カウアイ島ケエビーチ&カララウトレイルの駐車場(シャトル時刻表)

Aloha^^ 昨年の洪水被害で閉鎖されていたカウアイ島ノースショアの道路が開通になりました!

ルールが変わりハワイの免許証をお持ちの方以外は”ケエビーチ”や”カララウトレイル”に行くには事前に予約が必要になりましたので、ご注意下さい。

ではタミーが詳しく説明しましょう♪

 

ケエビーチ&カララウ・トレイルに行かれる方”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”は予約しないと駐車出来ません。

2019年6月17日よりカウアイ島の”ケエビーチ”へ行けるようになったという情報を得た友達の佐藤夫妻が様子を見に行って下さいました。

「ハナレイ・タウンから先は、いたるところで工事が未だ続いていました。

ケエビーチの駐車場に着くと、50台程停められそうな駐車場が新設されてました。入口には警備員がいて”予約のパスを持っていますか?”と聞かれましたがパスは持ってなかったのでケエビーチには入れず、やむなくそのままUターンして、隣のハエナビーチパークにいきました。」

 

ノースショアの道路は通行は可能になっても、まだ工事は続いているのですね。以前とはルールが変わりタミーの様にハワイの運転免許証を持っていないと”ケエビーチ”や”カララウ・トレイル”へ行く為に駐車する”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”には車を駐車する事は出来ません。

”ハエナ・ステイト・パーク”駐車場以外は駐車場も無く道路の道幅は狭く路駐は禁止されていますから”ケエビーチ”、”カララウトレイル”、”ウエットケイブ”に行かれたい方は車を”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”に止める様になります。

佐藤さんからの続きの情報です。「私が滞在する19日までは駐車場とシャトルの空きがなく、19日の入場券だけ取れたので、明日19日に車で行きます。」

”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”は50台ほどしか車は駐車出来ないので早目の予約が必要になります。Webから予約できるので短期滞在の方は日本から予約されるといいと思います。

予約しないで行った最初の日は奥様を”ケエビーチ”に下ろして”ハエナビーチ”に戻りレンタカーを駐車して”ケエビーチ”まで、ご主人は歩いて行かれましたが工事中の道路を20分以上歩いて行くので、おすすめしないそうです。まだ”ハエナビーチ”〜”ケエビーチ”は工事が続いている様です。一方通行の場所もあるみたいですね。

 

1日も早く全ての工事が終わる事を願います。

 

*”ケエビーチ”や”カララウトレイル”へ行かれる方の入場券、シャトル、”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”の予約は⬇️こちらから出来ます。

https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/kauai/haena-state-park/

 

”ケエビーチ”&”カララウ・トレイル”の入場券&”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”の料金

入場券&駐車場は、この様なチケットです。

入場券は歩きで行く人のためのもで駐車券は車1台の駐車料金です。チケットのタイプ、日時、人数、名前をご確認下さいね。

先ほど紹介した予約URLをたどっていくとこの様な画面が順番に出て来て予約出来る様になります。

こちらは携帯サイトから予約をするショッピングカートの画面です。 駐車場は1台 $5.24

駐車券を予約された方と車に乗られる方は入場券の予約は必要無い様です。

 

次は入場料金の画面 1人 $1.05

 

予約をしてみたら希望日がいっぱい。でもカウアイ島まで来たのだから、どうしても”ケエビーチ”や”ウエット&ドライケイブ”、”カララウトレイル”に行きたい方はシャトルを利用しましょう♪

 

“ケエビーチ”や”カララウトレイル”に行きたい方はシャトルを利用しましょう!

シャトルは2コースあります。プリンスヴィルから乗れる”プリンスヴィル・シャトル”とハナレイタウンの先、教会と広い駐車場がある場所から乗れる”ワイパ・シャトル”

レンタカーの方は”ワイパシャトル”の乗り場には無料の広い駐車場があるので、そちらに車を止めて”ワイパ・シャトル”に乗りましょう♪

プリンスヴィルのホテルやコンドミニアムに滞在される方は”プリンスヴィル・シャトル”を利用するのが便利です。 シャトル乗り場と時刻表は⬇️こちらをご覧ください。

(注)時刻が変更になる場合があるかもしれませんので、こちらからご確認下さい。

https://kauainsshuttle.com/shuttlestops/

 

シャトルを利用する方は、この様な画面での申し込みになります。

 

必要な項目に場所、日時を打ち込んでいきます。

地図の画面も出て来ます。

最後に合計のシャトルの料金が出ます。支払いはクレジットカードになります。

シャトルに乗った方は”ハエナ・ステイト・パーク”というバス停で下りると”ケエビーチ”や”カララウトレイル”へ行かれます。 レンタカーでいらして”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”に車を止められた方は、そこからトレイルを歩いて”ケエビーチ”まで行きます♪

 

”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”〜”ケエビーチ”はトレイルを歩いて7〜8分で行かれます♪

こちらが”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”。ボコボコの酷い駐車場だったのが綺麗になりました^^

 

駐車場からはトレイルを歩く様になります。これは”カララウトレイル”では、ありません。

 

トレイル続いてます。

 

「タロ芋畑〜^^」なんてトレイルから下に降りて写真撮ったりしないで下さい。

”トレイルの上を歩きましょう!”とサインあります。

 

素敵な眺めです。

 

橋を渡ります。

 

ツリートンネルの様なトレイルを過ぎると

 

サインがあります。”ケエビーチは右”、”カララウ・トレイルは真っ直ぐ”、”トイレは左”

 

トレイルを”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”から7〜8分歩くと”ケエビーチ”に到着します!

 

 

早朝の”ケエビーチ”は、とっても静かです。

癒されるわ〜♡

 

 

”ケエビーチ”にはホヌもお魚もいっぱいよ(^^)/

今年の6月に”ケエビーチ”でシュノーケルされた佐藤ご夫妻が素敵な写真をシェアして下さったので紹介します^^

 

ブルーや黄色の明るいカラーの魚はハワイらしいですね。

 

ストライプの魚が多いですね。

 

こちらは目が2つある様に見える黒いスポットがある魚

 

小さい魚がいっぱい@_@

 

タミー魚の名前は良くわかりませんが図鑑で調べて見るのも楽しそう♪

3年前にも”ケエビーチ”でシュノーケルされた佐藤ご夫妻。3年前より魚は減った様に思うとの事でしたが、これだけ見れたら満足ですよね;)

 

それに”ケエビーチ”ではホヌにも会えます!

 

2匹で泳いでます。親子かしら可愛いわ♡

 

岩の上で甲羅干ししているホヌもいますよ。

 

(注)ホヌはとても大人しいです。でも絶対に近づいたり触ったりしないで下さいね。法律で決められていて罰金も払います。『必ず』守って下さいね。

”ケエビーチ”に来られたら是非シュノーケルしてみてね;)

 

ノースショアに行かれる前にこちらの記事も参考にされて下さい♪

カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

カウアイ島ハーブ園ツアー♪ハーブの力で健康で綺麗になろう!

カウアイ島の日本語ボランティア・ガイドツアーはタミーにお任せ^^キラウエア灯台は絶景よ!

 

”ハエナビーチ”への行き方

”ハナレイタウン”から”ハエナビーチ”までは予約無しでレンタカーで行かれます。ただし無料駐車場が満車の場合は路駐とか禁止されていますから”ハエナビーチ”の駐車場も朝9時前には満車になっていますので朝早く行かれて下さい。

”ハエナビーチ”の駐車場の前は”ドライケイブ”になりますので是非、訪れてみて下さいね。

 

”ウエット・ケイブ”ヘは、ここからも歩いて行かれますが工事をまだしていますので”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”からの方が近いです。

レンタカーの方は説明した様に”ハエナ・ステイト・パーク駐車場”は予約が必要でチケットが無いと駐車出来ませんのでご注意下さい。

 

”リマフリガーデン”への行き方

”ハナレイタウン”の先にタミーの大好きなリマフリガーデンがあります。ガーデンに問い合わせをして確認しましたらハワイの運転免許証をお持ちの方とシャトルを利用してガーデンに来られる方は予約は入らないそうです。

(注)シャトルをご利用の方は上の”プリンスヴィル・シャトル”の時刻表を見ていただくとわかりますが”プリンスヴィル”〜”ハエナ・ステイト・パーク”(ケエ・ビーチとカララウ・トレイル)までの行きには”リマフリ・ガーデン”には止まりません。ハエナ・ステイト・パーク(ケエ・ビーチとカララウ・トレイル)〜プリンスヴィルに帰る時だけに”リマフリ・ガーデン”に止まります。

ハワイの運転免許証をお持ちの方とシャトルを利用してガーデンに来られる方以外で”レンタカーで来られる観光客の方は事前にリマフリーガーデンに連絡して予約が必要”です。ガイドツアー(英語のガイドのガーデンのツアー)もセルフガイドツアー(ご自分だけでパンフレットを参考に歩くツアー)どちらのツアーをする場合でもハワイの運転免許証を持たないレンタカーの方は予約が必要です。

リマフリガーデンの営業時間は火曜日から土曜日の9:30amから4:00pmまでです。ご予約は、こちらからどうぞ。

https://ntbg.org/gardens/limahuli#tours

 

「電話&メールでの問い合わせ」(英語)

*電話:808-3327324

*メルアド:administation@ntbg.org

 

九州からいらしてリマフリガーデンを満喫された添田ご夫妻です。

お2人とも英語のパンフレットをお持ちですがリマフリガーデンには日本語のパンフレットもございますので、お尋ね下さい。

行かれる前にはリマフリガーデンの記事も参考にされて下さい。

カウアイ島の植物園”絶景とハワイ伝説”の『リマフリ・ガーデン』

 

いかがでしたか?今後も色々と変更があるかも知れませんので必ず上のURLから「ハエナ・ステイト・パーク」のサイトをご覧になり最新情報を確認されて下さい。

タミーも実際に行かれた方から新しい情報が入りましたら追記させて頂きます。

予約を忘れずカウアイ島の素晴らしい大自然がいっぱいのノースショア満喫されて下さいね(^^)♪

Much Aloha♡Tammy

*記事の内容が変更になる場合もあります事をご了承下さい。

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