カウアイ島スペシャルツアー『アラートン・ガーデン・サンセット・ツアー』は天国の様な楽園に行かれます♡

Aloha(^^)/ 昨年カウアイ島のマクブライド・ガーデンを訪れた時に見た天国の様な景色☆スタッフの方に「あの場所に行けますか?」と尋ねたら。

「”アラートン・ガーデンのスペシャル・ツアー”だけで行かれます。」と。

先日ツアーに参加したら”天国の様な”では無く、まさにそこはこの世の天国そう楽園だったのです♡

 

天国の様な楽園に行かれるカウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』♪

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』は4名参加者が集まらないと実行されないスペシャルなツアーで昨年のタミーの誕生日にダーリンがプレゼントしてくれたのですが人数が集まらず残念ながら参加出来ませんでした。

その事をfacebookに書いたら昨年カウアイ島でお会いした明子さん&光男さんカップルが「6月にカウアイ島に行きますので一緒に参加しませんか?」と声をかけて下さって今回『アラートン・サンセット・ツアー』に参加する事が出来ました!

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』のガイドさんは徳島県出身のよしあきさんがお父様のハーフのタンジさん。ワシントン州から奥様とカウアイ島に15年前に移住されたそうです。

アラートン・ガーデンでガイドを始めたのは約1年前との事ですが信じられないくらい色んな事を知っていて好奇心旺盛のタミーは色々質問しましたが的確に丁寧に説明して下さり+ユーモアがあってとっても楽しいツアーになりました♪

ではタミーと一緒にカウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』にLet’s go!!!

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』の出発です!

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』だけで行く事ができる天国の様な楽園はカメハメハ大王4世の妻のエマ女王が愛した場所であり、その後アラートン・ファミリーが買取り生活していていました。土地の広さは13ミリオンエーカーもあるとか全く大きさが想像出来ません(笑)

ビジター・センターで受付を済ませるとシャトル・バスに乗ります。カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』の運転手兼ガイドさんはタンジさん。タンジさんはハーフですが日本語は話せないので私達が参加したツアーは英語での説明になりました。

タミーが明子さんと光男さんにツアーの間に通訳したり後で、この記事を読んで頂く事で私達4にんはツアーに参加しました。ナショナル・ボタニカル・ガーデンにはフミさんという日本人のガーデナーさんがいらっしゃいます。

この日は都合が悪くガイドをして頂く事は出来ませんでしたが4人集まれば『アラートン・サンセット・ツアー』は出来るので日本語のガイドさんをご希望の場合はフミさんをリクエストされるといいと思います。都合がついたら彼女が日本語で案内して下さると思います。フミさんの都合が悪い場合も受付でアラートン・ガーデン・ツアーの日本語のパンフレットをもらえます。

タンジさんの英語はとてもわかりやすかったです。それはタミーにわかるようにゆっくり丁寧な英語で話してくれたから(笑)ダーリンには速いピジョン英語で話してました。

最高によい天気の中『アラートン・サンセット・ツアー』に参加出来て幸せ〜♡

わかるかしら小さなパイナップルがいっぱいあるの?右はククイウラのゴルフ場です。綺麗な海も見渡せます。最初にシャトルバスが止まった場所から見える素晴らしい景色がタミーが行ってみたかった憧れの場所です☆ 素敵でしょう♡この素晴らしい景色の場所がラワイカイです。

この美しいラワイ湾の右奥に素敵なアラートンの邸宅があって『アラートン・サンセット・ツアー』だけで行く事が出来るんですよ。ワクワクが止まりません♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』1/ホヌ(ウミガメ)が産卵する素晴らしい場所なんです。

写真の左側にパインツリー(松の木)が見えるのがわかりますか?日本の松とは少し違いますが。毎年このパインツリーを目指してホヌ(ウミガメ)が産卵しにラワイ湾やってきます。ホヌが、このパインツリーを覚えていて広い海からやって来るって素晴らしいですよね。

昨年2017年も27匹の保護種に指定されているアオウミガメがこの場所にやって来て出産しました。ホヌが産卵するビーチはカウアイ島の中でも数カ所しかありません。ホヌは6月〜8月の満月の満潮時にビーチに育っているビーチ・モーニング・グローリー(浜昼顔の1種)の下に穴を掘って卵を産みます。神秘的ですよね☆

ホヌは1匹が300〜400の卵を産むそうですが卵から無事にかえるのは50%〜80%だけ。それがラワイ湾のビーチでは98%が卵からかえり昨年は2,500匹のベイビー・ホヌが誕生したそうです^^ そんなピースフルは場所なんですよ。やっぱりこの世の天国そう楽園です♡

 

ワクワクしながらシャトル・バスでアラートン・ガーデンへ移動している途中で大きな木が右側に見えました「トロピカル・アーモンド」の木です。


1階、2階、3階って木の枝がわかりやすく伸びているのがわかりますか?ツリー・ハウスを作るのに最適な木だそうです。確かに(笑)

もう少し走ると植物の研究と保護をしているナーセリーが見えます。

シャトル・バスは、ここら少し走ってアラートン・ガーデンの入り口に到着。そこからは歩いてガーデン・ツアーをスタートします。ガーデンの入り口にはトイレもあります。見て下さ〜い!タンジさんが手に持っているのは何だかわかりますか?

地面に落ちていたこれは後ろの背の高い椰子の木の赤い花が枯れて落ちたものです。椰子の木の上の方、赤い花がわかりますか? その右手には池が見えます。葉っぱの上にカエルが沢山いました。ポンプ6と呼ばれている場所です。

マクブライド精糖会社によってこのポンプ場が建設されました。スチームエンジンでポンプを動かしていたので池になっている、この場所は当時は石炭置き場だったそうです。地下90mから水をくみ上げ地下の約18mに水道管をひいて、いくつかの大きな貯水池にも水を貯めてラワイ谷一帯に水を供給する役割をしていたそうです。その時代に素晴らしい事ですよね。

 

ポンプ6の隣にこんな植物がありました。マダガスカル出身の”アルクディア” タンジさんが「ハグしてみますか?」って言ったので近づいてみるとすごいトゲ@_@

なんの為にこんなすごいトゲは生えたのでしょうか?調べてみたけど何故かはわかりませんでした。

少し歩くと右側にビニールハウスがありました。2枚貝みたいになっている可愛い植物は食虫植物です@_@ 2回突くと葉が閉じるのをタンジさんがスティックを使って見せてくれました。

1回目で葉は閉じなく2回目に触るとパッと閉じるのは確実に獲物を仕留める為だそうです。怖〜い!!! もっと大きな食虫植物もありました。こちらはツボの部分に滑り落ちるとネズミでも1週間で溶けてなくなるそうです>_<

この様な食虫植物はハワイに元からあるハワイ固有種の植物ではありません。アラートン・ガーデンには沢山の植物がありますがネイティブ・ハワイアン・プランツと呼ばれるハワイ固有種の植物は10%だけだそうです。

人間が島に持ち込んだ植物や動物は寒さも天敵もいない楽園で繁殖してハワイ固有種を侵食して1,000以上のハワイ固有種の植物が絶滅してしまい今もそれは続いています。アラートン・ガーデンではハワイ固有種を守り続ける努力をしています。

 

ビニールハウスの反対側に小さな建物があり、その入り口に日本にもある日々草が植えられていました。

日々草の葉や花のお茶はルキミア(白血病)という血液のガンを95%死滅させる効果があるんだそうです。タミーは可愛い日々草にそんな力があるとは知りませんでした。植物のパワーは素晴らしいですね☆

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』2/楽しいパレオ講習会♪

少し先の右側にパンの木があり、そこでタンジさんが止まるとバッグの中からパレオを取り出しました。ハワイ語では女性が着るのはマレ。男性が着るのはマロと呼ばれパラオではラバラバと呼ばれます。光男さんと明子さんがモデルになって下さいました。

とってもお似合いです♡ タミーもパレオ持っていますから明子さんスタイルを真似して着てみたいと思います;)

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』3/パンの木を試食出来ます。

タンジさんがパレオ・デモンストレーションをしてくれたのはハワイ語でウル(ブレッド・フルーツ)パンの木の下でした。

ハワイアン・キルトのモチーフでもよく使われる植物ですよね。パンの実をを半分に切ると中は、こんな風になってます。

柔らかい部分を生で食べたらアボガドを更に甘くした様な美味しい味でした。タミーはサイの目サイズに切って茹でたパンの実をマヨネーズで合えたのを食べた事がありますが、まるでポテトサラダで美味しかったです。

パンの木はカヌー・プランツと呼ばれる植物で昔ポリネシアからカヌーに乗ってハワイに運ばれた植物の1つです。パンの木の皮は防水効果があるので洋服にもなったそうですよ。パンの木は古代ハワイアンの生活には欠かせない植物の1つでした。パンの木の場所から緑に覆われた素敵なアラートン・ガーデンの中を歩きます。

ガーデンの中には川も流れています。この川はラワイ湾へ流れ込んでいます。

次は、みなさんもよく知っているカヌー・プランツを紹介しましょう♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』3/無駄はところが1つも無いココナツ!

もう1つ紹介したいカヌー・プランツはココナツ!タンジさんが落ちていたココナツの葉で真ん中を持って開くとスーっと簡単に分かれるのを明子さんにやってみて下さいと教えて下さいました。

ほら簡単に葉っぱが真ん中から2つに分かれます。「これをフリフリすると蚊やハエが寄ってきませんよ。」と面白いタンジさん(笑)確かに古代のハワイアンの方は、そうして使っていたのでしょうね;)

ココナツは以前ココナツの葉っぱでボウルを作った時にユージン先生からココナツは実だけじゃなく皮もヒゲみたいな部分もどこも無駄にならない全てを使う事のできるスーパー植物だと教わりました。

素晴らしい植物ですココナツ!

 

ココナツの木から更に歩いていくと右側の木に綺麗なオーキッド(蘭の花)が咲いていました。

この様にアラートン・ガーデンには植物と植物が共生している姿をよく見かけます。

黄色に鮮やかなピンクのゴージャスなオーキッドの花でした☆

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』4/植物とアートが融合した素敵なガーデン・ルーム

少し歩くと右側に最初のガーデン・ルームがあります。アラートン達は植物の特徴を上手に生かし石や像を施し光と水の音を常に感じられて訪れた人を魅了する「ガーデン・ルーム」という部屋をアラートン・ガーデンの中にいくつか作りました。こちらは”サンクスギビング・ルーム”という部屋です。

イタリアのブロンズ像と小さな池がアクセントになっています。部屋の入り口ではホスピタリーのシンボルであるパイナップルの置物が迎えてくれます。

中にはいると壁はモンキーポッドツリーです。ハリケーン・イニキが襲う前はもっと高い壁だったそうです。

この部屋では名前の通り感謝祭の祝宴が開かれゲストをもてなしていたのが目に浮かびます。ルームの入り口の右側には綺麗な”シェル・ジンジャー”の花が咲いていました。


何種類もあるジンジャー(生姜)ですが食べられるのは、たった1種類なんですって。私達は貴重なジンジャーを頂いていたんですね。タンジさんのお話は、とても勉強になります。

 

”サンクスギビング・ルーム”を出て少しあるくと右側にこんなに元気なタロイモを見る事ができます。すごく大きな葉っぱなんですよ@_@

ハワイの人は傘を持たずタロイモの葉を傘の代わりにしたという話に納得する大きさでした。少し高い位置にあるタロイモ畑から元気をもらったタミーです。

(注)タロイモ畑から少しあるくと左側にオレンジ色の大きな”エンジェル・トランペット”が咲いています。

「綺麗な花には毒がある。」っていう言葉ご存知ですよね。そうです”エンジェル・トランペット”には毒があるんです。その毒は船酔いの様な症状になるそうです。ヨーロッパでは栽培が禁止されている危険な植物だそうですから綺麗だといって近寄ったり触ったりはしないで下さいね。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』5/最大の目玉は樹齢68歳のイチジクの木

アラートン・ガーデンの最大の目玉といえば樹齢68歳のイチジクの木。あれ?2年前に来た時には無かったサインが!「蜂の巣が、あるんですか?」と聞いたら。

手前から2番目の木の後ろ側の根の間に蜂の巣があるそうで写真では逆光で光ってよく見えませんが蜂が数匹根の周りを飛んでいました。1年で10ガロンものはちみつが取れるほど蜂がいるとか@_@

一番手前の木で写真を撮ってもらいました。木の大きさに驚き樹齢100年は超えているだろうと思いますが1940年に植えられたので今年樹齢68年のイチジクの木です。

私達の身長から比べると根っこの盛り上がりの大きさがよくわかってもらえると思います。蜂の巣が木の裏側にあった2番目の木は最初のジュラシック・パークの映画で子供達が恐竜の卵を発見した場所です。2年前には無かった卵の模型が置いてありました。

イチジクの根自体が恐竜みたいですよね。

ここには4本の大きな樹齢68歳のイチジクの木がありますが、こちらは反対側からの一番手前の木です。盛り上がった木の根に立たせてもらいました。岩みたいに硬くしっかりした根です。

タンジさんが、こんな迫力あるパノラマ写真を撮って下さいました。

この木を見たのは2度目ですが何度見てもインパクトのある素晴らしいイチジクの木です。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』6/カカオも見れちゃう!

イチジクの木から少し歩いた左側に沢山のバナナの木が育っています。その中のオレンジ色の実をタンジさんが指指して「何だかわかりますか?」と。見た目の大きさや形はパパイヤみたいだけど木がパパイヤじゃないんです。

拡大してみましょう。この実です。わかりますか?

タンジさんが下に落ちていた実を拾って見せてくれました。これカカオなんです。

タミーはカカオはコーヒー豆くらいの大きさだと思っていたのでびっくり!パパイヤくらいの大きさなんですもん。生まれて初めてカカオを見ました。タンジさんがナイフで切ってカカオの中を見せてくれました。

柔らかくてふわぁふわぁしたものにカカオの種は包まれていました。その部分を「食べてみて」とタンジさんから渡されて食べてみたら甘い!そしてタンジさんが種を割るとカカオの種の中は綺麗な紫色でした。

左奥に見えるバナナの木の中にカカオの木があります。

バナナ&カカオの木の先の左側には別のルームがあります。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』6/人間の心拍数と同じ水の流れの癒されるガーデン・ルーム

1949年につくられた「マーメイド・ファウンテン」は2体の人魚のブロンズ像と

波打ちながら流れる水のラインが美しいガーデン・ルームです。もう1体の人魚はラインの先の突き当たりにあります。

人間の心拍数は1分間に60回。ここの水の流れは1分間に54回。しばらくこの場所で水の流れを聞いていると心拍数が54回に合ってくるそうですよ。不思議ですよね。

2体の人魚のブロンズ像はニューヨークのワールドフェアで水の流れる波型のラインはイタリアのカジノガーデンからアラートンの心を虜にしてアラートン・ガーデンに運ばれたものです。「マーメード・ファウンテン」から少し歩くと左側に緑に覆われた素晴らしい竹林が見えて来ます。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』7/日本人が作った素晴らしい竹林があります。

日本からいらして14年間アラートン・ガーデンで働いた”としま ひであき”さんが、この素晴らしい「バンブー・ガーデン」(竹林)を作られました。真っ直ぐな緑の線が入った竹はロバートが植えた”グリーンストライプ・バンブーです。

竹林の前に静かに立たずむ仏像は沖縄から来たそうです。タンジさんいわく中国の仏像は太っていて日本の仏像はスッキリしているそうです。こちらの竹の種類はゴールデン・クラッピング・バンブーといいます。竹の1節が1日。

手間の緑色の若い竹は節を数えたら16日目の竹でした。今の竹林の竹は5年くらいだそうです。竹の成長ってそんなに速いのって驚きました。2年前に訪れた時とそんなに変わらない様に見えたので結構、竹は切られているのね。

黄金に輝く竹林が綺麗でした☆ 竹林の向かい側には静かに流れる「ラワイ・ストリーム」古代のハワイそのままの場所を”アフプアア”と呼ぶのですが正にこの場所が”アフプアア”なのです。

この場所にいるだけで穏やかな気持ちになりとても癒されます。この川は今から向かうラワイ湾へと続いています。 さぁ!この曲がった椰子の木からがスペシャルツアーだけで行ける小道になります。何故こんな面白い形の椰子の木になったかは右手前の竹林がどんどん椰子の木を押したからだそうです。竹の力ってすごいです!

しばらく小道を歩くと左側に面白い花タランジアが咲いていました。小さな紫色の花に鼻を近づけてみると、とてもいい香りがします。

明子さんと光男さんの日本の自宅にもあるそうです。次々と順番に紫色の小さな花が咲きます。

タミーのカウアイ島の家にも昨年の夏頃までありましたが枯れちゃいました…>_< …タンジさんに聞いたら水のやり過ぎだったみたい。毎日水をあげていましたがタランジアは1週間に1度くらいの水やりはいいそうです。花の育て方は種類に寄って違うので難しいですね。小道には木に共生したエアープランツもありました。

共生して生きるオーキッド(欄)綺麗な紫色の花を咲かせていました。

デザート・ローズも綺麗な花がいっぱい!デザート・ローズも家にありますが葉っぱは元気なのあまり成長していないし、もう3年くらいたつのに花が咲きません。こちらも1週間に1度くらいの水やりでいいみたいです。

この植物は名前なんて言うのかしら?タンジさんに聞くの忘れたわ(^^;

綺麗なお花達を見ながら小道をお散歩したらアラートン邸宅は、もう少しです♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』8/アラートンが暮らした素敵なお家☆

小道を歩いていくと見えて来ましたよ。アラートンが暮らした素敵なお家が^^ このアラートン邸宅を見る事が出来るのは『アラートン・サンセット・ツアー』だけです!

素晴らしいこの場所はジョン・ウエイの映画「ドノバン珊瑚礁 」DONOVAN’S REEF (1963年)の映画の撮影場所で使われて主演のジョン・ウエイもしばらくこのアラートン邸宅に滞在したそうです。

アラートン 邸宅にはジャクリーン・ケネディ初め多くの有名人達が滞在したそうですよ。庭への入り口には大きなシャチホコみたいな像が立っていました。

アラートンはアジアのアート作品も好きでアラートン邸宅内でも多くのアジアン・アートを見る事が出来ます。家の前は広い芝生その先はラワイ湾のビーチです。

お屋敷に到着すると「いらっしゃいませ」と女性スタッフの方がノンアルコールのパッションフルーツの爽やかなミモザのようなドリンクを用意してお出迎えして下さいました。これが冷たくて美味しいの♡

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』8/ギャラリーみたいな素敵なアラートン邸宅

ではアラートン邸宅の中をご案内しましょう♪ まずは1つ目の寝室です。壁にはハワイの絵と中国の着物が飾られています。テーブルはヨーロピアンな感じで花瓶はアジアンな感じでした。

廊下は床から天井まで大きなガラスなので光が沢山降り注ぎ庭の緑も見られて目も心も和みます。

部屋にはクイーン・サイズくらいのベッドがありました。壁には、こちらも中国の着物が飾られていました。ハワイアン・キルトのベッドカバーがかかっていましたが新しいものの様に思います。竹のデザインみたいでした。

光って写真わかりずらいですが大きな中国の街の様な絵が一番広い壁に飾られていました。絵の下1/5くらいが白く変色しているのがわかりますか?1992年9月11日にハリケーン・イニキがカウアイ島を襲った時アラートン邸宅は、ここまで水に浸かったそうで絵は変色してしまったそうです。

ハリケーン・イニキはカテゴリー4の東太平洋地域で最も大きな被害額を出したハリケーンのひとつなんです。被害額は当時のレートで18億ドルでした>_< では2つ目のベッドルームをご案内しましょう。光が降り注ぐ明るい部屋です。

こちらの窓は今では数少ないロープで上げ下げが出来るアンティークな窓で素敵でした☆

大きな鏡付きのクローゼットもありました。

2つ目の寝室の次は広い書庫に囲まれたリビングルーム。暖炉もあってゴージャスです@_@

棚には数枚絵が飾られていましたが本はありません。沢山あった本はハリケーン・イニキの時に流されてしまったそうです。左側の棚にはアジアン・アートが飾られていました。沖縄のシーサーみたな置物もありましたよ。

アラートンはアジアン・アートが好きだった様です。このリビング・ルームから明るく輝く通路がありました。

近づいて見ると白く輝く宝石箱みたい☆

キャビネットには貝殻がいっぱい飾られていました。

通路の両側に貝殻が入ったキャビネットがありライトアップされていたの。

まるで竜宮城の乙姫様の玉手箱を覗かせてもらった様な気分でした。

貝殻のコレクションは大きなものから小さなものまで色々な種類のがありました。そして2つ目のリビングルームへ。ここにも中国の着物が飾られていました。

素敵な絨毯も敷いてありました。

青銅色のタベストリーも飾られています。窓が大きく光が降り注ぐ明るいリビングルームです。

こちらの部屋には沢山の写真が飾られていました。真ん中は素晴らしいアラートン・ガーデンを造られたロバート・アラートンとジョン・グレックの写真です。

真ん中上の写真はエマ女王。美しい方です♡その斜め左下は旦那様のカメハメハ大王4世。そして斜め右下はアルバート王子様です。

植物のスケッチ画も沢山飾られていました。

ハリケーン・イニキの被害に合わなければ、このお屋敷は、もっともっと素敵なもので溢れていたのでしょうね。素晴らしい食器も沢山あったそうですが流されて割れて発見されたそうです。さぁ!素敵なダイニングルームでディナーにしましょう♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』9/リビング・フーズの美味しい食事が頂けます^^

屋敷の中を案内されてダイニングルームに到着するといい匂いで一気にお腹が空きました(笑)沢山歩いて沢山笑いましたから、お腹も空きます^^

自分でハンバガーを作れるようにバンズとカルア・ポークが用意されていました。お料理は温かくなっているのが嬉しいですよね。冷たいお水も頂けます。

バガーに挟むコールスローサラダにスティックサラダもあります。

スティックサラダの真ん中にあるのは始めの方でに紹介しましたブレッド・フルーツ(パンの木)の実で作られたハマスです。クリーミーで美味しかったですよ。デザートもありますよ!フレッシュ・パイナップルのアップ・サイド・ダウン・ケーキ。

お料理を取る用のスプーンが乗っていたお皿も素敵☆

お庭が見える窓側の席で頂きました。お腹が空いてカルア・ポーク・バーガーを2つも作って食べた私達よ(笑)ミモザ風ドリンクも頂けます。

デザートも甘さ控えめで美味しかったです。ポイプのザ・ショップ・オブ・ククイウラ内のリビング・フーズのお料理は美味しいのでタミーは大好きなお店です。お料理は日本人の方のお口にも合うと思います。

食事を楽しんだらツアーの時間も後少しなので食後の散歩がてらビーチまで歩いてみました♪

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』10/天国の様なビーチが、そこにはありました^^

ビーチ側から見た夕暮れのお屋敷も素敵でしょ☆  エマ女王は1870年の冬〜1871年の春までラワイカイが見下ろせる場所に家を建てて暮らしていましたが、そのお家は今はアラートンの邸宅の右隣に立たずんでいます。

家の前の真ん中くらいの位置には素敵なブロンズ像もありました。

アラートン邸宅を出て右手に歩くとこんな橋があります。

橋の上から見たアラートン・ガーデンのラワイ側も素敵です。

橋を渡ると崖が迫ります@_@

崖の横を歩いてビーチに出ると見て〜こんな素敵なビーチに出会えます♡

この世に天国があるならこんな場所だと思う様な静かで素晴らしいビーチ。

幸せいっぱいの顔でしょ(笑)

 

ダーリンとタンジさんが橋の上で待っているので振り向いて手を振ったら帽子が風で舞って

もう少しで海にさらわれるところでキャッチ!セーフでした(^^;  橋に戻りお屋敷とは反対方向に歩きます。『アラートン・サンセット・ツアー』もうお終いと思ったら、まだ楽しめちゃいました!

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』11/まだ楽しめちゃう『アラートン・サンセット・ツアー』!

少し歩くとこんな木に出会えます。キアベの木でBBQするといい香りで美味しいんですよ。カウアイ島ではワイメアの”ラングラー・ステーキ・レストラン” ワイキキでは”ハイズ・ステーキ・レストラン”でキアベの木を使った美味しいステーキが頂けますよ;)

面白い形でしょ。上では無く這うように成長するキアベの木です。

綺麗な蓮の花も見られます。

蓮の池の先にあれ?!シャトル・バスが@_@ 来た道を帰ると思っていたので「帰りも結構歩くからサンセットしたら真っ暗にならないかしら?」と心配していたのに帰りはショートカットでホッとしました(^^;  シャトル・バスの中からこのツアーでしか見られないものが見られるんですよ。それは、、、。

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』12/イチジクの木の秘密

シャトル・バスは来た時とは反対側の川沿いを走ります。覚えていますか?ジュラシック・パークの映画の撮影で使われたイチジクの木を『アラートン・サンセット・ツアー』の中で紹介しましたよね。

あの場所にはイチジクの木は4本。でも本当は6本のイチジクの木が以前は、あの場所にあったのですがハリケーン・イニキがカウアイ島を襲った時に2本のイチジクの木が流されて『アラートン・サンセット・ツアー』の帰りのシャトルバスの中から見る事が出来るのです。4本の木からは結構遠い場所なんですよ。

薄暗くなっていたので写真は撮りませんでしたがタミーの目でしっかり見ましたよ! その2本のイチジクの木はハリケーン・イニキで流されてもたくましく生き続けたので他の4本の木より更に力強くタミーには見えました。災害から立ち直った人は、この2本のイチジクの木と同じ様に強いですものね。

『アラートン・サンセット・ツアー』に参加した方は帰りにシャトル・バスの中から、しっかりこの頑張った2本のイチジクの木を見て褒めてあげて下さい!

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』13/〆は綺麗なサンセットの空

そして来た時に見た「タミーがここに行きたい!」と思った場所に戻ります。

岬の向こう側に太陽は落ちるので海に沈む太陽は見られませんが。サンセットするとこんなに綺麗なオレンジ色に空が染まります。

もう少しシャトルバスが進んだ場所からも綺麗な色に染まる空と静かな海を見られます。

心が洗われた素晴らしい時間。本当に参加してよかったと思えたスペシャルな『アラートン・サンセット・ツアー』でした。シャトル・バスは駐車場まで送ってくれます。ガイドのタンジさん最高に素敵で楽しいツアーでした。Mahalo♡Tanji

 

カウアイ島『アラートン・サンセット・ツアー』の詳細&申し込み

『アラートン・サンセット・ツアー』はガイド付きのツアーです。

*ツアー: 毎日(最低4名)参加者が4名集まらないと実行されません。
*ツアー集合時間: 3:30pm〜4:30pm(サンセットの時間によって変動します。)
*ツアー集合場所:アラートン・ガーデンのビジターセンターでチェックインして下さい。
*ツアー時間: 3時間
*ツアーの価格: 大人 – $ 95、子供(6-12歳) – $ 45、5歳未満のお子様 – 無料。
*ツアーの持ち物
  • 快適な歩行靴(ビーチサンダルはダメです。)
  • 雨の保護(フード付ウインドブレーカー、傘など)
  • 日焼け止め(帽子もあるといいです。)
  • ウォーターボトル(歩きながら水分補給して下さい。)
  • 虫除けの薬(蚊がいますので虫除けスプレーは必ずお持ちになるか忘れた方は受付カウンターで販売していますので必ず買って付けて下さい。)

『アラートン・サンセット・ツアー』の詳しい詳細とご予約はナショナル・ボタニカル・ガーデンのホームページ↓をご覧下さい。

https://ntbg.org/gardens/tours

*予約すると集合時間などの詳しい詳細を確認メールで送って下さいます。

*全額払い戻しを希望の場合は24時間前までにキャンセル手続きを行って下さい。(ハワイ時間)5名以上の場合は72時間前までのキャンセルが必要です。

*アラートン・ガーデンの住所:4425 Lawa’i Road,96756 Koloa ,HI

*アラートン・ガーデンの電話:(808)742-2623

 

いかがでしたか? カウアイ島のスペシャツ・ツアー『アラートン・サンセット・ツアー』今すぐにでも行きたくなっちゃったでしょ;)

あなたもカウアイ島にいらしたら、この世の天国そう楽園に行ってみて下さいね。

Much Aloha♡ Tammy

通常のアラートン・ガーデンツアーは↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島”豊かな自然とアート”の植物園『アラートン・ガーデン』ツアー

カウアイ島の楽しいアクティビティ・ツアーは『浮き輪ライディング』

Aloha(^^)/ 「タミーさん、カウアイ島でおすすめの楽しいアクティビティー・ツアーって何かありますか?」と問い合わせを頂きました。

ありますよ!子供〜大人まで楽しめるカウアイ島のタミーのおすすめアクティビティー・ツアーは『浮き輪ライディング』

どんなアクティビティー・ツアーかタミーが詳しく教えちゃいましょう♪

 

タミーのおすすめアクティビティ・ツアーは『浮き輪ライディング』

英語でいうと『チューブ・ライディング』浮き輪にのってぷかぷかと浮きながらサトウキビ・ビジネスの時に用水路として使われていた水路をぷかぷか流れて楽しむアクティビティよ;)

激しく速く進む事はなくぷかぷかっていう表現がぴったりな感じなので癒されちゃうの♡ 数カ所、少しだけ流れが速くなってスーって進む場所もあるけど、それも楽しいわよ♪

「もし浮き輪がひっくりかえったら溺れたりしないかしら?」

ご安心下さい。浮き輪に乗って移動するので深さがわからないので心配になりますが実は用水路は浅いのです。もし、ひっくり返るような事があっても子供でも足が下着いて立ち上がれる深さだそうです。タミーが体験した時も10歳の小学生のイッサ君が一緒でしたし、もう少し小さいお子様も2人いましたけど大人も含め誰も浮き輪から落ちたりしてませんでした。

ぷかぷかと水に浮く感じが気持ちよくて逆に寝ちゃいそうなタミーでした(笑)そんな『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーがカウアイ島で楽しめちゃうのが「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」よ!

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーが楽しめるのは「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー』

タミーがおすすめする『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーが楽しめるのはカウアイ島のハナマウルにある「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」

『浮き輪ライティング』アクティビティ・ツアーは正しくは”マウンテン・チュービング・アドベンチャー”といいますが、ここではわかりやすく『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーと呼ばせて下さいね。

「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」では『浮き輪ライディング』だけで無く『ジップライン』も楽しめちゃいます♪ まずはタミーと友達が体験した『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーをご覧ください♪

 

タミー『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに参加しました!!!

タミーが実際『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに参加したので、その時の様子をお伝えしましょうね♪

タミーは「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」のホームページより事前に予約を済ませましたのでカウアイ島ハナマウルにある「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」のオフィスに行きました。(注)予約時間の”30分前には必ず行って下さい”。書類に名前などの情報を記入したり説明を聞いて出発準備をしなくてはいけませんので。

オフィスは大きな倉庫みたいで前にツアー・バンが止まっています。オフィスに向かって右側に広い駐車場があります。

オフィスの中に入ると『浮き輪ライディング』のビデオが流れています。

オリジナルロゴグッズも販売してます。

トイレも更衣室もあります。予約時間前にはトイレに行かれたり着替える方は着替えて出発準備をされてお待ち下さい。無料のコーヒーが用意されていました。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに使用するヘルメットと手袋は出発前に必ず確認しましょう!

「こちらに集合して下さい!」と声がかかるのでヘルメットが沢山並んでる前に集合します。こちらで自分にあったサイズのヘルメットと手袋を渡されます。

ヘルメットにはライトが付いていて使い方も説明してくれます。ヘルメットのライトは回してライトが付くタイプとボタンを押して付くタイプと2種類ありました。ヘルメットをもらった時にちゃんとライトが付くか確認して、もし付かない場合は他のヘルメットと交換してもらいましょう。手袋も手にはめてサイズと問題ないか確認しましょう。

 

バンに乗って『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーの出発です!

ヘルメットと手袋をもらったら外に出て『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに出発する為のバンに乗り込みます。

友達のマコとリョウコそしてリョウコの息子さんのイッサ君(10歳)、ダーリンとタミーの5人で参加しました。ライト付きのヘルメット被って探検隊みたいね(笑)

車の中では簡単な自己紹介をしながら”ソウルアニマル”と”好きなアイスクリームのフレイバー”を聞かれました。タミーはソウルアニマルはドッグ(犬)で好きなアイスクリームのフレイバーはグリーンティ(抹茶)って答えたわ;)ガイドさんからの説明は全て英語です。このバンで私達の前に座ったアメリカ人の男性は日本にも住んでいた事がある方で日本語ペラペラでした(笑)

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーは絶景も見られます!

途中こんな綺麗な景色の場所に止まってくれます。気持ちが洗われるような絶景で気持ちよかった〜!

ガイドさんは美男美女のお2人でした。この日はツアーバン2台。人気のツアーでタミーやっと予約が取れたのよ。お早目の予約をおすすめします。

バンには絶景を見る為に止まった時間も含めると浮き輪にのる場所まで片道約30分のドライブです。

 

いよいよ『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーのスタートよ;)

バンが到着していよいよ浮き輪に乗りますよ〜みんなワクワクしちゃってます♪

ここでバンを降りたら荷物は用意された箱の中に入れてスタッフがランチをする場所に運んでくれます。写真を撮りたい方は防水のカメラまた携帯の方は防水のケースに入れてお持ち下さい。

ここから浮き輪に乗る川へと5分ほど歩きます。途中にはサトウキビもあってスタッフが説明してくれました。

こんな立派な竹やぶもありました。筍も見つけて取りたかったわ(笑)

おっ!?浮き輪が見えて来ました!!! この時点で結構気分盛り上がってます♪

スタッフが浮き輪の乗り方を説明してくれます。英語がよくわからない人でもスタッフの方が実際に浮き輪に乗ってジェスチャーで説明してくれるので、この時はなるべく前の方に行ってしっかり説明を聞きながらスタッフの動きを見て下さいね。

階段を下り川へ向かいます。沢山の浮き輪が浮いていますよ。まずは1人づつ浮き輪に乗ります。浮輪に乗る時は後ろ向きで浮き輪に腰を下ろす感じです。

スタッフが手伝ってくれるので心配はいりませんよ。

ツアーの参加者全員が浮輪に乗るまで浮輪は流されない様にロープで止められています。全員が乗ったのが確認されたらロープが外されぷかぷかと浮輪は動き出します。

出発のビデオをご覧下さい↓ 浮輪はゆっくりと進んで行きます。

水の流れは自由なので必ず家族や友達と近くにいられるとは限りませんがスタッフの方が側にいますので安心して『浮輪ライディング』を楽しめます♪ 10歳のイッサ君もママが側にいなくても楽しんでましたよ^^

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーは楽しいよ〜♪

10歳のイッサ君も楽しそうでしょ^^ 

 

大人のダーリンも楽しそうです(笑)

友達のマコも楽しそう〜(笑)この日は程よく雲もあって暑くなく気持ちよかったです。

のどかな感じでしょ。浮輪に乗ってぷかぷか流されていくのって癒されちゃうのよ〜♡

浮輪はクルクル回転しながら進みますが速くは無いので目が回ったりはしません。

タミーもダーリンも子供みたいに楽しんじゃいました(笑)

 

水がキラキラ輝いて綺麗だし水の上は涼しいのよ;)友達のリョウコ楽しんでます♪

この『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアー実は癒されるだけじゃなくてドキドキも楽しめちゃうのよ!

 

癒されるだけじゃなくてドキドキもある『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアー!

みんなが被っているヘルメットにライトが付いているでしょ。それには訳があるの。ぷかぷかと気持ちよく流れていると。浮輪は、こんな洞窟へと入って行きます@_@

これはドキドキしちゃうでしょ! スタッフの方が洞窟が近づくと「ライト、オン!」と声をかけてくれるので聞いた方も「ライト、オン!」と声に出して後ろの方に声で伝えて行きます。

ヘルメットのライトをオンにして洞窟へと侵入しますよ〜!!!

洞窟の中真っ暗ですが、みんなのヘルメットの灯りで薄っすらと洞窟内が見えてこれもまた楽しいの。友達のリョウコすごく楽しそう(笑)

 

洞窟内に入るビデオは↓こちらをご覧下さい。

洞窟の中の岩肌にはキラキラ輝く鉱物みたいなのが沢山付いていて綺麗だったわ。

それにスタッフの女性が浮輪に乗りながらモアナの歌を歌ってくれて、それが洞窟に響いて素敵でした〜♪ こんな洞窟に4つくらい入ります。所々流れが速くなっていてWOW!って楽しい場所もあってぷかぷか癒されるだけじゃなくドキドキ&ワクワクもあるとっても楽しい『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーよ;)

 

洞窟から出る時ビデオは↓こちらをご覧下さい。

 

外に出るとカウアイ島の綺麗な緑がいっぱいの景色。浮輪に寝そべって空を見上げたら綺麗な青い空。

水の流れと音に癒されて幸せになれちゃう『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーです♡

『浮輪ライディング』を楽しんで到着した場所にはランチも用意されていますよ。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーにはピタサンドイッチランチも付いてます^^

『浮輪ライディング』を楽しんで到着した場所にはランチが用意されています。

自分で好きな具材を乗せてピタサンドイッチを作ります。

タミーはターキーハムにチーズ。レタスにアルファアルファ、オリーブ、マヨネーズにマスタードを入れました。美味しかったです^^
ピタサンドの他にマウイオニオンチップス、チョコレートチップクッキー、水ももらえます。

この場所には更衣室もあるので私達は着替えを持って行ったので濡れた水着から着替えてからランチしました。上は濡れる事ないけどお尻は濡れる『浮輪ライディング』よ(^^;

ランチ休憩の時間は30分くらいなので着替えないで濡れた水着のままでもバンには乗れます。その時は持って行ったタオルをお尻に敷いて下さいね。

着替えなどの浮輪に乗る前に預けた荷物は、このランチする場所に運ばれていて受け取れますから、ご安心下さい。

ランチの後は来た時に乗ったバンに乗ってオフィスまで戻ります。帰りは行きと違う道を帰るので約15分くらいのドライブです。

ランチ場所にはトイレは無いのでオフィスに戻りトイレを使いました。濡れた水着のままバンに乗られた方はオフィスの更衣室でゆっくり着替えて下さいね。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーの写真も買えます;)

カメラを持って行かれない方はスタッフの方が何箇所かで写真を撮ってくれています。その写真はオフィスにある何台かのコンピューターで見る事が出来て欲しいものがあれば購入できます。時間が無い方はホテルや家に帰って「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」のホームページから写真を購入する事も出来ます。

防水カメラや防水の携帯電話用のカバーが無い方は、こんなサービスを利用するのもいいですよね。携帯電話用の防水カバーはカウアイ島のABCストアで買う事も出来ますよ。

「タミーさん『浮輪ライディング』すごく楽しそうです♪ カウアイ島に行ったら参加してみたいわ〜!」

では「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の『浮輪ライディング』アクティビティ・ツアーに参加したい方にツアーに必要なもの、料金、時間、場所、注意事項などを説明しましょうね。

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーに必要なもの。

(ご自分で用意していくもの)

*濡れてもいい靴(レンタルシューズ可)ビーサンは脱げてしまうので不可。*濡れてもいい水着や衣服 *タオルと着替えの洋服 *日焼け止め *帽子と虫除けスプレー(刺されてしまった場合の塗り薬)

(「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」で用意してくれるもの)

*手袋 *ヘッドランプ&ヘルメット *浮き輪 *ランチ(ピタサンドイッチ、クッキー、ポテトチップス、水)

 

『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーの料金と注意事項

『浮き輪ライディング』の料金は1人$ 106 +税金

(注意事項)

キャンセルの場合は 24時間前に連絡が必要、6名以上で予約した場合は72時間前の連絡が必要。

参加できる年は5 歳以上で最低でも43インチ(109.22cm)の身長でないと参加できません。

体重は 300ポンド(136.078kg)以下の方までが参加できます。

背中、股関節、膝に問題のある方には、おすすめできません。

妊娠初期の女性は医師の承認を得て下さい。

 

『浮き輪ライディング』アクテビティ・ツアーの時間

午前8時、午前9時、午前10時、午後12時、午後1時、午後2時の1日6回

チェクインの時間: ツアー前の30分前には必ず「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」におこし下さい。

『浮き輪ライディング』のツアー時間は約3時間です。

「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアーはこちらの↓ホームページより申込めます。

https://kauaibackcountry.com/tubing/

下の方にカレンダーがあるのでどの日が空いているのかわかりやすいですよ。ホームページでも『浮き輪ライディング』のビデオご覧になれます。

 

「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の住所・電話番号

住所:3-4131 Kuhio Highway Lihue Hawaii 96766

電話:808-245-2506

 

 いかがでしたか? 「カウアイ・バックカントリー・アドベンチャー」の『浮き輪ライディング』アクティビティ・ツアー。カウアイ島で人気のアクティビティ・ツアーなので早目の予約をおすすめします。体験した方の楽しかった報告お待ちしていま〜す(^^)/

Much Aloha♡Tammy

 

ワイキキのコンドミニアム滞在ツアーの予約は担当制のファーストワイズ!

Aloha(^^) 前回の記事にワイキキで滞在するコンドミニアムの2ベッドルームなら「アストン・ワイキキビーチタワーがおすすめよ」と書いたの覚えてますか?

日本からハワイに旅行される方のほとんどはツアーを利用しますよね。

そこでツアーの予約がストレスなく出来る「ファーストワイズ」ツアーをタミーご紹介します^^

 

ハワイ旅行に強い「ファーストワイズ」がタミーのおすすめ!

前々回の記事でもタミー「ファーストワイズ」ツアーをおすすめしました。

「ワイキキパークホテル」はワイキキでお値段がお手頃でとっても便利なホテルなのでまだ読んでいらっしゃらない方は是非↓こちらの記事もご覧ください;)

ワイキキパークホテルの格安ツアーはファーストワイズに決まり!

「ファーストワイズ」ツアーは『ハワイの専門店』って自ら言ってる通りにハワイには強い会社なんです!

imgres

*ハワイ専門旅行店として創業30周年なのでハワイツアーの数は半端なく沢山あります。

*現地にオフィスがあり日本語でのサポート万全なので安心してハワイ滞在ができます。

*社員全員がハワイラバーなので、お客様が求めるハワイ旅行を実現させてくれます。

これだけ聞いても「ハワイ旅行ファーストワイズツアーにお願いしたくなっちゃうわ!」って思うでしょ(笑)

でもね「ファーストワイズ」ツアーの評判の中でお客様が一番良かったと思う点は「予約」の段階の事なのよ;)

 

「ファーストワイズ」ツアーの口コミNo,1は「担当制」である事なんです^^

お客様が「ファーストワイズ」にハワイツアーをお願いして良かった〜って思う1番の理由は『担当制』になっている事なんです。

「タミーさん、担当制ってどういう事ですか?」

それはね、あなたがお問い合わせの電話をした時に電話を取った人が「ファーストワイズ」ツアーの社員の山田さんって方だとしましょうね。 それ以降あなたのハワイツアーの企画から手配の全ての相談にのって下さり、あなたの予約までを最初に受けた担当者が最後までお世話をしてくれるのが「ファーストワイズ」ツアーの『担当制』なんです!

そう”1人の担当者が責任持って、あなたがハワイに旅立つまで真心込めてお世話をして下さいます。”

images

これって安心して「予約」出来ますよね^^

 

「ファーストワイズ」ツアーは予約の段階でのストレスがありません。

タミーは日本にいた時に大手の旅行会社でハワイツアーをお願いした事があります。 勿論そのツアー会社は「担当制」では無かったので最初に電話を取ったAさんが「ハワイ旅行のお問い合わせですね。担当に代わります。」と電話を回すのはいいのですがリロリロリ〜♪と音楽が鳴る事10分以上も電話を待たされ

やっとBさんという人が出て「大変お待たせ致しました。ハワイ旅行ですね。どのようなご旅行をご希望ですか?」と聞かれたので「ワイキキのコンドミニアムに滞在希望で」と言った時点で「ワイキキのコンドミニアム滞在ですね。担当者に代わりますのでしばらくお待ち下さい。」って、えーーーーーー待ってよ〜今10分も待たされてたんだよーーー!

