カウアイ島への移住は幸せがいっぱい(^^)

Aloha(^^)/

あなたはハワイ移住してみたいと思いますか?タミーは沢山の方から「ハワイ移住して、どう?」って聞かれます。 そして、いつも即答で「幸せよ^^カウアイ島はパラダイス!」って答えます。

今回はタミーがハワイ・カウアイ島になぜ移住してどんな事が幸せなのかお話しますね♡

 

タミーは愛犬トミーとカウアイ島に移住しました。

タミーがハワイ・カウアイ島に日本から愛犬トミーと移住したのは2012年の9月9日。カウアイ島に移住して、もうすぐ3年半になります。カウアイ島リフエ空港に到着した時のトミーです。ちょっぴり不安そうな顔かな。img_1

空港から外に出た時の空は綺麗な青空でした。

タミーはカウアイ島が大好きです。実際、移住前に1度しかも4日間しか滞在した事の無かったカウアイ島。それまではオアフ島、マウイ島、ハワイ島、モロカイ島とハワイは大好きで数えきれないくらい旅行や長期滞在もして来ましたがワイキキに滞在する事が一番多かったタミーにはカウアイ島は正直、田舎でした(笑)

タミーは日本は山梨県生まれ、育ち。山梨は海は無いけどカウアイ島に似て自然が美しい素晴らしい所ですがタミーの山梨の家は歩いて5分で7.11に行けましたし10分ほどでレストラン、スーパーマーケットがいくつもあるモールへも行かれた便利な場所だったのでカウアイ島の方が田舎だと感じました(^^;

「ワイキキとは別世界の田舎のカウアイ島で私は暮らしていけるのかしら?」不安もありましたが実はタミーには山梨に辛く悲しい過去があったの、、、。

 

タミーの人生はローラーコースター天国から地獄へ

タミーは山梨県でとても幸せに暮らしていました。旦那さまと愛犬トミーと。旦那さまは、とても優しい人でタミーには、もったいないくらい素敵な人でした。

若い時にジャニーズにスカウトされたほどのイケメンだったんですよ;)15歳の時にタミーの一目惚れで押しまくり20歳で結婚したのですが(笑)

それから、ずっと仲良く暮らしていたのに突然、旦那さまは亡くなってしまったの。今までのタミーの人生の中で一番悲しい出来事でした。

自分が一番不幸に思え誰とも会いたく無くなり、ご飯も食べれなくなり今からは想像できないでしょうがゲッソリ痩せました。鬱だったんでしょうね。なんども家の近くの高速道路にかかる橋からトミーを抱いて飛び込もうと思った事か…

そんな時いつも私を可愛い目で見つめて思いとどまらせてくれたのが愛犬トミーでした。

img_9

寂しくて寂しくて言葉では表せないほど彼を失って寂しかったタミーは毎晩、泣きながら亡くなった旦那さまに

「寂しくて耐えられない〜お願いだから誰か連れて来て〜そうでなきゃ生きていけない〜。」とわがまま放題言って天国の彼を悩ませていました。

いつしか笑顔も無くなった私に旦那さまは心配だったのでしょうね。連れて来てくれたんです素敵な人を☆

 

タミー第2の人生をハワイ・カウアイ島でスタート!

タミーにはワイキキに住む国際結婚した友達がいました。(残念な事に私達の結婚式にも参加できず癌で亡くなってしまったの。)ある日スカイプで彼女と話した時に「タミー、気分が変わるからハワイに遊びにおいで」と誘われてたの。

あまりにやつれて暗く変わり果てた私に家族が「トミーをみていてあげるからハワイに遊びに行っておいでよ」と言ってくれて気乗りしないで行ったハワイで友達が突然連れて来たのが今のダーリンでした。

翌日、買い物に1日中付き合ってくれホテルまで送ってくれた彼から「お付き合いして頂けませんか?」と突然の告白@_@  その後、遠距離国際恋愛がスタートして半年後にプロポーズされました。

img_0-2

1カラットの婚約指輪頂きました(^^)下はタミーの結婚指輪。 右のはダーリンの結婚指輪。私の結婚指輪よりゴージャス: (  映画の様に膝間づいて”Will you marry me? ”とプロポーズしてくれたの。タミーの答えは勿論”YES!”でした。

日本でフィアンセビザが下りるのを8ヶ月待ち渡ハして結婚そしてカウアイ島に移住。

21695172775_5cf228c82b_z

タミーの人生ローラーコースターみたいでしょ? そうです人生は何が起こるかわからない。あなたも来年ハワイ移住してるかもよ;)

 

タミーが夢中になった素晴らしい島ハワイ^^

そんな訳でカウアイ島に移住したタミーですが、ずっと前からハワイに住みたいと思っていました。

images-1

ハワイ以外にも色んな国に旅行に行った事のあるタミーです。 でもハワイを初めて訪れてホノルル空港から1歩外に出た瞬間に懐かしい風を感じたの。

「ここに私、前に来た事ある?」みたいな。今思うと前世にきっとタミーはハワイに住んでいたのだと思います(笑)

それ以前はタミーはアンチハワイで「みんなハワイ、ハワイって芸能人じゃあるまいしハワイ以外にも外国は、あるのよ!」ってハワイに行く事をを拒んでいたくらいなんです。

ところが自分の意思と反して来なければならなかった初めてのハワイで、すっかりハワイの魅力にとりつかれてしまってマッサージスクールに通い数年後にはハワイアンヒーリングサロンを山梨でオープンしてしまったほど。まさにハワイマジックです!

友達からは「あなたハワイ嫌いだったんじゃないの?」ってからかわれたタミーです(^^;  そんなタミーがローラーコースター人生で到着した場所は、ずっと住みたいと憧れていたハワイだったんです。不思議ですよね。

Dream comes true ! 願えば叶う! 憧れのハワイ移住の夢が叶ったタミー。 みなさんがよく知るワイキキではなくカウアイ島でしたがタミーは、とっても幸せです♡ その理由を教えちゃいましょう;)

 

1, カウアイ島(ハワイ)の気候は最高!

タミーがカウアイ島移住して一番幸せって思ったのは素晴らしいハワイの気候!

S__3629063

タミーは山梨に住んでいたので盆地ですから夏は暑いし冬は寒いしで自然はいっぱいで素敵な場所でしたが気候は最悪 : ( それにタミーは花粉症だったので春は桜は綺麗だけど辛い。秋くらいしか快適と感じた事がなかったの。

それがカウアイ島に移住してからは花粉症は無くなり1年中、半袖でいられて海風が気持ちよく肌はいつもサラってしてる。この気候だけは、お金出しても買えるものじゃない宝物です☆

タミーはカウアイ島の友達に「もし旦那様が先に亡くなったらタミーは日本に帰るの?」って聞かれた事ありましたが私の答えはNO!  私は日本生まれ日本育ちの日本人ですが1人になってもカウアイ島(ハワイ)に暮らしたいです^^ それほどハワイの気候は1年中快適なんですもん!(結婚する時のダーリンとの約束はタミーより1秒でいいから長生きしてくれる事なの。2度も未亡人になるのは悲しいので。)

ネットで「ハワイでどこの島に住むのがオススメですか?」って尋ねていた人がいて答えていた人が「1番がマウイ島。2番目はハワイ島。3番目はオアフ島で4番目がカウアイ島かな。」って。

カウアイ島が4番目の理由は”雨が多いからって聞くので”って。おいおい!あなたはカウアイ島に住んだ事あるんですか?聞いただけ? 3〜4日カウアイ島に滞在して、たまたま雨だったとかで決めないで下さいよ。

日本人のカウアイ島のイメージは雨の多い島。これは以前の記事の中でカウアイ島の天気について詳しくお話ししましたがカウアイ島は本当に地域によって天候が全く違うのです。

私の住んでるハナペペの町は雨ほとんど降りません。降ってもシャワーです。語りだすと長くなるのでカウアイ島の天気については、こちらの2つのブログ記事を参考にして下さい。

「カウアイ島の天気そして快適な服装と役立つ持ち物」↓記事をご覧下さい。

カウアイ島の天気そして快適な服装と役立つ持ち物

「カウアイ島が世界で一番雨の降る島って誤解しないで!」↓記事は、こちらをご覧下さい。

カウアイ島が世界で一番雨の降る島って誤解しないで!

