JCBカードで無料のワイキキ・トロリー『不便』な事もあるけど乗りますか?

Aloha^^ 「タミーさん、JCBカードを持っていたら”ワイキキ・トロリーに無料で乗れる?”って本当ですか?」

ハイ本当です!JCBカードを提示するだけでワイキキ・トロリー(ピンクライン)に無料で乗れますよ。

無料なのは嬉しいけど実は不便な事もあるんです(–; ここだけの話タミー教えちゃいましょう。

 

JCBカードを持っていたら”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに「無料」で乗れます!

『不便』なお話をする前に質問にお答えしましょうね。質問は「JCBカードを持っていたら”ワイキキ・トロリーに無料で乗れますか?」”でしたね。

答えは「ハイ!ピンクラインのみ乗れます。」確かにJBCカードを”ワイキキ・トロリー”の運転手さんに見せるだけでピンクラインのトロリーに「無料」で乗れちゃいます。他にも”ワイキキ・トロリー”には赤、緑、青のラインがありますがピンク以外のラインには「無料」で乗れませんのでお気をつけ下さい。

こちらのオレンジにハイビスカスやモンステラが描かれた派手な2階建てバスが”ワイキキ・トロリー”ですよ^^ 眺めも良さそうだし楽しそうですよね♪

”ワイキキ・トロリー”のピンクラインは「ワイキキ・アラモアナショッピングコース」と言ってワイキキとアラモアナ・センターの間を走っているトロリーです。

”ワイキキ・トロリー”ピンクラインのコース&時刻表は↓こちをご覧ください。

https://jp.waikikitrolley.com/activities/pink-line/

でも、この有難いJCBの”無料乗車サービス”には有効期限があるって知ってましたか?

 

JCBカードで”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに無料で乗れるのは期間限定です!

知らない方多いと思いますがJCBカードを提示して”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに無料に乗れるは『2019 3 31 日(日)』まで永遠に無料で乗れる訳ではないんですよ。

 

このサービスはJCBで2009 4 1 日(水)から行われていて長〜いキャンペーンなので”永遠”って勘違いされているように思っちゃいますが後2年もしない内に終了します。

タミー嘘は言ってませんよ。こちらのJCBハワイの告知をご覧下さい。右側の白枠の中に2019年3月31日までってありますよね;)

(注)キャンペーンの内容は突然変更されるかもしれない事は、ご了承下さい。

 

「必読」!JCBカード提示で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗る時の注意事項

*”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗る時には運転手さんにJCBカードを提示して下さい。本人と同乗の家族大人1名、子供2名(11歳以下)までが乗る事が出来ます。

家族が一緒に同乗される時は、バスに乗る時に運転手さんに「ファミリー」と伝えてくださいね。それ以上の家族が一緒の場合は1人2ドル(現金で釣り銭の無いようにお願いします。)2歳以下のお子様は無料で乗る事ができます。

*JCBプリペイドカードでは”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに無料で乗れません。JCBカードにJCBのロゴマークがあるカードが「無料」で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れるJCBカードになります。

*”ワイキキ・トロリー”のピンクラインの車内へ持ち込みできる荷物は、最大60cm×45cm×30cmでトロリーの椅子に席った時に抱えることができる大きさの荷物までです。(注)スーツケースや大型のベビーバギーなどをお持ちの方ははご乗車になれない場合がありますので、お気をつけ下さい。

*道路工事や交通事情によってバスストップ(停留所)、運行のコース、運行のスケジュールが突然変更になる場合がある事をご了承ください。

*”ワイキキ・トロリー”のピンクラインの運行中の事故やトラブルについてJCBは一切責任を負いませんので、ご了承下さい。

 

JCBカードで「無料」で乗れても意外に『不便』な”ワイキキ・トロリー”のピンクラインよ。

タミーはネガティブな事は書きたくないのですが事実をお伝えして”ワイキキ・トロリー”のピンクラインを利用するかしないかは、ご自分で判断してもらいたいのでお伝えしますね。

実際ハワイにいらして”ワイキキ・トロリー”のピンクラインを利用した事ある方でないとわからない事ですから教えましょう。

タミーはJCBカードで”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに無料で乗れる事は知っていて便利だったので実はJCBカードは移住する前から持っていて”ワイキキ・トロリー”のピンクライン利用していました。その頃は問題なかったのですが、、、。

