カウアイ島のクムフラとレイを作りませんか^^

Aloha(^^)/ あなたはハワイの方が首からかけている美しいお花のレイを見た事がありますか?

ハワイの綺麗なお花のレイを優しいクムフラ(フラの先生)レイラ二からカウアイ島で教えてもらえちゃうのよ。

レイには愛する人という意味があります。あなたの大切な人を想いながらカウアイ島でレイを作ってみませんか?

スポンサードリンク



レイはポリネシア人によって12世紀頃作られたといわれています。その時代から魔除けや供え物として、または社会的地位の象徴としてレイが使われて来た様です。

最近では、この意味で使っている人は少しの方で誕生日、結婚式、卒業式などのお祝いにレイを贈る事が多くなりました。

ハワイではいらした方に「ようこそ、ハワイへ♡」と空港でレイを首にかけてもらっているのもよく見ます。

タミーも家族や友達のお迎えにはカウアイ島の綺麗なオーキッド(蘭の花)のレイを持って空港にお迎えに行きますが、ととても喜ばれます^^

この様に愛する方への愛情表現のひとつとしてレイを贈る事の方が多いハワイです。

日本で記念日や行事、お祝い事に花束を贈るって感じかしら;)

レイは美しさと愛を運ぶだけではなく「時間を掛けて手で作られたもの。」という意味もあるのよ。

まずはタミーがレイ作りを教えて頂いたクムフラ・レイラ二をご紹介しましょう。

スポンサードリンク



カウアイ島で有名なクムフラ・レイラ二

クムフラとはフラの先生の事です。フラのクムフラになる為には10~20年の経験が必要で基本知識は勿論の事、指導者・表現者として素晴らしい方でないと慣れないのです。

そう踊りだけでなくハワイの文化の伝道者としてふさわしい人格者でなければクムフラには慣れません。

カウアイ島にも何人かのクムフラの方がいらっしゃいますがレイラ二は有名なクムフラなんです。

フラの家系で生まれた者は伝統を受け継ぎ後世へ繋ぎます。

レイラ二のお父様は「カウアイ島の音楽の父」と呼ばれている有名なハワイアンソングの歌手で今でもタミーが大好きな「グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ」の絵画の様なこのステージでライブショーを行っています♪

S__7684105

その娘さんであるレイラ二も踊りだけでなく歌も甘い声でとっても素敵なの。

タミーおすすめのクムフラ・レイラ二のアルバムです。是非、彼女の優しく美しい歌声を聴いて下さい。癒されちゃいます♡

S__8421404

このアルバムの中でレイラ二は森山良子さんの「Koi(恋)」という歌を日本語で歌っているんですよ。

ハワイアンソングの中に1曲だけ日本語の歌が入っているのに何故かとても合っていますしクムフラ・レイラ二の歌声に胸キュンしちゃいます。

アルバムの中にはチャントも入っていますしIZが唄って大ヒットした「カマラニ」も入っています。

「カマラニ」を作ったのはクムフラ・レイラニのお父さんの「ラリー・リベラ」さんなんですよ;)

ラリー・リベラさんはプレスリーの映画ブルーハワイが撮影されてプレスリーが愛したホテル「ココ・パームス」でもずっとライブショーを行っていて「ミスター・ココ・パームス」と呼ばれていました。

「ココ・パームス」も再開されて、またラリーさんの歌声が聞かれたら最高ですよね。

クムフラ・レイラ二はフラやポリネシアンダンスで使われる衣装もデザインして作ります。そしてハワイのお花でレイも作るのです。

これらの他にもクムフラ・レイラ二には私が知らない沢山の事が出来ると思います(笑)そうクムフラとは、とってもタレンティッドで尊敬される人物なのです。

ではタミーがレイ作りのレッスンをクムフラ・レイラ二から受けた時の事をお話しましょうね♪

クムフラ・レイラ二は朝5時半から私達の為にカウアイ島のお花を摘んで下さいました♡

私がクムフラ・レイラ二と出会えるきっかけを作って下さったのは日本でフラワーレイを教えていらっしゃるみどり先生の紹介でした。

みどり先生はタミーの「幸せになれる島カウアイ」を応援して下さっていてfacebookページにコメントを下さったのが私達の繋がりの始まりでした。

そしてカウアイ島でお会いする事になり話せば話すほどみどり先生とは共通点がいっぱいですぐ意気投合してしまったの(笑)

S__8314951

そして出会った翌日にみどり先生が受けるクムフラ・レイラ二のレイレッスンにお願いしてご一緒させて頂いたのです。

前日の夕方に急にお願いしたにもかかわらずクムフラ・レイラ二は朝5時半から私達の為にカウアイ島の貴重で綺麗なお花を集めてくれたのです。こんなにいっぱい!