 

2, カウアイ島の大自然に癒される♡

タミーの日本の自宅の窓からは富士山が見えました。八ヶ岳も綺麗に見えて、それは山々が綺麗でした。そんな自然を感じられる場所で生まれ育ったので都会が苦手。

ビルに囲まれると息苦しくなっちゃうので。椰子の木より高い建物を建ててはいけないカウアイ島がホノルルと違って大自然がいっぱいですごく落ち着くんです。 こちら「シェラトン・カウアイ・リゾート」椰子の木より低いでしょホテル。

S__5660674

タミーは2〜3日ワイキキステイするとカウアイ島に帰りたくなっちゃいます(笑)

それに海!山梨には海が無かったので海は小さい頃からの憧れ。海が見える場所に暮らせるなんてタミーには最高の幸せなんです♡ それにカウアイ島は別名”グリーン・アイランド”と呼ばれていて緑がいっぱいだから空気が美味しいんです!

22334661890_3294723a0b_z

オアフ島とほぼ同じ面積なのに人口はめちゃ少ないですから車も少ないので空気きれいな訳よね。 人間にとって綺麗な空気は1番のご馳走ですから;)

 

3, カウアイ島の人は、あたたかい^^

カウアイ島に移住した時に日本人を見ない@_@ 同じハワイなのにワイキキやアラモアナにうじゃうじゃいる日本人がカウアイ島にはいないんです! って事は日本語は通じないって事ですよね。カウアイ島はオアフ島と違って「外国に暮らしてるんだな〜」って感じさせてくれる島ですよ。

「あーどうしましょタミーの英語は完璧じゃないし」 でも心配する事無かったです。なんとかなってます(笑) それはカウアイ島の人たちが優しいから。私の英語も一生懸命聞いてくれますしなんとかなってる(笑)

img_9-1

タミー宅でのホームパーティー。ロコにはハワイアンミュージックがつきもの♪ タミーもエプロン姿でウクレレ弾いてます♪ ハワイアンミュージックが流れ出したらフラを踊り出す。陽気なロコの人達です(^^)

アメリカ本土はそうはいかないですよ。アメリカ人はフレンドリーなんていいますが、いえいえ冷たいもんです。悲しいですが今だに人種差別もあります。

ホノルルで観光客相手に働いてる方は忙しくて疲れてるんでしょうね。笑顔が少ないように思います。カウアイ島の人は笑顔の人多いですよ;)

タミーの家族はカリフォルニアにいるので遊びに行くのですが人が冷たい。カウアイ島は知らない人でも挨拶してくれるし気さくに話しかけてくれるのにカリフォルニアは、こちらから挨拶しても無視ですから驚きますよ。

駐車場を待っていれば横入りされたあげく注意したら中指立てられたり、それが女性で1人や2人じゃないの@_@  カリフォルニアに暮らすタミーの家族なんて「カウアイ島の人達は感じいいから、カウアイ島に引っ越したいわ。」って言ってるくらいです。

なのでタミーもカウアイ島に移住してからは笑顔いっぱいですよ(^^) 愛犬トミーもカウアイ島移住後は笑顔増えましたから。

img_10

犬も笑顔にしちゃうカウアイ島です(笑)

 

4, アクティビティ好きにはカウアイ島はパラダイスだよ!

カウアイ島と言ったらやっぱりアクティビティ代表はサーフィン。

img_1-1

タミー20代の頃は山梨から片道5時間もかけて静岡の海にサーフィンに行くほど海大好き人間でした。 そうそう日本は海に近づくとぷぅ〜んと磯臭い臭いがしますがハワイの海は全くそんな臭いがしないのはなぜなのかしら? すごく爽やか〜***

海だけじゃなく山もいいのがハワイのいいところよね。素晴らしいトレッキングコースがいっぱいよ。歩いた先には滝壺があって泳いじゃうとか。楽しいよ^^

 

素敵なゴルフ場もいくつかあってしかも安い!こんな海越えのショットはたまらない。

img_19

 

タミーはハーレーにも乗るので海岸線を走るのはパラダイスですよ〜タミーはビギナーなんでヘルメットかぶってますがハワイはノーヘルでモーターバイクに乗れます♪

img_3_m

まだまだマウンテンバイクにカヌーにパドルサーフィンにジップラインにとくかくアクティビティ大好き人間には、ほ〜んとにパラダイスよカウアイ島♪

暖かい中で体動かすのがいいのか日本にる時より移住後はタミー痩せて体力も付きましたし若返った気がします(笑) 日本にいた時は慢性の肩こりに悩まされていたのにカウアイ島に移住してからは肩こりもしなくなりましたもん。もういい事だらけよ!