最近はワイキキに滞在してもダーリンと一緒の時はレンタカーを利用しているので”ワイキキ・トロリー”のピンクラインは利用しませんが実は1人で滞在した時に利用したいと思ったのですが利用出来無かったのでザ・バスや急いでいる時はお金を出してもタクシーを利用したのです。なぜなら”ワイキキ・トロリー”のピンクラインを利用する方が沢山で乗れ無いんです>_<

”ワイキキ・トロリー”のピンクライン大きな2階建てのトロリーなのに乗る人が多くて乗れ無いんです。JCBカード提示で「無料」で乗れるからだと思います。

タミーが1人の場合ならザ・バスを使えば片道2ドル50。往復でも5ドルでアラモアナ・センターにはいけますから大した金額では無いように思いますが4人家族ならどうでしょうか?4倍です。20ドル。5日間滞在して毎日利用したら100ドル。そう思ったらJCBカードで「無料」で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れるのは大きな違いだし有難いですよね。

きっとJVBカードで「無料」で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れる情報をご存知の方がどんどん増えてハワイに来られる前に年会費無用のJCBカードを作られて来てるんじゃないかとタミーは思うわ!

でも、それは”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れたらの話。混んでいて乗れなかったら「無料」でも意味ありませんから。

タミーは暑い中、停留所で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインを待って乗れなくて見送った時、悲しかった…>_<… その横を他のトロリーが走って行くのを見て「もう、待て無いーーー!」って2ドル50払ってザ・バスに乗りました。タミーが待つのが苦手で根性が無いからかもしれませんが、、、。

 

”ワイキキ・トロリー”のピンクラインが『不便』と感じているのはタミーだけじゃありません!

「”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れ無いのはタミーだけなのか?」運が悪かっただけ?って思って調べてみました。そうしたら見つけました。JCBカードで「無料」で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れるのを期待して昨年の夏にハワイ旅行にいらした方で待たされたあげくトロリーは満員で”ワイキキ・トロリー”ピンクラインに乗れなかったとタミーと同じく涙した口コミ見つけました…>_<…

この方の場合は今年の春にもハワイにいらしてリベンジで”ワイキキ・トロリー”のピンクラインを利用されたそうですが待たされて結局は1度も”ワイキキ・トロリー”のピンクラインを利用されなかったそうです。

時刻表では10分間隔で走っているはずなんですが「無料」なので利用する方が多いし”ワイキキ・トロリー”のピンクラインも2階建てなので乗り降りする方も多くて時間がかかるのかもしれませんね。

別の方も「”ワイキキ・トロリー”のピンクラインは満員で乗れないとか、待つとことは多いですね。座れないことも多いし。JCBカード持っている日本人は多いですから。」

それにタミー初めて知りましたが”オハナ”や”アウトリガー”のホテルのルームキーでも「無料」で乗れちゃうみたいです”ワイキキ・トロリー”のピンクライン。それは混むのも納得ですね。

この方は車内も空いていて走っているHISやJALパック、JTBのトロリーを見て羨ましいなって思ったそうです。

他にも何件か”ワイキキ・トロリー” ピンクラインは混雑していて使え無い!っていう残念な口コミありました(–;

「タミーさん、他のトロリーが空いているのならJCBカードじゃなくても無料で利用できるトロリーはあるのかしら?」

 

JCBカード以外に「無料」で乗れるトロリーはあるの?

”ワイキキ・トロリー”の他にハワイ・オアフ島には3つのトロリーが走っています。”HISのLeaLeaトロリー”、”JTBのOLI’OLIウォーカー・トロリー”、”JALのレインボー・トロリー”。

1、”HISのLeaLeaトロリー”はHISのツアーに参加し無いとトロリー「無料」で利用出来ません。チケットを買う事もできますが1週間45ドル。

1日だけですが無料でダイナースのクレジットカードを持っていれば”LeaLeaトロリー”を利用する事ができるそうです。それはロイヤルハワイアンセンターのHISラウンジにダイナースのクレジットカードを持って行くと無料でもらえるそうです。

”LeaLeaトロリー”はワイキキーアラモアナ・センターは勿論ですが”ワイキキ・トロリー”のピンクラインと違いダウンタウンやカハラモールまで走っているそうです。それに”LeaLeaトロリー”は人気のレストランをまわる「ディナーライン」っていうのもあるので食いしん坊はたまりませんね(笑)

