カウアイ島の日帰りツアーは口コミ評価がいいHIS!

Aloha(^^)/ 日本からハワイにいらっしゃる方は3泊5日,4泊6日といった1週間以内の滞在が、ほとんどです。

そんな中カウアイ島が、わずか30分のフライトだとしても1,2泊するのは、ちょっと、、。

長く滞在してこそ良さがわかるカウアイ島ですがオアフ島から日帰りで来れるツアーで、まずはハワイ最古の島を訪れてみませんか^^

 

日帰りツアーは日本でもお馴染み口コミ評価も高いHISにお願いしちゃいましょう♪

こちらのカウアイ島日帰りツアーは勿論、日本人のガイドさんがついて案内とお世話をして下さいますので、ご安心下さい。 ハワイ最古の島であるカウアイ島を日帰りで見てまわるHISのツアー日程をまずは、ご紹介しますね。

6:15am〜6:45am/オアフ島滞在ホテル(または指定場所)にお迎えに行きます。

9:00am/ホノルル空港を出発

9:30am/カウアイ島リフエ空港に到着

10:00am/オパエカ滝を見学後、ワイルア川遊覧船でシダの洞窟観光

12:30pm/昼食

14:00pm/ワイメア渓谷

16:00pm/ポイプ潮吹き岩

17:40pm/カウアイ島リフエ空港出発

19:30pm/オアフ島滞在ホテル(または指定場所)に到着

以上が、大まかな日帰りツアーの予定です。

内容盛り沢山ですよ;)詳しく観光スポットの説明をしましょうね。

 

1, 約20mの高さから流れ落ちる見事眺めのオパエカ滝

images

朝9:30amにカウアイ島リフエ空港に到着して、まず向かう場所が「オパエカの滝」 「オパエカア」は「飛び跳ねるエビ」という意味で、たくさんのエビが棲み、跳ねていたのが名称の由来なんですよ。

ここは映画「南海征服」(1966年)の撮影場所でもあります。 カウアイ島はトーキー映画の時代から数多くのハリウッド映画の撮影地に選ばれてきました。 それは、あまりにも美しい自然とミステリアスな魅力に溢れているから。

 

2, とっても楽しいワイルア川の遊覧船♪

21585753550_d541f82fd0_z

オパエカ滝の次に向かうのはワイルア川。ワイルア川の河口”ワイルア・マリナー”から遊覧船に乗ります。 ハワイで唯一、航行可能な川なんですよ「ワイルワ川」 この川には「スリーピング・ジャイアント(眠れる巨人)」の伝説があるとってもミステリアスな空気が漂う場所なんです。

ポートがマリーナを離れると右側には椰子の木の林。左側にはハウの木の林。 ワイルワ川は水上スキーやカヤックが人気なので水上アクティビティを楽しむ人達を眺めながら船は進みます。

この遊覧船での一番の楽しみは船員達のハワイアンミュージックの演奏に素敵なハワイアンソング♪ 帰りの船の中ではフラショーを見れるだけではなくフラのレッスンまで行われちゃいます。

21762091442_ed552a76e1_z

陽気な船員達に誘われみんな腰をフリフリ踊る時間がなんとも楽しいのです(笑) 遊覧船に乗ってワイルア州立公園の一角にある桟橋に着くと、そこから熱帯雨林の中を5分ほど歩いて到着するのが「シダの洞窟」です。

 

 3, ロマンチックな雰囲気漂う幸わせになれるシダの洞窟

21762080252_62d0e7f902_z

熱帯雨林の中を5分ほど歩くと目の前にこのようなシダで覆われた洞窟が登場します。 この洞窟の前に来ると目に見えない不思議なパワーを感じます。 昔からこの洞窟の前で恋人達が手をつなぐと永遠の愛が約束されると伝えられていて今も毎日数多くの人が訪れるパワースポットです。

現在は安全上の為、洞窟内への立ち入りは禁止されていますが洞窟前でも十分パワーを感じられますよ。 ワイルワ川の遊覧船を楽しみシダの洞窟でパワーを頂いたら昼食になります。

 

4, ランチもツアー料金に含まれています。

レストランでのランチの料金もツアー料金に含まれていますので、ご安心下さい。 アストン・アロハ・ビーチホテルにてご昼食となります。

<メニュー>

・ワイルア・ミックス・グリーンサラダ

(パパイヤドレッシング)

・新鮮なフルーツカップ

・新鮮な魚と特製ソースで焼いたチキンのコンビネーションプレート、軽く炒めた野菜とごはん

・ココナッツケーキ

(注)レストランやメニューが変更になる場合がありますので事前に内容は、ご確認下さい。

さて、お食事の後は、このツアーの最大の楽しみと言ってもいいワイメア渓谷へ出発します。

 

5, 素晴らしいワイメア渓谷の絶景を満喫しちゃいましょう!

21273513564_2d5a483597_z

カウアイ島日帰りツアーのメインと言ってもいい場所が、ここワイメア渓谷の絶景です。 世界一の降水量を記録するワイアレア山からの何千年にもわたる雨水の侵食が掘り出した壮大なワイメアキャニオンの素晴らしさをご覧頂けます。

カウアイ島の日帰りツアーではオアフ島よりさらにディープなハワイを体験出来る事間違いなしです!

 

6, 豪快なポイプ潮吹き穴を見て帰りましょう。

カウアイ島日帰りツアーの最後の観光地は「サニービーチ」と呼ばれる陽光きらめくポイプビーチの潮吹き穴の見学です。 このあたりはカウアイ島で一番最後に火山が噴火した場所で冷えて固まった溶岩の穴に波が流れ込んで「ゴーーーーーー!」という爆音とともに塩を空高く吹き上げる様子が見られます。

今でもなかなかの迫力ですが1932年頃までは、もっと音も大きく高く吹き上がったそうです。 あまりに音がうるさいのと近隣住民からの苦情と潮の影響が作物被害も引き起こしてしまった事からダイナマイトで岩を破壊したそうです。

豪快な潮吹きを見て帰路になります。 この後はカウアイ島のリフエ空港に向かいオアフ島のホノルル空港へ、そしてホテル(または指定場所)に送迎されて終了になります。

 

どうですか?カウアイ島の日帰りツアー、内容盛りだくさんで満足度一杯じゃないですか? では、このカウアイ島日帰りツアーをタミーがオススメする理由は、お客様からの口コミが良かったからです。

 

平均口コミ評価4のHISのカウアイ島日帰りツアーがタミーのおすすめよ!

HISのカウアイ島日帰りツアーに参加したお客様の口コミを紹介しますね。

*口コミ1*初めてのカウアイ島/投稿者:林さん、2015/08/23

初めてのカウアイ島のツアーに参加しました。
朝も特別早い出発でなく、また夕方にオアフに戻れ有意義な一日となりました。
カウアイ島でもせかせかしたこともなくゆっくり島めぐりができ満足です。
ランチは、簡単なものかと思っておりましたが、こちらもホテルでゆっくり
すごせました。

評価: star
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2015/07/29

 

*口コミ2*初めてのカウアイ島投稿者:山崎誠司さん、2015/08/16

家族旅行の中、オワフ島に家族をおき、一人、カウアイ島観光に参加しました。前日までは雨による川の増水などの影響でツアーの一部中止があったようですが、少人数によるツアーで楽しく過ごすことができました。景勝地のほか、海や空、そして空気、どれもが素晴らしく、また、訪れてみたい島です。

評価: star
利用形態: ひとりで
参加日: 2015/07/23
*口コミ3*見所満載!/投稿者: かばかばさん、 2015/08/16

20年ほどにカウアイ島に行ったことがあるのですが、ほとんど記憶にないので今回家族で訪れました。見所を効率的に回っていただけるので、満喫できました。多少雨模様で、ワイメア峡谷は半分くらいしか見えなかったのが残念。

評価: star
利用形態: 家族
参加日: 2015/08/11
*口コミ4* 良かったです/投稿者: 大潮正子さん、2015/08/09

初めてのカウアイ島の日帰り旅行で、参加者が4人でしたので、ガイドさんが楽しい人で、とてもおもしろく参加できました。運転手さんのいい人で、人数が少ないから時間が短縮できたので行かないところに連れて行っていただき、よかったです。
日帰りでも、楽しめました。。

評価: star
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2015/08/05
*口コミ5*自然そのままです/投稿者: SENAさん、 2015/07/16

話で聞いていた過去の戦争や争い場所が無い島(そのままの島)でしたのでそのままの島を観たくて今回参加しました。 山頂から眺める景色のみでも自分は何時間でも眺めていても良かったですし、船でのクルージングも気持ち良かったです。また参加したいですね。

評価: star
利用形態: ひとりで
参加日: 2015/07/07
*口コミ6*自然を満喫/投稿者:Haseさん 、 2015/05/10

ガイドが方が現地の情報(歴史、ハワイ語等)もたくさん教えていただいて、カウアイ島を満喫できました。常に待ちがないように行動していただいたのもよかったです。
自然が豊かななかで、ボートによるツアーで音楽、フラのおもてなしも暖かくてよかったです。
またカウアイ島に行ってみたいと思いました。

評価: star
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2015/05/07

 

*口コミ7*カウアイ島1日ツアー/投稿者: tadokoroさん、2015/01/28

社員旅行で今まで何度かオアフ島は来ていましたが、初めて離島に行かせて頂きました。
ワイキキとは違う雰囲気で、本当に時間が止まったかのような、無音でゆったりとした時間を過ごせました。またワイメア渓谷からの眺めは圧巻で、実際に見ないと経験できない感動を覚えました。ツアーガイドのおばさんもお母さんのようにやさしく、面白いツアーでした。また機会があれば参加したいです。ありがとうございます。

ワイメア渓谷

評価: star
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2015/01/22

 

以上7つの口コミいかがでしたか? 今年2015年の最新の口コミからご家族、お友達、ご夫婦、おひとりさままで色々な方の口コミをご紹介しました。

5つ星もありますが平均4つ星の評価です。3つ星の方は残念ながら天気に恵まれなかった方なんですが、こればかりはどうにもなりませんものね。

みなさんも何かを決めたり買ったりする時って口コミ参考にしませんか? お客様からの声が一番信頼できますものね。

 

30日前のお得なお値段の申し込みは↓こちらのHISサイトからどうぞ。

http://activities.his-j.com/TourLeaf/HNL0545.htm

ツアー日から30日前にお申込み頂くと大人US$338.00 (約41,340円)、子供 (2歳〜11歳)US$334.00(約40,850円)

通常は大人US$358.00 (約43,790円)、子供US$354.00(約43,300円)ですからUS$20.00OFFになりとってもお得なんです。

HISは日本でも大きな旅行会社ですから安心して申込み出来ますよね。 詳しい内容や注意事項なども、こちらのサイトに書かれていますので、ご覧下さい。

是非、大自然溢れるカウアイ島へ日帰りツアーを利用していらして下さいね♪

Much Aloha ♡Tammy

カウアイ島のポイプ滞在は、このコンドミニアムに決まり!

Aloha(^^)/ カウアイ島でタミーのおすすめ滞在地はポイプ。何故ならカウアイ島の中で一番晴れの日が多い場所だから。ハワイに来て天気が悪かったら残念でしょ。

ポイプには全米N0,1に選ばれた美しいビーチに楽園の様な緑が溢れ。あなたの憧れのハワイがあります。最高のポイプ滞在が出来るタミーのおすすめコンドミニアムよ!

 

カウアイ島ポイプ滞在は『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』に決まり!

カウアイ島のタミーのおすすめコンドミニアムは『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』ポイプビーチに面したこ〜んな素敵なコンドミニアムよ〜(^^)

19833931712_8ca9ff0867_z

コンドミニアムからビーチまでは広い芝生に椰子の木達。

19220403983_306830e248_z

 

そしてコンドミニアム前のビーチがこちら!

19815128306_a4fd571bb0_z

もうこれだけでも十分ここに滞在したくなりましたよね^^  なんで、こ〜んなに広い敷地なのって思いましたか? 20世紀の初め頃コロアからポイプにかけては広大なサトウキビ畑が広がっていたんです。その農園主の住んでいた家がキアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』の元なんですよ。

だから約141,600m2という広〜い敷地には当時の様にトロピカルフラワーやフルーツが植えられている植物園があって、ここに宿泊した方々の目を楽しませてくれています♪

images-4

見て〜大きなサボテンもありますし綺麗な蘭の花達にも会えますよ。ガーデンは無料でいつでもご覧になれます。

22362007451_9af2bd1d9c_z

ガーデン内のレストランとロビーのある建物は農園主の邸宅をそのまま利用したもので展示された骨董品や古い写真も興味深いものがあります。 『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』のコンドミニアムに滞在すると古きよき時代のハワイを感じる事が出来るんです。

建物は決して新しく無いですがハワイアンなインテリアに間取りも広いのでゆったり滞在できます。2回建てのコンドミニアムなです。リビングルームは、こんな感じ。

images-2

ベッドルームはこんな感じです。

images-1

部屋の入り口には可愛いハワイアンのタイルのお部屋番号があります。可愛い手書きのハワイアンタイルはハナペペタウンの「バナナパッチ・ストゥーディオ」というお店で買えますよ;)

images-3

部屋から水着のままでビーチに直行できちゃいますしラナイにもテーブルや椅子がありますから、のんびりコーヒーを頂いたり綺麗な芝生を見ながら朝食も頂けちゃうのよ。最高でしょ☆

コンドミニアムにはフルキッチンもあります。調理器具も食器もみんな揃っていますから料理も作れます。

500_35559057

 

コンドミニアム内には屋外プール、ウォータースライダー、ジャグジー、テニスコート、バーベキュー施設、フィットネスセンター、コインランドリーなどもあります。広いお庭でBBQ楽しいわよ♪

 

BBQグリルは、いつでも自由に使えます。お庭のテーブルで食べるもよし、お部屋で食べるもよしです。

 

お部屋にはドライヤー、アイロン&アイロン台、室内金庫もあります。嬉しい無料Wi-Fiもありますから、もう完璧じゃないですか『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』;)

でも、まだまだタミーが、こちらのコンドミニアムをおすすめする訳があるんですよね。ではタミーのおすすめポイントを5つ紹介しちゃいましょう(^^)

 

タミーのコンドミニアムおすすめ理由1/『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』はロケーションが最高!

最初にお話しましたがカウアイ島は島の場所に寄って天気が大いに異なります。ノースショアやワイルアに滞在して朝、窓を開けたら雨〜なんてガッカリすることはポイプにはめったに無いんです。

ポイプがカウアイ島の中で人気がある一番の理由は「ポイプにはいつも太陽が待っていてくれるから^^  」 朝晩シャワーの様な雨があってもそれが植物達を綺麗に生き生きさせてくれるのです。

ポイプはアクセスがカウアイ島のリフエ空港から南へ約21キロ。車で約30分という近さもいいですよね。

ポイプは、どこのビーチに行かれても綺麗です。そのポイプビーチ前に『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』は建てられています。 ポイプビーチは全米No,1ビーチに選べれた事もある美しいビーチで湾になっているメインビーチには毎日の様にこんなお客様もやって来ます^^

21640380083_8da1e5b036_z

保護動物の「ハワイアン・モンクシール」です。コンドミニアムからはビーチ沿いには歩いてもこのビーチには10分ほどで行かれますし車なら5分かからず行けます。コンドミニアム前のビーチが美しいのは最初の3枚の写真で十分おわかり頂けましたものね。

これで『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』のロケーションが最高でタミーが、おすすめしちゃうコンドミニアムって事はお分かり頂けましたか? まだ、あるんですよタミーが、おすすめしちゃう理由^^

 

タミーのコンドミニアムおすすめ理由2/『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』byアウトリガーは料金がお手頃!

お金を払えばいくらでもゴージャスなところに泊まれますよね。カウアイ島ポイプビーチにはゴージャスな5☆4☆のホテルがいくつもあります。「グランド・ハイアット・カウアイリゾート&スパ」「シェラトン・カウアイ・リゾート」「カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブ」「コア・ケア・ホテル&リゾート」など。

『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』は「コア・ケア・ホテル」」と「シェラトン・カウアイ・リゾート」の間にあるんです。

一流ホテルの間にあるという事でロケーションはポイプの最高の場所にあるのはわかりますよね。だったら少しでもお手頃の料金の方がよくないですか? ゴージャスなホテルにお泊まりになりたい方は勿論ゴージャスなホテルにお泊まり下さい。ゴージャスなホテルは、それなりの素晴らしいサービスが受けられます。

でもね日本人でカウアイ島にいらっしゃる方はアメリカ人とは違って1週間以上滞在する方って少ないと思うんです。2〜3泊の方が多いんじゃないかしら?そうすると観光もしたいしビーチも行きたしって事になってハネームーンでもなければ、ずっとホテルの部屋にいる事もそうないですよね(笑)

そこそこいい感じのコンドミニアムで、お値段手頃だったら、その浮いたお金でアクティビティを楽しんだり、お土産を買ったり、ゴージャスな食事してみたりするのも良くないですか? では、おいくらくらいで『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』に宿泊できるか見てみましょう♪

こちらから日本語で『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』by「アウトリガー」の料金が確認出来ます。↓

http://jp.outriggerkiahunaplantation.com

お得な40%OFFの料金なんていうセール価格の時もあるんですよ!

