ロックダウン中カウアイ島で逮捕されたとんでも無いカップル!

コロナウイルス情報

Aloha^^ 「ハワイへの渡航は控えて下さい。」とお願いするロックダウン中、どうしても理由がありハワイへ来られた方は滞在先で14日間自主隔離をしなければなりません。

もしコロナウイルスに感染していたらハワイに感染者を拡大しちゃいます。

信じられない事にとんでも無いカップルがカウアイ島に来て規則を破り逮捕されました!

逮捕されたとんでも無いカップル>_<

4月10日(金)にカウアイ島で逮捕されたカップルは”ハワイへ来られた方はハワイ在住者も訪問者も自宅や滞在先で14日間自主隔離をしなければならない。”と言う「14日間の強制検疫期間」の規則を破りました。

このとんでも無いカップルはハワイ州オアフ島アイエアのアダム・シュワルツェ(36歳)とバージニア州アレクサンドリア・デジレマービン(31歳)の大人のカップルです。

タミーは、このニュースを見た時に驚き怒るより悲しくなりました。どんな理由があって、この逮捕されたカップルがカウアイ島に来たのかは、わかりませんが「14日間の強制検疫期間」の規則を守らなかったのは最悪!逮捕されるのは当然です。

 

とんでも無いカップルは14日間の強制検疫期間の規則を知っていた!

驚く事に彼らはハワイの島々への渡航が禁止されていたのも14日間自主隔離しなければいけない「14日間の強制検疫期間」の事も知っていました。

なぜならカウアイ島のリフエ空港の警備員が彼らに「14日間の強制検疫期間」の規則を説明しました。そして警備員は空港近くに待機している警察官に2人の事を報告しました。

このとんでも無いカップルがカウアイ島のリフエ空港を出た時、2人が宿泊予定の施設の場所の反対方向にレンタカーで向かったので警察官はカップルを止めて再び「14日間の強制検疫期間」の事を伝え”どこにも寄らず彼らの宿泊施設に直接行く様に”伝えました。

空港で、そして空港を出た所で2度もカウアイ島で「14日間の強制検疫期間」の事を伝えられたのにもかかわらず、このとんでも無いカップルは逮捕されたのです。

14日間の強制検疫期間の規則を守らないカップルは逮捕されました

カウアイ島のリフエ空港を出てから約1時間半後、パトロール中の警察官はカウアイ島の北プリンスビルのスーパーマーケット「フードランド 」の駐車場に彼らのレンタカーを見つけたのです。

買い物を済ませたカップルが店を出た時に「14日間の強制検疫期間」の規則を破った2人は警察官に逮捕されました。本当にとんでも無いカップルです>_<

「14日間の強制検疫期間」の規則を破ってスーパーマーケットへ行ったって信じられません。カウアイ島の住民が自粛生活を続ける中、生活必需品と食品の買い物には行っていいとされているスーパーマーケットに2人は行ったのです。

もし2人がコロナウイルスの感染者だったらと思っただけでゾッとします。本当に恐ろしい事です。

この2人は知っていたのかしら「14日間の強制検疫期間」の規則を破ったら最高$5,000の罰金または最高1年間刑務所に入らなければいけない事を。

勿論、空港の警備員と警察官から彼らは「14日間の強制検疫期間」について2回も説明を聞いているのですから罰則がある事は知っているはずです。

高い買い物になってしまった2人。今もカウアイ島の刑務所の独房に別々に留置されているバカカップルです。

この2人が感染者で無い事を心から願います。でも、バカはこの2人だけでは無いのです>_<

他にも14日間の強制検疫期間の規則を破り逮捕された男がいます

悲しい事に4月2日(木)にも「14日間の強制検疫期間」の規則を破り逮捕されて今独房に留置されている男がいます。ワシントン州オリンピアのデヴィン・マーティン(50歳)です。

彼は4月2日(木)アラスカ航空でカウアイ島のリフエ空港に着きました。空港の警備員は彼に「14日間の強制検疫期間」の規則の説明をしました。

彼には宿泊先の予約が無かったので警備員が警察に連絡して彼は逮捕されました。カウアイ島の中をこの男にウロウロされたらたまりません。

逮捕された時に彼にはコロナウイルスの症状はありませんでしたがウイルコックス病院に寄った後、独房に連れて行かれました。

カウアイ警察によると彼はカウアイ島の渡航目的を明らかにしないので今も独房にいて「14日間の強制検疫期間」が終了する今週の4月17日(金)にワシントン州に戻る予定です。

逮捕された3人には明確な渡航目的はありませんでした。なぜロックダウンの最中に彼らはカウアイ島に来る必要があったのでしょうか。しかも「14日間の強制検疫期間」の規則を守らないって許せません。

飛行機は飛んでいるのだからカウアイ島に来る人はいる!

ハワイアン航空が全便運休していてもカウアイ島にはサウスウエスト航空やアラスカ航空の飛行機は飛んでいるのですからカウアイ島に入って来る人はいるのです。

どうしても来なければならない理由の方もいるでしょうからカウアイ島に来ても全ての方に「14日間の強制検疫期間」の規則を守って頂か無くてはいけません。

とんでも無い3人が逮捕された様にカウアイ島のリフエ空港もカウアイ警察も厳しく取締りをしています。

カウアイ島に来ても14日間の独房生活なんて嫌でしょう!規則は守りましょう!

ハワイのコロナウイルスの感染者数とカウアイ島の状況

ハワイ時間の昨日4月14日のコロナウイルスの感染者数です。

オアフ島358人 マウイ島86人 ハワイ島41人 カウアイ島21人  モロカイ2人

カウアイ島はハワイ州の中では感染者数が一番少ないです。それは早くから夜9時〜翌朝5時まで外出禁止だったりチェックポイントと言う検問が島のあちこちにあり警察官が行き先を確認して食品や生活必需品の買い物は2週間に1度行かれる事をおすすめしています。

最近はマスクを付ける規則も追加されて、これらの厳しい規則を島民が守っているからこそ感染数が他の島に比べて少ないのだと思います。

でも感染者は少しずつ増え続けている状態ですから引き続き今月末までロックダウンは続きます。気を引き締めて自粛生活をしなければいけないと思います。

カウアイ島は長寿の島でお年寄りが沢山いらっしゃいます。なのに病院の数が少なく集中治療が行えるベッドがカウアイ島には7つしか無いと聞きました@_@

なので絶対に感染者を増やしてはいけません!「14日間の強制検疫期間」の規則を守らない人は許せません!

タミーの家族や友達もハワイに来られません。みんな来たいけど我慢しています。タミーも会えなくて寂しいです。会いたいです…>_<… 逆にタミーも日本に行かれません。

今は自分がコロナウイルスに感染しない事も大事ですが見えないウイルスにいつどこで感染しているかもわからいので、もし自分が感染者になっていたら感染拡大させてしまうかもと考えて、どうぞ引き続き自粛をお願いいたしますm–m

ハワイは何処にも行きません。ハワイは、いつまでも美しい姿のままコロナウイルスが終息して、あなたが訪れてくれる日を楽しみに待っています^^

Much Aloha♡Tammy

*記事の内容が変更になる場合もあります事をご了承下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました