2019年カウアイ島「レイデー・レイコンテスト」入賞しました(^^)v

Aloha(^^)/ ハワイの”レイデー”ってご存知ですか?ハワイでは記念日やお祝いに花束では無く心を込めてレイを贈る習慣があります。

これはハワイの伝統文化であり、その文化を大切に受け継いで行くために毎年5月1日を”レイデー”としてお祝いするお祭りになりました。

ハワイ6島で「レイデー・レイコンテスト」も開催されるんですよ;)

 

1928年からオアフ島のカピオラニ公園で始まった”レイデー”イベント☆

”レイデー”としてのお祝いの歴史は1928年からオアフ島のカピオラニ公園で始まってハワイ6島の中では最大のイベントです。

”レイデー”のイベントでは「レイ・コンテスト」も開催されます。生花部門とリボンレイ部門があるのですがタミー のお友達の『松本佳子さん』が昨年は2位。そして今年は見事1位に輝きました☆ こちらが2019年オアフ島の「レイデー・レイコンテスト」リボンレイ部門1位の佳子さんの作品です。真ん中のピンクのレイです。

リボンとは思えない素晴らしい作品です。我が家にも佳子さんから頂いた素晴らしいリボンレイの作品があるんですよ。佳子さんに影響されてタミー も今年カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」エントリーしちゃいました!

 

初「レイデー・レイコンテスト」エントリーでタミー 初入賞しちゃいました!!!

2019年5月1日 第39回カウアイ島「レイデー・レイコンテスト」で『唯一無二』のレイの賞を初エントリーで頂いちゃいました〜!!!もう夢の様で会場でボロ泣きしちゃったタミー です…>_<…

勿論、嬉し泣きよ♡ こちらが「Kauai Government Employees FCU Award」を受賞したレイです。

緑茶、緑茶の種、ヒノキ、シダ、ティ、松葉。ウィリスタイルで作りました。ハワイと日本のミックスレイで賞を取れて感激です♡ 1日目は植物を我が家の庭とお友達の庭から頂き2日目は植物達をカットしたりレイ作りの準備そして3日目のレイ編みは8時間かかって完成したレイです。

 

カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」でタミーが入賞出来たのは素晴らしい先生方のおかげです^^

タミー とレイとの出会いは『福田 緑先生』から始まったのです。タミー の日本のレイの先生ですが良き友人でもあるのでプライベートでは”ミドちゃん”と呼んでいますが、ここでは『緑先生』と呼ばせて頂きます。

タミー のfacebookページから『緑先生』に連絡をもらいカウアイ島にいらした時に『緑先生』にお会いしたんです。そのカウアイ島滞在中に『緑先生』が受ける予定の『クム・レイラニ』のレイメイキングレッスンに1度もレイを作った事無かったタミー は無謀にも参加させてもらっちゃったのです。

それが、きっかけでよく年『緑先生』がカウアイ島に再びいらした時には『緑先生』からレイを学びました。

その後カウアイ島の有名なレイメーカーで何度も「レイデー・レイコンテスト」の入賞経験がある『エルブリン先生」のカウアイ・ミュージアムで開催されるレイ・メイキング・レッスンを受けて、どんどんレイに魅了されていきました。

それまでは買ったレイを持って空港に家族や友達を迎えに行っていたのが庭の花や植物でレイやココを作って家族や友達、ブログのファンの方々をお迎えに行く様になりました。その時のレイをもらった方の嬉しそうな顔が忘れらずレイ作りが楽しみになったタミー です^^

 

『福田 緑先生』の特訓&応援あってこその「レイデー・レイコンテスト」入賞です!

レイ作りが楽しみになったタミー ですがコンテストに出るなんて事は全く考えていませんでした。レイデーの1週間くらい前に『緑先生』のカウアイ島でのレイツアーをお手伝いしました。生徒さん達とカウアイ島の植物やお花でレイを編む楽しい時間は過ぎて生徒さん達は帰国されたのですが『緑先生』が、その後もカウアイ島に数日、滞在された時にコンテストの話になり『緑先生』が「特訓してあげるからエントリーしてみたら?」と@_@

「どんなレイがいいかなしら?」と話している内にどんどん妄想は広がり(笑)ウクレレの先生宅のガーデンの様なお庭にお邪魔させてもらい植物を見ている内に「よし!やってみよう!」という事になったのです。

それから植物を集め、洗いカットして準備してデザインを決めて練習スタート。想像以上に大変でギブしたかったタミー (–;

29日にカウアイ島を立ってオアフ島に向かった『緑先生』が、な・なんと!5月1日のレイデーの朝カウアイ島にタミーの応援に戻って来るって聞いて@_@

『緑先生』の今回のハワイ旅の目的の1つにオアフ島で開催されるカピオラニ公園での「レイデー・レイコンテスト」へ行く事があったのに、それを辞めてカウアイ島に戻ってタミーの応援って、しかも花問屋さんにまで行ってタミーの為にハクを編んでくれると聞いたら、もうやるっきゃ無いですよね。

8時間かかってレイは完成して翌朝5月1日の朝7時半にカウアイ・マリオットホテルのプナコートでエントリーしました。エントリーされた数々の素晴らしいレイを見て不安になりましたが素敵なレイが出来たので満足なタミーでした。

空港に『緑先生』を迎えに行くとカウアイ・パープルと珍しいグリーンローズのハクをタミーに下さったんです。カウアイ島の色は紫そしてカウアイはガーデン・アイランドと言われる緑溢れる島そのパープルとグリーンのハクなんて最高の応援です!

『緑先生』は、お揃いのレイまで作られて(多分、前日はほとんど寝ていないはず)感激で胸が、いっぱいで会場入りすると更に感激する事が!タミーのレイが一番入り口に入賞して飾られていました。それを見た瞬間、感極まり号泣。。。>_<。。。

カウアイ・ミュージアムの関係者の方に「あなたのレイの入賞が一番最初に決まったのよ!」と言われた事に、また感動。「写真撮りますよ」と言われた顔は化粧が取れて酷いものでした(笑)

 

こんな裏話もあり賞を取ったので多くの方々からお祝いの言葉を頂き話が出来てとても楽しい時間でした♪ 特に『緑先生』の作られたハクは数えきれない方から「素敵ね〜☆」と言われ鼻高々なタミーでした。

大御所のレイメーカーのアンティからは『緑先生』が作られたハクとレイと一緒に写真を撮りたいとお声をかけて頂き写真を撮って下さいました。

絵画の様な1枚です。そして、3人でも記念写真。

そんな素晴らしいレイを作られる『福田 緑先生』の楽しくマナが溢れたカウアイ・レイツアーの様子は『緑先生』のブログをご覧下さい。

https://ameblo.jp/pualino-anela/

 

カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」の素晴らしい作品をご覧下さい。

全作品ではありませんがカウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」のカテゴリーは9つ。

1,オレンジ・イエロー 2,ブルー・パープル 3,ピンク・レッド 4,ホワイト・ 5,ミックスカラー 6,プルメリア 7,ハット 8,ティリーフ 9,賞を今までに取った事の無い方

入賞は各カテゴリーの賞と特別な賞がいくつかあります。ではカウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」の素晴らしい作品をどうぞお楽しみ下さい。リボンが付いているレイは入賞作品です。

希少なカウナオアのレイもありました@_@

どのレイも素敵で見入ってしまいました。

ボリュームがある華やかなレイ^^

色鮮やかなレイ。

プルメリアのレイは、とてもいい香りがしました^^

一番下のレイは希少なカウナオアですね。

 

ホワイト&グリーンのレイも素敵です☆

 

ティリーフのレイ。ティだけでも手法でこんなにも違った素敵に仕上がって素晴らしいわ。

 

 

ハットレイもご覧ください。

 

 

 

 

 

どれも素晴らしいレイばかりですよね。でもレイって飾ってあるより人が付けた方が更に素敵になるんです。会場にいらした素敵な方々を紹介しますね;)

 

カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」にいらした素敵なレイを付けた素敵な方々♡

カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」には素敵なレイ付けていた方が沢山いらしたの。レイは身に付けると何倍も輝くわよね☆ 素敵なレイに素敵な笑顔たまりません。

こちらの方はSharon Boll(シャロン・ボール)さん。彼女のクムKauai’iki Dana Olores(ディナ・オロレス)は毎年カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」で入賞されていてクム・マスターと呼ばれていましたが残念な事に今年2019.Jan. 15 に56歳の若さで亡くなってしまったので彼をリスペクトするコーナーがカウアイ島「レイデー・レイコンテスト」の会場に作られていました。

 

