カウアイ島のナパリコーストクルーズツアーはイルカがいっぱい!

Aloha(^^)/ カウアイ島の山からの絶景といったらワイメア渓谷。

では海からの絶景は?それは「ナパリコースト」ナパリコーストはカウアイ島の北にある秘境海岸なんです。

いったいどれほどの歳月と自然の力が、こんなにも素晴らしい絶景を作り出したのかと言葉を失うほどの圧感の造形美がナパリコーストにはあるんです^^

 

カウアイ島のマパリコースト

ナパリコーストの場所はカウアイ島のハイウエイ56号船の北の終点にあるケエ・ビーチから、ワイメア渓谷の西側の海岸線までの事でカウアイ島の地図を見たら海岸線に道路が無くなった地点から西にかけての海岸の所です。

そうカウアイ島の道路は島をぐるって1周出来ていません。西の果ての道路はケエ・ビーチまでなんです。 なので車ではナパリコーストには行かれません。

車で行かれないという事は人が簡単に行かれないという事です。 なので大自然が手つかずで美しいまま残されているという事がわかりますよね。

「タミーさん、カウアイ島のナパリコーストの絶景を見るには、どうやって行ったらいいのですか?」

カウアイ島のナパリコーストの絶景は、こうして生まれました。

カウアイ島のナパリコーストは数百年前の火山活動によって作られました。 海岸線は人が近づく事が出来ない切り立った崖、海抜1,000mを超える山からのスロープが一気に海まで下っていて独特な形状を作り出しています。

22334661890_3294723a0b_z

食いしん坊のタミーは見るたびイタリアンジェラードみたいって思うのですが(笑) 垂直に近いほど岩がそそり立っているのは圧巻です。 それは何億年もの歳月をかけて岩肌は雨や風邪に侵食されて海岸は波によって削られて作られたのでしょう。

その崖にはいくつもの滝から水が流れ落ちて、それはカウアイ島でしか見られない絶景ですよ。

22496581196_bd1cd4b349_z

もう見たくてたまらなくなったでしょ; )ナパリコーストの絶景を見る方法は3つあります。これからタミーが詳しく説明しちゃいましょう。

 

カウアイ島のナパリコーストの絶景を見る方法 1 ) ヘリコプターで海の上から見る!

どうですか?ナパリコーストの海岸線です。美しいでしょ。

21953364578_be2f661ce9_m

車が通れる道がナパリコーストまでは無いのでナパリコーストの絶景を見る方法の1つは空の上からヘリコプターで行って見るしかないのです。

ヘリコプターのツアーは、こちらのブログをご覧下さい↓

ジュラッシックパーク撮影場所を見にハワイカウアイ島に行こう!

こちらのヘリコプターツアーではジュラシックパークの撮影地である山だけで無くナパリコーストの美しい海岸線も空の上から見る事が出来ます。

次は2つ目の方法トレッキングを紹介しましょう。そうです自分の足で1歩1歩歩きます。

 

カウアイ島のナパリコーストの絶景を見る方法 2 ) トレッキング自分の足で歩いて行く!

ナパリコーストのトレッキングコースは、こちらのブログをご覧下さい↓

ナパリコースト、トレッキングを楽しもう!

「いやータミーさん、これはは大変そうだわ。私、歩くの苦手なの〜。もっと楽な方法は無いですか?」

そういう方には3つ目の方法、船でカウアイ島のナパリコーストを見る事。そう「ナパリコースト・クルーズ・ツアー」は、いかがですか?

 

カウアイ島のナパリコーストへ絶景を見る方法 3 ) ポート・アレン港からクルーズで行く!

タミーのナパリコーストを見るおすすめは船で行くクルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」です。 それは海岸線から離れて海の上から見た方が、その美しい自然の造形美を丸ごと楽しめちゃうから。

ナパリコーストへクルーズで行くのはハナレイからの北周りとポート・アレン港やケカハからの南周りの2コースがあります。 タミーはポート・アレン港からのクルーズをおすすめします。

*おすすめ理由 1 )  港までのアクセスが近い!日本人の観光客の方はリフエやポイプのホテルやコンドミニアムに滞在する事が多いので港までのアクセスが近いという事。

リフエからは車で約30分。ポイプからは約20分でポート・アレンの港までは行かれます。

 

*おすすめ理由 2 ) ナパリに到着するのには、どの港からより一番遠いのですがイルカの群れやウミガメに出会えたり冬の季節はくじらも見る事が出来るからです。「タミーさん、そんなにイルカとか見れるんですか?」 もう気持ち悪くなっちゃうくらいボートに寄ってきますよ(笑)

22335647299_41a7ce201e_z

タミーがボートに乗った時も沢山のイルカ達が次から次にやって来ました。

22496529166_d93564f209_z

イルカ達はボートと一緒に泳ぐんですよ。もう可愛くてたまりません。

22334789788_2d37c403a5_z

この午前出発のナパリコーストへのクルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」では、必ずと言って良いほどイルカに会えるそうです! 12月~4月の時期はくじらを見る事が出来ます。

19654346380_f20b63c168_z

イルカもくじらもって興奮しちゃうでしょ。 「タミーさん、どの会社のクルーズにしたらいいのかしら?」

ポート・アレン港には、いくつかのクルーズの会社がありますけれどタミーのおすすめは;)

 

「ブルー・ドルフィン」のクルーズ『ナパリ・スノーケル・ボートツアー』が1番のおすすめです!

ポート・アレン港の前にある”ポート・アレン・マリーナセンター”の一番手前が「ブルー・ドルフィン」のオフィスになります。

カウアイ島のナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」の料金はボート会社に寄って異なります。 でも値段で安いのにしようなんて決めちゃダメですよ。後で後悔しちゃいますからね。

タミーが「ブルー、ドルフィン」のクルーズをおすすめする理由は;)

 

おすすめ理由 1 ) ブルードルフィンのクルーズのボート(船)は大きいのであまり揺れません。

タミーのロコのお友達はケカハの港からのクルーズが安かったので、そちらで乗ったら小さなボートで、ものすごく揺れてずっと気持ちが悪く景色を楽しむどころでは無かったので大きなボートに乗りなさいとアドバイスをもらいました。

ボートは全く揺れないなんて事はありません。でも小さなボートの方が揺れは大きいのです。 船に酔って気分が悪かったらいくら安くても嫌ですよね。景色を眺めるどころではありませんから(–; ブルードルフィンのボートはカウアイで一番大きな船です。

タミーは事前に酔い止めの薬も飲んでボートに乗ったので具合悪くなる事はありませんでした。 不安な方は酔い止めを飲まれる方がいいと思います。

 

おすすめ理由 2 ) ブルードルフィンのクルーズのボート(船)は綺麗です。

ボートに何時間も乗っているのですから快適にボートの上では過ごしたいですよね。 こちらブルードルフィンのクルーズのボートです。船内も明るく綺麗です。

19654334988_d6bf239eb5_z

それに女性はトイレも気になりますよね。ブルードルフィンのクルーズのボートはトイレも綺麗です。 安心してクルーズを楽しむ事が出来ますよ。

おすすめ理由 3 ) ブルードルフィンのクルーズは食事も美味しいよ。

クルーズの船内にはバッフェスタイルでオープンサンドイッチを作れるコーナーが作られています。 パンに色とりどりの野菜にハム、ドレッシングが並び、お好きな様にサンドイッチを作れます。

22509185202_06f4afb29d_z

フルーツもありますし、マイタイなどのお酒にハワイアンジュース、お水などのドリンクもあります。

19834993552_1e791a355f_z

クッキーやプレッチェルなどのお菓子もありますよ。 船のスタッフさん達が船にいる間は飲み物やスナックをいかがですか?と時々持って来てくださったりもします。

 

おすすめ理由 4 ) ブルードルフィンのクルーズはスタッフさんがフレンドリーで優しいです。

飲み物やスナックもすすめて下さる他もいつも笑顔でフレンドリーな船員さん達です。 日本語を話せるスタッフはいませんがボディーランゲージで問題なく船の上では楽しめちゃいます♪

私が友達とボートに乗った時に「今から少し船が揺れますから危険ですので席を立たずにみなさん座って下さい。」とキャプテンからアナウンスがありました。 なのに友達はあまりの景色の美しさにカメラをバッグから取ろうと立ち上がりぐらっとして膝を床に着きました。

22335777499_3ac57dc1cd_z

こんな素晴らしい景色ですからカメラにおさめたくなる友達の気持ちもわかりましたけどね。 船上は滑らない様にザラザラしているので友達は膝を擦りむいてしまったのです>_<

でも、すぐにスタッフさんが来て彼女を支えて他のスタッフさんは救急箱を持って来て消毒して絆創膏を貼って下さいました。 あまりの手際の良さに驚いたタミーです。 キャプテンからの注意を聞かなかった彼女が悪いのですが、こういう緊急事態にもきちんと対応してもらえると信頼できますよね。

ブルードルフィンのクルーズでは大きな船なのに、こんな洞窟の岩ギリギリまで船がぶつかるんじゃないかと思うくらいまで船を近くまで寄せてくれます。

21899858734_a261357c0b_z

すごく迫力ありますよ!これもキャプテンのテクニックあってこそのなせる技。 このナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」では名前の通り船を止めてスノーケリングも楽しめます♪ 勿論、スノーケリングに必要な物は全て貸して頂けますし無料です。

カウアイ島には珊瑚礁は無いので皆さんが想像するようなカラフルな熱帯魚の様なカラフル魚はあまり見かけません。 タミーが潜った時もこんな黄色い魚を見たくらい。

22335793089_8da0a03fd4_z

わかりにくいですが、ほとんどが、こんなグレーの魚達です。

22335808559_327e8ae04b_z

ダイビングは沖縄、サイパン、グアムの海の方が綺麗な魚がいっぱいいて楽しいかもです。 でもカウアイ島の海ではホヌ(海亀)に出会えます!(写真撮れませんでしたがm–m)

すごく近くで一緒に泳ぎました。3頭くらいと:)大抵毎日このナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」ではホヌ(海亀)には会えるそうです。

これはロコの方 から聞いた話ですが「海がめに人間が触ると亀は仲間に戻れず一生一匹で暮らす事になるから一緒に泳ぐのはいいけど決して体には触ら無いでね。」と。

本当かはわかりませんがハワイアンモンクシールもそうですけど私達は海の生き物達に出会ったら、あたたかく彼らを見守りむやみに触れたりはしないようにしましょうね。

スノーケリングをしない方は船の上でのんびり過ごせます。 タミーがブルードルフィンのクルーズ「ナパリ、スノーケルボートツアー」をおすすめしちゃうのわかりましたか(^^)

21899794524_7b9ea8340e_z

タミーもこ〜んなに楽しかったです(^^)/あはは。

ブルードルフィンのナパリコースト、クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」の日本語のお申し込みは、どこよりも安い「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のサイトよりお申し込みされる事をおすすめします。

詳しい内容、料金、日時、集合場所、持ち物、注意事項などは、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-01/

ブルードルフィンには、こちらのナパリコースト・クルーズ「ナパリ・サンセット・ボートツアー」もあります↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-02/

こちらのツアーでは12月~5月上旬までは、クジラにも出会えます。1月~4月は、ほとんど毎日クジラを見ることができるそうです。

19816224276_35dd78c5f8_z

このキラキラ輝くのは、くじらのヒレです。くじらの潮吹きもまじかで見られて迫力ありますよ!

ナパリコースト・クルーズ「ナパリ・ボート・ツアー」との違いはスノーケルをしないだけで明るいうちに港をでるのでナパリコーストの美しい景色も満喫出来て➕サンセットも楽しめます♪

19816281796_20322d6df6_z

海に沈む夕日もロマンチックで素敵ですよ〜。タミーもダーリンとナパリコースト・クルーズ「ナパリ・サンセット・ボートツアー」にも参加ました^^

カウアイ島のナパリコースト、クルーズツアーは美しい景色と可愛い海の動物達にも出会えるとっても楽しいツアーだって事わかりましたよね。 これは絶対に行くしかないわよね!

Much Aloha♡Tammy

関連記事はこちら!

投稿者:

Tammy

Aloha(^^)/ ハワイ・カウアイ島のタミーです。 日本より愛犬トミーと移住して日系3世の旦那様と幸せに暮らしてます(^^) カウアイ島みんなが幸せになれちゃう素敵な島なんですよ♡ ブログを通じてカウアイ島だけでなく他のハワイの島々の情報も合わせて紹介していますので、あなたのハワイ旅のお役にたてたら幸せです♪

「カウアイ島のナパリコーストクルーズツアーはイルカがいっぱい!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください