ワイキキのレストランでのチップの支払い方。

Aloha(^^)/

あなたは、ハワイに旅行した時に困るなって思った事が何かありますか?

日本とハワイ(アメリカ)には違った習慣もありますからね。

前回ワイキキのシーフードレストランを紹介しましたが食事の後で支払いの時に払うチップって困ったりしませんか?

今回はタミーがチップについて役立つ情報をお話ししますね;)

スポンサードリンク



ワイキキのレストランでは基本チップは払いましょう。

images-1

日本人にはチップという習慣が無いので「チップって絶対に払わなくちゃいけ無いの?」「なんか損した気分なよね。」「忘れたふり知ちゃえば。」なんて思っている方はいませんか?

チップはワイキキのレストランだけに限らずハワイ(アメリカ)で働く人の収入の1部です。

みなさんは知ら無いと思いますがチップという習慣があるので初めからチップを差し引いた労働賃金に設定されているので、お給料は少ないんですよ。

なのでチップは必要なんです。レストランの場合は受けたサービスに対して支払うお金なのでサービスを受けた私達は気持ち良くチップを支払いましょうね;)

「お料理が冷めてたから私ウエイターにチップは払わ無かったわ。」「忙しそうで中々注文取りに来てくれなかったのよ。だから私ウエイトレスにはチップあげなかったの。」

あらら?!そんな事しちゃったんですか?>_<

お料理が冷めていたのは作った人でウエイターのせいじゃないかもしれないですよね?

お店が忙しいいのは、お店の状況をよく把握出来なかったマネージャーの力のなさかもしれませんよね?

あなたが気分が悪い事があってチップを払いたく無くても全てウエイターやウエイトレスのせいでは無いかもしれないので文句は言っていいです。相手の為ですから。

でも例えば20%払おうと思っていたのなら15%にするとか少なくてもチップは払ってあげて下さい。

そして英語が出来なくても精一杯自分が嫌だと思った事は伝えましょう。片言の英語でも酷い英語でも日本語のみでも!

言葉が全て通じなくても相手にこちらが気分が悪い事はわかりますからチップが少ない理由はわかってもらえますよね。(笑顔で言ったらダメですよ。)

「私の担当、日本人のウエイトレスさんだったからラッキーだったわ。チップいらないもんね。」@_@

日本にチップの習慣が無くてもどこの人種でもワイキキのレストランで働いてるウエイター&ウエイトレスにはチップは払いましょうね(^^;

スポンサードリンク



チップっていくらくらい払ったらいいの?

ワイキキのカジュアルなレストランで15〜20%,高級レストランで20〜25%,バッフェレストランで10%。

基本このくらいのチップは払いましょうね。

「眺めのいいテラス席がいいんですけど」と言ったらいい席に変えてくれたりなんていう特別サービスをしてくれたら少し多めにチップをあげて欲しいですよね。

タミーは「素敵な髪型ですね」とか「素敵なドレスですね。」なんて自分の事をほめられるとダーリンに「彼女には沢山チップあげてね。」ってお願いしちゃいます(笑)

アメリカ本土からハワイに旅行来たアメリカ人の方はワイキキの高級レストランでは30%くらいチップをあげるそうです。

「ワイキキのバッフェのレストランでもチップ払うんですか?」

バッフェレストランでも空いた食器を片付けてくれたり、お水をそそいでくれたりしたら、それはサービスがあったという事ですからラーメン屋さんでも自販機で食券を買って自分でラーメンも運び、水もそそいで食器も片付けるようなお店以外はラーメンも運んでくれるでしょうから10%くらいのチップは払ってあげて下さいね;)

ワイキキでもチップを払わ無いでいいのはファーストフード、テイクアウト専門のレストラン。

マクドナルドなどのファーストフード店やテイクアウト(お持ち帰り専門)のレストランではチップは払わなくてもいいです。

そういうお店にはレジ横に瓶などが置いてあって$1札が数枚入っていたりTip(チップ)と瓶に書かれていたりするので$1札でもいいですし余ったコインがあったら気持ち瓶の中にいれてあげてもいいですね。

images

コインは日本へ持ち帰っても日本円には両替できませんから。サービスしてあげてね。

ワイキキのレストランでウエイターやウエイトレスから直接とんでも無い事をされたとか言われたとかなら、まずはマネージャーさんを呼んで「これこれこういう事がありました。」とちゃんと説明してだから「チップは払いたくありません。」と自分の意思を説明して下さいね。