ダイナースのクレジットカードを持っている方は絶対に”LeaLeaトロリー”の1日無料乗車券はもらいに行かなくちゃですね;)

 

2、”JTBのOLI’OLIウォーカー・トロリー”はJTBのツアー参加者のみがトロリーチケットを買ってトロリーを使えるシステムでJTBのツアーに参加したからといって”ウォーカー・トロリー”に無料で乗れる訳では無いようです。

 

3、”JALのレインボー・トロリー”はJALパックのツアーに参加者しないと無料にはなりません。個人でJALの航空券を購入した方も無料で”レインボー・トロリー”使えるそうですが”事前登録”が必要だそうなのでハワイに行く前に忘れず手続きして下さいね。

 

『不便』でもJCBカードの「無料」”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗りますか?

年会費無料でJCBカードは作れますしJCBカードを提示したら「無料」で”ワイキキ・トロリー”のピンクラインに乗れちゃうなんていう手軽なトロリーは”ワイキキ・トロリー”だけでしたね(残念)

「あなたは時間通りに来無いトロリーを暑い中待ちますか?」「やっと来たトロリーは満席で乗れ無い>_<それでも「無料」なら我慢して次のトロリーが来るのを待ちますか?」でも次は乗れるかわかりませんが、、、。お子様も一緒なら待つの辛いですよね。具合悪くなっても困るし。

夏休みや盆暮れ、連休などはハワイ日本人で賑わいますから、それ以外の時なら”ワイキキ・トロリー”ピンクラインの時間も遅れる事無く乗れるのかもしれませんがハワイにいらしたらノンストレスでバケーションを楽しんでもらいたいタミーです。

「無料」より安いものはありませんが、お金がかかってもストレス無くハワイ滞在した方が楽しい事もあります。

タミーの提案はハワイ旅にJCBカードはお持ちになって”ワイキキ・トロリー”ピンクラインに乗れたらラッキー☆

もし待たされたり乗れ無い場合は気持ちを切り替えて有料でも”ザ・バス”や”タクシー”を利用しましょう♪ 家族じゃなくて友達4人ならワイキキーアラモアナ間はタクシー料金もそんなにバス代とかわりませんよ。荷物も沢山運べるし滞在ホテル前に横付けしてくれますからトロリーより便利よ。少しくらい高くてもいいんじゃない。

奥様がイライラしたりお子様がぐずったりするなら、ご主人、バスやタクシー代金奮発してあげて下さい。その分みんなの笑顔が見られる楽しいハワイ旅になりますよ(^^)

ハワイに来てトロリーの事ででイライラしたり家族で喧嘩なんて本当にバカみたいですから”楽しい時間を買う事”も考えてみて下さいね;)

Much Aloha♡Tammy

イオラニ宮殿に行くトロリーの行き方はレッドラインよ;)

Aloha(^^)/前回「イオラニ宮殿の日本語ツアーはJCBが安い!」とお伝えしましたが「タミーさん、私はJCBのカードは作りたくないので自分でイオラニ宮殿の日本語ツアーに参加しますからトロリーでの行き方を教えて下さい。」とお問い合わせを頂きました。

タミーにお任せ!イオラニ宮殿へのトロリーでの行き方教えちゃいましょう♪

 

「イオラニ宮殿」へのトロリーの行き方はレッドラインに乗ってね;)

「イオラニ宮殿」の見学へ行かれたい方の為にタミーが行き方を説明しましょうね。

images-2

いくつか方法がありますが、まずはお問い合わせ頂きましたトロリーでの行き方を説明しましょうね。

オアフ島へ日本からいらっしゃる方のほとんどの方がワイキキにステイされると思います。 ワイキキで一番わかりやすくトロリーに乗れる場所はワイキキの中心にありますTギャラリア(DFS)(免税店)です。

imgres

DFSはブランド物を免税価格安く買えちゃう場所です。ワイキキにあるTギャラリア(DFS)はトロリーのターミナルとしても有名なのよ。 トロリーっていうのは、ワイキキを中心にオアフ島を走る観光客向けのオープンエアのバスの事です。

imgres-1

可愛いし観光客にとってはハワイでとっても便利な交通手段ね;) トロリーには、ワイキキトロリーと言うお金を払えば誰でも乗れるトロリーもあればレインボートロリーは旅行会社のツアー客専用だったりするトロリーなどいくつかのトロリーがあります。 そんないくつかあるトロリーのターミナルがTギャラリア(DFS)にあるんです。

「タミーさん、いくつかトロリーがあるなら、どれに乗ったらいいのか?間違えちゃいそうですね(–;」

ご心配なくタミーが、どのトロリーに乗ったらいいのかわかりやすく説明しましょうね。

 

Tギャラリア(DFS)のトロリー乗り場はでチケットも買えますよ!