 

他のサイトでもお手頃な価格で宿泊出来ますのでチェックしてみて下さいね。

「トリップアドバイザー」のサイトはこちら↓をご覧下さい。

http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g60625-d209323-Reviews-Kiahuna_Plantation_Resort-Poipu_Kauai_Hawaii.html

 

マイダーリンはウィンダムのタイムシェアーを持っているのですが『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムにはウィンダムのポイントで宿泊できます。タミーの家族や友達もよく利用するコンドミニアムです。

どうでしたか?お値段手頃価格でしょ。こんな素敵なコンドミニアムにお手頃価格で泊まれちゃうなんて最高でしょ。まだ、まだありますよ〜タミーのおすすめ理由;)

 

タミーのコンドミニアムおすすめ理由3/『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』の近くには買い物や食事に歩いて行けちゃう便利な場所が沢山!

「タミーさん、ビーチが目の間でもここはホテルじゃなくてコンドミニアムでしょ。キッチンあるのに買い物をする場所って近くにありますか?それに朝ご飯くらいはコンドミニアムで食べてもいいけどランチやディナーは外で美味しいもの食べたいし、でも夜の運転は怖いんですよね(–;  お酒飲んだら運転出来ないしコンドミニアムの中や近くにはレストランとかありますか?」

ありますよタミーにお任せ下さい。まず『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』内には「プランテーション・ガーデン・レストラン&バー」があります。Unknown

テラス席から眺める庭園は、とっても美しいですよ。南国の花々に囲まれての食事は更に美味しく感じちゃいますよ。

食事はパシフィックリム料理。ハワイ産の素材を使ったお料理で特に”シーフードラウラウ”は、その日捕れた新鮮な魚介類とハワイの野菜をティ・リーフに包んだお料理でタミーのおすすめです。

 

お肉がお好きな方はセントルイス・スタイルBBQビーフリブは、いかがかしら?

 

ステーキはハワイアンソルトで味付けされていてお肉の美味しさがよくわかりますよ。

カクテルやデザートも美味しいです。こちらのレストランは無休ですが17:30〜21:00pmのディナーのみの営業です。敷地内なら歩いて行かれますからお酒のんでも安心ですよね。

 

でも3日滞在して同じレストランへ行くのもねって思いますよね。覚えてますか?こちらはゴージャスな「カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブ」と「シェラトン・カウアイ・リゾート」の間にあるんです。ビーチ沿いに歩いてでも道路からでも2つのホテルに行かれちゃいます。

勿論、宿泊者で無くても「カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブ」と「シェラトン・カウアイ・リゾート」のどちらのレストランでも食事が出来ます。どちらのレストランもサンセットが綺麗に見えるのでディナーおすすめです。

 

「カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブ」には名前も可愛いい「ホヌ・バー」(ホヌはハワイ語で海がめのことね。)がビーチの目の前にあるのでオーシャンフロントで気軽に食事が楽しめます。

こんなカラフルな”カルアナチョ”食べながらサンセットを見てトロピカルドリンクやビールを頂いちゃうのもいいんじゃない♪

o

ここのお料理は蒸し料理じゃないのにセイロに入って出てくるのが面白いのよ。こちらは軽い食事で昼間もできます。

 

「シェラトン・カウアイ・リゾート」は以前の記事でも紹介しましたゴージャスなレストラン「ラム・ファイヤー」でのサンセットを見ながらのディナーがおすすめ。

21657503489_b277ef5d09_z

 

「ラム・ファイヤー」の詳しい記事は↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島の思い出の食事は絶対にオーシャンビューのレストランが、おすすめ!

「ラム・ファイヤー」はディナーのみの営業です。

 

ランチはプールサイドの「ラバズ」でどうぞ。こちらはオープンエアーのレストランなので海風を感じながら食事やドリンクを頂けます。

 

『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』の向かい側、道路を隔てて目の間に「ポイプ・ショッピング・ヴィレッジ」というショッピングモールがあります。

Unknown-1

ここには車に乗らずコンドミニアムから歩いて行けちゃいます。雑貨屋さんにブティックもありますが、ここには「ホエラーズ・ジェネラル・ストア」というABCストアみたいなコンビニエンスストアがあって、お酒、ドリンク類、フルーツ、スナック、ギフトなど取り揃えていてコンドミニアム滞在者にはとっても便利なお店。小さいパックのお醤油や塩胡椒などもありますよ;)

スターバックス、イタリアンジェラートのお店、カウアイ島名物のプカドックにメキシカン、タイ料理に朝ごはんが美味しいアヌエヌエカフェとカジュアルなお店が沢山あります。ハワイアンな雰囲気がいっぱいのお魚料理が美味しい「ケオキパラダイス」レストランもあります。ここタミーがダーリンと初めてカウアイ島でディナーデートしたレストランなの♡ 毎週月曜日と木曜日の17:00pm〜”センターステージ”で無料のフラショーも開催されています♪

詳しくは↓「ポイプ・ショッピング・ヴィレッジ」のホームページをご覧下さい。

http://poipushoppingvillage.com/

 

もう1つ近くでおすすめのレストランはコンドミニアムから道路を渡って、この「ポイプ・ショッピング・ビレッジ」を越して10分くらい歩いた左側に「キアフナ・ゴルフ・クラブ」というゴルフコースが見えてきます。その中にオープンエアのメキシカンレストラン「パコス・タコス」があります。

images-7

気持ちいいゴルフコースのグリーンを見ながらの食事が人気なんですよ。『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムからは丁度いいくらいのお散歩の距離だと思いますのでおすすめです。

(注)日本人の方は、すごく若く見られますからお酒を買われる時も飲まれる時もID提示を求められる事がありますからパスポートお持ち下さいね。

 

お酒を飲まない方が運転されるのであれば5分もドライブしない距離に沢山レストランあります。

おすすめのレストランは「ブレネッキーズ」に「ビーチハウス」。「リトルフィッシュコーヒー」カフェ。野菜やパン、サラダなど食品のお買い物ができる「リビングフーズ」リビングフーズは食事も出来ます。他にショップ、レストランもカフェも沢山ある「ククイウラ・ショッピング・ヴィレッジ」の詳しい事は↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島ククイウラ・ビレッジ全ショップ紹介!

もう、おすすめは十分ですか?いえいえ、まだありますよ!おすすめが(笑)

 

タミーのおすすめ理由4/『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』の近くにはオススメ観光スポットもあります!

こちらからは車で10分から15分という近くの距離に観光出来るおすすめ場所が3つあります。

☆タミーのおすすめ観光スポット1/ 「オールド・コロア・タウン」

ポイプのノスタルジックな雰囲気の小さな町です。コロアは1835年にハワイで初めてサトウキビの事業が始められた場所なんですよ。

町の入り口には今でも19世紀に作られた製糖工場の煙突跡が立っていて、その近くにはプランテーションで働いた7人種のブロンズ像が建てられています。7人種はハワイアン、中国人、日本人、ポルトガル人、プエルト・リコ人、韓国人、フィリピン人。

22163296240_601e22216f_z

みんなハワイアンドリームを夢見て製糖工場で一生懸命働いたのでしょうね。これ人種の感じがよく出ていて是非、見て欲しいのですが外から見るとこんなただ白い壁なので気がつかれない方が多いんですよ(^^;

images-1

この「コロア・タウン」の中には”コート・ヤード”という広場があります。その中には昔の床屋さんにガソリンスタンドや日本の古い物もいくつか展示されていて小さな博物館みたいですから是非、訪れて欲しい場所です。

「コロア・タウン」で一際目立つのは”ハワード・ヤマモト”さんという日系人の方が1925年に植えたモンキーポッドの木。石橋の所に立っていていい木陰を作ってくれています。

ここには45店舗のショップやレストラン、カフェがあるので車を止めてぶらぶらと歩いて頂きたいわ。

「コロア・タウン」は↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島オールド・コロア・タウン全45店舗を紹介!

 

☆タミーのおすすめ観光スポット2/ 「スパウティング・ホーン(潮吹き穴)」

ポイプのラワイ・ロードの西川にある潮吹き穴です。『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』から車なら5分で行かれます。

Unknown

この辺はカウアイ島で一番最後に火山が噴火した所らしく冷えて固まった溶岩の穴に波が流れ込み爆音とともに潮を吹き上げるので見ていてもオーっ!と声が上がるほど豪快なんです。

私は、すごーい!って思うのですが1932年頃までは、もっと潮が高く上がったそうで、でも音が煩いと近住民から苦情があり作物も潮で被害を受けた事からダイナマイトで岩を爆破して低く上がるようにしたそうです。天候が悪く波が高い時の方が潮も高く上がりますので気をつけて下さいね。

ここには貝細工のアクセサリーやハワイの植物の葉で編んで作られたバッグなどの民芸品を売っている露店が並んでいます。カウアイ島の中でここが唯一値切る事が出来るみたいなので交渉の買い物を楽しんで下さい。私も欲しいラウハラのバッグをどこよりも安く買えましたから;)

 

☆タミーのおすすめ観光スポット3/ 2つの「ナショナル・トロピカル・ボタニカルガーデン」

カウアイ島には3つの「ナショナル・トロピカル・ボタニカルガーデン」があります。その内の2つ「アラートン・ガーデン」と「マクブライド・ガーデン」が『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムから潮吹き穴に向かう途中の右側にありまう。約40ヘクタールの大規模な熱帯植物園です。ここでは熱帯の美しい花々や木々が見られるだけでなく「アラートン・ガーデン」では植物だけだけで無く噴水やブロンズ像などの造園芸術も素晴らしいです☆

カメハメハ4世の妃であるエムマ女王が愛した深い紫色をしたブーゲンビリアの滝も素晴らしいです。タミーのお気に入りは樹齢70年ほどのいちじくの木。

location-photo1-89.png

映画ジュラシックパークで、この木の下で恐竜の卵を発見するシーンが撮影されました。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

ジュラッシックパーク撮影場所を見にハワイカウアイ島に行こう!

このいちじくの木を見られるツアーの事も詳しく書いてあります植物園記事はこちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島”豊かな自然とアート”の植物園『アラートン・ガーデン』ツアー

隣接するもう1つの植物園の記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島『マクブライド・ガーデン』はハワイの原生植物園

 

この3カ所がコンドミニアムから近くのポイプのタミーのおすすめ観光スポットです。タミーのおすすめで、もうお腹いっぱいになっちゃいましたか(^^)あはは。では最後のタミーからのおすすめをご紹介しましょう♪

 

タミーのおすすめ理由5/『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』の近くにはアクティビティだっていっぱい!

「タミーさん、ポイプは海だけじゃなくて他にもコンドミニアムの近くで出来るアクティビティは、ありますか?」ありますよ〜(^^)

まずはゴルフね。「ポイプベイ・ゴルフコース」こちらはPGAトーナメント、グランドスラムの開催地としても有名で、どのコースからも海が見渡せるカウアイ初のシーサードコースなんです。

こちらは崖を飛び越えてグリーンを狙う16番グリーン。最高級のバミューダ芝が敷き詰められてハワイでは珍しい白沙のバンカーです。

21728737314_67381cd1ee_z

プロショップには可愛いロゴマーク商品がたくさんありますがタミーのオススメのお土産は、このネイムダグ。裏側に10分ほどで名前を入れてもらえてもらえます。($10ほど)タミーもゴルフバッグに付けてます。

22338495892_184d67cdc7_z

こちらには”タイガー・ウッズ”などのトーナメント優勝者が使用していたロッカーがあってゴールドに輝く名前入りのプレートが付けられていて私たちも使用できちゃいます。

「ポイプベイ・ゴルフコース」のホームページは、こちらをご覧下さい。

https://www.poipubaygolf.com/

 

もう1つのポイプのゴルフコースは「キアフナ・ゴルフクラブ」こちらはポイプの山側にあるカジュアルに楽しめるゴルフコース。こちらの方が料金はお得で$60 〜$96のお手頃価格でプレイが出来ます。タミーがおすすめしたゴルフ場を見ながら食事ができるメキシカンレストランがあるゴルフコースです。

『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムからは歩いても行けちゃう近さです。車では5分もかかりません。こちらのロゴ商品もおすすめです。男性用と女性用にオススメの2つのロゴ商品があります。

詳しくは↓こちらの記事をご覧下さい。

ゴルフ初心者にオススメのカウアイ島ゴルフコース♪

「キアフナ・ゴルフクラブ」のホームページはこちらをご覧下さい。

http://kiahunagolf.com/

 

「タミーさん、ゴルフだけですか?ポイプで楽しめるアクティビティ?」

ありますよ他にも。乗馬体験なんていかがですか?『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムの近くで初心者でも楽しめる場所があります。「CJMカントリー、ステイブル」

詳しくは↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

 

そうそうゴルフや乗馬だけじゃなくてサーフィンにチャレンジしてみるのは、どうですか?

『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムの隣「シャラトン・カウアイ・リゾート」前のビーチで初心者でもレッスンが受けられる「アロハ・サーフレッスンズ」があります。

コンドミニアムからはビーチ沿いに歩いていけますし5分ほどです。美しいポイプビーチでサーフィンデビューしちゃいましょう。

詳しい事は↓こちらの記事をご覧下さい。

サーフィン初心者が楽しめるカウアイ島のサーフポイント!

 

もう1つ面白いアクティビティが『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアム近くのポイプにあるんです。それは「ジップライン」。みなさんは知ってますか?

ジップライン(ZIP-LINE)とは、木々の間に張られたワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りるアクティビティです。Flying foxともいいます。「スカイライン、エコ、アドベンチャーズ」でジップラインが楽しめます。

8つのジップラインコースがあって2時間半〜3時間のツアーで8つのラインが楽しめるコースが$139.95(10歳以上)5つのラインが楽しめるのは$89.95(8歳以上)17歳以下のお子様は半額になります。

こちらの「スカイライ」ンのホームページから予約すると10%割引になります。↓

http://www.zipline.com/kauai

ジップラインの様子の映像も見られます。ジップライン気持ちいいですから是非チャレンジしてみてね。

英語での予約が不安な方は、こちらのオプショナルツアー「ハワイVIP」さんからも$136の8ラインコースは申し込みが出来ます。↓

https://www.hawaiiviptour.com/kauai/a/870/zipline-kauai-poipu

ジップラインツアーに参加する場合は運動に適した服装にスニーカーを履いて下さい。(サンダルは禁止)タオル、日焼け止め、水、スナックなどお持ち下さい。

 

いかがでしたか?タミーの『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』コンドミニアムのおすすめ5つ! カウアイ島ポイプの『キアフナ・プランテーション・リゾート・カウアイ』のコンドミニアムに宿泊したら、こ〜んなにいっぱい楽しめちゃうのが十分おわかり頂けましたよね(^^) では、カウアイ島を楽しんじゃって下さ〜い♪

Much Aloha♡Tammy

ジュラッシックパーク撮影場所を見にハワイカウアイ島に行こう!

Aloha(^^)/ ジュラシックパークっていう映画は、ご存ですか?

スピルバーグ監督の蘇らせた恐竜達のテーマパークでのパニックを描いた映画です。

私も初めて見た時の恐竜の迫力には驚きました。

最新のジュラシックワールドも島民1500人がエキストラとして参加したんですよ。

どんな場所で撮影されたか知りたくないですか?

 

ジュラシックパークで撮影された場所をタミーが紹介しちゃいましょう!

Unknown

ジュラシックパークの映画を見た時、最初に恐竜がガーって迫り出るシーンであまりの怖さに体が引けて映画館の椅子からずり落ちてしまったタミーです(笑) そんな迫力ある恐竜達がいるテーマパークの場所の設定は南米コスタリカの島でしたが実はハワイのオアフ島とカウアイ島での撮影がほとんどだったんですよ。

特にハワイ、カウアイ島は手付かずの大自然が沢山残されていて別名「ガーデンアイランド」と呼ばれる素晴らしく美しい島ですからジュラシックパークの映画の撮影には最高の場所だったのでしょうね。 映画に出てくる切り立ったいかにも恐竜が住んでいそうな山はハワイ、カウアイ島の山です。

なかでも有名なシーンはジュラシックパークへ向かうジョン・ハモンドとサトラー博士達を乗せたヘリコプターが大きな滝の滝つぼの横に着陸するシーンです。 滝が迫力ありましたよね。ハワイ、カウアイ島は山には雨が多いので滝の水量も多く迫力ある滝になるんです。

 

ジュラシックパークの滝は「マナワイオプナ滝」

こちらが、その滝です。すごい水量で迫力ある滝でしょ。

gns_CLM201507150006_07_l

この滝はハワイ、カウアイ島のハナペペ・バリーにあります。 ハワイ・カウアイ島の人達はジュラシックパークホールズと呼んでいて、この滝には映画の様にへリコプターで無いと行かれません。

 

ジュラシックパークの撮影場所をまじかで見たいならヘリコプターツアーがオススメ!