 

5, 田舎には都会に無い良さがあるのよ!

*田舎は渋滞が無い*

みなさんはオアフ島の渋滞がすごいのを知ってますか? 旅行に来た時だけならいいですが移住して、そこで毎日生活するとなれば大きなストレスです。 タミーの仲良しのお友達はオアフ島から引っ越して来たのですが「カウアイ島は渋滞なくていいわ〜」って言いますもん。

カウアイ島もメイン道路が1本なので事故が起こると渋滞しちゃいますが、そう頻繁にある訳では無いので。

img_0-3

人間も犬もよくピックアップトラックの荷台にのってるカウアイ島です(笑)

 

*田舎は静かでよく眠れる*

都会はうるさいの。タミーのダーリンがウインダムのタイムシェアを持っているので、年に数回は買い物や美味しいものを食べにホノルル行くのでワイキキにステイするのですが毎朝ゴミの収集車のガーゴーって音で起こされて1日に何回も救急車のうるさいサイレンの音がする。

カウアイ島は、ゴミ取集日は週1回です。救急車の音もめったに聞か無い。ワイキキにステイしていたら毎日ですから。 田舎生まれ&育ちのタミーは静かでないと眠れないのでいつも耳栓をして寝てます都会では。カウアイ島では場所によっては野生のニワトリのコケコッコーっていう鳴き声で目覚めます(笑)

 

*田舎は美味しいお店が無いから健康でいられます*

カウアイ島にもいくつかレストランはありますけどホノルルに比べたら天と地ほど数も少ないしクオリティ高いお店も少ないです。 めちゃくちゃ美味しい食べ物あるのお店が都会の様に沢山ないので外食の数が減りますから健康でいられます(笑)

カウアイ島移住してからは基本食べたいものは自分で作る!だって自分で作った方が美味しいんですもん。 特にスイーツはアメリカの甘いですから驚くほど。美味しい和菓子屋さんもないので焼き団子も苺大福も手作りするタミーよ。

img_4

手作りだといい材料を使えるし作り過ぎ無いし甘さや味の濃さも調節出来て自分好みに作れるでしょ。

日本の家は歩いて5分で7.11に行けたので毎日行っては、お菓子を買ったりスイーツを買ったり今考えたらあれがデブの素でした(–; +先ほども言いましたがカウアイ島は暖かいしアクティビティも色々楽しめるので運動も出来て健康でいられます。

 

*田舎はお店が無いから無駄使いしない*

美味しい食べ物屋さんだけじゃやなくアラモアナショッピングセンターの様な巨大モールも無いですしブランドショップも無いカウアイ島なので無駄な買い物し無いんです。

なのでお金を貯めてホノルルに遊びに行った時や日本に里帰りした時に買い物するので無駄な物を買う事がなくカウアイ島に移住後は出来る様になりました。

洋服に関しては夏服しかいりませんから、お金使わなくなりましたよ。 コートなんて高い買い物必要無いですから。日本で履いていたおしゃれなミュールも持って移住しましたが、ほとんど履く機会ないんですもん。

日常はビーサン、Tシャツ、ショーツが基本ですからカウアイ島(笑)いつもこんなカッコです。

S__5660679

おしゃれしてると「誰が亡くなったの?」ってお葬式と間違われちゃいます。あははは^^

それから高級品必要がダメになっちゃうカウアイ島です。移住した時にグッチ、ヴィトンなどバックを持ってきたのですが、ある日使おうと出したらバッグの中がねちゃねちゃってなっちゃってるの@_@

こちらにお住まいの方に聞いたら「そうよ高級バッグも靴もダメになっちゃうし必要ないからカウアイ島では」と大笑いされちゃいました。 という訳で家族にブランドバッグは全てあげちゃいました。

 

6, 家族や友達が毎年遊びに来てくれる♪

ハワイもアメリカ。でもアメリカ本土に比べたら日本から近い距離にあります。日本人には人気の観光地なので安い航空券にホテル、ツアーもありますから遊びに来安い外国なんでしょうね。

「ハワイ移住したら家族や友達に会えないくて寂しいだろうな〜」って思っていたのに毎年、家族や友達が何人もカウアイ島に遊びに来てくれます。

最近だと12月に家族が来て2月に友達が来て今月も来週、友達が来て、来月は友達のご両親がいらしてとカウアイ島に遊びに来てくれます。

これは今年だけじゃなく去年も一昨年もそうでした。それにオアフ島に私達が行って友達に会う事もありますし他のマウイ島やハワイ島に行って会う事も出切るし日本やアメリカ本土に家族に会いにも行く事もありますから、ほぼ毎月の様に友達や家族と会っている事になります(笑)

これがアメリカ本土では、そうはいかない様です。私の家族は今はカリフォルニアにいますが以前はジョージアに住んでいました。友達は2回遊びに来てくれただけと言ってました。私は家族ですから毎年の様に遊びにいきましたが確かに遠い(–;  長いフライトは苦手なタミーです。

今年も何人の友達と家族とカウアイ島で会えるのか楽しみなタミーです(^^)

いい事ばかり書いてきましたがカウアイ島の生活が人によってはいい事ばかりでは無いと思います。 田舎が苦手な人もいるでしょうし不便な事もあります。それでもタミーがカウアイ島に暮らして幸せっていうのには、こんな理由があるんです。

 

タミーがカウアイ島で幸せに暮らせるのはダーリンのサポートがあってこそです。

*英語が完璧じゃないタミー*

英語が話せ無い人から見たら英語で買い物や食事が出来る私は英語が上手に見える様ですが。タミーの英語は流暢じゃ無いです。ハワイに住んで1年くらいしたら英語がペラペラになると思っていました(^^;

3年半たって少しは、よくなってるみたいですが自分では大した変わりは無い様に思います。悲しいかな。

imgres-1

英語はたとえアメリカに住んでいようが勉強しなければ伸びません。これはタミー自身が実感したのではっきり言えます。 日常生活での英語には不自由してませんが銀行や保険などの大切な書類や病院などはダーリンのヘルプあってこそ安心な生活が出来ているタミーです。

英語が流暢でない日本人カップルが移住した場合の生活はタミーの何倍も大変で努力しなければいけないでしょう。 実際に努力してハワイで頑張っていらっしゃる日本人カップルの方はいますから素晴らしいと思います。

 

*ダーリンの仕事と保険は強い味方*

英語の問題だけで無くカウアイ島で生活するのはオアフ島と違って英語が出来無いと仕事を見つけるのは大変です。

英語が堪能でなければ日本人相手の観光の仕事くらいしかありません。タミーも移住して半年後くらいして、お仕事をしていい許可がおりましたのでレストランで日本人観光客のガイドの仕事をしていましたが、そのレストランがクローズしてしまったので仕事は終了になりました。

その後は専業主婦を1年くらいしてからハワイを紹介するブログライターになりました。 タミーはダーリンのお仕事のおかげでタミーが働か無くても生活をしていかれるので感謝しています。カウアイ島(ハワイ)は物価が高いのに給料が安いので、いいお仕事につかないと1人で2つ以上の仕事もつのは、あたりまえなのです。

+医療保険が日本と違ってとても高いので会社にしっかりした保険が無いと病気も怪我も出来ません。特に 歯の治療は本当に高いです。保険でカバー出来る部分も少ないですし歯の治療は全くカバーされない保険もあります。

タミーは移住前に歯は全部治療して来たのに歯のトラブルが発生して奥歯を3本治療しましたが日本円にすると1本30万円くらいかかりました。ダーリンの保険でカーバーされたのは10万円くらい。それ以来、歯のケアには時間もお金もかけてるタミーです。

それにアメリカ人は歯が命☆ 歯並びがよく白く輝く歯がその人の価値まで決めてしまうほどなんで歯は大切です。新庄さんもアメリカから帰ったら歯、真っ白でしたよね(笑)

医療費の高いアメリカでは歯だけ無く医者にかからないように病気にならないように普段から自分自身で気をつけて努力する方にみなさん力を入れてます。高い治療費払いたくないですからね。

 

*ワイキキのタイムシェアコンドは有難い*

タミーは日本にいる頃は日本食よりアメリカ食やイタリアン外国食の方が好きでした。日本は世界中の美味しい料理が食べれるところだと思います。

でもカウアイ移住して半年過ぎた頃からお腹を壊す事が多くなり病院に行きました。 ドクターが笑って「あなたは病気じゃないわ。日本やヨーロッパからアメリカに引っ越して来た人はよくそうなるの。」って言われました。アメリカの食品と日本の食品ではクオリティーや殺菌レベルが違うのでそうなる人が多いのだそうです。

タミーは日本では何ともなかった乳製品がものによってダメになりました。ボトル入りのビールもダメです。ドクターの勧めで何がダメかiPhoneにメモして、それは食べない様に飲まない様にしています。

そしてカウアイ島では外食はアメリカ食がほとんどなので家では日本食を作って食べています。移住して初めて和食が自分の体には一番あっていてヘルシーな事を再確認しました。しかも体の調子もいいし。移住して和食の素晴らしさを見直したタミーです。

でもカウアイ島には日本の様な和食材は揃いません。多少は売っていますが値段も高い。アメリカ食を続けていると癌になりやすいとも聞きますし怖いですよね。

有難い事にダーリンがウインダムのタイムシェアを持っているのでカウアイ移住してからも年に数回オアフ島へ行きワイキキに数日滞在してホノルルで美味しいものを食べて和食材を多量に買って帰るタミーです。

images

ホノルルにはニジヤ、マルカイ、Jマート、ドンキホーテと日本で売ってるものがほとんど買えるお店がありまから、しかもカウアイ島より安いです。

カウアイ島リフエ空港からオアフ島のホノルル空港へは、たった30分のフライトなのでタミーは保冷剤とクーラーバッグも持って行きますから明太子や漬物、きのこ類も買って変帰れます。

毎回、航空券にホテル代を払ったら結構な金額になっちゃいますからタイムシェアのコンドミニアムがある事で日本まで帰らなくても同じハワイ内で安く滞在出来て日本食材が買える場所がある事はタミーにはとても嬉しい事です^^ 山梨から東京へ買い物に行くより近いですからカウアイ島からオアフ島(笑)

 

*日本への無料里帰りの裏技*

ホノルルで買い物が出来ても日本人なら日本が恋しいですよね。日本には家族やいい友達もいますものね。今はfacebookやLINEで無料で顔を見ながらおしゃべりは出来ても実際に会えるは違いますよね。

タミーはカウアイ島に移住してから毎年1,2回、日本へ里帰りしています。よくこちらの友達に「よくそんなお金あるわね」って言われます。これには秘密があるんですよ;)

タミーは、まだ日本にお家があります。そのお家には家族が住んでいるのですが光熱費や保険代、携帯電話料金まで全てタミーのカード払いにしてあって、お金を口座に振り込んでくれています。 そのカードはANAのマイレージ付きのクレジットカードなので、そのマイルを使って無料で里帰りしています。

imgres

家族からタミーが無料で帰れるようにとあたたかい心遣いです♡

「でもタミーさん、マイルってそんなにたまらないでしょう?」

いえいえ以外に支払い全てを1つのカードにしたら無料ハワイ旅行も簡単に出来ますよ。タミーの知り合いは仕事の支払いもカード払いにして毎年マイルだけで無料のハワイ旅行をしている方が2人いますから。本当です!

1度味わったらやめられませんよマイルを使った無料の旅;)おかげで家族にも友達にも会え日本国内旅行まで出来て幸せなタミーです♡

*追記*

現在2018年8月しばらく日本に里帰りしてません。何故なら家族&友達だけで無くサイトやSNSのファンの方が沢山カウアイ島にいらしてくれるのでタミー日本に行かれません(笑)有難く嬉しい事です♡

 

「いいな〜私もカウアイ島移住したいです^^ でもVISA必要ですよね?」

そうなんですよ。私達、日本人は誰でもカウアイ島(アメリカ)に住める訳じゃありません。VISA無しで滞在できるのは90日まで3ヶ月以内です。

しかも仕事は出来ません。なので私はダーリンの結婚の為にカウアイ島に移住しましたからフィアンセVISAというので移住しました。他にも就労VISA、投資VISAなどいくつかありますが色々条件もありますし手続きも難しく大変です。

一番簡単なのはロトのグリーンカード(永住権)に応募する事なか;)

 

カウアイ島パラダイスに移住したいならロトグリーンカードに応募しよう!

アメリカには外国人がアメリカに住んでいいですよ。働いていいですよという許可証グリーンカード(永住権)があって、それに応募すると(無料)年に1度抽選で何名かにグリーンカードが当たります。

米国への移民の率が低かった国々の人々を対象に年間で5万件の永住ビザが発行されるのですが日本人が、この抽選に当たる確率は100人に1人くらいの割合だとか。宝くじよりいいんじゃない当たる確率;)もし、ご夫婦で申し込んだ場合は、ご主人に当たれば、奥様ももれなくもらえます。

宝くじみたいなものですね。タミーはフィアンセVISAで渡ハしてダーリンと結婚してグリーンカードを頂きました。色がグリーンだからグリーンカードと呼ばれるのだと思います。

imgres-3

 

ロトグリーンカードは正式には「移民多様化ビザ抽選プログラム」といいます。アメリカ大使館のホームページより応募できますので詳しくは↓こちらをご覧ください。

https://jp.usembassy.gov/ja/dv-2019-online-registration-ja/

ちなみに昨年は応募期間は2015年10月1日(木)から2015年11月3日(火)までで当選結果もこちらのサイトでみられます。手続きは全て英語です。

「あーそれは無理」って方にはインターネットで「アメリカ抽選永住権」と検索したら沢山の代行会社が出てくるので内容も料金も違いますから調べて見て下さい。

抽選に当たった後のお手伝いもして下さる会社もあれば色々サービス内容も違うので。

タミーの親友夫妻はハワイ移住したくて何年も前から代行業者にお願いして手数料は1人1万円ほどで毎年この抽選のグリーンカードに応募しています。まだ残念ながら当選はしていませんが。当たるまで毎年応募すると言ってました。

私の母のお友達のお嬢様家族は、この抽選に当たり2年前にLAに移住されました。日本人のカップルにお子様も一緒に移住しました。ラッキーな事にご主人があちらでお仕事が見つかったので良かったです。

何度かお話ししましたが英語の面や色々大変な事もあるようですが頑張ってます。アメリカで頑張る日本人ファミリー、タミーは応援しますよ!ハワイアンドリーム(アメリカンドリーム)を手に入れるチャンス!抽選永住権応募してみませんか?

 

どうですか?カウアイ島、移住のお話し、ずいぶん長くなってしまいましたが最後まで読んで頂いてありがとうございました-m–m

タミーがカウアイ島に移住して幸せなのは十分にわかってもらえたかしら? これはあくまでタミーの場合という事で人にはそれぞれ好みがあります。 タミーの友達には「静かだと怖くて眠れ無いから都会が好きなの。」っていう人もいますし「ハワイにいるゲッコーがダメ>_<」っていう人も「カウアイ島にいるニワトリが怖い!」っていう人もいます(笑)

自然に興味が無くサーフィンもゴルフもハイキングもアウトドアな事は全くし無いっていう人にはカウアイ島は特別素敵に思える場所では無いでしょう。

ハワイだからとか日本だからでは無くどんな国でもどんな場所でもタミーは、その人が住んで幸せになれる場所が一番だと思っています。みなさんも旅行から帰ると「あ〜我が家が一番!幸せ〜♡」って感じませんか?

タミーは今は山梨に里帰りしても落ち着きません。その変わりカウアイ島のリフエ空港から外に出た瞬間に落ち着くのです(笑)もうすっかりカウアイ・ロコになってしまいました。タミーにはカウアイ島が幸せになれる場所だったのでしょうね。

 

最後にもう1つカウアイ島の秘密をお話ししましょ。

カウアイ島に移住した後にロコの方に「カウアイ島にはカウアイ島の神様に認められた人しか住めないのよ。タミーは神様に選ばれたのね。」に言われました。

カウアイ島への移住の一番大切なポイントはカウアイ島の神様に好かれる事なんです。タミーには、どうしたらカウアイ島の神様に好かれるのかはわかりませんが(笑)

タミーは、これからもカウアイ島の魅力をそしておすすめ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願しま〜す(^^)/

Much Aloha♡ Tammy