カウアイ島の大自然をワイメア渓谷の トレッキングで感じよう♪

Aloha(^^)/

カウアイ島のワイメア渓谷は赤褐色の岩と緑のコントラストが美しい大自然の世界。

普段あなたが日本で見たことも無いような別世界がそこにはあります。

見た事も無い花や果物が見たことも無い鳥達が、あなたを待っています。

写真やテレビで見るだけで無く、あなたのその目で大自然の驚異を感じに行ってみませんか?

 

初心者からベテランまで楽しめるトレッキングのコースがワイメア渓谷にはあります。

images

ワイメア渓谷のトレッキングのコースへはリフエ空港から車で約70キロおよそ90分のドライブで行かれます。 ”カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!”に詳しく書かれていますので↓こちらを参考になさって下さい。

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

ワイメア渓谷の周辺には20以上ものトレッキングのコースがあるんですよ(^^)

「私トレッキングなんてした事ないのよ。でも素晴らしいを自然を見てみたいわ。」

大丈夫ですよワイメア渓谷のトレッキングのコースには子供でも歩けちゃう初心者も楽しめるコースもありますから。

1003WaimeaValley_01

勿論トレッキング経験者には少しばかり歩きにくいかもしれませんがハードで面白いコースだってあるんです。 気軽なコースはトレッキングなんて思わずハイキングね。そう歌でも歌いながら楽しく歩けちゃうわ♪

でもね、いくら簡単でもトレッキングの前には事前の準部が必要です。

 

トレッキングの前に「コケエ・トレイルズ」地図を買いましょう!

コケエミュージアムのショップに「KOKEE TRAILS」(コケエ・トレイルズ)とう地図が$3で販売されています。

21876162668_2282615450_z

22074017321_87f96ee372_z

 

これには地図の他に動植物の簡単な説明もされているので便利です。

22051624952_f40da02561_z

英語の説明しか、ありませんが地図は目でみるだけで役立ちますし動植物の事は後でインターネットの翻訳機能や辞書を使って調べる事も出来ますから、お値段も手頃ですしタミーのおすすめです。

22051628982_94d1a0bed5_z

全ページの写真をアップしましたから、これを拡大してコピーしていったらパンフレット買わなくてもいいかもですね(笑) コケエ・ミュージアムはコケエの州立公園内にありますしミュージアムは寄付金のみですから無料でもはいれるのでショップにだけ行って地図を買う事も出来ます。

images-2

 

ただホテルとかで事前にゆっくり地図を見て計画をたてたいわという人はリフエ空港から近い場所にカウアイミュージアムがありますからワイメア渓谷に行く前に寄ってミュージアムを見学するついでに地図を買っておくのもいいですね。

こちらの「Kauai Island Atlas and Maps」(カウアイ・アイランド・アトラス・アンド・マップス)になります。($7.50)

22051084322_e6c45c4a24_z

「KOKEE TRAILS」(コケエ・トレイルズ)の地図ほど詳しくないですが、こんな感じでコケエのトレイルズが見られます。

21440678854_7ee0fae87f_z

カウアイミュージアム場所はライス、ストリート沿いにあり空港からは車で10分くらいの距離です。

images-3

*ミュージアムの営業時間:月〜金9時〜14時。(土曜日は10時〜14時)

*ミュージアムの料金料:大人$10, 65歳以上は$8, 13〜17歳は$6, 12〜6歳は$2, 5歳以下は無料。

「Kauai Island Atlas and Maps」(カウアイ・アイランド・アトラス・アンド・マップス)を買いたいと言えば入館料を払わず地図だけ買えますがミュージアムも興味深いものが沢山展示されてますから時間がある方には是非、見て欲しいです。

事前にワイメア渓谷のトレッキングコースを調べておくための地図は手にいれたので次はトレッキングの服装ですね。

 

ワイメア渓谷トレッキングの服装はジーンズに長袖シャツ、スニーカーがベスト!

服装はショーツ(短パン)にTシャツで歩いている人もいますがトレイルの中は涼しいし肌が出ていると虫さされや木の枝での擦り傷なども気になるのであまり肌は露出しない服装の方がいいと思います。

気で覆われた場所ばかりでは無いので帽子も必要ですね。突風で帽子が飛ばされない様に顎紐が付いたタイプがおすすめです。

突然の雨のためにも傘よりも薄手のカッパ(雨具)とかフード付きのウインドブレーカーをお持ちになるのがいいと思います。

両手が空くのは危険ではないのでバッグもデイパック(リックサック)がいいでしょう。 ウインドブレーカーやタオルなど持ち物を入れても両手が空きますから。 飲み水にナッツやチョコレートなど少しのスナックも持っていく事を忘れずに。

靴はスニーカーがベストと書きましたがトレッキング経験者でハードなトレッキングコースを選んだ場合は、ぬかるみが多いコースもあるのでトレッキングシューズを履かれる事をおすすめします。 虫に刺されやすい方は虫よけスプレーもお持ちになるといいですね。

これでワイメア渓谷のトレッキングに出かける準備はOKね(^_-)

 

タミーのおすすめワイメア渓谷のトレッキングのコースを紹介しちゃいましょう♪

こちらの地図を見て下さいね。

21955670051_3c9dcf69fc_z

歩きやすいのワイメア渓谷のトレッキングコースは7つ。

1, ヌアロロ・トレイル(Nualolo, Trail)

2, アワアワプヒ・トレイル(Awaawapuhi , Trail)

3, ホノプ・トレイル(Honopu, Trail)

4, カルアプヒ・トレイル(Kaluapuhi, Trail)

5, プウカ、オヘロ・トレイル(Puuka Ohelo, Trail)

6, ピヘア・トレイル(Pihea, Trail)

7, アラカイ・トレイル(Alakai, Trail)

(注意)”6, ピヘア・トレイル”と”7,アラカイ・トレイル”は途中から歩きにくいコースがあるので経験者におすすめします。

タミーのおすすめワイメア渓谷のトレッキングコースは2つ。

 

1)アワアワプヒ・トレイルは山から海、断崖絶壁に深い谷そして滝にも出会えるトレックングコース!

アワアワプヒ・トレイルは山から海へ向かうトレッキングのコース。

c139e560-s

断崖絶壁から見える美しい断崖絶壁、深いヌオロロ渓谷には大きな滝が待ってますよ。 展望台くらいにしかフェンスは無いので突風が吹く事もあるので十分注意して歩いて欲しいです。

約4,5時間(約10キロ)の内容の濃いワイメア渓谷のトレッキングコース。

 

2, 経験者には”6,ピヘア・トレイル”と”7,アラカイ・トレイル”の満足感いっぱいのセットトレッキングコースがおすすめよ!

500_14975578

プウ・オ・キラ展望台からスタートしてピヘア・トレイルを通ってアラカイ・トレイルに行きモヒヒ・ロードに出てコケエ・ロッジに戻るトレッキングコースです。 地図を見てわかりますか?

詳しく説明しましょう。まず車でプウ・オ・キラ展望台まで行き、そこの駐車場に車を止めます。 展望台からはカラカウア渓谷のトレイルを東に向かって歩きます。 しばらく歩くとオヒアの木のトンネルに出ます。トンネルを抜けて急な上り坂になるので頑張りましょう。

道が少しぬかるんでいるかもしれないので滑らない様に注意しましょう。 両手で木の枝などを掴みながら進むと楽かもしれません。 こんな場合には軍手なんかあるといいかもしれませんね。

そこから約1時間ほど歩くとアラカイ・トレイルへの分岐点に到着します。 この場所にはちゃんとサインがあるので心配ありません。

アラカイ・トレイルに向かって歩くと今度は下り坂になります。滑りやすいので注意してね。 しばらく歩くと平らな道に変わり、その代わりにぬかるみが多くなります。 そこから1時間あまり歩くとアラカイ・トレイルの十字路に出ます。 左折してアラカイ・スカンプの方向に歩きます。

道はぬかるんでいないし野生の鳥達を沢山見る事が出来るのです。 今度は下り坂になり約10分ほど歩くと谷になり、また登りを繰り返しながら下っていきます。 そしてトレイルの終点になります。ここまでで片道で約2時間かかります。 トレイルの途中にはハワイの花達が咲き、その花に野鳥が群がります。

images-1

次は左折した場所まで戻ります。 そして、そこから直進して下さい。ここからは歩きやすい道です。 トレイルコースの道端には野いちごや梅などの木の実もあります。 私の友達はトレッキングしながら収穫した梅で美味しいゼリーを作ってくれました。 木苺などは、そのまま歩きながら食べる方多いみたいですよ(笑)

アラワイ・スワンプの方向に歩かなかった方はピヘア・トレイルから来て右折する感じになります。 プウ・オ・キラ展望台を出発して約4時間でモヒヒ・ロードに到着します。 そこから更にコケエの方向に約3時間歩きコケエから550号線をプウ・オ・キラ展望台まで約2時間歩く。

トータル9時間のワイメア渓谷のハードなトレッキングコース。どうですか?チャレンジしてみます?

誰かプウ・オ・キラ展望台からトレッキングしないで車でコケエ州立公園へ行きコケエミュージアムを見学したりコケエ・ロッジで休憩して公園を散歩や昼寝してモヒヒ・ロードまで迎えにきてくれたらいいんだけどな〜なんて考えてしまうタミーです。(笑)

ワイメア渓谷をトレッキングされる方達の唯一の休憩場所であるレストランは”コケエ・ロッジ・レストラン”です。 レストランの窓からは綺麗な緑が眺められ朝食、ランチが楽しめます。 出来立てのコーンブレッドを蜂蜜に付けてハワイのコーヒーと一緒に頂くのが人気です。*営業時間は9時〜15時。

その横のコケエ・ュージアムでコケエ・トレイルズの地図が買えます。

これでワイメア渓谷のトレッキングのコース、服装、休憩場所と準備は、もう完璧ですよね(^_-)

「でも私達、初めてのトレッキングだからガイドさんとかいないと不安だわ」

大丈夫;)そんな時はSplash of Kauai(スプラッシュ・オブ・カウアイ)さんにオススメのワイルア渓谷トレッキングツアーがあるんですよ。

 

自分達だけで不安な方はワイルア渓谷トレッキングツアーに参加しちゃいましょう!

Splash of Kauai(スプラッシュ、オブ、カウアイ)さんのワイメア渓谷トレッキングツアーは3人からのお申し込みで1人$240

1日8時間のコースでカウアイ島でもトップクラスの優秀なガイドさんが同行してくれます。 しかも日本語も勿論、英語も堪能なガイドさんですから安心ですよね。

詳しい内容↓ツアー日時、ご予約は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/trekking/

 

いかがでしたか? これでワイメア渓谷のトレッキングに出發する準備OKですね;)

山の天気は変わりやすいとはいっても事前にワイメア渓谷の天気は調べて天気のいい日を選んでトレッキングには出かけたいですね。

ではワイメア渓谷の大自然を満喫しにトレッキングにいってらっしゃ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

Aloha(^^)/

カウアイ島にいらしたらタミーが一番行って欲しい場所それは。太平洋のグランド・キャニオンと呼ばれる「ワイメア渓谷」。

雨によって彫られた大自然の彫刻の様な素晴らしい景色が、あなたを待ってますよ。数百年前にタイムスリップしたかの様な絶景が目の前に広がり感動間違い無し!

さぁ感動の旅に出かけましょう♪

 

カウアイ島は約510万年前に生まれた島なんです!

あなたはカウアイ島が何歳か知ってますか? 約510万年歳! 驚きでしょ@_@ ハワイ諸島の中では一番初めに誕生した島です。

2番目に誕生したのがハワイ島で約40万年前ですからハワイ島と比べただけでも470万年も年が違うわけですから、どれだけ感動するものが「ワイメア渓谷」で待っているのか、こんな事を聞いただけでワクワクしちゃいますよね(笑)

火山でできたカウアイ島の山々が数百万年という気が遠くなっちゃうような歳月をかけて素晴らしい「ワイメア渓谷」を作りあげたのです。 作家マーク、トウェインが「太平洋のグランド・キャニオン」と呼んだ渓谷の美しさをカウアイ島にいらしたら絶対に見にいかなくちゃ!

カウアイ島観光の1DAYツアーのコースには「ワイメア渓谷」は必ず含まれていますので、ここではレンタカーでドライブされる方の為に詳しい行き方をご紹介します。

 

「ワイメア渓谷」への行き方はコケエ・ロードがタミーのオススメよ!

「ワイメア渓谷」への行き方は2つ!ワイメア・キャニオン・ドライブとコケエ・ロード。  「ワイメア渓谷」への行き方はリフエ空港から約62キロ。約75分ほどで行かれます。

まず1つ目の行き方は西のワイメアの町を目指して50号線のカウムアリ・ハイウエイをドライブします。 1本道なので迷う事なくひたすらまっすぐ西に向かいましょう。

ワイメア川の橋を渡ると小さな町になります。そこがワイメアタウン。 そのまましばらく走ると右側に”Kauai Veterans Memorial Hospital” カウアイ・ベテランズ・メモリアル・ホスピタルというサインが見えますから、それに沿って右折します。

そこが「ワイメア渓谷」へのドライブの入り口になります。これが1つ目の行き方ワイメア・キャニオン・ドライブのルート。

 

もう1つの行き方のコケエ・ロードは、そのままホスピタルの所を右折せず直進してワイメアの町を通り越してケカハの町に入ると右側に以下の写真のサインが出ているので、そこを右折すれば間違う事なく「ワイメア渓谷」に行かれます。

21272549583_11d05ec806_z

コケエ、ロードからの行き方の方がわかりやすいのでタミーのオススメよ(^_-)-☆ どちらの行き方でも「ワイメア渓谷」の展望台手前で合流するので「ワイメア渓谷」には行かれます。

注意して頂きたいのはワイメアの町を過ぎるとガソリンスタンドがありません。

 

「ワイメア渓谷」に向かう時は必ず事前にガソリンは満タンにして行きましょう!

ガソリンはリフエで給油するのであればコストコのガソリンスタンドが値段は一番安いです。 日本のコストコのカードでも給油できるそうなのでメンバーの方は、お持ち頂くといいですよね。 係りの方がいますので給油方法はヘルプしてもらえます。支払いはクレジットカードのみです。

コストコのガソリンスタンドで無くてもワイメアの町までには幾つかガソリンスタンドはありますのでガソリンを入れてから「ワイメア渓谷」に向かいましょう。

ワイメアの町を抜けて右折したら、そこからはカーブが続く登り坂になります。 上がっていく途中にはハワイ8島の1つ個人所有のニイハウ島も見る事が出来ますよ。

21884427752_a85b434677_z

 

しばらく走るともうそこは渓谷の一部で所々素晴らしい景色が目に飛び込んできますし所々に駐車している車を発見して、つい自分も駐車して絶景を覗きたくなりますが狭いカーブの路肩に駐車する事になるので非常に危険です。

 

路肩に駐車して見るのは止めて、絶景は駐車場のある展望台まで我慢しましょう!

道路ですが山道をドライブしますが舗装されているので問題はありません。舗装の状態が悪い箇所もあるかもしれませんので気をつけて安全運転でいきましょうね。

旅行に来て事故起こしちゃうなんて最悪ですからね展望台まで我慢しましょう。 展望台の方が、ずっと素晴しい景色ですから;)

コケエ・ロードから登った場合ワイメア・キャニオン・ドライブと合流する場所からしばらく行くと右側にハンティング・ステーションの小屋が見えてきます。

そこから約2キロくらい走るとワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)に着きます。

この展望台の先にはプウ・カ・ペレ展望台Puu Ka Pele Viewpoint(プウ・カ・ペレ・ビューポイント)とプウ・ヒナヒナ展望台Puu Hinahina Viewpoint(プウ・ヒナヒナ・ビューポイント)の2つがあります。

3つの展望台は、それぞれ違った絶景が楽しめるので「ワイメア渓谷」までいらしたら3つ全て止まってご覧になって頂きたいですが時間が無かったり天候が心配される時は一番手前のWaimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)には必ず寄られて下さい。

3つとも入り口には看板が立っているので間違える事なく行かれます。3つの展望台の先にはNASAのステーションやタミーのダーリンの働くベースもあります。 彼は毎日「ワイメア警告」をドライブして仕事に行きますが何度この道を通っても景色が素晴らしいので飽きないって言ってます。 「ワイメア渓谷」で働けて幸せだというダーリンです♡

「ワイメア渓谷」の展望台から更に約8キロほど走るとコケエ州立公園Kokee State Parkに到着します。 とーっても広い敷地で緑の芝生が気持ち良く走り出したくなるほどの気持ちいい公園です。

21884429592_f401a4ca30_z

ここには「ワイメア渓谷」では唯一のレストランのコケエ・ロッジがあります。 9時〜15時までの営業でシンプルな朝食とランチのお店です。 ロッジ特性の蜂蜜が添えられたコーン・ブレッドが人気です。 「ワイメア渓谷」の動植物やカウアイ島を襲ったハリケーンの展示も見る事ができます。

このレストランの隣には寄付だけで入れる博物館コケエ・ニュージアムがあります。 無料でも入れますが余ったコインなどがあれば入り口の箱に入れて頂けると博物館の為に役立ちますのでコインは日本に帰っても円には両替できませんから、どうぞ寄付してあげて下さい。

この公園ではピクニック気分でランチや休憩をして頂きたいの。タミーのオススメは;)

 

ワイメアの町のイシハラ・マーケットでお弁当を買ってから「ワイメア渓谷」に向かおう!

