ハワイ島コナおすすめ観光スポット「レンタカー編」

Aloha(^^)/ 前回はハワイ島コナのタミーのおすすめ観光スポット「アリードライブ徒歩編」を紹介させて頂きました。

今回はレンタカーを利用される方の為に少し足を伸ばして行かれるハワイ島コナおすすめ観光スポット「レンタカー編」を紹介します♪

ハワイ島コナロコのやすこさんに連れていってもらった楽しくて興味深い所ばかりよ;)

 

ハワイ島は広いからレンタカーで出かけちゃおう!

ハワイ島の事をロコはビッグアイランドって呼びます。そう名前の通りハワイの他の7島(ニイハウ島・カウアイ島・オアフ島・モロカイ島・ラナイ島・マウイ島)を全部合わせたのとほぼ同じ大きさなんですよ@_@

ハワイ島のコナ〜ヒロをドライブするのは大変ですが日本で通常車を運転している方ならハワイ島コナの運転は問題無いと思うわ。道路も広くて綺麗だから見通しもいいし走りやすいです。

レンタカーでローカルな場所に出かけてみると旅行というより、まるでハワイ島コナに暮らしているかの様に楽しめますからハワイ島コナでレンタカー観光にチャレンジしてみませんか(^_-)-☆

車を運転していると前の車のナンバープレートが目に入りますよね。ハワイ州のナンバープレートはレンボー(虹)のデザインなんですがスペシャルデザインのナンバープレートが2種類あります。その内の1つが、こちらのハワイ島のボルケーノ・デザイン!迫力あるデザインですよね;)

ドライブ中や駐車場で見かけるはずよ。もう1つのハワイ州のスペシャルナンバープレートはマウイ島のハレアカラナショナルパークとハワイ州の鳥ネネのデザインです。

ではハワイ島コナでレンタカーで出かけて楽しめる観光スポットを紹介しましょう♪

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット1☆ファーマーズマーケットに行こう!

ハワイに来たのですからアメリカの大きなスーパーマーケットに出かけてみるのも楽しいですがファーマーズマーケットでハワイ島コナで育った野菜や果物を買って食べて欲しいタミーよ;)

ハチミツなどのハワイ島メイドの美味しいお土産に出会えるのもファーマーズマーケットの楽しさです♪

ハワイ島コナでは、いくつもファーマーズマーケットは開催されていますが空港やホテル&コンドミニアムから近場でおすすめなのが毎週土曜日の午前8時から午後12時まで開催される「ケアウホウ・ショッピングセンター」のファーマーズマーケットです。

ファーマーズマーケットを見る前に駐車場に車を止めたら見て〜ここからの眺めが最高なのよ!

ではタミーと一緒にファーマーズマーケットを覗いちゃいましょう♪

大きな豆でしょ”アイスクリーム・ビーン”っていいます。これ大きいのに$2は安い!

種の周りの白い果肉部分を食べるんです。柔らかな食感でバニラアイスクリームみたいな甘くてジューシーな味なんですが、この見た目からは想像出来ませんよね(笑)中南米では子供達の人気のおやつなんですって。”アイスクリーム・ビーン”はタミーは買いませんでしたが、こちらは買いましたよ。

 

”ストロベリー・パパイヤ” $1 は絶対にスーパーマーケットでパパイヤ買うより安いし新鮮ですよ!

普通のパパイヤは形が丸くふっくらしていて中はオレンジ色なんですが ”ストロベリー・パパイヤ”は少し細長い形で中はピンク色でした。上と下の写真で違いがわかるかしら?

「甘いですよ。」という1言で”ストロベリー・パパイヤ”買って2日後の朝食に食べましたが本当に甘かったです^^

 

つぎに紹介したいのは、かぼちゃじゃなくて隣の赤い実 ”アチョーテ”

こちらはハワイのレッドライス(赤飯)を作る時の色付けに使う食紅です。男の子の顔、見えずらいですが”アチョーテ”をいたずらしておでこも花の頭も真っ赤でした(笑)

かぼちゃの隣にちらっと写っているのは”スターフルーツ” 爽やかな味のトロピカルフルーツでカットすると☆の形になって可愛いですよ。下の写真はカウアイ島のファーマーズマーケットで買ったスターフルーツのケーキですが☆の形でしょ。フレッシュも甘酸っぱくて美味しいので食べてみて下さいね;)

 

こちらのブースでは”ママキ”のお茶のサンプルを頂きました。

”ママキ”とはハワイの木で葉っぱは、こんなです。

”ママキ”のお茶は特別味らしい味はなかったのですが”ママキ”には素晴らしい効果があるのよ!”ママキ”はポリネシアの人がハワイに住む前から薬として使っていた植物なの。その効果はすごいんだから疲労回復に血圧を正常にして血液をサラサラにデドックス効果もあってコレステロールを減らし内臓によくて糖尿病までよくしちゃうんですって@_@ これは、お茶といういり確かに薬ね!

モデルの道端ジェシカちゃんも愛飲してる”ママキ”ティなぜなら抗酸化作用があるから=アンチエイジング。これは、もう飲むしかないわね(笑)

 

クリスマスシーズンだったので、こんな素敵な”プロテア”のクリスマスリースもありました♡ ”プロテア”のお花でリースもとってもゴージャスですよね☆

ハワイのプランツも$2で販売されていました。ハワイ島コナに滞在されるのが1日,2日でもお部屋にハワイのプランツを飾ったら素敵な朝が迎えられますよ^^

他にも手作りのパンやケーキ、ハワイ島コナ産のハチミツ、野菜、マカダミアナッツ、コンブチャなど色々なブースが出ていたので見るだけでも楽しいファーマーズマーケットです♪

 

駐車場にはハワイ島コナの青空に似合うパンの木もありました。大きな実をつけてましたよ。パンの木の実もホイル焼きにするとパンみたいで美味しいんですよ。

ファーマーズマーケットにお出かけする時はショッピングバッグをお持ち下さいね。すぐホテルやコンドミニアムに帰られる方はいいですが、そこから観光やアクティビティに出かけられる場合は日本から保冷剤と保冷バッグをお持ちになって利用されるといいですよ;)

このファーマーズマーケットが開催されている反対側ずっと右手の方にKTAという日系のスーパーマーケットがあります。KTAはKはコウイチ・Tはタニヤ・Aはわからない(笑)今年で102年目のハワイ島では数店舗ある日系のスーパーマーケットよ。日本食材やお菓子があります。

では次はゴルフ好きにおすすめの情報です;)

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット2☆ゴルフならお手軽な『コナ・カントリークラブ』

紹介したファーマーズマーケットが開催されている「ケアウホウ・ショッピングセンター」の近くにお手軽にゴルフが出来ちゃう『コナ・カントリークラブ』ゴルフコースがあります。

ゴルフ好きの人がハワイにいらしたら「観光なんていいからゴルフしたい!」って思われるんじゃないかしらと思いゴルフ好きな方の観光スポットとしてゴルフ場も紹介しておきましょう(笑)

そうそう『コナ・カントリークラブ』に行く途中に展望台があって、こんな素敵な眺めが見られますから是非お立ち寄り下さい。この日は雲の動きが、とても素敵でした☆

 

こちらが『コナ・カントリークラブ』ハワイ島コナのゴルフ場では空港やホテル&コンドミニアムから一番近いゴルフ場なので気軽に行かれます。ハワイ島コナに来たらゴルフ好きな人はオーシャンビューのこ〜んなゴルフ場でゴルフしたいでしょ^^

ハワイ島には有名なゴルフコースがいくつもありますが『コナ・カントリークラブ』は空いていて穴場です;)

料金は9ホール$90、18ホール$180、ゴルフクラブレンタルセット$55、ゴルフカート$35 、6ラウンドクーポン$690(2人で使ってもOK)1回$115なんていうのもあります。

ハワイのゴルフ場ではハワイらしいデザインのオリジナルグッズを販売しています。『コナ・カントリークラブ』はオレンジのハイビスカスロゴが可愛くて親友のバースデーギフトのサンバイザーとタミーはパターカバーを買いました。ビッグアイランド、ハワイと刺繍されてます。

ゴルフをしなくてもギフトショップでお買い物は出来ますので、ご自分用に家族やお友達のお土産にいかがですか?

『コナ・カントリークラブ』の詳しい言は↓こちらのホームページをご覧ください。

http://www.konacountryclub.com/index.htm

タミーは今回は怪我をしていてゴルフが出来ずに残念でした。次回は絶対にするわ!

次も観光というよりはアクティビティかもしれませんがハワイ島コナに来たら綺麗な海も体験して欲しいのでシュノーケルを楽しめるビーチが『コナ・カントリークラブ』の近くにありますので紹介します♪

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット3☆シュノーケルなら『カハルウベイ・エデゥケーションセンター』

ハワイ島コナでシュノーケルするならカハルウ湾がベストです!なんでタミーが、わかるのかって^^ それはコナロコの友達のやすこさんが『カハルウベイ・エデゥケーションセンター』でお仕事をしているからよ:)

海の動物たちの事は彼女に色々教えてもらいました。「シュノーケルって道具つけて潜ったらいいんでしょ。」って、そうタミーも何も知らない時はそう思ってました。海は海の動物たちのもので私たち人間は、お借りしてるのですから綺麗に使わなくてはいけませんし海の動物たちと海を共有するのにはルールもあるのよ。そんな大切な海の動物たちの事も学べて安全にシュノーケルを楽しめるのが『カハルウベイ・エデゥケーションセンター』です。

毎日午前9時30分から午後4時までシューノーケルのレンタルも出来ますし無料で”サンゴと海洋生物に害を与えずに海を楽しむ方法を学ぶことが出来きます。” お家族で是非、学んで海を楽しんで欲しいわ♪ 申し込みは、こちらのバンに行って下さいね。

☆シュノーケルレンタル☆

*シュノーケルパッケージ:1日$18(マスク、シュノーケル、フィン)、マスクのみ1日$7、シュノーケル1日$6、フィン1日$10、浮く為のベスト・ベルト・ボード)1日$10、ビーチパラソル・チェア1日$8

全ての収入と寄付は美しいカハルウ湾を保護する為の教育プログラムに使われます。

日本語を話せるスタッフは、やすこさんだけで毎週火曜日は、お仕事していますが他の日については、こちらのコメント欄より「シュノーケルの事でお聞きしたいです。」とコメントして頂けたらタミーから連絡させて頂きます;)幸せになれる島カウアイのfacebookページからメッセージを送って下さっても大丈夫です。

やすこさんから「ビッグアイランドではシュノーケリングのベストビーチだと思います。いつも穏やかでビギナーでも大丈夫。29匹のホヌと120種類の魚と共に大阪弁でお待ちしてまーす!」との事です^^

カハルウベイでは、こんなハワイのお魚たちやホヌ(海がめ)に会えますよ♪

左上の魚はハワイ州の魚「タスキモンガラ」フグ目モンガラカワハギ科の魚でハワイ語は”フムフムヌクヌクアプアア”となんとも面白い名前なの(笑)

この意味は「豚のように鳴く角張った魚」なぜかというと警戒心が強くて興奮するとブーブーって豚みたいな鳴き声を出すからなんです。名前だけじゃなくて面白い魚ね^^ 『カハルウベイ・エデゥケーションセンター』に”フムフムヌクヌクアプアア”に会いに来てね;)

『カハルウベイ・エデゥケーションセンター』のホームページは、こちらをご覧下さい。

http://kohalacenter.org/kbec

つぎはハワイ島コナで思いっきりハワイを感じられる観光スポットを紹介しましょう♪

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット4☆『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』には絶対に行かなくちゃ!

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』では現代の発展した環境とは対照的な古代ハワイの生活を見る事が出来ます。

1978年に出来たこのヒストリックパークはハワイの伝統的な土地の区分である”アフプアア”の海岸部分を保全しています。昔は何百人ものハワイアンの人達が、ここで漁業や農業して家族で自給自足の生活をしていたんですよ。そう生きる為に必要なものは、この”アフプアア”の中に全てあったそうです。

海側のこの地に住んだハワイアンの人たちは漁業で得た魚や塩、ココナツなどを山で暮らすハワイアンの人たちと分け合い、そのお礼に山で栽培していたパンの木(ウル)の実やタロイモ(カロ)などをもらい、お互いが助け合い暮らしていました。タミーは古代の人たちは戦いばかりしていたのだと思っていたのでハワイアンの人たちが助け合い生きて来た暮らしの話を聞いて素晴らしいと思いました。

まだまだ興味深い古代ハワイの生活の事が『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』で知る事が出来ますので是非ハワイ島コナにいらしたら行かれて欲しい観光スポットです。日本人観光客用に日本語のパンフレットもあります。

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』でのタミーのおすすめを3つ紹介しましょう♪

 

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』のおすすめ1/ハワイアンカルチャーが無料で学べます!

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』のビジターデンターではハワイアンカルチャーを無料で学べます。(材料費は別途支払う場合もあります。)

タミーが行った時にはの「ラウハラのブレスレッド作り」をしていました。

時間があったらタミーもしてみたかったわ。ハワイアンカルチャーのクラスは他にもウクレレやフラもあります。これはタミーが行った昨年2017年 12月のスケジュールです。写真光ってしまってごめんなさいm–m

スケジュールは変更がある様なので事前に知りたい方は『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』の↓お問い合わせファームからお尋ね下さい。

https://www.nps.gov/aboutus/contactus.htm

 

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』のおすすめ2/溶岩ウォークが楽しめます!

タミーがハワイ島コナロコの友達やすこさんに連れて行ってもらい溶岩ウォークをした場所は本当に素晴らしかったです☆がレンタカーを止めてウォーキングするには危険な場所なので(レンタカーの保証が無い舗装されていない道路なので4WDの車で無いと危ないです。)

安全に溶岩ウォークを体験したい方にタミーがおすすめするのは『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』よ;)

感動しちゃうほどどこまでも続く広大な溶岩台地を見る事が出来ます。

溶岩台地のトレイルは自由に歩く事が出来ます。(注)ギザギザの溶岩のある場所もあるのでハイキングをされる方はビーサンではなくスニーカーなどの靴を履いて下さい。木陰はありませんから必ず水をお持ちになり帽子などの日よけも用意して下さい。ビジターセンターでは飲食物は販売していませんので食べ物や飲み物を持ってピクニックする事は自由ですが”火を燃やしたりガラスの容器”の持ち込みは禁止されています。溶岩の上の景色は同じ様に見えますから短いハイキングコースでも道に迷う場合があるのでトレイルから外れ無いように気をつけて歩いて下さい。

「アラヘレイケハワイ・トレイル」は0.8kmメイン駐車場からビーチまで続いて海沿いの「アラヘレカハカイ・トレイル」に続いています。

ビジターセンターでは溶岩の種類を見る事もできます。

溶岩の事で興味深かった話を紹介しますね。ハワイ島コナの海岸では、ほとんど雨は降ら無いので農業をする事は古代ハワイの時代は難しい事でした。ハワイアンの人たちは溶岩のかけらを使ってなんとプランターを作ったのです。乾燥したココナツの殻を真水に浸して作物の根のまわりにおき水分を供給したそうです。また溶岩で作ったプランターの壁は乾燥した風も防ぎ作物が育てられたそうです。ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』に来て古代ハワイアンの暮らしを見ると本当に感心する事が沢山あります。

2つ目のハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』のタミーのおすすめは自然に海に暮らすホヌ(海がめ)を観察できる事よ;)

 

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』のおすすめ3/ホヌ(海がめ)に会えます!

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパークのビーチではホヌ(海がめ)を観察する事が出来ます。

ビーチでホヌ(海がめ)に会えても決して近づき触ったりしないで下さい。これはハワイ州の法律で禁じられています!

