カウアイ島での乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Aloha(^^)/

あなたはノースショアと聞いたらワイキキのあるオアフ島にしか無いと思ってませんか?

ノースショアはカウアイ島にもあります。

南太平洋のグランドキャニオンと呼ばれるカウアイ島のワイメア渓谷ですがオアフ島にもワイメア渓谷があるんです。

ハワイには同じ名前の場所が、いくつかあるので間違えちゃうんですよね : (

 

ハワイには、いくつか同じ地名の場所が違う島にもあるので間違え無い様にね;)

オアフ島ではノースショアにあるワイメア渓谷の乗馬のツアーが人気です。 カウアイ島にいらした方の中には地名が同じなのでカウアイ島のワイメア渓谷でも乗馬ができると勘違いしてしまってる方がいます。

タミーは乗馬が好きです^^ 日本では中々する機会も無い乗馬ですよね。 機会があったとしても馬場の中の乗馬で少し面白みに欠けますよね。同じ場所をぐるぐる回るだけって。

せっかくハワイに来たのですから「大自然の中を馬に乗ってみたいわ〜」なんて思いませんか? タミーはオアフ島に旅行した時にクアロアランチという場所で山から海に抜ける乗馬を初めて経験した時にすごく感動しました。

21437496094_93c7cb1e32_z

「ハワイで乗馬楽しそうですね。でもカウアイ島のワイメア渓谷では乗馬は出来ないんですよね?」

ご心配なく!ワイメア渓谷では出来なくても他の場所でダイナミックな乗馬をカウアイ島でも楽しめますよ(^_-)

 

カウアイ島でオススメの乗馬はワイメア渓谷では無くノースショアかポイプ!

Unknown

タミーが初心者でも、参加したその日から乗馬を楽しめちゃうツアーを紹介しちゃいますよ。

映画の主人公みたいに眺めのいい馬の背中からカウアイ島の美しい大自然を満喫出来ちゃうんです^^カウアイ島にいらしたら、そんな夢みたいな体験してみたくないですか?

誰でもハワイアンカウボーイ&カウガールに慣れちゃいます。

 

1つ目のオススメ乗馬ツアーはノースショアの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』!

カウアイ島にもノースショアという場所があります。勿論、北に(笑)

ノースショアにもいくつか乗馬が出来る場所がありますが一番有名なのはプリンスヴィルにある『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』ランチとは英語で牧場の意味です。タミーもダーリンと友達のケイちゃんと3人で乗馬しました♪

『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』では言葉では表せないようなハナレイ渓谷の絶景を車では行く事の出来ない丘の上から見る事ができる乗馬ツアーが楽しめます♪

こんな美しいインストラクターさんが教えてくださいます♡

タミーの一押しは「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」(3.5時間・$135)タミーが体験したので全〜部紹介しちゃいましょう! まずは乗馬を楽しみます♪ 馬に乗っている往復の時間は約1時間。その間は緑溢れる森の中をピクニックします。

ピクニックというと楽そうですが(^^; 結構な坂道を頑張って歩いて行くと滝が見えて来ます^^

合成写真じゃないですよ〜タミーと友達のケイちゃん水着になり岩を登り滝の裏側にいっちゃいました!!!

タミー滝にも打たれました!気持ち良かったです^^

 

ツアーはサンドイッチ、ポテトチップス&クッキー、水付です。

この「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」の一番の見所は滝☆ 滝つぼで泳いじゃえますよ;)滝壺の映像は、こちらをご覧ください↓ 流れる水が綺麗で滝の水量が多くて豪快なの@_@

帰り道は行きより短い距離なのですが、なんと滝を渡ります@_@

滝を渡る時はインストラクターさんが手伝い安全ベルトを付けて降りるので安心でした。

滝を渡ってホッとしたのもつかの間、今度は崖を登ります>_<

そこから少し歩いて待っていてくれたお馬さんに乗って、また乗馬を楽しみます♪

 

真ん中のダークチョコレートカラーのお馬さんがタミーを乗せてくれた”クルーザー”です。クルーザーみたいに快適な乗り心地だったわ♡ ダーリンは、この日が初乗馬だったのにすごく楽しそうでした^^ ケイちゃんは2回目。タミーは3回目の乗馬でした♪

素晴らしい体験が出来た『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』の「ウォーターフォール・ピクニック・ライド」でした^^

最後にこんな素敵な写真もインストラクターさんが撮って下さいます。こちらの乗馬ツアーの時間は電話かメールでお尋ね下さい。電話の場合はハワイ時間8時〜17時半まで808-826-7669へ。

こちらはピクニックも含まれるコースなので、もう少し気軽に乗馬だけ楽しみたいわという方には。「パニオロ・ライド」(2時間・$99)もあります。月曜日〜土曜日 10

時〜 こちらも美しい景色は満喫できますから十分楽しめますよ♪ (注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。

pra_waterfall_picnic_ride-4

ホームページからはビデオで乗馬の様子も見られます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親が日本語でお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容↓ご予約は、こちらのホームページのHORSE BACKをご覧下さい。

http://www.princevilleranch.com

ノースショア、プリンスヴィルへはリフエ空港から約48km。リフエ空港から車で約1時間で行かれます。カパアの東地域やノースショアに宿泊の方には、こちらの『プリンスヴィル・ランチ・アドベンチャーズ』が近いですね。

 

カウアイ島で2つ目のオススメ乗馬ツアーはポイプの『CJMカントリー・ステイブル』!

ステイブルとは英語で馬小屋っていう意味です。こちらCJMカントリー、ステイブルはポイプのグランド、ハイアット、カウアイリゾート&スパの奥になる場所にあるのでカウアイの雄大な南海岸を乗馬出来ます。こちらの乗馬ツアーでは無人ビーチやカウアイ島の遺跡の跡に連れて行ってもらえちゃいます。

一押しの約3時間の乗馬ツアーは「シークレット・ビーチ・ピクニック・ライド」

beach_ride

水、金曜日の13時〜。$140(水、サンドイッチ、チップス、フルーツのピクニックランチ付)2時間、乗馬。1時間はピクニック。

気軽に楽しめる約2時間の乗馬ツアー「マハレアプ・ビーチライド」は平日の9時半〜と14時〜の1日2回。$110。こちらはランチは付ませんが水は付きます。

valley_ride

どちらも絵の様に美しい青い海岸線と壮大な山の景色を楽しめますし自生植物や野生動物なども見る事が出来ます。

CJMカントリー、ステイブルは日曜日は定休日。(注)全ての乗馬コースは英語が理解出来る方のみ参加できます。お子様は8歳から乗馬出来ますが日本語が話せるスタッフはいませんので、ご両親がお子様に乗り方や注意事項など説明出来る事が必要です。

詳しい内容とご予約は↓こちらのホームページをご覧下さい。

http://www.cjmstables.com

南海岸のポイプへは、リフエ空港から約21km。車で約30分で行かれます。リフエ、ポイプの南地域と西の地域に宿泊の方は、こちらの『CJMカントリー・ステイブル』が近いですね。

初心者でも気軽に楽しめるカウアイ島の乗馬ツアーですが準備と注意は必要です。「乗馬するの初めてなんですが、どんな服装で行ったらいいですか?」

 

乗馬にはスニーカーとジーンズを履いて行きましょう!

暖かいカウアイ島ではビーチサンダルとショーツ(短パン)が快適な服装です。ただし乗馬をする時には絶対にビーチサンダルは履かないで下さいね。それとジーンズなどの長いパンツを履いて下さい。

天候によっては涼しい時もありますし突然の雨なんて事もあるかも知れませんのでフード付のウインドブレイカーなどをお持ちになるといいですね。

短い乗馬ツアーでも1時間半くらいは馬に乗りますので半袖などですと意外に日焼けしちゃいますから事前に日焼け止めは塗って下さいね。

帽子もあるといいと思います。ただし顎紐などがあり風が吹いても飛ばないようなのがいいですね。

ツアーによっては馬から降りてビーチに行くこともあるのでビーチに入りたい方は水着を下に着て行かれる事をオススメします。その時はカウアイ島の日差しは強いので日焼け止めとタオルは、お持ちになるといいと思います。

ハイキングや滝に行かれる場合は蚊もいますので虫よけのスプレーなども忘れずに!乗馬をするのですから、それらの荷物は両手が使えるバックパックなどに入れて下さいね。

「タミーさん、他に乗馬ツアーに参加するのに注意する事ってありますか?」

乗馬ツアーの30分前くらいには準備や説明もありますのでツアー場所には到着していた方が焦らずいいですよ。 でも一番大切な事は。

 

馬が驚く様な大きな声を出さないで下さい!

初めての乗馬はドキドキしますよね。でも馬だって知らないあなたを初めて背中に乗せるんです。お互い緊張しているはず。なのにちょっとした事でキャーなんて悲鳴をあげたりすると馬が驚きますので絶対に止めて下さい。

カウアイ島の絶景を見ておー!っと声を出したくなりますが、その時も馬の上では、あまり興奮して騒がない様にしましょうね(笑)

 

カウアイ島で乗馬ツアーに参加する服装と注意事項は大丈夫ですか?

カウアイ島の乗馬ツアーには今のところ日本語を話せるスタッフはいません。馬は機械では無いので人間が100%コントロール出来ません。途中で草を食べだして動かなくなっちゃったりとかもあります。そんな時にどうしたらいいのかインスチラクターさんが指示を出して下さいますが英語になりますので英会話は必要になります。指示が理解出来なくて間違えたりすると馬は動物ですから危険な場合もあますので英語が理解出来る方が参加条件になります事をご理解下さい。

どちらのステイブルの馬達もちゃんと調教されているので大人しく子供でも安心して乗れるそうですが馬の扱い方は英語がわから無いお子様にはご両親が教えてあげて下さいね。

あなたは馬の目を近くで見た事がありますか?めちゃくちゃ可愛いんですよ♡ 乗馬ツアーが終わる頃には馬とも心が通じてあなたも乗馬の魅力にとりつかれる事でしょう。

そうしたら、またカウアイ島にいらっしゃる時は違う乗馬ツアーに参加して下さいね。 だって、こんな贅沢な時間は絶対に日本では味わえませんから(^^)

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島の大自然をワイメア渓谷の トレッキングで感じよう♪

Aloha(^^)/

カウアイ島のワイメア渓谷は赤褐色の岩と緑のコントラストが美しい大自然の世界。

普段あなたが日本で見たことも無いような別世界がそこにはあります。

見た事も無い花や果物が見たことも無い鳥達が、あなたを待っています。

写真やテレビで見るだけで無く、あなたのその目で大自然の驚異を感じに行ってみませんか?

 

初心者からベテランまで楽しめるトレッキングのコースがワイメア渓谷にはあります。

images

ワイメア渓谷のトレッキングのコースへはリフエ空港から車で約70キロおよそ90分のドライブで行かれます。 ”カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!”に詳しく書かれていますので↓こちらを参考になさって下さい。

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

ワイメア渓谷の周辺には20以上ものトレッキングのコースがあるんですよ(^^)

「私トレッキングなんてした事ないのよ。でも素晴らしいを自然を見てみたいわ。」

大丈夫ですよワイメア渓谷のトレッキングのコースには子供でも歩けちゃう初心者も楽しめるコースもありますから。

1003WaimeaValley_01

勿論トレッキング経験者には少しばかり歩きにくいかもしれませんがハードで面白いコースだってあるんです。 気軽なコースはトレッキングなんて思わずハイキングね。そう歌でも歌いながら楽しく歩けちゃうわ♪

でもね、いくら簡単でもトレッキングの前には事前の準部が必要です。

 

トレッキングの前に「コケエ・トレイルズ」地図を買いましょう!

コケエミュージアムのショップに「KOKEE TRAILS」(コケエ・トレイルズ)とう地図が$3で販売されています。

21876162668_2282615450_z

22074017321_87f96ee372_z

 

これには地図の他に動植物の簡単な説明もされているので便利です。

22051624952_f40da02561_z

英語の説明しか、ありませんが地図は目でみるだけで役立ちますし動植物の事は後でインターネットの翻訳機能や辞書を使って調べる事も出来ますから、お値段も手頃ですしタミーのおすすめです。

22051628982_94d1a0bed5_z

全ページの写真をアップしましたから、これを拡大してコピーしていったらパンフレット買わなくてもいいかもですね(笑) コケエ・ミュージアムはコケエの州立公園内にありますしミュージアムは寄付金のみですから無料でもはいれるのでショップにだけ行って地図を買う事も出来ます。

images-2

 

ただホテルとかで事前にゆっくり地図を見て計画をたてたいわという人はリフエ空港から近い場所にカウアイミュージアムがありますからワイメア渓谷に行く前に寄ってミュージアムを見学するついでに地図を買っておくのもいいですね。

こちらの「Kauai Island Atlas and Maps」(カウアイ・アイランド・アトラス・アンド・マップス)になります。($7.50)

22051084322_e6c45c4a24_z

「KOKEE TRAILS」(コケエ・トレイルズ)の地図ほど詳しくないですが、こんな感じでコケエのトレイルズが見られます。

21440678854_7ee0fae87f_z

カウアイミュージアム場所はライス、ストリート沿いにあり空港からは車で10分くらいの距離です。

images-3

*ミュージアムの営業時間:月〜金9時〜14時。(土曜日は10時〜14時)

*ミュージアムの料金料:大人$10, 65歳以上は$8, 13〜17歳は$6, 12〜6歳は$2, 5歳以下は無料。

「Kauai Island Atlas and Maps」(カウアイ・アイランド・アトラス・アンド・マップス)を買いたいと言えば入館料を払わず地図だけ買えますがミュージアムも興味深いものが沢山展示されてますから時間がある方には是非、見て欲しいです。

事前にワイメア渓谷のトレッキングコースを調べておくための地図は手にいれたので次はトレッキングの服装ですね。

 

ワイメア渓谷トレッキングの服装はジーンズに長袖シャツ、スニーカーがベスト!

服装はショーツ(短パン)にTシャツで歩いている人もいますがトレイルの中は涼しいし肌が出ていると虫さされや木の枝での擦り傷なども気になるのであまり肌は露出しない服装の方がいいと思います。

気で覆われた場所ばかりでは無いので帽子も必要ですね。突風で帽子が飛ばされない様に顎紐が付いたタイプがおすすめです。

突然の雨のためにも傘よりも薄手のカッパ(雨具)とかフード付きのウインドブレーカーをお持ちになるのがいいと思います。

両手が空くのは危険ではないのでバッグもデイパック(リックサック)がいいでしょう。 ウインドブレーカーやタオルなど持ち物を入れても両手が空きますから。 飲み水にナッツやチョコレートなど少しのスナックも持っていく事を忘れずに。

靴はスニーカーがベストと書きましたがトレッキング経験者でハードなトレッキングコースを選んだ場合は、ぬかるみが多いコースもあるのでトレッキングシューズを履かれる事をおすすめします。 虫に刺されやすい方は虫よけスプレーもお持ちになるといいですね。

これでワイメア渓谷のトレッキングに出かける準備はOKね(^_-)

 

タミーのおすすめワイメア渓谷のトレッキングのコースを紹介しちゃいましょう♪

こちらの地図を見て下さいね。

21955670051_3c9dcf69fc_z

歩きやすいのワイメア渓谷のトレッキングコースは7つ。

1, ヌアロロ・トレイル(Nualolo, Trail)

2, アワアワプヒ・トレイル(Awaawapuhi , Trail)

3, ホノプ・トレイル(Honopu, Trail)

4, カルアプヒ・トレイル(Kaluapuhi, Trail)

5, プウカ、オヘロ・トレイル(Puuka Ohelo, Trail)

6, ピヘア・トレイル(Pihea, Trail)

7, アラカイ・トレイル(Alakai, Trail)

(注意)”6, ピヘア・トレイル”と”7,アラカイ・トレイル”は途中から歩きにくいコースがあるので経験者におすすめします。

タミーのおすすめワイメア渓谷のトレッキングコースは2つ。

 

1)アワアワプヒ・トレイルは山から海、断崖絶壁に深い谷そして滝にも出会えるトレックングコース!

アワアワプヒ・トレイルは山から海へ向かうトレッキングのコース。

c139e560-s

断崖絶壁から見える美しい断崖絶壁、深いヌオロロ渓谷には大きな滝が待ってますよ。 展望台くらいにしかフェンスは無いので突風が吹く事もあるので十分注意して歩いて欲しいです。

約4,5時間(約10キロ)の内容の濃いワイメア渓谷のトレッキングコース。

 

2, 経験者には”6,ピヘア・トレイル”と”7,アラカイ・トレイル”の満足感いっぱいのセットトレッキングコースがおすすめよ!

500_14975578

プウ・オ・キラ展望台からスタートしてピヘア・トレイルを通ってアラカイ・トレイルに行きモヒヒ・ロードに出てコケエ・ロッジに戻るトレッキングコースです。 地図を見てわかりますか?

詳しく説明しましょう。まず車でプウ・オ・キラ展望台まで行き、そこの駐車場に車を止めます。 展望台からはカラカウア渓谷のトレイルを東に向かって歩きます。 しばらく歩くとオヒアの木のトンネルに出ます。トンネルを抜けて急な上り坂になるので頑張りましょう。

道が少しぬかるんでいるかもしれないので滑らない様に注意しましょう。 両手で木の枝などを掴みながら進むと楽かもしれません。 こんな場合には軍手なんかあるといいかもしれませんね。

そこから約1時間ほど歩くとアラカイ・トレイルへの分岐点に到着します。 この場所にはちゃんとサインがあるので心配ありません。

アラカイ・トレイルに向かって歩くと今度は下り坂になります。滑りやすいので注意してね。 しばらく歩くと平らな道に変わり、その代わりにぬかるみが多くなります。 そこから1時間あまり歩くとアラカイ・トレイルの十字路に出ます。 左折してアラカイ・スカンプの方向に歩きます。

道はぬかるんでいないし野生の鳥達を沢山見る事が出来るのです。 今度は下り坂になり約10分ほど歩くと谷になり、また登りを繰り返しながら下っていきます。 そしてトレイルの終点になります。ここまでで片道で約2時間かかります。 トレイルの途中にはハワイの花達が咲き、その花に野鳥が群がります。

images-1

次は左折した場所まで戻ります。 そして、そこから直進して下さい。ここからは歩きやすい道です。 トレイルコースの道端には野いちごや梅などの木の実もあります。 私の友達はトレッキングしながら収穫した梅で美味しいゼリーを作ってくれました。 木苺などは、そのまま歩きながら食べる方多いみたいですよ(笑)

アラワイ・スワンプの方向に歩かなかった方はピヘア・トレイルから来て右折する感じになります。 プウ・オ・キラ展望台を出発して約4時間でモヒヒ・ロードに到着します。 そこから更にコケエの方向に約3時間歩きコケエから550号線をプウ・オ・キラ展望台まで約2時間歩く。

トータル9時間のワイメア渓谷のハードなトレッキングコース。どうですか?チャレンジしてみます?

誰かプウ・オ・キラ展望台からトレッキングしないで車でコケエ州立公園へ行きコケエミュージアムを見学したりコケエ・ロッジで休憩して公園を散歩や昼寝してモヒヒ・ロードまで迎えにきてくれたらいいんだけどな〜なんて考えてしまうタミーです。(笑)

ワイメア渓谷をトレッキングされる方達の唯一の休憩場所であるレストランは”コケエ・ロッジ・レストラン”です。 レストランの窓からは綺麗な緑が眺められ朝食、ランチが楽しめます。 出来立てのコーンブレッドを蜂蜜に付けてハワイのコーヒーと一緒に頂くのが人気です。*営業時間は9時〜15時。

その横のコケエ・ュージアムでコケエ・トレイルズの地図が買えます。

これでワイメア渓谷のトレッキングのコース、服装、休憩場所と準備は、もう完璧ですよね(^_-)

「でも私達、初めてのトレッキングだからガイドさんとかいないと不安だわ」

大丈夫;)そんな時はSplash of Kauai(スプラッシュ・オブ・カウアイ)さんにオススメのワイルア渓谷トレッキングツアーがあるんですよ。

 

自分達だけで不安な方はワイルア渓谷トレッキングツアーに参加しちゃいましょう!

Splash of Kauai(スプラッシュ、オブ、カウアイ)さんのワイメア渓谷トレッキングツアーは3人からのお申し込みで1人$240

1日8時間のコースでカウアイ島でもトップクラスの優秀なガイドさんが同行してくれます。 しかも日本語も勿論、英語も堪能なガイドさんですから安心ですよね。

詳しい内容↓ツアー日時、ご予約は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/trekking/

 

いかがでしたか? これでワイメア渓谷のトレッキングに出發する準備OKですね;)

山の天気は変わりやすいとはいっても事前にワイメア渓谷の天気は調べて天気のいい日を選んでトレッキングには出かけたいですね。

ではワイメア渓谷の大自然を満喫しにトレッキングにいってらっしゃ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

Aloha(^^)/

カウアイ島にいらしたらタミーが一番行って欲しい場所それは。太平洋のグランド・キャニオンと呼ばれる「ワイメア渓谷」。

雨によって彫られた大自然の彫刻の様な素晴らしい景色が、あなたを待ってますよ。数百年前にタイムスリップしたかの様な絶景が目の前に広がり感動間違い無し!

さぁ感動の旅に出かけましょう♪

 

カウアイ島は約510万年前に生まれた島なんです!

あなたはカウアイ島が何歳か知ってますか? 約510万年歳! 驚きでしょ@_@ ハワイ諸島の中では一番初めに誕生した島です。

2番目に誕生したのがハワイ島で約40万年前ですからハワイ島と比べただけでも470万年も年が違うわけですから、どれだけ感動するものが「ワイメア渓谷」で待っているのか、こんな事を聞いただけでワクワクしちゃいますよね(笑)

火山でできたカウアイ島の山々が数百万年という気が遠くなっちゃうような歳月をかけて素晴らしい「ワイメア渓谷」を作りあげたのです。 作家マーク、トウェインが「太平洋のグランド・キャニオン」と呼んだ渓谷の美しさをカウアイ島にいらしたら絶対に見にいかなくちゃ!

カウアイ島観光の1DAYツアーのコースには「ワイメア渓谷」は必ず含まれていますので、ここではレンタカーでドライブされる方の為に詳しい行き方をご紹介します。

 

「ワイメア渓谷」への行き方はコケエ・ロードがタミーのオススメよ!

「ワイメア渓谷」への行き方は2つ!ワイメア・キャニオン・ドライブとコケエ・ロード。  「ワイメア渓谷」への行き方はリフエ空港から約62キロ。約75分ほどで行かれます。

まず1つ目の行き方は西のワイメアの町を目指して50号線のカウムアリ・ハイウエイをドライブします。 1本道なので迷う事なくひたすらまっすぐ西に向かいましょう。

ワイメア川の橋を渡ると小さな町になります。そこがワイメアタウン。 そのまましばらく走ると右側に”Kauai Veterans Memorial Hospital” カウアイ・ベテランズ・メモリアル・ホスピタルというサインが見えますから、それに沿って右折します。

そこが「ワイメア渓谷」へのドライブの入り口になります。これが1つ目の行き方ワイメア・キャニオン・ドライブのルート。

 

もう1つの行き方のコケエ・ロードは、そのままホスピタルの所を右折せず直進してワイメアの町を通り越してケカハの町に入ると右側に以下の写真のサインが出ているので、そこを右折すれば間違う事なく「ワイメア渓谷」に行かれます。

21272549583_11d05ec806_z

コケエ、ロードからの行き方の方がわかりやすいのでタミーのオススメよ(^_-)-☆ どちらの行き方でも「ワイメア渓谷」の展望台手前で合流するので「ワイメア渓谷」には行かれます。

注意して頂きたいのはワイメアの町を過ぎるとガソリンスタンドがありません。

 

「ワイメア渓谷」に向かう時は必ず事前にガソリンは満タンにして行きましょう!

ガソリンはリフエで給油するのであればコストコのガソリンスタンドが値段は一番安いです。 日本のコストコのカードでも給油できるそうなのでメンバーの方は、お持ち頂くといいですよね。 係りの方がいますので給油方法はヘルプしてもらえます。支払いはクレジットカードのみです。

コストコのガソリンスタンドで無くてもワイメアの町までには幾つかガソリンスタンドはありますのでガソリンを入れてから「ワイメア渓谷」に向かいましょう。

ワイメアの町を抜けて右折したら、そこからはカーブが続く登り坂になります。 上がっていく途中にはハワイ8島の1つ個人所有のニイハウ島も見る事が出来ますよ。

21884427752_a85b434677_z

 

しばらく走るともうそこは渓谷の一部で所々素晴らしい景色が目に飛び込んできますし所々に駐車している車を発見して、つい自分も駐車して絶景を覗きたくなりますが狭いカーブの路肩に駐車する事になるので非常に危険です。

 

路肩に駐車して見るのは止めて、絶景は駐車場のある展望台まで我慢しましょう!

道路ですが山道をドライブしますが舗装されているので問題はありません。舗装の状態が悪い箇所もあるかもしれませんので気をつけて安全運転でいきましょうね。

旅行に来て事故起こしちゃうなんて最悪ですからね展望台まで我慢しましょう。 展望台の方が、ずっと素晴しい景色ですから;)

コケエ・ロードから登った場合ワイメア・キャニオン・ドライブと合流する場所からしばらく行くと右側にハンティング・ステーションの小屋が見えてきます。

そこから約2キロくらい走るとワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)に着きます。

この展望台の先にはプウ・カ・ペレ展望台Puu Ka Pele Viewpoint(プウ・カ・ペレ・ビューポイント)とプウ・ヒナヒナ展望台Puu Hinahina Viewpoint(プウ・ヒナヒナ・ビューポイント)の2つがあります。

3つの展望台は、それぞれ違った絶景が楽しめるので「ワイメア渓谷」までいらしたら3つ全て止まってご覧になって頂きたいですが時間が無かったり天候が心配される時は一番手前のWaimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)には必ず寄られて下さい。

3つとも入り口には看板が立っているので間違える事なく行かれます。3つの展望台の先にはNASAのステーションやタミーのダーリンの働くベースもあります。 彼は毎日「ワイメア警告」をドライブして仕事に行きますが何度この道を通っても景色が素晴らしいので飽きないって言ってます。 「ワイメア渓谷」で働けて幸せだというダーリンです♡

「ワイメア渓谷」の展望台から更に約8キロほど走るとコケエ州立公園Kokee State Parkに到着します。 とーっても広い敷地で緑の芝生が気持ち良く走り出したくなるほどの気持ちいい公園です。

21884429592_f401a4ca30_z

ここには「ワイメア渓谷」では唯一のレストランのコケエ・ロッジがあります。 9時〜15時までの営業でシンプルな朝食とランチのお店です。 ロッジ特性の蜂蜜が添えられたコーン・ブレッドが人気です。 「ワイメア渓谷」の動植物やカウアイ島を襲ったハリケーンの展示も見る事ができます。

このレストランの隣には寄付だけで入れる博物館コケエ・ニュージアムがあります。 無料でも入れますが余ったコインなどがあれば入り口の箱に入れて頂けると博物館の為に役立ちますのでコインは日本に帰っても円には両替できませんから、どうぞ寄付してあげて下さい。

この公園ではピクニック気分でランチや休憩をして頂きたいの。タミーのオススメは;)

 

ワイメアの町のイシハラ・マーケットでお弁当を買ってから「ワイメア渓谷」に向かおう!

コケエ・ロードに入る手前のワイメアの町の左側に見えるイシハラ・マーケットに「ワイメア渓谷」に向かう前に寄って見て下さい。 ここには早朝に作られたお弁当が並んでいます。朝6時〜夕方7時くらいまでの営業です。

BBQビーフやポーク、ハワイアンてりやき味のチキンなどがMIXされたお弁当。 ナルトや蒲鉾、沢庵なんかが入っているので日本のお弁当みたいでいいですよ。

大が$8くらいで小が$6くらいの値段です。巻き寿司や稲荷寿司もあります。 お弁当の隣の冷ケースの中にはサンドイッチにラップやサラダもあります。イシハラ・マーケットのポキはカウアイ島で一番美味しいと評判なんですよ^^ 我が家は毎週月曜日のディナーはイシハラ・マーケットのポキ・ディナーです(笑)

飲み物がない場合もこちらで買って行くといいですね。 そして青い空に緑が綺麗な公園のベンチや芝生の上に座ってお弁当を食べて、お腹いっぱいになったら芝生の上に寝転がって、お昼寝なんていうのも気持ちいいですよ。

ビーチタオルをホテルから持って行かれると敷いたり、ここまで上がってきますと空気も肌寒く感じますから羽織ってもいいですし役立ちます。

さて「ワイメア渓谷」のドライブはが終点ではありません。コケエの公園で休憩したら更に上へとドライブします。

プウ・オ・キラ展望台Puu O Kila Lookout(プウ・オ・キラ・ルックアウト)に到着します。そして次のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)が最後の展望台になります。ここが「ワイメア渓谷」の終点になります。

雲よりも高い場所ですよー。晴れたは時は、この世のものとは思えないほどの美しさ。 言葉を失う絶景がここにあります!

21709418139_4462f9af17_z

一番の見所は映画「ジュラシック、パーク」に登場した切り立った山ホノプ・バレーが素晴らしいです。まるでイタリアンジャラートみたいでしょ(笑)

21708223340_853020cb0f_z

ナ・パリ・コーストの海岸線もビューティフルで感動しちゃいますよ。 ここまで登ってくると空気はヒンヤリ風のある時は寒いほどです。

 

「ワイメア渓谷」へ来る時の服装はフード付きのウインドブレーカーを持ちましょう!

天気をチェックしても山の天気は変わりやすいので小雨がぱらつく事もありますから傘よりフード付きのウインドブレーカーをお持ち下さいね。 風も防ぎ雨にも濡れず両手があくので絶景の写真も撮れますからベストな服装です!

暑かったら脱いで持っても軽いですし芝生に寝転がる時に敷いてもいいのでフード付きのウインドブレーカーは役立つ服装の大切な1品です!

山道は滑りやすいのでビーサンで行かれる方もいますがタミーのおすすめの服装としてはスニーカーなどの靴を履いて行って欲しいです。 滑って転んだりしたら大変ですからね。

夏場の服装としてはTシャツにショーツ(短パン)それにスニーカーにウインドブレーカーを持参でいいと思いますが冬の時期の服装は山の上は肌寒いのでジーンズや長袖のものを着た方がいいと思います。 勿論スニーカーを履いてウインドブレーカーはお持ち下さいね。

人は足首からふくらはぎを温めると寒くないそうでタミーは冬場もショーツ(短パン)の服装が多いものですから秋〜冬に「ワイメア渓谷」に行った時はショーツにUGGのミディアム丈のブーツを履いて行きました。 ショーツでも暖かかったですよ。ただしブーツはスニーカーよりも滑りやすいので注意が必要です。

「ワイメア渓谷」への服装は大丈夫ですか?

「山の天気は変わりやすいのはわかりますが突然、小雨が降ったら嫌だなー。」って思いますよね。 でも小雨が上がった後には「ワイメア渓谷」では、こんな素晴らしい虹も見えるのでラッキーかもよ。

21273513564_2d5a483597_z

虹を下に見れるなんて日本では無いんじゃないかな最高のカウアイ島旅行の思い出になりますよね。 タミーは2回「ワイメア渓谷」で小雨の上がった後に綺麗な虹を見ましたよ:)

(大切なポイント!)「ワイメア渓谷」には5つの展望台があますが最初のワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)と最後のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)の2つの展望台は必ず見て欲しいです!!!全く違った景色が楽しめて感動する事間違い無しです!

展望台には小さなフルーツスタンドが、あるところもあります。 カウアイ島の果物で作られたドライフルーツやココナツチップスは、お土産にも旅の途中のスナックにもおすすめです。 展望台にはトイレはありますから、ご心配なく。

これでワイメア渓谷にレンタカーでのドライブはOKね;) ではカウアイ島でのレンタカー情報もお知らせしておきましょう。

 

予定がわかっているならレンタカーは日本から予約しておこう!

旅行の予定が決まっていてレンタカーを借りる日時も決まっている場合は日本からインターネットや旅行会社からレンターカーを予約されるのをオススメします。 面倒な手続きから解放されますし確実に希望の車が借りられますから。

料金もカウアイ島に来てから借りるより安くなりますよ。 カウアイ島でのレンタカーはリフエ空港のそれぞれのレンタカー会社で借りて同じ場所へ返す様になります。

リフエ空港のレンタカーの会社は6つ。それぞれの特徴とサービスは。

*パジェットレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能

*エイビスレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能。

*ダラーレンタカー/24時間緊急日本語のロードサービスあり

*ハーツレンタカー/日本語カーナビ車あり

*日本レンタカー/追加運転手、ベビーカー無料

*アラモレンタカー/日本語カーナビ車、三菱UFJニコスカード優待あり

(注)特徴とサービスは突然変更される事もあるので、ご確認下さいね。

今のところは日本が話せる方が、いらっしゃるレンタカー会社はカウアイ島にはない様なので英語が不安の方は日本から予約された方が安心できますよね。

人気はダラーレンタカーのハワイ・マルチアイランド・プラン(2島以上でトータル5日間以上レンタカーを借りる特別割引)の日本払い料金が、お得とか。JAL,ANA ,JCBカード会員の格安料金があるそうですよ。

カウアイ島での車の運転は日本の免許証でOKです。カウアイ島での支払いの場合はクレジットカードの提示も必要になります。

タミーはカウアイ島に移住する前は「海外で車を運転するなんて絶対に無理!」って思いましたけどカウアイ島はホノルルと違って交通量も少なくメインロードは1本なのでカーナビも必要なく初めての左ハンドルでも安心して走れちゃいました^^

初めての海外運転デビューにはカウアイ島は最適だと思います。

 

タミーのカウアイ島でのドライブ注意事項は7つ!

1, 左ハンドル車で気をつけて欲しいのは常に自分がセンターラインの方そう真ん中に来る位置で運転していたら大丈夫!

2, スピードの取り締まり携帯の取り締まりは頻繁にしているので注意しましょう。罰金は$300以上はしますから痛いですよ〜!

3, スクールバスがライトを点滅させて止まっていたら生徒達が降りて来るのでバス出発するまで止まって待たなければいけません!

4, ウインカーとワイパーが反対。これ恥ずかしいんですよウインカー出したつもりでワイパー動いちゃって(笑)

5, 特別なサインが無い限り赤信号でも注意確認して徐行で右折出来ます!これ慣れ無い頃に日本の様に赤信号で停車していたらクラクション鳴らされました(^^;

6, ガソリンは満タンで出かけよう!北や西の外れにはガソリンスタンドが無い場所もあるのでガソリン残量は半分くらいになった時点で満タンにすること!

7,  1台しか車が通れ無い橋(1レーンブリッジ)が何カ所かあるので先に橋に到着した方が優先なので相手が橋を通り抜けるまで停止線で待って順番に渡りましょう。

(注意)ワイメア渓谷のドライブは道路は整備されてますが下る時はローギアでポンピングブレーキを併用しながら安全運転でお願いします。

ハンデキャップのマークがある場所には駐車しないとか小さなお子様がいる場合はチャイルドシートを装着する事は日本も同じで常識ですよね。チャイルドシートはレンタカー会社で借りれますが事前に予約する事をお忘れ無く。

 

いかがでしたか? レンタカーも運転の注意事項も行き方も服装もわかりましたね;) これでもう「ワイメア渓谷」を十分に楽しめますね♪

南太平洋のグランド・キャニオン「ワイメア渓谷」をカウアイ島の旅の最高の思い出に目に焼き付けて下さ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy