ・コーヒー」へはカウアイ島のリフエ空港から50号線ハイウエイをワイメア方面へ向かいカラヘオの町を過ぎるとハイウエイが長い下りへと向かう所が二股に分かれています。

左に「カウアイ・コーヒー」のサインも出ているので左の540号線へ入って下さい。 もう、そこからは走ると海をバックに広がるコーヒー畑です。見渡す限りコーヒーの木の大農園よ!

img_0

トミーもコーヒー畑の道をドライブするのが大好きなの。

同じ高さに綺麗に刈り込まれたコーヒー木が道路の両側にずっと続きます。

 

そう、ここがアメリカNo,1の規模を誇る「カウアイ・コーヒー」のコーヒー畑です(^^) 何故カウアイ島がコーヒーの栽培に適しているのかわかりますか? まずは弱酸性の火山の土。豊富な雨。+この場所は昼と夜の温度差がコーヒー豆を美味しく育てるのです。

「カウアイ・コーヒー」の最新工場からは年間約1,361トン以上の上質のコーヒーが収穫され、その90%以上が世界中にカウアイ島から送り出されているんですよ;)

「カウアイ島のコーヒーの歴史は古いんですか?」 いえいえカウアイ島のコーヒーの歴史は、まだ新しいんです。なぜならコーヒーの前はサトウキビ産業が盛んでしたから。

 

サトウキビからコーヒー農園に^^

「カウアイ・コーヒー」のこの場所はエレエレの海側に位置するヌミラという場所で、ここには以前、製糖会社のマクブライト社のサトウキビプランテーションがありました。

この土地に最初のコーヒーの木が植えられたのは1987年の事だそうなので最近でしょ。 その当時、既に下火になりつつあった製糖産業から少しずつコーヒー畑が広がっていったそうです。

1995年にマクブライト社は撤退を決めましたが、その頃には植えられたコーヒーの木はビッグアイランド(ハワイ島)のコーヒーの木の数を追い越していて翌年にはハワイ州全部のコーヒーの収穫の半分(約1134トン)を上回っていました。

ついにコナ・コーヒーを越してハワイNo,1のコーヒー・カンパニーへと成長していたのです。 これは全米でNo,1コーヒー・カンパニーになった日でもありました!

 

アメリカNo,1コーヒー「カウアイ・コーヒー」ってどんな会社なの?

「カウアイ・コーヒー」の面積はコロアからエレエレにかけて約15.8km2広さでハワイ州のコーヒー農園の56%にもなるそうです。半分以上がカウアイ島の「カウアイ・コーヒー」なんです。

コーヒーの収穫量だけでなく売上も軽く5000万ドルを超えて急成長を遂げた「カウアイ・コーヒー」ですが従業員は約70名ほどだとか同じくらいの数の季節労働者はいるようですが大規模なコーヒー農園なのに何故こんな少ない従業員で美味しいコーヒーが作れるのでしょう?

ハワイ島のコナ・コーヒーの農園ではコーヒー・チェリーと呼ばれるコーヒーの実を1つ1つ手で詰むのです。それからも手作業でコーヒーの実の皮を剥いて水洗いしてから天日に5〜7日乾燥させるという作業を行っています。

これが出来るのはコナ・コーヒーの畑の大きさが約0.012km2しか無いからなんです。この話を聞いてコナには大小合わせて約600個ものコーヒー農園があるのも納得出来たタミーです。

その1,300倍の広さのある「カウアイ・コーヒー」そして70名の従業員では手作業でのコーヒー作りは出来ませんよね。 「カウアイ・コーヒー」では徹底した機械化による収穫と加工が行われています。

 

大量の水を使って美味しいコーヒーを作り出すのが「カウアイ・コーヒー」の機械なんです。

コーヒーの実が実ったら、まずは刈り取りですよね。特別に作られた3m以上あるトラクターでコーヒーの木の葉や枝も一緒に刈り取っていくそうです。この作業タミーは見た事ありませんが中々の迫力だそうですよ。

コーヒー・チェリー(実)はトラクターで工場の「ウエット・プロセッシング・プラント」へ運ばれます。そこでは大量の約380万ℓもの水の流れる力とフローテーションという物を浮かせる力を利用した素晴らしい工場で土、葉、枝などが取り除かれて綺麗になるのです☆

ここで熟した実と若い実に別の機械で仕分けられます。 その後は巨大な乾燥機1基で約3トンの豆を24〜30時間かけて乾燥させるそうです。 この機械はコンピューター制御によってコーヒーには11%の水分が保たれるようになっているんですってスゴイわよね。

コーヒー豆はサイズ分けも等級分けもされるここまでの作業がなんと、たった1人の従業員(オペレーター)がいれば十分なんですって驚きでしょ@_@

皮も綺麗に剥がされ生のコーヒー豆の状態になったところで適切で無い豆は空気で吹き飛ばす機械まであるって最新の機械で徹底した作業が行われてるのね「カウアイ・コーヒー」

テイスティングなどの作業の他の作業「収穫、ロースト、袋づめ」まで完璧なオートメーション化されているので、あっという間にコーヒーの実がコーヒー豆に変わる様子を見た人は感動するそうですよ。

カウアイコーヒーの歴史や工場についてお話しましたのでタミーが、みなさんが楽しめる「カウアイ・コーヒー」をご案内しましょう♪

 

カウアイコーヒーの景色はもう最高よ〜!!!

540号線を走っていくと約5分で、こんな「カウアイ・コーヒー」の看板が左側に見えます。この写真はタミー反対側から来てるので右側になってますが(^^;

img_5-1

この看板を入ると正面に広がる青い空の下には青い海そして手前には緑が綺麗なコーヒーの木。 ピンクのブーゲンビリアも綺麗なんですよ。

img_3-4

左側に広い駐車場があります。駐車場に入るとこんな可愛い建物が見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは「カウアイ・コーヒー」のビジターセンターです。 こちらの建物は元はサトウキビ畑で働くファーマーが住んでいた家を改造して作られたそうです。

ドアを開けた瞬間からフレッシュなコーヒーのいい香りに癒されちゃう〜♡ コーヒー好きなタミーはたまりません。 こちらには美味しい「カウアイ・コーヒー」のコーヒーを始め「カウアイ・コーヒー」のロゴ入りグッズやウエアそしてカウアイ島のお土産などが買えますよ。

そして奥のドアを開けると広いテラスが現れます。そちらで「カウアイ・コーヒー」約26種類のコーヒー全てが試飲できます。しかも無料です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダークロースト、ミディアムロースト、フレーバーコーヒー、デカフェコーヒーの4つのテ-ブルに分かれてます。試飲用のカップは小さいので色んな種類のコーヒーを飲めるので自分の好きなものを見つけられていいわよ。
お気に入りがあったら是非お土産に買って帰って日本でもカウアイ島を思い出しながら美味しいコーヒー味わって下さいね。ちなみにタミーのおすすめはダークローストの「ブルーマウンテン」。ミディアムローストなら「ビッグ・ブラザー」。

imgres

ダークでもミディアムでもおすすめなのはピーベリー。ピーベリーは貴重なんです。1つのコーヒーの実の中には2つの豆が入っているのですがピーベリーは豆が1つなんです。その分味が凝縮されて貴重なの。
ココナツやマカダミアなどのフレーバーコーヒーは、お好みですがカウアイ・コーヒーでしか買え無いフレーバー・コーヒーはヘーゼルナッツとバナナ・ナッツ・クリームです。
その時期の限定コーヒーもありますから、お店でチェックして下さいね。夏限定でマンゴー・コーヒーもあるのよ;)「カウアイ・コーヒー」のお値段は$7〜$20くらいです。
カフェもあってホットドッグやマラサダと一緒に無料のコーヒーを楽しめちゃうの^^ 勿論、有料のコーヒーやラテ、コーヒーアイスクリームにクッキーやマフィンなどもありますよ。
パラソル付きのテーブルや椅子もいくつかありますよ。テーブルの上には、こんな可愛いコーヒー豆の中で育つプランツも。
img_1-1 午後0.17.17
ビジターセンターにはトイレもありますからね。ご心配なく。カフェの向かい側の椅子に座って先ほどタミーが話ました工場でコーヒーが出来上がるまでのビデオも鑑賞も出来ます。
時間に寄ってビジターセンターの一角でコーヒーを実際にローストしているところも見れますよ。

コーヒーを焙煎している様子を見られます;)

タミーはラッキーな事にカウアイ島にまだ移住する前、初めて「カウアイ・コーヒー」を訪れた時に焙煎の様子を見る事が出来たの〜!その時の様子を見せちゃいますね;)
まずは、こちらコーヒーの花を見て下さい。小さくて白い可愛いお花です。
そしてこちらの緑の丸いのがコーヒーの実です。茶色くなったら収穫してローストします。
アップで見ると葡萄みたいですよね。茶色くなった実の中身は、こんなグリーンの豆なんですよ。
これを、こちらの機械で煎るわけです。
蒸気とともに上がるコーヒーのいい香りがたまりませ〜ん(^^)そちらまでコーヒーのいい香りが届きましたか?(笑) そしてコーヒー豆は、ぐるぐる回りながら煎られて段々と黒くなっていきます。

 

完成したのがこちら黒光りした綺麗なコーヒー豆です。

 

みなさんが、いつも見ている黒いコーヒー豆の出来上がり! こちらには以前使われていた古いコーヒーミルなども展示されてます。

img_3-5

「カウアイ・コーヒー」の歴史を見る事が出来ますよ。
こちらは「カウアイ・コーヒー」のパッケージ。そして、展示品の中にはパッケージと同じデザインのサーフボードもあります。
img_23
そして、展示品の中にはパッケージと同じデザインのサーフボードもあります。
よく見るとブルーのベースにはハイビスカスが。可愛いですよね;)
img_3_m
こんな素敵なサーフボードじゃ海に出れないわ〜(笑)ビジター・センターの中はこんな感じです。では「カウアイ・コーヒー」のお庭に出てみましょう♪

タミーが大好きな「カウアイ・コーヒー」のお庭♡

芝生が手入れされた綺麗なお庭なの。ブーゲンビリアのお花も空気も綺麗〜☆

こちらにもコーヒーの木があるのでコーヒーの木を近くで見る事が出来ます。 この1〜2mくらいの木がコーヒーの木です。収穫し安い様に背丈くらいの高さに刈り込まれています。

img_7

 

この1〜2mくらいの木がコーヒーの木です。収穫し安い様に背丈くらいの高さに刈り込まれています。

 

綺麗な芝生の広い庭にはテーブルとベンチが3つあります。

img_5_m

タミーはバイクでもよく来るので駐車場に、こんなバイクが止まってたらお庭にタミーがいるので覗いて見てね;)

 

ビジターセンターの前にあるのが、こちらの大きなプルメリアの木 素敵でしょ☆

img_5

この木の下のベンチに座ってコーヒーを飲むのが好きなの^^ そうそうコーヒー畑の中を案内してくれるツアーもあるのよ。

 

「カウアイ・コーヒー」ウォーキングツアー

コーヒーの木の中の道を歩きながらコーヒーについて学ぶツアーが「カウアイ・コーヒー」にはあります。ツアーはカウアイ・コーヒーのお庭の一番奥にあるこのサインからスタートします。

S__9658378

ガイド付きウォーキングツアーは午前10時、午後12時、午後2、午後4時に参加できます。ツアー時間は約20分です。 ガイドは英語のみになりますので、ご了承下さい。申し込みはビジターセンターへどうぞ;)

「カウアイ・コーヒー」のお土産にコーヒーを買うのは勿論ですが他にもあるのよ。おすすめのお土産。

 

「カウアイ・コーヒー」のタミーのおすすめ土産

こちらコーヒーを入れる麻袋で出来たコーヒーバッグ。

img_0-1

これはタミーが買った小さいサイズのバッグ。$23くらいでした。

ハワイアンプリントも可愛いでしょ。 同じバッグが無いのもいいのよね。全て手作りです。他にもポーチや大きめのバッグもあります。

コーヒーの麻袋だけなら$8くらいで売っていますから自分で何か作ってもいいですよね。毎年デザインが変わって素敵です☆麻のコーヒー袋は丈夫ですからね。

 

「カウアイ・コーヒー」のロゴ入りステンレスコーヒーボトルはスペシャルよ;)

こちらの「カウアイ・コーヒー」のステンレスボトル$23くらいですが「カウアイ・コーヒー」にあるコーヒーのどの種類を何回入れて飲んでも無料なのよ。永遠に☆ デザインもカラーも色々あります。

img_0_m

って観光客の方にはあまり意味は無い情報ですよね(笑) タミーの家からカウアイコーヒーまでは車で10分くらいなのでタミーにとっては最高の「カウアイ・コーヒー」の商品です。あははは^^

「カウアイ・コーヒー」には特別な木があるのよ。

大きなプルメリアの木だけじゃなくて「カウアイ・コーヒー」には特別な木があるんです。 お土産を買ってショップから外に出たら左側にその木は、あります。男の人が何か書いてます。

img_4-3

とても珍しい木「オートグラフツリー」メッセージを葉っぱに書いたら5年消えないそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉っぱに沢山メッセージや名前が書かれています。タミーはなんだか葉っぱが可哀想で書けません。 字が5年消え無い事より5年間も葉っぱが落ち無い事にビックリしたタミーです@_@

「タミーさん、カウアイ・コーヒーも素晴らしいですがカウアイ島にはコナ・コーヒーみたいな手作業の小さなコーヒー畑は無いんですか?」 ありますよ。紹介しましょうね。もう1つ特別なカウアイ島のコーヒーを;)

 

カウアイ島のこだわりコーヒー「ブラック・マウンテン・コーヒー」

カウアイ島にもコナ・コーヒーの様に手摘み(ハンド、ピッキング)にこだわったコーヒー畑があります。 デニス・オギハラさんが作られている「ブラック・マウンテン・コーヒー」です。

ポイプの奥地、パウプ山(ブラック・マウンテンと呼ばれている山)の麓にある約0.14km2のコーヒー畑です。 約17名ほどのスタッフがコーヒー作りをしています。

カウアイ島では9月〜12月がコーヒーの収穫時期なので手摘みの作業は大変な手間がかかるそうでコナ・コーヒーと同じ様にコーヒー豆にするまでの全ての作業を手作業で行っています。

特に乾燥が一番大変な作業で初日は数十分ごとに、それ以降は1〜2時間ごとに手でかき混ぜて乾かしムラの無い様にするのだそうです。 この作業は6〜8日間も続くんだって聞いた時には驚きました。

巨大な機械であっという間に乾燥させてしまう「カウアイ・コーヒー」の話を聞いた後だと気が遠くなるような作業に思えますよね。でもデニス・オギハラさんは笑ながら「コーヒーの本来の味と香りを失わ無い為には日光で乾燥させるのがベスト!手摘みもクオリティを落とさ無い為には必要な作業。苦労なんて思わ無いよ。」って言うんです。

それはカウアイ島を愛しコーヒーを愛し自分の仕事にプライドを持っているからでしょうね。 でも、この大変な作業の「ブラック・マウンテン・コーヒー」が$10ちょっとくらいでカウアイミュージアムのギフトショップや他、お土産屋さんで買えるというのは驚きです。

90161

タミーもお友達から頂いて飲んだ事ありますが深みのあるとっても美味しいコーヒーです。

*大変残念ですが「ブラック・マウンテン・コーヒー」はビジネスを終了されたそうですm–m

 

いかがでしたか?カウアイ島のコーヒーのお話。カウアイ島のタミーの自慢の美味しいコーヒー飲みにいらして下さいね(^^)

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島への旅行は格安航空券を買うよりツアーが安い!

Aloha(^^)/

あなたが「カウアイ島に旅行しよう!」って決めてた時に、まずは航空券を調べますよね;)

なるべく安く行ける方がいいですものね。

今回はタミーが日本〜カウアイ島の格安航空券を手に入れる方法と格安カウアイ島ツアーを紹介しちゃいます♪

 

日本からカウアイ島へのおすすめ航空会社はハワイアンエアライン。

あなたが日本からカウアイ島に来るには直行便が無いので、まずは日本からハワイのオアフ島のホノルル空港まで来ます。

imgres

ホノルル空港から乗り継いでカウアイ島のリフエ空港まで来る様になります。 日本からホノルル空港まではいくつかの航空会社がありますがホノルル空港からリフエ空港まではハワイアンエアラインになります。

航空券の事も含めてカウアイ島へのアクセスについては「カウアイ島へのアクセス♪」の記事に詳しく書いていますので↓ご覧ください。

カウアイ島へのアクセス♪

ホノルル空港からカウアイ島リフエ空港への乗り継ぎなどの詳しい情報は「カウアイ島へはホノルルからリフエ空港(LIT)へ」↓をご覧下さい。

カウアイ島へはホノルルからリフエ空港(LIT)へ。

 

格安航空券の購入はHISはいかがですか?

まずは自分の予定している日にちでカウアイ島までの航空券がいくらくらいするか調べたいですよね。 インターネットで「カウアイ島 格安航空券」と入れるといくつかの会社があがって来ます。

「インターネットだけで販売してる会社って不安なのよね。」そんな声もあるでしょうから大手でオフィスもあって安心できるのはHISじゃないかしら?

images-1

2016年5月の一番安い値段の航空券は東京(成田)ーホノルル空港ーリフエ空港で航空会社を選ばなければハワイアンエアライン指定は燃油サーチャージ・諸税等込 合計97,820円

詳しくはHISのHP↓「カウアイ島リフエ空港行き航空券」をご覧ください。

http://air.his-j.com/09/LIH/#

 

マイルを貯めれば更に格安!無料です!

格安航空券よりも安いのは無料!そう航空会社のマイレージサービスで貯めたマイルを使って飛んだら無料です!ただより安いものはないですよね(笑)

タミーは日本にもまだ家がありまして家にかかる全ての支払いをANAのクレジットカードで移住後も家族が住んで支払いをしてくれているので移住してから里帰りをしたタミーの分のホノルルー羽田の往復航空券はマイルを使ったフライトでずっと無料です。

タミーとダーリンは共にハワイアンエアラインのクレジット機能は無しのマイルだけが溜まるカードを持っているのでリフエーホノルル。他リフエーメインランド(アメリカ本土)へ行く航空券のマイルを貯めています。

日本へ里帰りする時のリフエーホノルルのハワイアンエアラインの航空券も今までほとんどマイルを使ったフライトで無料です。

「そんなにマイルって簡単に貯まらないでしょ?」

そう思うでしょ。実際にタミーだけじゃなくタミーの友達や知り合いもマイルを使って毎年ハワイ旅行してる方がいますよ;)

フライトマイルだけを貯めるのなら何回も飛行機を利用しなくちゃ中々マイルは貯まらないですがクレジットカード付きのものなら自分が思っている以上にマイル貯まるものですよ^^

imgres-1

タミーは日本にいる時、前は4枚くらいのクレジットカードを持っていたのですがマイルで無料フライトをしている方の話を聞いてからクレジットカードはANAカード1枚だけにしました。

これで生活にかかわるもの全てを支払いしてました。家の光熱費、電話、携帯電話、保険料金、食事や買い物もクレジットカードが使えるお店は全て使っていました。

6年間くらいの間に往復3回の東京(羽田、成田)ーホノルルフライト。成田ーシカゴ。羽田ー札幌(2人分)のフライトがマイルを利用して無料でした!

しかも1人旅をしているとラッキーな事があるんですよ。 東京ーホノルルのフライト2回。 成田ーシカゴのフライトの合計3回がなんと無料のグレードアップでビジネスクラスになりました(^^)/ こんなラッキーな事もあるかもしれませんから、みなさんも貯めましょうマイル。

そして無料の空の旅しちゃいましょう!これが格安航空券より1番安いから(笑)

 

ツアーの方が航空券+ホテル代も入って断然格安です!

みなさんがカウアイ島旅行を決められて格安航空券も手に入れられたら次はホテルですよね。でも、これらを調べて予約してって忙しくて時間が無い方には大変よね。

そこでそういう方には格安ツアーを提供してくれている海外旅行会社のツアーにお願いしちゃうと楽よね;)

タミーがインターネットで調べた「トラベルコちゃん」の格安カウアイ島ツアーをご紹介しましょう♪

imgres-2

 

格安カウアイ島ツアー1(成田発)

【安心の送迎付き】庭園の島・カウアイ島へ豊かな自然が残る美しい島~カウアイ島東岸のビーチフロントに位置する『アストン・アロハ・ビーチホテル』 3泊5日間!128,500円〜

 

格安カウアイ島ツアー2(羽田発)

♪ハワイアン航空*羽田深夜発だから仕事帰りに直行OK!帰りは午後発のゆったり滞在♪カウアイ島東岸のビーチフロントに位置する『アストン・アロハ・ビーチホテル』 3泊5日間!129,500円〜

☆ 期間限定 ☆ 全ツア-対象!11歳以下のお子様に妖怪ウォッチフェイスタオルつき♪

 

格安カウアイ島ツアー3(名古屋発)

☆★名古屋発・デルタ航空で南国ハワイへ★☆魅惑のカウアイ島滞在●アロハビーチリゾート3泊5日間▼滞在中レンタカー乗り放題 12,7,00円〜

こちらはレンタカーまで付いて乗り放題って自由な旅をしたい方にはいいツアーですね;)

 

格安オアフ島&カウアイ島ツアー(成田発)

<カウアイ島&オアフ島周遊♪お得な航空会社未定プラン>送迎付!コートヤード・ココナッツビーチ&マイレ・スカイコート4泊6日間 126,800円〜

カウアイ島&オアフ島もどちらも楽しめちゃうって欲張りツアーです^^ レンタカー利用への変更も可能!ホテルや日数アレンジも気軽に相談出来るそうです♪

以上のカウアイ島への格安ツアーです。

詳しい内容は↓こちらの「トラベルコちゃん」のHPをご覧下さい。

http://www.tour.ne.jp/w_tour/list/5/69/4/

1週間くらいしかお休みが取れ無い方にはツアーは格安でおすすめです。

もっと長いお休みが取れる方、1人旅の方などは「トラベルコちゃん」は格安航空券も取り扱いしています。

imgres

ツアーだと空港の送迎もついていたり特典もあったりで更にお得ですね。初めてのカウアイ島旅はちょっと不安だな〜なんて人には格安カウアイ島ツアーは、おすすめです;)

 

どうでしたか?格安航空券やマイルを使っての無料フライトそして格安カウアイ島ツアー。

役立つ情報がありましたら嬉しいタミーです^^ では、あなたのお越しをカウアイ島でお待ちしていま〜す♪

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島での携帯電話はWi-Fiルーター使用がベスト!コンセントは問題無し!

Aloha(^^)/ あなたは海外でも携帯電話を使いたいですか?

FacebookやLINEで「今カウアイ島のポイプビーチよ〜♪」なんて写真付のメッセージ送りたいですよね(笑)

それに携帯電話が使えたらナビも使えて天気やレストランも調べられますものね。

今回はカウアイ島での携帯電話使用についてお話しましょう♪

 

海外での携帯電話設定はWi-Fi使用のみがオススメです!

今は日本の携帯電話も海外旅行に出発する前に海外でも使用出来る様に設定を変えられたりしますよね。

でも、どのくらいの料金が請求されちゃうのかも怖いので(^^: Wi-Fiのある場所でのみ使える様な設定にする事をオススメします。

そうで無いとジャンクメールがバンバン入って日本に帰ったらすごい金額を請求された>_<なんて話も聞きますから。

今はFacebookやLINE、スカイプなどを使っている方も多いのでFREE Wi-Fiの場所でなら無料でそれらが支えてメッセージや写真を送ったり通話も出来るので安心ですよね。

 

 

携帯電話の設定はモバイルデータ通信かデーターロミングをOFFにして機内モードはON。Wi-Fiの設定をONにして使いましょう♪

カウアイ島に旅行に来る時には日本から飛行機にのる前に携帯電話の設定→モバイルデーター通信かデーターロミングをOFFにしましょう。

モバイルデータ通信かデータローミングがOFFになっていれば、海外で勝手にパケット通信を受ける事が無いので安心ですよ。

(注)携帯電話の機種に寄って設定が異なるかもしれませんので、ご自分でご確認下さい。携帯電話のスクリーンの左上に電波のアンテナが立ってなく3Gとか4Gの表示がなければOFFになっていると思います。

次に携帯電話の電源を切るか機内モードに設定を切り替えましょう。携帯電話の設定→機内モードをONにして下さい。

imgres-2

そして、カウアイ島に到着して飛行機から降りたら電源を切っている方は入れていいですが機内モードは、そのままにしておきましょうね。

携帯電話のスクリーン左上に飛行機マークが出ていたら機内モードになっています。

これで、あなたの携帯電話はFREE (無料)Wi-Fiのある場所に行って設定→Wi-FiをONにして下さい。無料でインターネットが使えます。

 

カウアイ島で使い安いFREE (無料)Wi-Fiの場所はマクドナルドとスターバックス

カウアイ島で設定が簡単でインターネットのスピードも悪く無いFREE Wi-Fiの場所はマクドナルドとスターバックスです。マクドナルドはカウアイ島に3件。

imgres

南のリフエのWalmart ウォルマート内(空港から一番近いです。)西はエレエレショッピングセンターにあります。東はワイポリタウンセンターにあります。 スターバックスもカウアイ島には3件。

imgres-1

南のリフエのククイグローブショッピングセンター内と隣のホクレイショッピングモールにあるセイフウエイ内にあります。東はカウアイヴィレッジショッピングセンター内にあります。

その他、勿論カフェや観光地にもFREE Wi-Fiがある場所もありますがスピードが遅い事が多いです。イラつくくらい遅いので使えない場合もあります。
もし速いスピードのに出会ったらラッキーです。その場所は是非タミーに教えて下さいね(笑)

「私が滞在するホテルには無料Wi-Fiあるのでホテルだけで使うから大丈夫です。」っていう方もいらっしゃるでしょうがホテルのFREE Wi-Fiもめちゃくちゃ遅いスピードのもありますからね(^^; タミーがワイキキにステイした時もホテルに寄ってWi-Fiのスピードは全く違いましたから。

 

カウアイ島は携帯電話の電波の状態が悪い場所が所々にあります(^^;

タミーはアメリカで契約した携帯電話(iPhone)をカウアイ島では使っていますが、それでもカウアイ島では電波の状態が悪くて電話はおろかメール(テキスト)も使えない場所があるんです。

前回の記事で紹介したノースショアのケエビーチやもっと空港から近くのリフエから西に向うルート50のツリートンネルの手間の橋の上近辺も電波は、ありません(–;

それからビルの中に入ったりレストランの中でも電波がいきなり1つくらいになってしまってインターネットが使えない場所もあるカウアイ島です。

images-4

カウアイ島のどこが電波の状態が悪いかタミーも全てを把握している訳ではないので、、、。 何か緊急で連絡をしなければいけない状況になった場合は困りますよね。

レンタカーを運転してる方は、もし事故が起きてしまってちゃんと保険に入っていて24時間対応してくれる日本語サービスもあるのに電話がかけれないとか。

急に具合が悪くなったり怪我をしたりとかになったら携帯電話が使えないと不安になりますよね。

 

カウアイ島で携帯電話を使いたい方は日本からWi-Fiルーターをレンタルされる事をおすすめします!

アクシデントが起きない様に願いますが通常はインターネットで観光地やレストランを検索したり「幸せになれる島カウアイ」のサイトを見てタミーのおすすめをチェックしたり^^

レンタカーを利用される方はでしたらナビも使えますしカウアイ島の素晴らしい景色をタイムリーでFacebookやLINEの友達ともシェアしたいですよね。 なので日本からWi-Fiのルーターをレンタルされて来る事をおすすめします!

images-1

先月カウアイ島にいらしたタミーの知り合いの方はWi-Fiルーターを日本からレンタルされていらしてノースショアのプリンスビル・マカイゴルフコースから普通に日本のお友達に写真を送ったりメッセージを送ったりしていましたよ;)

カウアイ島に滞在中もタミーにLINEの無料電話を使って「タミーさん今ABCストアにいるんですがカウアイコーヒーが2つで20ドルなんだけど、これって安いの?もっと安く買えるところある?」なんて電話して来たりしましたから(笑)

Wi-Fiルーターがあれば問題なくインターネットが使えるので便利ですよね^^ しかも、そんなに高くないんですよ1日のレンタル使用料金。

 

カウアイ島,携帯電話,コンセント島で使用出来るWi-Fi ルーターレンタルはエクスモバイルが一番安い;)

海外Wi-Fiレンタルランキングを調べましたら「エクスモバイル」が一番料金が安くてハワイでは1日860円です。 2位は「イモトのWi-Fi」で1日980円でした。詳しい事は各会社のホームページをご覧下さい。

 

*「エクスモバイル」のHPは↓こちらをご覧ください。

https://www.wifi-park.com/?paramn=4Qx7X1wx

 

*「「イモトのWi-Fi」↓のHPは↓こちらをご覧ください。

http://www.globaldata.jp/zengaku/

images-2

 

*ハワイ専門の「アロハデータ」は10周年キャンペーンで1日880円でした。楽天のポイントも貯まるみたいです。

こちらはオアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島の通信状態が表示されてましたがカウアイ島だけ◎では無く◯でした(–:

「アロハデータ」のHPは↓こちらをご覧ください。

https://www.gmobile.biz/aloha/

「アロハデータ」はハワイ、ワイキキにあります地球の歩き方×ファーストワイズ Aulea Hawaii(アウレアハワイ)のオフィスでもレンタル可能だそうです。

場所はカラカウア通り沿いワイキキギャラリアタワ―6階601号室  TEL (808)951-5131  営業時間 9:00~18:00(年中無休)

 

*ワイキキに行ってからやっぱりWi-Fiルーター借りたいって思った方やワイキキに滞在されて数日カウアイ島にいらっしゃるなんて方にはハワイ最安値の日本語携帯ショップ「モバイルセンターUSA」でもWi-Fiルターレンタルがあります。

本日の$111のレートですと1日$7.80でレンタル出来るので1日866円で借りられます。

オフィスはワイキキのハイアット・リージェンシーホテルの2階にあります。808-922-4100

Wi-Fiルーターをレンタルされる場合は、よく調べた上でご自分のご判断で借りて下さいね。

 

レンタカーを使用の方は車で使える携帯電話の充電器を忘れず持って来ましょう。

カウアイ島にいらしてレンタカーを借りてドライブしながら携帯電話のナビを使用する場合は充電の消耗が早いので車で充電出来る携帯電話の充電器をお持ちになるといいと思います。

シガーソケットで充電するタイプのですが形状に微妙に違いはあっても95%はアメリカの車でも使えるみたいなので日本で使っているものがあれば持って来ましょう。

imgres-3

電圧も大型トラックとかでなければ大丈夫だそうです。 最悪合わなければカウアイ島でしたらウォルマートで買えます。

(注)日本は車のエンジンを切るとシガーソケットも切れる様ですがアメリカの車は常時電源が入っているものもあるようなのでバッテリーが上がったりしてはいけないのですから長い時間車を止める場合はシガーソケットを抜くようにして下さいね。

 

カウアイ島では携帯電話の充電は普通にコンセントに差して使えます^^

カウアイ島だけで無くハワイのコンセントの形状は、Aタイプと呼ばれる日本と同じタイプなので普通にコンセントは使えます。

携帯電話の充電ですがカウアイ島ではホテルなどのコンセントに普通に日本の携帯電話の充電器をコンセントを差して利用する事が出来ますので、ご心配無く。

images-5

携帯電話の他にもパソコン、iPod、デジタルカメラなどの充電器は問題なくハワイではコンセントに充電器を差して普通に使えます。

ただしヘアーアイロンやヘアードライヤーは注意が必要です。ただし最近では日本でもアメリカでも使えるヘアーアイロンやヘアードライヤーも売っています。タミーが使っている日本製のヘアーアイロンとヘアードライヤーは日本でもハワイでもどちらでも使えます。

電圧がハワイの電圧は110/120Vで日本は100Vなので、お持ちの製品がハワイで使える電圧までOKかは、ご確認下さい。
お持ちの製品がハワイの電圧に対応していない場合は変圧器が必要になります。

ヘアドライヤーは、ほとんどのホテルに用意されていますから、そちらを使った方が荷物にもなら無いのでいいと思います。ただしイオンドライヤーやナノドライヤーとかでは無い場合の方が多いです。

(注)ホテルで清掃をしている知り合いの方が、お客様の忘れ物で多いのが携帯電話の充電器と言ってましたから気をつけて下さいね。

部屋を出る直前まで携帯電話を充電していて携帯電話は持ったのに充電コードはコンセントに差したまま>_<なんて事が無いように、お部屋を出る前には必ずコンセントに充電器を忘れていないか確認して下さいね;)

いかがでしたか?カウアイ島での携帯電話情報。少しでも、お役に立てれば嬉しいタミーです(^^)

では携帯電話の心配も無くカウアイ島をお楽しみ下さ〜い♪

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島のオプショナルツアーはSplash of Kauaiにお任せ^^

Aloha(^^)

あなたがカウアイ島にいらしたら色々してみたいプランがあるはずですよね^^

レンタカーを借りて運転出来たり英語も多少出来たらいいけど「どちらも自信が無いわ」と言う方はオプショナルツアーにお任せ出来たら楽よね;)

今回はタミーのおすすめカウアイ島のオプショナルツアーを紹介します♪

 

カウアイ島での心配は移動手段と英語じゃないですか?

海外旅行をする際に問題になるのは移動手段と言葉じゃないですか?

公共の交通機関が充実している東京の様な都会ならバス、電車、地下鉄を使えば車を自分で運転しなくても楽しい旅行が出来ますよね。

カウアイ島の公共の交通機関は「カウアイ・バス」ですが観光地に行くのには正直便利とは言えない「カウアイ・バス」なんです。

「ではタクシーは?」タクシーもありますが台数が少ないんです。

「カウアイ島でレンタカーを運転なんて無理よ。」っていう方はオプショナルツアーに参加するのが楽ですね。

「私は日本のツアー会社にカウアイ島のオプショナルツアーを申し込もうと思ったのだけど種類も少ないし料金も高いんです。私が英語が、もう少し出来たら現地のオプショナルツアー会社に申し込みするだけど。」

大丈夫ですよ^^  日本からでもカウアイ島からでも安心して日本語で相談も申し込みも出来るタミーおすすめのカウアイ島現地のオプショナルツアー会社があります。

 

カウアイ島のオプショナルツアーは安心してお願い出来る「スプラッシュ・オブ・カウアイ」へ!

タミーのブログには、もう何回も登場しています「スプラッシュ・オブ・カウアイ」

タミーがなぜ「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のオプショナルツアーをおすすめするのかはタミーが実際に参加して何も問題なくとても楽しかったからです^^

まずはタミーの体験談を聞いて下さいね。

タミーが、まだダーリンとお付き合いしていた頃のお話ですが彼と初めてハワイ・オアフ島で会った翌月、突然、彼のお父様が亡くなってしまったの。

彼はとても落ち込んでいてメールやスカイプで毎日励ましたのだけど元気の無い顔で「私、仕事があるから4日くらいしか、そちらに行け無いけど行こうか?」と行ったら「うん」という返事に初めてのカウアイ島1人旅になりました。

ハワイ・ラバーのタミーは、それまで数え切れ無いほどオアフ島には行ってましたし、モロカイ島、マウイ島、ハワイ島にも行った事がありましたがカウアイ島は未経験でしたので正直、緊張してました。

そんな時にインターネットで見つけたのが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のHPでした。

4日間の短い滞在でしたが仕事がある彼とずっと一緒にいられる訳ではなかったので1人の時間はせっかく行くカウアイ島を訪れるのですから楽しまなくちゃって思ったの。

出発前の日本から何度も「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のナイアさんと連絡を取っていました。

ナイアさんは日本語でお話が出来ますし私の希望を叶えてくれる為に色々考えて力になって下さいました。こちらナイアさんとカウアイ島の素晴らしい自然の写真でしょ☆

smith_b_03-210x158@2x

写真は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のHP「Smith’s シダの洞窟ボートツアー」よりお借りしました。

写真はブルー・ドルフィンのキャプテンでもありカメラマンでもあるご主人のロイさんが撮影されたものです。タミーもダーリンと愛犬トミーとロイさんに撮影してもらいたいの。 「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のHPには素敵な写真がいっぱいなんですもん。

タミーが初めて「スプラッシュ・オブ・カウアイ」にお願いしたのは「リフエ空港からポイプのホテルへの送迎」 そして最終日に「ポイプのホテルからリフエ空港への送迎。その間にタクシー観光」をお願いしました。

先日、書いたスイーツの記事の中でのマラサダのエピソード読んで下さった方は覚えていますか?

タクシー送迎での「マラサダ・エピソード」は↓「カウアイ島おすすめスイーツ10個(^^)」の記事をご覧下さい。

カウアイ島おすすめスイーツ10個(^^)

タクシーはちゃんと空港に来て下さいましたしホテルへ向かう途中ナイアさんから電話をもらい私に代わって下さってナイアさんの声を聞いた時に、ほっとしたのを今でもよく覚えています。

タクシー運転手のノラさんもホテルの方もその後カウアイ島で出会った方がみんな笑顔で親切だったので私のカウアイ島の初めての1人旅はとても素敵なものになりました♡

 

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」の「皆さまからの声」を見たら、あなたもオプショナルツアーをお願いしたくなるわ^^

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」には「皆さまからの声」というオプショナルツアーを体験した方からのコメントが乗っているコーナーがあります。

タミーがお願いした「タクシー送迎」「タクシー送迎+観光」「ヘリコプターツアー」「Blue Dolphin/ナパリ・スノーケルボートツアー」「Blue Dolphin/ナパリ・サンセットボートツアー(クジラウォッチング)」の「皆さまからの声」も「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のHP「皆さまからの声」にアップされています。「Tammy」という名前だったらそれは私です^^

ダーリンが申し込んでくれた「Smith’s シダの洞窟ボートツアー」ツアーも「スプラッシュ・オブ・カウアイ」にあります。 タクシーツアーの時にドライバーの方が撮って下さった写真です。

unnamed

こちらにタミーが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のオプショナルツアーを体験した時の様子をブログに書いていますので参考にご覧下さいね♪

 

*タミーの↓「Blue Dolphin/ナパリ・サンセットボートツアー(クジラウオッチング)ツアー」ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/tammyn1204/31919078.html

imgres-1

こちらの素晴らしいクジラの写真は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」よりお借りしました。

 

*タミーの↓「Blue Dolphin/ナパリ・スノーケル・ボートツアー」ブログは、こちらをご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/tammyn1204/32202728.html

img_0-1

*タミーの↓「サファリ・ヘリコプターツアー」ブログ1

http://blogs.yahoo.co.jp/tammyn1204/29353839.html

images

 

 

*タミーの↓「サファリ・ヘリコプターツアー」ブログ2

http://blogs.yahoo.co.jp/tammyn1204/29359359.html?type=folderlist

img_2

 

*タミーの↓「シダの洞窟ツアー」のブログ1

http://blogs.yahoo.co.jp/tammyn1204/31328543.html

img_4

 

 

*タミーの↓「シダの洞窟ツアー」のブログ2

http://blogs.yahoo.co.jp/tammyn1204/31332182.html

img_1

タミーは「スプラッシュ・オブ・カウアイ」で本当に安心して楽しいカウアイ島旅をさせてもらったので素直な気持ちで、みなさまにも紹介させて頂いています。

タミーと「スプラッシュ・オブ・カウアイ」の間には何のビジネス関係もありませんからタミーは損得とかでは無く自分がいいと思ったのでご紹介させて頂いているという事をご理解頂きたいと思いますm–m

ではタミーが体験したオプショナルツアー以外にもた〜くさんのツアーが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」には、あるのでご紹介しましょうね^^

 

 「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のオプショナルツアーは沢山ありますよ;)

1, Blue Dolphin/ナパリ・スノーケルボートツアー

2, Blue Dolphin/ナパリ・サンセットボートツアー

3, スキューバダイビング

4, カウアイ日本語ガイドツアー

5, カウアイ写真撮影サービス

6, エンジョイ!カウアイ・タクシーチャーター付写真撮影サービス

7, Smith’s ハワイアンガーデン&ルアウとショー

8, Smith’s シダの洞窟ボートツアー

9, ヘリコプターツアー

10, ワイルア川カヤッキングツアー・6時間(ランチ付き)

11, ワイルア川カヤッキングツアー・5時間(ランチなし※別料金にてご用意可)

12, フレイア川カヤッキングツアー

13, ATV – Kipu Ranch ツアー

14, ATV – Kipu Ranch & Waterfall ツアー

15, シダの洞窟ウェディング

16, カウアイ・ガーデンウェディング

17, カウアイ日本語観光バスツアー

18, カウアイ・ロミロミマッサージ

19, トレッキングツアー

20, 映画ロケ地ガイドサービス

23, カウアイ・フラ&ネイチャーガイドサービス

24, カウアイ・フラレッスン

以上のオプショナルツアーの詳しい詳細、ご相談、ご予約は、こちらの「スプラッシュ・オブ・カウアイ」の↓ホームページをご覧ください。

http://www.splashofkauai.com/j/

 

いかかでしたか? 何かカウアイ島で興味あるオプショナルツアーがありましたか?「沢山あるから迷っちゃう」そうですよね、みんな体験してみたいですよね(笑)

相談も申し込みも安心してできるオプショナルツアー会社「スプラッシュ・オブ・カウアイ」がカウアイ島にある事はカウアイ島旅行には心強いでしょ。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」に連絡する時は是非「タミーのブログを見ました!」とお伝え下さい。ナイアさん、きっと親切に対応してくれますよ;)ナイアさんは、いつでも優しいですが(笑)ではカウアイ島でオプショナルツアーを楽しんで下さ〜い(^^)/

*タミーのおすすめアクティビティ記事*も是非ご覧下さい♪

カウアイ島の楽しいアクティビティ・ツアーは『浮き輪ライディング』

カウアイ島おすすめ最新マリンスポーツは『ペダルボード』!

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島エリア別おすすめ1DAYプラン!

Aloha(^^)/

あなたが旅行で知らない土地にいらしたらなるべく時間を無駄にしないで充実した1日を過ごしたいですよね;)

そんな時、土地感が無いと移動時間を無駄に使ってしまいます。

そこで今回はカウアイ島をエリア別に分けて1日有意義に過ごせるタミーのおすすめプランをに紹介しちゃいます♪

 

カウアイ島観光エリアは東西南北の4コース!

オアフ島からカウアイ島へ1DAYツアーでいらっしゃるお客様はカウアイ島のメイン観光である北のノース所、東のシダの洞窟、南のポイプビーチ、西のワイメア渓谷は外せないので必ずその4ヶ所には行くエリア別のコースを紹介します。

エリア別に観光スポットに寄り、お土産屋さんにより途中でランチするって感じの内容です。 1日と行っても丸1日カウアイ島にいられる訳じゃないですから飛行機での移動時間もありますし

日帰りでいらっしゃる場合は仕方ないのですけれど、、、。

もし数日カウアイ島に滞在出来るのならカウアイ島をエリア別に楽しんで欲しいタミーです。 そうすれば時間を有意義に使えます^^  という訳でカウアイ島を東西南北で分けてタミーのおすすめ1DAYプランを紹介しちゃいましょう♪

S__6725634

何処に滞在されているかによってもコースは多少変わってきますが空港に近いリフエに滞在されているという設定でタミーが訪れて頂きたい場所とおすすめのレストランを紹介したいと思います。

カウアイ島は街灯が少なく暗いので夜のドライブは避けて各エリアからサンセットタイム前くらいにはホテルに帰れる様なプランを考えてみましたのでディナーのおすすめレストランは書いていません。

宿泊先または、お近くでのディナーにおすすめレストランを知りたい方は、お気軽にコメント欄からお尋ね下さいね;)

 

タミーのおすすめ1DAYプラン/西エリア♪

まずはタミーの暮らすカウアイ島の西のエリアから紹介しますね。 リフエから西へ向かって出発〜♪

*朝ごはんはカラヘオの「カラヘオ・カフェ」へ 朝から賑わっている人気のお店よ;)

imgres-1

定番のアメリカンブレックファースト、パンケーキ&ワッフル、サンドイッチ、スムージーがおすすめよ。ヘルシーなアサイボールもあります。

 

*朝食後は更に西へドライブ。

「ハナペペ渓谷展望台」(Hanapepe Valley Lookout)に止まりナイスビューを見て写真撮影。

images-2

*そこからハナペペ・タウンにこのサインからお入り下さい。

imgres-2

「ハナペペ・スイングブリッジ」へ。

愛犬トミーも大好きな「スイング・ブリッジ」です^^

お土産はスイングブリッジ前の「アロハ・スパイス・カンパニー」のハワイアンスパイス、ココナツピーナツバターがおすすめ。

imgres-4

「バナナ・パッチ・ステゥーディオ」はハワイアンな絵柄の手書きのタイルや陶器がおすすめよ;)

*「リロ&スティッチの絵」の前で記念撮影。

ワイメア・タウンに向かいましょう♪

 

*ワイメアタウンの「イシハラ・マーケット」でお弁当&飲み物を買ってね;)

imgres-6

BBQビーフ、コリアンチキンなどが入ったお弁当にサンドイッチやラップ。サラダにポキ、巻き寿司もあります。

 

*さぁワイメアキャニオンへドライブ〜♪ ワイメア渓谷展望台で絶景を見たら

imgres-7

 

こんな綺麗なコケエ州立公園で買って来たお弁当でランチしましょう^^

images

 

ワイメアキャニオンのコケエの山を下りワイメアタウンそしてハナペペと戻ってきましょう。

 

*ハナペペタウンの「ラッパーツによってアイスクリームで休憩しましょう^^

 

トミーはラッパーツのワッフルコーンが大好きなの♡

ハナペペからエレエレに移動しましょう♪

 

*エレエレ・ショッピングセンターの「カウアイ・チョコレート」

imgres-11

”オピヒ”はお土産におすすめです。

カウアイクッキーにキャラメルが入ってミルクとダークの2種類のチョコレートでコーティングされています。

「カウアイ・クッキー」の近くに震災で日本から長旅をしてカウアイ島に流れついたブイがあるので見てくださいね。

imgres-12

 

*そこからすぐの「グラス・ビーチ」をのぞいて見たらハワイアンモンクシールに会えるかもよ^^

images-6

 

*カウアイコーヒーに寄りましょう♪ 30種類ほどのコーヒーが無料で試飲出来ます。

images-9

サンセット前にはリフエのホテルに到着出来る西エリアのプランはいかがでしたか? ワイメアキャニオンの絶景がメインなのでお天気のいい日に出かけたいですね;)

 

タミーのおすすめ1DAYプラン/南エリア♪

リフエから南エリアに向かって出発〜♪ ビーチに行くのでビーチの支度して下さいね。

*癒しのツリートンネルを抜けてimgres-14

 

*ポイプの”ザ・ショップ・アット・ククイウラ”の「リビング・フーズ」で朝ごはん

imgres

ブルーベリーパンケーキ、パイナップルとカリカリベーコンがついたフレンチトーストなんていかがでしょうか。

モーニング・クレープにピザもありますよ。

 

*「ナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデン」へ行きましょう♪

imgres-1

アラートン・ガーデンのツアーではジュラシックパークの撮影で使用された大きないちじくの木も見られます。(ツアーはHPから事前予約すると10%OFFになります。

マクブライド・ガーデンはセルフ・ツアーもあります。次はガーデンの少し先にある潮吹き穴に行きましょう。

 

*「潮吹き穴(Spouting Horn)へ 吹上がる水しぶきは迫力あるわよ@_@

imgres-3

来た道を戻って下さい。右側のビーチ前に素敵なレストランが見えます。

 

*ポイプの有名レストラン「ビーチハウス」でランチしましょう♪ 素晴らしいオーシャンビューよ☆

imgres-4

ちょっとリッチな気分のランチにはトロピカル・ドリンクに。

マンゴーチキンラップや

カルア・ポークサンドイッチはいかがかしら。

 

*食後はポイプビーチでリラックス〜。

images-4

ハワイアンモンクシールに会えたらラッキーね;)

 

*おやつはカウアイ名物”ポイプ・ショッピングセンター”の「プカ・ドッグ」へ。imgres-6

ハワイアン・テイストのホット・ドッグとフレッシュ・レモネードはいかが?

 

*”ザ・ショップス・アット・ククイウラ”でショッピング休憩に「アンクルズ・シェイブアイス」でハワイアンなレインボーカラーのシェイブアイスや

 

「ラッパーツ」のアイスクリーム」もいいわね;)

 

*そこからコロアに戻って「オールド・コロアタウン」で移民ミュージアムを見学したりショッピングを楽しんでね。

imgres-9

 

images-8

コロアタウンからラワイへ向かってドライブ。

 

*ウエア・ハウス3540でショッピングを楽しんで♪

こちらには美味しいコーヒー屋さん、シェイブアイス屋さん、フードトラックもあります。ルート50でリフエに帰りましょう。

どうですか?サンセット前にはリフエのホテルに到着出来る南エリアのプランも中々いいでしょ;)

 

タミーのおすすめ1DAYプラン/東エリア♪

さぁ続いては東エリアのプランよ♪

*朝ごはんはリフエのローカルレストラン「チップ・トップ」で

imgres-3

 

オムレツにパンケーキ

オックステールスープ

にロコモコがタミーのおすすめよ;)

お値段お手頃ボリュームたっぷりの食事が頂けます。

 

*朝食後は近くのカウアイミュージアムを見学して昔のカウアイ島の写真を見ながらカウアイ島の歴史がわかります。

imgres-4

ハワイアンキルトにフェザーレイ、ニイハウシェルの素晴らしいネックレスなども見られます。ミュージアムからカパア方面に走るとこんな建物が左側に見えます。

 

*ハワイアンキルトや布地、クラフトに興味がある人は「カパイア・スティッチェリー」に寄ってみてね。いいお土産がみつかるわ。

images

いい布地やお土産がみつかるわ。

 

「カパイア・スティッチェリー」の先の二股の道を左に進みましょう。

 

*道なりに進んで「ワイルア滝」を見に行きましょう♪

images-3

水量の多い迫力ある滝よ@_@ ルート56に戻りワイルアに向かってドライブしましょう♪

 

*ワイルア川のボート乗り場からシダの洞窟へボートに乗って行きましょう^^

images-4

洞窟内には入れませんがカウアイ島のパワースポットですからパワー沢山もらって下さいね☆

 

*ランチはカパア・タウンの「シュリンプ・ステーション」へ。ガーリックシュリンプはいかが?

imgres-6

ガーリックシュリンプはいかが?