下のサインにあるように6m以上近づかないで写真やビデオを撮ったり観察する場合は上のタミーが写っている6m以上の距離で行って下さいね。

ビーチでは伝統的なハワイ古代の家「ハレ」を見る事も出来ます。

時間に余裕を持ってホヌ(海がめ)を眺めながらビーチでまったりなんて最高に贅沢な観光ではないかしら♡

ホヌ(海がめ)に会いに行く道のりはハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』の↓よくある質問をご覧ください。

https://www.nps.gov/kaho/faqs.htm

ハワイ島コナ『カロコ・ホノコハウ・ナショナル・ヒストリックパーク』では以下の事を禁止しています。

次はハワイ島コナでグルメを堪能したい食いしん坊さん必見の情報よ!

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット5☆ハワイ島コナでアワビやロブスターでBBQしちゃおう!!!

ハワイ島コナでアワビを養殖してる「ビッグ・アイランド・アバロン・コーポレーション」ではコナ沖の900mからくみ上げた海洋深層水を使って日本のエゾアワビを養殖しているのよ。フレッシュなハワイ島コナのアワビを買って食べちゃいましょう♪

「タミーさん、私はホテルに滞在予定なんでどこかハワイ島のコナでコナ産のアワビを食べられるレストランはありませんか?」

残念ですがハワイ島コナのレストランではコナ産のアワビは食べられないの???ハワイ島コナのアワビはホノルルのレストラン(ワイキキ・アラモアナ他)かKCCのファーマーズマーケットで頂けます。でもハワイ島コナに来たんだからフレッシュなのを食べたいですよね。

コンドミニアムで料理が出来る方には朗報よ。「ビッグ・アイランド・アバロン・コーポレーション」でフレッシュなアワビを買う事が出来ます!アワビの直売は月〜金曜日の8時〜16時。日本語の看板出てます(笑)

小さめのアワビはBBQグリルで焼いて食べると最高に美味しいわよ!

「ビッグ・アイランド・アバロン・コーポレーション」では”アワビ・ファームツアー”もあります。

月・水・金曜日の午後12時15分 $12(8歳以下は無料)

詳しくは↓トリップアドバイザーのページをご覧下さい。

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g60872-d6158112-Reviews-Big_Island_Abalone-Kailua_Kona_Island_of_Hawaii_Hawaii.html

 

「ビッグ・アイランド・アバロン・コーポレーション」の同じ通りの少し奥にアワビだけじゃなくロブスターもカニも魚も貝も買えちゃう「コナ・コールドロブスター」という会社もあります^^ ”アワビだけじゃなくシーフード沢山食べた〜い!”って方には、こちらがおすすめよ;)

詳しくは↓「コナ・コールドロブスター」のホームページをご覧ください。

http://www.konacoldlobsters.com/index.html

次はオールドハワイにタイムスリップしたみたいなハワイ島コナの小さな町『カイナリュウ・タウン』を紹介しましょう。

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット6☆ハワイ島コナのヒストリックタウン『カイナリウ』を訪れてみよう♪

『カイナリウ・タウン』は昔の建物をそのまま残してあるのでオールドハワイが今でも感じられる小さな町です。この建物は昔ボーリング場だったみたいよ。屋根に付いてるサインBOWLINGですもん(笑)

こんな風に昔のままの建物で今もビジネスをしています。

 

『カイナリウ・タウン』で一際目立っているのは「アロハシアター」1932年にOPENしたシアターで今も営業しています。

昨年末は17日で営業を終了していました。タミーが行ったのは、その後だったので中に入って映画や演劇をみる事は残念ながら出来ませんでした。

シアターの前には昔の映写機「Historic Projector 1927Simplex E-7」が飾ってありました。

1927年製って事かしらシアターがオープンしたのが1932年ですから当時は最新の映写機で大活躍したのでしょうね。

シアター隣の「アロハ・シアター・カフェ」がとても人気でしたがクローズしていました。張り紙があって今年、新しいレストラン「BOHEMIAN(ボヘミアン)」がOPENするようです。日本にも西麻布と福島にお店があるみたいよ。

「アロハ・シアター」では次回は2018年2/9〜3/11午後2時30分と午後7時30分 “美女と野獣”のミュージカルを観賞する事が出来ます。

大人 – $ 27 、シニア – $ 24 、成人 – $ 22 、子供$ 10

“美女と野獣”はディズニーの作品でストーリーを知っている方も多いので英語でもミュージカル楽しめると思いますよ♪

 

「アロハ・シアター・カフェ」がクローズしていたのでローカルの小さなパン屋さん「スタンダード・ベーカリー」に立ち寄ってみました。

あんぱんやドーナツ、ケーキなど色々な種類のスイーツが並び店内は甘い香りでいっぱい。ロコに人気のパン屋さんで賑わっていました。タミーはスパムむすびとダーリは、お弁当を買って「ドンキーボール」前のテーブルでドンキーボールのコーヒーと一緒に頂きました。

ソーセージ、スパム、コリアンチキン、ハンバーグ、BBQビーフ、フィッシュフライ、ナルト、たくわん、梅干しと9種類も入ってました@_@

お米も美味しくタミーはスパムむすびの中にふりかけが入っているのが好みなのでGOOD^^

 

「タミーさん、ドンキーボールって何ですか?」

『カイナリウ・タウン』を訪れたら是非、行ってもらいたいのが「ドンキーボール」のお店なの;)

「ドンキーボール」は愛嬌のあるロバのロゴが可愛いマカダミアナッツ・チョコレートよ。

すごく沢山種類があるので試食させてくれますから、お気に入りを買ってね;)お店では美味しいコナコーヒーも頂けます。

ドンキーボールはお店の中から見える作業場で手作りしているのよ。お店の方もとても親切でした^^

 

「ドンキーボール」はタミーのおすすめハワイ島コナのお土産記事で詳しく紹介します;)記事をアップしたら、こちらに追記しますので、お楽しみに♪ 『カイナリウ・タウン』に行かれ無い方は「ドンキーボール」はハワイ島コナ空港の売店でも販売してますから是非お土産に1つお買いになって下さいね♪

 

ダーリンは、これをすごく気に入って何度も道路を横断してました(笑)黄色い旗を持って横断歩道を渡るの。

小学生の時を思い出してなぜか懐かしかったタミー。ホノルルボーイのダーリンは生まれて初めて使ったと言ってました@_@

 

町の真ん中に立ってパノラマで写真を撮ると全部写っちゃうくらいの小さな町です『カイナリウ・タウン』

『カイナリウ・タウン』にはブティック、ウクレレショップ、スーパーなどいくつかお店があるのでぶらぶら歩いて覗いて見ると楽しいですよ♪

私達が何度も往復して歩いていたら美容室の美容師さんもお客様も何度もお店の中から手をふって下さってフレンドリーな『カイナリウ・タウン』の人達でした^^

『カイナリウ・タウン』に行ってみたい方はナビにKauinaliu townと入れて下さいね;)

 

次はハワイ島コナといったら忘れちゃいけないのがコナコーヒーよね!タミーのおすすめハワイ島コナのNo,1コナコーヒー農園を紹介します♪

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット7☆ハワイ島No,1コナコーヒー農園『グリーンウェル・ファーム』を訪れましょう♪

素敵な眺めのコナコーヒー農園でしょ『グリーンウェル・ファーム』

ハワイ島コナコーヒー農園『グリーンウェル・ファーム』が何故ハワイ島コナコーヒー畑のNo,1なのか知りたいでしょ?は詳しく書いた記事がありますので↓是非こちらの記事をご覧下さい。

ハワイ島No,1コナコーヒー農園『グリーンウェル・ファーム』日本語無料ツアー♪

記事を読んだらコナコーヒー農園『グリーンウェル・ファーム』に行きたくなる事間違い無しよ(笑)