これもどんな場合だからでは無く人には許せる事と許せ無い事がみなさん違いますからご自分の判断でされて下さい。

チップを払わないでいい場合には他にも旅行会社にディナーの予約をして既に日本でチップも込みの値段で支払いをしてある場合はチップを払う必要は、ありません。その場合はミールクーポンなどを持って行くようになります。

サンセットディナークルーズツアーを申し込んだ場合には夕食も付いてチップも含まれたツアー代金を払っているはずですからチップは必要ないと思います。

日本から両替する時にいくらか$1札を入れてもらいましょう。

$10分($1札で10枚)くらいは日本で両替する時に$1札でもらいましょう。

ワイキキのホテルに着いてから細かくすればいいわなんて思っていると空港からシャトルでワイキキのホテルに着いたら荷物を降ろしてくれた運転手さんに$2〜$3(荷物の量によりますが)渡さなければいけないので日本から少しは$1札を用意していきましょう。

その後は現金で買い物する度お釣りをもらったら$1札は別にして置くといいですよ。

マネークリップで$1札だけ別にしておくとチップを渡し安いですがマネークリップが無い場合は普通のクリップでも輪ゴムでも使って$1札を別にしておくとサッとチップ渡せてかっこいいです;)

チェックアウトする最終日「やだー!$20札しか無いわ〜」ってベッドの上に盛り塩みたいにコインを積み上げて日本に帰ら無いで下さいね(笑)

コインは先ほどお話したようにTipの瓶などに入れてあげましょう。コインだって勿論お金ですがコインでTipを払うのは失礼なので止めましょうね。

チップを直接渡す時はお札をたたんでテーブルに置く場合は開いて置きましょう。

images-2

チップのレーシートへの記入の仕方。

食事が終わるとウエイター(ウエイトレス)がレシートをカードホルダーかトレイみたいなのに入れてテーブルへ持って来てくれます。

来ない場合は「Check please」(チェック、プリーズ)とウエイター(ウエイトレス)に声をかけたら持って来てくれます。

ここで注意したい事が1つ!

レストランでのお願い事は必ず自分のテーブルのウエイター(ウエイトレス)にする事!

images

ここ日本と違う大事なポイントです。ワイキキに限らずハワイ(アメリカ)のレストランでは最初にテーブルについてくれたウエイター(ウエイトレス)水やメニューを持ってくるだけの係りの人もいるので、ちゃんと挨拶をしてくれた方。

たとえばAloha, how are you today?My name’s Lisa. I will be your waitress.

(アロハ、ハウ、アー、ユー、トゥデー?マイ、ネイムズ、リサ。アイ、ウィル、ビー、ユアー、ウエイトレス。)

アロハ〜今日は、お元気ですか?私の名前はリサと言います。私があなたの担当のウエイトレスです。

みたいな挨拶があるので、そのウエイトレス(ウエイター)以外に注文も追加注文も水が欲しいとか会計をして下さいとか何にしてもお願いは、その方だけにして下さい。

それがハワイ(アメリカ)のルールです!

「私の担当の人忙しくてちっとも来てくれないから他の人が近くだから頼んじゃおう」とか思って別の人に頼んだらダメです×

中々来てもらえなかったら少しでも近くになった時に手をあげてExcuse me(エクスキューズ ミー)すみませんと声をかけましょう。気がついてくれるまで。

チップの簡単な計算の仕方

タミーは計算が苦手ですiPhoneの電卓とか出して計算したらいいのでしょうがワイキキのレストランで日本人以外は携帯電話や計算機でチップを書いている人いないですかから。

タミーなりに簡単な方法を思いつきチップを計算してるので教えちゃいますね。

例えばレストランの支払い合計が$68.40だとします。小数点以下は四捨五入します。

この場合は$68(もし$68.60だったら$69)みなさん四捨五入はわかりますよね。5より上は切り上げ4までは切り捨てね。

つぎは$68に小数点を打ちます。$6.8 また四捨五入して$7 これは10%のチップの金額。

計算機で68×0.1=6.84 ですから四捨五入したら$7で同じです。

20%なら2倍で$14 簡単でしょ。15%なら10%チップの$7を2で割って3.5+7=10.5四捨五入して$11

計算機で20%を計算すると68.40×0.2=13.68 四捨五入して$14 で同じでしょ。

15%を計算すると64.40×0.15=10.26四捨五入すると$10そうタミーの計算の仕方だと$1多く払っちゃいます。

$1でも多く払いたくない人は電卓で計算するか頭のいい方は頭の中で暗算して下さい。この計算金額によっては$1少ない場合もあるんですよ(^^: チップはピッタリ%支払わなくちゃいけないっていう決まりはないですからアバウト多少の金額に違いは問題ありません。¥

レシート(伝表)へのチップの書き方

ワイキキのレストランで楽しい食事が終わると担当のウエイター(ウエイトレス)が伝票を持って来てくれましたよ。

伝票と言ってもこんな感じのレシートです。

S__3072007

 

1、Tip(チップ)の金額を書きます。

TIPの部分はお店によってGRATUITYとかSERVICE CHARGE(s/c)になっている場合もありますが同じですので、そこにチップの金額を書きましょう。

2、Totalにはチップを足した合計金額を書きます。

3、Signatureにはカードの裏面と同じサインを書きます。日本語の場合は日本語で書いて下さい。

この部分が×____________となっている伝票もあります。

shutterstock_34242583

 

支払いの仕方1、現金の場合

カードホルダータイプならチップと合計金額を書いてカードの裏面と同じサインをしたレシートを1枚はさみ現金もはさみます。チップの金額はテーブルの上に置くようにしましょう。もう1枚のサインをしないレシートにもチップと合計金額を書いて控えに財布に入れて持ち帰りましょう。

トレイなら上に現金とチップと合計金額を書いてサインしたレシートを1枚乗せましょう。チップは同じようにテーブルの上に置きましょう。

テーブルの上にチップを置く場合はぴったりの金額にして下さいね。

チップ用のぴったりの現金がない場合は合計金額分より多い現金をカードホルダーに挟むかトレイに一緒にのせれば、どちらの場合もちゃんとお釣りをもらえますから大丈夫です。

支払いの仕方2、クレジットカードの場合

カードホルダータイプならチップと合計金額を書いてカードの裏面に書かれたサインと同じサインをしたレシートを1枚はさみカードを差し込む部分があるので、そこにカードを入れます。

閉じてもカードは外から見えるようになるのでウエイター(ウエイトレス)が気がついてくれます。

もう1枚サインをしないレシートにも同様にチップと合計金額を書いて控えに財布に入れて持ち帰りましょう。

トレイなら上に現金とチップと合計金額を書いてサインしたレシートを1枚乗せて、その上にカードを乗せましょう。

カード支払いの場合はカードを受け取るまでお釣りのある場合はお釣りを受け取るまで待ちましょう。

どちらもうっかりして支払った事に安心してさっさと帰らないようにして下さいね;)

以上はテーブルで会計をする場合ですがカジュアルなレストランでテーブルまでレシートをウエイター(ウエイトレス)が持って来てくれても会計(支払い)は入り口横のレジでする様なタイプのお店もあります。

支払いの仕方3、テーブルで会計しないでレジで支払いをする場合

カードでも現金でもまずは今までと同じようにチップの計算をして2枚のレシートに同じようにチップと合計金額を書き込み1枚にはカードの裏面と同じサインをしてもう1枚は財布に入れて持ち帰ります。

サインを書いたレシートを持ってレジに支払いに行きますが現金を持っていて、ぴったりの金額がある場合はチップはテーブルの上に置きましょう。

これはテーブルでもレジで払う場合も同じですがカード払いでもチップは現金で払いたい場合はチップだけを現金でテーブルに置いて食事の合計金額はカードで支払う事も出来ます。

その場合はチップ部分に線を引いて、そのままの合計金額を書いてチップはウエイター(ウエイトレス)さんにThank you(サンキュー)と直接手渡ししてもいいですしレジで支払う場合はTip on the table.(チップ、オン、ザ、テーブル)チップはテーブルに置きました。と1言声をかけてカードとサインしたレシートを渡してレジで支払うといいですね。

日本人の場合チップが含まれているレシートを渡される場合があるので注意してね!

ワイキキは日本人観光客だとわかると初めから勝手にチップの%を決められて20%$◯◯と書かれて合計金額まで書かれてある場合があるので、それで納得なら、その金額を支払えばいいですが気がつかず2重にチップを払ってしまう人もいるようなので気をつけましょうね。

相手は2重に払っても教えてくれない場合もあるみたいですから。

レシートを見てもチップが含まれているかわからなかったり不安な場合はIs the tip included?(イズ、ザ、チップ、インクルーデッド?)チップは含まれていますか?とレシートを見せながら聞いて下さい。

勝手に付けられたチップが気にいらなれけばPlease bring the bill without including the tip.(プリーズ、ビリング、ザ、ビル、ウイズアウト、インクルーディング ザ、チップ)チップの含まれていない伝票を下さい。と言って自分で好きな金額書いてを支払う事もできますよ。

レシートの下の部分に空いている場所があれば勝手に書かれたチップには2本線を引いて消して空いてる部分にチップと書いていくらか金額をかいてもいいです。

チップ用の細いお札が無く両替して欲しい時はMay I have change?(メイ、アイ、ハブ、チェインジ?)両替してもらえますか?とか$1にいて欲しい時はMay I have ones?(メイ、アイ、ハブ、ワンズ?)$1札にしてもらえませんか?という意味なので$10札をだせば10枚1ドル札をもらえます。

両替をしてくれないレストランもありますから現金でチップを払いたい場合は食事に行く前に細いお札を用意していった方がいいですよね。

最近ワイキキ(ハワイ)ではレシートの下に15%$◯◯、18%$◯◯、20%$◯◯と計算しなくてもいいようにチップをご丁寧に計算して印刷されているものもあります。

caption

計算しないでいいのは親切で助かりますが、これが出るとなぜか真ん中の18%を選んでしまうタミーです(笑)なんか一番安いのって選びにくい(^^;

ぴったりの金額ですがチップの早見表も参考までにご覧下さいね。

S__3153926

バーとかプールサイドの飲み物のチップは、その都度飲み物1杯につき$1払う。

ワイキキでレストランを予約してその時間に行ってもテーブルが空いていない時もあります。

そんな時に「バーで待ちますか?」と声をかけられる時があります。

その場で待ってもいいのですがバーだとドリンクを頂きながら席が空くのを待てるのでタミーはバーで待つ事が多いのですが、そんな時に何にしますか?と聞かれ例えばビールを頼んだ場合。

ビール代金は会計の時に払えばいいですがビールを運んでくれた人に1杯につき$1キャッシュでチップは払います。

そういう場合会計の時のチップには、そのビール代金は含まなくていいです。

レストランじゃなくバーだけの場合はその場でチップ込みの1杯のお酒の値段をキャッシュで払うお店もあります。

こういうのをC.O.D(cash on delivery)キャッシュ、オン、デリバリーといいます。

プールサイドで飲み物を頼んだ場合も運んでくれた方には1杯につき$1払いましょう。

代金は会計の時に支払います。泊まっているホテルの場合は部屋にチャージされてチェックアウトの時にまとめて支払いをする場合もあります。

ピザを注文して部屋に届けてもらった場合は15%〜20%のチップを払いましょう。

割引券やクーポンを使ってもチップは最初の合計金額で計算する。

前回の記事でワイキキのレストランに行く時は割引券&クーポン券は大いに使いましょうとおすすめしましたがチップの計算で大事な事はチップは初めの合計の金額で計算します。

例えばディナーの合計が$100で20%OFFの割引券を使ったら$80になりますがチップを20%払うとしたら$20で合計は$100の支払いになります。

間違えて$80の20%OFFで$16をプラスして支払わないようにして下さいね。

細々かきましたがワイキキのレストランで食事した後のチップ払い方は分かってもらえたかしら?

それから、もう1つワイキキのレストランは灯りが日本と違って暗いです。

特にディナーはテーブルのキャンドルはロマンチックなんですが伝票の字が年配の方は特に暗くてよく見えません。キャンドルに伝票近づけすぎて燃えても困りますしね。

そんな時は携帯電話の灯り便利です。年配の方はバッグに老眼鏡をお持ち下さい。携帯で伝票の写真を撮り拡大して伝票を見てた人をこの前みました。いいアイデアですよね(笑)

これでワイキキのレストランで食事してもスマートにチップと支払いができそうですね(^^)

チップはレストラン、ホテルで荷物を運んでくれたり、シャトルから荷物を降ろしてくれたりの時だけでなく

タクシーを利用した時(20%くらい)忘れがちですがエステ、マッサージ、ネイル、ヘアサロンも(20%くらい)のチップを渡す事を忘れないで下さいね。

ではワイキキのレストランでのお食事そしてハワイ旅行楽しんで下さ〜い♪

Much Aloha♡Tammy

タミーは何位でしょう(^^) ↓

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

2 Responses to “ワイキキのレストランでのチップの支払い方。”

  1. Aanandhan より:

    I rellay needed to find this info, thank God!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