日本から旅行会社のツアーでハワイにいらっしゃる方はツアーにトロリーに無料で乗れたり、お安くチケットが買えたりする場合もあるので、まずは旅行会社にお尋ね下さい。トロリーが利用できるなら、そのトロリーで「イオラニ宮殿」に行かれるかも聞きましょうね。

タミーは誰でもお金をはらえば利用できるワイキキトロリーでも行き方を説明しますね。 まずはTギャラリア(DFS)のトロリーの乗り場をご案内しましょう。 カラカウア通りの正面の入り口から入ってTギャラリア(DFS)1階一番奥の左手にあります。

s__12312587

こんな可愛らしいワイキキトロリーのカウンターです。ここでレッドラインのチケットを$25で買ったら待合場所がありますからベンチに座ってトロリーが到着するのを待ちます。

トロリーが到着したら係りの方がロイヤルハワイアン通りへ連れて行ってくれますから、ご心配なく。
通りに出るとトロリーが待っていますので、それに乗ります。 このトロリーは、なんだか楽し過ぎますね(笑)

images

そうそうワイキキビーチ側を見たい方は右側に座るといいですよ;) 「ハワイ州政府庁前(イオラニ宮殿)」で下車したら「イオラニ宮殿」の前にワイキキから約30分で到着します。

「タミーさん、トロリー1日券$25って高く無いですか(–;」

確かに「イオラニ宮殿」にだけ行かれるならザ・バスが安いです。寄り道しなければ$2.50でワイキキ往復出来ちゃいます。

 

ワイキキトロリー・レッドラインは観光名所がいくつもあってお得よ!

ワイキキトロリーのレッドラインに乗ったら「イオラニ宮殿」だけじゃなくて色々な場所にいけちゃうのよ。 ルートを紹介しましょうね!

Tギャラリア(DFS)から乗車するとまずはモアナ・サーフライダーズホテル→デューク・カハナモク像→アストン・ワイキキ・ビーチホテル→ホノルルコーヒー→ホノルル美術館→「ハワイ州政府庁前(イオラニ宮殿)」→フォスター植物園→ハワイ出雲大社→チャイナタウン(キング&ベッセル通り)→カメハメハ大王像→アロハタワー→ワード・ウエアハウス→ワードセンター→アラモアナセンター(海側)→イリカイホテル→Tギャラリア(DFS)に戻ってきます。

「イオラニ宮殿」だけじゃなくホノルル美術館やフォスター植物園も見学できますし出雲大社にもお参りできちゃうでしょ。チャイナタウンでランチも出来るしワードセンターやアラモアナセンターで買い物も出来るしアラモアナビーチで泳いじゃう事だって出来ますから(笑)

色んな所に行けて1日で何度も乗り降り出来ると考えたら$25も高くないかもですよね。

お泊まりのホテルがイリカイホテル、モアナ・サーフライダーズホテル、アストン・ワイキキ・ビーチホテルならホテルの前からトロリーに乗れますし、ご自分の宿泊ホテルの近くにバス停があればTギャラリア(DFS)からじゃなくて、そちらからもウエッブで乗車券を購入しておけば乗車出来ます。

こちらの「ワイキキトロリー」のホームページからだと更にお安くチケットが購入できます。1日券$25が$23。子供やシニアも安く買えますよ;)

他にも色々なコースがあるのもご覧頂けますしトロリーの発車間隔は約40分ほどで時刻表も見れます。乗車券も1日券だけじゃなく4日券や7日券などもありますから

是非こちらを↓ご覧ください。

http://www.waikikitrolley.com/?

「タミーさん、私は「イオラニ宮殿」にだけ行かれたらいいのでトロリーじゃなくて、もう少し安い行き方は無いですか?」 ありますよタミーにお任せ!

 

ザ・バスなら$2.50セントで「イオラニ宮殿」とワイキキ往復出来ちゃいます!