コケエ・ロードに入る手前のワイメアの町の左側に見えるイシハラ・マーケットに「ワイメア渓谷」に向かう前に寄って見て下さい。 ここには早朝に作られたお弁当が並んでいます。朝6時〜夕方7時くらいまでの営業です。

BBQビーフやポーク、ハワイアンてりやき味のチキンなどがMIXされたお弁当。 ナルトや蒲鉾、沢庵なんかが入っているので日本のお弁当みたいでいいですよ。

大が$8くらいで小が$6くらいの値段です。巻き寿司や稲荷寿司もあります。 お弁当の隣の冷ケースの中にはサンドイッチにラップやサラダもあります。イシハラ・マーケットのポキはカウアイ島で一番美味しいと評判なんですよ^^ 我が家は毎週月曜日のディナーはイシハラ・マーケットのポキ・ディナーです(笑)

飲み物がない場合もこちらで買って行くといいですね。 そして青い空に緑が綺麗な公園のベンチや芝生の上に座ってお弁当を食べて、お腹いっぱいになったら芝生の上に寝転がって、お昼寝なんていうのも気持ちいいですよ。

ビーチタオルをホテルから持って行かれると敷いたり、ここまで上がってきますと空気も肌寒く感じますから羽織ってもいいですし役立ちます。

さて「ワイメア渓谷」のドライブはが終点ではありません。コケエの公園で休憩したら更に上へとドライブします。

プウ・オ・キラ展望台Puu O Kila Lookout(プウ・オ・キラ・ルックアウト)に到着します。そして次のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)が最後の展望台になります。ここが「ワイメア渓谷」の終点になります。

雲よりも高い場所ですよー。晴れたは時は、この世のものとは思えないほどの美しさ。 言葉を失う絶景がここにあります!

21709418139_4462f9af17_z

一番の見所は映画「ジュラシック、パーク」に登場した切り立った山ホノプ・バレーが素晴らしいです。まるでイタリアンジャラートみたいでしょ(笑)

21708223340_853020cb0f_z

ナ・パリ・コーストの海岸線もビューティフルで感動しちゃいますよ。 ここまで登ってくると空気はヒンヤリ風のある時は寒いほどです。

 

「ワイメア渓谷」へ来る時の服装はフード付きのウインドブレーカーを持ちましょう!

天気をチェックしても山の天気は変わりやすいので小雨がぱらつく事もありますから傘よりフード付きのウインドブレーカーをお持ち下さいね。 風も防ぎ雨にも濡れず両手があくので絶景の写真も撮れますからベストな服装です!

暑かったら脱いで持っても軽いですし芝生に寝転がる時に敷いてもいいのでフード付きのウインドブレーカーは役立つ服装の大切な1品です!

山道は滑りやすいのでビーサンで行かれる方もいますがタミーのおすすめの服装としてはスニーカーなどの靴を履いて行って欲しいです。 滑って転んだりしたら大変ですからね。

夏場の服装としてはTシャツにショーツ(短パン)それにスニーカーにウインドブレーカーを持参でいいと思いますが冬の時期の服装は山の上は肌寒いのでジーンズや長袖のものを着た方がいいと思います。 勿論スニーカーを履いてウインドブレーカーはお持ち下さいね。

人は足首からふくらはぎを温めると寒くないそうでタミーは冬場もショーツ(短パン)の服装が多いものですから秋〜冬に「ワイメア渓谷」に行った時はショーツにUGGのミディアム丈のブーツを履いて行きました。 ショーツでも暖かかったですよ。ただしブーツはスニーカーよりも滑りやすいので注意が必要です。

「ワイメア渓谷」への服装は大丈夫ですか?

「山の天気は変わりやすいのはわかりますが突然、小雨が降ったら嫌だなー。」って思いますよね。 でも小雨が上がった後には「ワイメア渓谷」では、こんな素晴らしい虹も見えるのでラッキーかもよ。

21273513564_2d5a483597_z

虹を下に見れるなんて日本では無いんじゃないかな最高のカウアイ島旅行の思い出になりますよね。 タミーは2回「ワイメア渓谷」で小雨の上がった後に綺麗な虹を見ましたよ:)

(大切なポイント!)「ワイメア渓谷」には5つの展望台があますが最初のワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)と最後のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)の2つの展望台は必ず見て欲しいです!!!全く違った景色が楽しめて感動する事間違い無しです!

展望台には小さなフルーツスタンドが、あるところもあります。 カウアイ島の果物で作られたドライフルーツやココナツチップスは、お土産にも旅の途中のスナックにもおすすめです。 展望台にはトイレはありますから、ご心配なく。

これでワイメア渓谷にレンタカーでのドライブはOKね;) ではカウアイ島でのレンタカー情報もお知らせしておきましょう。

 

予定がわかっているならレンタカーは日本から予約しておこう!

旅行の予定が決まっていてレンタカーを借りる日時も決まっている場合は日本からインターネットや旅行会社からレンターカーを予約されるのをオススメします。 面倒な手続きから解放されますし確実に希望の車が借りられますから。

料金もカウアイ島に来てから借りるより安くなりますよ。 カウアイ島でのレンタカーはリフエ空港のそれぞれのレンタカー会社で借りて同じ場所へ返す様になります。

リフエ空港のレンタカーの会社は6つ。それぞれの特徴とサービスは。

*パジェットレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能

*エイビスレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能。

*ダラーレンタカー/24時間緊急日本語のロードサービスあり

*ハーツレンタカー/日本語カーナビ車あり

*日本レンタカー/追加運転手、ベビーカー無料

*アラモレンタカー/日本語カーナビ車、三菱UFJニコスカード優待あり

(注)特徴とサービスは突然変更される事もあるので、ご確認下さいね。

今のところは日本が話せる方が、いらっしゃるレンタカー会社はカウアイ島にはない様なので英語が不安の方は日本から予約された方が安心できますよね。

人気はダラーレンタカーのハワイ・マルチアイランド・プラン(2島以上でトータル5日間以上レンタカーを借りる特別割引)の日本払い料金が、お得とか。JAL,ANA ,JCBカード会員の格安料金があるそうですよ。

カウアイ島での車の運転は日本の免許証でOKです。カウアイ島での支払いの場合はクレジットカードの提示も必要になります。

タミーはカウアイ島に移住する前は「海外で車を運転するなんて絶対に無理!」って思いましたけどカウアイ島はホノルルと違って交通量も少なくメインロードは1本なのでカーナビも必要なく初めての左ハンドルでも安心して走れちゃいました^^

初めての海外運転デビューにはカウアイ島は最適だと思います。

 

タミーのカウアイ島でのドライブ注意事項は7つ!

1, 左ハンドル車で気をつけて欲しいのは常に自分がセンターラインの方そう真ん中に来る位置で運転していたら大丈夫!

2, スピードの取り締まり携帯の取り締まりは頻繁にしているので注意しましょう。罰金は$300以上はしますから痛いですよ〜!

3, スクールバスがライトを点滅させて止まっていたら生徒達が降りて来るのでバス出発するまで止まって待たなければいけません!

4, ウインカーとワイパーが反対。これ恥ずかしいんですよウインカー出したつもりでワイパー動いちゃって(笑)

5, 特別なサインが無い限り赤信号でも注意確認して徐行で右折出来ます!これ慣れ無い頃に日本の様に赤信号で停車していたらクラクション鳴らされました(^^;

6, ガソリンは満タンで出かけよう!北や西の外れにはガソリンスタンドが無い場所もあるのでガソリン残量は半分くらいになった時点で満タンにすること!

7,  1台しか車が通れ無い橋(1レーンブリッジ)が何カ所かあるので先に橋に到着した方が優先なので相手が橋を通り抜けるまで停止線で待って順番に渡りましょう。

(注意)ワイメア渓谷のドライブは道路は整備されてますが下る時はローギアでポンピングブレーキを併用しながら安全運転でお願いします。

ハンデキャップのマークがある場所には駐車しないとか小さなお子様がいる場合はチャイルドシートを装着する事は日本も同じで常識ですよね。チャイルドシートはレンタカー会社で借りれますが事前に予約する事をお忘れ無く。

 

いかがでしたか? レンタカーも運転の注意事項も行き方も服装もわかりましたね;) これでもう「ワイメア渓谷」を十分に楽しめますね♪

南太平洋のグランド・キャニオン「ワイメア渓谷」をカウアイ島の旅の最高の思い出に目に焼き付けて下さ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島おすすめレストランは絶対にオーシャンビュー!

Aloha(^^)/

旅行の楽しみの大きなポイントって食事じゃないですか?

しかも南の島ハワイ・カウアイ島いらしたら思い出に残る素敵な食事したいですよね;)

素敵で美味しい食事を楽しめるレストランは日本にだってありますよね。

カウアイ島でなくちゃっていうタミーのおすすめレストランはオーシャンビュー!

 

カウアイ島でおすすめのレストランは絶対にオーシャンビュー!

ハワイって言ったら、やっぱり綺麗な海でしょ。 お金では買えないこの素晴らしいカウアイ島の海の景色を眺めながら食事をして欲しいタミーです。 きっと何年もいえ一生あなたの思い出の食事ベスト3に入るのは間違いないわ!

日本から旅行でいらっしゃる方のほとんどが日本の旅行会社を通していらっしゃるのでシェラトン、マリオット、ハイアットのホテルに滞在します。

特にディナーはお酒も頂きたいでしょうし車では移動できませんから安心して食事ができて酔っ払っても、動けないほどお腹いっぱいになっても大丈夫なホテルでのおすすめレストランを紹介しちゃいますね;)

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン1) 「シェラトン・カウアイ・リゾート」ホテルの『ラム・ファイヤー』はサンセットが最高!

ポイプの「シェラトン・カウアイ・リゾート」ホテル内にある『ラム・ファイヤー』はオーシャンビューのレストランです。 ここはビーチ沿いに建てられていて大きなガラス張りのレストランなので綺麗なカウアイ島の美しい海を眺めながら食事が出来ます。

21656533568_26742efca0_z

 

タミーのおすすめはサンセットが最高に綺麗に見えるのでレストランに入って右側の席に座ってディナーしましょう。

21657503489_b277ef5d09_z

どうすか?ロマンチックなサンセットでしょ。 事前に「サンセットの見える席をお願いします。」と予約すると窓側の席に座れるので日本から旅行会社にお願いしてもいいですしカウアイ島に到着してからフロントの方にサンセットの時間を聞いて、その少し前くらいに予約したらパーフェクトです。

JTBなどの日本の旅行会社を通して宿泊される方はホテル内のレストランでの食事する場合に使える割引クーポンをい頂けたりしますから、そんな時はホテルのレストランを利用するのもお得です。

お値段はホテルの素敵なレストランなので、お酒も頂くと1人$50くらいになります。 タミーの親戚は毎年シェラトンにJTBのツアーで泊まるのですが、そのツアーではシェラトン内のレストランで使える$50分の食事券をくださるので1人分は無料になりますね;)

でも割引券が無くても、このサンセットの素晴らしさには、そのくらいのお金を払っても十分あなたを楽しませてくれますから決して高くないと思いますよ。 それに旅行なんですから、たまには贅沢しちゃいましょ☆

サンセットがスタートして時間にしたら水平線に沈む前の5分くらいが最高にいい時間です^^

食事中でもレストラン内から外に出て写真を撮られても問題無いですから外に出られる方もいらっしゃいます。 その時は必ずお荷物(バッグやお財布)はお持ち下さいね。

「わ〜サンセット最高〜^^」なんてカメラや携帯電話だけもって、みんなで外に出ちゃっう事もあるくらい綺麗なサンセットです(笑)

夏〜秋の時期にカウアイ島に滞在される場合はサンセットが始まる30分くらい前の時間でサンセットが見える席と言って予約しましょう。場所によっては眩しかったり暑かったりするかもしれません。 その時は席を移動させてもらったりロールカーテンを下げてもらったりして下さいね。

サンセットしてしまうと嘘の様に眩しくも無く涼しくなってしまうので太陽の力ってすごいですよね;)

本当に素晴らしいサンセットで眩しいのでサングラスをお持ちになった方がいいかもしれません。ただし、お帰りの時は外は暗くなっているので、くれぐれもサングラスを忘れ無いようにお気をつけ下さい。

 

勿論サンセットだけじゃなくて『ラム・ファイヤー』の美味しい食事もおすすめです!

お食事はハワイアンにアレンジされたお洒落なアメリカンな食事です。 ハワイ食材がふんだんに使われていますので目だけでなくお口でもハワイが味わえます。 こちらタミーのおすすめマンゴーとミントのフローズンカクテル。食前にはぴったりでしょ。

21844384105_202f232afb_z

新鮮なお魚の美味しいお魚料理やカウアイ島の美味しいビーフなど満足いただける事間違い無し。

こちらのレストランでの食後のもう1つのおすすめは外にファイヤープレイスが2箇所あるんです。

21844387395_29f8c28381_z

カウアイ島でも夜のビーチ沿いは涼しいです。冬の時期は寒いくらいの時もありますから食後に暖炉を囲みながらおしゃべりなんて時間も素敵ですよね。

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン2) 「カウアイ・マリオット・リゾート」の『デュークス・カヌー・クラブ』はハワイアンな雰囲気がいっぱい!

55

リフエの「カウアイ・マリオット・リゾート」内にあるレストラン『デュークス・カヌー・クラブ』 カラパキ、ビーチが目の前のレストランですから勿論こちらにもオーシャンビューの席があります。 こちらは窓ガラスもないオープンエアーのレストランなのでいい海風が入って気持ちいいレストラン。

雰囲気もお値段も『ラム・ファイヤー』よりカジュアルです。 伝説のサーファー「デュークス・カハナモク」を讃えて付けられた名前のレストランだけあって雰囲気もお食事の内容もと〜ってもハワイアンですよ。 お食事はシーフード料理が美味しいのでおすすめです。

21656344090_85044e6577_z

プレートにはフレッシュなオーキッドのお花も飾られていていいでしょ。 ここのレストランの一番のおすすめは、おかわり自由のサラダバー。 メインの食事をオーダーするとサラダバーが無料で付きます。

サラダバーが付くのでメインディシュがハワイの食事にしては小さい様に思いますが十分な量です。 新鮮な野菜にフルーツ。マフィンやパン色々あっていくらでもお皿を変えていただけちゃいます。

このサラダバーのみのお食事でもOK。私は野菜を沢山頂きたい時はドリンクとサラダバーだけオーダーする時もありますよ。 サラダバーの最後にスタッフの方がいて目の前でシーザーサラダを作ってくれるのでシーザーサラダが好きな方は、その前にお皿に沢山のせちゃうとシーザーサラダをのせるスペース無くなっちゃいますからね(笑)

 

あと1つこのレストランでのタミーのおすすめ名物の”フラ・パイ” びっくりするほど巨大なので甘いもの好きには是非チャレンジして欲しいわ(笑) 1つだけオーダーしてみんなでシェアして食べても十分な大きさです。

「私は夜は、あんまり食べないのよ。お酒飲みたいし。」って方は『デュークス・カヌー・クラブ』は2階がレストランで1階はバーになっています。 2階のレストランは夜のディナーのみの営業です。

どちらもオーシャンビューでオープンエアー。1階のバーにはカジュアルなププ(おつまみ)や食事がありますし、もっと気軽に楽しめます♪ 生バンドの演奏もあるので、いいですよ。この音楽は2階にも聞こえてきますから大丈夫♪

『デゥークス・カヌー・クラブ』のバーは昼間のランチもおすすめよ;)フィッシュラップとか美味しいです。 昼間のカラパキ・ビーチを眺めながらの食事もハワイ気分を満喫できちゃいますよ。

『デュークス・カヌー・クラブ』でディナーが終わった頃はビーチは真っ暗になっちゃいますけど「カウアイ・マリオット・リゾート」のスイミングプールはライトアップされていて、とってもロマンチック。

是非、食後のお散歩をして欲しいわ。「カウアイ・マリオット・リゾート」内は、まるで美術館の様に素敵な作品が沢山飾られています。 信じられないくらい美しくて大きなコアウッドのボートやハワイアンな絵画の数々、大きな錦鯉がいる池まであります。

カウアイ島は椰子の木より大きな建物を建ててはいけないのでエスカレーターのあるビルはカウアイ島には「カウアイ・マリオット・リゾート」だけなんです。

結構長いエスカレーターなんですがアメリカ本土や外国に行ってエスカレーターを初めて見て困らないようにカウアイ島の人は、このエスカレーターで練習するそうですよ(笑)

こちらマリオットホテル内の私の大好きなイタリアンレストランもおすすめです。

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン3) ハワイアンな雰囲気に美味しいイタリアンとデザートなら『カフェ・ポトフィーノ』!

こちらもリフエの「カウアイ・マリオット・リゾート」内の「デゥークス」のお隣に位置するオーシャンビューのテラス席もあるイタリアンレストラン『カフェ・ポトフィーノ』

こちらには日本語のメニューもあります。 食事はイタリアンですがハワイの食材が使われているメニューも勿論あります。

カウアイ島では海老も養殖していて美味しいので海老とマッシュルームのフェットチーネなんかおすすめですよ。『カフェ・ポトフィーノ』の営業は夜のディナーのみです。

イタリアンの食事が美味しいのは勿論ですがデザートが美味しんですよ〜このレストラン^^

21844389725_58e36b034c_z

こちらタミーのおすすめデザート”ティラミス” 美しいでしょ♡ 他にもフランにパンナコッタ、イタリアンジャラートなど美味しいイタリアンデザートありますから女性には嬉しいレストランですよね。

こちらの食事の量は多いので前菜、メインにパスタにデザートと1つずつ注文して2人でシェアくらいのオーダーで十分お腹いっぱいになっちゃいます。

もう1つタミーのおすすめのオーシャンビューでのレストランは「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」にあります;)

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン4) 「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」の絵画みたいな景色を見て食事をしよう♪

ポイプビーチにある私が大好きでゴージャスなホテル「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」 ホテルのエントランスを抜けると目の前にこんな素敵な絵画みたいな景色が飛び込んできます。

images

写真なんてもんじゃないんですよ実際みたらWOW!って感動の声が出ちゃうの間違い無しよ。毎日の夜は、この最高の景色の前でハワイアンや色々なパフォーマンスが開催されます。

ライブ前の席ではお酒とカジュアルな食事が楽しめます♪ 素晴らしい景色と素敵なハワイアンミュージックで思い出に残る素敵な夜になるのは間違い無しです。

左隣には「スティーブンサン」というレストランがあり窓側のテラス席からは素晴らしいサンセットで赤く染まるビーチの景色を楽しみながらディナーを楽しめます♪ 奥には寿司バーがあるのでアメリカ食に飽きた方もカウアイ島の素晴らしい景色を堪能しながら美味しいお寿司なんていうのもいいですよ;)にぎりのお寿司はネタが大きくて驚きますよ(笑)

タミーのおすすめはカリフォルニアロールやドラゴンロールなどのアメリカンなロール寿司。アメリカンなお寿司を楽しんでもらうのもハワイ旅の食事のいい思い出になると思います。

「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」には他にもハワイアン・ディナーが楽しめるレストラン『タイド・プールズ」や美味しいイタリアンが楽しめるレストラン『ドン・でロス』もあります。どのレストランもみんな美味しいですよ;)

「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」内のコアウッドのショップなど見るだけでも楽しいですし小さな露店みたいなハワイアンのお店が通路に出ているのを1つずつディナーの後に覗いて見るのも楽しいですよ♪

 

いかがでしたか? タミーのカウアイ島のタミーのおすすめオーシャンビューのレストラン。 行ってみたいレストランがありましたか? カウアイ島のタミーの一番のおすすめは素晴らしい自然ですから是非カウアイ島にいらしたら最高に素敵な海の景色を見ながら食事をして頂きたいの。 食事だって何倍も美味しく頂けちゃうはずよ♪

カウアイ島ではオーシャンビューのレストランで是非、思い出に残るお食事をして下さいね(^^)

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡

Aloha(^^)/

カウアイ島と聞いて「シダの洞窟があるのは聞いた事あるわ。」っていう日本人の方は多いんじゃないかしら?

「シダの洞窟」英語では「ファーン・グラトー」と言います。

昔は王族だけが結婚式やパーティーをしていい神聖な場所だったのよ。

ここで恋人と固く手を繋ぐと永遠の愛が約束されると伝えらた場所なんです♡

 

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人は何人いるか知ってますか?

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人の数は19,000組以上もいるんですよ@_@ いくら王族しか結婚式を挙げられない場所だからって日本人がわざわざハワイ、カウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げるってすごいですよね。

しかもカウアイ島の人より日本人の方が多いんじゃないかしらシダの洞窟で結婚式を挙げたカップルって(笑)

カウアイ島のカップルでシダの洞窟で結婚式を挙げるって話聞いた事ないですもん。

では何故シダの洞窟で結婚式を挙げる日本人カップルが多いんでしょうかね?

 

日本の有名芸能人が何組かここで結婚式を挙げたからだそうです;)

若い方は知らないと思いますが俳優の梅宮辰夫夫妻そして歌手のヒデとロザンナ夫妻など日本の有名人が何組か結婚式を挙げた場所ってって事で人気出ちゃったみたいですよ。

今ではオアフ島で結婚式を挙げる芸能人カップル多いですよね。その影響で一般の方にもハワイウエディングは人気だと聞いています。 最近の大物カップルではラナイ島で小栗旬&山田優カップルが結婚式挙げましたよね。

あんな結婚式がいい〜なんて結婚式を挙げる若いカップル方が多いんじゃないかな。 永遠の愛が手に入るなら私達もカウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げたいわ〜!

fern_grotto_12

ご心配なくタミーが紹介しましょう。

 

カウアイ島のシダの洞窟での結婚式は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せしちゃて下さい!

カウアイ島でシダの洞窟の結婚式を日本語で安心して任せられて低料金なのはここしかないんじゃないかな。 日本のウエディング会社さんでもいくつか紹介されてますがイメージ的なものだけで具体的な内容やお値段はご相談して下さいって感じなので相談受けてからプロデュースする感じだと思います。 勿論、カウアイ島の会社よりは料金も高いと思いますよ。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんで安心して任せられるのは担当のナイアさんが日本にいる時からちゃんと日本語で対応して下さるしカウアイ島でもお世話して下さいますから安心できます。ここ一番大事でしょ(^_-)

私も結婚前にカウアイ島を初めて訪れた時に「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのホームページに出会い日本にいる時からナイアさんに相談して初めての1人旅のカウアイ島が、すごく楽しいものになりました(^^)

その時はカウアイ島に嫁いで来るとは思いませんでしたが(笑)嫁いだ後もナイアさんには親切にして頂いてます。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのシダの洞窟での結婚式の詳しい内容&料金は、こちらをご覧下さい↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/fern-wedding/

「私は結婚式はしないけどシダの洞窟には行ってみたいな〜!」行けますよ^^

 

シダの洞窟観光はSmith’sの観光船に乗っちゃいましょう〜♪

カウアイ島でワイルア方面の観光と言ったらシダの洞窟っていうくらい有名な観光スポットです。シダの洞窟へは車では行く事は出来ずワイルア・マリーナから遊覧船で行くようになります。

21585753550_d541f82fd0_z

タミーも実は結婚式はオアフ島で挙げたのですがカウアイ島に移住してマイクとの永遠の愛が欲しいのでシダの洞窟へ手をつないで行きましたよ(笑)遊覧船の中は、こんな感じです。

21152725953_1de2990c3a_z

遊覧船は船が苦手な私も海ではなく川をゆっくり進むので酔い止めも飲まずに大丈夫でした。 でも心配な方は船に乗る30分くらい前には船酔い止めの薬飲んで下さいね。

カヤックや水上スキーなどと楽しむ人を見ながら遊覧船は、ゆっくり綺麗な緑の中を進みます。 ワイルア・マリーナから遊覧船に乗りワイルア州立公園の桟橋から熱帯雨林の茂みの中を5分ほど歩くとシダで覆われた洞窟が現れます。

21762080252_62d0e7f902_z

熱帯雨林の中を歩いて行く時に見えるモンステラの葉っぱの大きさには驚きますよ@_@ 熱帯雨林の中を歩きますから道はちゃんとありますが船に乗る前に虫除けスプレーしましょうね。

2006年に1ヶ月以上も続いた長雨で洞窟内の地盤が緩んで崩れる恐れがあるからという事で今は残念なことですが洞窟内へは立ち入りき禁止になっています。 シダの洞窟の中に入れたら、それは素晴らしかったでしょうね。

でも何故、洞窟内に入れなくなった今でも、この場所は毎日観光客が絶えないほどの人気スポットなのでしょうか。 それは洞窟に入れなくてもシダの洞窟の前はハワイのパワーが溢れているパワースポットだからです。

大丈夫!シダの洞窟の前までいらしたら、いっぱいハワイのパワーを感じられますよ。 シダの洞窟の前ではハワイアン・ミュージックの演奏と歌もあります♪

嵐の櫻井くん弾丸のカウアイ島観光に時にここシダの洞窟へも来てましたね(^^) その様子は日本でTV放送されたと聞いてます。

シダの洞窟の前だけでじゃないですよハワイアン・ミュージックの演奏と歌はボートの中でもあります。 フラダンスも見られてと〜ってもハワイアンな時間が過ぎていくの。フラ・レッスンがあるんですよ;)帰りの船の中で!それが楽しいんです♪

21762091442_ed552a76e1_z

フラダンスは見るより絶対に踊った方が楽しいの^^ 男も女も笑顔でノリノリで腰振っちゃって知らない人達なのに一つになれて盛り上がれちゃう楽しい時間です♪ 照れたりなんかしないで踊っちゃいましょう。レッスンですから間違ったったって誰も気にしてませんから(笑)

シダの洞窟観光遊覧船もワイルア、マリーナに事務所とチケット売り場がありますが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんに申し込むと日本人の方はお得に乗れちゃうんですよ。

 

Smith’s観光船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのSmith’sシダの洞窟ボートツアーが一番!

タミーが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーをオススメする理由は。

1, 特別割引料金でツアーに参加出来ます。

2, ワイルア周辺地区のホテルに滞在の方はSmith’sの無料送迎が利用出来ます。

3, ワイルア地区以外の方で送迎希望の方はタクシーをお願い出来ます。

4, 日本語のガイドさんのボートも教えてもらえる。

以上の4つは必ず申し込みの時に必ずナイアさんにお伝え下さいね;)

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-ferngrotto/

こちらのツアーは車いすの方でも参加出来ますので、その場合も事前にナイアさんにお伝え下さい。

もう1つタミーのオススメは、ここワイルア・マリナーまでシダの洞窟観光にいらしたのならマリーナに戻ったらマリーナにある「スミス・カウアイ・ルアウ」に参加して欲しいんです。

 

Smith’sシダの洞窟ツアーの後は「スミス・カウアイ・ルアウ」も楽しんじゃって♪

「スミス・カウアイ・ルアウ」ってなんですか? ワイルア川に約12万m2の広大な”スミス・トロピカルパラダイス植物園”があるんです。

img_3

鳥の声が美しく響き、ここに来るとパラダイスだなカウアイ島って感じますよ。

5万種以上の熱帯植物園をトラムという乗り物に乗って見学します。 その中で行われるルアウとはハワイに昔から伝わる宴会料理ね。 このルアウのメインイベントは土の中で豚を丸焼きにして取り出す「イム・セレモニー」という儀式。

img_10

この土の中に熱く焼いた石を入れて作られた天然オーブンの事をイムと言います。 豚には塩をよく刷り込みティという葉っぱを何枚も使ってで包み、じっくりじっくり何時間もかけて焼き上げられるの。 香ばしいいい香りがする焼豚ちゃんが出来上がる頃には、お腹もペコペコね;) 出来上がった焼豚の事はカルア・ピッグと呼ばれています。

隣の素敵なレストランでハワイアン・ミュージックを聞きながらディナーになります♪

img_7

 

カルア・ピッグがメイン料理になりますが、その他にもタロイモをすりつぶしたポイ、生の鮭を塩水にさらしてトマトのみじん切りを混ぜたロミロミ・サーモンといったハワイの伝統的な料理も並びます。 それにハワイのナマスや照り焼きビーフといったハワイアンな和食もありますよ。➕洋食まで並んでいますからゴージャスなディナータイムが楽しめちゃいます。

食事の後は会場を変わって素敵なダンスショーも楽しめちゃうんですよ〜!

img_14

フラダンスだけだと思うでしょ。いえいえ、タヒチ、中国、日本、フィリピン、ニュージランドにサモアもう、こんなに〜っていうくらい色んな国のダンスを見れちゃうんです。

*「スミス・カウアイ・ルアウ」のフラショーは観光客の方が’楽しめるフラショーです。日本でフラを習われている方には是非、本格的なクム・レイラニがプロデュースする生バンド&クム・レイラニの演奏と美しい歌声での素晴らしいルアウをおすすめします。詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓

カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪

 

もう、お腹も目もい〜っぱい苦しい〜っていうくらい楽しめちゃう「スミス・カウアイ・ルアウ」です。 ワイキキのホテルとかでルアウに参加した事がある方でも、ここカウアイ島のスミスのは違った楽しみにあふれたルアウなので是非カウアイ島の旅の素晴らしい思い出に参加してみて下さいね。

(タミーのオススメの「シダの洞窟遊覧船」➕「スミス・カウアイ・ルアウ」のプランは)

*3月〜10月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて17時からのルアウに参加できます。

*11月〜2月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて16時45分からのルアウに参加できます。

「スミス・カウアイ・ルアウ」は月によって開催される日にちが違うので紹介しますね。

*11月〜1月は月、水、金曜日。

*2月〜5月と9,10月は月、水、木、金曜日。

*6月〜8月は月〜金曜日まで毎日、開催されています。

日本人の方はカウアイ島には短い滞在の方が多いので両方楽しめる欲張りプランを提案しちゃいましたが勿論、時間のある方は別の日にゆったり1つずつ行かれてもいいですね。

遊覧船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんでお願いできたけど「スミス・カウアイ・ルアル」は、どうしたらいいの? ご心配なく。

 

「スミス・カウアイ・ルアウ」ツアーも「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せを!

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-luau/

 

いいですかシダの洞窟でパワーももらうのもシダの洞窟で永遠の愛を誓う結婚式を挙げるのもハワイの植物を鑑賞してハワイアンの儀式を堪能してハワイアンフードでお腹いっぱいになっちゃって素敵なショーにうっとりしちゃうカウアイ島で幸せになれちゃうには「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーにお任せしたらパーフェクトよ!

ナイアさんにはタミーのブログを見たと言って下さいね。ナイアさんにはタミーからお願いしてありますから、ご安心下さい(^^)

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島へはダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港(3レターLIT)へハワイアンエアラインで;)

Aloha(^^)/ 「タミーさんカウアイ島への行き方教えて下さい。」了解!

オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港には毎日何便も日本から飛行機が飛んでいますがカウアイ島のリフエ空港までは残念ながら日本からの直行便はありません。

でも意外と簡単に行けちゃうカウアイ島よ; )

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港からはハワイアンエアラインで約30分のフライトでカウアイ島のリフエ空港に着いちゃうんです!

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)からカウアイ島のリフエ空港までのアクセスはハワイアンエアラインの飛行機が飛んでいます。

日本〜ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港と2つの航空券をハワイアンエアラインでお買いになると割引になりますし手続きもスムーズです。 ハワイアンエアラインは日本からの国際線ターミナルの隣のターミナルになりますから移動も歩いてすぐなのでとても楽です。

ハワイアンエアラインでオアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港からたった30分でカウアイ島のリフエ空港に到着します。 イノウエ空港から飛行機が飛んでトロピカルジュースを頂いたかと思ったら、もうカウア島のリフエ空港に着陸(笑)

そんな短い時間でオアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港からカウアイ島のリフエ空港には行けちゃうの。”ひとっ飛び”っていう言葉はダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港のフライトの為にあるような言葉ね。

オアフ島から北にある島はハワイ8島の中ではカウアイ島とニイハウ島の2島だけです。ニイハウ島はカウアイ島より北にあるので飛行機からは見えないですがカウアイ島に上陸して西側をドライブしたらニイハウ島を肉眼で見る事が出来ますよ。

ニイハウ島は今でも個人所有の島なので、そう簡単には行かれないので特別なツアーで行く様になります。ニイハウ島の話は、また別の機会にゆっくりするとしてダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港までのフライトの話の続きに戻りますね。

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港〜カウアイ島リフエ空港の30分のフライトでも飲み物が頂けます;)

「時間無くて飲み物を買う時間が無かったけど喉が渇いたわ。」なんて飛行機に乗ってから思う事ってありますよね。たった30分のフライトだからドリンクのサービスなんて無いだろうから我慢するわなんて思わなくても大丈夫よ。

飛行機はダニエル・K・イノウエ国際空港を離陸して安定するとカップに入ったトロピカルジュースか水または朝のフライトに限りホットコーヒーが無料で配られます。これでホテルにチェックインするまでは喉の乾きもなんとか持ちます(笑)

imgres

勿論お金を払えば、お酒も飲めますが以前、隣に座ったアメリカ人女性がワインを頼み2口ほど飲んだ時に「着陸態勢に入りますからシートベルトをしっかり、お締めになり座席、テーブルはもとの位置にお戻し下さい。」とアナウンス(英語)。

彼女「えっ!もう着くの!」と慌ててプラスティクカップに注いだワインを飲みほしていた事がありました(^^; それくらい短いフライトなので、お酒はカウアイ島に着いてからゆっくり召し上がって頂いた方がいいと思うわ;)

 

ハワイアンエアラインの日本語機内誌「Hana Hou!」ハナホウは是非もらって頂きたいです^^

ハワイアンエアラインの機内の座席の前のポケットには英語の機内誌の他に日本語の機内誌「Hana Hou!」ハナホウもあります。ハナホウはハワイ語でアンコールっていう意味ですよ;)

images-1

これはカウアイ島の事だけじゃなくて、とっても興味深いハワイの島々の事が色々書かれているの。 載っている写真も素敵な写真ばかりなんですよ;)

フライト時間はたった30分ですから機内でよっくり読む時間も無いと思いますので自由に持ち帰れますから薄い本で重くないのでホテルで読んでもらうもよし日本に持ち帰りゆっくり読んでいただくのもよし是非お持ちになって読んで欲しいです。

 

キャビンアテンダントさんが機内で配るパンフレットも是非もらって下さい;)

飛行機がカウアイに島のリフエ空港に到着する少し前にキャビンアテンダントさんがカウアイ島の地図と観光案内が一緒になったパンフレットをいかがですか?と声をかけて配り始めますので恥ずかしがらずに手を挙げてもらいましょう。

S__4513799

これは英語のみですが広げるとカウアイ島全体の地図になっているので後で意外と役にたったり「リフエ空港ってここなのね。」とか観光の後に「今日行ったカウアイコーヒーってここね。」なんて確認も出来るのでハンドタイプの小さなパンフレットですから是非もらって下さいね。

 

ハワイアンエアラインのキャビンアテンダントさんは、と〜ってもハワイアン♡

ハワイアンエアラインのキャビンアテンダントさんはスカイブルーにハイビスカスプリントの綺麗なユニファオームを着て髪にはハイビスカスやオーキッドのお花をさして耳にはブラックパールのピアスなんかしていて、と〜ってもハワイアンで素敵なんです☆

images-1

カウアイ島のリフエ空港に上陸する前から彼女達を見ているだけでハワイアンな気分になれちゃいますよ♪

 

窓側の席に座って空の上からのカウアイ島の絶景を満喫しましょう!

カウアイ島のリフエ空港までの30分の空の旅はオアフ島の脇を飛ぶようになるのでオアフ島を上空から見られて、これがまたいいんですよ。 カウアイ島が近づいてくると、その島の美しさにOH!と声が出るほどです。

images

何故かって?カウアイ島は椰子の木より高い建物を建ててはいけないのでオアフ島のような高層ビルが無いんです。なので島は緑で覆われていて、それはそれはビューティフルな島なのよ^^

青い海。青い空そして目がさめる様な綺麗な緑。これぞハワイっていう景色を空の上から楽しめます♪リフエ空港が近くなると赤土も見えてきて、またその赤が青や緑の爽やかな色に映えて素晴らしいんです☆

タミーはハワイ8島の中で空から見る島の美しさではカウアイ島がNo,1だとタミーは思います。窓側の席に座って空の上からのカウアイ島の絶景を満喫しましょう!

ダニエル・K・イノウエ国際空港からカウアイ島のリフエ空港へは右側に座ると東側のビーチが見えて左側に座ると西側のビーチが見えてどちらも素晴らしい眺めです。(気流の関係でまれに違うコースを取る時もあるそうです。)

 

カウアイ島のリフエ空港は小さいけど快適な空港よ。

カウアイ島のリフエ空港は大きな飛行場ではありませんが外観はハワイらしいポリネシアンな感じで内部はちゃんとエアコン完備で快適です。

小さなギフトショップに、花屋さん、レストラン、スターバックスなどもあります。 レストランには大した食事は無いのでカウアイ島に着いてすぐ食事をされたい方やカウアイ島を後にする前にお腹を満たしたい方にはリフエ空港近くのレストランがタミーのおすすめです。

こちらの記事を↓ご覧下さい。

リフエ空港のレストランでは無くオススメの味は、ここ!

話がそれちゃいましたね(^^;

リフエ空港に到着して飛行機を降りたら預け荷物をもらいにバケージ、クレーム(荷物受取所ターンテーブル)に向かいます。迷う様な大きな空港では無いので、ご心配なく。みなさんと同じように歩いていけば5分もかからずバケージ、クレームに到着します。

トイレはバケージ、クレームに行く間とバケージ、クレームのところにもありますから荷物が出てくるまで少し時間もかかるのでホテルまでの移動時間の前にトイレは済ませておくといいと思います。

リフエ空港に到着して荷物を受け取り外に出たら右側にレンタカーを予約してる人はシャトルバスが到着します。カウアイ島の空港からの移動はレンタカーかタクシー。ツアーでいらしている方はツアーガイドさんが、お迎えにいらっしゃいます。ホテルによっては空港までの無料送迎シャトルもあるそうです。

オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港〜カウアイ島のリフエ空港までの30分のフライトは、いかがでしたか?タミーと一緒に空を飛んだ気分だったでしょ;)

 

カウアイ島のリフエ空港までの航空券を検索する時の3レターはLIHです。

オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港〜カウアイ島のリフエ空港の航空券を買う場合ですが旅行会社で購入する場合は必要無いですがインターネットでダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港のフライトを検索する場合の空港の3レターはLIHになります。ダニエル・K・イノウエ国際空港の3レターはHNLになります。

「タミーさん、空港の3レターって何ですか?」空港の3レターは「空港コード」と言って空港1つ1つに付けられているコードなの。国際機関が定めたものでアルファベッド3文字からなるコードです。

この3レターがインターネットで航空券を購入する場合の検索には必要になるの。最近は空港名を日本語で入力すると親切に3レターを表示してくれるサイトもあります。

参考までに日本からダニエル・K・イノウエ国際空港空港までのフライトがある空港の3レターも紹介しておきましょうね。

成田空港3レター    NRT

羽田空港3レター   HND

関西空港3レター KIX

中部国際空港3レター NGO

インターネットの格安航空券サイトでは、とっても安いお値段で航空券が買える時もあるみたいですから3レターを使って検索してみて下さいね;)

 

日本の空港〜ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港までの航空券は一緒に購入して下さいね。

必ず国際便(日本の空港〜ダニエル・K・イノウエ国際空港)のチケットを買う時に一緒にイダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港のチケットも買って頂かないと割引にはならないみたいですから、ご注意下さい。往復で1万円くらい安くなる事もあるようですから、お気をつけ下さいね。

ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港間の割引は例えばホノルルに到着した、その日にカウアイ島に来なくても大丈夫なはずです。私は日本へのフライトはANA(全日空)を利用していていてANAで航空券を購入しますがハワイアンエアラインと提携を結んでいるのでANAでハワイアンエアラインの航空券も一緒に購入すると割引もありますしANAマイルも貯まります。

ダニエル・K・イノウエ国際空港からの乗り継ぎはありますがハワイアンエアラインは日本へも飛んでいますから日本の空港からホノルル経由でハワイアンエアラインのみでカウアイ島のリフエ空港まで来れますよ。

カウアイ島リフエ空港までのフライト2社のホームページをこちらに紹介しますので詳しくは各航空会社のホームページをご覧ください。

ハワイアンエアラインの↓公式日本語サイトは、こちらをご覧ください。

https://www.hawaiianairlines.co.jp/

日本の「成田空港、羽田空港、関西空港、中部国際空港」からホノルル空港までの航空会社については↓「カウアイ島へのアクセス(^^♪」の記事に詳しく書いていますのでこちらの記事をご覧ください。

カウアイ島へのアクセス♪

そして、もう1つここ大事です!

 

日本からいらした方はダニエル・K・イノウエ国際空港で入国審査を受けて必ず荷物を受け取りましょう!

どのエアラインでハワイに来てもダニエル・K・イノウエ国際空港に到着したら必ずダニエル・K・イノウエ国際空港で入国審査を受けます。そして日本の空港で預けたスーツケースなどの荷物も必ずダニエル・K・イノウエ国際空港で受け取ります。(カウアイ島のリフエ空港から日本へお帰りの場合はリフエ空港で日本までの航空券の予約の紙を見せると荷物はダニエル・K・イノウエ国際空港で受け取って預け直す事なく日本の空港で受け取れます。)

*必ず荷物の引換券が「成田」とか「羽田」とか日本の空港名になっている事を確認して下さいね。

日本からダニエル・K・イノウエ国際空港に到着して、そのままカウアイ島にいらっしゃる方はダニエル・K・イノウエ国際空港の到着時間から約2時間〜2時間半くらい後のフライトを予約した方がいいです。なぜならダニエル・K・イノウエ国際空港での入国審査の時間が、かかるからです。

入国審査に機械も導入されて以前より大分スムーズになりましたが、やはり入国審査には時間がかかりますし何かトラブルが起きないとも限りませんので乗り継ぐ便は余裕をもった時間の便を予約されて下さいね。入国審査の機械は、こんな感じのが並んでいます。

「入国審査機械でするんですか?私、英語全くわかりません>_<」って大丈夫ですよ;)「日本語」に変えることもできますので画面の日本語をタッチして日本語表記に変えましょう。 そしたら後は簡単に入力ができます。家族の場合は一台の機械で入力ができますので、みんなで同じ機械の前に行きましょう。

まずはパスポートの顔写真のページをスキャンします。入力内容は来る時の飛行機の中で配られる”税関申告書”下の画像の内容と同じになります。

入力は日本語の指示に従って進んでもらえば問題無いです。全ての項目にNoにチエックを入れるだけの簡単なものですから焦らず落ち着いて進みましょうね。

(注)食べ物を持っている人は11番の質問事項(a)はYesにチエックをします。ここにYesとチェックした事には関係無く荷物を受け取った後でランダムで荷物を開けるように言われる事があります。
そう言われた方は素直に荷物を開けてチェックしてもらって下さいね。問題がある物を持っていなければOKと言われてすぐに終了します。

 

入力を終了すると片手の指紋認証スキャンをして、顔写真を撮ると左端に顔写真が入ったレシートが出てきますので受け取って下さい。 その後「続けて入力しますか?」と聞いてくるので家族がいる方はパスポートをスキャンして同じように始めて進み人数分のレシートをもらったら機械での入国審査は終了します。

その次は係員がゲートの前にいますから”来る時の飛行機内で書いた手書きの税関申告書と機械から受け取ったレシートとパスポート”を係員に手渡して下さい。

同じ様に「何をしに来ましたか?食べ物は持ってないですか」?と聞かれるので。「sightseeingサイトシーイング(観光)と食べ物を持っていない場合はNoノーと答えて下さい。もし食べ物を持っている場合は「味噌スープ」とか「クッキー」とか持っている食べ物を答えましょう。

手書きの税関申告書だけを係員がもらいパスポートには入国審査済みのスタンプを押してくれたのと機械から出たレシートに赤鉛筆でサインをして返してくれます。それをもらったらエスカレーターで下のバゲージクレームに下りてターンテーブルで荷物をもらいましょう。

同じ事を書いて機械で入力して、また聞かれてってしつこいなと思いますよね(–;  将来的には機内での手書きの税関申請書は無くなるとの事ですが入国審査がもっと簡単になる事を願いましょう。

日時やフライトによって入国審査にかかる時間は違いますが「空いていて、すぐ終わったわ。」なんて事は、まずありません。

アメリカのVISAやグリーンカード(永住権)を持っていらっしゃる方は並ぶ場所が右側で日本からいらっしゃる90日以内の旅行者の方は左側のラインに並びます。こちらのラインの方が長いのですぐわかりますよ。

でも「もしスって入国審査が終わっちゃって2時間もダニエル・K・イノウエ国際空港で待つのは嫌だわ。」そうですよね、そこもご心配なく;)

ハワイアンエアラインのカウンターに行きCould you change my flight to an earlier time ?(クジュユー チェインジ マイフライト トゥ アン アーリアー タイム?)と言ってもらうと。

もし前の便に空席がある場合は無料で変えてもらえるので待たずに早いフライトに乗れる場合もあります。

 

預け荷物のタグがリフエ空港まで付いている方はダニエル・K・イノウエ国際空港内で荷物を再度預けて下さい。

ダニエル・K・イノウエ国際空港で入国審査を終えてバケージ、クレームで荷物を受け取ったらターンテーブルの先に荷物チェックの場所がありますが、ほとんど何も言われず通過して先に進みます。

たまに手招きをされて「荷物を開けて下さい。」なんて止められてチェックされてる人を見た事があります。これはランダムで行われている様で止められた場合は素直に荷物を開けて見せて下さいね。

ここから大事です!よく聞いてね。日本の空港でチェックインして荷物を預ける時に目的地をカウアイ島のリフエ空港である事を伝えて下さい。

航空会社のグランドホステスから各空港で「ホノルル空港で入国審査を受け荷物を受け取って下さい。」と言われますので、それは了解して構いませんが必ず!”荷物のタグはリフエ空港(LIH)まで下さい。”と言って下さい。あなたの最終目的地はリフエ空港ですから。

荷物のタグの控えもくれますので、ご自分の目で荷物の最終受け取り地がリフエ空港である事を確認されて下さいね。このタグがダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)までだとホノルル空港で受け取った荷物を再度ハワイアンエアラインに預ける事になるので預け荷物の料金を支払わなければならない場合があります。

もし荷物のタグはダニエル・K・イノウエ国際空港までしか出せないと言われた場合はダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港までのハワイアンエアラインへ預ける場合の荷物は無料なのかをその時に確認して下さいね。

荷物1つ目が$25。2つ目は$35ですからね。安く無いですよ。2人で2つずつ預けたら$70美味しいディナーが頂けちゃいますよね;)

リフエ空港までのタグが付いている荷物の場合はホノルル空港のターンテーブルで受け取った後、荷物検査の場所を通ると左に向かって進みます。

すると前方に機械から出たレシートに赤鉛筆でサインをして返してくれたのを集めてる方が立っているので、その方にレシートを渡してホノルル空港の外に出るのですがカウアイ島へ行く方は、ちょっと待った〜!!!

 

レシートを渡す前の右側に荷物を預ける所があるので、そこへスーツケース(機内持ち込み以外の荷物)は預け直して下さい!

リフエ空港までのタグが付いている荷物の場合はレシートを係りの人に渡して荷物を持って外には出無いで下さい。その手前の右側に荷物を預ける場所があるので、そこへリフエ空港までのタグが付いたスーツケースなどの預け荷物を預けて下さい。機内持ち込み荷物は預け無いで下さいね。

何か英語で聞かれて「わかんないー!」なんてパニックしないで下さい。ただ一言「リフエ」と言えば係りの人はOKと言ってスーツケースを受け取ってくれますから。

「リフエ」と言ってWhat? なんて聞き直されたら「カウアイ」と言ってみて。この時に注意するのは「カウアイ」の発音。英語では「カワイ」と発音します。可愛い〜って覚えていてね(笑) それでもまだ何か言ったり変な顔したらスーツケースに付いてる白い帯みたいなタグのLIHUEと書いてある所を見せたらわかりますから。

スーツケースはお金を再度払うこと無くカウアイ島のリフエ空港で受け取る事ができます。インターナショナルフライト(外国からハワイに来るフライトの場合は預け入れの荷物は1人 2つまで無料です。)

(注)ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港への便を早い便に変えたい場合は、ここで荷物を預けてしまうと荷物はあなたと同じ便には乗れませんので預けずにハワイアンエアラインのカウンターまで持って行って荷物のタグを付け直さなくてはいけません。その時の預け荷物が無料か有料かはタミーにはわかりませんのでハワイアンエアラインのカウンターの方にお聞き下さい。

あなたは手荷物だけ持ってレシートを回収している係員の所まで言ってその用紙を渡してそのまま空港の外にでましょう。

(追記)タミーが記事を書いた時には以上の内容でしたが航空会社の規定はよく変わりますので荷物の受け取りや預けなおし、その場合に料金が発生するのかは、ご利用になられる航空会社やチケットを買われたサイトや旅行会社にお尋ね下さいm–m

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港ターミナルからハワイアンエアラインへの行き方

ダニエル・K・イノウエ国際空港を出たら右側の道路に向かって少し歩くと左側に別のビル(インターアイランド・ターミナル)が見えるので、その中にハワイアンエアラインはあります。 歩いて2, 3分の距離です。出国ターミナルは2階になります。

エスカレーターがあるので、それで2階に上ってもいいですが写真のエスカレーターの右側の壁の裏側にエレベーターがありますから荷物が重い方などはエレベーターが便利です。

images-2

それで2階に上がったらどんどん右に進みます。ビルディング内は混雑してる事もあるので外に出てドアの横を歩きながら進んだ方が混んでませんよ。

真ん中ら辺がセキュリティーになるので、そのセキュリティーのラインを過ぎた先に何台か丸い形にチェックインの機械が置かれていますので、そちらでチェックインしましょう。

images-2

インターアイランドへのチェックインは30分前までです。フライトの変更がある場合はハワイアンエアラインのカウンターがあるので、そちらの方に先ほど教えた様に早い時間のフライトに変更してもらえるか聞いてみましょう。

変更が無く予定通りのフライトの方は機械で最初に「日本語」を選らんでもらうとどなたにも簡単にチェックイン出来ます。 ハワイアンエアラインの預け荷物はインターナショナルからの乗り継ぎの場合は規定内23キロ以内のスーツケース2つは無料です。

ただし日本からの国際便でハワイにいらしてホノルル空港を1度出てワイキキなどオアフ島に滞在されてから別の日にハワイアンエアラインでカウアイ島のリフエ空港に向かう場合は預け荷物は無料にはならず1つ目は$25,  2つ目は$35を荷物を預ける前に機械にクレジットカードを入れて支払いますのでインターナショナルで使えるクレジットカードをお持ち下さい。

(注)空港会社の規定は突然変更になりますので必ずご自分で空港会社か旅行会社に事前に確認して下さいね。

機械から荷物に貼るタグが出てくるのでシールになってますから持ち手に輪の様にして貼り付けて機械の左側にある荷物を預ける場所に持って行きましょう。 ベルトコンベアーみたいなのがありスタッフが立っているのですぐわかります。

荷物を預けたら戻ってみんなが並んでいるセキュリティーのラインに機械から出て来たボーディングパス(搭乗券)とパスポートを手にして並びましょう。預けた荷物の番号はボーディングパスの半券に書かれているので搭乗後に半券を無くさない様にしてくださいね。

もし荷物が下りて来なかったなんて事があったら調べてもらえませんから。(タミー1度ダニエル・K・イノウエ国際空港から預けたスーツケースが出てこなかった事がありました。次の便で荷物は届いて家まで届けてくれました。)

日本からカウアイ島のリフエ空港までのタグの付いた荷物をダニエル・K・イノウエ国際空港を出る前に預け直した方は荷物を再度預ける必要はありませんから機械でチェックインをして搭乗券をもらったらセキュリティーのラインに並びましょう。

液体類は機内に持ち込めないので手前にゴミ箱があるので飲み物などは捨てましょう。セキュリティーを通った後で買った水やコーヒーなどの飲み物は機内に持ち込めます。

後はボーデイングタイムとゲートナンバーがボーディングパス(搭乗券)に書かれていますからチェックして、そのゲートの前にボーデイングタイムの少し前には必ず行っていて下さいね。

後は飛行機に乗ったら先ほど話したように約30分でリフエ空港に到着しますので、ご心配なく。

ハワイアンエアラインには日本語のホームページもありますからハワイアンエアラインに関する事は全てこちらで確認出来ます↓

https://www.hawaiianairlines.co.jp

JTBやHISなどの旅行会社から旅行をお願した場合は旅行会社にわからない事は問い合わせて下さいね。

先ほど説明しましたダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港への搭乗までの手続きを全てお世話して下さるスタッフ付きのツアーもありますよ。(タミーの叔父&叔母はいつもJTBのツアーでカウアイ島に来ますので係りの方がホノルル空港で全て日本語でお手伝いしてくれるそうです。)

「初めて外国に来て、またその国の中で自分で飛行機を乗り換えるなんて難しそうで無理よー。」なんてビビってる方もいらっしゃると思いますが一度やってしまうと度胸出て意外に簡単なものですよ。

ハワイの空港のスタッフは、どの島も他の国やアメリカ本土に比べたらみんな親切です^^中には日本語を話せる方もいますし英語しか話せなくても笑顔で親切に対応してくれますから後は度胸だけよ。

海外で飛行機の乗り継ぎの練習するにはダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港の乗り継ぎなんて一番いい練習だと思うわ;)

カウアイ島のリフエ空港はダニエル・K・イノウエ国際空港から毎日、日本からあなたが、いらっしゃるのを心よりお待ちしていま〜す(^^)

Much Aloha♡ Tammy

ゴルフ初心者にオススメのカウアイ島ゴルフコース♪

Aloha(^^)/

ゴルフを趣味にされている方は「いつかハワイでゴルフするのが夢なの」なんて思ってませんか?

わかりますよ。ハワイのゴルフ場最高です!綺麗なグリーン。気持ちいい海風そしてTシャツ&短パンというカジュアルなウエアでゴルフ出来ちゃうんですもん。

しかも安い!カウアイ島に来たら絶対ゴルフしなくちゃ♪

 

タミーは日本にいる時は全くゴルフには興味がありませんでした。

でもカウアイ島に移住後、親友がゴルフが大好きで「私がカウアイ島に遊びに行ったら一緒にゴルフして欲しいんだからゴルフ始めてよ」と言われて3ヶ月間こちらのレッスンプロの方についてレッスンして彼女がカウアイ島に遊びに来た時にコースデビューしました(^^)

このレッスンも日本の鳥かごのようなゴルフ練習場でするのでは無く綺麗な緑の芝の上から海に向かって打つのでレッスン中の段階で既にゴルフに夢中になってしまったタミーです(笑)

「私もやってみたいわーカウアイ島でゴルフ〜♪ でも英語出来ないんだもん予約も出来ないわ。それに私、初心者だからコースなんて大丈夫かしら?」

タミーにお任せ(^_-)-☆

 

カウアイ島で初心者にオススメは「ワイルアゴルフコース」!

東海岸のワイルアにあるパブリックの「ワイルアゴルフコース」。

images

リフエ空港から東にドライブして約15分。高い椰子の木と綺麗なグリーンが右側に見えてくるのですぐにわかります。

「パブリックコースですか?カウアイ島には素敵なプライベートコースがあるんですよね?」

ありますよ;)カウアイ島にはハワイ初の5スターコースでハワイNo,1と言われるプリンスビルゴルフコース。

img_2-1

img_3-4

とっても広くてパノラマで撮らないと入らないくらい(笑)

その他にも有名トーナメントも開催されるポイプベイゴルフコース。ここでタイガーウッズが優勝したので彼のネームプレートの付いたロッカーもあります。

img_7-1

日本でも有名なプロゴルファーのジャック、ニクラウスが「世界でもっとも素晴らしいゴルルコースだ!」と絶賛するカウアイ、ラグーンズゴルフコース。

こ〜んな海越えもあってドキドキしちゃう。ここの海には沢山ボール落ちてるんだろうな(笑)

img_5-1

 

21476288178_bd2a573b4a_z

こちらダーリンと親友とカウアイ、ラグーンでゴルフした時。最終ホールです。この他にもカウアイ島には、いいゴルフコースありますよ。

でもハワイゴルフのデビューとしては初心者には敷居が高いかもしれないのでカジュアルに楽しくカウアイ島でゴルフデビューしたい初心者の方には「ワイルアゴルフコース」は最高ですよ!

最初にいいましたが「ワイルアゴルフコース」はパブリック(市営)のゴルフコースなんです。市営なの?ってバカにしたらいけません。海沿いの本格的な18ホールのゴルフ場です。

これ1番ホールのグリーンから見える景色です。素敵でしょ;)

img_0

グーンこんな感じ。芝も青々綺麗でしょ。ハワイはTシャツにショーツとこんなラフなスタイルでゴルフが楽しめちゃいます♪

img_2-1

 

こちらは2番ホールのスタートの後ろ側の海。ここからは冬の時期くじらの潮吹きもみられますよ。img_1

2番ホール。芝のグリーンとパームツリー青い空が綺麗でハワイのゴルフ場って感じでしょ。

img_2-2

7番パー3。 タミー、パー!!! 喜びのポーズ(笑)

img_2-2

 

17番ホール、パー3。この日は天気いまいちでしたが海に向かって高台から打ち下ろす気持ちいいホールです。

img_1-1

 

タミー、パーでした!Yeah!!!

こんな情報はいらないですね(笑)

 

料金の方はビジター(旅行者)は平日$48。土曜、日曜、祭日は$60とリーズナブル。

トワイライト(午後2時以降なら)半額になるので更にお得です。平日$24  土曜、日曜、祭日$30。

先ほど紹介した有名プライベートコースは軽く100ドルは超えコースによっては200ドル近いお値段ですから「ワイルアゴルフコース」は、お得です。

レンタルクラブフルセットはウイルソン$20  テイラーメイド$35。ゴルフカートは18ホール20ドル。ゴルフ練習出来るドライブレンジ(打ちっぱなし)ボール 小1カゴ $2。大1カゴ $ 3。

レギュラーティー6585ヤード、パー72全米のアマチュアトーナメントも開催されたパブリックでは有名なゴルフコースなんですよ。

ここをタミーが初心者の方にオススメするのはコースが綺麗なだけじゃないのよ。通常ゴルフは4人1グループでまわりますが、ここは1人でもプレイさせてくれます。

他のゴルフ場は例えば私と友達が2人で行くと後2人誰か来るまで待たされて知らない人とグループにされます。たった1人でもカップル2人でもここワイルアゴルフコースはプレイさせてくれます。初心者の方は上手な方とまわるのって苦手じゃないですか(^^;

1人の方でも大丈夫ですが寂しいので是非タミーを誘って下さい(笑)喜んでお供しますよ(^_-)-☆ タミーも初心者ですから、ご安心下さい。

ハワイでゴルフするなら天気のいい日にしたいですよね。予約しちゃうと雨でも仕方ないのですが、このゴルフコース予約要らないので、お天気が良かったらしてみるかって気軽にチャレンジできるのもいいですよね。

ここのゴルフコースの更にいいところは受付してカート借りてティーグラウンドに行った順にドンドンプレーできる事です。スタートに誰かいれば、その後に待って打つそれだけ。

でもカウアイ島のゴルフコースはオアフ島のゴルフコースとは違い混み合っていないので待つ事はほとんどありません。行ってすぐゴルフスタートできちゃう。スタートがまたいいのよ。海に向かって打つショットが気持ちいい〜〜〜!

先ほどの写真でおわかりの様にスタートの1番は海沿いをプレイするので海風も気持ち良く、冬の時期はくじらの潮吹きも見れて9番ホールからは大きな虹も見える事ありますよ〜どうですか素敵でしょ☆

img_0_m

このゴルフ場はローカルの方が多いですから日本と違ってカジュアルな服装で問題無し。

TシャツどころかタンクトップでもOK。ゴルフジューズじゃなくてもスニーカーでもOKなので荷物になるゴルフシューズを持参しなくてもいいので楽ですよね。

 

カウアイ島でゴルフする時はサングラス、日焼止め、水、タオル、ゴルフグローブは必ず持参してね!

ハワイの日差しは強いですから日焼もですが水分取らないと危険です。日焼け止めは「大丈夫だよホテル出る前にタップリ塗ったもの。」って、これダメです✖ 汗かいてタオルで拭いたら日焼止め取れちゃいますからマメに塗りなおしましょう。

ちなみにタミーは毎週木曜日の午後3時からハーフだけこのゴルフコースでプレイしてますビジターとローカル(カウアイ島に住んでいる人)は値段が違うんです。

平日午後2時過ぎだと$7.50でロコはプレー出来るので毎週行ける訳なんですが毎週ゴルフするとなると女性は日焼そしてシミが出来ちゃうの怖いですよね。タミーはゴルフの前に4時間日焼しないサプリメントを飲んでいます。

img_3

プライベートのゴルフ場はカートの中に冷たい水が用意されていたりしますが、このゴルフコースは、そういうサービスありませんので水は事前にお持ちいただくかショップもあるので、そちらで買ってからカートに乗りましょうね。

「気軽に楽しめそうですね。このゴルフ場。でも初心者だから沢山打っちゃうし次のグループを待たせたら悪いですよね(–;」

そんな時は次のコースでティーショットを打つ前に次のグループが来るのを待って、お先にどうぞと先にプレイしてもらい初心者でも焦る事なく後ろから楽しんでプレイしましょう。待たされてプレイしてた人たちはThank youと喜んで先に行きますから(笑)

英語が出来なくてもプリーズと言いながら手でお先にどうぞっていうポーズしたら、すぐにわかってくれますよ。

こちらのゴルフコースの特徴というと市営のコースにしては管理がいいのでグリーンの状態がとってもいいです。ただバンカーが深い(–; バンカー苦手な方は中々出せないかも。

タミーは普段ここで練習プレイしているので他のコースのバンカーに入っても楽に出せるようになりました。なので、これも練習と思い頑張って頂くか3回打っても出なかったら後ろのグループにも悪いので諦めて手で外に出しちゃいましょう(笑)

左側は綺麗な海。右側には綺麗な山が見えるのでゴルフしない方も一緒にカートでまわるだけでも楽しいですよ。写真も撮ってあげられますし。ちなみにプレーしない人は無料です。

このゴルフ場にはカジュアルなレストランもあるのでゴルフの後のビールは最高です(^^) ドライバーは我慢して飲まないように代行サービスなんて無いカウアイ島なんで。

「英語出来ないのに受付してスタート出来るかしら?」

大丈夫ですよ。受付のおじさんは、とっても優しい方ですし身振り手振りで大丈夫。プレーする人数を伝えて支払いしてボードに全員の名前を英語で書くだけですから何も難しい事はありません。

ここでカートも借りれます。「カート1プリーズ」って言ったら大丈夫(笑)レンタルゴルフクラブは隣のプロショップで借りられます。

是非カウアイ島でのゴルフデビューは「ワイルアゴルフコース」で(^^)

 

カウアイ島でゴルフ練習するなら「ククイオノロゴルフコース」もいいわよ!

市営のゴルフ場では西側のカラへオという場所に「ククイオノロゴルフコース」があります。

リフエ空港からは車で30分くらいです。高台から海も見渡せる素晴らしいビューですよ。

img_9

ここは私がレッスンを受けたゴルフコース。先生のピートプロは、とっても優しくて指導上手です。ビデオ撮影してフォームのチェックもしてくれます。プライベートレッスン2時間$40。グループレッスンならもっとお安いかも。先生と相談で好きな時間にレッスン出来ます。(予約が必要)

アプローチやパターの練習が出来るグリーンもありますしボールは1カゴ $2ですから海に向かって打つのを味わうだけでも気持ちいいですよ。見て下さ〜い!日本の鳥かごみたいな中で練習するのと違っていいでしょう。

img_6-1

タミーは、この気持ちいい場所でピートプロに教わりました。こちらのコースは9ホールのハーフのコースで、ここは平日も週末も祭日もヴィジターもローカルも値段は一緒でプレイは$10。電動ゴルフカートも$10。

(注)はじめから2周分のお金は払えずないので18ホールプレイしたい方は一度9ホール回ってから再度受付で2回目は$5払う様になるそうです。なんと合計$15です。安い!

レンタルクラブもあるそうですが、ご自分のを使いたい方でもフルセット持ってくるのは重いですからハーフセットくらいでも十分だと思います。特に初心者は。

服装はカジュアルでOK。景色は高台で素晴らしいですし大きな虹が出る事もよくあります。

21041200084_bccb524c3c_z

虹は本当によく見られるコースです。

img_1-2

 

ここのゴルフコースのクラブハウスにはメキシカンレストラン「パコス・タコス」が入ってるのでゴルフ終わってナチョ食べながらビール。そしてタコスなんていうのもいいんじゃないですか。

ここのゴルフコースは公園も一緒になっていて日本ガーデンや大昔の石が置かれているストーンガーデンもあるんです。このストーンガーデンはパワースポットとしても有名な場所ですのでハーフゴルフする前後に訪れるのもいいですよね。

この公園はドッグフレンドリーなのでゴルフ場の中の道を犬とお散歩出来ちゃうんです。我が家の愛犬トミーともよくお散歩します♪ 犬好きの方は色んなワンちゃん達と会えるのも楽しいかも^^

それにもう1つ野生のにわとりがいっぱいいるんです。にわとりなんて怖いわ!そう私もそう思いましたがカウアイ島のにわとりさん達は、とっても大人しくて人を襲ったりしません。

可愛いひよこを連れて散歩する親子はめちゃ可愛いしカウアイ島のにわとりは空を飛んで木の上で寝ます(笑)こんなところもカウアイ島の面白いところなんで是非この公園で見て欲しいわ。

もう1つカウアイ島にいらしたゴルフ好きにオススメなのは各ゴルフコースにオリジナルのグッズがあるんです。

 

カウアイ島のゴルフコースのオリジナルグッズを是非お土産にどうぞ!

日本のゴルフコースにはオリジナルのグッズなんて販売してませんよね。カウアイのプライベートコースのプロショップにはオリジナルグッズが色々販売されてるんです。ロゴやデザインが個性的ですごくいいんですよ。

「ハワイでゴルフしちゃったんだ〜」なんて自慢できちゃいますよ;)

プロショップへはゴルフをしなくても自由に入れますし買い物も出来ますから自分への思い出の品やゴルフ好きの家族や友達がいたらいいお土産が買えますよ。

例えば有名な「プリンスビルゴルフコース」はプルメリアツリーのロゴ。

princeville-logo

可愛くて女性にはオススメ。タミーもここのスワロスフキーでキラキラの可愛いゴルフマーカーを愛用しています。小物ならお値段も手頃ですから。

「ポイプベイゴルフコース」はハワイのお花と鳥をアレンジしたロゴが可愛い。これも女性向けかな。

22338495892_184d67cdc7_z

10分くらいでロゴ入りのプラスティツクネームタグに自分の名前を入れてもらえます。これ結構大きなサイズなのに$7くらいだと思いました。自分用にいかがですか?タミーのゴルフバッグにも付いてますよ。

女性ぽいロゴのコースを紹介したので最後に男性向けなのはポイプにある「キアフナゴルフコース」。ここのロゴはスパイダー。かっこいいんですよ。なんでも何番ホールか忘れちゃいましたが、そのグリーンカップの中に1匹のクモが住み着いていて、それがロゴになったとか。面白いお話よね。このシャツやキャップ、ゴルフクラブのヘッドカバーはかっこいいので男性にはオススメ。

21368495718_69edce3a6a_z

マイダーリンのマイクも愛用してます。全て私がプレゼントしました。BFやご主人のお土産にもいいですよね。ヘッドカバーのKiahunaの文字の上にある椰子の木のロゴの商品もありますので、そちらは女性向けですよ。

ゴルフウエアは、どのプロショップにもセールのラックがあります。半額になっていてとってもお買い得な商品もありますので試着もできますからウエアを欲しい人は、まずショップに行ったらセールラックをチェックしちゃいましょう。

ここのレストランはククイオノロ・ゴルフコースと同じメキシカンレストランがあります。グリーンを見ながらのオープンエアのレストラン「パコス・タコス」の食事も人気です。レストランだけも利用できますから、お気軽にどうぞご利用下さい。

夕方や日中もテーブルにはパラソルが付いてますからお茶やお酒も楽しめます。そうそう日本人は男性女性共に年齢より若く見られるので、お酒を飲まれる方は身分証明証(パスポート)をお持ちくださいね。

タミーは親友とここでピナコラーダを頼んだらIDを見せて欲しいと言われちゃいました。タミーはアメリカの運転免許証を持っていたので良かったのですが友達はパスポートは我が家に置いて来ていてSorryと断られちゃいました。若く見られるのは嬉しいですけどね^^

 

タミーのゴルフ初心者に向けたカウアイ島ゴルフ情報のポイント!

1,カウアイ島で初心者にオススメは「ワイルアゴルフコース」!

2,カウアイ島でゴルフする時はサングラス、日焼止め、水、タオル、ゴルフグローブは必ず持参してね!

3,カウアイ島でゴルフ練習するなら「ククイオノロゴルフコース」もいいわよ!

4,カウアイ島ゴルフコースのオリジナルグッズをお土産に!

カウア島に来てゴルフしたくなっちゃったでしょう♪

では最後に実際このタミーの記事を参考にされてカウアイ島でゴルフを楽しんだカップルの感想を聞いて下さいね^^

 

タミーの記事を参考にカウアイ島でゴルフを楽しんだ方の口コミです^^

カウアイ島に先月にいらして下さったカップルの奥様くりさんからのメッセージを紹介します。

「タミーさんカウアイ島でゴルフ楽しみました!ワイルアゴルフコース3回、ククイオロノゴルフコース2回! ククイオノロゴルフコースでは英語が理解できないうちになぜか一人で毎日来ている地元の方と3人でまわり、びっくりしました@_@

なにしろ、主人以外とまわったことなかったので(汗)。不思議とその時が一番スコアがよかったです(笑)2週間で5回もゴルフって、、、タミ-さんのお蔭です。ありがとうございます^^

カウアイ島滞在中は日本人の旅行者に一度も会わなかったので変な日本人夫婦がいたよっていわれなければいいですがね(^^;

 どちらのゴルフコースも待ち時間無しで英語が出来なくても気軽に楽しめました!クラブはハーフで十分でしたよ。

カウアイ旅行はゴルフだけでなくレンタカ-であっちこっちまわり、とても心地よかったです。それは、カウアイ島がちょうどよい大きさの島だからですね。小さな島なのに天気も景色も盛りだくさん!

今回二人とも今までの仕事に疲れ、リフレッシュするための旅行だったので、十分リフレッシュできました。タミ-さんも幸せの島でいつまでもお幸せに♡」 くり 2016.4月26日

くりさん、またカウアイ島にいらして下さいね^^次回はゴルフご一緒しましょう♪待ってますよ〜!!!

あなたもタミーで良かったら下手っぴですがプレイご一緒しますから誘ってくださいね ; )

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島の天気は雨季無し快適な服装と役立つ持ち物。

Aloha(^^)/

旅行に初めて行く場所の天気って気になりませんか?暑いのかな?寒いのかな?何を着て行ったらいいのかしら?どんなものが必要なのかしら?って服装や持ち物も心配ですよね。

カウアイ島は東京都の2/3くらいの島ですが場所によって天気が違うんです。

これから面白いカウアイ島の天気についてお話ししますね。

 

カウアイ島は東西南北、全く天気が違います!

タミーの家族が初めてカウアイ島を訪れた時に「島の中でこんなに天気が違うのも珍しいねっ」て驚いたくらいですから(笑)

基本的にはカウアイは1年中、貿易風(トレードウインド)の大きく湿気を含んだ風の影響で山では湿気が雨に変わり雨が降ることが多いのです。 それで山は緑でいつも綺麗。これがカウアイ島がグリーンアイランドと呼ばれる理由でしょう。

Unknown

カウアイの中心のワイアレア山では年間では12,000mmもの雨が降るそうです。驚きですよね。 でも、その湿気を含んだ貿易風が西側に届く頃には乾燥した空気に変わっちゃうんですよ。

なのでカウアイ島の一番西側のケカハでは年間で、たった520mmほどしか雨は降らないんです。 この違い同じ島ですごくないですか? 降水量だけじゃないですよ気候も全く違うんです。 カウアイ島は北から東は曇りが多く、南から西は晴れが多いんです!

 

もう1つカウアイ島では貿易風(トレードウインド)とは反対に南西から吹く風(コナウインド)が吹く日は島全体が蒸し暑く悪天候に変わってしまうんです。 これにあたった日は残念ですが私達には大いなる自然の気候を変える事は出来ませんものね。 でも、この風が頻繁に吹くわけではないのでご安心下さい。

主な観光地で説明しますと北のノースショアや東のカパア、ワイルアは涼しく曇りの天気が多く空港のあるリフエやポイプビーチの南はハワイ〜っていう晴れの天気が多いです。

南から西に向かう間のラワイやカラへオは他と比べると涼しく雨も多いです。

西のハナペペ、ワイメアは天気もよく晴れが多いですが気温は高いです。ケカハは乾燥して暑いです。西の外れのワイメアグランドキャニオンがあるコケエの山は曇りや雨の天気が多いですし気温も低いです。

「カウアイ島は世界一雨が多い島って聞いたんですが雨季があるんですか?」

 

カウアイ島には雨季はありません。

カウアイ島が何故世界一雨が多い島なんて言われるのかは初めに書きましたがカウアイ島の中心部にある「ワイアレアレ山」に年間12,000ミリを超える雨が降るからなんです。

日本で一番雨が多い所でも年間4,000ミリほどですから、それは世界一と言われても納得しますよね。 でも、それは山の上の話。他の地域では12,oooミリを超える雨なんて降りません。

北のノースショアや西のワイメアキャニオンでは他のカウアイ島の地域に比べたら曇りや雨の日は多いですが、日本の雨季の様に毎日雨が降るなんて事もありません。

そうカウアイ島(ハワイ)はアジアの地域の様に雨季は、ありませんから「雨季の季節を避けて旅行しなくちゃ。」なんて事は考えないくて大丈夫です;)

「カウアイ島に雨季が無いのはいいけれどカウアイ島は地域によって天気が違うならカウアイ島に旅行した時に観光の予定をたてるのは難しいわ。」

 

カウアイ島観光の計画は事前にネットで天気をチェックしよう!

私はiPhoneを使っているので天気予報に地域が設定できます。しかも細かい場所まで入るので主な場所ハナレイ、ワイルア、リフエ、ポイプ、ハナペペ、コケエと入れてます。

21495498078_a92bd7b28d_z

週間天気だけでなく1日も時間ごとに天気がわかるので明日は午前中はコケエが晴れてるからグランドキャニオンを見に行こうとか。

今日はみんな曇りか雨でポイプだけ晴れてるからポイプビーチに行こう!って友達や家族が来た時も天気を調べてから旅の計画を立てると服装も持ち物も完璧で旅は何倍も楽しめちゃいます♪

日本から持って来たスマートフォンでもホテルやスターバックス、マクドナルドなど無料でWi-Fiが使える場所もありますからカウアイ島は場所によって全く天気が違うので必ずチェックしましょう。

 

カウアイ島の山に雨が多いって事でいい事もあるのよ^^

カウアイ島の山に雨が多い事で大きくて綺麗な虹が見えたり滝の水量も多いから迫力あるんだから!!!こんな絶景が見られるのもカウアイ島だからよ;)

images

友達に「日本のテレビでカウアイ島の事を紹介したんだけど雨の多い島だって言ってたわ。傘持って行った方がいいかしら?」って聞かれました。

 

カウアイ島での基本の服装にフード付きのウインドブレーカーを持って行こう!

先ほどお話ししたようにカウアイで雨の多いのは山。他の地域は雨は降っても日本のように1日降り続くなんて事はストーミーかハリケーンでも来ていない限りありません。 カウアイ島の雨はシャワー。さーって降って、すぐ上がっちゃいます。

だから私はカウアイに移住してから傘を車の中に入れていますが使った事なんて滅多にありませんしカウアイ島で雨で傘をさしてる人を見た事がないわ。昔、ハワイアンの人達はモンステラの葉っぱを傘の代わりにしたそうですよ(笑)

傘はアンブレラじゃなくてパラソル。ゴルフやビーチで日よけに使うものって感じのカウアイ島です。 気候が暖かいのでさっと雨が降って少しくらい濡れても歩いていたらすぐ乾いちゃいますから(^^)

でも濡れるのは嫌って場合は傘は荷物になるので最近は晴雨両方使える折りたたみの軽くて小さい傘も売っているので、そういうのがバックに入れて持ち運べますからいいですね。

でも傘は手が1つ使えなくなりますからタミーはカウアイ島での基本の服装「Tシャツやショーツ(短パン)」にフード付きの薄くて軽いウインドブレーカーもしくは使い捨てできちゃうような安いカッパを持っていく事をオススメします。

雨だけじゃなくて山などは寒い時もありますから防寒にもなるし広げて敷いて座る事も出きますし両手使えますから写真撮るのも便利ですよね。 両手が使えるという点ではバッグですがデイバッグ(リュクサック)とか斜め掛けできるバッグとかが便利ですね。

傘もバッグも夢中になって写真撮ってたら置き忘れたー>_<なんて事もありますから。お気をつけ下さい。

防寒の服装っていう意味では特に女性は軽くてかさ張らないストールなんかあるといいですね。 首に巻いたり、タンクトップやサンドレスを着ていると肩にかけたりできますから防寒だけじゃなく日よけにも両方使えますよね。

カウアイ島はオアフ島ほどではありませんがホテルやレストラン、映画館などほかの場所より冷房が効いてる場所もあるので肌が出ている服装だと寒〜いなんて事もあるのでストールはひざ掛けにもなっていいですよ。 ちなみにマクドナルドとスターバックスはブルブルするくらい冷房効いて寒いですからご注意を。

カウアイ島での基本の服装ってどんなですか? Tシャツにショーツ(短パン)が楽で行動しやすいのでいいですよ。 長いジーンズを履いている人は暑いですから見かけないカウアイ島です。

「タミーさん、他に必要なものってありますか?」

 

カウアイ島の旅の服装にはサングラス、帽子を忘れずに日焼け止めは絶対塗りましょう!

21657625596_683fec3f61_z

 

ハワイの日差しは日本の何倍も強いです。サングラスはファッションじゃなくてちゃんとUVカットされているものをお持ち下さい。

帽子は女性は顔を焼きたくなかったらツバの広いものをオススメします。首の後ろとかも意外に焼けちゃいますからね。 最近は帽子もUVカットのもの出てますよね。髪も強い日差しでダメージを受けます。

そうそう女性の方で髪がぺちゃんこになるの嫌だからってサンバイザーをかぶっている方みかけますが、あれは頭皮焼けちゃいますから髪も痛みますので帽子にしましょう。

カウアイ島での肌の出る服装では日焼け止めは必ず塗りましょう。しかも汗をかくので持ち歩いてこまめに塗りなおしましょう。 ハワイの強い日差しは日焼け止めを塗ったり帽子かぶって日よけして焼けるくらいで丁度よく焼けますから。

何もしないと日焼けじゃなくて火傷になりますよ。痛くて寝れな〜い!帰りの飛行機でシートにも寄りかかれないくらい背中痛〜いなんて泣きながら帰る人もいますから十分にお気をつけ下さいね。

もし日焼けしてしまったら冷やしましょう。ジェルを冷蔵庫で冷やしたのを塗ったり日焼け後の肌は乾燥しますのでクリームも塗りましょうね。

後は体の中からもフルーツを食べたりサプリメントでビタミンCを補給しましょうね。シミ増やしたくないですものね。 それから水はまめに取りましょうね。出かける時はペットボトル1本くらいの水は持ちましょう。

 

大事なポイントは4つ!

1,カウアイ島は地域によって天気が違うのでインターネットで天気をチェックしてから出かけよう!

2,カウアイ島での服装はTシャツにショーツ(短パン)にフード付きのウインドブレーカーをプラスしよう!

3,カウアイ島の旅の服装にサングラス、帽子は忘れずに日焼け止めは絶対塗りましょう!

4,カウアイ島では水とエコバッグは忘れないようにね!

そうそう忘れてました。履物ですがカウアイ島では普段はビーチサンダルでOKです。でもワイメアのグランドキャニオンに行かれる方とかは階段もありますしスロープは滑り安いのでスニーカーのような靴を履かれるといいでしょう。 ビーサンの方も沢山いますけどね。ハイキングやトレッキングする方は靴を忘れずに。

それに旅行ですからゴージャスなホテルのレストランでディナーしたいわって事もありますよね。 そんな時もカウアイ島での服装ですが女性はサンドレス。男性はアロハシャツ(普通のシャツでもOK)のカジュアルスタイルで問題ありません。

履物は女性はミュールとかサンダル。男性もスニーカーでも大丈夫。ビーサンの方もいますから(^^: 女性は冷房が効いてる場所もあるので薄手で軽めのカーディガンやストールをお持ちになるといいですね。

最後にカウアイ島でショッピングだって、みなさん楽しみますよね?

カウアイ島のお店ではリサイクルの紙袋を使用していますが紙袋もくれないお店も沢山ありますのでエコバッグを持参する事をお忘れなく。 こんな可愛らしいハワイアンなエコバッグも$3〜$6くらいで売ってますから買ってカウアイ島で使って自分用のお土産にするのもいいですよね;)

Unknown

どうですか?これでカウアイ島の旅「天気、服装、持ち物」何も心配する事無く楽しめちゃいますね♪

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島のショッピングモールで買い物を楽しもう♪

Aloha(^^)/ 旅行の楽しみの1つは買い物ですよね。行きた〜い!ショッピングモール!

でもカウアイ島にはオアフ島のアラモアナショッピングセンターの様な巨大なモールはありません。

なぜならカウアイ島は椰子の木より高い建物を建ててはいけないんです。

でも、ご心配なくカウアイ島にもショッピングモールあります♪

 

旅での買い物は楽しいですよね(^_-)-☆

あなたが旅行した時の楽しみって何ですか? タミーは観光に地元の美味しいものを食べる事と買い物ね。みなさんもそうじゃないかしら。家族や友達へのお土産も買いたいし自分へも記念に何か買いたいわよね。

その土地にしか無いものを買えたら帰ってからそれを見る度、使う度、食べる度に楽しい度の思い出が蘇るでしょ(笑)

タミーはカウアイ移住してからは旅先のTシャツを買うの。アメリカの人って旅行先の名前が入ったTシャツを買うのが好きみたいで、どこにも地名が入ったTシャツが売ってるのよ。

タミーはハーレーに乗ってるから、まずは行った先にハーレーストアがあるか調べて地名入りのTシャツやヨットパーカー、ジャケットを買ってます。只今タミーのコレクション10着(笑)

アメリカには日本みたいにお土産文化は無いから自分が例えば「Kauai」って買いてあるTシャツを着ていたら「ハワイのカウアイ島に行ったの?」みたいに聞かれて話も弾むってわけ;)

タミーの家族は地名の入ったスターパックスマグを買ってコレクションしてます。 こんな風に何かって決めて買い物して集めるのも楽しいし気に入ったものがあれば何を買っても楽しいですよね♪

この写真立てはハワイで買ったわ。この人形はイギリスで買ったし、このお皿はトルコで買ったんだわみたいに♪

記念に残る品もいいけど、その土地の食べ物は帰ってから、また味わえて2度楽しめるからタミーは好きよ〜食いしん坊のタミーです(笑)

とにかく買い物って楽しいわ〜(*^^*)/ ではカウアイ島で買い物を楽しめちゃうショッピングモールを紹介しちゃいましょうね。

 

カウアイ島で一番大きなショッピングモールは『ククイグローブセンター』!

images

リフエ空港から車で約10分ほどの距離にあり約55店舗ほどのお店が入っているカウアイ島で一番大きなショッピングモール。

老舗デパートの「メイシーズ」がありますよ。免税店の無いカウアイ島ですがデパートですからメイシーズにはブランド品も少しはありますしMacのコスメも売ってます。女性用、男性用、子供用の服、靴やバッグ、アクセサリー、キッチン用品や寝具などなどあります。しかもセール品もあるのでラッキーなお買い物もできるかも。ほぼ毎週土曜日に1DAYセールも開催されてますから、お得な買い物できちゃうかもよ。

ショッピング内には衣料品からハワイのお土産コーナーまであるKマートもあります。

ブランド品が格安価格で買えちゃう「ロス・ドレス・フォーレス」でも楽しい買い物ができるはず;)

「ロングス・ドラッグストア」はローカルの薬屋さんですが化粧品も安く買えますし食料品もあります。マカダミアナッツのチョコレートやハワイのコーヒーなどハワイ土産も充実しかもお得な価格で買えるのでチェックして欲しいです。勿論、体調が悪くてとか日焼けしちゃってなんて時にも薬が必要な場合は、こちらには色んな薬が揃っています。

食料品を買うならアジアンフードも充実している「タイムス」がオススメ。お弁当やお寿司もありますしハワイのローカルフードの色んな種類のポキが並ぶポキバーやフリフリチキンは、お店の外のテントで毎週金曜日に焼いていてサラダやご飯のセットでお弁当スタイルで買うことができます。

ショッピングモール内にはサーフショップ、ファッションブティック、ジュエリーショップ、シューストアなど。とにかく色んなショップがありますからブラブラウインドウショッピングだけでも楽しいと思います。

レストランもローカルフードにコリアンフード、メキシカン、回転寿司の「元気寿司」もあります。

B級グルメならフードコートには「マクドナルド」にハワイアンフードの「L&L」、「ホーズチャイニーズ」(レモンチキン、ナスのハサミ焼き美味しいです。)、ローカルジャパニーズフードの「曽根」には煮しめがあったりサイドになますが選べたり和風の味も楽しめますよ。「アロハ、ラーメン」というラーメン屋さんもあります。

「ブレッド&デリーコネクション」は焼きたてパンのサンドイッチが頂けます。タミーはクラブサンドイッチが大好き。クリームソースのロブスターサンドも美味しいしクラムチャウダー(パン付き)も人気です。ハワイのスウィートブレッドや食パン、バゲッドだけでも購入できますからホテルやコンドでの朝ごはんに買っていくのもいいですね。

カフェは「スターバックス」に「ジャンバ・ジュース」。

スウィーツは「カウアイ・ベーカリー」があります。こちらのマラサダ(ハワイのドーナツ)カウアイで一番美味しいですよ。リリコイやグアバのハワイのフルーツを使ったソースのケーキもスポンジがふわぁふわぁでオススメです。

「ククイグローブセンター」にはマリオットホテルとカウアイリゾートホテルからは無料送迎バスが出ているそうです。

もう1つ女性は旅先ではトイレ気になりませんか?なるべく綺麗なトイレを利用したいですよね。 こちらのショッピングモールにはいくつかトイレはありますがタミーのオススメはメイシーズの中の子供服売り場奥か紳士服売り場中央の左側にあるトイレが混んでいなくて比較的綺麗です。アメリカはハワイに限らずデパートのトイレは綺麗です。デパートが高級なほどトイレもゴージャスですよ(笑)

「ククイグローブセンター」では、買い物もお茶も食事も楽しめちゃいます^^

このショッピングモールの隣には素敵なインテリア&雑貨店の「ピュア1」そのお隣には安い靴屋さん「ペイレスて・シューソース」もあります。

タイムスの向かい側には「ホームデポ」と「コストコ」もあります。

コストコの会員カードは世界共通なので日本のコストコの会員カードがあればカウアイのコストコでも買い物出来ちゃいます。大量にはなりますがチョコレートやナッツ、コーヒーなどのお土産は一番安く買えちゃうと思います。

「タミーさんのカウアイ島で一番好きなショッピングモールはククイグローブなの?」

 

タミーがカウアイで一番好きなショッピングモールは『ザ・ショップス・アット・ククイウラ』!

images

リフエ空港からは車で30分ほど車でドライブしたポイプにある高級感あるショッピングモー『ザ・ショップス・アット・ククイウラ』は素敵なお店ばかりで買い物するのが、すごく楽しいタミーよ♪

ブティックのお値段は少々お高めって感じのモールですが中央付近にある「マヒナ」というブティックは、お値段お手頃で可愛い洋服やアクセサリーの買い物が楽しめちゃうの^^

素材も柔らかくて着やすいしサイズが日本サイズと同じくらいなので日本女性には洋服選び安いです。

こちらのショッピグモール内に2件あるサーフショップのカジュアルウエアは、お手頃価格よ。

ハワイといえばシェイブアイス「アンクルズ・シェイブアイス&スムージー」のレインボーのシェイブアイスはハワイのカラーでハワイのお味。

カウアイブランドのアイスクリーム屋さん「ラッパーツ」のマンゴーソルベなんてまるでマンゴーそのもの。マカダミアナッツのアイスクリームにはナッツがい〜っぱい!是非、味わって欲しいわ。

「バババーガー」の照り焼きバーガーも美味しいしガーリックシュリンプのお店「サーベッジ・シュリンプ」のガーリックシュリンプにココナツシュリンプもGOOD!カジュアルなお店もいくつかあるので、ご安心を。

素敵なレストランも5件ありますからドレスアップして行きたいですよねって言ってもハワイですからサンドレスやアロハでOK。そんなところもハワイは楽チンでいいですよね(^_-)-☆

このショッピングモールのショップやレストランもみ〜んな好きですがタミーが、このショッピングモールが大好きな理由はハワイの美しい植物がいっぱいでまるで植物園みたいだから。ハイビスカスの花なんてタミーの顔くらいの大きさで色とりどりの種類を見ることが出来ます。

ショッピングモール内のベンチに座ると素敵なハワイアンミュージックが聴こえてきて何時間でも座っていたくなっちゃいますよ。

そんな緑いっぱいのショッピングモールの中で是非、頂いて欲しいタミーのオススメは「リビングフーズ」のサラダ。サラダバーがあるので好きなのを好きなだけお皿に乗せてくれて計り売りで買えます。

21672840062_e960de0a7d_z

テラス席でライムネード(レモンでできてるのはレモネード。ライムで出来てるからライムネード。)と頂くのがオススメよ。旅行中は野菜不足になりがちなので日本では食べられ無いようなアメリカンなサラダで新鮮野菜やフルーツを沢山取るのは良い事です。

ハワイは日差しが強いので日焼け後にもビタミンCを取る事はとても大切です。日焼け止めをつけていても日焼け後のケアは上からの保湿だけじゃなくて中からのビタミンC補給が実は一番大切なんですから。ビタミン剤もいいですが美味しいハワイの野菜やフルーツをせっかくカウアイ島まで来たんですから味わって欲しいわ。

リビングフーズではフルーツスムージーや野菜いっぱいのスーパーグリーンスムージもオススメです。

毎週水曜日の3時半〜6時まではファーマーズマーケットが開催されて地元の新鮮な野菜やフルーツの買い物も出来て美味しいローカルフードも頂けハワイアンの生演奏も聞けちゃいます♪

毎週第2土曜日6時〜9時はアートウォークが開催されて地元のアーティスト達のウクレレやバイオリンなどの生演奏を聴く事ができ素敵な夜を過ごせますよ。

こちらのトイレ情報はモールの一番端にジップラインの会社「スカイライン・エコー・アドベンチャーズ」があります。その奥のドアを入り2階に上がるとトイレがあります。ここのトイレが、このショッピングモール内では静かで綺麗です。もう1カ所のトイレはアイスクリーム屋さんの「ラッパーツ」の向かいを入った奥にありますよ。

『ザ・ショップス・アット・ククイウラ』↓全店舗の詳しい情報はこちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島ザ・ショップス・アット・ククイウラ全ショップ紹介!

 

「カウアイ島で楽しい買い物ができるタミーさんのおすすめショッピングモールはリフエのククイグローブセンターとポイプのザ・ショップス・アット・ククイウラだけですか?」

いえいえカウアイには小さなショッピングモールがいくつもあるんですよ。

 

カウアイ島の小さなショッピングモール巡りは楽しいですよ〜♪

巨大なショッピングモールは無いカウアイ島ですが、どこか懐かしいような小さなショッピングモールはいくつもあるので、それぞれ個性もありますしいくつかのショッピングモールを巡ってお買い物するも楽しいものですよ♪

カウアイの西には小さな小さなショッピングモールが2つ。1つは『エレエレ・ショッピングモール』

ドライブスルーの24時間オープンしているマクドナルドがあるので、すぐわかります。 日本人の方にオススメはラーメン屋さん「カウアイラーメン」があります。

ラーメンや餃子、チャーハンが食べたーいなんて思った時は、こちらのショッピングモールへお値段もお手頃です。ローカルフードのカフェ「パイナ・ポノ・カフェ」にシュリンプ屋さん「シュリンプ・ハウス」にサンドイッチの「サブウェイ」もあります。

「ビッグセイブ」というグロッサリーストアで食品の買い物が出来ます。

 

エレエレショッピングセンターの交差点を左に下って少し走ると右側に見える小さなショッピングモールがもう1つの『ポートアレン・マリーナセンター』

こちらには3.11の津波で遥か彼方日本から流れついたブイがプルメリアツリーの下に展示されています。

その近くにあるショップ「カウアイチョコレート」の”オピヒ”はカウアイクッキーにマカダミアナッツとキャラメルを美味しいチョコレートでコーティングしたスイーツです。ミルクとダークの2種類のチョコレートの味が楽しめます。カウアイ島のお土産にオススメよ。

その他にお土産屋さんが何店舗かあります。道を隔てた向かい側には「レッドダートシャツ」のお店と「カウアイ・クッキー・カフェ」もあるので、お土産の買い物も出来ちゃいますよ。

ここ『ポートアレン・マリーナセンター』にはいくつかのボートカンパニーがありサンセットクルーズ、ホエールウォッチング、ナパリコースクルージングなどのボートライディングが楽しめます♪

タミーのオススメは「ブルードルフィン」。こちらのボートは綺麗で食事も美味しいし日本語のHPもあって日本語OKのナイアさんが特別価格で日本人の方には対応してくださるので安心して、お願いできます。タミーもとっても楽しませてもらいました。

食事は「ポートアレン・サンセットグリル&バー」がオススメ。美しいサンセットを見ながら食事が楽しめます。お値段もお手頃。3時〜6時のハッピーアワーにはドリンクやププ(おつまみ)が、ほぼ半額のお値段で楽しめちゃいます。

 

南には先ほどお話したリフエにカウアイ島で一番大きなショッピングモールククイグローブセンター”がありますが、その隣にカウアイ島では一番新しいショッピングモール『ホクレイ・ヴィレッジ』も出来ました^^

カウアイ島では一番大きなグロッサリーストア24時間OPENの「セイフウエイ」ができましたので食品のお買い物はこちらでどうぞ!アメリカサイズの大きなケチャップやタバスコなんて見ただけで笑っちゃいますよ。セイフウエイはカパアにももう1店舗あります。

バーガーショップの「ジャック・イン・ザ・ボックス」、ペットショップの「ペトコ」、中華レストランの「パンダ・エクスプレス」、シェイブ・アイスのお店「アンクルズ・シェイブアイス」、メキシカン・レストラン「ヴェルデ」、「ドミノ・ピザ」まだまだ、こちらのショッピングモールには店舗も増えますよ;)

日本のラーメン屋さんもオープンするみたいですから、これからカウアイ島で注目のショッピングモールです。

 

私の大好きなポイプの『ザ・ショップス・アット・ククイウラ』の近くには、もう1つのショッピングセンター『ポイプ・ショッピング・ヴィレッジ』もあります。ブティックにサーフショップ、可愛い子供服のお店にイタリアンジェラートのお店もあります。

食事はタイレストランにメキシカンフードのお店。タミーの好きな「アヌイアヌイ(虹)カフェ」もあります。ハワイのフルーツソースを使ったホットドッグのお店「プカドッグ」が人気☆コンブチャの「カウアイ・ジュース」など。

スターバックスにコンビニエンスストア「ウエラーズ・ジェネラルストア」もあってポイプのホテルやコンドミニアムに滞在の方には、とっても便利なショッピングモールです。「ウエラーズ・ジェネラルストア」 」ではカウアイ島限定のショッピングバッグやスヌーピーグッズが買えます;)

 

ポイプの『オールド・コロアタウン』にもショッピンモールがあります。

グロッサリーストアにアメリカンレストランやイタリアンレストランにキャンドルストアやカフェ&シェイブアイスにアイスクリームのお店も裏側には可愛いいハワイらしい小物がいっぱいあるお店もあって買い物も食事も楽しめます。

『オールド・コロアタウン』の裏側と前の広場にはフードトラックも来るのでローカルフードも楽しめますよ。

「オールド・コロアタウン」にはカウアイ島に移住してきた移民ミュージアムもありますので訪れてみると面白いです。(無料)

『オールド・コロアタウン』の↓全店舗の紹介はこちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島オールド・コロア・タウン全45店舗を紹介!

 

クルーズ船が着く港近くのナウィリウィリにあるショッピングモール『アンカー・コウブ・ショッピングセンター』にはハワイでおなじみのABCストアもありますよ。船が着いた時は沢山の観光客が買い物を楽しんで賑わっているショッピングモールです。

 

東にはワイルアのヤシの木に囲まれたショッピングモール『ココナツ・マーケット・プレイス』

中央ステージでは無料のフラショーが開催されています。

images-1

 

ワイルアからカパアにかけての『カウアイ・ビレッジショッピングモール』には先ほど話したもう1店舗のセイフウエイがあり、ここにもABCストアがあります。

『ワイポウリ・タウンセンター』には食品は「フードランド」にタミーの好きなインディアンレストラン「シバリック」では本格的なインドカレーと美味しい焼きたてナンも食べれます。水曜日の夜はディナーバッフェがありますよ。ローカルレストランもありますよ。

ショッピングモールでは無いですが「カパアタウン」の通りには、ずらーっとショップやレストラン、カフェが並んでいて、お散歩しながらのウインドショッピングも楽しいです♪

カパアタウンの全店舗は↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島カパア・タウン全レストラン&ショップを紹介♪

 

最後に北はプリンスヴィルを越えたところにある「ハナレイタウン」に「チングヤング・ヴィレッジ』というショッピングモールがあります。

そこではハワイアンチリペッパーチキンが美味しい大盛りのローカルフードレストラン「ヴィレッジ・スナック&ベーカリー」がオススメ。こちらはハウピア(ココナツ)パイなどのデザートも美味しいです。

このショッピングモールの周りにはミュージアムみたいな素敵なお店や「ハナレイ・サーフショップ」ではUGGも日本の半額以下なんてお得なプライスで販売されてたりするのでお得な買い物ができますよ。

ヘルシー志向の方にはオーガニックストアもあります。

ノースショアには『プリンスヴィル・ショッピングモール』もありますしキラウエア灯台に行く途中にも小さなショッピングモールがいくつかありますのでノースショアでも買い物も食事もたくさん楽しめちゃいますよ♪

ハナレイビーチで1日ぼーっとしてたいわ〜なんて人はノースショアのショッピングモールで飲み物や食べ物を買ってビーチに行かれるといいですね。

カウアイ島のショッピングモールは小さくて近代的ではありませんがオールドハワイを感じさせるどこか懐かしいお店ばかり。何故か買い物しながら癒されちゃうのよね〜(^^)

それにロコの店員さん達は、みんな笑顔で優しく接して下さるから片言の英語でも十分お買い物楽しめますよ。きっと、ショッピングモール巡りの中であなただけの素敵なカウアイ島の思い出の品や味に出会えるはず。

都会では味わえ無い時間がゆっくり流れるようなカウアイ島のショッピングモールでの買い物を是非お楽しみ下さい(^^)

Much Aloha♡Tammy

サーフィン初心者が楽しめるカウアイ島のサーフポイント!

Aloha〜あなたはハワイって聞いて何を思い浮かべますか?

青い海!

では青い海で何かしてみたい事ある?って聞かれたら。

サーフィンって答える人多いんじゃないかしら。

 

カウアイ島でサーフィン初心者におすすめの素敵なビーチ!

「私サーフィンやった事ないのよ。」「俺やってるけど初心者だからな。」やってみたい気持ちがあっても諦めちゃってませんか? ハワイまで来たのに?

カウアイ島在住のタミーが教えちゃう初心者に贈る最高のサーフポイント(^^)/ それは、カウアイ島の南に位置するポイプビーチ。

21498372249_ef379e4e43_z

カウアイ島のリフエ空港から車で約30分で到着出来ちゃう。ここポイプはカウアイ島の中でも昼間はほとんど雨が降ら無い地域なのでハワイの日差しを満喫出来る場所でもあるのよ。 タミーがカウアイ島で一番好きなビーチ!

でもポイプビーチなら何処でもサーフィン出来る訳じゃないですよ。サーフィン禁止の場所もあればボディーボードオンリーの場所もあります。日本でプロボディーボーダーだったココさんが教えてくれた初心者にオススメのサーフポイント!

ココさんは日本在住時代はプロのボディーボーダーで何回も大会で優勝してる有名人よ。その後カウアイ島に移住してからは彼女は毎日サーフィンを楽しんでるの♪ 私のお友達です(^^)

ポイプビーチ前にはシェラトン、キアフナ、マリオット、コアケア、ハイアットなどなど沢山のリゾートホテルとコンドミニアムが建ち並んでおります。

日本からJTBやHISのツアー会社を利用して宿泊される方はポイプビーチのホテルに宿泊される方も多いのでポイプに宿泊するならポイントには歩いていけちゃう近さかも。

そのホテルの中でもコアケアホテル前のビーチとシェラトン・カウアイ・リゾート・ホテルの横のビーチがココさんのオススメだそうです。 ポイプビーチは水は綺麗だし波は穏やかだし初心者にはベストよ!

「私サーフボード持って無いし〜。」「俺は持ってるけどハワイまで持って行くのは面倒なんだよね〜。」

大丈夫!レンタルボードもサーフィンレッスンも心配無いよ。ポイプビーチ!

シェラトン・カウアイ・リゾート・ホテル前のビーチには「アロハ・サーフ・レッスンズ」っていうスクールがあります。そちらではボードやラッシュ、シューズのレンタルも出来ます。こちらのボードは大きくて柔らかく浮きやすいボードだそうです。

カウアイ島でサーフィンする初心者の人ボードの上に立てちゃうって!

タミーが日本でサーフィンしてた時はボードの上に中々立てなくて何度もサーフィン辞めようと思ったの。 ある時、知り合いの紹介で女性プロサーファーの方が使ったボードを売って頂けて、それで海に出たら、なんと1回でボードの上に立てました(^^)v

タミーは、まだ20代前半でお金が無かったから安いボードをネットで買ったのが失敗だったみたい。ボードは大切ってことをその時に学びました。

「アロハ・サーフ・レッスンズ」のボードは乗りやすく、子供や女性の様に体重が軽い人の方が早く立てちゃうみたいなんでファミリーでレッスン受けちゃうのも楽しいかも。 波の上に立つ快感はたまりませんよ。1度味わってもらいたいわ。

でもね海をなめたらいかんよ! サーフィンを経験した人も初心者も海はみんな違うし波も毎回違うから十分に注意が必要です。海をなめたらって脅かす訳じゃ無いけど命の危険だってあるんだから。

 

サーフィン初心者がカウアイ島の海で安全に楽しくサーフィンするには!

是非レッスンを受けて最低限の基本を身につけて注意事項を学んでから海に出て欲しいわ。 タミーも友達と3人で「アロハ・サーフ・レッスンず」のレッスンを受けましたよ;)

3人のグループレッスンで$75. 現金なら$65という事で現金で払いました。(チップは別です。) インストラクターは、こちらのケイティちゃんブルーアイズに吸い込まれそうな美人の彼女。

S__3629060

なんなんでしょうか?同じ人間とは思え無い顔の小ささ(–; こんな写真はホントは載せたくなかった… 彼女は元プロフィギュアスケート選手だったそうです。プロポーションも素晴らしい。

こちらのレッスンは最初に陸上でパドリング、バランスの取り方、立ち方などをしっかり教わります(約30分) 丁寧に優しく立てるコツを教えてくれました。

陸上練習中にたまたまオーナーさんが、いらしてオーナーさんからもワンポイントレッスンを受ける事が出来てラッキーな私達でした。

images

ドキドキで海に出ましたがタミーは随分昔に日本でサーフィンをしていたのがよかったのか1回目からボードの上に立てましたよ(^^)v 他の2人もたっぷり1時間半のサーフィンレッスンの間にみんなボードの上に立つ事が出来ました!

タミーは久々、他の2人は人生初めてのサーフィンレッスンでしたが3人ともすっごく楽しかったです♪ すっかりハマった3人は翌日はボードだけ借りてサーフィンしちゃいましたもん(笑)

images-2

私達が楽しんだのは12月ハワイも冬の季節ですが、ここポイプビーチの水は冷たくなかったですよ。

S__3612674

楽しそうな笑顔の3人でしょ。大満足な「アロハ・サーフ・レッスンズ」のサーフィンレッスンズはタミーの絶対のおすすめです(^^)

サーフィンレッスンは9時~11時と13時~15時(全てのコース2時間)

グループレッスンは6人まで$75

セミプライベートは2〜4人$300

プライベートは1人$300

以上の料金にはレンタルボード、ラッシュ、シューズなどが含まれます。

レッスンは英語のみになりますが体を動かして学ぶ事ですしインストラクターの方はとってもフレンドリーなそうなので問題ないと思いますよ。

せっかくハワイ、そう外国に来たのですからボディーランゲージでサーフィンを学ぶのもとってもいい経験だと思うわ。

レッスン時間、料金など変更になる場合もあるかもしれませんので、詳しくは「アロハ・サーフ・レッスンズ」のホームページをご覧ください。

http://www.alohasurflessonskauai.com/#!blank/clut

ポイプビーチのホテルに滞在ではなく、車でいらっしゃる方はリフエ空港からポイプビーチを目指してドライブして下さい。

ポイプビーチ近くになるとハワイアン・ティキ(先祖をかたどった彫像)が見える場所があります。木で出来た高〜いトーテムポールみたいなのが4本くらい立ってるのですぐわかりますよ。

T字路なのでそこを入ると正面がポイプビーチのメインビーチです。 右側には広い無料の駐車場がありますからそちらに車は駐車できます。(注)正面のポイプビーチではサーフィンは禁止されてますから気をつけてね。

 

ハワイアン・モンクシールに会って下さい♡

サーフィンとは関係無いんですがポイプビーチまで来たのなら、このメインビーチにも少しでいいのでサーフボードを置いて寄って欲しいのです。 なぜなら、ここポイプビーチは全米No,1ビーチに選ばれた事のあるビーチです。 遠浅なので小さなお子様も安心して連れて行けますよ。ライフガードの人も在住しているので安心。

それだけじゃ無いんんです。タミーの一押しは、このビーチには毎日の様にハワイアンモンクシールというアザラシの仲間の保護動物がひなたぼっこをしにやって来ます。

ハワイアンモンクシールは絶滅危惧種なのでライフガードのお兄さん達が、ものスゴイ勢いでハワイアンモンクシールを囲むようにロープを張ります。

ハワイアンモンクシールには触る事は出来ませんが近くで見られるので、その姿はめちゃくちゃ可愛く、と〜っても癒されちゃいますから是非このポイプのメインビーチも訪れて下さいね。

ハワイアン・モンクシールについては↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島のアザラシ「ハワイアンモンクシール」に会いに来て♡

 

ライフガードのお兄さん達イケメン揃いで日本語を少し話せる方もいますよ。 このビーチを左側に5分くらい歩いていくと沢山のボディーボードを楽しんでいるのが見えます。そちらのビーチはボディーボーダーオンリーです。 タミーはボディーボードは、たまに楽しみますので、ここには来ますけど楽しいポイントですよ。

サーフィンはちょっと…と、尻込みしちゃう方はボディーボードは気軽に楽しめますから是非チャレンジしてみてね。 ただし波の高い日は危険なので初心者は十分お気をつけ下さい。決して無理はしないようにね。

ポイプビーチ前の道路にはボディーボードやパラソルなどのビーチグッズのレンタル屋さんも何件かありますので、そちらをご利用下さいね。

それともう1つメインビーチの前に「ブレネッキーズ」というレストランがあります。そちらの1階では水やドリンク、アイスクリーム、サンドイッチなどの軽食も売ってます。

500_12775936

勿論2階のレストランもオススメ。美しいポイプビーチを眺めながら食事が出来ます。クラムチャウダー、シュリンプサラダ、フィッシュタコスはタミーの好きなメニューよ。

ポイプの駐車場に車を止めたらビーチに向かって右側にやしの木に囲まれた大きな家が見えます。そちらは元シルベスタ・スタローンのビーチハウスで御座います。

そちらとその横に見える大きなオレンジ色の屋根の建物は「ワイオハイ・マリオットホテル」 その間に細い道があるのですが、そこを入ってすぐ左側に小さなレンタルボード屋さんがあります。こちらでもボードを借りたらレッスン受けられるそうですよ。イケメンのお兄さんいます。

タミーのイケメン情報はいりませんよね(笑)

ハワイにはプライベートビーチはありません。どんな高級ホテルの前のビーチでも自由に入れますのでご心配なく。ただしホテルのビーチベッドやパラソルは使えないのでご注意を。でもホテル前のビーチバーやトイレ、外のシャワーは誰でも使えますからね。

コアケアホテル前のビーチのサーフポイントですが、ビーチにはレンタルボード屋さんもサーフィンレッスンもあるそうですが、どうやら宿泊者オンリーみたいです。でも交渉してみたらOKになるかもよ。 コアケアは、とっても素敵なホテルなので、こちらに宿泊される方は是非利用して初ハワイでのサーフィンにチャレンジしてみて下さいね。

 

カウアイ島で初心者がサーフィンに挑戦する時の大切なポイントは2つ!

1, カウアイ島で初心者がサーフィンを楽しむならポイプビーチ!

2, 初心者はレッスンを受けてからサーフィンを楽しもう!

 

みなさんがカウアイ島の素敵なポイプビーチでサーフィンを楽しんでいる姿がタミーの目には浮かびますよ。 カウアイ島で楽しい思い出た〜くさん作って下さいね。

サーフィンした後は、お腹ペコペコになります(笑)ポイプにはカジュアルからゴージャスまで食事をする場所は沢山あるのでご心配なく。

それからツアー会社を通して日本からいらっしゃるお客様はリフエ空港から車で15分くらいのもう1つのマリオットホテル「カウアイ・マリオット・リゾート」に泊まられる方が多いです。

こちらのビーチ前にも「アロハ・サーフ・レッスンズ」がありますから、リフエのマリオットホテルやリフエにお泊まりのお客様はマリオットホテル前のビーチでサーフィンにチャレンジしてもらうのもいいと思います。 ココさんからノースショアに滞在の初心者の方にはハナレイピアの横がオススメだそうです。

カウアイ島でサーフィンをされる方に注意して欲しい事があります。

 

「サメに注意!」など遊泳禁止の警報が出たら絶対に海には入らないで下さい!

ビーチにサメが出て危険だと判断された場合は安全が確認されるまでビーチは閉鎖される事があります。 その場合はサーフィンだけで無く絶対にそのビーチの海には入らないで下さい。「サメなんて来ないよ!大丈夫だよ。」なんて勝手に判断しないで下さいね。

images-1

ハワイのサメによる被害はマウイ島がトップで次がオアフ島そしてカウアイ島になっています。 他のハワイの島の全ての島でサメの被害は確認されていますのでハワイでサーフィンをする場合は十分に注意して下さいね。

みなさんは、ご存知ですか片腕のサーファーの話しを。

 

映画「ソウル・サーファー」の主人公「ベサニー・ハミルトン」はカウアイ島出身のプロサーファーです。

べサニー・ハミルトンはカウアイ島のノースショアで生まれ育ったサーフィンが大好きな女の子でした。彼女が13歳の時カウアイ島でサーフィンの練習中にサメに襲われて左腕を根元から食いちぎられてしまったのです。

それでも彼女はプロサーファーを目指し事故のわずか1か月後にサーフィンを再開したんですよ。信じられますか? その数か月後にはトーナメントで5位入賞という感動的な復活をとげるのです。

そう「ソウル・サーファー」は彼女の実話。多くの人に感動と勇気をあたえた映画です。

imgres

片腕を失った彼女の有名な言葉で「今では、水着すら1人で着られない。でも1番の恐怖は、サーフィンとの別れだった。」 それほど彼女はカウアイ島の海をそしてサーフィンを愛していました。

そして、もう1つタミーが好きな彼女の言葉があります。 映画の最後でべサニーが「人生はサーフィンに似ている。波に飲み込まれたら、また次の波に乗ればいい」というの。感動よね。

タミーも辛い事があったり失敗した時この彼女の言葉を思い出して「ヨシ!また次の波に乗ろう!」って自分に言い聞かせてます。

タミーは10年ほど前にハワイ島のコナ空港でべサニーに会いました。彼女すごくかっこよくて輝いてました☆

images

今でもよく覚えています。その時に彼女が綺麗なスカイブルーのクロックスを履いていて同じのを探して買ったタミーよ(笑)私の友達はカウアイ島のビーチでサーフィンしているべサニーに会って一緒に写真を撮ってもらいました^^ カウアイ島のビーチであなたもべサニーに会えるかもよ;)

今でもハワイのサメの事故は年間10件ほどありサメに襲われる人の半分以上はサーファーだそうです。 彼女は本当に素敵ですがべサニーはラッキーでした。サメに襲われたら命の危険だってあるのですから。

どうかサメに注意して下さい。サメだけじゃありません高波にも!とにかく「遊泳禁止」の警報が出たら海には絶対に入らないで下さいね。 自分が危険だけじゃなくて多くの方に迷惑をかける事を忘れないで下さいね。

サーフィンだけでなく、どんなスポーツでもアクティビティでも安全に楽しむ事が一番大切な事です^^ どうぞカウアイ島の綺麗な海でサーフィン満喫しちゃって下さいね♪

Much Aloha♡Tammy