IMG_1974

そして、このお花プアケニケニは貴重なお花なの。同じお花なのに白と黄色があるのがわかりますか?

プアケニケには最初は白い花なのに夕方くらい、そう時間がたつとオレンジ色に変わるお花なんです@_@

その貴重なプアケニケニの大きなのお花を2つ私達に下さったクムフラ・レイラ二です。とってもいい香りがしたので髪に付けてみました^^

S__8404994

クムフラ・レイラ二のブースには沢山のフラに使われる楽器も飾られていました。

ブースはワイルアのココナツマーケットプレイスの真ん中にある赤い壁の建物です。

私達のレッスンの朝ココナツマーケットプレイスの駐車場でファーマーズマーケットが開催されていたの。

「朝でお腹が空いていないかしら」と私達の事を心配して下さったのでしょうね焼きたてのクロワッサンまで買って来て下さった優しいクムフラ・レイラ二です。

IMG_1972IMG_1973

中を開けるとクリームチーズにカウアイ島のパッションフルーツがいっぱい!

タミーも大好きは「ハウリー・ガール」のジュディの焼くクロワッサンは美味しいのよ;)ケーキも美味しくてタミーは彼女にバースデーケーキをお願いするほどカウアイ島で好きなスイーツです。

お店はワイルアの「キニポポショッピングヴィレッジ」の中にあります。

「私が準備をしている間に食べて」と本当に優しいクムフラ・レイラニに出会った時から惹かれてしまったタミーです♡

この日のレッスンでは2つのレイを作ったのですが、まずは貴重だと言われている私達が髪にさしたお花のプアケニケニのレイ作りをご紹介しましょう。

プアケニケニのお花は貴重で高価なのよ。

先ほどプアケニケニのお花は咲き始めは白いお花なのに段々色が変わりオレンジ色になるって、お話ししましたよね。

そして、とても甘いいい香りがするのでハワイの人達はレイにしたり、ココナッツ・オイルと花ミックスして香水を作ったりします。

モデルの紗栄子さんも好きで彼女のブログとかでプアケニケニのコスメを紹介してます。

ハワイ語でプアは花。ケニケニは10セントという意味なのでプアケニケニは10セントの花。ずいぶん安っぽい響きですが(–;

プルメリアの花50個ほどが、たった25セントで売られていた時代もあった様で、その時にプアケニケニは花1つが10セントで売られていたのですから貴重で高価なお花なのです。

まずはプアケニケニのお花を綺麗にしましょう♪

クムフラ・レイラ二が朝摘んで来てくださった自然のお花ですから花の中には全てではありませんがアリより小さな虫がいるお花がありました。

花の根元の緑の部分を取って黄色い雌しべとか雄しべの部分をお花の方からすくって取り出します。

そんな道具が無かったら、みどり先生が飴が入っていたアルミホイルで器用に小さなスプーンみたいなのいを作ってくれて、ササッと簡単に取り除けました^^

そのあとラッパの様にプアケニケニの花をフッと吹くと綺麗になります。虫がいても飛んでいっちゃいますから(笑)

必ずゴミ箱や用意したバケツなどの中に向けてして下さいね。

お花が綺麗になったら、この様に長いレイ用の針に糸を通して、お花を通していきます。

S__8421378

お花を2つ重ねてさしていますが手前のお花は花屋さんでは「マダガスカルジャスミン」と呼ばれていてる花で、その後ろがプアケニケニのお花です。

「マダガスカルジャスミン」はジャスミンの仲間ではないのですが、香りが似ているので、そう呼ばれているそうです。クムフラ・レイラ二は英名の「スティファノティス」と言ってました。

日本では別名「ハナヨメバナ」(結婚式のブーケに使われるので)とも言うそうで日本では、なかなか流通してない贅沢な花みたいです。

って、これらの情報は、みどり先生から教えて頂きました(^^;  さすが先生です☆

先ほどプアケニケニのお花は時間が経つとオレンジ色に変わると言いましたよね。「マダガスカルジャスミン」は白いままなので、2色の色のレイに変化するから2度楽しめちゃうレイになるのよ;)