前回の『イオラニ宮殿「日本語ツアー」はJCBが安い!』の記事ではザ・バスでの行き方もご説明しました。 何故ならイオラニ宮殿を見学するだけならザ・バスに乗る時に$2.50を払いトランスファーをもらったら$2.50だけで「イオラニ宮殿」とワイキキが往復出来ちゃうから^^

ザ・バスでのワイキキ〜「イオラニ宮殿」への行き方をタミー詳しく教えちゃいましょう。

 

「ワイキキ→イオラニ宮殿」のザ・バスでの行き方「乗車」

ワイキキのクヒオ通りから2、13、19、20、42番のバスに乗って下さい。

 

「ワイキキ→イオラニ宮殿」のザ・バスでの行き方「下車」

*2、13番のバスとエクスプレスEバスに乗った方はホテル通り・アラケア通りのバス停で下りて下さい。

*19、20番のバスに乗った方はサウスキング通り・アラケア通りのバス停で下りて下さい。

*42番のバスに乗った方はサウスペレタニア通り・パンチボール通りのバス停で下りて下さい。

 

「イオラニ宮殿→ワイキキ」のザ・バスでの行き方「乗車」

サウスキング通り・サウスキング通りのバス停より2、13、19、20、42番のバスとエクスプレスEバスに乗って下さい。

 

「イオラニ宮殿→ワイキキ」のザ・バスでの行き方「下車」

下車はTギャラリア(DFS)でお買い物した方は、そちらで下車するのもよしホテルに戻りたい方は、ご自分のホテルの近くのバス停で下車するのもよしワイキキのお好きな場所で下りて下さいね。

 

こちらの記事にわかりやすい地図がありますから地図はクリックすると大きくなりますので

是非ご覧ください↓プリントアウトされてお持ち頂くと便利ですよ;)

イオラニ宮殿「日本語ツアー」はJCBが安い!

「タミーさん、私は両親と一緒にハワイに行くのですが母があまり足が良くないのでタクシーを利用したいのですが英語も不安で(–;」 心配しないでタミーが、ご案内しましょう;)

 

日本語で安心してタクシーが頼めるJCBプラザ・ホノルルへ

英語が出来る方はホテルのフロントにタクシーをお願いしたり道路でタクシーを拾えばいいですが「どんなタクシーか不安だし上手く伝えられるかしら?」なんて不安な方には信頼出来るJCBにタクシーお願いしちゃいましょう。

ワイキキの中心のワイキキショッピングプラザビルの2FのJCBプラザ・ワイキキに行ったら日本語でお願いできますよ。 JCBのスタッフさんは、みなさんフレンドリーで親切ですから心配いりませんよ。

タクシーをワイキキから「イオラニ宮殿」まで利用される場合の片道の料金は$20前後(チップは含みません。)

道路状況によりますが約15分〜20分で行かれるのでトロリーの半分くらいの時間で行けちゃいますよね。

チップは15〜20%プラスして頂きたいので$24として4人で乗られたら1人$6ですから、そんなに高くないですよね。ザ・バスに乗るよりは高いですが足の不自由な方は楽で速く行かれるのでタクシーを利用される事をおすすめします。

イオラニ宮殿には周辺には駐車場(コインパーキング)があります。15分25セント。4時間まで利用できます。

JCBの日本語ガイドツアーで見学した場合は1時間半くらいなのでドライバーさんに25セント硬貨を6枚渡して見学が終わるまでタクシーを待って頂いてって事も出来ます。 そうするとツアーが終わってタクシーを待つ事なくホテルへも他の場所へもすぐ移動出来ますよ。

ご自分でドライバーさんに伝えるが難しいかたはタクシーの予約をする時にJCBのスタッフに方にお願いしましょう。 タクシードライバーさんが十分な25セント硬貨をお持ちかわかりませんから忘れず持っていきましょうね;)

レンタカーで行かれる方もこのように周辺のコインパーキングに駐車する様になりますからから25セント硬貨は事前に用意して出かけましょうね。

JCBではレンタカーのご予約も出来ますよ。1日$109〜(車種やプランによって金額は変わります。)

JCBプラザ・ワイキキについても↓こちらの記事をご覧ください。

イオラニ宮殿「日本語ツアー」はJCBが安い!

いかがでしたか?「イオラニ宮殿」へのトロリーとザ・バスでの行き方わかりましたか? タクシーの利用方法も大大丈夫ですか?

ではハワイ、オアフ島にいらしたら「イオラニ宮殿」の見学楽しんで下さいね♪

Much Aloha♡ Tammy