ヘリコプターでなければこの滝は見にいかれないと聞いたらヘリコプターに乗って見に行きたくなっちゃいますよね(笑)タミーが乗ったのはサファリ・ヘリコプター。

21954258559_efab304646_z

ハワイ・カウアイ島では、いくつかヘリコプターの会社がありますがサファリ・ヘリコプターさんは最も信頼がおける会社だと言われています。

21954350689_241c5a11f7_z

ハワイ、カウアイ島のリフエ空港から一番近いヘリコプター会社です。 リフエ空港を出て曲がらずまっすぐ進むと2分ほどで左側にSafariの看板が見えますからすぐわかります。 ジュラシックパークの映画に出て来た切り立った山に細い何本かの滝に水が流れる様子もヘリコプターだとこんな近くに見えます。

22151421791_7d1b5d5f6e_z

ナ・パリ・コーストの美しい海岸線もこんなに素晴らしく見えます。

21953364578_be2f661ce9_m

どうですか?この綺麗な青い海! サファリ・ヘリコプターさんは通常は英語での申し込みになりますので日本語でのヘリコプターツアーへのお申し込みはスプラッシュ・オブ・カウアイさんにお任せ下さい。 スプラッシュ・オブ・カウアイさんから申し込むと景色がよく見えるフロント・シートが予約できますよ。

22151430821_fe5709c1b6_z

詳しい内容↓持ち物、服装、注意事項、ご予約は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/heli/

*ヘリコプター内での説明は英語になりますので、ご了承下さい。

ジュラシックパークの山や滝はこのヘリコプターツアーで見られるのは、わかりましたけど映画の様にマナワイオプナ滝の滝つぼの横へヘリコプターで降りるなんてことはできないんですよね? 残念な事にジュラシックパークの撮影用にマナワイオプナ滝の滝つぼの横に作られたヘリポートは撮影の2日後にハワイ・カウアイ島を襲ったハリケーン・イニキによって破戒されちゃったんです>_<

ヘリポートを作るには莫大な費用がかかったでしょうから残念ですよね。 もし今でもヘリポートが同じ場所に残っていたら映画のあのシーンと同じ様に滝壺の横に降りて写真撮影ができちゃうなんてヘリコプターツアーもあったかもしれませんね。

実は、あるんですよ!滝のすぐ横にヘリコプターで降りられるツアーが!

 

ジュラシックパークの映画と同じ体験が出来ちゃうヘリコプーターツアーはこれ!

それはアイランド・ヘリコプターさんのその名も「ジュラシック・フォールズ・ツアー」

Unknown-1

こんな風に滝つぼ横に降りて写真撮影できちゃいます。

images

滝つぼには25 分滞在出来て滝のすぐ近くまで歩いて行けます。 約80分のツアーで1人$269+$55のエアポートのチャージ料金がかかります。 35分のフォトCDが付くので写真を撮る事に夢中にならなくても自分の目に素晴らしい景色を焼き付けられますよね。

詳しい内容とお申し込みは↓こらをご覧下さい。(英語のみ)

https://www.islandhelicopters.com

こちらからはツアーの様子のビデオも見れますからPLAY MOVIEをクリックしてみて下さいね。

*こちらのヘリコプター・ツアーも英語のみの案内になります。

ハワイ・カウアイ島には他にもジュラシックパークの映画の撮影場所は、もっとありますか?

ありますよ;)

 

ジュラシックパークに入る入り口のゲートは「ジュラシックパーク・ゲート」

場所はハワイ、カウアイ島の中央に位置するワイアレアレ山にあります。 現在は、こんな感じでゲートの支柱が残っているのみです。

location-photo1-87.png

この道の道路状況は酷く危険なので普通の車では行かれません。 ペリコプターツアーではワイアレアレ山を上空から見る事が出来ます。 「タミーさん、別のジュラシックパークの映画で有名なハワイ・カウアイ島での撮影場所は、ありますか?」

ありますよ;)タミー教えちゃいましょう♪

 

恐竜の卵を見つけたのはナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデン”アラートン・ガーデン”の「いちじくの木」

恐竜の足みたいに見えるこのいちじくの木はMoreton Bay figといういちじくで樹齢約70年。

location-photo1-89.png

覚えていますか? この木の下でグラント博士が恐竜の卵を発見したんですよね。ジュラッシュックパークの撮影で使われた木は手前から2番目のいちじくの木で、こんな恐竜の卵の模型が置かれています;)

このジュラシックパークのいちじくの木はナショナル、トロピカル・ボタニカル・ガーデンの「アラートン・ガーデン」のガイド・ツアーのみで行く事が出来ます。 ガイドは英語のみですが日本語ガイドブックをビジター・センターで受付する時にもらって下さいね。

*日本語のツアーをご希望の方はSplash of Kauaiにお問い合わせ下さい。タミーのブログを見たと書いて頂けるとスムーズです。

https://www.splashofkauai.com/j/

2時間半のツアーで9時〜15時まで出発は毎1時間ごとに出発します。

大人$50、子供6〜12歳$25、5歳以下は無料。

ツアーは予約が入っていないとキャンセルされる事もあるみたいなので事前の予約をオススメします。(2時間ほど前までに) こちらのナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデンのホームページから予約出来ます↓

https://ntbg.org/gardens/allerton

こちらのナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデンへはリフエ空港から約24キロ。車で約25分で行かれます。

「タミーさん、他にジュラシックパークの映画撮影での貴重な話は、ありますか?」

ありますよ;)タミーお話しちゃいましょう!

 

ジュラシックパークのナウリィウリィ港を嵐が襲うシーンは本物の嵐だったんですよ!

映画の中の嵐のシーンは本当の嵐だったって、みなさんは知っていましたか?

1992年9月11日にカウアイ島を大型ハリケーン「イニキ」が襲いました。 ハリケーンが島を直撃するのは20〜30年に1度と言われているのにスピルバーグと撮影隊が撮影でカウアイ島に滞在中に襲うなんて運命的な偶然ですよね。 ジュラシックパークの嵐のシーンは、このナウィリウィリ港で撮影されたものです。 普段は、こんなに静かで美しい場所なんです。

location-photo1-88.png

リフエ空港からは約2〜3キロ。車で約10分くらいの近い場所にあります。 近くにはアンカー・コウブ・ショッピング・センターやハーバー・モールがあって港にクルーズ船が到着すると沢山の観光客で賑わいます。 モールの横にはカウアイ・マリオット・リゾート&ビーチ・クラブがカラパキビーチ前にあります。

スピルバーグさんと撮影隊の方はハリケーンを逃れようと空港へ向かったのですが時すでに遅くマリオット・ホテルでハリケーンを迎え、あの様な嵐の撮影が出来たそうです。

こんな話を聞くともう1度ジュラシックパークの映画を見たくなった方もいらっしゃるんじゃないかしら;)

 

ジュラシックパークの映画の撮影場所を巡るJALパックツアーがあるんです!

ジュラシックパークの撮影場所を回るハワイ、オアフ島&カウアイ島の3日間のツアーがJALパックさんにあります。 こちらのツアーはハワイ・カウアイ島ではジュラシックパークの映画の他にジョージ・クルーニーの「ファミリー・ツリー」。ジョニー・デップの「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの撮影地を巡り。

ハワイ・オアフ島でも「ジュラシック・パーク」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の撮影地を巡り+「ホノカア・ボーイ」の撮影地も訪れます。 盛りだくさんな内容で楽しそうですよね♪ JALパックツアーなら日本から安心して相談、申し込みできますしね;)

ツアーの詳しい内容は↓こちらをご覧下さい。

http://jal.jaythree.com/tabi/modelplan/movie/hwi/hawaii/

 

カウアイ島の映画館ではジュラシックパークの映画の前にスペシャルショート・フィルムが見られます☆

ジュラシックパークの映画ファンの方は、もうハワイ・カウアイ島に来たくて仕方ないんじゃないですか(笑) 新しい「ジュラシックワールド・炎の王国」はご覧になりましたか?この映画もハワイ・カウアイ島で撮影されました。タミーは、まだ見ていませんが前回の「ジュラシックワールド」の映画の時はカウアイ島の映画館で上映前にハワイ・カウアイ島の島民が作ったショート・フィルムが上映されました。

恐竜が島民を襲い逃げ惑うというなんともコミカルで笑いが起きる映像で最後には「サンキュー・スピルバーグ」というサインを持った島民たちが次々に映し出されるといったものでした。

ハワイ・カウアイ島の人達が、どんなにジュラシックパークの映画を愛しスピルバーグ氏を尊敬し応援して来たかがわかりました(^^) 最新作の「ジュラシックワールド・炎の王国」も美しい自然がいっぱいのハワイ・カウアイ島で撮影されたので、きっと素晴らしい映画でしょうね☆

ジュラシックワールドの映画を見てる間もタミーは毎日見ている景色ですから、あんなにもリアルな映画を見たのは人生で初めてでした(笑)映画が終わって外に出たら、もう真っ暗で家路に向かう道から見える山や海は映画の中と同じでしょ「ガォーーーー」って恐竜が出てきそうで心臓ドキドキしながら帰ったタミーでした(笑)

映画を見てカウアイ島に興味を持たれた方は是非、遊びにいらして下さいね♪

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Aloha(^^)/

あなたはノースショアと聞いたらワイキキのあるオアフ島にしか無いと思ってませんか?

ノースショアはカウアイ島にもあります。

南太平洋のグランドキャニオンと呼ばれるカウアイ島のワイメア渓谷ですがオアフ島にもワイメア渓谷があるんです。

ハワイには同じ名前の場所が、いくつかあるので間違えちゃうんですよね : (

 

ハワイには、いくつか同じ地名の場所が違う島にもあるので間違え無い様にね;)

オアフ島ではノースショアにあるワイメア渓谷の乗馬のツアーが人気です。 カウアイ島にいらした方の中には地名が同じなのでカウアイ島のワイメア渓谷でも乗馬ができると勘違いしてしまってる方がいます。

タミーは乗馬が好きです^^ 日本では中々する機会も無い乗馬ですよね。 機会があったとしても馬場の中の乗馬で少し面白みに欠けますよね。同じ場所をぐるぐる回るだけって。

せっかくハワイに来たのですから「大自然の中を馬に乗ってみたいわ〜」なんて思いませんか? タミーはオアフ島に旅行した時にクアロアランチという場所で山から海に抜ける乗馬を初めて経験した時にすごく感動しました。

21437496094_93c7cb1e32_z

「ハワイで乗馬楽しそうですね。でもカウアイ島のワイメア渓谷では乗馬は出来ないんですよね?」

ご心配なく!ワイメア渓谷では出来なくても他の場所でダイナミックな乗馬をカウアイ島でも楽しめますよ(^_-)

 

カウアイ島でオススメの乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Unknown

タミーが初心者でも、参加したその日から乗馬を楽しめちゃうツアーを紹介しちゃいますよ。

映画の主人公みたいに眺めのいい馬の背中からカウアイ島の美しい大自然を満喫出来ちゃうんです^^カウアイ島にいらしたら、そんな夢みたいな体験してみたくないですか?

誰でもハワイアンカウボーイ&カウガールに慣れちゃいます。

 

1つ目のオススメ乗馬ツアーはノースショアの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』!

カウアイ島にもノースショアという場所があります。勿論、北に(笑)

ノースショアにもいくつか乗馬が出来る場所がありますが一番有名なのはプリンスヴィルにある『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』ランチとは英語で牧場の意味です。タミーもダーリンと友達のケイちゃんと3人で乗馬しました♪

『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』では言葉では表せないようなハナレイ渓谷の絶景を車では行く事の出来ない丘の上から見る事ができる乗馬ツアーが楽しめます♪

こんな美しいインストラクターさんが教えてくださいます♡

タミーの一押しは「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」(3.5時間・$135)タミーが体験したので全〜部紹介しちゃいましょう! まずは乗馬を楽しみます♪ 馬に乗っている往復の時間は約1時間。その間は緑溢れる森の中をピクニックします。

ピクニックというと楽そうですが(^^; 結構な坂道を頑張って歩いて行くと滝が見えて来ます^^

合成写真じゃないですよ〜タミーと友達のケイちゃん水着になり岩を登り滝の裏側にいっちゃいました!!!

タミー滝にも打たれました!気持ち良かったです^^

 

ツアーはサンドイッチ、ポテトチップス&クッキー、水付です。

この「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」の一番の見所は滝☆ 滝つぼで泳いじゃえますよ;)滝壺の映像は、こちらをご覧ください↓ 流れる水が綺麗で滝の水量が多くて豪快なの@_@

帰り道は行きより短い距離なのですが、なんと滝を渡ります@_@

滝を渡る時はインストラクターさんが手伝い安全ベルトを付けて降りるので安心でした。

滝を渡ってホッとしたのもつかの間、今度は崖を登ります>_<

そこから少し歩いて待っていてくれたお馬さんに乗って、また乗馬を楽しみます♪

 

真ん中のダークチョコレートカラーのお馬さんがタミーを乗せてくれた”クルーザー”です。クルーザーみたいに快適な乗り心地だったわ♡ ダーリンは、この日が初乗馬だったのにすごく楽しそうでした^^ ケイちゃんは2回目。タミーは3回目の乗馬でした♪

素晴らしい体験が出来た『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』の「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」でした^^

最後にこんな素敵な写真もインストラクターさんが撮って下さいます。こちらの乗馬ツアーの時間は電話かメールでお尋ね下さい。電話の場合はハワイ時間8時〜17時半まで808-826-7669へ。

こちらはピクニックも含まれるコースなので、もう少し気軽に乗馬だけ楽しみたいわという方には。「パニオロ・ライド」(2時間・$99)もあります。月曜日〜土曜日 10

時〜 こちらも美しい景色は満喫できますから十分楽しめますよ♪ (注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。

pra_waterfall_picnic_ride-4

ホームページからはビデオで乗馬の様子も見られます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親が日本語でお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容↓ご予約は、こちらのホームページのHORSE BACKをご覧下さい。

http://www.princevilleranch.com

ノースショア、プリンスヴィルへはリフエ空港から約48km。リフエ空港から車で約1時間で行かれます。カパアの東地域やノースショアに宿泊の方には、こちらの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』が近いですね。

 

カウアイ島で2つ目のオススメ乗馬ツアーはポイプの『CJMカントリー・ステイブル』!

ステイブルとは英語で馬小屋っていう意味です。こちらCJMカントリー、ステイブルはポイプのグランド、ハイアット、カウアイリゾート&スパの奥になる場所にあるのでカウアイの雄大な南海岸を乗馬出来ます。こちらの乗馬ツアーでは無人ビーチやカウアイ島の遺跡の跡に連れて行ってもらえちゃいます。

一押しの約3時間の乗馬ツアーは「シークレット・ビーチ・ピクニック・ライド」

beach_ride

水、金曜日の13時〜。$140(水、サンドイッチ、チップス、フルーツのピクニックランチ付)2時間、乗馬。1時間はピクニック。

気軽に楽しめる約2時間の乗馬ツアー「マハレアプ・ビーチライド」は平日の9時半〜と14時〜の1日2回。$110。こちらはランチは付ませんが水は付きます。

valley_ride

どちらも絵の様に美しい青い海岸線と壮大な山の景色を楽しめますし自生植物や野生動物なども見る事が出来ます。

CJMカントリー、ステイブルは日曜日は定休日。(注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親がお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容とご予約は↓こちらのホームページをご覧下さい。

http://www.cjmstables.com

南海岸のポイプへは、リフエ空港から約21km。車で約30分で行かれます。リフエ、ポイプの南地域と西の地域に宿泊の方は、こちらの『CJMカントリー・ステイブル』が近いですね。

初心者でも気軽に楽しめるカウアイ島の乗馬ツアーですが準備と注意は必要です。「乗馬するの初めてなんですが、どんな服装で行ったらいいですか?」

 

乗馬にはスニーカーとジーンズを履いて行きましょう!

暖かいカウアイ島ではビーチサンダルとショーツ(短パン)が快適な服装です。ただし乗馬をする時には絶対にビーチサンダルは履かないで下さいね。それとジーンズなどの長いパンツを履いて下さい。

天候によっては涼しい時もありますし突然の雨なんて事もあるかも知れませんのでフード付のウインドブレイカーなどをお持ちになるといいですね。

短い乗馬ツアーでも1時間半くらいは馬に乗りますので半袖などですと意外に日焼けしちゃいますから事前に日焼け止めは塗って下さいね。

帽子もあるといいと思います。ただし顎紐などがあり風が吹いても飛ばないようなのがいいですね。

ツアーによっては馬から降りてビーチに行くこともあるのでビーチに入りたい方は水着を下に着て行かれる事をオススメします。その時はカウアイ島の日差しは強いので日焼け止めとタオルは、お持ちになるといいと思います。

ハイキングや滝に行かれる場合は蚊もいますので虫よけのスプレーなども忘れずに!乗馬をするのですから、それらの荷物は両手が使えるバックパックなどに入れて下さいね。

「タミーさん、他に乗馬ツアーに参加するのに注意する事ってありますか?」

乗馬ツアーの30分前くらいには準備や説明もありますのでツアー場所には到着していた方が焦らずいいですよ。 でも一番大切な事は。

 

馬が驚く様な大きな声を出さないで下さい!

初めての乗馬はドキドキしますよね。でも馬だって知らないあなたを初めて背中に乗せるんです。お互い緊張しているはず。なのにちょっとした事でキャーなんて悲鳴をあげたりすると馬が驚きますので絶対に止めて下さい。

カウアイ島の絶景を見ておー!っと声を出したくなりますが、その時も馬の上では、あまり興奮して騒がない様にしましょうね(笑)

 

カウアイ島で乗馬ツアーに参加する服装と注意事項は大丈夫ですか?