このレイ用の長い針はカウアイ島のACEクラフトショップで買えます。

S__8421379S__8421389

2つのお花を重ねて糸に通す作業を繰り返すだけで出来上がります。簡単でしょう^^

これはプルメリアでも他のお花でもお花が沢山集められたら同じ方法でレイを作る事が出来ます。

まずはクムフラ・レイラ二が、こうしてやり方を見せて説明してくれるので英語が出来ない人でもわかりやすく作れますから大丈夫よ。どうですか?綺麗でしょ☆

S__8421380

タミーは既に色が変わっていたのをアクセントに入れてみました。

S__8421381

タミーは今まではレイを買って家族や友達を空港に迎えに行ってましたが、これからはお庭のお花を使った手作りレイでお出迎え出来るわ♡

もう1つのレイはちょっと難しかったですが、とても素敵なレイなので紹介しますね。

色んなお花や植物をミックスした素敵なハクレイを作りましょう♪

タミーが、もう1つクムフラ・レイラ二から教えて頂いたレイはハクレイ。
頭に付けるレイの事をハクレイと呼びますが、このレイは「ハクスタイル」と言う方法で作られたレイの事なんです。
このレイは土台となる素材の上に違う素材をどんどん重ねて作っていきます。
頭につけるレイはしっかり作らないと頭に結べるようには出来ないのでしっかりした土台作りが基本になります。
まずは土台をラフィアというワラみたいなのを編んで作っていきます。
みどり先生がラフィアの先を持ってくれているのでタミーとクムフラ・レイラニで編んで行きます。クムフラ・レイラニはあっという間に作ってしまいました@_@
S__8404996
1人で作る場合は、この様にラフィアを足の指に挟みこみ引っ張りながら編んでいきます。
S__8404995
ポイントはラフィア自体を同じ方向にねじりながら更に2本のラフィアを絡めていくのです。しっかりとひっぱりながら頭のサイズに仕上がる頃には手が痛くなったタミーです>_<
土台が出来上がったら、そこに編んでいないラフィアを1つ付けてお花や植物を順々に巻き込んでいきます。
S__8421384
まずはティーリーフを細くテープみたいに割いたのをループにして3つ。1つ1つラフィアで土台に巻き付けていきます。
その次はパラパライ(シダの葉)を3枚。同じ様にループにして1つ1つラフィアで土台に巻き付け、その次はティーリーフを2枚。
そして下にはみ出したティーリーフを上に上げて、またラフィアで巻いて。巻く時は緩まない様にしっかりね。
次にデンファレ(オーキッドのお花)そして、またティーリーフを3つって感じで、これが1つのデザインになります。勿論、自分の好みでアレンジも可能よ。
S__8421385
 後は、ひたすらこの作業を切り返していきます。
S__8421402
 豪華でしょ☆ 後ろのくるくる巻いたラフィアが真っ直ぐになるようにしっかり巻いて下さいね。
クムフラ・レイラニとみどり先生のは真っ直ぐなのにタミーのは少し曲がってました(^^;
コツは、この様にテーブルの端に押しつけながらするといいようです。
S__8421387S__8421401
 花や葉っぱが立体的になるように止めていくとぺったんこな感じにならずゴージャスに仕上がります☆
               2つのレイが完成しました(^^)v
S__8421391
             クムフラ・レイラニとみどり先生と記念に♡
クムフラ・レイラニは私達の作業中にこの日の夜に行われるルアウショーのVIPゲストの為に髪飾りを作っていました。
S__8421390
ティーリーフに白&黄色のプルメリアと濃いピンク色のプルメリアのお花で可愛い髪飾りです。
とっても素敵なレイが2つも作れて大満足なタミーです。
S__8421393S__8421394
嬉しくてトミーにも被せちゃったら
S__8421395
トミーはちょっと迷惑そうな顔してました(笑)

作ったレイはゴミ箱には捨てずに捧げて自然に返しましょう。

素敵なレイですから、ずっとこのままでいて欲しいですよね。でも生きている花ですから、いずれは枯れてしまいます。

でもゴミ箱には捨てないで下さいね。

ハワイでのレイはフラの衣装の一部のように思われがちですが時間をかけて手作りされたレイはハワイの歴史・文化・祈り・宗教・愛などの多くの思いが込められたものです。

ハワイの人達はレイは自然に戻る素材のもの以外は例えばナイロンなのど糸を使った場合は糸をほどいて自然に返すのだそうです。

ハワイにはもともと自然を神として拝み、その一つ一つにに霊が宿ると大切にして来ましたので私達も手づくりのレイは自然に返しましょう。

タミーとみどり先生が作ったハクレイは自然のものしか使っていないのでタミーはククイオノロパークの鹿さんに捧げました。

S__8421396S__8421397

なんだかトミーより嬉しそう(笑)この鹿さんには時々お花やティーリーフのレイがかけられているのでタミーもレイ作りをクムフラ・レイラ二から習ったのですから手づくりしてこれからも時々、鹿さんに届けたいと思います。

みどり先生のハクレイは「ククイヘイアウ」に捧げられました。

S__8421398

「ククイヘイアウ」は昔、灯台の役目をしていた場所で、みどり先生は「大好きなカウアイ島にまた来れますように必要な時には私を呼んで下さい。」とお祈りして帰国されました。

とっても素敵でみどり先生らしいです。

「タミーさんハワイに行かないとレイ作りは教えてもらえませんよね」

いえいえ大丈夫ですよ。日本では、みどり先生がみなさんにレイ作りの楽しさを教えて下さいます♪

日本でレイ作りを体験してみたい方はみどり先生をご紹介します^^

みどり先生、先日発売されました雑誌「クレア」のハワイ特集で紹介されました。

S__6438917

こちらが雑誌の中で紹介されたみどり先生の「ハワイアンレイメイキングレッスン」です。

S__8593440

みどり先生の↓ハワイアンレイメイキングのレッスンの詳しい詳細は、こちらをご覧下さい。

http://atina-school.com/lessonlist/786

ご都合がつく方はカウアイ島でフラワーレイ作りをクムフラ・レイラニから直接学ばれたみどり先生と一緒に楽しくレイ作りしてみて下さいね♪

みどり先生がカウアイ島に滞在中には沢山楽しい時間を過ごさせて頂きました。マハロです♡

S__8421403

この写真はタミーがソルトポンドビーチで撮ったもの。中々、素敵でしょ☆

みどり先生、私達はメネフネツインズですからカウアイ島で再会出来ますのをタミー楽しみに待ってますよ(^^)/

ハワイのお花が日本でも手に入る種類もある様ですし日本のお花でレイを作っても素敵だと思います。

お祝いに花束もいいですが花束は頂いたら、ずっと持ってはいられないので何処かに置いちゃいますよね。

でもレイだったら首かけたり頭にのせたり出来るので写真をとっても素敵だと思います☆

ハワイだとティーリーフやブーゲンビリアのレイを頂いた時はドライになっても綺麗でタミーはドアの飾りとしてしばらく楽しめましたから日本でもドライフラワーになりやすいバラとかのお花を選べは、そのまま飾ってしばらく楽しめるんじゃないかしら。

一際あなたのギフトが際立っちゃいますし、それが手作りなんて知ったらすごく喜ばれると思いますよ。

まずは、みどり先生にご連絡して相談してみて下さいね;)

カウアイ島でレイを作りたい方はタミーが、お手伝します♡

「私はタミーさんみたいにクムフラに是非カウアイ島のお花でレイ作りを教わりたいわ〜^^」

タミーにお任せ下さい。時間とか作ってみたいレイとか、それによってレッスン料金も違って来ますし

クムフラ・レイラニのブースはワイルアにあるのでリフエやポイプなどのホテルに滞在でレンタカーが無い方には送迎のお手伝いも紹介させて頂きますので

カウアイ島のクムフラ・レイラニのレイメイキングレッスンについては「お問い合わせ」または「コメント欄」から、お気軽にタミーまでどうぞ。

手作りレイをつけてこんな写真を記念に撮って下さいね(笑)

S__8421392

レイだけでなくお花のある生活って本当に素敵ですよね^^

クムフラ・レイラニはカウアイ島で素敵なパフォーマンスを行っています♪「カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪」の記事を↓ご覧下さい。

カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪

こちらの記事には素敵なポリネシアンダンスの動画がいっぱいですので見て頂くだけでも楽しめますよ^^

Much Aloha♡Tammy

タミーに応援ポチ↓お願いします♪

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

2 Responses to “カウアイ島のクムフラとレイを作りませんか^^”

  1. より:

    そっかぁ!
    ホノルル空港に到着すると必ず首にかけてくれるレイ!
    魔除けとかそういう意味があったんだね!

    花束よりも実際に花に接する頻度が格段に多いレイは
    花好きの人にはE~Come-on-baby!(@^▽^@)

    • tammy より:

      仁さん、そうでしょ。レイって日本では珍しいから
      花好きの人にはたまらなく嬉しいギフトだと思うわ♡

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