最後はタミーからハワイ島コナのおすすめ観光”おまけ”情報をもう1つ紹介させて下さいね。

 

☆ハワイ島コナおすすめ観光スポット”おまけ”☆オクトパスファーム、シーホースファーム&ハワイアンモンクシールの病院

ハワイ島コナには海の動物たちの施設が色々あるんです。タミーが行った日は週末だったので見学は出来ませんでしたが、こちらはオクトパス(タコ)ファーム

タコの事が学べるツアーあります。1日2回 午前10時と午後2時 $25 (要予約)

ツアーは英語のみになりますが興味がある方は↓こちらのホームページからご予約下さい。

https://www.kanaloaoctopus.com/

 

シーホース(タツノオトシゴ)・ファームもあります。

こちらもツアーは英語のみです。月曜日〜金曜日の午前10時、午後12時、午後2時です。チケットは建物の入り口かオンラインで購入出来ます。

シーホース(タツノオトシゴ)・ファームのホームペジは↓こちらをご覧ください。

http://seahorse.com/location-facilities/ocean-rider-location-facilities

 

こちらはツアーはありませんがハワイ島コナで是非、行きたかったハワイアンモンクシールの病院。ハワイ諸島の中でハワイアンモンクシールが一番多く生活しているのはカウアイ島の海なんですがハワイアンモンクシールの病院はハワイ島のコナにしか無いんです。

写真の様にカウアイ島のハワイアンモンクシールもこの「ケー・カイ・オラ」と名付けられた病院でお世話になっています。マハロです♡

ハワイアンモンクシールは、ハワイ諸島の海で生活する絶滅の危機にあるアザラシです。ハワイ語の”Ilio-holo-i-ka-uaua”は「荒い水の中で走る犬」という意味でとても頭のいい動物です。ハワイアンモンクシールは水中で生活しますが1日の約1/3をビーチで過ごします。なのでボランティアの方々がハワイアンモンクシールをハワイのビーチで危険から守っています。ハワイアンモンクシールにハワイで出会えても決して近づいて触ったりしないで下さいね。タミーからのお願いですm–m

週末で病院のスタッフとお話する事はできませんでしたが記念写真も撮れて満足でした(笑)

海の動物達の為に私達は海を綺麗に使いましょうね。

いかがでしたか?内容盛り沢山のレンタカーで行かれるタミーが楽しんだハワイ島コナの観光スポット♪ 興味ある場所があったかしら?「レンタカー編」と書きましたが観光タクシーや個人ツアーガイドさんにも連れて行ってもらえますので、あなたのハワイ島コナ旅の参考になれば幸せです♡

 

こちらのハワイ島コナ記事も是非ご覧下さい。

ハワイ島コナおすすめ観光スポット「アリードライブ徒歩編」

ハワイ島コナのおすすめグルメ☆レストラン&カフェ

ハワイ島コンドミニアム『ウィンダム・コナ・ハワイアン・リゾート』タイムシェア購入しなくても宿泊出来ます!

ハワイ島コナのお土産なら『ドンキーボール』&『侍コナコーヒー』

 

ハワイ島コナおすすめ観光スポット「アリードライブ徒歩編」

Aloha(^^)/ ハワイ島コナを旅した時にコナ在住の友達のやすこさんが案内してくれた観光スポットが何処も楽しかったの♪ 旅のおすすめ観光スポットはロコに聞くのが一番よ;)

日本人の方がツアーで泊まられる定番ホテルから歩いて行かれる「アリードライブ」沿いのタミーのおすすめ観光スポットを紹介しちゃいます♪

歩いてまわれるハワイ島コナの観光スポットはアリードライブ♪

日本人の方がツアーでハワイ島コナに行かれた時に泊まる定番ホテルといったら『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』長い名前です(笑)

『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』の前の道路がワイキキで行ったらカラカウア通りの様なメイン通りの「アリードライブ」です。この「アリードライブ」沿いの歩いていかれる範囲にハワイ島コナのタミーのおすすめ観光スポットが、いくつかあるので紹介しますね;)定番のハワイ島コナの観光スポットなんですが定番でも行って欲しい理由があるんです。

タミーそれぞれの観光スポットを詳しく説明していますので「ガイドブックにも載ってる定番じゃない〜つまんないわ。」なんて言わ無いでハワイ島コナにいらしたら是非、訪れて頂きたい観光スポットですので、まずはタミーの記事をご覧下さいね^^

ハワイ島コナおすすめ観光1/大きなバニアンツリーからパワーをもらいましょう!

まず最初のハワイ島コナのおすすめ観光は定番の観光スポットじゃないですよ(笑)『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』を出て右側に歩いて下さい。少し歩くと右側に大きなバニアンツリーが見えます。

タミーは植物が大好きなのでハワイの大きな木を見つけると木に触ってパワーを頂きます。ハワイでは樹齢100年近くの木には神様が宿ると言われています。せっかくハワイ島のコナにいらしたのですからハワイアンの方がパワーをもらうバニアンツリーからパワーを頂きましょう☆

こんな風にバニアンツリーの中に入って写真を撮るのもいい記念になりますよ;)

バニアンツリーからパワーを頂いたら、そこから右手に歩いてマリーナの方に向かいましょう。

マリーナの入り口の小さなビーチでは子供達やワンコが楽しく泳いでいるのも見られて、見てるこちらまで幸せな気分になれます♪

 

このビーチの奥はカマカホヌ湾です。ここからはクルーズ船が出航します。

ハワイ島コナの素晴らしいサンセットが見られるサンセットクルーズに出かけるのもいいですよ。

カマカホヌ湾から出航するサンセット・ディナークルーズの詳しい詳細はこちらのVELTRAのサイトを↓ご覧ください。

https://www.veltra.com/jp/hawaii/big_island/a/11916

イルカやホヌ(海がめ)マンタと出会えるチャンスもあるみたいよ。『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』からは徒歩5分もかからない近さですから便利ですよ。

つぎはハワイの歴史を感じられる場所に行ってみましょう。

 

ハワイ島コナおすすめ観光2/カメハメハ大王の隠れ宅『アフエナ・ヘイアウ』

2つ目のタミーのおすすめハワイ島コナの観光スポットは『アフエナ・ヘイアウ』ヘイアウとは石材が敷き詰められた造りでハワイの神々の宗教行事に用いられた神聖な場所です。カマカホヌ湾の右側に『アフエナ・ヘイアウ』が見えます。

入り口にはサインと『アフエナ・ヘイアウ』の説明があります。

この『アフエナ・ヘイアウ』は『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』の敷地内にありましてホテルの中からも行く事が出来ます。『アフエナ・ヘイアウ』にはハワイ4大王の1神である”農耕の神「ロノ」”が、まつられています。

『アフエナ・ヘイアウ』のすぐ近くまで行かれますがゲートがあって中には入れないようになっています。

こんな感じでゲートの入り口から眺める様になります。『アフエナ・ヘイアウ』はカメハメハ大王の隠れ宅と呼ばれ晩年を過ごした場所と言われています。当時のままの草葺(カマカホヌ)の家が復元されています。

カメハメハ大王が暮らすには質素な家に思えますが、ここから見るサンセットは素晴らしくカメハメハ大王のお気に入りの場所だったのではないかしら。そしてカイルア湾を見守っていたのでしょうね。

建物の周りの海の水はとても綺麗で沢山魚が飛び跳ねていましたよ。昔のハワイを感じられる『アフエナ・ヘイアウ』は地味ですが訪れて欲しい場所です。

☆コナロコやすこさんからおすすめ観光情報1☆

私達はこのマリオットホテルを「キンカメ」と省略して呼びます。このホテルでのルアウは出演者が昔の伝統の衣装で海からボートに乗ってヘイアウの横にある会場に現れます。他にはない演出です。是非時間があれば見てほしいです。カメハメハ時代にタイムスリップします。

 

『アフエナ・ヘイアウ』でハワイの歴史を感じた後は来た道を戻って「アリードライブ」に出ましょう。

海岸線の道を右側に歩いて行きましょう♪ 『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』と反対の方向です。

海風を感じながら歩いて行くとこんなに綺麗なブーゲンビリアが咲き乱れているお家があったり

タミーが訪れたのは12月だったのでクリスマスツリーも見えました。

「アリードライブ」沿いには沢山のショップやレストランがありますからウインドウショッピングや食事やお茶するのも楽しいですよ♪ 15分くらい歩くと左手に素敵な教会が見えます。

 

ハワイ島コナおすすめ観光3/ハワイ州最古の『モクアイカウア教会』

3つ目のタミーのおすすめハワイ島コナの観光スポットは『モクアイカウア教会』です。

ハワイ最古という事はハワイで初めて設立されたキリスト教の教会なんですよ。教会の長さは36メーター。幅12メーター。塔の高さは34メーターありカイルアコナでは一番高い建物なので漁師さん達は、この鐘塔を目印に使っていたそうです。

教会を設計した牧師のエイサ・サーストンは上手に西風を利用して天然の涼しい風が教会全体を流れるように設計しました。

1820月4月 4日にハワイ諸島がまだ”サンドイッチ諸島”と呼ばれていた時代に派遣されたキリスト教徒のミッションがハワイ島カイルアコナにサジアス帆船で到着しました。当時の王様であったカメハメハ大王2世とリホリホ王は1年間の期限付きで滞在を許可したのです。

その後、正式に更新された記憶は残っていないとの事ですが滞在延長してこんな素敵な教会を作ってしまったのはすごいですね(笑)

クリスマス前だったので門にはクリスマスリースが飾られていました。教会の壁は溶岩の岩、砂、石灰に水を混ぜて作ったモルタルで造られました。石灰はハワイの原住民が海の底から集めたサンゴを焼いてから砕いて作りました。タミーは建物から海も感じましたよ。

ハワイ島コナの地に『モクアイカウア教会』が建設される前には、この場所に2つの藁葺きの建物があり1820年以前は王様の家だったそうです。1825年に教会として造られ現在の建物は1835年に建造がスタートして1837年に教会として設立されて『モクアイカウア教会』は『モクアイカウア教会』ハワイ州の最古の教会になりました。

『モクアイカウア教会』の中に入ってみましょう♪ 教会の中を”まるでオヒアの森の様だ。”と表現した方がいるそうですが確かに木がふんだんに使われた天井の高い教会はまるで森の中にいるように癒される空間でした。

オヒアとはハワイ特産の木で教会の柱や他全部オヒアの木で造られています。オヒアの木はとっても堅い木でハワイの雨量の多い標高の高い場所で育ちます。説教壇、座席、両面や手すりはオヒアの木では無くハワイ特産のコアの木で造られています。だから美しい教会なんですよね。

『モクアイカウア教会』の名前の由来の1つに”木材を得る場所”とう意味があるそうですがハワイ特産の木を沢山使って造られた教会にはぴったりの名前だと思います。

タミーはクリスチャンでは無いのですが中学、高校と6年間ミッションスクールの女子校に通っていて朝は礼拝からスタートだったので教会に入ると懐かしくそして心が落ち着くの。

タミーが特に気に入ったのは説教壇の前のイエスさまのステンドグラス☆ 大きなクリスマスツリーも飾られて素敵でした。

 

ステンドグラスは逆光になってしまって肉眼で見る様に美しい写真が撮れなかったのが残念です。

実際に見るとWOW!と声が出るほど美しいステンドグラスです。『モクアイカウア教会』のレビューには”外から見れば十分”みたいな残念なコメントがありましたが見学は無料ですので是非ご自分の目で素晴らしいステンドグラスをご覧になって欲しいタミーです。

次は、この教会の向かい側にあるハワイ島コナの歴史と文化を感じられる観光スポットに行きましょう♪

 

ハワイ島コナおすすめ観光4/ハワイの歴史と文化を感じられる宮殿『フリヘエ・パレス』

4つ目のタミーのおすすめハワイ島コナの観光スポットはハワイの宮殿『フリヘエ・パレス』です。

『フリヘエ・パレス』はハワイ島の2代目の総督ジョン・アダムス・クアニキによって1838年にハワイ島コナに建てられた宮殿です。彼が先ほどご紹介しました『モクアイカウア教会』も建てたのですよ。

『フリヘエ・パレス』内は写真撮影が禁止されていましたがホールに飾られていたクリスマスツリーは「どうぞ撮影して下さい。」と言われたので撮らせて頂きました。後ろから光が入って見えずらいですが大きくて綺麗なクリスマスツリーでした。左側にある階段から2階に上がれます。

タミーはタイミングよく午後1時の無料ガイドツアー(英語)に参加出来たので色々と興味深い話を聞く事が出来ました。名前を聞くのを忘れてしまいましたがユーモアのある若い男の方で楽しいツアーでした。

 

ハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』の悲しい歴史

まずは『フリヘエ・パレス』の歴史についてお話させて下さいね。『フリヘエ・パレス』はクアキニの本宅でした。1844年にクアキニが亡くなった後、養子のウィリアム・ピット・レレイオホクにゆずられますが彼も数ヶ月後に亡くなってしまい妻のルース・ケエリコラニ王女に譲られ『フリヘエ・パレス』は王族の方々の大好きな別荘となりました。

1883年ルース王女が亡くなり後継者が無かったので従妹のバーニス・パウアヒ・ビショップ王女が譲り受けました。なんと翌年にバーニス王女も亡くなってしまったので『フリヘエ・パレス』は国王デイヴィッド・カラカウアが買い受けました。

カラカウア王が所有していた時に『フリヘエ・パレス』は大規模な改装が行われ天井には王冠や金箔の模様が施されクリスタルのシャンデリアが飾られ玄関にはレッドウッドの柱が立てられました。

カラカウア王の未亡人カピオラニ王女が1899年に亡くなられて甥のジョナ・クヒオ・カラニアナオレ王子とデイヴィッド・カウナナコア王子が『フリヘエ・パレス』を相続しますが1914年にバスシェバ・アレン夫人に売却され悲しい事に家具類などは競売されてしまいました。

1925年「ドーターズ・オブ・ハワイ」が歴史館として『フリヘエ・パレス』を運営する事でハワイ州が買い受け現在に至ります。現在は古代のハワイの美術文化財や19世紀のハワイ王朝ゆかりのコレクションの品が『フリヘエ・パレス』でご覧いただけます。

『フリヘエ・パレス』はハワイ島コナの素晴らしい宮殿ですが住まわれた方が次々に亡くなり悲しい歴史でしたね。

ではタミーが『フリヘエ・パレス』内をご案内しましょう♪

 

ハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』にはハワイ王朝時代の興味ある品が沢山あります。

『フリヘエ・パレス』の外観は外国人の船員達が溶岩、サンゴ礁のブロックを使い内装はコアにオーヒアといったハワイの木を使って造られました。1階にはホール、ゲストルーム、食堂があり2階には2つの寝室があり建物は全長18m、幅9mあります。

*玄関ホール*

カラカウア国王の為に作られたコアで出来た机の1つとギリシャで作られたカラカウア国王の像を見る事が出来ます。『フリヘエ・パレス』に暮らした王族の方々の写真も飾られています。

*クヒオ・ルーム*

玄関ホールの右側が『フリヘエ・パレス』の最後の所有者であったクヒオ王の名前がつけられた部屋で当時のオリジナルの家具を見る事が出来ます。これらの家具は彼の妻であるカハヌ王女の大変な努力の賜物だそうです。当時この部屋が食堂だった事が家具から想像出来ます。ダイニングテーブルはコアの1枚板で作られていて直径1.75m木目が美しい素晴らしいテーブルです。

食器棚も全てコアで『フリヘエ・パレス』内の他の家具もハワイ王国に住んでいた外国人の手で作られました。

大きなトランクはカピオラニ女王が1887年に英国のビクトリア女王即位50周年の式典に招かれ渡英した時に使われた6つのトランクの1つです。

6つもトランクを持ってご旅行されたのですね。きっと沢山のドレスや装飾品が入っていたのかしら。トランクの正面には「常に最大の努力を」というカピオラニ女王のモットーが刻まれています。素敵な言葉ですね☆ 当時は大きなサイドボードのある壁から台所が繋がっていたようです。

*クアニキ・ルーム*

玄関ホールの左側の部屋は『フリヘエ・パレス』を建てられたジョン・アダムス・クアニキにちなんで名付けられた部屋です。

ハワイ王朝以前の古代ハワイの文化財を見る事が出来ます。ショーケースの中には石器の道具や木製の容器、宝石などが飾られています。

クリスマスツリーがあった隣の階段から2階に行きましょう♪

*2階の居間*

2階へ上がる途中の階段の踊り場にカメハメハ大王の投げ槍と木槍があります。1番長いものは6.6mもあります。歴代のハワイ国王の肖像画も見られます。ティークとレッドウッドで作られたオルゴールがありますが、これはカラカウア国王が親友であった作家のロバート・スティヴンソンからカイウラニ王女に贈られた品です。リリウオカラニ王女のブロンズ像は有名な芸術家のマリアンヌ・ピネダの作品でホノルルの州庁舎の前にオリジナルの銅像が立っています。

*ルース王女の寝室*

左側の寝室はルース王女が使われたコア製の大きなアームチェアやベッドが展示されています。ベッドにはハワイアンキルトがかけられていますが黄色と赤のハワイロイヤルカラーでした。ガイドさんに聞いた話ではルース王女は、とても大きな方でハワイアンキルトがかけられたベッドでは読書をするくらいで実際は反対側に大きな台の様な物が飾られていますが、そちらでお休みになられていたそうです。面白いお話を聞けました。
床にはココヤシの幹で作られたルース王女の帽子ケースもあります。可愛らしいゆりかごベッドはルース王女が可愛がっていたカメハメハ4世とエマ王女の息子エドワード王子に贈ったものです。

鏡のついた衣装ケースはカピオラニ王女のものでハワイの白檀の木を使い中国で作られ象牙のはめ込み模様が施されています。その模様は中国の有名な伝説を表しています。

*カワナナコアの寝室*

この部屋にはカワナナコア家のディヴィッド王子とアビゲイル王女にちなんだ品が飾られています。ディヴィッド王子はカラカウア国王夫妻の甥で養子となりカワナナコアの子孫は現在もハワイの政財界で活躍しています。

ビクトリア時代の素晴らしい家具を見る事が出来ます。タミーが目を奪われたのアビゲイル王女のベッド@_@ すごくゴーシャスなの☆ ベッドボード、フットボード、天板は全てコアが使われ角柱は硬質のカウイラ材なのに素晴らしい彫り模様が施されています。そのデザインは貝殻、タロイモ、パイナップルとハワイらしくて素敵なの♡ 本当に素晴らしい仕事です。ベッドの上のマットはハワイ特有の植物マカロアで織らた敷物でハワイ王族が愛用していたそうです。

大きな戸棚もコアで手作りで作られたものです。脇の扉の鶴の彫り物は中国の伝統的な幸運のデザインだそうです。この作品はカラカウア国王の特注品で1889年パリで開催された国際展示会に出品されて銀賞を獲得しています。この細工は素晴らしいので是非、見て欲しいです。

象眼のテーブルはリリオカラニ女王の為に手造りされたもので20種類ものハワイ産の木材が使われているんですよ。

最後に『フリヘエ・パレス』のベランダを紹介しましょう!

 

素晴らしい眺めが見られるハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』のベランダ^^

2階のベランダは約3m半の幅で18mもあります。この日は、とてもいいお天気だったのに『フリヘエ・パレス』を訪れた時に曇っていたのが残念でした。晴れていたら、ここからの景色最高です☆ 宮殿をここに作ったのも納得。ここからはカイルア湾をへだててカマカホヌという町が望めます。

 

ベランダには出られて景色を見られ写真も撮る事が出来ます。(注)見た目は、まだしっかりしてる様に見えたフェンスですが、だいぶ老朽していて危険だそうなので触らないで下さいとの事でした。

ハワイ王朝を作り上げたカメカメハ王が1812年にこのハワイ島コナの地を選んで首都としました。1819年カメハメハ大王が亡くなられて間も無く息子のカメハメハ2世が古代から伝わる宗教の「カプー」を廃止したのもこの都でした。

 

ハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』には地下室もあったのよ@_@

なんと『フリヘエ・パレス』には90cmの分厚い壁の長さ12m、幅9mの地下室もあったのです。今で言ったらシェルターかしら。他には雨水貯水槽もありました。この時代に素晴らしいですよね☆

この都には古代からの神殿、王族や首長達の屋敷がありました現在はカイルア湾に沿って「アリードライブ」沿いにはホテルに沢山のレストランやお土産屋さんがありハワイ島コナの観光地の中心に変わりましたが栄えているのは今も昔も同じ。きっとハワイの王族方も喜んでいるのでは無いかと思うタミーです。

 

ハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』の営業時間・入場料・無料ツアー のご案内

*営業時間/日曜日:午前10時-午後3時・月曜日〜土曜日:午前9時-午後4時までの主な祝日定休

*入場料/ 一般入場料$ 10:カマイナ・ミリタリー$ 8:シニアID$ 1:子供5歳〜17歳は無料

*無料ガイドツアー:10 AMと1:00 PM(英語のみになります。)日本語のパンフレットはあります。

夜『フリヘエ・パレス』の前を歩いたらライトアップされていて素敵でした☆

いかがでしたか?ハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』で大変貴重なハワイの歴史と文化を学べて絶景も見れるので入場料はかかりますが是非、訪れて欲しいタミーおすすめの観光スポットです!

☆コナロコやすこさんからおすすめ観光情報2☆

町でイベントがある時は、パレスの裏庭でフラのショウがあります。無料なので上手くイベントと遭遇した時は是非!!!

 

タミーからもう1つおすすめが!オアフ島に行かれる方はホノルルの中心から近くのヌアヌバレーという場所に「クイーン・エマ夏の宮殿」(Queen Emma Summer Palace)がありますからハワイの歴史・文化に興味のある方は是非こちらも訪れてみて下さいね。

ハワイ島コナの『フリヘエ・パレス』とオアフ島の「クイーン・エマ夏の宮殿」の詳しい詳細については、こちらのホームページをご覧下さい↓

http://daughtersofhawaii.org/

今まで紹介したタミーのおすすめハワイ島コナの観光スポットがある「アリードライブ」沿いには驚くほど沢山のお土産屋さんやレストランがあるので、ゆっくりお散歩するのもとても楽しいです♪ 昼間は海岸沿いを歩いて気持ちいいし景色も最高なんですが夜涼しくなってディナーの後に歩くのもいいですよ;)危険な場所ではありませんから。

「タミーさん、私は『コートヤード・マリオット・ キングカメハメハ・ コナビーチホテル』には滞在しないのでレンタカーで「アリードライブ」の観光スポットを訪れてみたいのですが無料の駐車場は、ありますか?」

「アリードライブ」近くのホテルに滞在される方は今まで紹介した観光スポットは歩いて回れますが離れたホテルやコンドミニアムに滞在される方は駐車場気になりますよね。タミーご案内しましょう♪

 

ハワイ島コナ「アリードライブ」の無料駐車場のご案内タミーのおすすめ

ハワイ島コナの「アリードライブ」の無料駐車場は『モクアイカウア教会』の隣に白いテントがいくつかあってマーケットが開催されているのですが、その隣に無料駐車場があります。ただしご注意下さい!

(注)その隣にコインパーキングがあって、そちらに止めてしまうと高い駐車料金を払います。隣の無料駐車場の入り口はアリードライブ沿いには無くコインパーキングの角を曲がった少し先に入り口がありますので、ご注意下さいね。無料駐車場の方は空き地みたいになっているだけですが車が止まっているのでわかると思います。

タミーのおすすめハワイ島コナのおすすめ観光スポット「アリードライブ徒歩編」はいかがでしたか?行ってみたくなったでしょ^^ 更に役立つ情報として「レンタカー編」もご覧下さい。

ハワイ島コナおすすめ観光スポット「レンタカー編」

タミーのおすすめハワイ島コナのおすすめレストラン&カフェにお土産情報の記事”もアップしますのでお楽しみに♪ 勿論アップしましたら、こちらの記事に追記します!

ハワイ島コナの他の記事も是非ご覧下さい^^

ハワイ島No,1コナコーヒー農園『グリーンウェル・ファーム』日本語無料ツアー♪

ハワイ島コンドミニアム『ウィンダム・コナ・ハワイアン・リゾート』タイムシェア購入しなくても宿泊出来ます!

ハワイ島コナのおすすめグルメ☆レストラン&カフェ

ハワイ島コナのお土産なら『ドンキーボール』&『侍コナコーヒー』

タミーの記事を参考にハワイ島コナを満喫されてくださ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光14♪

Aloha(^^)/

「タミーさん、来月初めて3泊5日でワイキキに行きます♪3泊しかないのでワイキキビーチでのんびりして買い物して美味しいもの食べられたらいいって思ってますがワイキキで楽しめる観光ってありますか?」と問い合わせを頂きました。

ワイキキでしかも『無料』でハワイ観光楽しめますよ☆タミーおすすめ紹介しちゃうわ♪

 

観光とは『楽しみを目的とする旅行』のことよ♪

ウキペディアが「観光とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のこと。」と言っておりますのでワイキキで楽しめる事をタミー紹介しちゃいますね;)

でもハワイ旅行に来たら買い物もしたいし美味しいものも食べたいわよね。

って事はお金を使うのでタミーからはワイキキで『無料』で楽しめちゃう観光を教えちゃいましょう♪

「タダより安いものは無い(笑)」『無料』で楽しめちゃうって最高でしょ☆

まずタミーのおすすめはワイキキでロケーションが最高に便利な場所に『無料』で楽しめちゃうハワイ観光が沢山あるの。その場所はワイキキの中心にある”ロイヤル・ハワイアン・センター”

”ロイヤル・ハワイアン・センター”には『無料』の観光が8つもあるのよ(^_-)-☆ 3つのショーは会場に行って『無料』で見れちゃうし5つの『無料』レッスンの参加方法は簡単なの。

当日会場で直接申し込みするだけでOKだから、その日の気分で行きたくなったら気軽に参加できちゃうのよ。

ハワイの伝統文化に触れられる絶好のチャンス!では何があるのか見てみましょうね♪

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光1)”ロイヤル・ハワイアン・センター” フラレッスン♪

1つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「フラレッスン」

フラを日本で習ってる方もハワイに来て初めてチャレンジしてみるって方も普段着で気軽に参加できちゃう『無料』フラレッスンなので是非、参加してみて下さい♪

もし心配なら見学するだけでもハワイ気分が味わえて楽しいわよ。でも見ていたら絶対に一緒に踊りたくなっちゃうわ;)

ハワイでトップのハラウ(フラグループ)である「ハラウ・フラ・オ・マイキ」を卒業した”プアケアラ・マン”先生に教えて頂けます。

メレ(歌)やチャント(祈り)に合わせた基本の手足の動きと体の動かし方を学びます♪

日時:(月、火、金) 10時〜11時 (水)16時〜17時

場所:ロイヤルグローブ(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)

 

*フラレッスンにはお子様限定の「ケイキフラレッスン」(3歳〜10歳)もあります。

お父さんもお母さんもお子様と一緒に楽しめます♪ 家族におすすめの観光ね;)

時間:(月)3時半〜4時

場所:ロイヤルグローブ(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光2)”ロイヤル・ハワイアン・センター” レイレッスン

2つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「レイレッスン」

ハワイのレイって素敵でしょ☆ 買ってつけてみるのもいいですが自分で作れたらもっと素敵じゃない;)

『無料』レッスンのレイ作りは色とりどりのいい香りの生花に糸を通して作る「クイ」という手法のレイを学びます。

手作りレイをつけて写真を撮ったら最高のハワイの思い出になりますよ♡

(注)レッスンは先着25名様まで。対象年齢は7歳以上です。

日時:(月、火、土) 13時〜14時

場所:B館3階

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光3)”ロイヤル・ハワイアン・センター” ウクレレレッスン♪

3つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ウクレレレッスン」

ウクレレレッスンは初めての方も勿論いますから基本のコードと簡単な曲を学びます♪

先生はプロの女性シンガー”ワイナニ・イム”先生とフラも教えている”プアケアラ・マン”先生が教えて下さいます。

ウクレレを習っていたり独学で楽しんでいる方でウクレレを持っていらして参加しても勿論いいですよ。

ウクレレって1人で弾いても楽しいですが何人かで演奏するのもまたいいんです。多少間違ってもわかりませんから(笑)

ウクレレを始めたくてウクレレはハワイで買いたいって思って購入した方の初レッスンの場でもいいですし、とにかく楽しいので参加しちゃいましょ♪ (ロイヤル・ハワイアン・センター内の「ボブズ・ウクレレ」ストアでもウクレレ販売しています。)

興味はあるけど、、、ウクレレ持ってないし買ってまでは、、、って方も心配なくウクレレは25本も用意がありますから『無料』で楽譜と貸してもらえます。

演奏しなくてもコーヒーでも買ってウクレレの音色を聞きに行くだけでも幸せな気持ちになるわよ♪

 

日時:(月、火、金) 12時〜13時

場所:B館1階 ヘルモアハレ&ゲストサービス

ロイヤル・グローブ(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)に面した場所にあります。

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光4)”ロイヤル・ハワイアン・センター” ロミロミマッサージレッスン

4つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ロミロミマッサージレッスン」

すごいでしょワイキキで『無料』のロミロミマッサージのレッスンが受けれちゃうなんて。

先生はハワイカイにある「モクオラ」というハワイアン・ヒーリング・センターのオーナーである”ピイラニ・ライト”先生です。

レッスンは参加者がペアになって実際に首、肩、頭、腕などをマッサージしながらヒーリングのポイントである”祈り”や”心のあり方”そして”呼吸”などのロミロミマッサージの基本を学びます。

学びながら気持ちもよくなって癒されちゃうなんて最高よね。

ハネムーンカップルは2人で習ってマッサージしあうなんていかがかしら?

タミーは初めてハワイで受けたロミロミマッサージに癒されてスクールに通って日本ではマッサージのサロンをOpenしちゃったくらい魅了されたロミロミマッサージです。

興味がある方は『無料』レッスンでロミロミマッサージの世界を覗いてみて下さいね;)

 

日時:(月、水、金) 11時〜12時

場所:B館3階

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光5)”ロイヤル・ハワイアン・センター” ラウハラ編みレッスン

5つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ラウハラレッスン」

ハラの木の葉をなめしてハワイの伝統工芸である「ラウハラ」の基本の編み方を学びます。

長年「ラウハラ」の伝統工芸をされている”ビル・ケオウア・ネルソン”先生によるレッスンではブレスレットなどの身につけられる小物を作ります。

日時:(火〜木) 13時〜14時

場所:B館3階

いかがですか?5つの『無料』レッスン。次は『無料』で見れちゃうショーですよ。

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光6)”ロイヤル・ハワイアン・センター” ハワイアンエンターテーメント

6つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ハワイアンエンターテーメント」

ハワイに来たら見たいわよね〜フラショー♪ ハワイで人気のローカルアーティストによるハワイアン・ミュージックと近代フラ(フラアウアナ)の素敵なショーが『無料』で見れちゃうって最高でしょ!

これぞ観光って感じよね。とても人気なフラショーなので時間が合えば是非、見に行かれて下さいね;)

 

日時:(火〜金) 18時〜19時

場所:ロイヤルグローブ(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光7)”ロイヤル・ハワイアン・センター” フラカヒコ(古典フラ)

7つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「フラカヒコ(古典フラ)」

”古典フラ”を見た事がありますか?パワフルで感動するわよ!フラには現代フラ(アウアナ)と古典フラ(カヒコ)の2種類があります。

日本見られるほとんどのフラは現代フラ(アウアナ)です。現代フラは綺麗なハワイアンドレスを着てハワイアンミュージックに合わせて素敵なスマイルで踊っていますよね。

古典フラ(カヒコ)は神様や王族そして祖先に捧げられた神聖な踊りなので笑顔は無しです。

ハワイアンミュージックでは無くクム(フラの先生)が演奏するイプヘケ(ひょうたんから作られた楽器)やドラムの演奏とチャント(祈り)に合わせて踊ります。

ハワイでフラを習う時は古典フラ(カヒコ)から始めるんですよ。フラの原点である古典フラ(カヒコ)を『無料』で見られるのですから観光気分も最高に盛り上がっちゃうわ!

 

日時:(土) 18時〜18時半

場所:ロイヤルグローブ(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光8)”ロイヤル・ハワイアン・センター” ロック・ア・フラのミニショー

8つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ロック・ア・フラのミニショー」

”ロック・ア・フラ・ミニ・ショー”は、エネルギーに溢れるワイキキで30年以上も続いているので世界中の多くのファンがいるんですよ;)

思い出に残るワイキキの夜をお約束してくれる楽しいショーです♪

日時:(火、木、土) 19時〜

場所:ロイヤルグローブ(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)

 

以上が”ロイヤル・ハワイアン・センター”で楽しめちゃう『無料』観光です^^

(注)レッスンやショーのスケジュールは変更になる場合もありますのでワイキキに滞在されたら”ロイヤル・ハワイアン・センター”内の”ロイヤル・グローブ”(”ロイヤル・ハワイアン・センター”の中庭)に面した”ヘルモアハレ&ゲストサービス”に問い合わせて下さいね。

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光9)”クヒオビーチ” たいまつ点灯とフラショー♪

9つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「クヒオビーチのたいまつ点灯とフラショー」

ホノルル市主催の人気のフラショーなんです♪

ハワイアンミュージックもサンセットタイムにたいまつの点灯も一緒に楽しめちゃうショーよ;)

 

日時:(火、木、土)18時半〜19時半 *11月〜1月は18時〜19時

場所:カラカウア通りのハイアット・リージェンシー・ワイキキ向かいのビーチ。デューク・カハナモク像の近く。

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光10)”ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ” ロッキン・ハワイアン・レインボー・レビュー

10つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのロッキン・ハワイアン・レインボー・レビュー」

毎週金曜日19時から”ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ”の「スーパープール」で開催される『無料』エンターテイメントショーよ♪ ハワイアンミュージックとダンスの華やかなショーでとっても楽しいの;)ショーはプール周辺では『無料』で見る事が出来ます。

ラストに上がる花火はワイキキの金曜の夜には欠かせ無くなってるほどの人気なのよ。

日時:(金)19時 (注)年末などは休演日もあります。

*近くでショーを見たい方はプールサイドのテーブル席に座ってショーが見れるチケットを30ドルで買う事が出来ます。

ホテルのゲストはアリイタワー内のツアーデスクで事前にお買い求め出来ます。当日券は「スーパープール」入口にて18時〜19時開演前まで買う事が出来ます。

場所:ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ「スーパープール」

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光11)”ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ” 花火

11つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの花火」

ショーのラストは花火です*** 5分ほどの短い時間ですがハワイの夜空に上がる花火も中々いいですよ;)

打ち上げ時間:19時45分

 

*タミーのおすすめ花火がよく見える場所*

打ち上げ場所のヒルトン前のビーチは、すぐ近くで花火が見えるので迫力あります。音もすごいわよ!!! ワイキキでこの大きな花火@_@ 驚いて腰抜かさ無いでね(笑)

花火って少し遠くで眺める事が普通じゃないですか?ハワイ旅行の思い出に残る迫力ある観光よ!「めっちゃ近くで花火見てど迫力!」なんていう経験もいいんじゃない(笑)

ワイキキでは少し遠くになっても、この時間は花火が見られる場所はいくつかあるので「あっ?!花火*」なんていう偶然の花火も感激しちゃいますよ;)

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光12)”ワイキキ・ビーチウォーク” ファーマーズ・マーケット

12つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ワイキキ・ビーチウォークのファーマーズ・マーケット」

ワイキキのルワーズ通りの「ワイキキビーチウォーク」のショッピングセンター前でファーマーズ・マーケット『マーケット・オン・ザ・プラザ』が毎週木曜に開催されます^^

メイド・イン・ハワイにこだわったファーマーズ・マーケットですからハワイの美味しいものが買えちゃいますよ。滞在中食べるのにもお土産にするにも良い商品があるので是非、覗いて欲しいわ;)

日時:(木) 16時〜20時

場所:ワイキキビーチウォーク「ルワーズ通り」ウインダム・コンドミニアム向かいのショッピングセンター前

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光13)”ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチリゾート&スパ” ファーマーズ・マーケット

13つ目のタミーのおすすめ『無料』観光は「ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチリゾート&スパのファーマーズマーケット」

ファーマーズ・マーケットではハワイ産のフレッシュフルーツやドリンクにパンなどをハワイの美味しいものを1つから買う事ができるので手軽にハワイの味を楽しめますよ;)

焼きたてクッキーやスイーツなどはお土産にもいいんじゃないかしら。食べ物だけじゃありません。ローカル・アーティストのクラフト作品も人気なんですよ。家族みんなで楽しめるおすすめ観光よ♪

日時:(火、木) 16時〜20時

場所:ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチリゾート&スパの1階

 

ワイキキのおすすめ『無料』ハワイ観光14)ワイキキビーチのサンセット

最後になりました。最後のタミーのおすすめ『無料』観光は”ワイキキビーチでサンセットを見て頂く事”です。

これはワイキキビーチのどこから見ても『無料』よ(笑)でも最高のあなたへのハワイからの贈り物になると思います。

「あ〜ハワイに来てよかった^^」って思えるので忙しい観光の毎日の最後はワイキキビーチに来て静かにサンセットを見て欲しいわ。

その後に美味しい夕食を頂いて下さいね。その後でもワイキキは夜中12時頃まで買い物も楽しめますから。

せめて滞在中1回はワイキキの素敵なサンセットを見て欲しいと願うタミーです。

ワイキキは海に沈むサンセットが見られる絶好の場所よ。

ホテルのお部屋がオーシャンフロントの方はお部屋のラナイから見るもよし、そうでない方は是非、夕暮れのワイキキビーチにいらして素敵なサンセットをご覧下さい。

昼間のワイキキビーチとは、また違って心が洗われちゃいますよ;)

サンセット(日没)の時間は季節によって違いますから見逃さないでね。

ワイキキのサンライズ(日の出)とサンセット(日没)の時間表です。参考になさって下さい。

1月 07:12 18:10
2月 07:02 18:29
3月 06:39 18:41
4月 06:12 18:51
5月 05:53 19:03
6月 05:49 19:15
7月 05:58 19:16
8月 06:10 19:01
9月 06:19 18:34
10月 06:27 18:06
11月 06:43 17:49
12月 07:02 17:52

 

いかがでしたか?タミーのおすすめ!ワイキキで無料で楽しめちゃう観光15!

意外と沢山ワイキキでしかも『無料』で楽しめる事があって驚いたんじゃないかしら。3泊じゃ全部楽しめないかもですね(笑)

またワイキキにいらして下さいね♪

Much Aloha♡Tammy