ココナツシュリンプも美味しいしピリ辛が好きな人はタイシュリンプも美味しいよ。

 

*食後は沢山のお店が並ぶカパアタウンに行きましょう。ウインドウショッピングだけでも楽しいわよ♪

images-5

ABCストアもあります。

 

*ハワイ土産を買いたい方はリフエに戻って「ウォルマート」で買いましょう!

imgres-10

「ウォルマート」に入って右側のマクドナルドの横には”ハワイのお土産コーナー”があります。カウアイ島では一番安いです。 食品コーナーにはカウアイコーヒー、カウアイクッキー、ハワイアンチョコレートが安く買えます。多量にお土産を買われる方はコストコがおすすめです。(日本のメンバーカードでも入店出来ます。)

 

*ウクレレに興味のある人は向かいにある「スコッティーズ」に寄ってみて

imgres-11

 

*ウォルマートの隣にはハワイのお土産店「ヒロハッティ」もあります。

imgres-14

こちらではオアフ島ノースショアにある「ドール・プランテーション」の美味しいパイナップルアイスクリームも食べられます。

お土産を沢山買ったのでホテルに戻りましょう♪

東エリアはタウンなので、お土産を買うのは、このエリアがいいですね。

 

タミーのおすすめ1DAYプラン/北エリア♪

最後は北エリアのプランですよ〜♪ ビーチに行くのでビーチの用意をして下さいね。

この日は少し早起きして朝食は食べずにノースショアに向かって車を走らせましょう^^

*途中のカパアの「セイフウエイ」か「フードランド」のスーパーマーケットに寄ってサンドイッチとかマフィンとかの軽い朝ごはんと飲み物を買いましょう。

images-6

 

お腹が空いちゃったら車の中で食べるも良し一気にノースショアのハエナまでドライブしますよ! 途中買い物しても1時間〜1時間半でハエナ・ビーチパークに到着します。

(注)ハナレイ・タウンの手前に1台ずつしか渡れない橋がありますから車が来ていたら止まって待ちましょう。その後ケエビーチに向かうまで、同じ様な橋が何ヶ所かありますので、お気をつけ下さい。

*ハエナ・ビーチパークの駐車場に車を止めたら荷物は車に置いて懐中電灯だけ持って駐車場の向かい側にある「ウエット・ケイブ」(洞窟)を見にいきましょう。

 

水が青く輝いていて綺麗です☆ 洞窟探検を楽しんだら駐車場に戻りビーチに必要な荷物を持って突き当たりにあるケエ・ビーチへ歩いて行きましょう。(5分ほどです。)

(注)ハエナ・ビーチパークの駐車場は台数が少ないし狭い道路で路駐できる場所もあまりありませんので朝9時前には行かれる事をおすすめします。

 

*カウアイ島最北端のケエ・ビーチです^^ 素敵でしょ☆

IMG_9969

車の中で朝ごはんを取らなかった方は美しいビーチを眺めながらゆっくり召し上がって下さいね。  ランチタイムまでビーチでゆっくりして下さい。

 

*帰りながらハエナ・ビーチの駐車場に車を泊めて道路を渡って「ドライ・ケイブ」を見に行きましょう。

洞窟の中から外を見るとこんな感じ。洞窟の中とっても広いです。

駐車場に止まっているトラックのスムージー美味しいですよ;)

 

*「ハナレイ・ビーチ」まで戻ってナ・パリコーストの景色を楽しんだり遠浅のビーチでサーフィンにチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

images-9

 

 

*お腹が空いたら”ハナレイ・タウン”「チングヤング・ヴィレッジ」の「ヴィレッジ・スナック&ベーカリー」でランチしましょう。

imgres-17

ハワイアン・ローカル・フードの「ハワイアン・チリペッパー・チキン」が人気のお店です。甘辛のソースがフライドチキンによく合います。

デザートには「チョコレート・ハウピアパイ」がおすすめ。(ハウピアはココナツの事ね)

 

*ランチしたらプリンスヴィルに向かいます。プリンスヴィルを過ぎるとすぐ右側にハナレイ渓谷を見下ろせる展望台があるから止まりましょう。

images-11

広がるタロイモ畑の水田が見えますから是非、車を止めて見て下さいね。

 

*それを過ぎて次はガソリンスタンドがある二股の道左側に入って「キラウエア灯台」に行きましょう。

imgres-18

こちらも素晴らしい景色を堪能できますよ^^

 

*”海で遊んだらお腹すいたよ。”って方にはキラウエアからカパアに向かう山の中アナホラの「オノチャ・バーガー」に寄っちゃいましょう。赤い建物が目印よ;)

食べやすく半分にカットされたバーガーは綺麗でしょ☆

ロコガール&ロコボーイなんていうメニューのハワイアンバーガーもありますよ。

キング・コングの横顔と呼ばれる山もアナホラのドライブ中に見えますからね。

 

*喉が乾いたらカパアのオオツカ・ファニチャー隣のシェイブアイスのお店「テゲ・テゲ」さんに寄ってね。

imgres-20

ブルーのトラックが’目印です。日本人オーナーが作る手作りシロップの美味しいシェイブアイスを食べてみてね。

 

北エリアは朝早起きして向かいましたから少し疲れるかもしれません。このままホテルへ戻りましょう。 北エリアのプランはカウアイ島の大自然を満喫出来ちゃいますよ;)

 

いかがですか?カウアイ島を東西南北のエリアに分けてのタミーおすすめ1DAYプラン♪

興味あるエリアプランは、ありましたか?

「私はスパに行きたいわ。」「俺はゴルフしたいよ。」「私達はパワースポットに行きたいの。」なんてカウアイ島でしたい事がある方はコメント欄から教えて下さいね。 タミー真心込めてプラン作りをするお手伝いをさせて頂きます(^^)

だってカウアイ島までいらして頂けるんですもの。やりたい事して食べたいもの食べて大満足して思い出沢山カウアイ島で作って帰ってもらいたいタミーです。 そして、またいらして下さいね〜カウアイ島へ。お待ちしてま〜す!

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島は沢山の映画の舞台になってます!

Aloha(^^)/ カウアイ島が沢山の映画の舞台になっているって知っていましたか?

世界の映画ロケ地トップ10にカウアイ島はランクインしてるのよ。

あなたが知っている映画もきっとあるはず;)

どんな映画のどんなシーンでカウアイ島が舞台になっているのかタミーが教えちゃいましょう♪

 

世界の映画ロケ地トップ10のカウアイ島よ;)

1950年撮影の「バード・オブ・パラダイス」の映画がカウアイ島で撮影された初めての映画で、それからカウアイ島が舞台となった映画は50本以上になるそうです。

50本以上もあるのなら@_@世界の映画ロケ地トップ10にカウアイ島がランクインしているのもわかりますよね。 ハリウッドの大スター達も撮影の為に沢山訪れているカウアイ島よ;)

では最近の映画で皆さんが知っているカウアイ島が舞台で撮影された映画は、この映画じゃないかしら?

 

一番新しい映画でカウアイ島が舞台の映画は「ジュラシック・ワールド」

あなたは知ってますよね「ジュラシック・パーク」「ジュラシック・ワールド」の映画。 太古の琥珀に閉じ込められたDNAから現代に蘇った恐竜たちが生息する「ジュラシック・パーク」でトラブルが起こり解き放たれた恐竜たちが人間を襲うというストーリーです。

Unknown

1作目の「ジュラシック・パーク」の映画を見た方は覚えていると思いますが映画が始まると主人公達を乗せたヘリコプターがジュラシック・パークがあるイスラ・アイランドの場所に近づくシーンには、なんとも幻想的な切り立った山が登場しますよね。

「地球上にこの様な場所があるのかしら?」と驚きこれから恐竜が出るだろうというタミーの映画への興奮を更にかきたてた、その山こそがカウアイ島のナ・パリ・コーストです。

images-4

「ジュラシック・パーク」の映画に魅了されたタミーは1作目〜最新作まで全作品を見ましたよ。

映画の中ではナ・パリ・コースト以外にもカウアイ島のワイルア滝の奥地、カパア渓谷、ハナペペ湾で撮影が行われたので映画の中でカウアイ島の素晴らしい自然を満喫する事が出来ます。

昨年の2015年タミーも新作「ジュラシック・ワールド」をカウアイ島の映画館で見ました。

「ジュラシック」シリーズの映画は好評でいくか上映されましたよね。みなさん全部覚えてますか?

 

「ジュラシック」シリーズは全4作品あります。

1作目『ジュラシック・パーク』(1993年)

2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)

3作目『ジュラシック・パーク III』(2001年)

最新作『ジュラシック・ワールド』(2015年)

全ての作品でカウアイ島が舞台になり撮影されたシーンが使われています。

1作目の「ジュラシック・パーク」のビジターセンターはカウアイ島にのカパアの山手のケアリアのバレーハウスという80エーカーもの広大な私有地にセットが立てたれたそうです。凄いですよね。

あなたは覚えてますか?恐竜がテーマパークから外に出ない様に作られた高圧電流の流れるフェンスそれにトンネルはワイルア滝の奥地にあるブルーホールと呼ばれる山の奥地に作られたそうです。

imgres-3

ブルーホールはリフエの町からも見る事が出来る山でいつも青色に見えるので、そう呼ばれているそうです。この写真「ジュラシック・パーク」のゲート覚えていますか?今では右側の2本の柱が残っているだけだそです。

imgres-1

今では右側の2本の柱が残っているだけだそです。

大自然の中にそこまでのセットを作って撮影って想像出来ませんよね。

最新作の「ジュラシック・ワールド」はカウアイ島で見たので毎日見ているカウアイ島の景色ですから今まで見た他のジュラシックパークの映画の中で一番リアリティがあって怖くてたまりませんでした(笑)

さらに帰りは夜、映画館のある町を抜けたら街灯も無いカウアイ島です。草むらからガォーーーーって突然恐竜が襲って来そうで帰りのドライブはドキドキでした(^^;

でも一番感動したのは映画が始まる前にカウアイ島の住民が出演したショートフィルムが流れた事。このフィルムはたぶんカウアイ島の2つの映画館のみで上映されたのだと思います。

フィルムの内容は最初に美しいカウアイ島の大自然の映像が流れて、その後、草が揺れたりしてそれを見てカウアイ島の人々が恐竜を見て驚き逃げる演技をする映像なんですが恐竜は登場しません。

この後の〆がいいんですよ。カウアイ島の人々がみな笑顔で「サンキュー♡スピルバーグ」っていうサインボードを持って現れるの。

そう「ジュラシックパークの映画をカウアイ島を舞台に撮影して下さってありがとうございます。」というスピルバーグ氏に感謝を込めて作られたショートムービーなのです。 ショートムービーが終わった後は本作の上映後より大きな拍手が起こりましたよ(笑)

1作目の「ジュラシック・パーク」の映画には嵐が近づくという説定があったのですが撮影中にカウアイ島を本物のしかも20世紀最大級のハリケーン「イニキ」が襲ったのです>_<

その時の撮影秘話そして、その他のジュラシックパークの映画については以前の記事「ジュラシックパーク撮影場所を見にハワイ、カウアイ島に行こう!」↓をご覧ください^^

ジュラシックパーク撮影場所を見にハワイ、カウアイ島に行こう!

「ジュラシック・ワールド」の次に新しいカウアイ島が舞台の作品を紹介しますね;)

 

カウアイ島が舞台で美しいノースショアで撮影された映画「ファミリー・ツリー」

images

「ファミリー・ツリー」の映画のポスターにもなったこの写真はカウアイ島のハナレイビーチです。 後ろにナ・パリ・コーストの美しい山々が見える素晴らしいビーチです。

この映画ジョージ、クルーニーが暮らす家はオアフ島で撮影されましたがジョージ・クルーニーが祖先から受け継いだ素晴らしい広大な土地はカウアイ島が舞台で撮影されました。 家族みんなで高台に立って眺める美しい景色はカウアイ島のノースショアです☆

images

ジョージ・クルーニーは今まで数々のカッコイイキャラクターで映画に主演していますが、この映画では等身大の父親を演じていて少しカッコ悪いジョージ、クルーニーが見られるのもいいです。

本当の財産は何なのか?「忘れていた大切な絆を探す旅に出る」そんな映画が「ファミリー・ツリー」です。

詳しいストーリーを話してしまうとつまら無いので

こちらの素晴らしい予告編を↓是非ご覧ください♪

http://www.foxmovies.jp/familytree/trailer2.html

予告編見たら「ファミリー・ツリー」見たくなったでしょ(笑) 「ファミリー・ツリー」はブルーレイ&DVDで発売されているのでレンタルされて是非、見て頂きたい作品です。

そして映画を見ながら素晴らしいカウアイ島の自然も一緒に味わって欲しいです。

見られる方は出来ればブルーレイで見て欲しいわ。ブルーレイでしか見られ無い特典があるんです。

 

ブルーレイ特典1, ジョージ・クルーニーのおちゃめな姿が見られます。

本作の上映後に特典として撮影外の様子の映像があるのですが、そのジョージー・クルーニーがたまらなく面白いの。 ジョークの連発でクールなジョージ・クルーニーからは想像出来ませんよ。

とても親しみが持てて彼を近くに感じられますからジョージ・クルーニーファンには必見です^^

+監督さんもとてもお茶目で可愛いの♡

 

ブルーレイ特典2, 安らげるハワイアンミュージックビデオが見られます。

「ファミリー・ツリー」の映画ではハワイアンミュージックがふんだんに使われています。 美しいカウアイ島の風景に美しいハワイアンミュージックは、もちろんぴったり合います♪

映画の中で使われたハワイアンミュージックのDVDもブルーレイ特典として見ることが出来ます。それだけでも、とっても安らげますから「ファミリー・ツリー」のハワイアンミュージックで癒されちゃって下さいね。

2012年アカデミー賞 脚本賞受賞。ゴールデングローブ賞2部門を受賞した素晴らしい作品「ファミリー・ツリー」で美しいカウアイ島を感じて下さい♡

他には、みなさんが知ってるカウアイ島が舞台で撮影された映画は、こんなのもありますよ。

 

「キング・コング」映画もカウアイ島が舞台で撮影されました。

ストーリーはキングコングがスカルアイランドで巨虫や肉食恐竜と激闘を繰り広げた後、見世物として連れて来られたニューヨークで大暴れするというお話です。

imgres

「キング・コング」も人気作品で随分昔から何作品か上映されているのをご存知ですか?

1作目「キング・コング」(1933)

2作目「コングの復讐」(1933)

3作目「キングコング」(1976)

4作目「キングコング2」(1986)

5作目「キング・コング」(2005)

キングとコングの間に・が入ったり入らなかったりは意味があるのかタミーにはよくわかりませんが(^^; 5作品もあったとはタミー知りませんでした。

この他にも日本で撮影された「キング・コング」の映画もあったのよ。 1938年には「江戸に現れたキングコング」1962年「キングコング対ゴジラ」1967年「キングコングの逆襲」など。

images-4

日本が舞台の「キング・コング」映画ってどうなんでしょうか?(^^:「江戸に現れたキングコング」のタイトルには笑っちゃいましたけど^^ 話が逸れましたが、これほど沢山の作品が作られたのはキングコングがみんなに愛されていたからよね。

原作ではキングコングは18.8m で 16.8mのティラノサウルスより大きいんです。そんな大きなゴリラなのに映画を見たことのある方はおわかりでしょうが可愛いんですよねキングコングの目。 とても優しい目をしていているの。ほらね、こんな優しい目です。

images-1

タミーは2005年の「キングコング」の映画しか見た事ないのですが最後は大泣きしました。

images-5

胸がキューンとなっちゃう「キング・コング」は究極のラブストーリーだと思うタミーです♡

 

「キング・コング」の映画の撮影はキラウエア、ナ・パリ・コーストそして、こちらのポノプ・ビーチが舞台になりました。

img_2

「キング・コング」の映画の撮影はナ・パリ・コーストのカララウ渓谷のこの美しいポノプ・ビーチが舞台となったのです。 車では入り込めない秘境という映画の設定にはぴったりの場所でした。撮影機材やスタッフは全てヘリコプターでこの地に運ばれたそうです。

それは大変な事だったでしょうが「キング・コング」の暮らす場所としては最適で素晴らしい映画が苦労の末完成して大ヒットとなりました。

 

カウアイ島のアナホラには「キング・コング」の横顔という山があるんですよ。

アナホラという場所はカウアイ島のクヒオハイウエイ(ルート56)をリフエ空港からノースショアに向かって30〜40分ほど北上してくと変わった形の山並みが続く景色が見えてきます。それがアナホラ山脈。

imgres-1

アナホラ山脈の中でも際立って目立つサメの背びれの様な形をしたこの山がカラレア山です。

images-7

1976年に「キング、コング」の映画がリメイクされてからはキング、コングの横顔に似ていると言われているこの山です。そういえば似てますよね。 それ以来カラレア山は「キング、コングズ、プロファイル」(キング、コングの横顔)と呼ばれるようになったそうです。

「キング・コング」の映画はカウアイ島が撮影されましたけど、この山が舞台で撮影されたわけでは、ありませんからお間違えの無いようにね。

 

来年2017年3月10日上映予定の最新「キング・コング」映画もカウアイ島が舞台で撮影中!

予定されている映画のタイトルは「コング:スカル・アイランド」これが来年上映予定の「キング・コング」の最新映画になります。撮影はカウアイ島で行われると地元の関係者らしき人物が2015年5月にツイートしたとか。

どうやら最新作もカウアイ島が舞台で撮影されている様です。 シリーズのスピンオフにあたる作品でドクロ島を舞台に、コングの起源を描く予定だそうです。

楽しみですね〜カウアイ島が舞台ですから上映されたら絶対にタミーは見に行きますよ!

 

他にもこ〜んなに沢山カウアイ島が舞台の映画があるんです!

カウアイ島の撮影場所と映画のタイトル、上映された年代そしてカウアイ島での撮影秘話を年代順に紹介しますね。

*撮影地不明「バード・オブ・パラダイス」(1950年)

*ハナレイ・ベイ「雨に濡れた欲情」(1953年)

*タヒチ・ヌイ/「ハナレイ・ピア南太平洋」(1958年)

この映画は南の海に存在するバリ・ハイ島という設定。そのイメージがカウアイ島のノースショアのビーチにピッタリだったそうでカウアイ島の住民もエキストラとして参加して撮影されたそうです。ハナレイ、ルマハイ・ビーチ、キラウエア滝などが舞台となりました。 今は無くなってしまいましたがハナレイ湾を見下ろすハナレイ・プランテーション・ホテルで撮影が行われたそうです。

 

*ハナレイ・ピア「南太平洋ボロ船作戦」(1960年)

*ココ・パームス「ブルー・ハワイ」(1961年)

世界的に有名な歌手であり俳優でもあったエルビス・プレスリー主演のこの映画はカウアイ島のワイルア川、リドゲード公園が舞台となり撮影されました。

映画の一番盛り上がるシーンはココ・パームス・ホテルが舞台で撮影されたエルビス・プレスリーのウエディングでした。

imgres

そのウエディングシーンはその頃の女性達の憧れで映画の後このホテルを一躍有名にして映画と同じスタイルで数え切れないほどのウエディングが行われたそうです。 「ブルー・ハワイ」の映画が一番カウアイ島を有名にした映画と言われています。

エルビス・プレスリーは、このホテルをこよなく愛して彼のプライベートジェットでカウアイ島をプライベートでも訪れたそうで当時ホテルで働いていたおじいちゃんは今でも懐かしそうに当時のエルビス・プレスリーの様子を語ってくれましたよ。 スターなのに従業員にも優しいとてもフレンドリーな方だったそうよ。

そんな素敵な思い出がいっぱいのココ・パームスホテルは1992年のハリケーン「イニキ」によって破壊されて今も再建されておらず寂しいままです。

ハイアットが再建なんて話も出ているのでココ・パームスホテル再開して「ブルー・ハワイ」の映画の様な結婚式を挙げるカップルが増え続けたらいいなって思うタミーです♡

 

*ハナレイ・バレー「太平洋戦争」(1961年)

*ハナマウル・ベイ/オパエカア滝「ドノバン珊瑚礁」(1963年)

*モロアア・ビーチ「ギリガン君SOS」(1964~67年)

*キプ・ランチ「インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》」(1981年)

ステーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカス監督の映画で有名ですよね。

images-7

この映画の最初に登場する不気味なシーンはカウアイ島のフレア川上流が舞台で撮影されたそうです。この映画にも多くのカウアイ島の住民がエキストラとして参加したそうですよ。 撮影時はアラートン・ビーチには撮影用の大きな船が停船していたそうです。

 

*ハナレイ「アンカーマン・バーロー」(1983年)

ジーン・ハックマン主演の映画。ベトナム戦争の映画ですがハナレイのタロイモ畑をベトナムの水田にみたてて撮影が行われたそうです。 ベトナム人の村人の役をカウアイ島の住民がエキストラとして演じたそうです。

カウアイ島には日本人、フィリピン人、中国人、ポルトガル人、ドイツ人、イギリス人と多くの人種がプランテーション時代に移住したので様々な人種が混ざり合っているのでエキストラを探すのにとても都合がいいそうです。

この映画の主な舞台となったのはルマハイの谷のワヒアワ・キャンプでしたが、この映画の撮影中は、その上空を戦闘シーンの撮影でカーキ色のヘリコプターが飛び交っていたそうです。

 

*ハナペペ「フライト・オブ・ザ・イントゥルーダー」(1989年)

タミーの暮らすハナペペの町が舞台で撮影された映画もありました^^ この映画はオールドハワイにタイムスリップしたかの様なハナペペの古い街並みをそのまま撮影に使ったそうです。

ハナペペの町は今でも実在する町ですが映画の撮影時はセットだと思われた観光客の方も多かったそうですよ(笑)なぜなら撮影用の太いケーブルが建物に沿って張り巡らせれていたからだそうです。 ハナペペの住人も大事な役でのエキストラでこの映画の撮影に参加したそうです。

 

*アニニ・ビーチ「ハネムーン・イン・ベガス」(1993年)

*カパア・タウン「ジュラシック・パーク」(1995年)

*カモキラ・ビレッジ「アウト・ブレイク」(1995年)

imgres-2

ダスティン・ホフマン主演のこの映画はアフリカのザイールの村という設定ですがカウアイ島のワイルア川沿いのカモキラ・ヴィレッジが舞台で撮影されました。

100人ほどのカウアイ島の住民がアフリカ人になりきって熱演したそうです。 エキストラで参加したカウアイ島の住人はみな「ダスティン・ホフマンは気さくで楽しくて面倒見がいい人」と語り継がれているそうです。

 

*ハナマウル・ベイ/アリオマヌ「6デイズ/7ナイツ」(1998年)

ハリソン・フォード主演の映画で、この映画の中で観光客、ホテルの従業員、ダンサー、ミュージシャンの役のエキストラを応募したところ、なんと600人もの募集がカウアイ島の住民からあったそうです。 タミーもその時にカウアイ島にいたら応募してましたよ。エキストラだって映画に出られるって凄いことよね;)

主演のハリソン・フォードは3ヶ月あまりカウアイ島に滞在してプライベートタイムをカウアイ島で満喫する姿もカウアイ島の住人達は、よく見かけたそうよ。

映画の設定はポリネシアンのマカテア島なのですが飛行機が不時着するシーンなどの多くはカウアイ島で撮影されたそうです。 ただカウアイ島のジャングルは熱帯雨林では無いのでポリネシアの感じを表現する為に驚く事に400本もの椰子の木が映画の舞台に運ばれたそうです。 いい映画を作る時って妥協はしないのね。

 

*ワイルア滝「アメイジング・レース」(2002年)

*ワイルア滝/カウアイ・サンドビーチ
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」(2008年)

カウアイ島で撮影された映画の中では最大級のスケールでスピルバーグ氏のドリーム・ワークス・ピクチャーの映画だそうです。この映画の主演と演出はコメンディアン&俳優であるベン・ステラ。ナイト・ミュージアムの俳優さんって言ったらおわかりになるかしら。

キャストとクルーだけでも300人を超える方が撮影時はカウアイ島に滞在し数え切れないほどの撮影用の大型トラック、トレーラー、コンテナなどがハリウッドからカウアイ島に運ばれたそうです。 この映画はジャングルでベトナム戦争の映画を撮影する為、痩せ型のアジア人ルックスのエキストラが必要で多くのカウアイ島の住人がエキストラとして出演し他の島からもエキストラが参加しました。

ベン・ステラはカウアイ島のノースショアに家まで買って撮影前から何度も家族と一緒にカウアイ島を訪れては、この映画についてのアイデアを考えていたそうです。 カウアイ島での準備に半年。映画の撮影に4ヶ月を費やしたカウアイ島が舞台の大作映画になりました。 どの作品もいい映画を作る為には妥協はしないのね。

 

*撮影場所不明「アバター」(2009年)

images-8

先住民ナヴィが暮らす森やナヴィがパワーをもらうバニアンツリーはカウアイ島が舞台で撮影されたと言われています。

 

*ココ・パームス「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(2010年)

ジョニー・デップ主演の海賊映画みなさんご存知ですよね。

images-6

 

*タヒチ・ヌイ「ファミリー・ツリー」(2011年)

*ナ・パリ・コースト「ジュラシック・ワールド」(2015年)

 

(おまけ)

「パーフェクト・ゲッタウエイ」(2009年)ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画。

ハナカピアイ、カララウ渓谷で殺人事件が起きるというカウアイ島が舞台の映画なんですが映画の中ではカウアイ島のナ・パリ・コースト、ハナカピアイ、カララウ渓谷の風景が使われていますが実際の映画の撮影はプエルトリコで行われました。でも、この映画の中ではカウアイ島の美しい景色を見る事が出来ます。

 

この様にカウアイ島だけの映像を使われている映画も他にもあるそうですしテレビ、ビデオ、コマーシャルなども含めたら数え切れないほどの美しいカウアイ島の映像が使われているそうですよ。 こんなに沢山の映画の舞台にカウアイ島が選ばれていたとはタミーも知りませんでした。

「カウアイ島に行ったら映画のロケ地に行ってみたいわ〜♪」

ありますよ!そんなあなたの夢を叶えてくれちゃうツアーが;)

 

カウアイ島が舞台になった映画のロケ地を巡るツアーがあるんです!

ガイドがハリウッド目線でご案内する映画好きの方にはたまらないスペシャルツアーです。

日本語の案内マップ付きなので安心です。ローカルレストランでの昼食付きで大人$114 お子様は$60.50(3歳以下のお子様は無料)ホテルへの送迎あり。

「映画ロケ地を巡る!カウアイ島ムービーツアーのスケジュール」

  • 07:00-08:15 ホテルお迎え
  • ワイルア滝*
    トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008)、アメイジング・レース(2002)
  • ハナマウル・ベイ*
    6デイズ/7ナイツ(1998)、ドノバン珊瑚礁(1963)
  • ココ・パームス* ※このツアー参加者のみ立ち入りが許可されている場所です!
    パイレーツ・オブ・カリビアン(2010)、ブルー・ハワイ(1961)
  • オパエカア滝*
    ドノバン珊瑚礁(1963)、Lt. Robin Crusoe, USN(1966)
  • カパア・タウン
    ジュラシック・パーク(1995)
  • アリオマヌ
    6デイズ/7ナイツ(1998)、Voodoo Island(1957)
  • モロアア・ビーチ*
    ギリガン君SOS(1964~67)、The Castaway Cowboy(1974)
  • キラウエア灯台
    リロ・アンド・スティッチ(2002)
  • ハナレイ・ベイ*
    雨に濡れた欲情(1953年)
  • ハナレイ・ピア
    南太平洋(1958)、南太平洋ボロ船作戦(1960)
  • ハナレイ・バレー
    太平洋戦争(1961)
  • * マークが付いているところには下車してご案内いたします。
  • 15:00-15:30 ホテルお送り

ツアーの詳細とお申し込みは↓こちらをご覧下さい。

http://www.veltra.com/jp/hawaii/kauai/a/107052?utms=ls&utm_source=ls&utm_medium=auto_param

「タミーもこのツアー行きた〜い!」楽しそうですよね^^

 

どうでしたか?あなたも驚いたんじゃないですか?沢山の映画がカウアイ島で撮影されてましたね。 今回カウアイ島が舞台で撮影された映画について調べて色々なカウアイ島でのとても興味深いエピソードも知れて面白かったタミーです。

ここで紹介されたカウアイ島が舞台の映画をDVDでご自宅で見るも良し! 舞台になった撮影場所をご自分の目で見にカウアイ島にいらっしゃるも良し!

素晴らしい映画の数々を通してカウアイ島を感じて頂けたら幸せなタミーです(^^)

Much Aloha♡Tammy