カウアイ島内の移動手段はレンタカーで決まり!

Aloha(^^)/

タミーはカウアイ島に旅行に来る友達に「カウアイ島ってオアフ島みたいにバスが走ってるの?」って聞かれます。

バス走ってますよ。のんびりバス移動も悪くないカウアイ島ですがタミーはカウアイ島での移動手段はレンタカーが一番便利だと思います。

今回はカウアイ島のレンタカーとバスについてお話ししましょうね♪

 

カウアイ島唯一の公共の移動手段はバス

まずはカウアイ島唯一の公共の移動手段はバスについてお話しましょう。電車は無いカウアイ島です。オアフ島では現在ホノルル空港からアラモアナまでの鉄道を作ってますよね。ハワイで初の電車、日本人の方には便利になりますよね電車開通したら。5年後くらいに全面開通予定だそうです。

カウアイ島はオアフ島のザ・バスと違いこんな感じの昔日本で走っていた前がトラックの様なレトロなバスが走ってます。可愛いでしょ。サンセットでちょっと見ずらい写真ですが。

img_5

カウアイ島でバスを利用する人はオアフ島の様に大勢いないので、席に座れないなんて事も無いので、ゆったり利用できます。

運転手さんもすごく親切ですよ。でも本数も少ないですし観光地やホテルには止まらないバスが多いので観光客には向いてません。 下調べもちゃんとしてバスの時間のスケジュール合わせて移動なんてとても大変です。

タクシーもありますが、やはり数が少ないので事前に予約が必要ですし料金も高いです。 なのでタミーのおすすめカウアイ島での移動手段はレンタカーです!

「海外で車を運転するなんて無理無理」って思うでしょ。

大丈夫よカウアイ島なら日本で車の運転を普段している方なら問題無くカウアイ島なら運転できます。 タミーに運転出来てるんですから。

カウアイ島で運転出来なかったら、何処でも海外運転出来ないと思いますよ(笑) それくらい簡単なんで海外での運転デビューは是非カウアイ島でどうぞ;)

 

レンタカーの事は以前の記事「カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!」でもお話ししましたけど、ここでもう1度説明させて下さいね。

レンタカーはカウアイ島の玄関カウアイ空港を出た所にいくつかのレンタカー会社があって車を借りる事は出来ますがカウアイ島はアメリカ本土からの観光客の方が多いので事前に日本で予約しておく事をおすすめします。

関連記事をご覧になりたい方は↓こちらから。

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

 

予定がわかっているならレンタカーは日本から予約しておこう!

旅行の予定が決まっていてレンタカーを借りる日時も決まっている場合は日本からインターネットや旅行会社からレンターカーを予約されるのをオススメします。

面倒な手続きから解放されますし確実に希望の車が借りられますから。 料金もカウアイ島に来てから借りるより安くなります。

カウアイ島でのレンタカーはリフエ空港のそれぞれのレンタカー会社で借りて同じ場所へ返す様になります。リフエ空港のレンタカーの会社は6つ。それぞれの特徴とサービスは。

*パジェットレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能

*エイビスレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能。

*ダラーレンタカー/24時間緊急日本語のロードサービスあり

*ハーツレンタカー/日本語カーナビ車あり

*日本レンタカー/追加運転手、ベビーカー無料

*アラモレンタカー/日本語カーナビ車、三菱UFJニコスカード優待あり

(注)特徴とサービスは突然変更される事もあるので、ご確認下さいね。

 

今のところは日本が話せる方が受付にいらっしゃるレンタカー会社はカウアイ島にはない様なので英語が不安の方は日本から予約された方が安心できますしね。

人気はダラーレンタカーのハワイ、マルチアイランドプラン(2島以上でトータル5日間以上レンタカーを借りる特別割引)の日本払い料金が、お得とか。

imgres

JAL,ANA ,JCBカード会員の格安料金があるそうですよ。 カウアイ島での支払いの場合はクレジットカードの提示が必要になります。海外で利用できるインターナショナルのクレジットカードをお持ち下さい。 クレジットカードも使え無い会社の物もありますので事前にレンタカー会社にお聞き下さいね。

レンタカーだけでなくカウアイ島でJCBのクレジットカードを使えるお店は少ないです。VISAが一番使えるお店が多いクレジットカードだと思います。

 

カウアイ島は日本の自動車免許証で運転出来ます!

カウアイ島で車を運転するのに国際免許証を取って来る必要はありません。楽チンでしょ。海外でもそんな場所はハワイだけじゃないでしょうか。

日本からの予約の際に日本の免許証の番号をつげればOKです。勿論、運転する方はカウアイ島へも日本の免許証も忘れずお持ちくださいね。

imgres-1

タミーはカウアイ島に移住する前は「海外で車を運転するなんて絶対に無理!」って思いましたけどカウアイ島はホノルルと違って交通量も少なくメインロードは1本なのでカーナビも必要なく初めての左ハンドルでも安心して走れちゃいました^^

フリーウエイもほとんどは1車線たまに2車線あるくらいのカウアイ島の道路です。マックススピードリミット50。(日本では時速80キロ)

先ほども書きましたが平和なカウアイ島、警察官も暇ですから車量も少ないしついつい開放的な気分でスピードも出ちゃうので警察官に捕まっちゃいますからね気を付けてください!

観光客だからって許してもらえませんよ。アメリカは日本の様にレンタカーの特別のナンバープレートなんて無いので警察官には観光客もロコもわかりませんからね。

繰り返しますが、くれぐれもスピードの出し過ぎには気をつけましょう。罰金は300ドル以上しますし、みなさんは旅行者ですから後日って訳にはいかないので罰金払わないと帰れませんよ。

ゆっくり走っても大丈夫。早く行きたい車は追い越して行きますから(笑) 初めての海外運転デビューにはカウアイ島は最適だと思いますよ。ただ夜間の運転だけはなるべく控えて欲しいです。

 

夜の運転は控えてホテルでのんびり過ごしましょう♪

カウアイ島の道路には日本の道路の様に明るい外灯は沢山ありません。夜の道路驚くほど暗いです@_@ 慣れ無い日本人の方は運転怖いと思うのでホテルの近くのドライブは別として夜はホテルでのんびり過ごす事をおすすめします。

海外で事故なんて嫌ですものね。カウアイ島の移動手段にレンタカーを借りた場合、運転が慣れてくるとついつい楽しくて遠出したくなっちゃいますが綺麗なサンセットを見たらホテルに戻るようにしましょうね。

img_13

その他いくつかタミーからカウアイ島で車を運転するのに注意して欲しい点があるのでお知らせしますね。

 

タミーのカウアイ島でのドライブ注意事項は6つ!

1, 左ハンドル車で気をつけて欲しいのは常に運転席の自分がセンターライン側に来る位置で運転していたら大丈夫です!

2, スクールバスがライトを点滅させて止まっていたら生徒達が降りて来るのでバス出発するまで止まって待たなければいけません!

imgres-2

3, ウインカーとワイパーが反対。これ恥ずかしいんですよウインカー出したつもりでワイパー動いちゃって(笑)

4, 特別なサインが無い限り赤信号でも注意確認して徐行で右折出来ます!これ慣れ無い頃に日本の様に赤信号で停車していたらクラクション鳴らされました(^^;

5, ガソリンは満タンで出かけよう!北や西の外れにはガソリンスタンドが無い場所もあるのでガソリン残量は半分くらいになった時点で満タンにすることをお忘れ無く!

6,  1台しか車が通れ無い橋(1レーンブリッジ)がカウアイ島には何カ所かあるので先に橋に到着した方が優先なので相手が橋を通り抜けるまで停止線で待って順番に渡りましょう。

(注意)ワイメア渓谷のドライブは道路は整備されてますが下る時はローギアでポンピングブレーキを併用しながら安全運転でお願いします。 ハンデキャップのマークがある場所には駐車しないとか小さなお子様がいる場合はチャイルドシートを装着する事は日本も同じで常識ですよね。 チャイルドシートはレンタカー会社で借りれますが事前に予約する事をお忘れ無く。

 

レンタカーの注意事項わかりましたよね;)

どうですか?レンタカーいけそうでしょ。カウアイ島での移動手段はレンタカーに決まり!

さてレンタカーを借りると決めたらどんな車種にしようか迷いますよね。 コンパクトカーは料金も安いですし日本で乗ってらっしゃる方もおおいので勿論いいと思いますがハワイに来たんですから、思い切ってオープンカー借りちゃいませんか?

 

カウアイ島ではオープンカーに乗っちゃいましょう♪

オープンカーって憧れじゃないですか?レンタカーをただの移動手段としてだけカウアイ島で借りるのはもったいないですよ〜。

12045784460.07733200

オープンカーを日本で持ってる人も少ないと思いますしタミーはバイクに乗るからわかるのですがカウアイ島はバイクライダーには天国。こ〜んないい気候で風をきって走らなくちゃって思います。

images

だからオープンカーも気持ちいいんです。助手席や後ろの席に座った人は運転手以上に景色を満喫できますしシートを倒して青い空を見ながら走るのは気持ちいいですよ。

青い空に浮かぶ雲と一緒に走るのは快感です^^ カウアイ島のレンタカーのオープンカーはほとんどがフォードの4人乗りのタイプ。

img_0-1

タミーも家族がカウアイ島に遊びに来た時に借りて走りました♪ タミーは黒色のなんて借りたくなかったんですが、、、。タミーは突然借りに行ったので好みの色がありませんでしが日本からでしたら色も好きなのをリクエストしておくといいですよ;)

横も後ろもずっとコーヒー畑!カウアイ島はアメリカで一番大きなコーヒー畑があるところですからコーヒー畑の中の道路を海に向かって走るのは最高よ!

タミーは、まだ新車で買って3年しか乗って無いのですぐは乗り換えませんが次回は絶対にオープンカー買います! どうですぅ〜レンタカーでオープンカー借りてカウアイ島走ってみたくなったでしょう(笑)

 

いかがでしたか? オアフ島は渋滞が酷い、駐車場料金は高のでレンタカーを移動手段に使うより充実しているザ・バスを使ったりワイキキやアラモアナのホノルル内の移動ならトロリーも便利なので、そちらの方が移動手段にはよりずっと便利かもしれません。それにカウアイ島に比べたら交通量多いですから運転が好きで自信ある人で無いとストレスになると思うわ。

カウアイ島の移動手段は上の理由を読んで頂きおわかり頂けたと思いますがレンタカーがベストです(^_-)-☆ ではカウアイ島にいらしたら快適なドライブ楽しんでくださ〜い♪

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島のナパリコーストクルーズツアーはイルカがいっぱい!

Aloha(^^)/ カウアイ島の山からの絶景といったらワイメア渓谷。

では海からの絶景は?それは「ナパリコースト」ナパリコーストはカウアイ島の北にある秘境海岸なんです。

いったいどれほどの歳月と自然の力が、こんなにも素晴らしい絶景を作り出したのかと言葉を失うほどの圧感の造形美がナパリコーストにはあるんです^^

 

カウアイ島のマパリコースト

ナパリコーストの場所はカウアイ島のハイウエイ56号船の北の終点にあるケエ・ビーチから、ワイメア渓谷の西側の海岸線までの事でカウアイ島の地図を見たら海岸線に道路が無くなった地点から西にかけての海岸の所です。

そうカウアイ島の道路は島をぐるって1周出来ていません。西の果ての道路はケエ・ビーチまでなんです。 なので車ではナパリコーストには行かれません。

車で行かれないという事は人が簡単に行かれないという事です。 なので大自然が手つかずで美しいまま残されているという事がわかりますよね。

「タミーさん、カウアイ島のナパリコーストの絶景を見るには、どうやって行ったらいいのですか?」

カウアイ島のナパリコーストの絶景は、こうして生まれました。

カウアイ島のナパリコーストは数百年前の火山活動によって作られました。 海岸線は人が近づく事が出来ない切り立った崖、海抜1,000mを超える山からのスロープが一気に海まで下っていて独特な形状を作り出しています。

22334661890_3294723a0b_z

食いしん坊のタミーは見るたびイタリアンジェラードみたいって思うのですが(笑) 垂直に近いほど岩がそそり立っているのは圧巻です。 それは何億年もの歳月をかけて岩肌は雨や風邪に侵食されて海岸は波によって削られて作られたのでしょう。

その崖にはいくつもの滝から水が流れ落ちて、それはカウアイ島でしか見られない絶景ですよ。

22496581196_bd1cd4b349_z

もう見たくてたまらなくなったでしょ; )ナパリコーストの絶景を見る方法は3つあります。これからタミーが詳しく説明しちゃいましょう。

 

カウアイ島のナパリコーストの絶景を見る方法 1 ) ヘリコプターで海の上から見る!

どうですか?ナパリコーストの海岸線です。美しいでしょ。

21953364578_be2f661ce9_m

車が通れる道がナパリコーストまでは無いのでナパリコーストの絶景を見る方法の1つは空の上からヘリコプターで行って見るしかないのです。

ヘリコプターのツアーは、こちらのブログをご覧下さい↓

ジュラッシックパーク撮影場所を見にハワイカウアイ島に行こう!

こちらのヘリコプターツアーではジュラシックパークの撮影地である山だけで無くナパリコーストの美しい海岸線も空の上から見る事が出来ます。

次は2つ目の方法トレッキングを紹介しましょう。そうです自分の足で1歩1歩歩きます。

 

カウアイ島のナパリコーストの絶景を見る方法 2 ) トレッキング自分の足で歩いて行く!

ナパリコーストのトレッキングコースは、こちらのブログをご覧下さい↓

ナパリコースト、トレッキングを楽しもう!

「いやータミーさん、これはは大変そうだわ。私、歩くの苦手なの〜。もっと楽な方法は無いですか?」

そういう方には3つ目の方法、船でカウアイ島のナパリコーストを見る事。そう「ナパリコースト・クルーズ・ツアー」は、いかがですか?

 

カウアイ島のナパリコーストへ絶景を見る方法 3 ) ポート・アレン港からクルーズで行く!

タミーのナパリコーストを見るおすすめは船で行くクルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」です。 それは海岸線から離れて海の上から見た方が、その美しい自然の造形美を丸ごと楽しめちゃうから。

ナパリコーストへクルーズで行くのはハナレイからの北周りとポート・アレン港やケカハからの南周りの2コースがあります。 タミーはポート・アレン港からのクルーズをおすすめします。

*おすすめ理由 1 )  港までのアクセスが近い!日本人の観光客の方はリフエやポイプのホテルやコンドミニアムに滞在する事が多いので港までのアクセスが近いという事。

リフエからは車で約30分。ポイプからは約20分でポート・アレンの港までは行かれます。

 

*おすすめ理由 2 ) ナパリに到着するのには、どの港からより一番遠いのですがイルカの群れやウミガメに出会えたり冬の季節はくじらも見る事が出来るからです。「タミーさん、そんなにイルカとか見れるんですか?」 もう気持ち悪くなっちゃうくらいボートに寄ってきますよ(笑)

22335647299_41a7ce201e_z

タミーがボートに乗った時も沢山のイルカ達が次から次にやって来ました。

22496529166_d93564f209_z

イルカ達はボートと一緒に泳ぐんですよ。もう可愛くてたまりません。

22334789788_2d37c403a5_z

この午前出発のナパリコーストへのクルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」では、必ずと言って良いほどイルカに会えるそうです! 12月~4月の時期はくじらを見る事が出来ます。

19654346380_f20b63c168_z

イルカもくじらもって興奮しちゃうでしょ。 「タミーさん、どの会社のクルーズにしたらいいのかしら?」

ポート・アレン港には、いくつかのクルーズの会社がありますけれどタミーのおすすめは;)

 

「ブルー・ドルフィン」のクルーズ『ナパリ・スノーケル・ボートツアー』が1番のおすすめです!

ポート・アレン港の前にある”ポート・アレン・マリーナセンター”の一番手前が「ブルー・ドルフィン」のオフィスになります。

カウアイ島のナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」の料金はボート会社に寄って異なります。 でも値段で安いのにしようなんて決めちゃダメですよ。後で後悔しちゃいますからね。

タミーが「ブルー、ドルフィン」のクルーズをおすすめする理由は;)

 

おすすめ理由 1 ) ブルードルフィンのクルーズのボート(船)は大きいのであまり揺れません。

タミーのロコのお友達はケカハの港からのクルーズが安かったので、そちらで乗ったら小さなボートで、ものすごく揺れてずっと気持ちが悪く景色を楽しむどころでは無かったので大きなボートに乗りなさいとアドバイスをもらいました。

ボートは全く揺れないなんて事はありません。でも小さなボートの方が揺れは大きいのです。 船に酔って気分が悪かったらいくら安くても嫌ですよね。景色を眺めるどころではありませんから(–; ブルードルフィンのボートはカウアイで一番大きな船です。

タミーは事前に酔い止めの薬も飲んでボートに乗ったので具合悪くなる事はありませんでした。 不安な方は酔い止めを飲まれる方がいいと思います。

 

おすすめ理由 2 ) ブルードルフィンのクルーズのボート(船)は綺麗です。

ボートに何時間も乗っているのですから快適にボートの上では過ごしたいですよね。 こちらブルードルフィンのクルーズのボートです。船内も明るく綺麗です。

19654334988_d6bf239eb5_z

それに女性はトイレも気になりますよね。ブルードルフィンのクルーズのボートはトイレも綺麗です。 安心してクルーズを楽しむ事が出来ますよ。

おすすめ理由 3 ) ブルードルフィンのクルーズは食事も美味しいよ。

クルーズの船内にはバッフェスタイルでオープンサンドイッチを作れるコーナーが作られています。 パンに色とりどりの野菜にハム、ドレッシングが並び、お好きな様にサンドイッチを作れます。

22509185202_06f4afb29d_z

フルーツもありますし、マイタイなどのお酒にハワイアンジュース、お水などのドリンクもあります。

19834993552_1e791a355f_z

クッキーやプレッチェルなどのお菓子もありますよ。 船のスタッフさん達が船にいる間は飲み物やスナックをいかがですか?と時々持って来てくださったりもします。

 

おすすめ理由 4 ) ブルードルフィンのクルーズはスタッフさんがフレンドリーで優しいです。

飲み物やスナックもすすめて下さる他もいつも笑顔でフレンドリーな船員さん達です。 日本語を話せるスタッフはいませんがボディーランゲージで問題なく船の上では楽しめちゃいます♪

私が友達とボートに乗った時に「今から少し船が揺れますから危険ですので席を立たずにみなさん座って下さい。」とキャプテンからアナウンスがありました。 なのに友達はあまりの景色の美しさにカメラをバッグから取ろうと立ち上がりぐらっとして膝を床に着きました。

22335777499_3ac57dc1cd_z

こんな素晴らしい景色ですからカメラにおさめたくなる友達の気持ちもわかりましたけどね。 船上は滑らない様にザラザラしているので友達は膝を擦りむいてしまったのです>_<

でも、すぐにスタッフさんが来て彼女を支えて他のスタッフさんは救急箱を持って来て消毒して絆創膏を貼って下さいました。 あまりの手際の良さに驚いたタミーです。 キャプテンからの注意を聞かなかった彼女が悪いのですが、こういう緊急事態にもきちんと対応してもらえると信頼できますよね。

ブルードルフィンのクルーズでは大きな船なのに、こんな洞窟の岩ギリギリまで船がぶつかるんじゃないかと思うくらいまで船を近くまで寄せてくれます。

21899858734_a261357c0b_z

すごく迫力ありますよ!これもキャプテンのテクニックあってこそのなせる技。 このナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」では名前の通り船を止めてスノーケリングも楽しめます♪ 勿論、スノーケリングに必要な物は全て貸して頂けますし無料です。

カウアイ島には珊瑚礁は無いので皆さんが想像するようなカラフルな熱帯魚の様なカラフル魚はあまり見かけません。 タミーが潜った時もこんな黄色い魚を見たくらい。

22335793089_8da0a03fd4_z

わかりにくいですが、ほとんどが、こんなグレーの魚達です。

22335808559_327e8ae04b_z

ダイビングは沖縄、サイパン、グアムの海の方が綺麗な魚がいっぱいいて楽しいかもです。 でもカウアイ島の海ではホヌ(海亀)に出会えます!(写真撮れませんでしたがm–m)

すごく近くで一緒に泳ぎました。3頭くらいと:)大抵毎日このナパリコースト・クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」ではホヌ(海亀)には会えるそうです。

これはロコの方 から聞いた話ですが「海がめに人間が触ると亀は仲間に戻れず一生一匹で暮らす事になるから一緒に泳ぐのはいいけど決して体には触ら無いでね。」と。

本当かはわかりませんがハワイアンモンクシールもそうですけど私達は海の生き物達に出会ったら、あたたかく彼らを見守りむやみに触れたりはしないようにしましょうね。

スノーケリングをしない方は船の上でのんびり過ごせます。 タミーがブルードルフィンのクルーズ「ナパリ、スノーケルボートツアー」をおすすめしちゃうのわかりましたか(^^)

21899794524_7b9ea8340e_z

タミーもこ〜んなに楽しかったです(^^)/あはは。

ブルードルフィンのナパリコースト、クルーズ「ナパリ・スノーケル・ボートツアー」の日本語のお申し込みは、どこよりも安い「スプラッシュ・オブ・カウアイ」のサイトよりお申し込みされる事をおすすめします。

詳しい内容、料金、日時、集合場所、持ち物、注意事項などは、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-01/

ブルードルフィンには、こちらのナパリコースト・クルーズ「ナパリ・サンセット・ボートツアー」もあります↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/bd-napali-02/

こちらのツアーでは12月~5月上旬までは、クジラにも出会えます。1月~4月は、ほとんど毎日クジラを見ることができるそうです。

19816224276_35dd78c5f8_z

このキラキラ輝くのは、くじらのヒレです。くじらの潮吹きもまじかで見られて迫力ありますよ!

ナパリコースト・クルーズ「ナパリ・ボート・ツアー」との違いはスノーケルをしないだけで明るいうちに港をでるのでナパリコーストの美しい景色も満喫出来て➕サンセットも楽しめます♪

19816281796_20322d6df6_z

海に沈む夕日もロマンチックで素敵ですよ〜。タミーもダーリンとナパリコースト・クルーズ「ナパリ・サンセット・ボートツアー」にも参加ました^^

カウアイ島のナパリコースト、クルーズツアーは美しい景色と可愛い海の動物達にも出会えるとっても楽しいツアーだって事わかりましたよね。 これは絶対に行くしかないわよね!

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島の日帰りツアーは口コミ評価がいいHIS!

Aloha(^^)/ 日本からハワイにいらっしゃる方は3泊5日,4泊6日といった1週間以内の滞在が、ほとんどです。

そんな中カウアイ島が、わずか30分のフライトだとしても1,2泊するのは、ちょっと、、。

長く滞在してこそ良さがわかるカウアイ島ですがオアフ島から日帰りで来れるツアーで、まずはハワイ最古の島を訪れてみませんか^^

 

日帰りツアーは日本でもお馴染み口コミ評価も高いHISにお願いしちゃいましょう♪

こちらのカウアイ島日帰りツアーは勿論、日本人のガイドさんがついて案内とお世話をして下さいますので、ご安心下さい。 ハワイ最古の島であるカウアイ島を日帰りで見てまわるHISのツアー日程をまずは、ご紹介しますね。

6:15am〜6:45am/オアフ島滞在ホテル(または指定場所)にお迎えに行きます。

9:00am/ホノルル空港を出発

9:30am/カウアイ島リフエ空港に到着

10:00am/オパエカ滝を見学後、ワイルア川遊覧船でシダの洞窟観光

12:30pm/昼食

14:00pm/ワイメア渓谷

16:00pm/ポイプ潮吹き岩

17:40pm/カウアイ島リフエ空港出発

19:30pm/オアフ島滞在ホテル(または指定場所)に到着

以上が、大まかな日帰りツアーの予定です。

内容盛り沢山ですよ;)詳しく観光スポットの説明をしましょうね。

 

1, 約20mの高さから流れ落ちる見事眺めのオパエカ滝

images

朝9:30amにカウアイ島リフエ空港に到着して、まず向かう場所が「オパエカの滝」 「オパエカア」は「飛び跳ねるエビ」という意味で、たくさんのエビが棲み、跳ねていたのが名称の由来なんですよ。

ここは映画「南海征服」(1966年)の撮影場所でもあります。 カウアイ島はトーキー映画の時代から数多くのハリウッド映画の撮影地に選ばれてきました。 それは、あまりにも美しい自然とミステリアスな魅力に溢れているから。

 

2, とっても楽しいワイルア川の遊覧船♪

21585753550_d541f82fd0_z

オパエカ滝の次に向かうのはワイルア川。ワイルア川の河口”ワイルア・マリナー”から遊覧船に乗ります。 ハワイで唯一、航行可能な川なんですよ「ワイルワ川」 この川には「スリーピング・ジャイアント(眠れる巨人)」の伝説があるとってもミステリアスな空気が漂う場所なんです。

ポートがマリーナを離れると右側には椰子の木の林。左側にはハウの木の林。 ワイルワ川は水上スキーやカヤックが人気なので水上アクティビティを楽しむ人達を眺めながら船は進みます。

この遊覧船での一番の楽しみは船員達のハワイアンミュージックの演奏に素敵なハワイアンソング♪ 帰りの船の中ではフラショーを見れるだけではなくフラのレッスンまで行われちゃいます。

21762091442_ed552a76e1_z

陽気な船員達に誘われみんな腰をフリフリ踊る時間がなんとも楽しいのです(笑) 遊覧船に乗ってワイルア州立公園の一角にある桟橋に着くと、そこから熱帯雨林の中を5分ほど歩いて到着するのが「シダの洞窟」です。

 

 3, ロマンチックな雰囲気漂う幸わせになれるシダの洞窟

21762080252_62d0e7f902_z

熱帯雨林の中を5分ほど歩くと目の前にこのようなシダで覆われた洞窟が登場します。 この洞窟の前に来ると目に見えない不思議なパワーを感じます。 昔からこの洞窟の前で恋人達が手をつなぐと永遠の愛が約束されると伝えられていて今も毎日数多くの人が訪れるパワースポットです。

現在は安全上の為、洞窟内への立ち入りは禁止されていますが洞窟前でも十分パワーを感じられますよ。 ワイルワ川の遊覧船を楽しみシダの洞窟でパワーを頂いたら昼食になります。

 

4, ランチもツアー料金に含まれています。

レストランでのランチの料金もツアー料金に含まれていますので、ご安心下さい。 アストン・アロハ・ビーチホテルにてご昼食となります。

<メニュー>

・ワイルア・ミックス・グリーンサラダ

(パパイヤドレッシング)

・新鮮なフルーツカップ

・新鮮な魚と特製ソースで焼いたチキンのコンビネーションプレート、軽く炒めた野菜とごはん

・ココナッツケーキ

(注)レストランやメニューが変更になる場合がありますので事前に内容は、ご確認下さい。

さて、お食事の後は、このツアーの最大の楽しみと言ってもいいワイメア渓谷へ出発します。

 

5, 素晴らしいワイメア渓谷の絶景を満喫しちゃいましょう!

21273513564_2d5a483597_z

カウアイ島日帰りツアーのメインと言ってもいい場所が、ここワイメア渓谷の絶景です。 世界一の降水量を記録するワイアレア山からの何千年にもわたる雨水の侵食が掘り出した壮大なワイメアキャニオンの素晴らしさをご覧頂けます。

カウアイ島の日帰りツアーではオアフ島よりさらにディープなハワイを体験出来る事間違いなしです!

 

6, 豪快なポイプ潮吹き穴を見て帰りましょう。

カウアイ島日帰りツアーの最後の観光地は「サニービーチ」と呼ばれる陽光きらめくポイプビーチの潮吹き穴の見学です。 このあたりはカウアイ島で一番最後に火山が噴火した場所で冷えて固まった溶岩の穴に波が流れ込んで「ゴーーーーーー!」という爆音とともに塩を空高く吹き上げる様子が見られます。

今でもなかなかの迫力ですが1932年頃までは、もっと音も大きく高く吹き上がったそうです。 あまりに音がうるさいのと近隣住民からの苦情と潮の影響が作物被害も引き起こしてしまった事からダイナマイトで岩を破壊したそうです。

豪快な潮吹きを見て帰路になります。 この後はカウアイ島のリフエ空港に向かいオアフ島のホノルル空港へ、そしてホテル(または指定場所)に送迎されて終了になります。

 

どうですか?カウアイ島の日帰りツアー、内容盛りだくさんで満足度一杯じゃないですか? では、このカウアイ島日帰りツアーをタミーがオススメする理由は、お客様からの口コミが良かったからです。

 

平均口コミ評価4のHISのカウアイ島日帰りツアーがタミーのおすすめよ!

HISのカウアイ島日帰りツアーに参加したお客様の口コミを紹介しますね。

*口コミ1*初めてのカウアイ島/投稿者:林さん、2015/08/23

初めてのカウアイ島のツアーに参加しました。
朝も特別早い出発でなく、また夕方にオアフに戻れ有意義な一日となりました。
カウアイ島でもせかせかしたこともなくゆっくり島めぐりができ満足です。
ランチは、簡単なものかと思っておりましたが、こちらもホテルでゆっくり
すごせました。

評価: star
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2015/07/29

 

*口コミ2*初めてのカウアイ島投稿者:山崎誠司さん、2015/08/16

家族旅行の中、オワフ島に家族をおき、一人、カウアイ島観光に参加しました。前日までは雨による川の増水などの影響でツアーの一部中止があったようですが、少人数によるツアーで楽しく過ごすことができました。景勝地のほか、海や空、そして空気、どれもが素晴らしく、また、訪れてみたい島です。

評価: star
利用形態: ひとりで
参加日: 2015/07/23
*口コミ3*見所満載!/投稿者: かばかばさん、 2015/08/16

20年ほどにカウアイ島に行ったことがあるのですが、ほとんど記憶にないので今回家族で訪れました。見所を効率的に回っていただけるので、満喫できました。多少雨模様で、ワイメア峡谷は半分くらいしか見えなかったのが残念。

評価: star
利用形態: 家族
参加日: 2015/08/11
*口コミ4* 良かったです/投稿者: 大潮正子さん、2015/08/09

初めてのカウアイ島の日帰り旅行で、参加者が4人でしたので、ガイドさんが楽しい人で、とてもおもしろく参加できました。運転手さんのいい人で、人数が少ないから時間が短縮できたので行かないところに連れて行っていただき、よかったです。
日帰りでも、楽しめました。。

評価: star
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2015/08/05
*口コミ5*自然そのままです/投稿者: SENAさん、 2015/07/16

話で聞いていた過去の戦争や争い場所が無い島(そのままの島)でしたのでそのままの島を観たくて今回参加しました。 山頂から眺める景色のみでも自分は何時間でも眺めていても良かったですし、船でのクルージングも気持ち良かったです。また参加したいですね。

評価: star
利用形態: ひとりで
参加日: 2015/07/07
*口コミ6*自然を満喫/投稿者:Haseさん 、 2015/05/10

ガイドが方が現地の情報(歴史、ハワイ語等)もたくさん教えていただいて、カウアイ島を満喫できました。常に待ちがないように行動していただいたのもよかったです。
自然が豊かななかで、ボートによるツアーで音楽、フラのおもてなしも暖かくてよかったです。
またカウアイ島に行ってみたいと思いました。

評価: star
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2015/05/07

 

*口コミ7*カウアイ島1日ツアー/投稿者: tadokoroさん、2015/01/28

社員旅行で今まで何度かオアフ島は来ていましたが、初めて離島に行かせて頂きました。
ワイキキとは違う雰囲気で、本当に時間が止まったかのような、無音でゆったりとした時間を過ごせました。またワイメア渓谷からの眺めは圧巻で、実際に見ないと経験できない感動を覚えました。ツアーガイドのおばさんもお母さんのようにやさしく、面白いツアーでした。また機会があれば参加したいです。ありがとうございます。

ワイメア渓谷

評価: star
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2015/01/22

 

以上7つの口コミいかがでしたか? 今年2015年の最新の口コミからご家族、お友達、ご夫婦、おひとりさままで色々な方の口コミをご紹介しました。

5つ星もありますが平均4つ星の評価です。3つ星の方は残念ながら天気に恵まれなかった方なんですが、こればかりはどうにもなりませんものね。

みなさんも何かを決めたり買ったりする時って口コミ参考にしませんか? お客様からの声が一番信頼できますものね。

 

30日前のお得なお値段の申し込みは↓こちらのHISサイトからどうぞ。

http://activities.his-j.com/TourLeaf/HNL0545.htm

ツアー日から30日前にお申込み頂くと大人US$338.00 (約41,340円)、子供 (2歳〜11歳)US$334.00(約40,850円)

通常は大人US$358.00 (約43,790円)、子供US$354.00(約43,300円)ですからUS$20.00OFFになりとってもお得なんです。

HISは日本でも大きな旅行会社ですから安心して申込み出来ますよね。 詳しい内容や注意事項なども、こちらのサイトに書かれていますので、ご覧下さい。

是非、大自然溢れるカウアイ島へ日帰りツアーを利用していらして下さいね♪

Much Aloha ♡Tammy

ジュラッシックパーク撮影場所を見にハワイカウアイ島に行こう!

Aloha(^^)/ ジュラシックパークっていう映画は、ご存ですか?

スピルバーグ監督の蘇らせた恐竜達のテーマパークでのパニックを描いた映画です。

私も初めて見た時の恐竜の迫力には驚きました。

最新のジュラシックワールドも島民1500人がエキストラとして参加したんですよ。

どんな場所で撮影されたか知りたくないですか?

 

ジュラシックパークで撮影された場所をタミーが紹介しちゃいましょう!

Unknown

ジュラシックパークの映画を見た時、最初に恐竜がガーって迫り出るシーンであまりの怖さに体が引けて映画館の椅子からずり落ちてしまったタミーです(笑) そんな迫力ある恐竜達がいるテーマパークの場所の設定は南米コスタリカの島でしたが実はハワイのオアフ島とカウアイ島での撮影がほとんどだったんですよ。

特にハワイ、カウアイ島は手付かずの大自然が沢山残されていて別名「ガーデンアイランド」と呼ばれる素晴らしく美しい島ですからジュラシックパークの映画の撮影には最高の場所だったのでしょうね。 映画に出てくる切り立ったいかにも恐竜が住んでいそうな山はハワイ、カウアイ島の山です。

なかでも有名なシーンはジュラシックパークへ向かうジョン・ハモンドとサトラー博士達を乗せたヘリコプターが大きな滝の滝つぼの横に着陸するシーンです。 滝が迫力ありましたよね。ハワイ、カウアイ島は山には雨が多いので滝の水量も多く迫力ある滝になるんです。

 

ジュラシックパークの滝は「マナワイオプナ滝」

こちらが、その滝です。すごい水量で迫力ある滝でしょ。

gns_CLM201507150006_07_l

この滝はハワイ、カウアイ島のハナペペ・バリーにあります。 ハワイ・カウアイ島の人達はジュラシックパークホールズと呼んでいて、この滝には映画の様にへリコプターで無いと行かれません。

 

ジュラシックパークの撮影場所をまじかで見たいならヘリコプターツアーがオススメ!

ヘリコプターでなければこの滝は見にいかれないと聞いたらヘリコプターに乗って見に行きたくなっちゃいますよね(笑)タミーが乗ったのはサファリ・ヘリコプター。

21954258559_efab304646_z

ハワイ・カウアイ島では、いくつかヘリコプターの会社がありますがサファリ・ヘリコプターさんは最も信頼がおける会社だと言われています。

21954350689_241c5a11f7_z

ハワイ、カウアイ島のリフエ空港から一番近いヘリコプター会社です。 リフエ空港を出て曲がらずまっすぐ進むと2分ほどで左側にSafariの看板が見えますからすぐわかります。 ジュラシックパークの映画に出て来た切り立った山に細い何本かの滝に水が流れる様子もヘリコプターだとこんな近くに見えます。

22151421791_7d1b5d5f6e_z

ナ・パリ・コーストの美しい海岸線もこんなに素晴らしく見えます。

21953364578_be2f661ce9_m

どうですか?この綺麗な青い海! サファリ・ヘリコプターさんは通常は英語での申し込みになりますので日本語でのヘリコプターツアーへのお申し込みはスプラッシュ・オブ・カウアイさんにお任せ下さい。 スプラッシュ・オブ・カウアイさんから申し込むと景色がよく見えるフロント・シートが予約できますよ。

22151430821_fe5709c1b6_z

詳しい内容↓持ち物、服装、注意事項、ご予約は、こちらをご覧下さい。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/heli/

*ヘリコプター内での説明は英語になりますので、ご了承下さい。

ジュラシックパークの山や滝はこのヘリコプターツアーで見られるのは、わかりましたけど映画の様にマナワイオプナ滝の滝つぼの横へヘリコプターで降りるなんてことはできないんですよね? 残念な事にジュラシックパークの撮影用にマナワイオプナ滝の滝つぼの横に作られたヘリポートは撮影の2日後にハワイ・カウアイ島を襲ったハリケーン・イニキによって破戒されちゃったんです>_<

ヘリポートを作るには莫大な費用がかかったでしょうから残念ですよね。 もし今でもヘリポートが同じ場所に残っていたら映画のあのシーンと同じ様に滝壺の横に降りて写真撮影ができちゃうなんてヘリコプターツアーもあったかもしれませんね。

実は、あるんですよ!滝のすぐ横にヘリコプターで降りられるツアーが!

 

ジュラシックパークの映画と同じ体験が出来ちゃうヘリコプーターツアーはこれ!

それはアイランド・ヘリコプターさんのその名も「ジュラシック・フォールズ・ツアー」

Unknown-1

こんな風に滝つぼ横に降りて写真撮影できちゃいます。

images

滝つぼには25 分滞在出来て滝のすぐ近くまで歩いて行けます。 約80分のツアーで1人$269+$55のエアポートのチャージ料金がかかります。 35分のフォトCDが付くので写真を撮る事に夢中にならなくても自分の目に素晴らしい景色を焼き付けられますよね。

詳しい内容とお申し込みは↓こらをご覧下さい。(英語のみ)

https://www.islandhelicopters.com

こちらからはツアーの様子のビデオも見れますからPLAY MOVIEをクリックしてみて下さいね。

*こちらのヘリコプター・ツアーも英語のみの案内になります。

ハワイ・カウアイ島には他にもジュラシックパークの映画の撮影場所は、もっとありますか?

ありますよ;)

 

ジュラシックパークに入る入り口のゲートは「ジュラシックパーク・ゲート」

場所はハワイ、カウアイ島の中央に位置するワイアレアレ山にあります。 現在は、こんな感じでゲートの支柱が残っているのみです。

location-photo1-87.png

この道の道路状況は酷く危険なので普通の車では行かれません。 ペリコプターツアーではワイアレアレ山を上空から見る事が出来ます。 「タミーさん、別のジュラシックパークの映画で有名なハワイ・カウアイ島での撮影場所は、ありますか?」

ありますよ;)タミー教えちゃいましょう♪

 

恐竜の卵を見つけたのはナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデン”アラートン・ガーデン”の「いちじくの木」

恐竜の足みたいに見えるこのいちじくの木はMoreton Bay figといういちじくで樹齢約70年。

location-photo1-89.png

覚えていますか? この木の下でグラント博士が恐竜の卵を発見したんですよね。ジュラッシュックパークの撮影で使われた木は手前から2番目のいちじくの木で、こんな恐竜の卵の模型が置かれています;)

このジュラシックパークのいちじくの木はナショナル、トロピカル・ボタニカル・ガーデンの「アラートン・ガーデン」のガイド・ツアーのみで行く事が出来ます。 ガイドは英語のみですが日本語ガイドブックをビジター・センターで受付する時にもらって下さいね。

*日本語のツアーをご希望の方はSplash of Kauaiにお問い合わせ下さい。タミーのブログを見たと書いて頂けるとスムーズです。

https://www.splashofkauai.com/j/

2時間半のツアーで9時〜15時まで出発は毎1時間ごとに出発します。

大人$50、子供6〜12歳$25、5歳以下は無料。

ツアーは予約が入っていないとキャンセルされる事もあるみたいなので事前の予約をオススメします。(2時間ほど前までに) こちらのナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデンのホームページから予約出来ます↓

https://ntbg.org/gardens/allerton

こちらのナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデンへはリフエ空港から約24キロ。車で約25分で行かれます。

「タミーさん、他にジュラシックパークの映画撮影での貴重な話は、ありますか?」

ありますよ;)タミーお話しちゃいましょう!

 

ジュラシックパークのナウリィウリィ港を嵐が襲うシーンは本物の嵐だったんですよ!

映画の中の嵐のシーンは本当の嵐だったって、みなさんは知っていましたか?

1992年9月11日にカウアイ島を大型ハリケーン「イニキ」が襲いました。 ハリケーンが島を直撃するのは20〜30年に1度と言われているのにスピルバーグと撮影隊が撮影でカウアイ島に滞在中に襲うなんて運命的な偶然ですよね。 ジュラシックパークの嵐のシーンは、このナウィリウィリ港で撮影されたものです。 普段は、こんなに静かで美しい場所なんです。

location-photo1-88.png

リフエ空港からは約2〜3キロ。車で約10分くらいの近い場所にあります。 近くにはアンカー・コウブ・ショッピング・センターやハーバー・モールがあって港にクルーズ船が到着すると沢山の観光客で賑わいます。 モールの横にはカウアイ・マリオット・リゾート&ビーチ・クラブがカラパキビーチ前にあります。

スピルバーグさんと撮影隊の方はハリケーンを逃れようと空港へ向かったのですが時すでに遅くマリオット・ホテルでハリケーンを迎え、あの様な嵐の撮影が出来たそうです。

こんな話を聞くともう1度ジュラシックパークの映画を見たくなった方もいらっしゃるんじゃないかしら;)

 

ジュラシックパークの映画の撮影場所を巡るJALパックツアーがあるんです!

ジュラシックパークの撮影場所を回るハワイ、オアフ島&カウアイ島の3日間のツアーがJALパックさんにあります。 こちらのツアーはハワイ・カウアイ島ではジュラシックパークの映画の他にジョージ・クルーニーの「ファミリー・ツリー」。ジョニー・デップの「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの撮影地を巡り。

ハワイ・オアフ島でも「ジュラシック・パーク」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の撮影地を巡り+「ホノカア・ボーイ」の撮影地も訪れます。 盛りだくさんな内容で楽しそうですよね♪ JALパックツアーなら日本から安心して相談、申し込みできますしね;)

ツアーの詳しい内容は↓こちらをご覧下さい。

http://jal.jaythree.com/tabi/modelplan/movie/hwi/hawaii/

 

カウアイ島の映画館ではジュラシックパークの映画の前にスペシャルショート・フィルムが見られます☆

ジュラシックパークの映画ファンの方は、もうハワイ・カウアイ島に来たくて仕方ないんじゃないですか(笑) 新しい「ジュラシックワールド・炎の王国」はご覧になりましたか?この映画もハワイ・カウアイ島で撮影されました。タミーは、まだ見ていませんが前回の「ジュラシックワールド」の映画の時はカウアイ島の映画館で上映前にハワイ・カウアイ島の島民が作ったショート・フィルムが上映されました。

恐竜が島民を襲い逃げ惑うというなんともコミカルで笑いが起きる映像で最後には「サンキュー・スピルバーグ」というサインを持った島民たちが次々に映し出されるといったものでした。

ハワイ・カウアイ島の人達が、どんなにジュラシックパークの映画を愛しスピルバーグ氏を尊敬し応援して来たかがわかりました(^^) 最新作の「ジュラシックワールド・炎の王国」も美しい自然がいっぱいのハワイ・カウアイ島で撮影されたので、きっと素晴らしい映画でしょうね☆

ジュラシックワールドの映画を見てる間もタミーは毎日見ている景色ですから、あんなにもリアルな映画を見たのは人生で初めてでした(笑)映画が終わって外に出たら、もう真っ暗で家路に向かう道から見える山や海は映画の中と同じでしょ「ガォーーーー」って恐竜が出てきそうで心臓ドキドキしながら帰ったタミーでした(笑)

映画を見てカウアイ島に興味を持たれた方は是非、遊びにいらして下さいね♪

Much Aloha♡ Tammy

カウアイ島ワイメア渓谷へは、このレンタカー、行き方、服装で!

Aloha(^^)/

カウアイ島にいらしたらタミーが一番行って欲しい場所それは。太平洋のグランド・キャニオンと呼ばれる「ワイメア渓谷」。

雨によって彫られた大自然の彫刻の様な素晴らしい景色が、あなたを待ってますよ。数百年前にタイムスリップしたかの様な絶景が目の前に広がり感動間違い無し!

さぁ感動の旅に出かけましょう♪

 

カウアイ島は約510万年前に生まれた島なんです!

あなたはカウアイ島が何歳か知ってますか? 約510万年歳! 驚きでしょ@_@ ハワイ諸島の中では一番初めに誕生した島です。

2番目に誕生したのがハワイ島で約40万年前ですからハワイ島と比べただけでも470万年も年が違うわけですから、どれだけ感動するものが「ワイメア渓谷」で待っているのか、こんな事を聞いただけでワクワクしちゃいますよね(笑)

火山でできたカウアイ島の山々が数百万年という気が遠くなっちゃうような歳月をかけて素晴らしい「ワイメア渓谷」を作りあげたのです。 作家マーク、トウェインが「太平洋のグランド・キャニオン」と呼んだ渓谷の美しさをカウアイ島にいらしたら絶対に見にいかなくちゃ!

カウアイ島観光の1DAYツアーのコースには「ワイメア渓谷」は必ず含まれていますので、ここではレンタカーでドライブされる方の為に詳しい行き方をご紹介します。

 

「ワイメア渓谷」への行き方はコケエ・ロードがタミーのオススメよ!

「ワイメア渓谷」への行き方は2つ!ワイメア・キャニオン・ドライブとコケエ・ロード。  「ワイメア渓谷」への行き方はリフエ空港から約62キロ。約75分ほどで行かれます。

まず1つ目の行き方は西のワイメアの町を目指して50号線のカウムアリ・ハイウエイをドライブします。 1本道なので迷う事なくひたすらまっすぐ西に向かいましょう。

ワイメア川の橋を渡ると小さな町になります。そこがワイメアタウン。 そのまましばらく走ると右側に”Kauai Veterans Memorial Hospital” カウアイ・ベテランズ・メモリアル・ホスピタルというサインが見えますから、それに沿って右折します。

そこが「ワイメア渓谷」へのドライブの入り口になります。これが1つ目の行き方ワイメア・キャニオン・ドライブのルート。

 

もう1つの行き方のコケエ・ロードは、そのままホスピタルの所を右折せず直進してワイメアの町を通り越してケカハの町に入ると右側に以下の写真のサインが出ているので、そこを右折すれば間違う事なく「ワイメア渓谷」に行かれます。

21272549583_11d05ec806_z

コケエ、ロードからの行き方の方がわかりやすいのでタミーのオススメよ(^_-)-☆ どちらの行き方でも「ワイメア渓谷」の展望台手前で合流するので「ワイメア渓谷」には行かれます。

注意して頂きたいのはワイメアの町を過ぎるとガソリンスタンドがありません。

 

「ワイメア渓谷」に向かう時は必ず事前にガソリンは満タンにして行きましょう!

ガソリンはリフエで給油するのであればコストコのガソリンスタンドが値段は一番安いです。 日本のコストコのカードでも給油できるそうなのでメンバーの方は、お持ち頂くといいですよね。 係りの方がいますので給油方法はヘルプしてもらえます。支払いはクレジットカードのみです。

コストコのガソリンスタンドで無くてもワイメアの町までには幾つかガソリンスタンドはありますのでガソリンを入れてから「ワイメア渓谷」に向かいましょう。

ワイメアの町を抜けて右折したら、そこからはカーブが続く登り坂になります。 上がっていく途中にはハワイ8島の1つ個人所有のニイハウ島も見る事が出来ますよ。

21884427752_a85b434677_z

 

しばらく走るともうそこは渓谷の一部で所々素晴らしい景色が目に飛び込んできますし所々に駐車している車を発見して、つい自分も駐車して絶景を覗きたくなりますが狭いカーブの路肩に駐車する事になるので非常に危険です。

 

路肩に駐車して見るのは止めて、絶景は駐車場のある展望台まで我慢しましょう!

道路ですが山道をドライブしますが舗装されているので問題はありません。舗装の状態が悪い箇所もあるかもしれませんので気をつけて安全運転でいきましょうね。

旅行に来て事故起こしちゃうなんて最悪ですからね展望台まで我慢しましょう。 展望台の方が、ずっと素晴しい景色ですから;)

コケエ・ロードから登った場合ワイメア・キャニオン・ドライブと合流する場所からしばらく行くと右側にハンティング・ステーションの小屋が見えてきます。

そこから約2キロくらい走るとワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)に着きます。

この展望台の先にはプウ・カ・ペレ展望台Puu Ka Pele Viewpoint(プウ・カ・ペレ・ビューポイント)とプウ・ヒナヒナ展望台Puu Hinahina Viewpoint(プウ・ヒナヒナ・ビューポイント)の2つがあります。

3つの展望台は、それぞれ違った絶景が楽しめるので「ワイメア渓谷」までいらしたら3つ全て止まってご覧になって頂きたいですが時間が無かったり天候が心配される時は一番手前のWaimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)には必ず寄られて下さい。

3つとも入り口には看板が立っているので間違える事なく行かれます。3つの展望台の先にはNASAのステーションやタミーのダーリンの働くベースもあります。 彼は毎日「ワイメア警告」をドライブして仕事に行きますが何度この道を通っても景色が素晴らしいので飽きないって言ってます。 「ワイメア渓谷」で働けて幸せだというダーリンです♡

「ワイメア渓谷」の展望台から更に約8キロほど走るとコケエ州立公園Kokee State Parkに到着します。 とーっても広い敷地で緑の芝生が気持ち良く走り出したくなるほどの気持ちいい公園です。

21884429592_f401a4ca30_z

ここには「ワイメア渓谷」では唯一のレストランのコケエ・ロッジがあります。 9時〜15時までの営業でシンプルな朝食とランチのお店です。 ロッジ特性の蜂蜜が添えられたコーン・ブレッドが人気です。 「ワイメア渓谷」の動植物やカウアイ島を襲ったハリケーンの展示も見る事ができます。

このレストランの隣には寄付だけで入れる博物館コケエ・ニュージアムがあります。 無料でも入れますが余ったコインなどがあれば入り口の箱に入れて頂けると博物館の為に役立ちますのでコインは日本に帰っても円には両替できませんから、どうぞ寄付してあげて下さい。

この公園ではピクニック気分でランチや休憩をして頂きたいの。タミーのオススメは;)

 

ワイメアの町のイシハラ・マーケットでお弁当を買ってから「ワイメア渓谷」に向かおう!

コケエ・ロードに入る手前のワイメアの町の左側に見えるイシハラ・マーケットに「ワイメア渓谷」に向かう前に寄って見て下さい。 ここには早朝に作られたお弁当が並んでいます。朝6時〜夕方7時くらいまでの営業です。

BBQビーフやポーク、ハワイアンてりやき味のチキンなどがMIXされたお弁当。 ナルトや蒲鉾、沢庵なんかが入っているので日本のお弁当みたいでいいですよ。

大が$8くらいで小が$6くらいの値段です。巻き寿司や稲荷寿司もあります。 お弁当の隣の冷ケースの中にはサンドイッチにラップやサラダもあります。イシハラ・マーケットのポキはカウアイ島で一番美味しいと評判なんですよ^^ 我が家は毎週月曜日のディナーはイシハラ・マーケットのポキ・ディナーです(笑)

飲み物がない場合もこちらで買って行くといいですね。 そして青い空に緑が綺麗な公園のベンチや芝生の上に座ってお弁当を食べて、お腹いっぱいになったら芝生の上に寝転がって、お昼寝なんていうのも気持ちいいですよ。

ビーチタオルをホテルから持って行かれると敷いたり、ここまで上がってきますと空気も肌寒く感じますから羽織ってもいいですし役立ちます。

さて「ワイメア渓谷」のドライブはが終点ではありません。コケエの公園で休憩したら更に上へとドライブします。

プウ・オ・キラ展望台Puu O Kila Lookout(プウ・オ・キラ・ルックアウト)に到着します。そして次のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)が最後の展望台になります。ここが「ワイメア渓谷」の終点になります。

雲よりも高い場所ですよー。晴れたは時は、この世のものとは思えないほどの美しさ。 言葉を失う絶景がここにあります!

21709418139_4462f9af17_z

一番の見所は映画「ジュラシック、パーク」に登場した切り立った山ホノプ・バレーが素晴らしいです。まるでイタリアンジャラートみたいでしょ(笑)

21708223340_853020cb0f_z

ナ・パリ・コーストの海岸線もビューティフルで感動しちゃいますよ。 ここまで登ってくると空気はヒンヤリ風のある時は寒いほどです。

 

「ワイメア渓谷」へ来る時の服装はフード付きのウインドブレーカーを持ちましょう!

天気をチェックしても山の天気は変わりやすいので小雨がぱらつく事もありますから傘よりフード付きのウインドブレーカーをお持ち下さいね。 風も防ぎ雨にも濡れず両手があくので絶景の写真も撮れますからベストな服装です!

暑かったら脱いで持っても軽いですし芝生に寝転がる時に敷いてもいいのでフード付きのウインドブレーカーは役立つ服装の大切な1品です!

山道は滑りやすいのでビーサンで行かれる方もいますがタミーのおすすめの服装としてはスニーカーなどの靴を履いて行って欲しいです。 滑って転んだりしたら大変ですからね。

夏場の服装としてはTシャツにショーツ(短パン)それにスニーカーにウインドブレーカーを持参でいいと思いますが冬の時期の服装は山の上は肌寒いのでジーンズや長袖のものを着た方がいいと思います。 勿論スニーカーを履いてウインドブレーカーはお持ち下さいね。

人は足首からふくらはぎを温めると寒くないそうでタミーは冬場もショーツ(短パン)の服装が多いものですから秋〜冬に「ワイメア渓谷」に行った時はショーツにUGGのミディアム丈のブーツを履いて行きました。 ショーツでも暖かかったですよ。ただしブーツはスニーカーよりも滑りやすいので注意が必要です。

「ワイメア渓谷」への服装は大丈夫ですか?

「山の天気は変わりやすいのはわかりますが突然、小雨が降ったら嫌だなー。」って思いますよね。 でも小雨が上がった後には「ワイメア渓谷」では、こんな素晴らしい虹も見えるのでラッキーかもよ。

21273513564_2d5a483597_z

虹を下に見れるなんて日本では無いんじゃないかな最高のカウアイ島旅行の思い出になりますよね。 タミーは2回「ワイメア渓谷」で小雨の上がった後に綺麗な虹を見ましたよ:)

(大切なポイント!)「ワイメア渓谷」には5つの展望台があますが最初のワイメア渓谷の展望台Waimea Canyon Lookout(ワイメア・キャニオン・ルックアウト)と最後のカララウ展望台Kalalau Lookout(カララウ・ルックアウト)の2つの展望台は必ず見て欲しいです!!!全く違った景色が楽しめて感動する事間違い無しです!

展望台には小さなフルーツスタンドが、あるところもあります。 カウアイ島の果物で作られたドライフルーツやココナツチップスは、お土産にも旅の途中のスナックにもおすすめです。 展望台にはトイレはありますから、ご心配なく。

これでワイメア渓谷にレンタカーでのドライブはOKね;) ではカウアイ島でのレンタカー情報もお知らせしておきましょう。

 

予定がわかっているならレンタカーは日本から予約しておこう!

旅行の予定が決まっていてレンタカーを借りる日時も決まっている場合は日本からインターネットや旅行会社からレンターカーを予約されるのをオススメします。 面倒な手続きから解放されますし確実に希望の車が借りられますから。

料金もカウアイ島に来てから借りるより安くなりますよ。 カウアイ島でのレンタカーはリフエ空港のそれぞれのレンタカー会社で借りて同じ場所へ返す様になります。

リフエ空港のレンタカーの会社は6つ。それぞれの特徴とサービスは。

*パジェットレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能

*エイビスレンタカー/円、ドルどちらでも支払い可能。

*ダラーレンタカー/24時間緊急日本語のロードサービスあり

*ハーツレンタカー/日本語カーナビ車あり

*日本レンタカー/追加運転手、ベビーカー無料

*アラモレンタカー/日本語カーナビ車、三菱UFJニコスカード優待あり

(注)特徴とサービスは突然変更される事もあるので、ご確認下さいね。

今のところは日本が話せる方が、いらっしゃるレンタカー会社はカウアイ島にはない様なので英語が不安の方は日本から予約された方が安心できますよね。

人気はダラーレンタカーのハワイ・マルチアイランド・プラン(2島以上でトータル5日間以上レンタカーを借りる特別割引)の日本払い料金が、お得とか。JAL,ANA ,JCBカード会員の格安料金があるそうですよ。

カウアイ島での車の運転は日本の免許証でOKです。カウアイ島での支払いの場合はクレジットカードの提示も必要になります。

タミーはカウアイ島に移住する前は「海外で車を運転するなんて絶対に無理!」って思いましたけどカウアイ島はホノルルと違って交通量も少なくメインロードは1本なのでカーナビも必要なく初めての左ハンドルでも安心して走れちゃいました^^

初めての海外運転デビューにはカウアイ島は最適だと思います。

 

タミーのカウアイ島でのドライブ注意事項は7つ!

1, 左ハンドル車で気をつけて欲しいのは常に自分がセンターラインの方そう真ん中に来る位置で運転していたら大丈夫!

2, スピードの取り締まり携帯の取り締まりは頻繁にしているので注意しましょう。罰金は$300以上はしますから痛いですよ〜!

3, スクールバスがライトを点滅させて止まっていたら生徒達が降りて来るのでバス出発するまで止まって待たなければいけません!

4, ウインカーとワイパーが反対。これ恥ずかしいんですよウインカー出したつもりでワイパー動いちゃって(笑)

5, 特別なサインが無い限り赤信号でも注意確認して徐行で右折出来ます!これ慣れ無い頃に日本の様に赤信号で停車していたらクラクション鳴らされました(^^;

6, ガソリンは満タンで出かけよう!北や西の外れにはガソリンスタンドが無い場所もあるのでガソリン残量は半分くらいになった時点で満タンにすること!

7,  1台しか車が通れ無い橋(1レーンブリッジ)が何カ所かあるので先に橋に到着した方が優先なので相手が橋を通り抜けるまで停止線で待って順番に渡りましょう。

(注意)ワイメア渓谷のドライブは道路は整備されてますが下る時はローギアでポンピングブレーキを併用しながら安全運転でお願いします。

ハンデキャップのマークがある場所には駐車しないとか小さなお子様がいる場合はチャイルドシートを装着する事は日本も同じで常識ですよね。チャイルドシートはレンタカー会社で借りれますが事前に予約する事をお忘れ無く。

 

いかがでしたか? レンタカーも運転の注意事項も行き方も服装もわかりましたね;) これでもう「ワイメア渓谷」を十分に楽しめますね♪

南太平洋のグランド・キャニオン「ワイメア渓谷」をカウアイ島の旅の最高の思い出に目に焼き付けて下さ〜い(^^)/

Much Aloha♡Tammy

カウアイ島のシダの洞窟では永遠の愛もハワイパワーも手に入る♡

Aloha(^^)/

カウアイ島と聞いて「シダの洞窟があるのは聞いた事あるわ。」っていう日本人の方は多いんじゃないかしら?

「シダの洞窟」英語では「ファーン・グラトー」と言います。

昔は王族だけが結婚式やパーティーをしていい神聖な場所だったのよ。

ここで恋人と固く手を繋ぐと永遠の愛が約束されると伝えらた場所なんです♡

 

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人は何人いるか知ってますか?

シダの洞窟で結婚式を挙げた日本人の数は19,000組以上もいるんですよ@_@ いくら王族しか結婚式を挙げられない場所だからって日本人がわざわざハワイ、カウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げるってすごいですよね。

しかもカウアイ島の人より日本人の方が多いんじゃないかしらシダの洞窟で結婚式を挙げたカップルって(笑)

カウアイ島のカップルでシダの洞窟で結婚式を挙げるって話聞いた事ないですもん。

では何故シダの洞窟で結婚式を挙げる日本人カップルが多いんでしょうかね?

 

日本の有名芸能人が何組かここで結婚式を挙げたからだそうです;)

若い方は知らないと思いますが俳優の梅宮辰夫夫妻そして歌手のヒデとロザンナ夫妻など日本の有名人が何組か結婚式を挙げた場所ってって事で人気出ちゃったみたいですよ。

今ではオアフ島で結婚式を挙げる芸能人カップル多いですよね。その影響で一般の方にもハワイウエディングは人気だと聞いています。 最近の大物カップルではラナイ島で小栗旬&山田優カップルが結婚式挙げましたよね。

あんな結婚式がいい〜なんて結婚式を挙げる若いカップル方が多いんじゃないかな。 永遠の愛が手に入るなら私達もカウアイ島のシダの洞窟で結婚式を挙げたいわ〜!

fern_grotto_12

ご心配なくタミーが紹介しましょう。

 

カウアイ島のシダの洞窟での結婚式は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せしちゃて下さい!

カウアイ島でシダの洞窟の結婚式を日本語で安心して任せられて低料金なのはここしかないんじゃないかな。 日本のウエディング会社さんでもいくつか紹介されてますがイメージ的なものだけで具体的な内容やお値段はご相談して下さいって感じなので相談受けてからプロデュースする感じだと思います。 勿論、カウアイ島の会社よりは料金も高いと思いますよ。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんで安心して任せられるのは担当のナイアさんが日本にいる時からちゃんと日本語で対応して下さるしカウアイ島でもお世話して下さいますから安心できます。ここ一番大事でしょ(^_-)

私も結婚前にカウアイ島を初めて訪れた時に「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのホームページに出会い日本にいる時からナイアさんに相談して初めての1人旅のカウアイ島が、すごく楽しいものになりました(^^)

その時はカウアイ島に嫁いで来るとは思いませんでしたが(笑)嫁いだ後もナイアさんには親切にして頂いてます。

「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのシダの洞窟での結婚式の詳しい内容&料金は、こちらをご覧下さい↓

http://www.splashofkauai.com/j_activities/fern-wedding/

「私は結婚式はしないけどシダの洞窟には行ってみたいな〜!」行けますよ^^

 

シダの洞窟観光はSmith’sの観光船に乗っちゃいましょう〜♪

カウアイ島でワイルア方面の観光と言ったらシダの洞窟っていうくらい有名な観光スポットです。シダの洞窟へは車では行く事は出来ずワイルア・マリーナから遊覧船で行くようになります。

21585753550_d541f82fd0_z

タミーも実は結婚式はオアフ島で挙げたのですがカウアイ島に移住してマイクとの永遠の愛が欲しいのでシダの洞窟へ手をつないで行きましたよ(笑)遊覧船の中は、こんな感じです。

21152725953_1de2990c3a_z

遊覧船は船が苦手な私も海ではなく川をゆっくり進むので酔い止めも飲まずに大丈夫でした。 でも心配な方は船に乗る30分くらい前には船酔い止めの薬飲んで下さいね。

カヤックや水上スキーなどと楽しむ人を見ながら遊覧船は、ゆっくり綺麗な緑の中を進みます。 ワイルア・マリーナから遊覧船に乗りワイルア州立公園の桟橋から熱帯雨林の茂みの中を5分ほど歩くとシダで覆われた洞窟が現れます。

21762080252_62d0e7f902_z

熱帯雨林の中を歩いて行く時に見えるモンステラの葉っぱの大きさには驚きますよ@_@ 熱帯雨林の中を歩きますから道はちゃんとありますが船に乗る前に虫除けスプレーしましょうね。

2006年に1ヶ月以上も続いた長雨で洞窟内の地盤が緩んで崩れる恐れがあるからという事で今は残念なことですが洞窟内へは立ち入りき禁止になっています。 シダの洞窟の中に入れたら、それは素晴らしかったでしょうね。

でも何故、洞窟内に入れなくなった今でも、この場所は毎日観光客が絶えないほどの人気スポットなのでしょうか。 それは洞窟に入れなくてもシダの洞窟の前はハワイのパワーが溢れているパワースポットだからです。

大丈夫!シダの洞窟の前までいらしたら、いっぱいハワイのパワーを感じられますよ。 シダの洞窟の前ではハワイアン・ミュージックの演奏と歌もあります♪

嵐の櫻井くん弾丸のカウアイ島観光に時にここシダの洞窟へも来てましたね(^^) その様子は日本でTV放送されたと聞いてます。

シダの洞窟の前だけでじゃないですよハワイアン・ミュージックの演奏と歌はボートの中でもあります。 フラダンスも見られてと〜ってもハワイアンな時間が過ぎていくの。フラ・レッスンがあるんですよ;)帰りの船の中で!それが楽しいんです♪

21762091442_ed552a76e1_z

フラダンスは見るより絶対に踊った方が楽しいの^^ 男も女も笑顔でノリノリで腰振っちゃって知らない人達なのに一つになれて盛り上がれちゃう楽しい時間です♪ 照れたりなんかしないで踊っちゃいましょう。レッスンですから間違ったったって誰も気にしてませんから(笑)

シダの洞窟観光遊覧船もワイルア、マリーナに事務所とチケット売り場がありますが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんに申し込むと日本人の方はお得に乗れちゃうんですよ。

 

Smith’s観光船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのSmith’sシダの洞窟ボートツアーが一番!

タミーが「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーをオススメする理由は。

1, 特別割引料金でツアーに参加出来ます。

2, ワイルア周辺地区のホテルに滞在の方はSmith’sの無料送迎が利用出来ます。

3, ワイルア地区以外の方で送迎希望の方はタクシーをお願い出来ます。

4, 日本語のガイドさんのボートも教えてもらえる。

以上の4つは必ず申し込みの時に必ずナイアさんにお伝え下さいね;)

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-ferngrotto/

こちらのツアーは車いすの方でも参加出来ますので、その場合も事前にナイアさんにお伝え下さい。

もう1つタミーのオススメは、ここワイルア・マリナーまでシダの洞窟観光にいらしたのならマリーナに戻ったらマリーナにある「スミス・カウアイ・ルアウ」に参加して欲しいんです。

 

Smith’sシダの洞窟ツアーの後は「スミス・カウアイ・ルアウ」も楽しんじゃって♪

「スミス・カウアイ・ルアウ」ってなんですか? ワイルア川に約12万m2の広大な”スミス・トロピカルパラダイス植物園”があるんです。

img_3

鳥の声が美しく響き、ここに来るとパラダイスだなカウアイ島って感じますよ。

5万種以上の熱帯植物園をトラムという乗り物に乗って見学します。 その中で行われるルアウとはハワイに昔から伝わる宴会料理ね。 このルアウのメインイベントは土の中で豚を丸焼きにして取り出す「イム・セレモニー」という儀式。

img_10

この土の中に熱く焼いた石を入れて作られた天然オーブンの事をイムと言います。 豚には塩をよく刷り込みティという葉っぱを何枚も使ってで包み、じっくりじっくり何時間もかけて焼き上げられるの。 香ばしいいい香りがする焼豚ちゃんが出来上がる頃には、お腹もペコペコね;) 出来上がった焼豚の事はカルア・ピッグと呼ばれています。

隣の素敵なレストランでハワイアン・ミュージックを聞きながらディナーになります♪

img_7

 

カルア・ピッグがメイン料理になりますが、その他にもタロイモをすりつぶしたポイ、生の鮭を塩水にさらしてトマトのみじん切りを混ぜたロミロミ・サーモンといったハワイの伝統的な料理も並びます。 それにハワイのナマスや照り焼きビーフといったハワイアンな和食もありますよ。➕洋食まで並んでいますからゴージャスなディナータイムが楽しめちゃいます。

食事の後は会場を変わって素敵なダンスショーも楽しめちゃうんですよ〜!

img_14

フラダンスだけだと思うでしょ。いえいえ、タヒチ、中国、日本、フィリピン、ニュージランドにサモアもう、こんなに〜っていうくらい色んな国のダンスを見れちゃうんです。

*「スミス・カウアイ・ルアウ」のフラショーは観光客の方が’楽しめるフラショーです。日本でフラを習われている方には是非、本格的なクム・レイラニがプロデュースする生バンド&クム・レイラニの演奏と美しい歌声での素晴らしいルアウをおすすめします。詳しくは、こちらの記事をご覧下さい↓

カウアイ島でクムフラのルアウを見よう♪

 

もう、お腹も目もい〜っぱい苦しい〜っていうくらい楽しめちゃう「スミス・カウアイ・ルアウ」です。 ワイキキのホテルとかでルアウに参加した事がある方でも、ここカウアイ島のスミスのは違った楽しみにあふれたルアウなので是非カウアイ島の旅の素晴らしい思い出に参加してみて下さいね。

(タミーのオススメの「シダの洞窟遊覧船」➕「スミス・カウアイ・ルアウ」のプランは)

*3月〜10月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて17時からのルアウに参加できます。

*11月〜2月は14時の遊覧船に乗ると14時半までにはマリーナに戻れて16時45分からのルアウに参加できます。

「スミス・カウアイ・ルアウ」は月によって開催される日にちが違うので紹介しますね。

*11月〜1月は月、水、金曜日。

*2月〜5月と9,10月は月、水、木、金曜日。

*6月〜8月は月〜金曜日まで毎日、開催されています。

日本人の方はカウアイ島には短い滞在の方が多いので両方楽しめる欲張りプランを提案しちゃいましたが勿論、時間のある方は別の日にゆったり1つずつ行かれてもいいですね。

遊覧船は「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんでお願いできたけど「スミス・カウアイ・ルアル」は、どうしたらいいの? ご心配なく。

 

「スミス・カウアイ・ルアウ」ツアーも「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんにお任せを!

ツアーの詳しい内容、ツアー日時、料金、支払い、集合場所、持ち物、ご注意、キャンセルなど詳しい事は、こちらをご覧下さい↓ ギャラリーではツアーの写真もご覧いただけます。

http://www.splashofkauai.com/j_activities/smiths-luau/

 

いいですかシダの洞窟でパワーももらうのもシダの洞窟で永遠の愛を誓う結婚式を挙げるのもハワイの植物を鑑賞してハワイアンの儀式を堪能してハワイアンフードでお腹いっぱいになっちゃって素敵なショーにうっとりしちゃうカウアイ島で幸せになれちゃうには「スプラッシュ・オブ・カウアイ」さんのツアーにお任せしたらパーフェクトよ!

ナイアさんにはタミーのブログを見たと言って下さいね。ナイアさんにはタミーからお願いしてありますから、ご安心下さい(^^)

Much Aloha♡ Tammy