ティリーフスカートの簡単で綺麗な作り方 (動画あり)

Aloha^^ 先日ティリーフスカートを作りました。色々な作り方があると思いますが、とても簡単で綺麗に作れたの♡

日本でも沖縄でティリーフを栽培していると聞きますしハワイにいらした時にチャンスがあるかもしれませんからタミー「ティリーフスカートの作り方」を詳しく紹介しちゃいます♪

 

ティリーフスカートはフラガールの憧れ^^

ティリーフのスカートを着て踊ってみたいと思うのはフラガールの憧れですよね;)

 

タミーも憧れのティリーフスカートを着る事が出来て幸せ〜♡ 嬉しすぎて満面の笑み^^

また1つカウアイ島で夢が叶いました!

「私もティーリーフスカート作ってみた〜い!」そんなあなたの為に簡単で綺麗にティリーフスカートが出来ちゃう作り方をタミー紹介しちゃいましょう♪

 

ティリーフスカートの作り方1/ 必要なティリーフの枚数は50〜60枚

ネットで調べたら用意するティリーフの数は60〜120枚必要とありました。ウエストの太さに寄って枚数は変わってくると思います。

タミーは太っちょの方ですが60枚で十分でした。日本人の標準体型の友達のカナちゃんは60枚では多いくらいで50枚で十分でした。ハワイアンは体の大きな方もいますので120枚必要な場合もあるのかもしれませんね。

これはティリーフの大きさにもよると思いますので多少の枚数の違いはあると思います。まずはティリーフをゲットしましょう♪

 

我が家のティの木から多量のティリーフを収穫出来るか不安だったので友達のポールのお庭からティリーフ頂きました。こんな大きな木が彼のお庭にはあります。

 

ポールは背が高いから届くけどタミーはチビなので、こんなに大きなティリーフをカットするのは難しいわ(–;

 

ポール大胆に枝ごとバッサリカット@_@

 

太い枝から葉っぱを切り落としてくれました。

 

(注)ティリーフの茎の部分をスカート作りには使いますので茎を長めに残してください。絶対に葉っぱだけに切り落とさないで下さいね。作れなくなっちゃいますからね!

綺麗な緑色のティリーフで長さがある程度ある大きさのティリーフを60枚選びます。ではティリーフスカートの作り方の説明に入る前に用意する物をお知らせしますね;)

 

ティリーフスカートの作り方2/ティリーフスカート作りに用意するもの。

1, 工作用ハサミ(仕上げにティリーフを切るのに使います。)

2,ナイフまたはカッター(ティリーフの下準備をする時にティリーフの茎に切り込みを入れるのに使います。)

2, 腰紐(ティリーフスカートを腰に巻く紐。着物の着付けに使う布の少し幅がある紐がティリーフを止めやすいし着る時にもしっかり腰に縛れるのでおすすめです。)

3, 麻紐(ティリーフを1枚ずつ腰紐に縛って行くのに使います。縛り安くしっかり縛れて出来上がりも茶色でティリーフに自然な感じで馴染んでいいです。)

4,洗濯バサミ(ティリーフを腰紐に固定するのに1つあると便利です。)

5,椅子&重し(ティリーフスカートの腰紐を結び付けるのに椅子が2つ必要です。60枚のティリーフを吊るすと結構な重さになるので軽い椅子の場合は動いてしまうので椅子の上に重しが必要です。人がいたら座ってもらうのがいいです笑)

以上がティリーフスカートを作る前に用意するものです。ではティリーフスカートの作り方を説明しましょう♪

 

ティリーフスカートの作り方3/ティリーフを作る前の下準備。ここが一番大切なポイント!

ティリーフスカートの作り方で下準備が一番大切なポイントになります。

まずはティリーフが全部同じくらいの大きさならいいのですが、そう上手くは行かないので大体3種類くらいに大中小とティリーフを分けます。

奥に見えるティの木が我が家のティリーフです。並べて数えてみて、あまりに小さくてスカート作りには使えそうにないティリーフは別にして、我が家の大きめのティーを足して60枚用意しました。

 

さぁ!ここからが大切なポイントです。ティリーフを1枚ずつ下処理していきます。ティリーフを1枚持って下さい。

 

ティリーフの葉っぱと茎の境目の少し上の葉っぱの位置にナイフかカッターで少しだけ横に切り目を入れます。少しだけです。ティリーフを切り落とさないようにして下さいね。

爪の長い方は親指の硬い爪で押してもいいかもしれませんがタミーは爪をいつも短く切っているのでナイフが必要です。

 

(ポイント)カッターで切り込みを入れた部分を上から茎を引っ張り上げるのではなく× 茎の下から押し上げる様にすると茎が半分に上手に裂けて茎の厚みが半分くらいに薄くなります。

 

指を使って下から上に押し上げる様にすると、こんな風に茎の上半分が簡単に剥がれていきます。

 

下から葉っぱを押し上げているのが、わかりますか?

この時に焦らず、ゆっくりする事がポイントです。2,3枚やってみるとコツがわかって、おしゃべりしながらでもできる様になりますよ;)

 

ここが一番肝心なポイントになるので手元がよくわかる動画をご覧下さい。

不安な方は綺麗じゃないティリーフや小さ目のティリーフで、まずは何枚か練習してみて下さい。コツがつかめるはずです。ティリーフの茎が半分の薄い状態になったら下準備は完成です!これを頑張って60枚やりましょう!

ポールの家のティリーフも我が家のもティリーフは綺麗でしたがタミーは水洗いして1枚ずつ拭きました。時々、葉の裏にゲッコーがいたりするので(笑)

ティリーフスカートの作り方の一番大切なポイント「ティリーフの茎を半分に薄くする方法」は、分かりましたか? 次はいよいよティリーフの作り方の本題に入りましょう!

 

ティリーフスカートの作り方4/ティリーフを腰紐に麻紐で縛って行くだけ!簡単よ;)

ティリーフスカートの作り方ここからよく見て下さいね;)

椅子を2つ用意して腰に縛る用の腰紐の両端を椅子に縛ります。そこへティリーフを取り付けていきます。この写真は、もう少しで仕上がる状態ですが、この様に椅子に腰紐を結びます。

ティリーフが50枚くらいになってくると我が家の椅子は軽いので誰か座っていないと動いてしまいました>_< なので2人で椅子に座っています(^^; 重い椅子やポールみたいなものなら動かないかもしれません。

 

椅子に結びつけた腰紐にティリーフを1枚ずつ縛り付けて行くのですが縛る紐は麻紐がおすすめです。しっかり縛れますし見た目もナチュラルでいいです。

麻紐が左側に輪になって15cmくらいあるのがわかりますか?

 

麻紐わかりにくいのでレイを作る時の白い紐で見せるとこんな感じです。実際は麻紐を使って下さいね。

 

ここからは写真を撮りやすかったのでテーブルの上に置いたもので説明させて下さいね。腰紐にティリーフを1枚かけて上を洗濯バサミで止めて麻紐で縛ります。縛るのは1回だけです。緩くでは無くしっかり縛って下さい。(ポイント)洗濯バサミで止めてから縛るとしっかり固定していいです。

 

次に1枚目のティリーフの半分の位置に2枚目の葉っぱを被せる様にかけて洗濯バサミで止めます。

 

そして麻紐で2枚目のティリーフも1回だけ縛ります。

 

次の3枚目のティリーフも同じ様に2枚目のティリーフの半分の位置に被せる様にかけて洗濯バサミで止めて麻紐で縛ります。

 

 

4枚目も同じ様にします。

 

5枚目も同じ様にします。

 

裏側もしっかりと麻紐でティリーフを縛れているか確認して下さいね;)

 

ティリーフを前のティリーフに半分重ねる様にして同じ様に縛っていくのを繰り返していくとどんどん長くなって、こんな感じになります。

 

トミーが興味津々でティリーフスカート作りを見ていました(笑)

ひたすらティリーフを半分重ねて縛る作業を繰り返し続けます。単純作業ですから、おしゃべりしながら楽しくできますよ。私達は夜ワイン飲みながら家のダイニングでしました♪

 

アップで見てもらいましょう! 綺麗でしょ;)こんな風に繋がっていきます。

60枚の葉っぱを縛ったら麻紐の最後はしっかり2回結んで、その先を15cmくらい残してカットして先を縛って下さい。両側に15cmの輪になった麻紐が付いている感じになります。

ティリーフスカートを履いた時に、まずはしっかり腰紐を結び両側に残した15cmの麻紐を蝶結びにします。麻紐は葉っぱの中に入れて見えない様にしましょう。

どうですか?ティリーフのスカートの作り方ここまで分かりましたか?

 

60枚のティリーフを腰紐に縛りつけたらティスカートの作り方は最終段階に入りますよ。

ティリーフスカートをテーブルの上で裏返して見るとティリーフを折り返した部分の長さがバラバラなので同じ長さにハサミで切りそろえましょう。

分かりやすい様に5枚だけ繋げたティリーフの裏側のアップ写真です。裏側のティリーフの茎の長さが不揃いで長さも少し長いのが分かりますよね。ハサミの上くらいの長さにカットしましょう。

(注)この時にティリーフのスカート部分を切ら無い様に注意して下さいね。

 

裏側の不揃いなティリーフの茎を同じ長さに切るとこんな感じです。

 

ティリーフスカートの裏側も長さが揃うと綺麗ですね^^

 

ティリーフスカートの作り方も仕上げに入ります! ティリーフの裾の長さはバラバラなので、一度腰に縛って着てみて、どのくらいの長さがいいか確認して着たままの状態で誰かにカットしてもらうのが一番いいです。ティリーフの長さが、ほぼ揃っていたら裾をカットしなくて、そのまま着られてもいいと思います。

 

着ていた時に裾をカットして揃っていたティリーフスカートの長さがテーブルの上に広げると真ん中の葉だけ長いですよね。

置いた時と着た時のスカートの長さは変わるのでティスカートの裾をカットする場合はティスカートを着た状態でカットするのをおすすめします。

ティリーフスカート綺麗に完成しました!ティリーフスカートの作り方って思ったより簡単でしょ;)これだけでも十分素敵ですがティリーフスカート2度楽しめちゃうんですよ;)

ティリーフスカートの作り方5/ティリーフスカート1で2パターン楽しめちゃうのよ;)

ティリーフスカートの作り方で2度楽しめちゃうスペシャルポイントをタミー教えちゃいますね;)

最初の方の写真を見て気がつかれた方も入ると思いますがティスカートは1つ作る事で2パターンのスカートを楽しむ事が出来ます。まずは先ほど完成したティリーフの裾だけをカットしたティリーフスカート。

 

素敵でしょ☆ モデルは友達のカナちゃんです♡

 

2パターン目はティリーフを裂いたパターン。最初でタミーも着ていたティリーフスカートです。

 

ティリーフを裂くのはとても簡単です。動画をご覧下さい。

この時に少しだけ親指の爪が伸びているとやりやすいですよ。手が乾燥していると滑りにくいのでハンドクリームやココナツオイルを指に付けると滑りやすくなるのでおすすめです;)

ティリーフスカートの作り方2パターン目の「ティリーフの裂き方」は動画を見てもらったら思った以上に簡単だったでしょ。

ティリーフをそのままでもティリーフを裂いても、どちらのティリーフスカートも素敵ですよね(^^)

 

いかがでしたか?ティリーフが揃えば作り方は簡単なティリーフスカートでしょ;)この「ティリーフスカートの作り方」記事が、あなたのティリーフスカート作りの参考になればHappyなタミーです♪

Much Aloha♡Tammy

*記事の内容が変更になる場合もあります事をご了承下さい。

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