娘さんのSharon Boll(シャロン・ボール)がフラされている写真もありました。

大きなガーデニアの花のハクレイからは、とてもいい香りがしてタミーにもガーデニアのお花を1つ下さいました。彼女の素敵な笑顔は翌日のカウアイの新聞のトップページに掲載されたの。

左側のハクレイを付けた後頭部の写真はタミーよ(笑)

新聞の写真の下には、こんな説明文がありました。

「Sharon Boll, the daughter of the late Kauai‘iki Dana Olores, greets a lei maker, Tammy Shinohara against the backdrop of an Olores portrait, Wednesday during the Kauai Museum 39th Annual Irmalee & Walter Pomroy Lei Contest at the Kauai Marriott Resort and Beach Club.」

シャロンさんは、とても素敵な笑顔で優しくお父様の事を色々話て下さいました。お会いしたかったなクムKauai’iki Dana Olores(ディナ・オロレス)さんに。

新聞には「Tammy Shinohara hopped up and down with glee after she was announced the winner of the Kauai Government Employees Federal Credit Union Award, accepting a gardenia from Boll for her efforts.」こんな風にタミーの喜ぶ様子も書かれていて恥ずかしかった(^^; こちら授賞式の幸せいっぱいのタミー。

こちらは素敵なスティファノーテスとヒスイカズラのレイです。

この方はクムで時々タミーのフラクラスで一緒になられる方です。こちらは全部ヒスイカズラのレイ。ヒスイカズラが、お庭にあるんですっていいな〜♡

こちらはタミーのフラブラザーのブレインさん。黒いシャツに白いレイが映えて素敵です。

ブレインさん素晴らしいヒスカズラのレイを作って入賞されてました。

タミー がしているプルメリアのレイはタミーに緑茶、緑茶の種、ヒノキ、シダ、ティ、松葉の植物を提供してくれたお庭の持ち主のシドから頂きました。Mahalo♡Cyd&Paul

こちららはカウアイ島のレイメイカーのMadeline(マデリン)さん。昨年のUMAHANAのレイツアーの時にハナレイでエルブリン先生が紹介して下さいました。タミー が付けていた『緑先生』が作られたハクレイを褒めて下さったの。『緑先生』もすごく嬉しそうでした^^

カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」すごく楽しそうでしょう♪ ”私もカウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」にエントリーしてみたいです。”って思いますよね。

ごめんなさい。カウアイ島の「レイデー・レイコンテスト」はカウアイ島とニイハウ島在住の方しかエントリー出来ませんm–m でもオアフ島の「レイデー・レイコンテスト」には日本のかたもエントリーできますよ;)

 

オアフ島の”レイデー”「レイ・コンテスト」は日本の方も出場出来ます。

最初にお話した様にお友達の佳子さんは日本にお住まいですがオアフ島の「レイデー・レイコンテスト」のリボンレイ部門にエントリーして見事1位を受賞されました。

そうです!オアフ島の「レイデー・レイコンテスト」には日本在住の方もエントリー出来ます。生花のレイ、リボンレイでチャレンジしてみたい方は是非、挑戦してみて下さいね;)

「タミー さん、コンテストは無理ですがハワイのお花でレイを作ってみたいです。」とお問い合わせを頂いています。出来ますよ;)

 

タミー とカウアイ島でハワイのお花でレイを作ってみませんか?

レイ作りが初めての方でも作れるレイをタミー と一緒にカウアイ島で作りましょう^^

ハワイのお花素敵でしょ☆詳しくは↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島の花や植物でタミーと一緒にレイを作りませんか?

『福田 緑』先生の日本でのレイ・メイキング・レッスンの詳細も上の記事の中にありますので是非、上の記事をご覧下さい。

 

いかがでしたか?綺麗なレイの写真からいいお花の香りがして来そうですよね;)

5月1日にハワイの島に滞在の方は是非”レイデー”のイベントにお出かけ下さい。生花やリボンでのレイ作りを趣味とされている方は「レイデーのレイコンテスト」の作品をご覧になると、すごく勉強になりますよ。

オアフ島の「レイデー・レイコンテスト」には日本在住の日本人の方もエントリー出来ますからチャレンジしてみるのもいいと思います。

レイは作る方も受け取る方も見る方も幸せになれる素晴らしいハワイの伝統だと思うタミー です^^

Much Aloha♡Tammy

*記事の内容が変更になる場合もあります事をご了承下さい。

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