で更に待つ事15分(長すぎて途中何回も電話切ろうと思いましたが逆に意地になって待ちました。)「大変お待たせしました。ワイキキのコンドミニアム滞在での、ご旅行をご希望ですね。」

「ハイ、そうです。」良し!と思って、こう続けました「そうなんです。少し長く滞在したいので」と言った途端「それでしたらロングステイの担当に代わりますので」と言ったのでブチって切れちゃいました!

「待つのは、もう嫌なので結構です!」と言って電話切ったタミーです(笑)ハワイ旅行に限らず旅行会社にツアーの予約で電話したらこんな嫌な思いした方いるはずよね。

「ファーストワイズ」ツアーの場合は”最初に電話に出た人が、あなたのハワイツアーの担当者になるので” 待たされてたあげくのたらい回しなんて酷い対応はされません。 ストレスの無いツアーの予約が出来るって最高でしょ;)

 

「ファーストワイズ」ツアーならあなたの担当者がワイキキのコンドミニアム滞在ツアーの予約全てを行って下さいます。

電話をたらい回される事なく、あなたの担当者1人がワイキキのコンドミニアムのツアーの説明をしてくださりフライトや予算をあなたの希望に応じて一緒に考えて下さってぴったりのツアーを紹介してくれますからスムーズに予約が出来ます。

それにレンタカーの手配やオプショナルツアーの相談にだって同じあなたの担当者が、ずっとあなたのハワイツアーの予約のお手伝いを最後まで責任持ってして下さいます。

「ファーストワイズ」さんがなぜこの「担当制」を行っているかは、お客様をたらい回しにしたりお待たせしないのは勿論ですが社員間での引継ぎ忘れの防止なんですって。

現地に行ったら「ツアー内容が違う」とか「オプショナルツアーが頼んで無かった」なんてトラブルが起き無い様にする為だそうです。

「ファーストワイズ」ツアーの口コミを見てみるとプラスの口コミの中で一番多いのは、この安心できる「担当制」で相談&予約が出来る事なんです;)

ツアー料金が安いとか大手の旅行会社がいいとかもわかりますが安心して相談出来てハワイツアーの予約を最後までストレス無く出来るのってポイント高いわよね!

では「ファーストワイズ」ツアーで前回タミーがおすすめした”アストン・ワイキキビーチタワー”のツアーを見てみましょう♪  1番安い羽田発のツアーは、こちら^^

 

羽田発「アストン・ワイキキ・ビーチタワー」5日間2ベッドルーム”パーシャル・オーシャンビュー”(6名1室)滞在中レンタカー付のツアー/1名様13万1千円〜

レンタカー付でこのお値段は2世帯家族や友達同士の卒業旅行にぴったりじゃ無いですか。羽田フライトだから東京の方は、お仕事終わりでも行けちゃう便利さですよ;)

フライトはハワアインエアラインになります。このツアーいい事まだまだあるんですよ。

*延泊・減泊の日数変更・宿泊ホテルやお部屋の変更・航空会社の変更及び座席クラスの変更に現地オプショナルツアーの手配なども出来ちゃいます。

*レンタカーアップグレードキャンペーン中!(2017年1月31日まで)
レンタカーをミッドサイズからフルサイズに無料でアップグレードしてくれます。 これだけじゃなく更に「アストン・ワイキキビーチタワー」コンドミニアムの宿泊特典もあるんです!

24955_95_z

*全室プライベートラナイ・フルキッチン・ハンドシャワー・洗濯機・乾燥機付きのお部屋です。

*1日2回のメイドサービスがついちゃいます。

*コンシェルジュサービス(8時〜19時)お困りの時は相談出来ていいですよね。

*新聞サービスもあります。

ハワイの新聞はお部屋に朝届き。日本語の新聞は限られた部数ですがフロントに毎朝用意されています。

*無料駐車場(チップは1回に付き$3くらい渡して下さいね。)ワイキキのホテルの駐車場は宿泊者であっても有料でしかも1日$30くらいしますから無料は嬉しい特典です。

*ベビーベッドは無料で貸して頂けます。事前にリクエストして下さいね。

「タミーさんの前回の記事を読んでアストン・ワイキキビーチタワーの2ベッドルームのコンドミニアムの良さは十分分かったので特典もあってお値段も手頃なツアーがあるし担当制で旅の相談も気軽にできるなら、もう私「ファーストワイズ」さんに予約の電話しちゃいます!」ってなっちゃうでしょ(笑)

前回のワイキキ2ベッドルームコンドミニアムは「アストン・ワイキキビーチタワー」に決まり!

の記事を読んで無いの?じゃあ、すぐにこの記事を↑読ま無くちゃ!

まだ、待って〜予約の電話をする前に「ファーストワイズ」ツアーには、まだまだ沢山「アストン・ワイキキビーチタワー」のコンドミニアムに滞在するツアーがあるんだから〜。

羽田発↓「アストン・ワイキキビーチタワー」こちらをご覧下さい。

http://www.1stwise.com/tourlist/haneda?Hotel_id=93

成田発↓「アストン・ワイキキビーチタワー」こちらをご覧下さい。

http://www.1stwise.com/tourlist/narita?Hotel_id=93

 

まずは「ファーストワイズ」ツアーのホームページをゆっくりチェックしてね;)

コンドミニアムに滞在するツアーだけでなく本当に沢山の種類のハワイツアーが「ファーストワイズ」ツアーにはあります。迷っちゃうくらい(笑)

「ファーストワイズ」↓ツアーにお電話する前にこちらのホームページをご覧下さい。

http://www.1stwise.com/

興味あるツアーがみつかったら「担当制」で安心して予約が出来る「ファーストワイズ」ツアーに安心して電話しちゃいましょ↓

フリーダイヤル/0120-101-747

フリーダイヤルがご利用できない方やお急ぎの方は03-3586-1122(有料電話になります。)

メールでのお問い合わせは↓こちらからどうぞ

https://www.1stwise.com/inquiries/no_tour/

いかがでしたか?ストレス無く安心してワイキキのコンドミニアム滞在の予約が出来る「ファーストワイズ」の担当制ツアーいいでしょ(^_-)-☆

年明けお正月過ぎの1月そして2月はハワイのツア料金お安いですし涼しくて過ごしやすいハワイですから是非いらして下さいね♪

Much Aloha♡ Tammy

ワイキキパークホテルの格安ツアーはファーストワイズに決まり!

Aloha(^^)/ 「タミーさんのおすすめ”ワイキキパークホテル”に泊まってみたいんですがワイキキパークホテルに泊まれる格安ツアーなんてありますか?」ってお問い合わせを頂きました。

ありますよ!ワイキキパークホテルの格安ツアーは「ハワイ旅行の専門店」ファーストワイズがおすすめ;) ハワイの現地サポートも日本語で万全よ!

 

『ワイキキパークホテル』の格安ツアーはファーストワイズに決まり!

images

只今売り出しています『ワイキキパークホテル』に宿泊するファーストワイズの格安ツアーの格安ツアーを見てみましょう♪

*成田発5日間で11万9千円〜。

*名古屋発5日間13万8千円〜。

*大阪発5日間14万円〜。

*福岡発5日間13万6千円〜。

そうですか?どの空港からも格安ツアーがあるんですよファーストワイズ;) それぞれの格安ツアーには値段が安いだけじゃなくてお得な特典も沢山付いているんです!

1つずつ詳しく説明しましょうね♪

 

*成田発5日間『ワイキキパークホテル』格安ツアー*13時入室、空港送迎付、トロリー乗り放題11万9千円〜16万4千円。

こちらの格安ツアーは13時にホテルのお部屋に入れるアーリーチャックインなの。 通常ホテルのチェックインは15時からなのでホノルル空港には早朝に日本から到着しますから15時までホテルに入れないで時間をつぶすのって疲れている方には辛いので2時間早くホテルにチェックイン出来たらランチ後に入室できるのでいい感じなの時間なんです。

ホノルル空港からの送迎も付きますしハワイ満喫わくわくトロリー5ルート乗り放題券まで付いているツアーです。

ハワイ満喫わくわくトロリー5のルートはこんな感じ。
・チャイナタウン・ダウンタウン方面
・ダイヤモンドヘッド・カハラモール方面
・アラモアナ・ドンキホーテ方面
・有名レストランの多いディナーライン(東回り)
・有名レストランの多いディナーライン(西回り)

以上の5ルートを回ってくれるトロリーなので便利でしょ。しかも乗り放題よ!

これだけの特典が付いてロケーションもよく便利な『ワイキキパークホテル』に泊まれてこの値段はお得な格安ツアーよね;)

フライトは日本航空(JAL)、デルタ航空、全日空(ANA)、チャイナエアライン、ユナイテッド航空、大韓航空、ハワイアン航空のどれかになります。

1日多い6日間の格安ツアーもありますよ。

 

*成田発6日間『ワイキキパークホテル』格安ツアー*13時入室、空港送迎付、トロリー乗り放題13万9千円〜を20万9千円。

特典内容は上の5日間コースとほぼ同じですが航空会はデルタ航空と決まっています。 航空会社が決まっているのでデルタのマイルを貯めている方は、この格安ツアーならマイルまで溜まっちゃいますよ;)

他にも成田発の『ワイキキパークホテル』の格安ツアーには「海の見える部屋が指定」出来て「日本航空指定」のワイキキパークホテル6日間の格安ツアーが17万6千円〜。

スペシャルな格安ツアーとしてハワイの5つ星ホテル「ハレクラニホテル」に3泊&ワイキキパークホテルに3泊+「ホノルル空港からリムジンでの送迎付き(説明会参加必要無し)」デルタ航空指定のワイキキパークホテル8日間の格安ツアーは25万1千円〜。

images-2

上記の2つのコースには他にもお得な特典がいっぱい付いているのよ!詳しくは、この記事の下の方にありますファーストワイズツアーのホームページをご覧下さい。

では次は名古屋発の『ワイキキパークホテル』格安ツアーを見てみましょうね;)

 

*名古屋発5日間『ワイキキパークホテル』格安ツアー*海の見えるお部屋指定13万8千円〜19万円。

こちらの格安ツアーは13時にホテルのお部屋に入れるアーリーチャックインでホノルル空港からの送迎が付いています。 ただハワイ満喫わくわくトロリー5チケットは付いていないのです。トロリーのチケットは1人4,500円で購入可能です。

でもね、この格安ツアーの特典は「海の見えるお部屋」にステイ出来ちゃいます!geak_20160901_102921

お部屋は約30平米のモダンで上品なデザインなので都会的な魅力も満喫できラナイからは、どこまでも続く青い海と水平線が見渡せます。 これは格安ツアーなのに嬉しいわよね^^ こちらのツアーの航空会社はデルタ航空か日本航空になります。

名古屋空港発にはロングステイの『ワイキキパークホテル』の格安ツアーもあります。「海が見えるお部屋指定」「日本航空指定」「13時ホテル入室可能」「空港送迎」「トロリー乗り放題」9日間で23万4千円〜です。 ハワイにロングステイしたい方には、たまらなく嬉しい格安ツアーじゃないですか^^

次は大阪ですよ〜♪

 

*大阪発5日間『ワイキキパークホテル』格安ツアー*海の見えるお部屋指定14万円〜19万8千円。

こちらのツアーもなんと!13時にホテルのお部屋に入れるアーリーチャックインで空港からの送迎付。 なんていってもオーシャンビューのお部屋なのがいいわよね〜♪

大阪発はデルタ航空のビジネスクラスで行く格安ツアーもあるのよ;)180度リクライニングするデルタ航空のビジネスクラスのシートは快適過ぎるくらい快適!ビジネスクラスは、お食事も美味しいし!

それに海の見える部屋指定で送迎付&トロリー付。特典いっぱいで5日間で26万〜31万9千円。 通常ビジネスクラスの航空チケットは格安サイトで買っても35万円くらいはしますから、すごく格安なツアーよ!

福岡発は、どんな格安ツアーかしら?

 

*福岡発5日間『ワイキキパークホテル』格安ツアー*レンタカー乗り放題13万6千円〜18万円。

こちらは”自由に楽しむハワイ旅”という事で滞在中レンタカーが乗り放題で「13時ホテル入室可能」「海の見えるお部屋指定」です。航空会社は大韓航空になります。

レンタカーを借りるだけで結構な金額しますからハワイを自由に行動して満喫したい方にはレンタカー乗り放題は嬉しい格安ツアーよね♪

レンタカー利用無しの「13時ホテル入室可能」「ホノルル空港送迎付」『ワイキキパークホテル』格安ツアーは13万円〜ありますよ。

 

女子が喜ぶスイーツ付&マッサージ付の『ワイキキパークホテル』格安ツアーがあります♪

こちらは女子旅に最高なの〜ハワイのローカルスイーツめぐりをして疲れた体に全身のデトックスマッサージ(55分)が付いちゃう『ワイキキパークホテ』ル6日間の格安ツアーです。17万8千円〜23万6千円よ;) 内容詳しく説明しちゃいましょう!

 

☆女子が喜ぶ格安ツアー特典1 ”大人気のスイーツめぐり半日ツアー付”

ハワイの有名店「レナード」のふわぁふわぁのマラサダ。

images-1

「バビーズ」の自然素材で作られたもちもちで濃厚な餅アイスクリームが味わえちゃいます^^

連日ロコで賑わう女子に大人気の美味しいスイーツの数々を堪能出来ちゃう半日ツアー付なのよ〜*
スイーツ大好き女子には、たまらない格安ツアーよね。 いっぱい食べてもご心配無く。デトックスマッサージまで付いちゃうんだから(笑)

 

☆女子が喜ぶ格安ツアー特典2 ”全身のシルエットデトックスマッサージ(55分)付”

名物スイーツを堪能した後は、全身のボディラップによるデトックストリートメントまで受けられちゃうのよ。 このマッサージ全身のむくみや疲れを解消してスリミング効果も期待出来ちゃうんですって。

ミネラルやエッセンシャルオイルなどを浸した「ハーブラップ」は保湿作用も高く、終わった後はお肌がスベスベになって驚いちゃうみたいよ。 最後に引き締め効果のあるジェルでマッサージされたら、もう心も体もリフレ〜ッシュ^^  と〜っても贅沢なトリートメントよ;)

他にも買い物に便利なワイキキトロリー&シャトルバス乗り放題券も付いてる格安ツアーです。 これは、もう女子の願いが全て叶っちゃう格安ツアーよね〜♡

成田発も名古屋発も大阪発も福岡もみんなお安くないですか^^ (注)紹介した格安ツアーは締め切り及び変更になる場合もありますので、ご了承下さい。

 

「ファーストワイズツアー」はハワイ旅行専門の旅行会社なのよ。社員全員がハワイラバーです♡

ファーストワイズツアーの社員全員がハワイラバーの創業30年の旅行会社なんです^^

images

なので、お客様には最高に充実した時間をハワイ過ごして欲しい!今まで知らなかったハワイの楽しみ方を知って欲しい!ハワイに来て良かったと心の底から思って欲しい!

そう願いながらツアーの企画を立てたり旅行をアレンジしています。

最初に問い合わせを受けたスタッフが、旅の企画からアレンジ手配まで全てをご担当するんです。

1人のスタッフが最初から最後まで担当して下さるって安心出来ますよね;)

ハワイ現地でのサポートも行っているハワイ愛がいっぱいの旅行会社ですから「ファーストワイズ」ツアーの格安ツアーを選んだあなたは正解よ(^_-)-☆

 

「ファーストワイズツアー」はハワイでの現地サポートも万全!日本人スタッフで安心のハワイ旅が出来ます^^

ハワイに滞在中も安心の「ファーストワイズ」ツアーなのよ。なぜなら現地の「ファーストワイズ・コミュニケーション」オフィスが、あなたのハワイ旅のお手伝いをしてくれるの。

Wi-Fiや携帯電話のレンタルにレストランやオプショナルツアーの予約でしょ。もう何でも気軽に相談出来ちゃうんだから^^

オフィスはワイキキの中心Tギャラリアの6階とすごく便利な場所にありますしハワイの事を熟知している日本人スタッフが日本語で対応してくれるので安心して相談出来ますよ。

imgres

日本人スタッフが日本語で対応してくれるので安心して相談出来ますよ。

ハワイ現地オフィスの↓住所、電話番号、地図、営業時間、サービス内容は、こちらをご覧下さい。

http://www.1stwise.com/about/support/

「ファーストワイズ」ツアーには他にも色んなワイキキパークホテルに滞在する格安ツアーがあります。格安ツアーの詳しい内容&金額などはこちらの「ファーストワイズ」ツアーのホームページをご覧下さい↓

https://www.1stwise.com/

 

いかがでしたか?「ファーストワイズ」ツアーには沢〜山ワイキキパークホテルに宿泊するツアーがありますし何よりも社員全員がハワイラバーの会社っていうのが格安ツアーと言っても安心出来ますよね。

あなたも「ファーストワイズ」ツアーの『ワイキキパークホテル』格安ツアーで思いっきりハワイ旅を楽しんじゃいましょう(^^)/

Much Aloha♡ Tammy

ワイキキパークホテルに関しては↓こちらの記事もご覧下さい。

ワイキキパークホテルのオーシャンビューのお部屋は3タイプ^^

ワイキキパークホテルのロクシタン・アメニティで癒されて^^

ワイキキパークホテルの朝食ビュッフェ+タミーのおすすめ;

ワイキキパークホテルの口コミいいよ^^お手頃価格で便利!

イオラニ宮殿「日本語見学ツアー」はJCBが安い!

Aloha(^^)/ ハワイは昔アメリカでは無くハワイ王国という王様がいた1つの国でした。

当時の金額で36万ドルもかけてイオラニ宮殿が建てられました。アメリカ合衆国に現在する唯一の宮殿なんですよ。

先日、オアフ島臨時特派員のテミが『イオラニ宮殿の日本語見学ツアー』を体験しましたのでタミーからお得な情報を教えちゃいますね♪

 

「イオラニ宮殿」にはイギリスのバッキンガム宮殿にも無かった設備を備えていたのよ☆

アメリカ合衆国唯一の「イオラニ宮殿」はハワイ州のオアフ島、ホノルルのキングストリートにあります。 こちらが「イオラニ宮殿」です☆ 青空に映える歴史ある建物です。

images-2

「イオラニ宮殿」はカメハメハ大王の像の前の道路を挟んで向かい側が立っています。 キングカメハメハデーの時には7mものレイを掛けられて飾られるカメハメハ大王の像です。これ全部フレッシュな生花です♡

myhome

こちらの写真は「幸せになれる島カウアイ Be happy in Kauai」オアフ島特派委員ふーちゃんからです。

カメハメハ像では面白いお話しが、あるの。 この像は本人じゃなくて当時のイケメンがモデルになって作られたって(笑)確かにハワイ初代の王様「カメハメハ一世」の肖像画をタミー見ましたけど全く違う顔なのよね。こんなにイケメンじゃないわ。あははは^^

「イオラニ宮殿」日本語ガイド見学ツアーのお得な情報をお知らせする前に「イオラニ宮殿」の歴史をみなさんにお話させて下さいね。

ハワイが王国だった時代は1795年〜1893年になります。 7代目の国王であったカラカウア王様の命令で36万ドルという莫大な予算をかけて建てたられた宮殿なのよ。36万ドルは、その当時のお金でかかった金額なので今では、もっと沢山よね。

3人の建築家が建築には関わって建てたらた宮殿はアメリカ・フィレンツェ様式と言われます。 1882年に竣工がスタートして1893年のクーデターで王族の時代が終わるまでカラカウア王とカピオラニ王妃、妹のリリウオカラニがイオラニ宮殿を使っていたの。

タミーが「イオラニ宮殿」の事でスゴイわ!って思ったのは当時のイギリスのバッキンガム宮殿にも無かった電気設備などを備えていたんですって@_@ 当時の最新の宮殿だったのよ「イオラニ宮殿」

他にも装飾品や家具や食器類なども贅を尽くした素晴らしいものだった様です。 贅を尽くし過ぎたせいでカラカウア王は宮殿建設費により大きな負債をかかえる事になってしまいます。

そんな贅を尽くした「イオラニ宮殿」をハワイ、オアフ島にいらしたら、あなたも見学したくありませんか? 「見学してみたいけど、、、。タミーさん私、英語はよくわからないんですよ(^^;」

 

タミーのおすすめ!「イオラニ宮殿」日本語見学ツアーはJCBで予約しましょう^^

ご心配なく「イオラニ宮殿」には日本語見学ツアーが2つあるんです。しかもJCBで予約するとお安くなっちゃうの。これは、もうJCBに決まりでしょ! JCBで予約したらどのくらいお安くなっちゃうかというと。

『「イオラニ宮殿」日本語ガイド見学ツアー』は月曜日と金曜日だけです。 当日も空きがあれが予約無しでも参加出来るかもしれませんが、いっぱいで参加出来なかったらガッカリですから予約をした方がいいと思います。

大人 $21.75→$16.75      小人 (5~12歳) $6

大人$5もお安いんですよ。2人なら$10。 1人分のランチ代くらい出来ちゃいますね;)

 

日本語ヘッドホンを使った見学オーディオセルフーツアーもJCBは安いです!

日本語ヘッドフォン着用のセルフツアー(オーディオセルフツアー)は予約は出来ませんがJCBでチケットを安く購入出来ます^^

大人 $14.75→$11.75     小人 (5~12歳) $6

大人$3お安くなるのでバス代出来ちゃいますよ。セルフ見学ツアーは月曜日〜土曜日まであります。

*月曜日/午前9時~午後4時 *火.水.木/午前10時半~午後4時 *金.土/正午12時~午後4時

日本語でガイドさんが案内してくれる見学ツアーもオーディオセットを使ったセルフガイド見学ツアーもどちらもJCBでチケットを購入したら安くなっちゃうのがわかりましたか?

 

ワイキキショッピングプラザ2階のJCBプラザ・ホノルルに行ってみよう〜♪

日本からハワイ、オアフ島に行かれる方のほとんどはワイキキのホテルに宿泊されると思います。

ワイキキのど真ん中DFSの隣、ロイヤルハワイアンセンターの向かいにワイキキショッピングプラザというビルがあります。 1Fの左側にレスポートサックのバッグ店が入っているこのビルです。

imgres

このワイキキショッピングプラザの2階にJCBプラザ・ホノルルのラウンジがあります。年中無休で朝9時〜夜8時まで営業しています。

imgres-1

 

JCBプラザ・ホノルルラウンジには「イオラニ宮殿」の日本語見学ツアーのチケットが安く購入出来るだけで無くお得な事が沢山あるのよ!

こちらの”JCB優待ガイド’には、お得な情報がいっぱいなのよ。これをもらうだけでもハワイ旅で得しちゃうくらい。割引クーポンが沢山あって普通でも安いオールドネイビーも10%OFF !丸亀うどんも15%OFF!になっちゃいます。

s__11993091

こちらの”JCB優待ガイド”はJCBプラザ・ホノルルラウンジに行かなくてもホノルル空港やワイキキのフリーペーパーやクーポンが置いてあるブースにも置いてあります。

でもねJCBラウンジに行くともっと良い事あるのよ;)

 

ワイキキ・ショッピングプラザのJCBプラザ・ホノルルラウンジには、お得な事がい〜っぱいよ(^^)/

JCBプラザ・ホノルルラウンジは、レストラン.観光地の予約/荷物の当日中一時預り/携帯電話レンタル/タクシーの手配/インターネット.プリント無料サービス/フリーWi-Fi/日本語の新聞、雑誌を閲覧/現地ガイドブック、情報誌の閲覧/マーサージ機/ドリンクサービス/レンタル傘のサービスなど、すごく沢山しかも役立つサービスじゃ無いですか(*^^*)/

臨時特派員のテミはJCBプラザ・ホノルルラウンジで帰りのタクシーを頼んでホテルから空港までチップ込みで$35だったそうです。タクシーも色々ありますからね。時間にちゃんと来てくれるかも不安だしJCBでお願い出来たら安心ですしタクシーの中でチップの計算したりもしなくて済みますよね。

タミーもワイキキのスクールに通っていた時は大いに利用させて頂いたJCBプラザ・ホノルルラウンジです。

(注)ラウンジを利用出来るのはJCBカードをお持ちの方に限られるのでハワイ旅行前にJCBカード作っちゃいましょう!支払いもJCBカードでする様になりますのでポイントやマイルもたまって、またハワイに来れちゃうわ^^

JCBプラザ・ホノルルラウンジで「イオラニ宮殿」日本語見学ツアーを申し込むと、この様な地図をもらえます。周辺地図やバス停など書いてあって、とっても便利よ。

s__11993092

「イオラニ宮殿」日本語見学ツアーにはホテルからイオラニ宮殿への送迎は含まれていませんので自分で現地まで行きます。

この地図の様にザ・バスで行けば簡単に行かれます。 ザ・バスの料金は$2.50です。忘れずに小銭を用意して乗りましょうね。お2人なら勿論$5払えばいいですよ。

バスのドライバーさんに「アイ ドゥ ライク トゥ ゴー ツー イオラニパレス」と伝えたらバス停に着いた時にドライバーさんが「イオラニパレス〜!」って教えてくれるそうよ。 タクシーで行くのもいいですがバスで行くのもロコ気分で楽しいものです♪

バスに乗る時に「トランスファー、プリーズ」と言ってトランスファーの券をもらっておいて下さいね。

「イオラニ宮殿」日本語見学ツアーが終わって帰りはアラモアナに寄って買い物〜とかそのままワイキキへっていう帰りのバスにもトランスファーの券が使えて、また$2.50払わなくてバスに乗れますからね;)

JCBプラザ・ホノルルラウンジについての住所、電話番号、サービスなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓

http://www.jcb.jp/ws/plaza/lounge_honolulu.html

 

タミーと一緒に”「イオラニ宮殿」日本語ガイド見学ツアー”を楽しんでみましょう♪

2007年には大希望な改修が行われた「イオラニ宮殿」の見学ツアーをタミーの日本語ガイドで楽しんで下さい♪

「イオラニ宮殿」の正面門を入り進むと左側にこの建物があります。

3240

ドアから中に入ります。


3242

JCBプラザ・ホノルルラウンジでくれた手配書を見せて、ここでステッカーを受け取り胸に貼ります。 この階段下で日本語ガイド見学ツアーの方は集合します。

3244

日本語のガイドさんの案内で階段を上がり、上がってすぐ左側に置いてある箱の中に持っている飲み物を置きます。

 

椅子に座って渡されたカバーを靴の上から履きます。

3247

床を傷つけたり、汚したりしない為です。

この方が日本語ガイドのMIEさんです。

3250

「イオラニ宮殿」の日本語ガイドさんになるには研修を受けなくてはならないみたいです。 今はガイドさんの人数も少ないのかもしれませんね。毎日あった「イオラニ宮殿」日本語ガイド見学ツアーは週2日の月曜日と金曜日だけになってしまったそうです。

 

ハワイ大学の学生に研修させてボランティアで見学ツアーの日本語ガイドをさせたらいいのになんて思ったタミーです。親友テミのお嬢さんがハワイ大学にいた時に「イオラニ宮殿」でアロハドレスを着て各部屋で観光客の方が家具や調度品に触ったりりしない様に見ているボランティアをしていたそうです。 ガイドに誘われたそうですがガイドになるには研修時間が長いので断念したそうです。

見学の前にガイドのMIEさんから色々な注意事項を聞きます。カメラのフラッシュを使用してはいけ無いとか、家具などの展示品を触ってはいけないとか。こちらのガラス素敵でしょ☆

3252

 

中に入ると、ドーンとこの階段。これは、現在は使われていなくて観光客はエレベーターを使います。

3255

ホールには、他国からの数々の素晴らしい寄贈の品が飾られています。これは、明治天皇から寄贈された壺です。こちらも素敵ですね☆

s__11960326

カラカウア王は世界一周旅行に出かけた時に明治14年外国元首としてお供の2名と初めて日本に来日したそうです。その時に頂いたものなのかしら?タミーにはわかりませんが。 見てくださ〜い!!!「イオラニ宮殿」1階の”ダイニング”で〜す(^^)

3300
他国のゲストと食事を楽しんだ場所だそうですか、こんな素敵なダイニングを見た他国からのゲストは、さぞ驚かれた事でしょうね@_@ だってハワイですよ。太平洋のど真ん中にこんなヨーロッパスタイルの素敵な宮殿があるなんて誰も想像しませんよね(笑)

日本からは当時の井上カオル外務省や船の船長さん達が招待されたそうです。 ゲストが服を掛けておく場所。フックが高い所にあります。外国からのゲストは背が高かったのでしょうね。

3302

タミーには届きません(笑) 「イオラニ宮殿」には素敵なダイニングに料理をキッチンから運ぶ為の手動式のエレベーターもあったのよ。

s__11960327

 

当時はバッキンガム宮殿にもなかった、電気設備. 水洗トイレ.シャワーを備えていたというから驚きです@_@

3308

 

最後の女王リリウオカラニは有名なハワイアンソング「アロハ. オエ」を作曲した人です。そして女王リリウオカラニは白人のクーデターにより幽閉された時に唯一許されて出来たのがキルトでした。 こちらがそのキルトです。

3313

ハワイアンキルトとは随分感じ違いますよね。どちらかというとアメリカンキルトに近い感じです。 こちらは”王座の間” 舞踏会が行われていた場所です♡

3316

女王様のドレスも素敵ですぅ〜☆☆☆

3315

赤と金は王族を象徴するカラーだと言われていますがゴージャスな椅子だわ。

素敵なものが、いっぱいと思いますが「イオラニ宮殿」から世界中に散らばっている当時の家具や調度品の品々は、今だ全ては見つかっていないそうです。 見つかったものは追加で展示されるそうなのでハワイに来た時は何回でも「イオラニ宮殿」に見学にいらしたら、その時に、また新しく戻ってきた物に出会えるかもしれませんよね;)

「イオラニ宮殿」の見学ツアーの費用は「イオラニ宮殿」を維持する為に使われているので「イオラニ宮殿」の存続の助けにもなりますよね。

「イオラニ宮殿」行かれた人もまだな人もハワイ・オアフ島に行かれたらJCBプラザ・ホノルルラウンジでチケット買って是非「イオラニ宮殿」の日本語見学ツアーに参加してみて下さいね!

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島の日本語ガイドツアーはタミーにお任せ^^キラウエア灯台は絶景よ!

Aloha(^^)/ カウアイ島にいらしたら楽しく過ごしたいですよね♪

でも知ら無い場所だし英語もあまり出来無いし…

なんて方には、あなたがカウアイ島を満喫出来る様にタミーが日本語ガイドツアーを紹介しちゃいますよ;)

カウアイ島であなたのやりたい事。あなたの行きたい事、あなたの食べたい物の希望を叶えて下さるあなたの為の日本語ガイドツアーです。

「タミーさん、日本語ガイドツアーってどんなのかしら?」

どんな感じのツアーかは実際にタミーが幸せになれる島カウアイのサイトに連絡を下さった女性1人旅のエリさんと朝9時〜午後2時くらい(約5時間)の日本語ガイドツアーを体験して下さいましたので、ここでタミーと一緒にあなたもツアーを楽しんじゃって下さいね;)

ではノースショアへのツアーへ出〜発(^^)/

ツアーのおすすめ1/「オノチャバーガー」はカウアイ島No,1バーガーよ;)

まずはポイプのホテルからリフエ→カパア→アナホラへ向いましょう♪

リエさんが宿泊したのはタミーの記事「カウアイ島のおすすめ安宿」で紹介したポイプB&Bが満室だったので同じ敷地内のコテージに宿泊されました。

↓「カウアイ島のおすすめ安宿(^^)」の記事は、こちらをご覧下さい。

カウアイ島のおすすめ安宿(^^)

コテージにお迎えにいったのが朝の9時。ポイプからツリートンネルを抜けてリフエ〜カパアへ。

カパアの海沿いは、こ〜んな綺麗な景色をドライブしながら見られますよ^^

s__12599298s__12599299

カパアの海岸線には安全なサイクリングロードがあってカパアタウンにはレンタルサイクルのお店もありますから海岸線をサイクリングするのも気持ちよくて楽しいですよ。

s__12599300

カパアの町を過ぎてアナホラの山の中に向かいます。キングコング・プロファイル(キングコングの横顔)という名前の山が見えて来ます。

s__12599301

この山が見え始めた右側に小さな赤い建物のカウアイ島No,1バーガー「オノチャバーガー」のお店があるので行きでも帰りでも美味しいバーガーを食べたい方は是非お寄り下さい。

「オノチャバーガー」については↓こちらの記事をご覧下さい。

カウアイ島No,1バーガー「オノチャバーガー」in アナホラ

ツアーのおすすめ2/アナホラからノースショアに向かう途中に絶景ポイントがあります!

右カーブになっている絶景ポイントには車が4台ほどしか止まれませんが。

お天気ならナパリの山も綺麗に見えるビューポイントよ!

s__12599302

そこからプリンスビルもハナレイタウンも通り超してカウアイ島の最北端にあるケエビーチまで一気にドライブしちゃいます♪

ツアーのおすすめ3/ケエビーチ&2つの洞窟はノースショア最北端のおすすめスポット!

こちらがケエビーチの入り口です。

s__12599303

この日は波が高くてビーチの中にすら危険という事で入れませんでした。冬は波が高いケエビーチなのは知っていましたが、まだ10月秋なのに残念でした。

穏やかだとこ〜んなに素敵なビーチなのよ☆

IMG_9969

駐車場が狭くてケエビーチだけじゃなくトレイルやウエットケイブ(洞窟)に行かれる方も同じ駐車場に止めるしかないので、これらが目的の方は朝早く行かないと車を止められないので早起きして行きましょう♪ 道路も狭くて路駐も出来る場所は少ないです。

レンタカーで行かれる方は、この駐車場路面がボコボコなので運転には十分ご注意して下さいね。

ケエビーチの記事は↓こちらをご覧ください。

恋愛を引き寄せるカウアイ島ケエビーチ♡

こちらがケエビーチの手前左側にあるトレイルの入り口です。

s__12599304

トレイルの記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のキャンプ場案内+地図&便利情報

ウエットケイブを見学したらドライケイブも見に行きましょう♪

こちらが青い水が神秘的なウエットケイブ。

s__12599305

こちらはドライケイブ。左の写真の奥に人がいるのが見えますか?中は広〜いんですよ。右側の写真は洞窟の中から外を撮影したものです。結構奥行きあるでしょ;)

s__12599306s__12599307

洞窟の記事は↓こちらをご覧下さい。

カウアイ島のパワースポット(洞窟・お遍路)

2つの洞窟を見学した後はケエビーチに入れなかったので秘密のビーチへ行きました^^

ツアーのおすすめ4/タミーの秘密のビーチで癒されて♡

洞窟からハナレイタウンに向かう間にこの美しいビーチはあります。

s__12599308

このビーチにはサインも無いので秘密のビーチです。名前が無いので「タミービーチ」と呼んで下さい(笑)

“ライフセイバーさんが居ないので注意しなさい!”という手書きのサインが木に付いているくらいです。

このビーチ右端の方が海水プールの様になっていて小さなお子様達と水遊びするロコファミリーもいます。

s__12599310s__12599311

水の透明度が写真からわかるかしら^^

通り沿いには車は5、6台しか止められませんが、そこから奥へ入ると10台ほど車が止められます。

向かいは牧場。見つけられたらラッキーという事でお楽しみ下さい(^^)

ただしライフセーバーさんが居ないビーチですのでタミーは一切責任は持てませんから自己責任でお願い致します。

秘密のビーチでリラックスしたら、お腹が空いてくる時間になりますのでハナレイラウンへ向かいます。

ツアーのおすすめ5/ハナレイタウンでのランチはハワアインチリペッパーチキンorハワイアンプレート^^

ハナレイタウンでのタミーのおすすめランチは2つ!

1つはチングヤングヴィレッジの「ヴィレッジ、スナック&ベーカリーショップ」にある左側の写真の”ハワイアンチリペッパーチキン”。甘辛のソースが、かかったジューシーなチキンが、ご飯に合うの!ご飯は白米か玄米が選べてサラダはトスサラダ(グリーン)かマカロニサラダが選べます。

s__12599313s__12599312

右側のハウピア(ココナツ)バニラパイもおすすめ!ハウピアチョコレートパイも美味しいわよ。

もう1つは、こちらのフードトラック「ハナレイ・タロ&ジュースカンパニー」。

img_5_m

ハワイアンフードを食べてみたい方は、こちらのハワイアンプレートはボリュームもあるし美味しいです!

カルアポーク、ロミサーモン、タロマカサラダにライスとタロケーキまで付いて$11それに$3プラスするだけでティーリーフで包んで蒸し焼きにしてあるお肉料理ラウラウまで付いちゃうの。お得でしょ;)ラウラウはポークかチキンが選べます。

img_1_m

一緒にタロスムージーはいかが?日本のTV番組「旅サラダ」でも紹介されたこのスムージーは本当に美味しいわよ^^

スムージーは2種類。こちらは”カウアイ・ハニー・ドリーム” マンゴー、リリコイ、ココナツミルク、タロ、ハニー。もう1つは”プリンスビル・パイナップル” ストロベリー、パイナップル、バナナ、タロなど。

お腹もいっぱいになったのでハナレイタウンでショッピング〜(^^)

S__8929286S__8929287

S__8929288S__8929290

たくさんのショップやレストラン、カフェがあります♪

ツアーのおすすめ6/ハナレイタウンでタミーのおすすめお土産は「カウアイ・ナッツロースター」

タミーはナッツが大好き!体にもいい美味しいナッツをカウアイ島のお土産にいかがですか?

S__8929289S__8929296

左の写真の様に自由に試食が出来るのでお好みのが買えますよ。

右の写真のはハワイアン・スーパー・ミックス。マカダミアナッツにドライバナナ、ココナツにピーナッツにビターチョコレート,etc 欲張りな方にはぴったりな商品ね(笑)

写真無いですがタミーの一押しはローズマリーマカダミア;)

他にもハナレイタウンにはオーガニックストアやミュージアムみたいな素敵なお店も沢山あるのでウインドショッピングするだけでも楽しいですよ♪

お腹もいっぱいになったのでハナレイビーチへ行きましょう!

ツアーのおすすめ7/ジョージ・クルーニーの「ファミリーツリー」の映画の舞台になった素敵なハナレイビーチ

ハナレイビーチを訪れた時に真っ先の目に飛び込んでくるのがこの桟橋。そして、その向こうに見えるナパリコーストの山。この景色を1度見た方は忘れられなくなります(笑)

s__12599314

ナ・パリ・コーストを眺めながら桟橋の上を気持ちいい海風に当たりながら歩く時間は何度ここに来ても幸せを感じます♡

なんとも穏やかなビーチは時間を忘れてのんびり出来る場所。

ジョージ・クルーニーの映画「ファミリーツリー」の舞台にもなった素敵なビーチなんですよ。

このハナレイビーチは遠浅で長い砂浜が続く広〜いビーチ。夏の時期はワールドクラスのヨットが40艇ほど停泊するんです。

変わって冬になると大波が上がるのでサーファー達で賑わいます。

素敵なハナレイビーチを後にしてプリンスビルへ向いましょう♪

ツアーのおすすめ8/高台からのタロイモの畑を見渡せるビューポイントはVery good!

プリンスビルショッピングモールの少し手前の右側にビューポイントはあります。

s__12599315

タミーは懐かしい故郷の八幡芋の畑を思い出しちゃいました。タロイモの葉っぱって八幡芋(里芋)の葉っぱとよく似てるのよね。

遠くからタロイモ畑をみると日本ののどかな田園風景みたいよね。なぜなら、ここは以前お米の田んぼだったからなの。

さて次はキラウエア灯台へ行ってみましょう♪

ツアーのおすすめ9/キラウエア灯台は絶景よ!是非、行って欲しいわ〜!

ノースショアにあるキラウエア灯台からは息をのむほどの美しいカウアイ島の絶景が見られますから是非ツアーで行って欲しい場所です。

出来れば空の青も海の青も最高に綺麗な場所なので晴れた日に行って欲しいです。

キラウエア灯台についてタミー詳しく説明しますね。

キラウエア灯台へのアクセス

ツアーでは無くレンタカーの方の為にキラウエア灯台へのアクセスを説明しておきますね。

ハナレイタウンからはリフエに向かって走りプリンスビルを過ぎると右手にシェルのガソリンスタンドが見えてきます。

それを挟んで道が二股になっているので左の道に入り、その先に左折する道があるので曲がって真っ直ぐ進めばキラウエア灯台に着きます。

レンタカーを利用してリフエ方面からキラウエア灯台へレンタカーで行く場合の行き方も説明しておきましょうね。

56号線クヒオ・ハイウエイをリフエ空港から北に向かって東のカパアタウンを過ぎて緑の中をまっすぐ走ります。

右側に牧場の白い柵が見えて来て、その先にシェルのガソリンスタンドがありますので、その道をUターンするように右折しましょう。

すぐのキラウエア・ロードを今度は左折して下さい。

ここからは先ほどハナレイタウンから来た場合と同じ道になります。

しばらく走ると右側に「コン・ラン・センター」が見えて来ます。

ハワイなのに和物のお店があったり素敵なセレクトショップには可愛いお洋服やバッグが売っていたりキラウエア・ベーカリーで食事が出来たりアイランド・ソープなどのお土産に喜ばれるお店もあるので買い物や休憩にはいい場所です。

S__8904714S__8904713

「コン・ラン・センター」の先の道は大きく左にカーブして登り坂になります。道の舗装が悪くなって来たなと思った突き当たりがキラウエア灯台の入り口になります。

カウアイ島の玄関リフエ空港からは約40km、約40分ほどで到着します。

海鳥達の楽園♡キラウエア灯台へは歩いて入る事が禁止されています!

到着したキラウエア灯台が立つ岬は「キラウエア・ポイント・ナショナル・ワイルドライフ・レフュージ」という国定野生動物保護区に指定されています。

岬についたら海鳥達が気持ちよさそうに舞っているのをすぐ目にしますよ。

この岬からの景色も絶景で以前来た時に感動したタミーですが灯台への敷地内には、もっと素晴らしい景色が待っていました。

灯台に行くには突き当たりの岬から左のゲートを通って駐車場まで行かなければならないの。

距離としては数十mほどなのですが歩いて入ることが禁止されているので車に乗って駐車場まで行きましょう。

日本語ガイドツアーで行かれる方は、ここまで連れて行って下さいますから、ご心配無く。その理由はこの場所が海鳥たちの繁殖の場所だからだそうです。

このゲートは朝10時〜夕方4時まで開いていますが見学のことを考えたら午後3時までには入りましょうね;)

キラウエア灯台の駐車場からの景色は素晴らしい(^^)/

料金を払うゲートの手前に駐車場があります。そこに車を止めて柵から海を見下ろすと

この景色が素晴らしいの〜!!!これは写真じゃなくてご自分の目で是非見て欲しいわ。

s__12599316

空の青さに海の青さ。そしてカウアイ島の赤土と緑がなんとも言えない美しさなんです。

駐車場で絶景を満喫したら料金所で入場料金を1人$5支払います。(16歳未満は無料)

料金所の前には、こんな鳥達の写真と名前が紹介されています。写真クリックすると大きくなります。

S__8888322

こんなに色んな海鳥達が野生でここに暮らしているつてすごいわ〜。

すぐ近くで野生の海鳥達の姿を見る事が出来ます。

少しあるくとビジターセンターに着きます。こちらはちょっとした博物館になっています。

S__8888335

キラウエアで繁殖している海鳥達のジオラマやカウアイ島の自然が紹介されています。

ビジターセンターのショップでは本や地図にアートやTシャツなどのお土産品も売っていますし無料のパンフレット(英語)もあります。ビジターセンターの横にはトイレもあります。

では小道を歩いて灯台に向かいますよ〜!

トレイルの両側にはロープが張られていて、この様なサインがあります。

S__8888327

所々土に中に穴が開いているのですが、わかりますか?これが海鳥達の巣なんです。

S__8888326

右の巣穴に写真ではよくわかりませんがタミーの肉眼では海鳥の雛が中にいるのが見えました。丸々太っていて毛がふわぁふわぁしていて可愛いかったわ。

帰って調べたら「オナガミズナギドリ」という鳥の雛みたい。

タミーが入った時間はお昼頃で外はもう暑かったので巣のぐっと奥に雛は隠れていてよく見えませんでしたが涼しくなると可愛い雛達が外に出てくる事もあるそうです。

タミーは巣穴の中にいた1羽の雛を見れただけでも嬉しかったです。

可愛くて「もっと近くで見たいわ。写真撮りたい!」なんて思ってもロープの中へは決して入らないで下さい!

もう1つ決して海鳥に餌を与え無いで下さいね。この2つは必ず守って下さい。タミーからのお願いですm–m

鳥の巣のまわりの植物、覚えてますか?「ナパカ」。お花の形が半分で2つ合わせて1つのお花になるラブフラワーです。ポイプのシェラトンホテルの周りにもあって以前書いたシェラトンの記事でもお話ししましたよね。

S__8888325

歩きながら空を見上げると写真だと黒い点みたいにしか見えませんが海鳥が沢山飛んでます。

S__8888329S__8888334

この2羽の鳥だと思われます。

S__8888323S__8888324

写真は光ってしまい見にくいですが細く長く赤い尾が特徴の「レッド、テイルド、トロピックバード(アカオネッタイチョウ)」

赤い尾が細くて見えずらいのでカモメと間違う人が多いのですがカウアイ島にはカモメは住んでいません。ハワイ名はコアエウラ。

右側のは「レッド、フッテッド、ボービィ(アカアシカツオドリ)」ハワイ名はアっていう短い名前なのよ(笑)

小道を抜けるとキラウエア灯台が見えて来ます。可愛らしい灯台でしょ。

S__8855555

その先には美しい青く広い海が広がっています^^

広く青い空には気持ちよく羽を広げる海鳥達が、そして、この美しいカウアイ島の海にも大きな動物がいるんですよ。

海鳥だけじゃなくクジラもハワイアンモンクシールも見れちゃうキラウエア灯台です。

カウアイ島の海には冬の時期(12〜 4月の始め頃まで)にくじらがやって来ます。

ここから肉眼でくじらの潮吹きを見る事が出来ちゃうの。

上の写真の灯台の左横の建物で双眼鏡も貸して下さいますから冬の時期にいらした方は海鳥だけでなく是非くじら観察もされて下さいね;)

岬の下を見ると「モクアエアエ」という岩だらけの島があります。

s__12615682

夏の時期には島の岩場に絶滅が心配されている保護動物のハワイアン・モンクシール(ハワイアン・アザラシ)の姿も見る事が出来るそうですよ。

他にもハワイ州の鳥「ハワイアン・ネネ」もやって来る「キラウエア灯台」です。

キラウエア灯台にある世界一を知っていますか?

このキラウエア灯台は1913年から1日も休まずノースショアの海を行き交う船の安全を守って働き続けています。

こんな可愛らしい感じの灯台ですが、とても丈夫なんです。過去に何度かカウアイ島を襲った大型のハリケーンにもビクともしなかったそうです。

灯台の装置自体は何度か改良されて人力の時計式動力も非常用として今でも残されている様ですが電動式に変わり天気のいい日には約144kmも先から灯台の光を見ることが出来るそうです。

そして、この光を作り出す「レンズが世界一」なのです!このレンズ20世紀始め頃の金額で1万2千ドルしたそうです@_@ レンズはフランス製。

小さなカウアイ島に世界一のものがあるって嬉しいわ^^

キラウエア灯台からの眺めは最高!!!

どうですか?キラウエア灯台からの眺め素晴らしいでしょ☆

S__8888332

海に向かって左側からは遠くにプリンスヴィルが見えます。

S__8904712

*キラウエア灯台スペシャル情報1*

キラウエア灯台の上に上がれるスペシャルツアーがあります。水曜日と土曜日の10:30,11:30,12:30,13:30,14:3o

5回(見学時間は15分ほど)1人$5 その時間の少し前までにはビジターセンターで申し込みして下さい。

*キラウエア灯台スペシャル情報2*

歩くのが大変な方には、こちらのカートで移動のお手伝いをしてもらえるんですよ。

S__8904711

毎年カウアイ島に神戸から遊びに来てくれるタミーのアンティは足が悪いので長い距離を歩くのが少し大変なの。なので、これはとてもいい情報でした。

*キラウエア灯台スペシャル情報3*

キラウエア灯台に向かって左側から右奥手前に見えるビーチはシークレットビーチ」と呼ばれているビーチでヌーディストビーチだとか。WOW@_@

S__8904710

タミーは興味無いので行きませんが(笑)

どうですか?日本語ガイドツアーでのノースショアは満足していただけたかしら?

ツアーのおすすめ10/カウアイ島土産はウォルマートへ&タミーのおすすめシェイブアイス^^

ホテルへ戻る途中リフエのウォルマートへ寄ってお土産を買いました。お友達や家族へのお土産を沢山買う場合はカウアイコーヒーやカウアイクッキーなどはカウアイ島で一番安く買えるのがウォルマートです。

ウォルマートどんなお土産が売っていて↓いくらくらいなのかは、こちらの記事をご覧ください。

カウアイ島土産はウォルマートが一番安い!

お土産も買ってリフエからポイプの宿へ向かいます。

リサさんと喋り過ぎてもう喉がカラカラ(笑)

タミーおすすめのシェイブアイスの店に寄りました。ラワイにある「フレッシュシェイブ」さん

こんな可愛いお店。すごい列でしょ@_@

img_0_m-1

どんなシェイブアイスかって。えりさんのアサイベリーとタミーのオレンジクリーム。

img_0_mimg_1_m-1

アサイベリーはバナナとココナツのトッピングがハワイアンでしょ。フレッシュオレンジも美味しいですよ!

こんなのもありますよ。ココナツパイナップル。「フレッシュシェイブ」の人気No,1☆

img_2_m-1img_3_m

さっぱりライムにチアシードクリームがたっぷりのったはチアシードのプチプチ食感がたまりませんよ。
他にも全部で8種類。お値段も6ドルとお手頃です^^
どうですか?カウアイ島でこ〜んな楽しい日本語ガイドツアーしてみませんか?
タミーが、あなたをお連れ出来たらいいのですがタミーは一応ライターでして(^^; 結構、忙しいんです(笑)
なのでタミーの方から日本語ツアーガイドさんを紹介させて頂いています。

日本語ガイドツアーのご相談はタミーまでどうぞ;)

カウアイ島に旅行にいらっしゃる方で英語が堪能な方は、ご自分でツアー会社を選び相談して申し込みして現地でもアメリカ人のガイドさんの英語の説明でも何の問題も無く楽しめますよね。

でも日本人の方の中には英語は全くダメとか挨拶程度くらいならって方が多いんじゃないかしら。

そんな方にはタミーがお手伝いして日本語の出来るツアーガイドさんを紹介させて頂きます。

まずは、あなたの日程、行きたいところ、したい事、食べたい物などタミーに教えて下さい。

勿論、相談は無料ですので今ご覧頂いています「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のサイトのトップページにあります「お問い合わせ」から、または

「幸せになれる島カウアイBe happy in Kauai」のfacebookページの「お問い合わせ」からタミーに気軽に相談して下さいね。勿論、日本語でOKです;)

あなたの希望に合ったツアーガイドさんを紹介させて頂きます。

日本語のガイドさんだと安心出来る上に楽しいおしゃべりをしながらのドライブ出来ますものね。

カウアイ島でツアーしたいけど不安な事がいっぱいとかプライペートなツアーをアレンジして欲しいわって方はタミーに相談してカウアイ島を日本語ガイドツアーで楽しんじゃいましょう♪

お問い合わせお待ちしてま〜す(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島のナパリコーストクルーズツアーはイルカがいっぱい!

Aloha(^^)/ カウアイ島の山からの絶景といったらワイメア渓谷。

では海からの絶景は?それは「ナパリコースト」ナパリコーストはカウアイ島の北にある秘境海岸なんです。

いったいどれほどの歳月と自然の力が、こんなにも素晴らしい絶景を作り出したのかと言葉を失うほどの圧感の造形美がナパリコーストにはあるんです^^

 

カウアイ島のマパリコースト

ナパリコーストの場所はカウアイ島のハイウエイ56号船の北の終点にあるケエ・ビーチから、ワイメア渓谷の西側の海岸線までの事でカウアイ島の地図を見たら海岸線に道路が無くなった地点から西にかけての海岸の所です。

そうカウアイ島の道路は島をぐるって1周出来ていません。西の果ての道路はケエ・ビーチまでなんです。 なので車ではナパリコーストには行かれません。

車で行かれないという事は人が簡単に行かれないという事です。 なので大自然が手つかずで美しいまま残されているという事がわかりますよね。

「タミーさん、カウアイ島のナパリコーストの絶景を見るには、どうやって行ったらいいのですか?」

カウアイ島のナパリコーストの絶景は、こうして生まれました。

カウアイ島のナパリコーストは数百年前の火山活動によって作られました。 海岸線は人が近づく事が出来ない切り立った崖、海抜1,000mを超える山からのスロープが一気に海まで下っていて独特な形状を作り出しています。

22334661890_3294723a0b_z

食いしん坊のタミーは見るたびイタリアンジェラードみたいって思うのですが(笑) 垂直に近いほど岩がそそり立っているのは圧巻です。 それは何億年もの歳月をかけて岩肌は雨や風邪に侵食されて海岸は波によって削られて作られたのでしょう。

その崖にはいくつもの滝から水が流れ落ちて、それはカウアイ島でしか見られない絶景ですよ。

22496581196_bd1cd4b349_z

もう見たくてたまらなくなったでしょ; )ナパリコーストの絶景を見る方法は3つあります。これからタミーが詳しく説明しちゃいましょう。

 

カウアイ島のナパリコーストの絶景を見る方法 1 ) ヘリコプターで海の上から見る!

どうですか?ナパリコーストの海岸線です。美しいでしょ。

21953364578_be2f661ce9_m

車が通れる道がナパリコーストまでは無いのでナパリコーストの絶景を見る方法の1つは空の上からヘリコプターで行って見るしかないのです。

ヘリコプターのツアーは、こちらのブログをご覧下さい↓

ジュラッシックパーク撮影場所を見にハワイカウアイ島に行こう!

こちらのヘリコプターツアーではジュラシックパークの撮影地である山だけで無くナパリコーストの美しい海岸線も空の上から見る事が出来ます。

次は2つ目の方法トレッキングを紹介しましょう。そうです自分の足で1歩1歩歩きます。

 

カウアイ島のナパリコーストの絶景を見る方法 2 ) トレッキング自分の足で歩いて行く!

ナパリコーストのトレッキングコースは、こちらのブログをご覧下さい↓

ナパリコースト、トレッキングを楽しもう!

「いやータミーさん、これはは大変そうだわ。私、歩くの苦手なの〜。もっと楽な方法は無いですか?」

そういう方には3つ目の方法、船でカウアイ島のナパリコーストを見る事。そう「ナパリコースト・クルーズ・ツアー」は、いかがですか?

 

カウアイ島のナパリコーストへ絶景を見る方法 3 ) ポート・アレン港からクルーズで行く!

タミーのナパリコーストを見るおすすめは船で行くクルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」です。 それは海岸線から離れて海の上から見た方が、その美しい自然の造形美を丸ごと楽しめちゃうから。

ナパリコーストへクルーズで行くのはハナレイからの北周りとポート・アレン港やケカハからの南周りの2コースがあります。 タミーはポート・アレン港からのクルーズをおすすめします。

*おすすめ理由 1 )  港までのアクセスが近い!日本人の観光客の方はリフエやポイプのホテルやコンドミニアムに滞在する事が多いので港までのアクセスが近いという事。

リフエからは車で約30分。ポイプからは約20分でポート・アレンの港までは行かれます。

 

*おすすめ理由 2 ) ナパリに到着するのには、どの港からより一番遠いのですがイルカの群れやウミガメに出会えたり冬の季節はくじらも見る事が出来るからです。「タミーさん、そんなにイルカとか見れるんですか?」 もう気持ち悪くなっちゃうくらいボートに寄ってきますよ(笑)

22335647299_41a7ce201e_z

タミーがボートに乗った時も沢山のイルカ達が次から次にやって来ました。

22496529166_d93564f209_z

イルカ達はボートと一緒に泳ぐんですよ。もう可愛くてたまりません。

22334789788_2d37c403a5_z

この午前出発のナパリコーストへのクルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」では、必ずと言って良いほどイルカに会えるそうです! 12月~4月の時期はくじらを見る事が出来ます。

19654346380_f20b63c168_z

イルカもくじらもって興奮しちゃうでしょ。 「タミーさん、どの会社のクルーズにしたらいいのかしら?」

ポート・アレン港には、いくつかのクルーズの会社がありますけれどタミーのおすすめは;)

 

「ブルー・ドルフィン」のクルーズ『ナパリ・スノーケル・ボートツアー』が1番のおすすめです!

ポート・アレン港の前にある”ポート・アレン・マリーナセンター”の一番手前が「ブルー・ドルフィン」のオフィスになります。

カウアイ島のナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」の料金はボート会社に寄って異なります。 でも値段で安いのにしようなんて決めちゃダメですよ。後で後悔しちゃいますからね。

タミーが「ブルー、ドルフィン」のクルーズをおすすめする理由は;)

 

おすすめ理由 1 ) ブルードルフィンのクルーズのボート(船)は大きいのであまり揺れません。

タミーのロコのお友達はケカハの港からのクルーズが安かったので、そちらで乗ったら小さなボートで、ものすごく揺れてずっと気持ちが悪く景色を楽しむどころでは無かったので大きなボートに乗りなさいとアドバイスをもらいました。

ボートは全く揺れないなんて事はありません。でも小さなボートの方が揺れは大きいのです。 船に酔って気分が悪かったらいくら安くても嫌ですよね。景色を眺めるどころではありませんから(–; ブルードルフィンのボートはカウアイで一番大きな船です。

タミーは事前に酔い止めの薬も飲んでボートに乗ったので具合悪くなる事はありませんでした。 不安な方は酔い止めを飲まれる方がいいと思います。

 

おすすめ理由 2 ) ブルードルフィンのクルーズのボート(船)は綺麗です。

ボートに何時間も乗っているのですから快適にボートの上では過ごしたいですよね。 こちらブルードルフィンのクルーズのボートです。船内も明るく綺麗です。

19654334988_d6bf239eb5_z

それに女性はトイレも気になりますよね。ブルードルフィンのクルーズのボートはトイレも綺麗です。 安心してクルーズを楽しむ事が出来ますよ。

おすすめ理由 3 ) ブルードルフィンのクルーズは食事も美味しいよ。

クルーズの船内にはバッフェスタイルでオープンサンドイッチを作れるコーナーが作られています。 パンに色とりどりの野菜にハム、ドレッシングが並び、お好きな様にサンドイッチを作れます。

22509185202_06f4afb29d_z

フルーツもありますし、マイタイなどのお酒にハワイアンジュース、お水などのドリンクもあります。

19834993552_1e791a355f_z

クッキーやプレッチェルなどのお菓子もありますよ。 船のスタッフさん達が船にいる間は飲み物やスナックをいかがですか?と時々持って来てくださったりもします。

 

おすすめ理由 4 ) ブルードルフィンのクルーズはスタッフさんがフレンドリーで優しいです。

飲み物やスナックもすすめて下さる他もいつも笑顔でフレンドリーな船員さん達です。 日本語を話せるスタッフはいませんがボディーランゲージで問題なく船の上では楽しめちゃいます♪

私が友達とボートに乗った時に「今から少し船が揺れますから危険ですので席を立たずにみなさん座って下さい。」とキャプテンからアナウンスがありました。 なのに友達はあまりの景色の美しさにカメラをバッグから取ろうと立ち上がりぐらっとして膝を床に着きました。

22335777499_3ac57dc1cd_z

こんな素晴らしい景色ですからカメラにおさめたくなる友達の気持ちもわかりましたけどね。 船上は滑らない様にザラザラしているので友達は膝を擦りむいてしまったのです>_<

でも、すぐにスタッフさんが来て彼女を支えて他のスタッフさんは救急箱を持って来て消毒して絆創膏を貼って下さいました。 あまりの手際の良さに驚いたタミーです。 キャプテンからの注意を聞かなかった彼女が悪いのですが、こういう緊急事態にもきちんと対応してもらえると信頼できますよね。

ブルードルフィンのクルーズでは大きな船なのに、こんな洞窟の岩ギリギリまで船がぶつかるんじゃないかと思うくらいまで船を近くまで寄せてくれます。

21899858734_a261357c0b_z

すごく迫力ありますよ!これもキャプテンのテクニックあってこそのなせる技。 このナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」では名前の通り船を止めてスノーケリングも楽しめます♪ 勿論、スノーケリングに必要な物は全て貸して頂けますし無料です。

カウアイ島には珊瑚礁は無いので皆さんが想像するようなカラフルな熱帯魚の様なカラフル魚はあまり見かけません。 タミーが潜った時もこんな黄色い魚を見たくらい。

22335793089_8da0a03fd4_z

わかりにくいですが、ほとんどが、こんなグレーの魚達です。

22335808559_327e8ae04b_z

ダイビングは沖縄、サイパン、グアムの海の方が綺麗な魚がいっぱいいて楽しいかもです。 でもカウアイ島の海ではホヌ(海亀)に出会えます!(写真撮れませんでしたがm–m)

すごく近くで一緒に泳ぎました。3頭くらいと:)大抵毎日このナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」ではホヌ(海亀)には会えるそうです。

これはロコの方 から聞いた話ですが「海がめに人間が触ると亀は仲間に戻れず一生一匹で暮らす事になるから一緒に泳ぐのはいいけど決して体には触ら無いでね。」と。

本当かはわかりませんがハワイアンモンクシールもそうですけど私達は海の生き物達に出会ったら、あたたかく彼らを見守りむやみに触れたりはしないようにしましょうね。

スノーケリングをしない方は船の上でのんびり過ごせます。 タミーがブルードルフィンのクルーズ「ナパリ、スノーケルボートツアー」をおすすめしちゃうのわかりましたか(^^)

21899794524_7b9ea8340e_z

タミーもこ〜んなに楽しかったです(^^)/あはは。

ブルードルフィンのナパリコースト、クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」の日本語のお申し込みは、どこよりも安い「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のサイトよりお申し込みされる事をおすすめします。

詳しい内容、料金、日時、集合場所、持ち物、注意事項などは、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-01/

ブルードルフィンには、こちらのナパリコースト・クルーズ「ナパリ・サンセット・ボートツアー」もあります↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-02/

こちらのツアーでは12月~5月上旬までは、クジラにも出会えます。1月~4月は、ほとんど毎日クジラを見ることができるそうです。

19816224276_35dd78c5f8_z

このキラキラ輝くのは、くじらのヒレです。くじらの潮吹きもまじかで見られて迫力ありますよ!

ナパリコースト・クルーズ「ナパリ・ボート・ツアー」との違いはスノーケルをしないだけで明るいうちに港をでるのでナパリコーストの美しい景色も満喫出来て➕サンセットも楽しめます♪

19816281796_20322d6df6_z

海に沈む夕日もロマンチックで素敵ですよ〜。タミーもダーリンとナパリコースト・クルーズ「ナパリ・サンセット・ボートツアー」にも参加ました^^

カウアイ島のナパリコースト、クルーズツアーは美しい景色と可愛い海の動物達にも出会えるとっても楽しいツアーだって事わかりましたよね。 これは絶対に行くしかないわよね!

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡

Aloha(^^)/

カウアイ島と聞いて「シダの洞窟があるのは聞いた事あるわ。」っていう日本人の方は多いんじゃないかしら?

「シダの洞窟」英語では「ファーン・グラトー」と言います。

昔は王族だけが結婚式やパーティーをしていい神聖な場所だったのよ。

ここで恋人と固く手を繋ぐと永遠の愛が約束されると伝えらた場所なんです♡

 

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人は何人いるか知ってますか?

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人の数は19,000組以上もいるんですよ@_@ いくら王族しか結婚式を挙げられない場所だからって日本人がわざわざハワイ、カウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げるってすごいですよね。

しかもカウアイ島の人より日本人の方が多いんじゃないかしらシダの洞窟で結婚式を挙げたカップルって(笑)

カウアイ島のカップルでシダの洞窟で結婚式を挙げるって話聞いた事ないですもん。

では何故シダの洞窟で結婚式を挙げる日本人カップルが多いんでしょうかね?

 

日本の有名芸能人が何組かここで結婚式を挙げたからだそうです;)

若い方は知らないと思いますが俳優の梅宮辰夫夫妻そして歌手のヒデとロザンナ夫妻など日本の有名人が何組か結婚式を挙げた場所ってって事で人気出ちゃったみたいですよ。

今ではオアフ島で結婚式を挙げる芸能人カップル多いですよね。その影響で一般の方にもハワイウエディングは人気だと聞いています。 最近の大物カップルではラナイ島で小栗旬&山田優カップルが結婚式挙げましたよね。

あんな結婚式がいい〜なんて結婚式を挙げる若いカップル方が多いんじゃないかな。 永遠の愛が手に入るなら私達もカウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げたいわ〜!

fern_grotto_12

ご心配なくタミーが紹介しましょう。

 

カウアイ島のシダの洞窟での結婚式は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せしちゃて下さい!

カウアイ島でシダの洞窟の結婚式を日本語で安心して任せられて低料金なのはここしかないんじゃないかな。 日本のウエディング会社さんでもいくつか紹介されてますがイメージ的なものだけで具体的な内容やお値段はご相談して下さいって感じなので相談受けてからプロデュースする感じだと思います。 勿論、カウアイ島の会社よりは料金も高いと思いますよ。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんで安心して任せられるのは担当のナイアさんが日本にいる時からちゃんと日本語で対応して下さるしカウアイ島でもお世話して下さいますから安心できます。ここ一番大事でしょ(^_-)

私も結婚前にカウアイ島を初めて訪れた時に「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのホームページに出会い日本にいる時からナイアさんに相談して初めての1人旅のカウアイ島が、すごく楽しいものになりました(^^)

その時はカウアイ島に嫁いで来るとは思いませんでしたが(笑)嫁いだ後もナイアさんには親切にして頂いてます。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのシダの洞窟での結婚式の詳しい内容&料金は、こちらをご覧下さい↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/fern-wedding/

「私は結婚式はしないけどシダの洞窟には行ってみたいな〜!」行けますよ^^

 

シダの洞窟観光はSmith’sの観光船に乗っちゃいましょう〜♪

カウアイ島でワイルア方面の観光と言ったらシダの洞窟っていうくらい有名な観光スポットです。シダの洞窟へは車では行く事は出来ずワイルア・マリーナから遊覧船で行くようになります。

21585753550_d541f82fd0_z

タミーも実は結婚式はオアフ島で挙げたのですがカウアイ島に移住してマイクとの永遠の愛が欲しいのでシダの洞窟へ手をつないで行きましたよ(笑)遊覧船の中は、こんな感じです。

21152725953_1de2990c3a_z

遊覧船は船が苦手な私も海ではなく川をゆっくり進むので酔い止めも飲まずに大丈夫でした。 でも心配な方は船に乗る30分くらい前には船酔い止めの薬飲んで下さいね。

カヤックや水上スキーなどと楽しむ人を見ながら遊覧船は、ゆっくり綺麗な緑の中を進みます。 ワイルア・マリーナから遊覧船に乗りワイルア州立公園の桟橋から熱帯雨林の茂みの中を5分ほど歩くとシダで覆われた洞窟が現れます。

21762080252_62d0e7f902_z

熱帯雨林の中を歩いて行く時に見えるモンステラの葉っぱの大きさには驚きますよ@_@ 熱帯雨林の中を歩きますから道はちゃんとありますが船に乗る前に虫除けスプレーしましょうね。

2006年に1ヶ月以上も続いた長雨で洞窟内の地盤が緩んで崩れる恐れがあるからという事で今は残念なことですが洞窟内へは立ち入りき禁止になっています。 シダの洞窟の中に入れたら、それは素晴らしかったでしょうね。

でも何故、洞窟内に入れなくなった今でも、この場所は毎日観光客が絶えないほどの人気スポットなのでしょうか。 それは洞窟に入れなくてもシダの洞窟の前はハワイのパワーが溢れているパワースポットだからです。

大丈夫!シダの洞窟の前までいらしたら、いっぱいハワイのパワーを感じられますよ。 シダの洞窟の前ではハワイアン・ミュージックの演奏と歌もあります♪

嵐の櫻井くん弾丸のカウアイ島観光に時にここシダの洞窟へも来てましたね(^^) その様子は日本でTV放送されたと聞いてます。

シダの洞窟の前だけでじゃないですよハワイアン・ミュージックの演奏と歌はボートの中でもあります。 フラダンスも見られてと〜ってもハワイアンな時間が過ぎていくの。フラ・レッスンがあるんですよ;)帰りの船の中で!それが楽しいんです♪

21762091442_ed552a76e1_z

フラダンスは見るより絶対に踊った方が楽しいの^^ 男も女も笑顔でノリノリで腰振っちゃって知らない人達なのに一つになれて盛り上がれちゃう楽しい時間です♪ 照れたりなんかしないで踊っちゃいましょう。レッスンですから間違ったったって誰も気にしてませんから(笑)

シダの洞窟観光遊覧船もワイルア、マリーナに事務所とチケット売り場がありますが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんに申し込むと日本人の方はお得に乗れちゃうんですよ。

 

Smith’s観光船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのSmith’sシダの洞窟ボートツアーが一番!

タミーが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーをオススメする理由は。

1, 特別割引料金でツアーに参加出来ます。

2, ワイルア周辺地区のホテルに滞在の方はSmith’sの無料送迎が利用出来ます。

3, ワイルア地区以外の方で送迎希望の方はタクシーをお願い出来ます。

4, 日本語のガイドさんのボートも教えてもらえる。

以上の4つは必ず申し込みの時に必ずナイアさんにお伝え下さいね;)

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-ferngrotto/

こちらのツアーは車いすの方でも参加出来ますので、その場合も事前にナイアさんにお伝え下さい。

もう1つタミーのオススメは、ここワイルア・マリナーまでシダの洞窟観光にいらしたのならマリーナに戻ったらマリーナにある「スミス・カウアイ・ルアウ」に参加して欲しいんです。

 

Smith’sシダの洞窟ツアーの後は「スミス・カウアイ・ルアウ」も楽しんじゃって♪

「スミス・カウアイ・ルアウ」ってなんですか? ワイルア川に約12万m2の広大な”スミス・トロピカルパラダイス植物園”があるんです。

img_3

鳥の声が美しく響き、ここに来るとパラダイスだなカウアイ島って感じますよ。

5万種以上の熱帯植物園をトラムという乗り物に乗って見学します。 その中で行われるルアウとはハワイに昔から伝わる宴会料理ね。 このルアウのメインイベントは土の中で豚を丸焼きにして取り出す「イム・セレモニー」という儀式。

img_10

この土の中に熱く焼いた石を入れて作られた天然オーブンの事をイムと言います。 豚には塩をよく刷り込みティという葉っぱを何枚も使ってで包み、じっくりじっくり何時間もかけて焼き上げられるの。 香ばしいいい香りがする焼豚ちゃんが出来上がる頃には、お腹もペコペコね;) 出来上がった焼豚の事はカルア・ピッグと呼ばれています。

隣の素敵なレストランでハワイアン・ミュージックを聞きながらディナーになります♪

img_7

 

カルア・ピッグがメイン料理になりますが、その他にもタロイモをすりつぶしたポイ、生の鮭を塩水にさらしてトマトのみじん切りを混ぜたロミロミ・サーモンといったハワイの伝統的な料理も並びます。 それにハワイのナマスや照り焼きビーフといったハワイアンな和食もありますよ。➕洋食まで並んでいますからゴージャスなディナータイムが楽しめちゃいます。

食事の後は会場を変わって素敵なダンスショーも楽しめちゃうんですよ〜!

img_14

フラダンスだけだと思うでしょ。いえいえ、タヒチ、中国、日本、フィリピン、ニュージランドにサモアもう、こんなに〜っていうくらい色んな国のダンスを見れちゃうんです。

*「スミス・カウアイ・ルアウ」のフラショーは観光客の方が’楽しめるフラショーです。日本でフラを習われている方には是非、本格的なクム・レイラニがプロデュースする生バンド&クム・レイラニの演奏と美しい歌声での素晴らしいルアウをおすすめします。詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓

カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪

 

もう、お腹も目もい〜っぱい苦しい〜っていうくらい楽しめちゃう「スミス・カウアイ・ルアウ」です。 ワイキキのホテルとかでルアウに参加した事がある方でも、ここカウアイ島のスミスのは違った楽しみにあふれたルアウなので是非カウアイ島の旅の素晴らしい思い出に参加してみて下さいね。

(タミーのオススメの「シダの洞窟遊覧船」➕「スミス・カウアイ・ルアウ」のプランは)

*3月〜10月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて17時からのルアウに参加できます。

*11月〜2月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて16時45分からのルアウに参加できます。

「スミス・カウアイ・ルアウ」は月によって開催される日にちが違うので紹介しますね。

*11月〜1月は月、水、金曜日。

*2月〜5月と9,10月は月、水、木、金曜日。

*6月〜8月は月〜金曜日まで毎日、開催されています。

日本人の方はカウアイ島には短い滞在の方が多いので両方楽しめる欲張りプランを提案しちゃいましたが勿論、時間のある方は別の日にゆったり1つずつ行かれてもいいですね。

遊覧船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんでお願いできたけど「スミス・カウアイ・ルアル」は、どうしたらいいの? ご心配なく。

 

「スミス・カウアイ・ルアウ」ツアーも「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せを!

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-luau/

 

いいですかシダの洞窟でパワーももらうのもシダの洞窟で永遠の愛を誓う結婚式を挙げるのもハワイの植物を鑑賞してハワイアンの儀式を堪能してハワイアンフードでお腹いっぱいになっちゃって素敵なショーにうっとりしちゃうカウアイ島で幸せになれちゃうには「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーにお任せしたらパーフェクトよ!

ナイアさんにはタミーのブログを見たと言って下さいね。ナイアさんにはタミーからお願いしてありますから、ご安心下さい(^^)

Much Aloha♡ Tammy