カウアイ島の乗馬ツアーには今のところ日本語を話せるスタッフはいません。馬は機械では無いので人間が100%コントロール出来ません。途中で草を食べだして動かなくなっちゃったりとかもあります。そんな時にどうしたらいいのかインスチラクターさんが指示を出して下さいますが英語になりますので英会話は必要になります。指示が理解出来なくて間違えたりすると馬は動物ですから危険な場合もあますので英語が理解出来る方が参加条件になります事をご理解下さい。

どちらのステイブルの馬達もちゃんと調教されているので大人しく子供でも安心して乗れるそうですが馬の扱い方は英語がわから無いお子様にはご両親が教えてあげて下さいね。

あなたは馬の目を近くで見た事がありますか?めちゃくちゃ可愛いんですよ♡ 乗馬ツアーが終わる頃には馬とも心が通じてあなたも乗馬の魅力にとりつかれる事でしょう。

そうしたら、またカウアイ島にいらっしゃる時は違う乗馬ツアーに参加して下さいね。 だって、こんな贅沢な時間は絶対に日本では味わえませんから(^^)

Much Aloha♡ Tammy

リフエ空港のレストランでは無くオススメの味は、ここ!

Aloha(^^)/

海外旅行をする時は空港には2時間くらい前には行かれますよね。道路やセキュリティーが混んでいたら乗り遅れちゃうって心配になりますものね。

空港に行って食事でもして時間潰せばいいわって。でも残念ながらカウアイ島のリフエ空港のレストランはブ〜↓なんです。

その代わりタミーのオススメを紹介しますね;)

 

カウアイ島リフエ空港にはレストラン、カフェ、バーは4つあります。

リフエ空港のセキュリティーを抜けるとロビーの正面の壁にこんな『ナ・パリ・コースト』の壁画が現れます。

カウアイ島のリフエ空港内のお店は2016年にリニューアルしました。 食事出来るお店は、この壁画の左側にレストラン&カフェ『Ai Ono Cafe』があります。 こちらがリフエ空港内では一番広いカジュアルなお店です。

営業時間とメニューをご紹介しますね。 レストラン&カフェタイムは5:30am-8:30pm/コンプリートブレックファースト、クラブサンドイッチ、サラダなど。

バータイムは10:30am-10:00pm/ハワイアンビール&カクテル、サンドイッチ、ターキーパニーニなど。 ポキやロコモコなどのハワイアンな食事もあるようですが以前のレストランの時はサービス時間が遅く味もいまいちのようで、お店の評価は良くありませんでした。

タミーはいつも飛行機に乗る時はギリギリにリフエ空港に行ってしまうのでリフエ空港内のお店で食事をした事は無いんです。 先週オアフ島に行った時はガラス越しにこちらのレストランでサイミンを食べていた方がいました。

リフエ空港内のレストランやカフェを利用した方は是非お味の感想などコメントして頂けると助かります。

メインランドへ帰るフライトやインターナショナルのフライトへの乗り継ぎの観光客の方はリフエ空港内のレストランを利用するみたいですがカウアイ島のローカルは利用しませんのでタミーには中々口コミが入って来無いんです。

アメリカのサイトには「カウアイの島は最高だったのに島の玄関の空港のレストランがこれじゃあ残念ね。もっとハワイアンな食事をサービスしたらいいのに。」と昨年リニューアルする前は酷い口コミが書かれていましたのでリニューアルしたレストランのサービスがよく美味しい事を願います。

他のリフエ空港内のお店も紹介しますね。

 

リフエ空港内の”バー&グリル”、”カフェ”、”カウンターバー”を紹介しましょう♪

リフエ空港内の正面の壁画の左側には2016年に新しくオープンした『Mealnu』Bar & grillがあります。

タミーが写真を撮った時は混んでましたよ。美味しいのかしら?夕方の時間でしたからお酒を飲んでいただけかな?

 

その左隣には、ご存知のスターバックスがあります。他のお店と同じように飲み物の他にサンドイッチやベーグル、パウウンドケーキなどの食べ物もあります。

 

セキュリティーを抜けて左側に進むと2016年にオープンしたカウンターバー『TIKI BAR』があります。


写真には写ってませんが柱の先のカウンターで4人の方美味しそうにハワイのビール召し上がってました。こちらにはププ(おつまみ)はあるかもしれませんが食事は無いと思います。

 以上4店が2016年にリニューアルしたリフエ空港内で食べ物と飲み物が頂けるお店です。
カウアイ島にいらしてお腹が空いたからすぐ食事がしたいとか、カウアイ島を後にする前に安くて美味しいものを食べたいわ!なんて方はリフエ空港内のレストランでは無くリフエ空港近くのローカルレストランをタミーおすすめします!

リフエ空港に近くて美味しくて安い食事ならTipTop(ティップトップ)がオススメよ!

リフエ空港内に食事が出来るオススメのレストランがあればいいのですのが残念ながらタミーにはいい情報が入ってこ無いので空港から車で5分。渋滞も無いレストランを紹介します。

リフエ空港を出た道を右折も左折もせず直進します。少し走ると信号の手前、左側に「Safari(サファリ)」というヘリコプターの会社が見えます。 その前の道へ入り走るとすぐ右側に大きな建物が見えるのですぐわかります。

そこがTipTop(ティップトップ)レストランです。TipTopは2016年に100周年を迎えたカウアイ島では老舗のレストランなんですよ;)

cbk

上の写真にはありませんが今は100周年記念に時計台ができましたのですぐわかると思います。

日本の成田空港へのフライトはダニエル・K・イノウエ国際空港から朝の便が多いですからリフエ空港はさらに早い時間に出発ですよね。

でも大丈夫TipTop(ティップトップ)レストランは朝6時半時より営業してますから;)

私も家族や友達が来た時はTipTop(ティップトップ)レストランで食事を済ませてから空港へ送ります。

オアフ島で宿泊する方もいて勿論、色んな時間帯のフライトがあるでしょうからTipTop(ティップトップ)レストランの営業時間を紹介しますね。

火〜日曜日 6:30am-2;00pm 月曜日は定休日。

月曜日のフライトの方とダニエル・K・イノウエ国際空港のフライトが羽田便の場合はリフエ空港を15時〜16時くらいのフライトになりますから利用出来なくて、ごめんなさいm–m

夕方のフライトの方は朝ホテルをチェツクアウトしてからも時間が十分あるので観光や買い物に出かけられるでしょうから食事も出かけた先で出来ますから大丈夫ですよね。

このレストランのいいところ、それは。

 

TipTop(ティップトップ)レストランは美味しい!安い!速い!

リフエ空港のレストランはサービスが遅いようで、お客さまはフライトに間に合うかハラハラしちゃうそうです。 TipTop(ティップトップ)レストランは人気があっていつも混んでいるレストランですが食事を提供するサービスは速いので、ご心配なく。

どんな料理が食べられるの? 朝ご飯のメニューから紹介しますね。(6時半〜11時半)

f205ed4475ebe163c631612fd5388dc6

「私達の人気のパンケーキ」ってあるようにパンケーキ美味しいです^^ とても軽いので粉物って胃もたれしたりしますけど、これは軽く頂けちゃいます。

1枚から注文出来るのもいいでしょ。50セント+するとフレッシュバナナかパイナップルがトッピングではなくパンケーキの中に入って焼かれて来ます。 フルーツ温める事で更に美味しくなってGOODです!

75セント+するとフレッシュマカダミアナッツが入ります。 タミーは酸味と甘みがあるパイナップルが好きです。 是非、一緒に75セント+して自家製のグワバ・パイナップルジャムを頼んで欲しい。

21978171126_6ddb120ec5_z

テーブルには定番のパンケーキシロップも置いてありますが、このジャムすごくハワイアンで美味しいので食べて欲しいわ。 パンケーキに合うハワイアンコーヒーも軽くて飲みやすいコーヒーです。

卵にベーコン、トーストのセットの定番の朝ご飯やオムレツ、弁当までありますがタミーの一番のTipTop(ティップトップ)レストランでのオススメは。

 

ティップトップ・レストランのオックステールスープは絶対に食べて欲しいわ!

見て下さい!美味しそうでしょ;)

img_5

日本では中々オックステールスープなんて食べられ無いですよね。 タミーはいくつかのお店で食べましたが結構こってりで女性には向かない感じなんですよね。 でも、ここのスープはクリアで透き通ってさっぱりなんです。

骨付きのテールのお肉は何時間も煮込んであるのでトロトロで美味しいです! では、ここでタミーがロコの食べ方をご紹介しましょう。 どう食べても自由なんですが、これが一番このスープを美味しく頂けますから信じてね(笑)

知らなかった友達は普通に食べてあまり感動せずタミーと一緒に行ってこの食べ方を知ってから、このオックステールスープに夢中でしたから:)

スープには、たっぷりの擦り下ろしたフレッシュな生姜とフレッシュなパセリが付いて来ます。 まずスープが到着したら一口何も入れずにスープを飲んで見て下さい。

本当にさっぱり味なんです。そこに少し生姜とパセリを入れて軽く混ぜて飲んでみましょう。 このパセリは日本でいったらパセリというより三つ葉みたいな感じの野菜です。

また違った感じで美味しくなっちゃうんです。残った生姜とパセリのお皿にテーブルの上に醤油があるので入れます。 そこにスープの中から骨つきのお肉を取り出して入れてお肉をほぐして食べライスを食べます。

img_1

スープの中には白菜や青梗菜がたっぷり。春雨も入ってます。スープにはライスも付いて来ます。

ここで1つ注意を「私は大食いよ!」って人は普通のサイズを頼んでいいですが、そうじゃない人はハーフサイズで十分お腹いっぱいになるのでハーフサイズを注文しましょう。

この写真のでハーフサイズ。手前のロコモコの大きさ見てもわかりますよね大盛りだって(笑)

ロコモコも日本のお洒落なロコモコじゃなくて、これがハワイのロコモコっていう味を楽しめますからガッツリ食べたい方は本場のグレイビーソースのロコモコを食べてみて下さいね^^

img_0

「俺はすごく食うし肉は大好きなんだ!」っていう人は$3追加すると肉が追加されます。50セント追加すると生姜とパセリが追加されます。

骨用のお皿も一緒にくれますので、お肉も油の部分が苦手な方は食べずにお皿に取りましょう。 タミーは食べない派です。でもトロトロで全く気にならない方の方が多いです。

ハワイは、ご飯をアイスクリームのスクープですくって出てきます。 普通サイズは2スクープ。ハーフサイズは1スクープです。写真は1スクープよりもっとありますよね。

ご飯は少し残してお肉を全部食べた後に残った醤油、生姜、パセリも一緒にご飯とスープに入れて雑炊みたいにして食べると、これがまた美味しいんですよ〜(^^)

これで完食!コラーゲンたっぷりのオックステールスープ飲んだら女性は翌日お肌ツルツルよ。 朝からオックステールスープって思うでしょうが本当にあっさり味なのでアメリカンな朝ごはんより、ずっと日本人の私たちには合う食事です。

それに生姜効果で体をポカポカにしてくれますから1日のスタートの朝ご飯には最適よ。 タミーの話と写真でもう食べたくなったでしょ(笑)

タミーはカウアイ島に帰って一番食べたい物がTipTop(ティップトップ)レストランのオックステールスープなので日本や他の場所から戻ると必ずリフエ空港から直行して、このスープを頂きます。 カウアイ島にいらした方には是非、食べて帰って欲しいタミーの一押しスープです。

ランチタイムは14時まで最終オーダーは13時半くらいまでだと思いました。 メニューは、ほとんど同じですが定番朝ごはんとパンケーキはありません。

TipTop(ティップトップ)レストランで食事をしたら1時間半くらい前にリフエ空港にいきましょう。 5分あれば十分空港まで行けますがレンタカーを空港で返される方は+30分くらいみておいた方がいいかもしれませんね。

まずはカウンターでチェックインします。カウンターの係りの方は親切ですしチェックインの機会には日本語もありますから、ご心配無く。

ダニエル・K・イノウエ国際空港で日本行きの飛行機には乗り換えますが目的地は日本である事を伝え必ず到着地の空港名をお知らせして下さい。 預けるスーツケースが無料になる事もありますし荷物をホノルル空港で受け取る必要がなくなり日本の空港で受け取れますから忘れずお伝え下さいね。

リフエ空港で預けた荷物の引き換え券は無くさない様に保管してスーツケースなどの荷物を預けてセキュリティーを通りましょう。 余程混んでいない限り約30分くらいでリフエ空港の中には入れます。

リフエ空港内での待ち時間は約1時間くらいですが30分くらい前には搭乗が始まりますので必ず指定されたゲートの前でお待ち下さいね。 リフエ空港は小さな空港ですが何かあってはいけませんので30分前にはゲートの前に行かれて下さいね。

 

リフエ空港内の他のお店3店を紹介しましょう;)

登場前まで30分ぐらいの待ち時間なら空港内のお店を見るのも面白いですよ。 リフエ空港はセキュリティーを抜けて右側に3つのお店があります。

一番手前はお土産屋さんがあります。カウアイ島の土産の買い忘れがあっても大丈夫!ここで買えますよ。

同じ商品だと空港内は少しお値段は高いですが空港でしか買え無い商品もありますので見るのも楽しいですよ♪

サイトのファンの方はアメリカのコインは日本に帰っても両替でき無いので空港内のお店で使う事にしていると言ってました。

 

お土産屋さんのお隣にはコンビニエンスストアがあります。お菓子や飲み物、雑誌などを販売してます。

ステッカーやポストカードなど小物のお土産も販売しています。

 

一番奥にはフラワーショップがあります。色とりどりなフラワーレイは見るだけでも楽しいですよ♡

ここで買った植物(レイやプルメリアの枝など)は検疫済みなので日本へ持って行かれます。

お花の髪飾りやお花のショッピングバッグも素敵ですよ☆

 

最初に紹介しましたがスターバックスがあるので食事してない方は気軽に軽く食べたりお茶するのもいいですね。 スターバックスの味は何処も同じですが、こんな可愛いビーチサンダルのハワイアンなカップに出会えるかもですよ。

img_5-1

スターバックスではハワイ限定のマグカップやタンブラー、ハワイロゴ入りのバッグも売ってますからお土産におすすめです。 リフエ空港のセキュリティーを通った後で買った飲み物は機内に持ち込めますから、ご安心下さい。

 

いかがでしたか? 小さなリフエ空港ですが空港内のレストランを利用するのもいいですが近くのレストランを利用してローカルな味を楽しむのもいいものですよ。是非タミーのおすすめお試し下さいね(^_-)-☆

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島の大自然をワイメア渓谷の トレッキングで感じよう♪

Aloha(^^)/

カウアイ島のワイメア渓谷は赤褐色の岩と緑のコントラストが美しい大自然の世界。

普段あなたが日本で見たことも無いような別世界がそこにはあります。

見た事も無い花や果物が見たことも無い鳥達が、あなたを待っています。

写真やテレビで見るだけで無く、あなたのその目で大自然の驚異を感じに行ってみませんか?

 

初心者からベテランまで楽しめるトレッキングのコースがワイメア渓谷にはあります。

images

ワイメア渓谷のトレッキングのコースへはリフエ空港から車で約70キロおよそ90分のドライブで行かれます。 ”カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!”に詳しく書かれていますので↓こちらを参考になさって下さい。

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

ワイメア渓谷の周辺には20以上ものトレッキングのコースがあるんですよ(^^)

「私トレッキングなんてした事ないのよ。でも素晴らしいを自然を見てみたいわ。」

大丈夫ですよワイメア渓谷のトレッキングのコースには子供でも歩けちゃう初心者も楽しめるコースもありますから。

1003WaimeaValley_01

勿論トレッキング経験者には少しばかり歩きにくいかもしれませんがハードで面白いコースだってあるんです。 気軽なコースはトレッキングなんて思わずハイキングね。そう歌でも歌いながら楽しく歩けちゃうわ♪

でもね、いくら簡単でもトレッキングの前には事前の準部が必要です。

 

トレッキングの前に「コケエ・トレイルズ」地図を買いましょう!

コケエミュージアムのショップに「KOKEE TRAILS」(コケエ・トレイルズ)とう地図が$3で販売されています。

21876162668_2282615450_z

22074017321_87f96ee372_z

 

これには地図の他に動植物の簡単な説明もされているので便利です。

22051624952_f40da02561_z

英語の説明しか、ありませんが地図は目でみるだけで役立ちますし動植物の事は後でインターネットの翻訳機能や辞書を使って調べる事も出来ますから、お値段も手頃ですしタミーのおすすめです。

22051628982_94d1a0bed5_z

全ページの写真をアップしましたから、これを拡大してコピーしていったらパンフレット買わなくてもいいかもですね(笑) コケエ・ミュージアムはコケエの州立公園内にありますしミュージアムは寄付金のみですから無料でもはいれるのでショップにだけ行って地図を買う事も出来ます。

images-2

 

ただホテルとかで事前にゆっくり地図を見て計画をたてたいわという人はリフエ空港から近い場所にカウアイミュージアムがありますからワイメア渓谷に行く前に寄ってミュージアムを見学するついでに地図を買っておくのもいいですね。

こちらの「Kauai Island Atlas and Maps」(カウアイ・アイランド・アトラス・アンド・マップス)になります。($7.50)

22051084322_e6c45c4a24_z

「KOKEE TRAILS」(コケエ・トレイルズ)の地図ほど詳しくないですが、こんな感じでコケエのトレイルズが見られます。

21440678854_7ee0fae87f_z

カウアイミュージアム場所はライス、ストリート沿いにあり空港からは車で10分くらいの距離です。

images-3

*ミュージアムの営業時間:月〜金9時〜14時。(土曜日は10時〜14時)

*ミュージアムの料金料:大人$10, 65歳以上は$8, 13〜17歳は$6, 12〜6歳は$2, 5歳以下は無料。

「Kauai Island Atlas and Maps」(カウアイ・アイランド・アトラス・アンド・マップス)を買いたいと言えば入館料を払わず地図だけ買えますがミュージアムも興味深いものが沢山展示されてますから時間がある方には是非、見て欲しいです。

事前にワイメア渓谷のトレッキングコースを調べておくための地図は手にいれたので次はトレッキングの服装ですね。

 

ワイメア渓谷トレッキングの服装はジーンズに長袖シャツ、スニーカーがベスト!

服装はショーツ(短パン)にTシャツで歩いている人もいますがトレイルの中は涼しいし肌が出ていると虫さされや木の枝での擦り傷なども気になるのであまり肌は露出しない服装の方がいいと思います。

気で覆われた場所ばかりでは無いので帽子も必要ですね。突風で帽子が飛ばされない様に顎紐が付いたタイプがおすすめです。

突然の雨のためにも傘よりも薄手のカッパ(雨具)とかフード付きのウインドブレーカーをお持ちになるのがいいと思います。

両手が空くのは危険ではないのでバッグもデイパック(リックサック)がいいでしょう。 ウインドブレーカーやタオルなど持ち物を入れても両手が空きますから。 飲み水にナッツやチョコレートなど少しのスナックも持っていく事を忘れずに。

靴はスニーカーがベストと書きましたがトレッキング経験者でハードなトレッキングコースを選んだ場合は、ぬかるみが多いコースもあるのでトレッキングシューズを履かれる事をおすすめします。 虫に刺されやすい方は虫よけスプレーもお持ちになるといいですね。

これでワイメア渓谷のトレッキングに出かける準備はOKね(^_-)

 

タミーのおすすめワイメア渓谷のトレッキングのコースを紹介しちゃいましょう♪

こちらの地図を見て下さいね。

21955670051_3c9dcf69fc_z

歩きやすいのワイメア渓谷のトレッキングコースは7つ。

1, ヌアロロ・トレイル(Nualolo, Trail)

2, アワアワプヒ・トレイル(Awaawapuhi , Trail)

3, ホノプ・トレイル(Honopu, Trail)

4, カルアプヒ・トレイル(Kaluapuhi, Trail)

5, プウカ、オヘロ・トレイル(Puuka Ohelo, Trail)

6, ピヘア・トレイル(Pihea, Trail)

7, アラカイ・トレイル(Alakai, Trail)

(注意)”6, ピヘア・トレイル”と”7,アラカイ・トレイル”は途中から歩きにくいコースがあるので経験者におすすめします。

タミーのおすすめワイメア渓谷のトレッキングコースは2つ。

 

1)アワアワプヒ・トレイルは山から海、断崖絶壁に深い谷そして滝にも出会えるトレックングコース!

アワアワプヒ・トレイルは山から海へ向かうトレッキングのコース。

c139e560-s

断崖絶壁から見える美しい断崖絶壁、深いヌオロロ渓谷には大きな滝が待ってますよ。 展望台くらいにしかフェンスは無いので突風が吹く事もあるので十分注意して歩いて欲しいです。

約4,5時間(約10キロ)の内容の濃いワイメア渓谷のトレッキングコース。

 

2, 経験者には”6,ピヘア・トレイル”と”7,アラカイ・トレイル”の満足感いっぱいのセットトレッキングコースがおすすめよ!

500_14975578

プウ・オ・キラ展望台からスタートしてピヘア・トレイルを通ってアラカイ・トレイルに行きモヒヒ・ロードに出てコケエ・ロッジに戻るトレッキングコースです。 地図を見てわかりますか?

詳しく説明しましょう。まず車でプウ・オ・キラ展望台まで行き、そこの駐車場に車を止めます。 展望台からはカラカウア渓谷のトレイルを東に向かって歩きます。 しばらく歩くとオヒアの木のトンネルに出ます。トンネルを抜けて急な上り坂になるので頑張りましょう。

道が少しぬかるんでいるかもしれないので滑らない様に注意しましょう。 両手で木の枝などを掴みながら進むと楽かもしれません。 こんな場合には軍手なんかあるといいかもしれませんね。

そこから約1時間ほど歩くとアラカイ・トレイルへの分岐点に到着します。 この場所にはちゃんとサインがあるので心配ありません。

アラカイ・トレイルに向かって歩くと今度は下り坂になります。滑りやすいので注意してね。 しばらく歩くと平らな道に変わり、その代わりにぬかるみが多くなります。 そこから1時間あまり歩くとアラカイ・トレイルの十字路に出ます。 左折してアラカイ・スカンプの方向に歩きます。

道はぬかるんでいないし野生の鳥達を沢山見る事が出来るのです。 今度は下り坂になり約10分ほど歩くと谷になり、また登りを繰り返しながら下っていきます。 そしてトレイルの終点になります。ここまでで片道で約2時間かかります。 トレイルの途中にはハワイの花達が咲き、その花に野鳥が群がります。

images-1

次は左折した場所まで戻ります。 そして、そこから直進して下さい。ここからは歩きやすい道です。 トレイルコースの道端には野いちごや梅などの木の実もあります。 私の友達はトレッキングしながら収穫した梅で美味しいゼリーを作ってくれました。 木苺などは、そのまま歩きながら食べる方多いみたいですよ(笑)

アラワイ・スワンプの方向に歩かなかった方はピヘア・トレイルから来て右折する感じになります。 プウ・オ・キラ展望台を出発して約4時間でモヒヒ・ロードに到着します。 そこから更にコケエの方向に約3時間歩きコケエから550号線をプウ・オ・キラ展望台まで約2時間歩く。

トータル9時間のワイメア渓谷のハードなトレッキングコース。どうですか?チャレンジしてみます?

誰かプウ・オ・キラ展望台からトレッキングしないで車でコケエ州立公園へ行きコケエミュージアムを見学したりコケエ・ロッジで休憩して公園を散歩や昼寝してモヒヒ・ロードまで迎えにきてくれたらいいんだけどな〜なんて考えてしまうタミーです。(笑)

ワイメア渓谷をトレッキングされる方達の唯一の休憩場所であるレストランは”コケエ・ロッジ・レストラン”です。 レストランの窓からは綺麗な緑が眺められ朝食、ランチが楽しめます。 出来立てのコーンブレッドを蜂蜜に付けてハワイのコーヒーと一緒に頂くのが人気です。*営業時間は9時〜15時。

その横のコケエ・ュージアムでコケエ・トレイルズの地図が買えます。

これでワイメア渓谷のトレッキングのコース、服装、休憩場所と準備は、もう完璧ですよね(^_-)

「でも私達、初めてのトレッキングだからガイドさんとかいないと不安だわ」

大丈夫;)そんな時はSplash of Kauai(スプラッシュ・オブ・カウアイ)さんにオススメのワイルア渓谷トレッキングツアーがあるんですよ。

 

自分達だけで不安な方はワイルア渓谷トレッキングツアーに参加しちゃいましょう!

Splash of Kauai(スプラッシュ、オブ、カウアイ)さんのワイメア渓谷トレッキングツアーは3人からのお申し込みで1人$240

1日8時間のコースでカウアイ島でもトップクラスの優秀なガイドさんが同行してくれます。 しかも日本語も勿論、英語も堪能なガイドさんですから安心ですよね。

詳しい内容↓ツアー日時、ご予約は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/trekking/

 

いかがでしたか? これでワイメア渓谷のトレッキングに出發する準備OKですね;)

山の天気は変わりやすいとはいっても事前にワイメア渓谷の天気は調べて天気のいい日を選んでトレッキングには出かけたいですね。

ではワイメア渓谷の大自然を満喫しにトレッキングにいってらっしゃ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

Aloha(^^)/

カウアイ島にいらしたらタミーが一番行って欲しい場所それは。太平洋のグランド・キャニオンと呼ばれる「ワイメア渓谷」。

雨によって彫られた大自然の彫刻の様な素晴らしい景色が、あなたを待ってますよ。数百年前にタイムスリップしたかの様な絶景が目の前に広がり感動間違い無し!

さぁ感動の旅に出かけましょう♪

 

カウアイ島は約510万年前に生まれた島なんです!

あなたはカウアイ島が何歳か知ってますか? 約510万年歳! 驚きでしょ@_@ ハワイ諸島の中では一番初めに誕生した島です。

2番目に誕生したのがハワイ島で約40万年前ですからハワイ島と比べただけでも470万年も年が違うわけですから、どれだけ感動するものが「ワイメア渓谷」で待っているのか、こんな事を聞いただけでワクワクしちゃいますよね(笑)

火山でできたカウアイ島の山々が数百万年という気が遠くなっちゃうような歳月をかけて素晴らしい「ワイメア渓谷」を作りあげたのです。 作家マーク、トウェインが「太平洋のグランド・キャニオン」と呼んだ渓谷の美しさをカウアイ島にいらしたら絶対に見にいかなくちゃ!

カウアイ島観光の1DAYツアーのコースには「ワイメア渓谷」は必ず含まれていますので、ここではレンタカーでドライブされる方の為に詳しい行き方をご紹介します。

 

「ワイメア渓谷」への行き方はコケエ・ロードがタミーのオススメよ!

「ワイメア渓谷」への行き方は2つ!ワイメア・キャニオン・ドライブとコケエ・ロード。  「ワイメア渓谷」への行き方はリフエ空港から約62キロ。約75分ほどで行かれます。

まず1つ目の行き方は西のワイメアの町を目指して50号線のカウムアリ・ハイウエイをドライブします。 1本道なので迷う事なくひたすらまっすぐ西に向かいましょう。

ワイメア川の橋を渡ると小さな町になります。そこがワイメアタウン。 そのまましばらく走ると右側に”Kauai Veterans Memorial Hospital” カウアイ・ベテランズ・メモリアル・ホスピタルというサインが見えますから、それに沿って右折します。

そこが「ワイメア渓谷」へのドライブの入り口になります。これが1つ目の行き方ワイメア・キャニオン・ドライブのルート。

 

もう1つの行き方のコケエ・ロードは、そのままホスピタルの所を右折せず直進してワイメアの町を通り越してケカハの町に入ると右側に以下の写真のサインが出ているので、そこを右折すれば間違う事なく「ワイメア渓谷」に行かれます。

21272549583_11d05ec806_z

コケエ、ロードからの行き方の方がわかりやすいのでタミーのオススメよ(^_-)-☆ どちらの行き方でも「ワイメア渓谷」の展望台手前で合流するので「ワイメア渓谷」には行かれます。

注意して頂きたいのはワイメアの町を過ぎるとガソリンスタンドがありません。

 

「ワイメア渓谷」に向かう時は必ず事前にガソリンは満タンにして行きましょう!

ガソリンはリフエで給油するのであればコストコのガソリンスタンドが値段は一番安いです。 日本のコストコのカードでも給油できるそうなのでメンバーの方は、お持ち頂くといいですよね。 係りの方がいますので給油方法はヘルプしてもらえます。支払いはクレジットカードのみです。

コストコのガソリンスタンドで無くてもワイメアの町までには幾つかガソリンスタンドはありますのでガソリンを入れてから「ワイメア渓谷」に向かいましょう。

ワイメアの町を抜けて右折したら、そこからはカーブが続く登り坂になります。 上がっていく途中にはハワイ8島の1つ個人所有のニイハウ島も見る事が出来ますよ。

21884427752_a85b434677_z

 

しばらく走るともうそこは渓谷の一部で所々素晴らしい景色が目に飛び込んできますし所々に駐車している車を発見して、つい自分も駐車して絶景を覗きたくなりますが狭いカーブの路肩に駐車する事になるので非常に危険です。

 

路肩に駐車して見るのは止めて、絶景は駐車場のある展望台まで我慢しましょう!

道路ですが山道をドライブしますが舗装されているので問題はありません。舗装の状態が悪い箇所もあるかもしれませんので気をつけて安全運転でいきましょうね。

旅行に来て事故起こしちゃうなんて最悪ですからね展望台まで我慢しましょう。 展望台の方が、ずっと素晴しい景色ですから;)

コケエ・ロードから登った場合ワイメア・キャニオン・ドライブと合流する場所からしばらく行くと右側にハンティング・ステーションの小屋が見えてきます。

そこから約2キロくらい走るとワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)に着きます。

この展望台の先にはプウ・カ・ペレ展望台Puu Ka Pele Viewpoint(プウ・カ・ペレ・ビューポイント)とプウ・ヒナヒナ展望台Puu Hinahina Viewpoint(プウ・ヒナヒナ・ビューポイント)の2つがあります。

3つの展望台は、それぞれ違った絶景が楽しめるので「ワイメア渓谷」までいらしたら3つ全て止まってご覧になって頂きたいですが時間が無かったり天候が心配される時は一番手前のWaimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)には必ず寄られて下さい。

3つとも入り口には看板が立っているので間違える事なく行かれます。3つの展望台の先にはNASAのステーションやタミーのダーリンの働くベースもあります。 彼は毎日「ワイメア警告」をドライブして仕事に行きますが何度この道を通っても景色が素晴らしいので飽きないって言ってます。 「ワイメア渓谷」で働けて幸せだというダーリンです♡

「ワイメア渓谷」の展望台から更に約8キロほど走るとコケエ州立公園Kokee State Parkに到着します。 とーっても広い敷地で緑の芝生が気持ち良く走り出したくなるほどの気持ちいい公園です。

21884429592_f401a4ca30_z

ここには「ワイメア渓谷」では唯一のレストランのコケエ・ロッジがあります。 9時〜15時までの営業でシンプルな朝食とランチのお店です。 ロッジ特性の蜂蜜が添えられたコーン・ブレッドが人気です。 「ワイメア渓谷」の動植物やカウアイ島を襲ったハリケーンの展示も見る事ができます。

このレストランの隣には寄付だけで入れる博物館コケエ・ニュージアムがあります。 無料でも入れますが余ったコインなどがあれば入り口の箱に入れて頂けると博物館の為に役立ちますのでコインは日本に帰っても円には両替できませんから、どうぞ寄付してあげて下さい。

この公園ではピクニック気分でランチや休憩をして頂きたいの。タミーのオススメは;)

 

ワイメアの町のイシハラ・マーケットでお弁当を買ってから「ワイメア渓谷」に向かおう!

コケエ・ロードに入る手前のワイメアの町の左側に見えるイシハラ・マーケットに「ワイメア渓谷」に向かう前に寄って見て下さい。 ここには早朝に作られたお弁当が並んでいます。朝6時〜夕方7時くらいまでの営業です。

BBQビーフやポーク、ハワイアンてりやき味のチキンなどがMIXされたお弁当。 ナルトや蒲鉾、沢庵なんかが入っているので日本のお弁当みたいでいいですよ。

大が$8くらいで小が$6くらいの値段です。巻き寿司や稲荷寿司もあります。 お弁当の隣の冷ケースの中にはサンドイッチにラップやサラダもあります。イシハラ・マーケットのポキはカウアイ島で一番美味しいと評判なんですよ^^ 我が家は毎週月曜日のディナーはイシハラ・マーケットのポキ・ディナーです(笑)

飲み物がない場合もこちらで買って行くといいですね。 そして青い空に緑が綺麗な公園のベンチや芝生の上に座ってお弁当を食べて、お腹いっぱいになったら芝生の上に寝転がって、お昼寝なんていうのも気持ちいいですよ。

ビーチタオルをホテルから持って行かれると敷いたり、ここまで上がってきますと空気も肌寒く感じますから羽織ってもいいですし役立ちます。

さて「ワイメア渓谷」のドライブはが終点ではありません。コケエの公園で休憩したら更に上へとドライブします。

プウ・オ・キラ展望台Puu O Kila Lookout(プウ・オ・キラ・ルックアウト)に到着します。そして次のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)が最後の展望台になります。ここが「ワイメア渓谷」の終点になります。

雲よりも高い場所ですよー。晴れたは時は、この世のものとは思えないほどの美しさ。 言葉を失う絶景がここにあります!

21709418139_4462f9af17_z

一番の見所は映画「ジュラシック、パーク」に登場した切り立った山ホノプ・バレーが素晴らしいです。まるでイタリアンジャラートみたいでしょ(笑)

21708223340_853020cb0f_z

ナ・パリ・コーストの海岸線もビューティフルで感動しちゃいますよ。 ここまで登ってくると空気はヒンヤリ風のある時は寒いほどです。

 

「ワイメア渓谷」へ来る時の服装はフード付きのウインドブレーカーを持ちましょう!

天気をチェックしても山の天気は変わりやすいので小雨がぱらつく事もありますから傘よりフード付きのウインドブレーカーをお持ち下さいね。 風も防ぎ雨にも濡れず両手があくので絶景の写真も撮れますからベストな服装です!

暑かったら脱いで持っても軽いですし芝生に寝転がる時に敷いてもいいのでフード付きのウインドブレーカーは役立つ服装の大切な1品です!

山道は滑りやすいのでビーサンで行かれる方もいますがタミーのおすすめの服装としてはスニーカーなどの靴を履いて行って欲しいです。 滑って転んだりしたら大変ですからね。

夏場の服装としてはTシャツにショーツ(短パン)それにスニーカーにウインドブレーカーを持参でいいと思いますが冬の時期の服装は山の上は肌寒いのでジーンズや長袖のものを着た方がいいと思います。 勿論スニーカーを履いてウインドブレーカーはお持ち下さいね。

人は足首からふくらはぎを温めると寒くないそうでタミーは冬場もショーツ(短パン)の服装が多いものですから秋〜冬に「ワイメア渓谷」に行った時はショーツにUGGのミディアム丈のブーツを履いて行きました。 ショーツでも暖かかったですよ。ただしブーツはスニーカーよりも滑りやすいので注意が必要です。

「ワイメア渓谷」への服装は大丈夫ですか?

「山の天気は変わりやすいのはわかりますが突然、小雨が降ったら嫌だなー。」って思いますよね。 でも小雨が上がった後には「ワイメア渓谷」では、こんな素晴らしい虹も見えるのでラッキーかもよ。

21273513564_2d5a483597_z

虹を下に見れるなんて日本では無いんじゃないかな最高のカウアイ島旅行の思い出になりますよね。 タミーは2回「ワイメア渓谷」で小雨の上がった後に綺麗な虹を見ましたよ:)

(大切なポイント!)「ワイメア渓谷」には5つの展望台があますが最初のワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)と最後のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)の2つの展望台は必ず見て欲しいです!!!全く違った景色が楽しめて感動する事間違い無しです!

展望台には小さなフルーツスタンドが、あるところもあります。 カウアイ島の果物で作られたドライフルーツやココナツチップスは、お土産にも旅の途中のスナックにもおすすめです。 展望台にはトイレはありますから、ご心配なく。

これでワイメア渓谷にレンタカーでのドライブはOKね;) ではカウアイ島でのレンタカー情報もお知らせしておきましょう。

 

予定がわかっているならレンタカーは日本から予約しておこう!

旅行の予定が決まっていてレンタカーを借りる日時も決まっている場合は日本からインターネットや旅行会社からレンターカーを予約されるのをオススメします。 面倒な手続きから解放されますし確実に希望の車が借りられますから。

料金もカウアイ島に来てから借りるより安くなりますよ。 カウアイ島でのレンタカーはリフエ空港のそれぞれのレンタカー会社で借りて同じ場所へ返す様になります。

リフエ空港のレンタカーの会社は6つ。それぞれの特徴とサービスは。

*パジェットレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能

*エイビスレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能。

*ダラーレンタカー/24時間緊急日本語のロードサービスあり

*ハーツレンタカー/日本語カーナビ車あり

*日本レンタカー/追加運転手、ベビーカー無料

*アラモレンタカー/日本語カーナビ車、三菱UFJニコスカード優待あり

(注)特徴とサービスは突然変更される事もあるので、ご確認下さいね。

今のところは日本が話せる方が、いらっしゃるレンタカー会社はカウアイ島にはない様なので英語が不安の方は日本から予約された方が安心できますよね。

人気はダラーレンタカーのハワイ・マルチアイランド・プラン(2島以上でトータル5日間以上レンタカーを借りる特別割引)の日本払い料金が、お得とか。JAL,ANA ,JCBカード会員の格安料金があるそうですよ。

カウアイ島での車の運転は日本の免許証でOKです。カウアイ島での支払いの場合はクレジットカードの提示も必要になります。

タミーはカウアイ島に移住する前は「海外で車を運転するなんて絶対に無理!」って思いましたけどカウアイ島はホノルルと違って交通量も少なくメインロードは1本なのでカーナビも必要なく初めての左ハンドルでも安心して走れちゃいました^^

初めての海外運転デビューにはカウアイ島は最適だと思います。

 

タミーのカウアイ島でのドライブ注意事項は7つ!

1, 左ハンドル車で気をつけて欲しいのは常に自分がセンターラインの方そう真ん中に来る位置で運転していたら大丈夫!

2, スピードの取り締まり携帯の取り締まりは頻繁にしているので注意しましょう。罰金は$300以上はしますから痛いですよ〜!

3, スクールバスがライトを点滅させて止まっていたら生徒達が降りて来るのでバス出発するまで止まって待たなければいけません!

4, ウインカーとワイパーが反対。これ恥ずかしいんですよウインカー出したつもりでワイパー動いちゃって(笑)

5, 特別なサインが無い限り赤信号でも注意確認して徐行で右折出来ます!これ慣れ無い頃に日本の様に赤信号で停車していたらクラクション鳴らされました(^^;

6, ガソリンは満タンで出かけよう!北や西の外れにはガソリンスタンドが無い場所もあるのでガソリン残量は半分くらいになった時点で満タンにすること!

7,  1台しか車が通れ無い橋(1レーンブリッジ)が何カ所かあるので先に橋に到着した方が優先なので相手が橋を通り抜けるまで停止線で待って順番に渡りましょう。

(注意)ワイメア渓谷のドライブは道路は整備されてますが下る時はローギアでポンピングブレーキを併用しながら安全運転でお願いします。

ハンデキャップのマークがある場所には駐車しないとか小さなお子様がいる場合はチャイルドシートを装着する事は日本も同じで常識ですよね。チャイルドシートはレンタカー会社で借りれますが事前に予約する事をお忘れ無く。

 

いかがでしたか? レンタカーも運転の注意事項も行き方も服装もわかりましたね;) これでもう「ワイメア渓谷」を十分に楽しめますね♪

南太平洋のグランド・キャニオン「ワイメア渓谷」をカウアイ島の旅の最高の思い出に目に焼き付けて下さ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島おすすめレストランは絶対にオーシャンビュー!

Aloha(^^)/

旅行の楽しみの大きなポイントって食事じゃないですか?

しかも南の島ハワイ・カウアイ島いらしたら思い出に残る素敵な食事したいですよね;)

素敵で美味しい食事を楽しめるレストランは日本にだってありますよね。

カウアイ島でなくちゃっていうタミーのおすすめレストランはオーシャンビュー!

 

カウアイ島でおすすめのレストランは絶対にオーシャンビュー!

ハワイって言ったら、やっぱり綺麗な海でしょ。 お金では買えないこの素晴らしいカウアイ島の海の景色を眺めながら食事をして欲しいタミーです。 きっと何年もいえ一生あなたの思い出の食事ベスト3に入るのは間違いないわ!

日本から旅行でいらっしゃる方のほとんどが日本の旅行会社を通していらっしゃるのでシェラトン、マリオット、ハイアットのホテルに滞在します。

特にディナーはお酒も頂きたいでしょうし車では移動できませんから安心して食事ができて酔っ払っても、動けないほどお腹いっぱいになっても大丈夫なホテルでのおすすめレストランを紹介しちゃいますね;)

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン1) 「シェラトン・カウアイ・リゾート」ホテルの『ラム・ファイヤー』はサンセットが最高!

ポイプの「シェラトン・カウアイ・リゾート」ホテル内にある『ラム・ファイヤー』はオーシャンビューのレストランです。 ここはビーチ沿いに建てられていて大きなガラス張りのレストランなので綺麗なカウアイ島の美しい海を眺めながら食事が出来ます。

21656533568_26742efca0_z

 

タミーのおすすめはサンセットが最高に綺麗に見えるのでレストランに入って右側の席に座ってディナーしましょう。

21657503489_b277ef5d09_z

どうすか?ロマンチックなサンセットでしょ。 事前に「サンセットの見える席をお願いします。」と予約すると窓側の席に座れるので日本から旅行会社にお願いしてもいいですしカウアイ島に到着してからフロントの方にサンセットの時間を聞いて、その少し前くらいに予約したらパーフェクトです。

JTBなどの日本の旅行会社を通して宿泊される方はホテル内のレストランでの食事する場合に使える割引クーポンをい頂けたりしますから、そんな時はホテルのレストランを利用するのもお得です。

お値段はホテルの素敵なレストランなので、お酒も頂くと1人$50くらいになります。 タミーの親戚は毎年シェラトンにJTBのツアーで泊まるのですが、そのツアーではシェラトン内のレストランで使える$50分の食事券をくださるので1人分は無料になりますね;)

でも割引券が無くても、このサンセットの素晴らしさには、そのくらいのお金を払っても十分あなたを楽しませてくれますから決して高くないと思いますよ。 それに旅行なんですから、たまには贅沢しちゃいましょ☆

サンセットがスタートして時間にしたら水平線に沈む前の5分くらいが最高にいい時間です^^

食事中でもレストラン内から外に出て写真を撮られても問題無いですから外に出られる方もいらっしゃいます。 その時は必ずお荷物(バッグやお財布)はお持ち下さいね。

「わ〜サンセット最高〜^^」なんてカメラや携帯電話だけもって、みんなで外に出ちゃっう事もあるくらい綺麗なサンセットです(笑)

夏〜秋の時期にカウアイ島に滞在される場合はサンセットが始まる30分くらい前の時間でサンセットが見える席と言って予約しましょう。場所によっては眩しかったり暑かったりするかもしれません。 その時は席を移動させてもらったりロールカーテンを下げてもらったりして下さいね。

サンセットしてしまうと嘘の様に眩しくも無く涼しくなってしまうので太陽の力ってすごいですよね;)

本当に素晴らしいサンセットで眩しいのでサングラスをお持ちになった方がいいかもしれません。ただし、お帰りの時は外は暗くなっているので、くれぐれもサングラスを忘れ無いようにお気をつけ下さい。

 

勿論サンセットだけじゃなくて『ラム・ファイヤー』の美味しい食事もおすすめです!

お食事はハワイアンにアレンジされたお洒落なアメリカンな食事です。 ハワイ食材がふんだんに使われていますので目だけでなくお口でもハワイが味わえます。 こちらタミーのおすすめマンゴーとミントのフローズンカクテル。食前にはぴったりでしょ。

21844384105_202f232afb_z

新鮮なお魚の美味しいお魚料理やカウアイ島の美味しいビーフなど満足いただける事間違い無し。

こちらのレストランでの食後のもう1つのおすすめは外にファイヤープレイスが2箇所あるんです。

21844387395_29f8c28381_z

カウアイ島でも夜のビーチ沿いは涼しいです。冬の時期は寒いくらいの時もありますから食後に暖炉を囲みながらおしゃべりなんて時間も素敵ですよね。

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン2) 「カウアイ・マリオット・リゾート」の『デュークス・カヌー・クラブ』はハワイアンな雰囲気がいっぱい!

55

リフエの「カウアイ・マリオット・リゾート」内にあるレストラン『デュークス・カヌー・クラブ』 カラパキ、ビーチが目の前のレストランですから勿論こちらにもオーシャンビューの席があります。 こちらは窓ガラスもないオープンエアーのレストランなのでいい海風が入って気持ちいいレストラン。

雰囲気もお値段も『ラム・ファイヤー』よりカジュアルです。 伝説のサーファー「デュークス・カハナモク」を讃えて付けられた名前のレストランだけあって雰囲気もお食事の内容もと〜ってもハワイアンですよ。 お食事はシーフード料理が美味しいのでおすすめです。

21656344090_85044e6577_z

プレートにはフレッシュなオーキッドのお花も飾られていていいでしょ。 ここのレストランの一番のおすすめは、おかわり自由のサラダバー。 メインの食事をオーダーするとサラダバーが無料で付きます。

サラダバーが付くのでメインディシュがハワイの食事にしては小さい様に思いますが十分な量です。 新鮮な野菜にフルーツ。マフィンやパン色々あっていくらでもお皿を変えていただけちゃいます。

このサラダバーのみのお食事でもOK。私は野菜を沢山頂きたい時はドリンクとサラダバーだけオーダーする時もありますよ。 サラダバーの最後にスタッフの方がいて目の前でシーザーサラダを作ってくれるのでシーザーサラダが好きな方は、その前にお皿に沢山のせちゃうとシーザーサラダをのせるスペース無くなっちゃいますからね(笑)

 

あと1つこのレストランでのタミーのおすすめ名物の”フラ・パイ” びっくりするほど巨大なので甘いもの好きには是非チャレンジして欲しいわ(笑) 1つだけオーダーしてみんなでシェアして食べても十分な大きさです。

「私は夜は、あんまり食べないのよ。お酒飲みたいし。」って方は『デュークス・カヌー・クラブ』は2階がレストランで1階はバーになっています。 2階のレストランは夜のディナーのみの営業です。

どちらもオーシャンビューでオープンエアー。1階のバーにはカジュアルなププ(おつまみ)や食事がありますし、もっと気軽に楽しめます♪ 生バンドの演奏もあるので、いいですよ。この音楽は2階にも聞こえてきますから大丈夫♪

『デゥークス・カヌー・クラブ』のバーは昼間のランチもおすすめよ;)フィッシュラップとか美味しいです。 昼間のカラパキ・ビーチを眺めながらの食事もハワイ気分を満喫できちゃいますよ。

『デュークス・カヌー・クラブ』でディナーが終わった頃はビーチは真っ暗になっちゃいますけど「カウアイ・マリオット・リゾート」のスイミングプールはライトアップされていて、とってもロマンチック。

是非、食後のお散歩をして欲しいわ。「カウアイ・マリオット・リゾート」内は、まるで美術館の様に素敵な作品が沢山飾られています。 信じられないくらい美しくて大きなコアウッドのボートやハワイアンな絵画の数々、大きな錦鯉がいる池まであります。

カウアイ島は椰子の木より大きな建物を建ててはいけないのでエスカレーターのあるビルはカウアイ島には「カウアイ・マリオット・リゾート」だけなんです。

結構長いエスカレーターなんですがアメリカ本土や外国に行ってエスカレーターを初めて見て困らないようにカウアイ島の人は、このエスカレーターで練習するそうですよ(笑)

こちらマリオットホテル内の私の大好きなイタリアンレストランもおすすめです。

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン3) ハワイアンな雰囲気に美味しいイタリアンとデザートなら『カフェ・ポトフィーノ』!

こちらもリフエの「カウアイ・マリオット・リゾート」内の「デゥークス」のお隣に位置するオーシャンビューのテラス席もあるイタリアンレストラン『カフェ・ポトフィーノ』

こちらには日本語のメニューもあります。 食事はイタリアンですがハワイの食材が使われているメニューも勿論あります。

カウアイ島では海老も養殖していて美味しいので海老とマッシュルームのフェットチーネなんかおすすめですよ。『カフェ・ポトフィーノ』の営業は夜のディナーのみです。

イタリアンの食事が美味しいのは勿論ですがデザートが美味しんですよ〜このレストラン^^

21844389725_58e36b034c_z

こちらタミーのおすすめデザート”ティラミス” 美しいでしょ♡ 他にもフランにパンナコッタ、イタリアンジャラートなど美味しいイタリアンデザートありますから女性には嬉しいレストランですよね。

こちらの食事の量は多いので前菜、メインにパスタにデザートと1つずつ注文して2人でシェアくらいのオーダーで十分お腹いっぱいになっちゃいます。

もう1つタミーのおすすめのオーシャンビューでのレストランは「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」にあります;)

 

カウアイ島おすすめオーシャンビュー・レストラン4) 「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」の絵画みたいな景色を見て食事をしよう♪

ポイプビーチにある私が大好きでゴージャスなホテル「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」 ホテルのエントランスを抜けると目の前にこんな素敵な絵画みたいな景色が飛び込んできます。

images

写真なんてもんじゃないんですよ実際みたらWOW!って感動の声が出ちゃうの間違い無しよ。毎日の夜は、この最高の景色の前でハワイアンや色々なパフォーマンスが開催されます。

ライブ前の席ではお酒とカジュアルな食事が楽しめます♪ 素晴らしい景色と素敵なハワイアンミュージックで思い出に残る素敵な夜になるのは間違い無しです。

左隣には「スティーブンサン」というレストランがあり窓側のテラス席からは素晴らしいサンセットで赤く染まるビーチの景色を楽しみながらディナーを楽しめます♪ 奥には寿司バーがあるのでアメリカ食に飽きた方もカウアイ島の素晴らしい景色を堪能しながら美味しいお寿司なんていうのもいいですよ;)にぎりのお寿司はネタが大きくて驚きますよ(笑)

タミーのおすすめはカリフォルニアロールやドラゴンロールなどのアメリカンなロール寿司。アメリカンなお寿司を楽しんでもらうのもハワイ旅の食事のいい思い出になると思います。

「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」には他にもハワイアン・ディナーが楽しめるレストラン『タイド・プールズ」や美味しいイタリアンが楽しめるレストラン『ドン・でロス』もあります。どのレストランもみんな美味しいですよ;)

「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」内のコアウッドのショップなど見るだけでも楽しいですし小さな露店みたいなハワイアンのお店が通路に出ているのを1つずつディナーの後に覗いて見るのも楽しいですよ♪

 

いかがでしたか? タミーのカウアイ島のタミーのおすすめオーシャンビューのレストラン。 行ってみたいレストランがありましたか? カウアイ島のタミーの一番のおすすめは素晴らしい自然ですから是非カウアイ島にいらしたら最高に素敵な海の景色を見ながら食事をして頂きたいの。 食事だって何倍も美味しく頂けちゃうはずよ♪

カウアイ島ではオーシャンビューのレストランで是非、思い出に残るお食事をして下さいね(^^)

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡

2019年3月更新 Aloha^^ カウアイ島と聞いて「シダの洞窟があるのは聞いた事あるわ。」っていう日本人の方は多いんじゃないかしら?

「シダの洞窟」英語では「ファーン・グラトー」と言います。昔は王族だけが結婚式やパーティーをしていい神聖な場所だったのよ。

ここで恋人と固く手を繋ぐと永遠の愛が約束されると伝えらた場所なんです♡

 

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人は何人いるか知ってますか?

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人の数は19,000組以上もいるんですよ@_@ いくら王族しか結婚式を挙げられない場所だからって日本人がわざわざハワイ、カウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げるってすごいですよね。

しかもカウアイ島の人より日本人の方が多いんじゃないかしらシダの洞窟で結婚式を挙げたカップルって(笑)

写真のお2人は近藤ご夫妻。結婚式を挙げられたのでは無いのですが”手作りのレイを作りお揃いのアロハドレスを着てシダの洞窟に行かれるのが”カウアイ島で叶えたい夢”という事でタミーはレイ作りのお手伝いをしました。どうですか?お2人素敵でしょ☆シダの洞窟前でとっても幸せそう♡

日本人の方は今でもこうしてシダの洞窟に行かれたい方がいるのにカウアイ島のローカル・カップルでシダの洞窟で結婚式を挙げるって話聞いた事ないですもん。

では何故シダの洞窟で結婚式を挙げる日本人カップルが多いんでしょうかね?

 

日本の有名芸能人が何組かここで結婚式を挙げたからだそうです;)

若い方は知らないと思いますが俳優の梅宮辰夫夫妻そして歌手のヒデとロザンナ夫妻など日本の有名人が何組か結婚式を挙げた場所ってって事で人気出ちゃったみたいですよ。

今ではオアフ島で結婚式を挙げる芸能人カップル多いですよね。その影響で一般の方にもハワイウエディングは人気だと聞いています。 最近の大物カップルではラナイ島で小栗旬&山田優カップルが結婚式挙げましたよね。”あんな結婚式がいい〜”なんてラナイ島の有名ホテルで結婚式を挙げる若いカップル方が多いんじゃないかしら。

”永遠の愛が手に入るなら私達もカウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げたいわ〜!”っていう方はいらっしゃるのかしら。

fern_grotto_12

ご心配なくタミーが”シダの洞窟前の結婚式”を紹介しましょう。

 

カウアイ島のシダの洞窟での結婚式は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せしちゃて下さい!

カウアイ島でシダの洞窟の結婚式を日本語で安心して任せられて低料金なのはここしかないんじゃないかな。 日本のウエディング会社さんでもいくつか紹介されてますがイメージ的なものだけで具体的な内容やお値段はご相談して下さいって感じなので相談受けてからプロデュースする感じだと思います。 勿論、カウアイ島の会社よりは料金も高いと思いますよ。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんで安心して任せられるのは担当のナイアさんが日本にいる時からちゃんと日本語で対応して下さるしカウアイ島でもお世話して下さいますから安心できます。ここ一番大事でしょ(^_-)

私も結婚前にカウアイ島を初めて訪れた時に「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのホームページに出会い日本にいる時からナイアさんに相談して初めての1人旅のカウアイ島が、すごく楽しいものになりました(^^)

その時はカウアイ島に嫁いで来るとは思いませんでしたが(笑)嫁いだ後もナイアさんには親切にして頂いてます。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのシダの洞窟での結婚式の詳しい内容&料金は、こちらをご覧下さい↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/fern-wedding/

「私は結婚式はしないけどシダの洞窟には行ってみたいな〜!」って方はおおいですよね。行けますよ”シダの洞窟”!

 

シダの洞窟観光はSmith’sの観光船に乗っちゃいましょう〜♪

カウアイ島でワイルア方面の観光と言ったらシダの洞窟っていうくらい有名な観光スポットです。シダの洞窟へは車では行く事は出来ずワイルア・マリーナから遊覧船で行くようになります。

21585753550_d541f82fd0_z

タミーも実は結婚式はオアフ島で挙げたのですがカウアイ島に移住してマイクとの永遠の愛が欲しいのでシダの洞窟へ手をつないで行きましたよ(笑)遊覧船の中は、こんな感じです。

21152725953_1de2990c3a_z

遊覧船は船が苦手な私も海ではなく川をゆっくり進むので酔い止めも飲まずに大丈夫でした。 でも心配な方は船に乗る30分くらい前には船酔い止めの薬飲んで下さいね。

カヤックや水上スキーなどと楽しむ人を見ながら遊覧船は、ゆっくり綺麗な緑の中を進みます。 ワイルア・マリーナから遊覧船に乗りワイルア州立公園の桟橋から熱帯雨林の茂みの中を5分ほど歩くとシダで覆われた洞窟が現れます。

21762080252_62d0e7f902_z

熱帯雨林の中を歩いて行く時に見えるモンステラの葉っぱの大きさには驚きますよ@_@ 熱帯雨林の中を歩きますから道はちゃんとありますが船に乗る前に虫除けスプレーしましょうね。

2006年に1ヶ月以上も続いた長雨で洞窟内の地盤が緩んで崩れる恐れがあるからという事で今は残念なことですが洞窟内へは立ち入りき禁止になっています。 シダの洞窟の中に入れたら、それは素晴らしかったでしょうね。

でも何故、洞窟内に入れなくなった今でも、この場所は毎日観光客が絶えないほどの人気スポットなのでしょうか。 それは洞窟に入れなくてもシダの洞窟の前はハワイのパワーが溢れているパワースポットだからです。

大丈夫!シダの洞窟の前までいらしたら、いっぱいハワイのパワーを感じられますよ。 シダの洞窟の前ではハワイアン・ミュージックの演奏と歌もあります♪

嵐の櫻井くん弾丸のカウアイ島観光に時にここシダの洞窟へも来てましたね(^^) その様子は日本でTV放送されたと聞いてます。

シダの洞窟の前だけでじゃないですよハワイアン・ミュージックの演奏と歌はボートの中でもあります。 フラダンスも見られてと〜ってもハワイアンな時間が過ぎていくの。フラ・レッスンがあるんですよ;)帰りの船の中で!それが楽しいんです♪

21762091442_ed552a76e1_z

フラダンスは見るより絶対に踊った方が楽しいの^^ 男も女も笑顔でノリノリで腰振っちゃって知らない人達なのに一つになれて盛り上がれちゃう楽しい時間です♪ 照れたりなんかしないで踊っちゃいましょう。レッスンですから間違ったったって誰も気にしてませんから(笑)

シダの洞窟観光遊覧船もワイルア、マリーナに事務所とチケット売り場がありますが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんに申し込むと日本人の方はお得に乗れちゃうんですよ。

 

Smith’s観光船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのSmith’sシダの洞窟ボートツアーが一番!

タミーが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーをオススメする理由は。

1, 特別割引料金でツアーに参加出来ます。

2, ワイルア周辺地区のホテルに滞在の方はSmith’sの無料送迎が利用出来ます。

3, ワイルア地区以外の方で送迎希望の方はタクシーをお願い出来ます。

4, 日本語のガイドさんのボートも教えてもらえる。

以上の4つは必ず申し込みの時に必ずナイアさんにお伝え下さいね;)

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-ferngrotto/

こちらのツアーは車いすの方でも参加出来ますので、その場合も事前にナイアさんにお伝え下さい。

もう1つタミーのオススメは、ここワイルア・マリナーまでシダの洞窟観光にいらしたのならマリーナに戻ったらマリーナにある「スミス・カウアイ・ルアウ」に参加しちゃいましょう♪

 

Smith’sシダの洞窟ツアーの後は「スミス・カウアイ・ルアウ」も楽しんじゃって♪

「スミス・カウアイ・ルアウ」ってなんですか? ワイルア川に約12万m2の広大な”スミス・トロピカルパラダイス植物園”があるんです。

img_3

鳥の声が美しく響き、ここに来るとパラダイスだなカウアイ島って感じますよ。

5万種以上の熱帯植物園をトラムという乗り物に乗って見学します。 その中で行われるルアウとはハワイに昔から伝わる宴会料理ね。 このルアウのメインイベントは土の中で豚を丸焼きにして取り出す「イム・セレモニー」という儀式。

img_10

この土の中に熱く焼いた石を入れて作られた天然オーブンの事をイムと言います。 豚には塩をよく刷り込みティという葉っぱを何枚も使ってで包み、じっくりじっくり何時間もかけて焼き上げられるの。 香ばしいいい香りがする焼豚ちゃんが出来上がる頃には、お腹もペコペコね;) 出来上がった焼豚の事はカルア・ピッグと呼ばれています。

隣の素敵なレストランでハワイアン・ミュージックを聞きながらディナーになります♪

img_7

 

カルア・ピッグがメイン料理になりますが、その他にもタロイモをすりつぶしたポイ、生の鮭を塩水にさらしてトマトのみじん切りを混ぜたロミロミ・サーモンといったハワイの伝統的な料理も並びます。 それにハワイのナマスや照り焼きビーフといったハワイアンな和食もありますよ。➕洋食まで並んでいますからゴージャスなディナータイムが楽しめちゃいます。

食事の後は会場を変わって素敵なダンスショーも楽しめちゃうんですよ〜!

img_14

フラダンスだけだと思うでしょ。いえいえ、タヒチ、中国、日本、フィリピン、ニュージランドにサモアもう、こんなに〜っていうくらい色んな国のダンスを見れちゃうんです。

*「スミス・カウアイ・ルアウ」のフラショーは観光客の方が’楽しめるフラショーです。日本でフラを習われている方には是非、本格的なクム・レイラニがプロデュースする生バンド&クム・レイラニの演奏と美しい歌声での素晴らしいルアウをおすすめします。詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓

カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪

 

もう、お腹も目もい〜っぱい苦しい〜っていうくらい楽しめちゃう「スミス・カウアイ・ルアウ」です。 ワイキキのホテルとかでルアウに参加した事がある方でも、ここカウアイ島のスミスのは違った楽しみにあふれたルアウなので是非カウアイ島の旅の素晴らしい思い出に参加してみて下さいね。

(タミーのオススメの「シダの洞窟遊覧船」➕「スミス・カウアイ・ルアウ」のプランは)

*3月〜10月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて17時からのルアウに参加できます。

*11月〜2月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて16時45分からのルアウに参加できます。

「スミス・カウアイ・ルアウ」は月によって開催される日にちが違うので紹介しますね。

*11月〜1月は月、水、金曜日。

*2月〜5月と9,10月は月、水、木、金曜日。

*6月〜8月は月〜金曜日まで毎日、開催されています。

日本人の方はカウアイ島には短い滞在の方が多いので両方楽しめる欲張りプランを提案しちゃいましたが勿論、時間のある方は別の日にゆったり1つずつ行かれてもいいですね。

遊覧船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんでお願いできたけど「スミス・カウアイ・ルアル」は、どうしたらいいの? ご心配なく。

 

「スミス・カウアイ・ルアウ」ツアーも「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せを!

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-luau/

 

いいですかシダの洞窟でパワーももらうのもシダの洞窟で永遠の愛を誓う結婚式を挙げるのもハワイの植物を鑑賞してハワイアンの儀式を堪能してハワイアンフードでお腹いっぱいになっちゃって素敵なショーにうっとりしちゃうカウアイ島で幸せになれちゃうには「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーにお任せしたらパーフェクトよ!

ナイアさんにはタミーのブログを見たと言って下さいね。ナイアさんにはタミーからお願いしてありますから、ご安心下さい(^^)

いかがでしたか?”永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡”シダの洞窟に行ってみたくなりましたか?

シダの洞窟を訪れたタミーとダーリンは今でも仲良く幸せにカウアイ島で暮らしていますから「カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡」のは間違いありませんよ;)

Much Aloha♡ Tammy

*記事の内容が変更になる場合があります事をご了承下さい。

カウアイ島へはダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港(3レターLIT)へハワイアンエアラインで;)

Aloha(^^)/ 「タミーさんカウアイ島への行き方教えて下さい。」了解!

オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港には毎日何便も日本から飛行機が飛んでいますがカウアイ島のリフエ空港までは残念ながら日本からの直行便はありません。

でも意外と簡単に行けちゃうカウアイ島よ; )

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港からはハワイアンエアラインで約30分のフライトでカウアイ島のリフエ空港に着いちゃうんです!

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル空港)からカウアイ島のリフエ空港までのアクセスはハワイアンエアラインの飛行機が飛んでいます。

日本〜ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港と2つの航空券をハワイアンエアラインでお買いになると割引になりますし手続きもスムーズです。 ハワイアンエアラインは日本からの国際線ターミナルの隣のターミナルになりますから移動も歩いてすぐなのでとても楽です。

ハワイアンエアラインでオアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港からたった30分でカウアイ島のリフエ空港に到着します。 イノウエ空港から飛行機が飛んでトロピカルジュースを頂いたかと思ったら、もうカウア島のリフエ空港に着陸(笑)

そんな短い時間でオアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港からカウアイ島のリフエ空港には行けちゃうの。”ひとっ飛び”っていう言葉はダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港のフライトの為にあるような言葉ね。

オアフ島から北にある島はハワイ8島の中ではカウアイ島とニイハウ島の2島だけです。ニイハウ島はカウアイ島より北にあるので飛行機からは見えないですがカウアイ島に上陸して西側をドライブしたらニイハウ島を肉眼で見る事が出来ますよ。

ニイハウ島は今でも個人所有の島なので、そう簡単には行かれないので特別なツアーで行く様になります。ニイハウ島の話は、また別の機会にゆっくりするとしてダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港までのフライトの話の続きに戻りますね。

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港〜カウアイ島リフエ空港の30分のフライトでも飲み物が頂けます;)

「時間無くて飲み物を買う時間が無かったけど喉が渇いたわ。」なんて飛行機に乗ってから思う事ってありますよね。たった30分のフライトだからドリンクのサービスなんて無いだろうから我慢するわなんて思わなくても大丈夫よ。

飛行機はダニエル・K・イノウエ国際空港を離陸して安定するとカップに入ったトロピカルジュースか水または朝のフライトに限りホットコーヒーが無料で配られます。これでホテルにチェックインするまでは喉の乾きもなんとか持ちます(笑)

imgres

勿論お金を払えば、お酒も飲めますが以前、隣に座ったアメリカ人女性がワインを頼み2口ほど飲んだ時に「着陸態勢に入りますからシートベルトをしっかり、お締めになり座席、テーブルはもとの位置にお戻し下さい。」とアナウンス(英語)。

彼女「えっ!もう着くの!」と慌ててプラスティクカップに注いだワインを飲みほしていた事がありました(^^; それくらい短いフライトなので、お酒はカウアイ島に着いてからゆっくり召し上がって頂いた方がいいと思うわ;)

 

ハワイアンエアラインの日本語機内誌「Hana Hou!」ハナホウは是非もらって頂きたいです^^

ハワイアンエアラインの機内の座席の前のポケットには英語の機内誌の他に日本語の機内誌「Hana Hou!」ハナホウもあります。ハナホウはハワイ語でアンコールっていう意味ですよ;)

images-1

これはカウアイ島の事だけじゃなくて、とっても興味深いハワイの島々の事が色々書かれているの。 載っている写真も素敵な写真ばかりなんですよ;)

フライト時間はたった30分ですから機内でよっくり読む時間も無いと思いますので自由に持ち帰れますから薄い本で重くないのでホテルで読んでもらうもよし日本に持ち帰りゆっくり読んでいただくのもよし是非お持ちになって読んで欲しいです。

 

キャビンアテンダントさんが機内で配るパンフレットも是非もらって下さい;)

飛行機がカウアイに島のリフエ空港に到着する少し前にキャビンアテンダントさんがカウアイ島の地図と観光案内が一緒になったパンフレットをいかがですか?と声をかけて配り始めますので恥ずかしがらずに手を挙げてもらいましょう。

S__4513799

これは英語のみですが広げるとカウアイ島全体の地図になっているので後で意外と役にたったり「リフエ空港ってここなのね。」とか観光の後に「今日行ったカウアイコーヒーってここね。」なんて確認も出来るのでハンドタイプの小さなパンフレットですから是非もらって下さいね。

 

ハワイアンエアラインのキャビンアテンダントさんは、と〜ってもハワイアン♡

ハワイアンエアラインのキャビンアテンダントさんはスカイブルーにハイビスカスプリントの綺麗なユニファオームを着て髪にはハイビスカスやオーキッドのお花をさして耳にはブラックパールのピアスなんかしていて、と〜ってもハワイアンで素敵なんです☆

images-1

カウアイ島のリフエ空港に上陸する前から彼女達を見ているだけでハワイアンな気分になれちゃいますよ♪

 

窓側の席に座って空の上からのカウアイ島の絶景を満喫しましょう!

カウアイ島のリフエ空港までの30分の空の旅はオアフ島の脇を飛ぶようになるのでオアフ島を上空から見られて、これがまたいいんですよ。 カウアイ島が近づいてくると、その島の美しさにOH!と声が出るほどです。

images

何故かって?カウアイ島は椰子の木より高い建物を建ててはいけないのでオアフ島のような高層ビルが無いんです。なので島は緑で覆われていて、それはそれはビューティフルな島なのよ^^

青い海。青い空そして目がさめる様な綺麗な緑。これぞハワイっていう景色を空の上から楽しめます♪リフエ空港が近くなると赤土も見えてきて、またその赤が青や緑の爽やかな色に映えて素晴らしいんです☆

タミーはハワイ8島の中で空から見る島の美しさではカウアイ島がNo,1だとタミーは思います。窓側の席に座って空の上からのカウアイ島の絶景を満喫しましょう!

ダニエル・K・イノウエ国際空港からカウアイ島のリフエ空港へは右側に座ると東側のビーチが見えて左側に座ると西側のビーチが見えてどちらも素晴らしい眺めです。(気流の関係でまれに違うコースを取る時もあるそうです。)

 

カウアイ島のリフエ空港は小さいけど快適な空港よ。

カウアイ島のリフエ空港は大きな飛行場ではありませんが外観はハワイらしいポリネシアンな感じで内部はちゃんとエアコン完備で快適です。

小さなギフトショップに、花屋さん、レストラン、スターバックスなどもあります。 レストランには大した食事は無いのでカウアイ島に着いてすぐ食事をされたい方やカウアイ島を後にする前にお腹を満たしたい方にはリフエ空港近くのレストランがタミーのおすすめです。

こちらの記事を↓ご覧下さい。

リフエ空港のレストランでは無くオススメの味は、ここ!

話がそれちゃいましたね(^^;

リフエ空港に到着して飛行機を降りたら預け荷物をもらいにバケージ、クレーム(荷物受取所ターンテーブル)に向かいます。迷う様な大きな空港では無いので、ご心配なく。みなさんと同じように歩いていけば5分もかからずバケージ、クレームに到着します。

トイレはバケージ、クレームに行く間とバケージ、クレームのところにもありますから荷物が出てくるまで少し時間もかかるのでホテルまでの移動時間の前にトイレは済ませておくといいと思います。

リフエ空港に到着して荷物を受け取り外に出たら右側にレンタカーを予約してる人はシャトルバスが到着します。カウアイ島の空港からの移動はレンタカーかタクシー。ツアーでいらしている方はツアーガイドさんが、お迎えにいらっしゃいます。ホテルによっては空港までの無料送迎シャトルもあるそうです。

オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港〜カウアイ島のリフエ空港までの30分のフライトは、いかがでしたか?タミーと一緒に空を飛んだ気分だったでしょ;)

 

カウアイ島のリフエ空港までの航空券を検索する時の3レターはLIHです。

オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港〜カウアイ島のリフエ空港の航空券を買う場合ですが旅行会社で購入する場合は必要無いですがインターネットでダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港のフライトを検索する場合の空港の3レターはLIHになります。ダニエル・K・イノウエ国際空港の3レターはHNLになります。

「タミーさん、空港の3レターって何ですか?」空港の3レターは「空港コード」と言って空港1つ1つに付けられているコードなの。国際機関が定めたものでアルファベッド3文字からなるコードです。

この3レターがインターネットで航空券を購入する場合の検索には必要になるの。最近は空港名を日本語で入力すると親切に3レターを表示してくれるサイトもあります。

参考までに日本からダニエル・K・イノウエ国際空港空港までのフライトがある空港の3レターも紹介しておきましょうね。

成田空港3レター    NRT

羽田空港3レター   HND

関西空港3レター KIX

中部国際空港3レター NGO

インターネットの格安航空券サイトでは、とっても安いお値段で航空券が買える時もあるみたいですから3レターを使って検索してみて下さいね;)

 

日本の空港〜ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港までの航空券は一緒に購入して下さいね。

必ず国際便(日本の空港〜ダニエル・K・イノウエ国際空港)のチケットを買う時に一緒にイダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港のチケットも買って頂かないと割引にはならないみたいですから、ご注意下さい。往復で1万円くらい安くなる事もあるようですから、お気をつけ下さいね。

ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港間の割引は例えばホノルルに到着した、その日にカウアイ島に来なくても大丈夫なはずです。私は日本へのフライトはANA(全日空)を利用していていてANAで航空券を購入しますがハワイアンエアラインと提携を結んでいるのでANAでハワイアンエアラインの航空券も一緒に購入すると割引もありますしANAマイルも貯まります。

ダニエル・K・イノウエ国際空港からの乗り継ぎはありますがハワイアンエアラインは日本へも飛んでいますから日本の空港からホノルル経由でハワイアンエアラインのみでカウアイ島のリフエ空港まで来れますよ。

カウアイ島リフエ空港までのフライト2社のホームページをこちらに紹介しますので詳しくは各航空会社のホームページをご覧ください。

ハワイアンエアラインの↓公式日本語サイトは、こちらをご覧ください。

https://www.hawaiianairlines.co.jp/

日本の「成田空港、羽田空港、関西空港、中部国際空港」からホノルル空港までの航空会社については↓「カウアイ島へのアクセス(^^♪」の記事に詳しく書いていますのでこちらの記事をご覧ください。

カウアイ島へのアクセス♪

そして、もう1つここ大事です!

 

日本からいらした方はダニエル・K・イノウエ国際空港で入国審査を受けて必ず荷物を受け取りましょう!

どのエアラインでハワイに来てもダニエル・K・イノウエ国際空港に到着したら必ずダニエル・K・イノウエ国際空港で入国審査を受けます。そして日本の空港で預けたスーツケースなどの荷物も必ずダニエル・K・イノウエ国際空港で受け取ります。(カウアイ島のリフエ空港から日本へお帰りの場合はリフエ空港で日本までの航空券の予約の紙を見せると荷物はダニエル・K・イノウエ国際空港で受け取って預け直す事なく日本の空港で受け取れます。)

*必ず荷物の引換券が「成田」とか「羽田」とか日本の空港名になっている事を確認して下さいね。

日本からダニエル・K・イノウエ国際空港に到着して、そのままカウアイ島にいらっしゃる方はダニエル・K・イノウエ国際空港の到着時間から約2時間〜2時間半くらい後のフライトを予約した方がいいです。なぜならダニエル・K・イノウエ国際空港での入国審査の時間が、かかるからです。

入国審査に機械も導入されて以前より大分スムーズになりましたが、やはり入国審査には時間がかかりますし何かトラブルが起きないとも限りませんので乗り継ぐ便は余裕をもった時間の便を予約されて下さいね。入国審査の機械は、こんな感じのが並んでいます。

「入国審査機械でするんですか?私、英語全くわかりません>_<」って大丈夫ですよ;)「日本語」に変えることもできますので画面の日本語をタッチして日本語表記に変えましょう。 そしたら後は簡単に入力ができます。家族の場合は一台の機械で入力ができますので、みんなで同じ機械の前に行きましょう。

まずはパスポートの顔写真のページをスキャンします。入力内容は来る時の飛行機の中で配られる”税関申告書”下の画像の内容と同じになります。

入力は日本語の指示に従って進んでもらえば問題無いです。全ての項目にNoにチエックを入れるだけの簡単なものですから焦らず落ち着いて進みましょうね。

(注)食べ物を持っている人は11番の質問事項(a)はYesにチエックをします。ここにYesとチェックした事には関係無く荷物を受け取った後でランダムで荷物を開けるように言われる事があります。
そう言われた方は素直に荷物を開けてチェックしてもらって下さいね。問題がある物を持っていなければOKと言われてすぐに終了します。

 

入力を終了すると片手の指紋認証スキャンをして、顔写真を撮ると左端に顔写真が入ったレシートが出てきますので受け取って下さい。 その後「続けて入力しますか?」と聞いてくるので家族がいる方はパスポートをスキャンして同じように始めて進み人数分のレシートをもらったら機械での入国審査は終了します。

その次は係員がゲートの前にいますから”来る時の飛行機内で書いた手書きの税関申告書と機械から受け取ったレシートとパスポート”を係員に手渡して下さい。

同じ様に「何をしに来ましたか?食べ物は持ってないですか」?と聞かれるので。「sightseeingサイトシーイング(観光)と食べ物を持っていない場合はNoノーと答えて下さい。もし食べ物を持っている場合は「味噌スープ」とか「クッキー」とか持っている食べ物を答えましょう。

手書きの税関申告書だけを係員がもらいパスポートには入国審査済みのスタンプを押してくれたのと機械から出たレシートに赤鉛筆でサインをして返してくれます。それをもらったらエスカレーターで下のバゲージクレームに下りてターンテーブルで荷物をもらいましょう。

同じ事を書いて機械で入力して、また聞かれてってしつこいなと思いますよね(–;  将来的には機内での手書きの税関申請書は無くなるとの事ですが入国審査がもっと簡単になる事を願いましょう。

日時やフライトによって入国審査にかかる時間は違いますが「空いていて、すぐ終わったわ。」なんて事は、まずありません。

アメリカのVISAやグリーンカード(永住権)を持っていらっしゃる方は並ぶ場所が右側で日本からいらっしゃる90日以内の旅行者の方は左側のラインに並びます。こちらのラインの方が長いのですぐわかりますよ。

でも「もしスって入国審査が終わっちゃって2時間もダニエル・K・イノウエ国際空港で待つのは嫌だわ。」そうですよね、そこもご心配なく;)

ハワイアンエアラインのカウンターに行きCould you change my flight to an earlier time ?(クジュユー チェインジ マイフライト トゥ アン アーリアー タイム?)と言ってもらうと。

もし前の便に空席がある場合は無料で変えてもらえるので待たずに早いフライトに乗れる場合もあります。

 

預け荷物のタグがリフエ空港まで付いている方はダニエル・K・イノウエ国際空港内で荷物を再度預けて下さい。

ダニエル・K・イノウエ国際空港で入国審査を終えてバケージ、クレームで荷物を受け取ったらターンテーブルの先に荷物チェックの場所がありますが、ほとんど何も言われず通過して先に進みます。

たまに手招きをされて「荷物を開けて下さい。」なんて止められてチェックされてる人を見た事があります。これはランダムで行われている様で止められた場合は素直に荷物を開けて見せて下さいね。

ここから大事です!よく聞いてね。日本の空港でチェックインして荷物を預ける時に目的地をカウアイ島のリフエ空港である事を伝えて下さい。

航空会社のグランドホステスから各空港で「ホノルル空港で入国審査を受け荷物を受け取って下さい。」と言われますので、それは了解して構いませんが必ず!”荷物のタグはリフエ空港(LIH)まで下さい。”と言って下さい。あなたの最終目的地はリフエ空港ですから。

荷物のタグの控えもくれますので、ご自分の目で荷物の最終受け取り地がリフエ空港である事を確認されて下さいね。このタグがダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)までだとホノルル空港で受け取った荷物を再度ハワイアンエアラインに預ける事になるので預け荷物の料金を支払わなければならない場合があります。

もし荷物のタグはダニエル・K・イノウエ国際空港までしか出せないと言われた場合はダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港までのハワイアンエアラインへ預ける場合の荷物は無料なのかをその時に確認して下さいね。

荷物1つ目が$25。2つ目は$35ですからね。安く無いですよ。2人で2つずつ預けたら$70美味しいディナーが頂けちゃいますよね;)

リフエ空港までのタグが付いている荷物の場合はホノルル空港のターンテーブルで受け取った後、荷物検査の場所を通ると左に向かって進みます。

すると前方に機械から出たレシートに赤鉛筆でサインをして返してくれたのを集めてる方が立っているので、その方にレシートを渡してホノルル空港の外に出るのですがカウアイ島へ行く方は、ちょっと待った〜!!!

 

レシートを渡す前の右側に荷物を預ける所があるので、そこへスーツケース(機内持ち込み以外の荷物)は預け直して下さい!

リフエ空港までのタグが付いている荷物の場合はレシートを係りの人に渡して荷物を持って外には出無いで下さい。その手前の右側に荷物を預ける場所があるので、そこへリフエ空港までのタグが付いたスーツケースなどの預け荷物を預けて下さい。機内持ち込み荷物は預け無いで下さいね。

何か英語で聞かれて「わかんないー!」なんてパニックしないで下さい。ただ一言「リフエ」と言えば係りの人はOKと言ってスーツケースを受け取ってくれますから。

「リフエ」と言ってWhat? なんて聞き直されたら「カウアイ」と言ってみて。この時に注意するのは「カウアイ」の発音。英語では「カワイ」と発音します。可愛い〜って覚えていてね(笑) それでもまだ何か言ったり変な顔したらスーツケースに付いてる白い帯みたいなタグのLIHUEと書いてある所を見せたらわかりますから。

スーツケースはお金を再度払うこと無くカウアイ島のリフエ空港で受け取る事ができます。インターナショナルフライト(外国からハワイに来るフライトの場合は預け入れの荷物は1人 2つまで無料です。)

(注)ダニエル・K・イノウエ国際空港〜リフエ空港への便を早い便に変えたい場合は、ここで荷物を預けてしまうと荷物はあなたと同じ便には乗れませんので預けずにハワイアンエアラインのカウンターまで持って行って荷物のタグを付け直さなくてはいけません。その時の預け荷物が無料か有料かはタミーにはわかりませんのでハワイアンエアラインのカウンターの方にお聞き下さい。

あなたは手荷物だけ持ってレシートを回収している係員の所まで言ってその用紙を渡してそのまま空港の外にでましょう。

(追記)タミーが記事を書いた時には以上の内容でしたが航空会社の規定はよく変わりますので荷物の受け取りや預けなおし、その場合に料金が発生するのかは、ご利用になられる航空会社やチケットを買われたサイトや旅行会社にお尋ね下さいm–m

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港ターミナルからハワイアンエアラインへの行き方

ダニエル・K・イノウエ国際空港を出たら右側の道路に向かって少し歩くと左側に別のビル(インターアイランド・ターミナル)が見えるので、その中にハワイアンエアラインはあります。 歩いて2, 3分の距離です。出国ターミナルは2階になります。

エスカレーターがあるので、それで2階に上ってもいいですが写真のエスカレーターの右側の壁の裏側にエレベーターがありますから荷物が重い方などはエレベーターが便利です。

images-2

それで2階に上がったらどんどん右に進みます。ビルディング内は混雑してる事もあるので外に出てドアの横を歩きながら進んだ方が混んでませんよ。

真ん中ら辺がセキュリティーになるので、そのセキュリティーのラインを過ぎた先に何台か丸い形にチェックインの機械が置かれていますので、そちらでチェックインしましょう。

images-2

インターアイランドへのチェックインは30分前までです。フライトの変更がある場合はハワイアンエアラインのカウンターがあるので、そちらの方に先ほど教えた様に早い時間のフライトに変更してもらえるか聞いてみましょう。

変更が無く予定通りのフライトの方は機械で最初に「日本語」を選らんでもらうとどなたにも簡単にチェックイン出来ます。 ハワイアンエアラインの預け荷物はインターナショナルからの乗り継ぎの場合は規定内23キロ以内のスーツケース2つは無料です。

ただし日本からの国際便でハワイにいらしてホノルル空港を1度出てワイキキなどオアフ島に滞在されてから別の日にハワイアンエアラインでカウアイ島のリフエ空港に向かう場合は預け荷物は無料にはならず1つ目は$25,  2つ目は$35を荷物を預ける前に機械にクレジットカードを入れて支払いますのでインターナショナルで使えるクレジットカードをお持ち下さい。

(注)空港会社の規定は突然変更になりますので必ずご自分で空港会社か旅行会社に事前に確認して下さいね。

機械から荷物に貼るタグが出てくるのでシールになってますから持ち手に輪の様にして貼り付けて機械の左側にある荷物を預ける場所に持って行きましょう。 ベルトコンベアーみたいなのがありスタッフが立っているのですぐわかります。

荷物を預けたら戻ってみんなが並んでいるセキュリティーのラインに機械から出て来たボーディングパス(搭乗券)とパスポートを手にして並びましょう。預けた荷物の番号はボーディングパスの半券に書かれているので搭乗後に半券を無くさない様にしてくださいね。

もし荷物が下りて来なかったなんて事があったら調べてもらえませんから。(タミー1度ダニエル・K・イノウエ国際空港から預けたスーツケースが出てこなかった事がありました。次の便で荷物は届いて家まで届けてくれました。)

日本からカウアイ島のリフエ空港までのタグの付いた荷物をダニエル・K・イノウエ国際空港を出る前に預け直した方は荷物を再度預ける必要はありませんから機械でチェックインをして搭乗券をもらったらセキュリティーのラインに並びましょう。

液体類は機内に持ち込めないので手前にゴミ箱があるので飲み物などは捨てましょう。セキュリティーを通った後で買った水やコーヒーなどの飲み物は機内に持ち込めます。

後はボーデイングタイムとゲートナンバーがボーディングパス(搭乗券)に書かれていますからチェックして、そのゲートの前にボーデイングタイムの少し前には必ず行っていて下さいね。

後は飛行機に乗ったら先ほど話したように約30分でリフエ空港に到着しますので、ご心配なく。

ハワイアンエアラインには日本語のホームページもありますからハワイアンエアラインに関する事は全てこちらで確認出来ます↓

https://www.hawaiianairlines.co.jp

JTBやHISなどの旅行会社から旅行をお願した場合は旅行会社にわからない事は問い合わせて下さいね。

先ほど説明しましたダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港への搭乗までの手続きを全てお世話して下さるスタッフ付きのツアーもありますよ。(タミーの叔父&叔母はいつもJTBのツアーでカウアイ島に来ますので係りの方がホノルル空港で全て日本語でお手伝いしてくれるそうです。)

「初めて外国に来て、またその国の中で自分で飛行機を乗り換えるなんて難しそうで無理よー。」なんてビビってる方もいらっしゃると思いますが一度やってしまうと度胸出て意外に簡単なものですよ。

ハワイの空港のスタッフは、どの島も他の国やアメリカ本土に比べたらみんな親切です^^中には日本語を話せる方もいますし英語しか話せなくても笑顔で親切に対応してくれますから後は度胸だけよ。

海外で飛行機の乗り継ぎの練習するにはダニエル・K・イノウエ国際空港からリフエ空港の乗り継ぎなんて一番いい練習だと思うわ;)

カウアイ島のリフエ空港はダニエル・K・イノウエ国際空港から毎日、日本からあなたが、いらっしゃるのを心よりお待ちしていま〜す(^^)

Much Aloha♡ Tammy