大人のおもてなしカウアイ島コアケアホテル

Aloha(^^)/

「タミーさん、カウアイ島にブティックホテルはありますか?」と問い合わせを頂きました。

ブティックホテルとは小さな規模のホテルでハイレベルなサービスと質の良いアメニティーを備えた上質なホテルの事よ。

今回はカウアイ島、唯一のブティックホテル「コアケアホテル」を紹介します ね♪

 

カウアイ島唯一のブティックホテル「コアケアホテル」

コアケアホテルはリフエ空港からツリートンネルを抜けてコロアタウンを通り過ぎ車で約20分ほどのドライブで到着するポイプビーチが目の前の絶好のロケーションにあります。

2009年4月にインテリアデザイナー「アニータ・プルックス」氏のデザインで建てられた素敵なホテルです。「コアケア」とは白いサンゴという意味で部屋のあちこちにサンゴが置かれてるそうです。

imgres-4

どの客室もセンス溢れるおしゃれで落ち着きのある色使いです。

imgres-1

家具や調度品の全てが窓からの景色を際立たせるデザインになっているところが素晴らしい☆ アニータ・ブルック氏のデザインはラナイから入る太陽の光や海風までも計算されてデザインされている様でハネムーンカップルには特別ロマンチックな滞在先になるホテルです♡

ちょっと見つけにくいホテルの入り口からホテルに入った時のゴージャスなロビーエリアはギャップがあり素晴らしい滞在がそこにあるのを期待せてワクワクしちゃうの。

imgres

 

ホテルの入り口がわかりにくいです。

ポイプビーチに向かいキアフナ・プランテーション・コテージとマリオットホテルのサインは道路から見えるのですがコアケアホテルのサインは見え無いので初めていらした方は道路を行ったり来たりしてしまうでしょう。

マリオットホテルのサインが見えたら、そこを入って下さい。その一番奥の突き当たりが「コアケアホテル」です。 ホテルの入り口がわかりずらい、そんな所がカウアイ島の大人の隠れ家的ホテルよね;)「コアケアホテル」

t

駐車場はバレットパーキングになります。

駐車場は狭いので、何処に駐車していいかわかりせん。初めていらした方は戸惑ってしまうかも。 ご安心下さい。駐車場の係りの方がいて車を移動してくれるのでナンバーが書かれた紙をもらってホテル内に入る形のバレットパーキングになります。

外出する時は、そのナンバーが書かれた紙を係りの人に渡せば車を目の前まで運んで来てくれます。 便利ですが車を受け取る度に$2くらいのチップを渡す様になります。

例えば1日3回車の出し入れをしたら、その度$2×3回=$6くらいチップがかかる事は覚えておいて下さいね。 これはコアケアホテルに限らずワイキキのホテルなどに滞在されてバレットパーキングを利用した場合も同じです。

(注)車の中にはくれぐれも貴重品は置き忘れ無い様にして下さいね!

 

ホテルスタッフはみんなフレンドリーで親切な「コアケアホテル」

コアケアホテルを利用した方の口コミをみますと、みなさんおっしゃっているのが「ホテルスタッフの方がフレンドリーで感じがよくて英語が出来なくても気持ちいい滞在が出来ました。」と書かれています。 とにかく従業員の方の笑顔がいいんです^^

こちらのホテルはにはコンシェルジュがいらっしゃいますが日本語は出来ません。 フロントやレストランにも日本語が出来るスタッフは現在はいないようですが、みなさんフレンドリーで一生懸命対応して下さるのでゲストの方は気持ちいい滞在が出来ているようです。

あなたも片言の英語やジャスチャーで英会話にチャレンジしてみて下さいね。 せっかく海外旅行に来たのですから、それもまた新しい経験で良い思い出になるとタミーは思いますよ;)

フロントかコンシェルジュさんにお願いするとクルーズなどのツアーも「コアケアホテル」で申し込めるそうです。それは楽ですね。

それに売店では船酔い止めの薬まで置いてあって「薬局行かなくちゃ」なんて事も無いそうで、こういう細かい点に気がついて下さっているサービスは、ありがたいですよね。

 

18歳未満のお子様は宿泊出来ませんm–m

「コアケアホテル」は18歳未満のお子様は宿泊出来無いのでホテルなのでホテルの中がとても静かです。そうです小学生も中学生も高校生もい無いのですからそれは静かよね。 プールからも”キャー、ワー”なんて叫び声は聞こえてきません(笑)

ビーチもレストランもとても静か。そうです「コアケアホテル」は大人のリラックス出来る滞在を約束してくれるホテルでもあるのです。

普段一生懸命に働いている大人の方に癒されてリラックス出来る時間を過ごして頂きたいと「コアケアホテル」は望んでいるのでしょうね♡

 

大人のおもてなしをして下さる「コアケアホテル」

ホテルスタッフがフレンドリーでコンシェルジュがいて18歳以下のお子様は宿泊出来無いだけでも大人が滞在するホテルには最高のホテルって思いますが「コアケアホテル」には大人のおもてなしがまだあります。

なんと1日に2回のハウスキーピングがあるので、お部屋はいつも清潔な状態に保たれています。滞在された方が氷も1日2回運ばれるって言ってました@_@

それにメイドさんがホテルの何処であっても笑顔で感じがいいと聞きます。タミーには「コアケア」ホテルでメイドをされている友達がいるのですが彼女もいつも笑顔で優しい女性です^^

 

「コアケアホテル」の室内の設備

「コアケアホテル」には、どんな室内設備をご紹介しましょう。

ラナイ、テレビ、ヘアドライヤー、アイロン、エアコン、シーリングファン、セイフティーボックス、冷蔵庫、バスローブ、スリッパなど。

エアコンにスリッパがあるホテルはカウアイ島には少ないですよ。タミーは日本以外のホテルに滞在する時は使い捨てのスリッパ持参します。更にエスプレッソマシンにiPod用のステーションも完備されていて高速インターネットもありますよ;)

さすが「コアケアホテル」エスプレッソマシンなんてそう無いですよね。 他にも女性には嬉しい室内サービスもあるんです。

 

お部屋のバス・アメニティーはロクシタン☆

女性には、お部屋のバス・アメニティーって大事よね。「コアケアホテル」のバス・アメニティーはロクシタンです。タミーもロクシタン大好き♡

ISLAND_300-img600x450-12778612358lctwp15981

通常のバスルームにあるアメニティサイズより大きなサイズのロクシタンが用意されているので、たっぷり使って贅沢な時を過ごすことができるんですって。

上質のアメニティーを使ってのバスタイムはリラックス&リフレッシュ出来る事、間違い無しだもの。 ロクシタンの香りだけで癒されちゃいますよね〜(^^)

 

バスタブがあるのはスイートのお部屋のみです。

タミーが1つだけ残念だと思うのはバスタブは全部のお部屋にありません。 暖かいハワイでも毎晩ゆっくりバスタブに浸かりたい方には、ちっと奮発して頂きスイートに滞在してもらうしかありません。 スイートのお部屋にはバスタブがあります。

ホテルには温かいジャグジーはあるので、そちらで水着を着て温泉気分を味わって十分にリラックスされてから、お部屋ではシャワーを使って頂く様になります。

 

ホテル内の施設も充実してます。

「コアケアホテル」内にはプール、フィットネス・ジム、レストラン、ラウンジ、プールバー、ギフトショップスパなどの施設があります。

imgres-2

プールは小さいめですしジャグジーも1つだけしかありませんが小さいお子様がいないので静かでリラックス出来ていいです。 ホテルの目の前の海でシュノーケリングをすると熱帯魚やウミガメも見られるそうです。

imgres-3

ビーチを朝夕にお散歩されるのは、おすすめですし夜には庭から満天の星空が眺められるので、とってもロマンチックです♡

koa-kea-hotel-resort

スパにはカップルでマッサージを受けられる部屋など5つの部屋があって居心地よく体をリラックスさせてくれるのでハネムーンの方は是非カップルマッサージいかがですか?

 

新鮮なローカル食材を利用した目にも舌にも美味しいお料理が頂けるレストラン「レッド・ソルト」

施設内でもホテル一押しなのがレストランの「レッド・ソルト」 どうですか?美しいお料理でしょ☆

1938562_106_b

芸術的は盛り付けと美味しいお料理で幸せになれちゃいます♡

「コアケアホテル」の朝食も美味しかったです^^

 

「レッド・ソルト」のリリコイ・スフレ・パンケーキ美味しいです!

タミーが頂いた「レッド・ソルト」の朝食を紹介しますね;)images

まず席につくとはソフトクッキーみたいなのとホイップクリームが運ばれて来ます。 ホイップクリームにマカがミアナッツが入っていてハワイアンな感じよ。
img_3
バッフェではないのですが食事を注文された方にはバフェスタイルのコーナーがありパンにフルーツ、ジュースなど好きなだけ頂けます。種類は沢山無いですしサラダとかの野菜も無いですが朝は沢山食べ無いタミーには十分な量でした。
img_4
タミーはグアバジュースにパイナップル、スイカ、メロンを頂きました。フルーツのカットが大きくてびっくり@_@ナイフで切って頂きました。 これが最高だったの〜リリコイスフレパンケーキ!$14
img_5

口の中で溶けちゃいそうにふわぁふわぁでした(^^) これは絶対にリピしたくなる味よ;)モーニングステーキ。$18  叶姉妹も朝からステーキを食べるそうですから、みなさんもいかが?美容にいいみたいですよモーニングステーキ☆

img_6

スクランブルエッグ、トマトスライス、スコーン付きでした。 朝ごはんにはパンケーキにワッフル、エッグベネディクトなどもありますよ;) ハワイらしいアヒ(マグロ)のベネディクトやコナ・ロブスター・ベネディクトもあります。

「レッド・ソルト」レストランのメニューは下の「コアケアホテル」のホームページからご覧頂けます。

ブールバーではリゾート気分を味わえる「コアケアホテル」のオリジナルカクテルがいただけて美味しいですよ^^ タミーのおすすめは「フローズン・ココナツ・モヒート」フレッシュミントにココナツ&パイアナップルもう南国気分いっぱいのカクテルよ♪

レストランやプールサイドのバーは宿泊者で無くてもご利用出来ますので興味のある方は、ご利用されてみて下さいね。最後に注意事項を1つ。

 

チップをダブルで払わないようにお気をつけ下さい。

チェックイン/アウト時には何も説明されないようですが精算書にはすべてチップが自動的に加算されていた方がいたと聞きました。 これは「コアケアホテル」に限らず他のホテルやレストランでも日本人のゲストの方の場合に自動的に加算されている事があります。

それは日本にはチップの習慣が無いのでチップを払うのを忘れるお客様もいるからと聞きました。 どうぞチップが加算されているか、ご自分の目でチップ欄をご確認されて下さいね。

気がつかずチップ欄に金額を書いてダブルでチップを払ってしまったとしてもフロントの方は「なんていいお客様」って思って教えてはくれませんから気を付けて下さいね。

「コアケアホテル」の大人のおもてなしが気に入られて「いいえ私はダブルでチップをお支払いしたいわ」っていう方は構いませんよ(笑)

 

「コアケアホテル」の住所・電話番号

住所/2251 Poipu Rd, Koloa,HI 96756

電話/888-898-8958

「コアケアホテル」のホームページは↓こちらをご覧下さい。

http://meritagecollection.com/koakea/

 

いかがですか?静かにゆったり大人滞在が出来るコアケアホテル。ハネムーンや記念の旅行にはぴったりですよね。

images-1

気持ちのいい大人のおもてなしをして下さるこじんまりしたおしゃれなブティックホテル「コアケアホテル」

こちらでの滞在をタミーの友達は「まるで執事がいる自宅にいるような贅沢な時間」といいます。 なんかいい響きよね〜タミーも記念日にステイしたくなりました「コアケアホテル」♪

Much Aloha♡Tammy